「ゴブラン織り」 の検索結果 1,188件

ゴブラン織りクッション

ディノス

3,240

ゴブラン織りクッション

ぬいぐるみのように思わずギュッと。それぞれが絵柄の形をしている、ムーミンと仲間たちのクッションです。絵柄に沿った形のため、まるでぬいぐるみのような存在感。表地は繊細なゴブラン織りで、それぞれのキャラクターを表情豊かに描き出しています。クッションとしてはもちろん、お部屋にユーモアを添えるインテリアとして、何種類か組み合わせて置けば、お部屋が賑やかな雰囲気に。リビングから誰もいなくなると、ムーミンと仲間たちがおしゃべりをはじめるかも。 ■色・柄:(ア)もようがえ、(イ)リトルミイのおでかけ、(ウ)たいくつ、(エ)花かんむり、(オ)ウイスキーボトル、(カ)ひとりじめ、(キ)ニョロニョロと帽子、(ク)お気に入りのパイプ■サイズ:(ア)約49×43cm、(イ)約53×35cm、(ウ)約37×50cm、(エ)約57×34cm、(オ)約51×35cm、(カ)約50×41cm、(キ)約42×48cm、(ク)約55×35cm■素材:表地…(ア)ポリエステル87・綿10・レーヨン3%・(イ)ポリエステル89・綿8・レーヨン3%・(ウ)(カ)ポリエステル80・綿20%・(エ)(オ)ポリエステル100%・(キ)ポリエステル88・綿10・レーヨン2%・(ク)ポリエステル90・綿8・レーヨン2%、裏地…(ア)(イ)(エ)(オ)(キ)(ク)ポリエステル100%・(ウ)(カ)綿100%、中わた…ポリエステル100%■中国製

約140×200cm モリスゴブラン織ラグ〈いちご泥棒〉

ディノス

46,440

約140×200cm モリスゴブラン織ラグ〈いちご泥棒〉

モリスを象徴する〈いちご泥棒〉のラグ。のどかな英国の田園風景をお部屋に。19世紀の英国で活躍したウィリアム・モリスは、日常の暮らしの中でこそ美しいものを使うことを提案した芸術家。そのデザインは今なお、多くの人を魅了します。そんなモリスのあでやかなデザインを、繊細な表現を可能にするゴブラン織りで再現しました。織物のため比較的薄手なので、ドア前に置いても開閉の邪魔になにくく、リビングやベッドサイドマットにしてもおすすめです。ビロード状の毛羽があるシェニール糸をふんだんに使用しているため高級感があります。格調高いモリス柄は、重厚なインテリアだけでなく、モダンな部屋にも似合いそうです。サイズによって、モチーフの見え方が変わります。手洗いすることもできるので、お手入れをしながら長く使いたいものです。●ゴブラン織りとは織物の一種。絵模様を織り出したヨーロッパの「綴れ織り(つづれおり)」のことで、多色の糸を使用できるため、タペストリーのような繊細な表現ができる織物の一般名称になっています。名前の成り立ちは、15世紀にゴブラン一家がパリで作った染色工場の場所に、17世紀にタペストリーの国立工房が作られ発展したことにゴブランの名の由来があります。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です...

送料無料
【送料無料】【日本製 色柄込 長座布団カバー】長め座布団カバー 68×120cm 柔らかいコットン100%生地 洗える リバーシブルタイプ ソファーカバー【代引不可 ポスト投函】

寝ころん太くん

880

【送料無料】【日本製 色柄込 長座布団カバー】長め座布団カバー 68×120cm 柔らかいコットン100%生地 洗える リバーシブルタイプ ソファーカバー【代引不可 ポスト投函】

長座布団カバー一覧 色柄込 無地 しぼりうさぎ やさい ギャッベ メルヘン ゴブラン織り洋風・カジュアル 冬用フランネルギャッベ 対応長座布団一覧 和風アニマル 無地 しぼりうさぎ やさい メルヘン ギャッベ 冬用フランネルギャッベ◆コットン100%使用したしっかりとした柔かい肌触りの生地!かわいいうたた寝布団カバー◆ 【日本製 長い座布団カバー】色込 柄込 68X120cm おひるね布団カバー 安心の日本製!肌触りがやわらかい綿100%の生地を使用した色柄込長ざふとんカバー。 お手頃価格のヒミツは、【色柄込】だから!! 和室・洋室でも使えるような柄で、落ち着いた色合いから華やかなカラフルまでご用意! ソファークッションカバーとしてもご利用いただけます。 綿100%だから、肌に優しいためお子様のお昼寝布団カバーやごろ寝布団カバーにもオススメ。 ※時期により、突然色柄が変更する場合があります。 コットン100%は人間の肌と最も相性の良い素材と言われています。 特にデリケートな赤ちゃんのお肌にピッタリ! 肌にやさしいなめらかな肌ざわり。 吸水性に優れているのでサラッとした爽やかな肌ざわりで快適。 静電気も起こりにくいため、お肌が敏感で静電気によるストレスを感じやすいお子さまにもおすすめです。 ファスナータイプなので取り付け・取り外し簡単! ウラ・オモテともに同柄だから両面使える! ご自宅の洗濯機で丸洗いのできるウォッシャブルタイプなので、いつも清潔お使いいただけます。 在庫・納期について 在庫あり。1~2営業日以内に出荷いたします。 ※ご注文状況により、実際の在庫と異なる場合があります。 品名 色柄込み 長座布団カバー サイズ 68×120cm 生地 綿100% 国内メーカー 日本製

イタリア製 Camelia ゴブラン織マット 約65×270cm

ディノス

13,824

イタリア製 Camelia ゴブラン織マット 約65×270cm

ラグジュアリーなカメリアモチーフを大胆にデザインした、イタリア製マット。洗濯機で洗えてお手入れも簡単!約65×270cmのロングタイプ!ラグジュアリーなカメリアモチーフを大胆にデザインした、イタリア製のゴブランラグ。シェニール糸を贅沢に使ったゴブラン織は、程よい厚みでふんわり柔らか。汚れても、ご家庭で洗えるのもポイント。多サイズ展開・多カラー展開でご用意しました。約65×270cmのロングタイプ。大きなキッチンにも対応できるようになりました。270cmは5色のみの展開です。ゴブラン織りとは織物の一種。絵模様を織り出したヨーロッパの「綴れ織り(つづれおり)」のことで、多色の糸を使用できるため、タペストリーのような繊細な表現ができる織物の一般名称になっています。名前の成り立ちは、15世紀にゴブラン一家がパリで作った染色工場の場所に、17世紀にタペストリーの国立工房が作られ発展したことにゴブランの名の由来があります。ゴブラン織りの特長ゴブラン織りは織物のため比較的薄手で、段差ができにくく、ドアの開閉にも邪魔になりにくいので、いろいろなお部屋に使えます。 ■色:(ア)アイボリー (イ)ブラック (ウ)アイボリーブラウン (エ)アイボリーレッド (オ)レッド(WEB限定)■サイズ:約65×270cm■アクリル40・綿30・ポリエステル30%■全厚約3mm■裏…滑りにくい加工■ドラム式洗濯機・乾燥機のご使用はお控えください。■イタリア製

約45×270cm モリスゴブラン織りマット〈フルーツ〉

ディノス

25,920

約45×270cm モリスゴブラン織りマット〈フルーツ〉

タペストリーのように美しいゴブラン織りマット。ロングマットも増えて用途が広がりました。柘榴(ざくろ)と檸檬(れもん)をモチーフにした〈フルーツ〉は、ウィリアム・モリス、初期のころのパターン。存分に彼の魅力を感じさせてくれます。シェニール糸を使って緻密な織物に仕上げ、手触りもしっとり、贅沢な感触です。薄手タイプなのでドアの開け閉めにも邪魔になり難いのもポイント。●ゴブラン織りとは織物の一種。絵模様を織り出したヨーロッパの「綴れ織り(つづれおり)」のことで、多色の糸を使用できるため、タペストリーのような繊細な表現ができる織物の一般名称になっています。名前の成り立ちは、15世紀にゴブラン一家がパリで作った染色工場の場所に、17世紀にタペストリーの国立工房が作られ発展したことにゴブランの名の由来があります。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために、刺しゅうや染色、織物の技術も必ず自身で研究した、職人気質の人でした。William Morris(1834~1896年)19世紀後半、装飾デザインの分野で活躍した英国の芸術家。傑出したインテリアデザイナーであると同時に、画家、詩人...

約60×90cm モリスゴブラン織りマット〈いちご泥棒〉

ディノス

11,880

約60×90cm モリスゴブラン織りマット〈いちご泥棒〉

「暮らしの中にアートを」。その第一歩をモリスのマットで実現。モチーフはモリスデザインの中でも人気の高い「いちごどろぼう」。19世紀の英国で活躍したウィリアム・モリスは、日常の暮らしの中でこそ美しいものを使うことを提案した芸術家。そのデザインは今なお、多くの人を魅了します。そんなモリスのあでやかなデザインを、繊細な表現を可能にするゴブラン織りで再現しました。織物のため比較的薄手なので、玄関マットとしてはもちろん、ドア前に置いても開閉の邪魔になにくく、リビングやベッドサイドマットにしてもおすすめです。ビロード状の毛羽があるシェニール糸をふんだんに使用しているため高級感があります。●ゴブラン織りとは織物の一種。絵模様を織り出したヨーロッパの「綴れ織り(つづれおり)」のことで、多色の糸を使用できるため、タペストリーのような繊細な表現ができる織物の一般名称になっています。名前の成り立ちは、15世紀にゴブラン一家がパリで作った染色工場の場所に、17世紀にタペストリーの国立工房が作られ発展したことにゴブランの名の由来があります。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために...

約45×240cm モリスゴブラン織りマット〈フルーツ〉

ディノス

23,760

約45×240cm モリスゴブラン織りマット〈フルーツ〉

タペストリーのように美しいゴブラン織りマット。ロングマットも増えて用途が広がりました。柘榴(ざくろ)と檸檬(れもん)をモチーフにした〈フルーツ〉は、ウィリアム・モリス、初期のころのパターン。存分に彼の魅力を感じさせてくれます。シェニール糸を使って緻密な織物に仕上げ、手触りもしっとり、贅沢な感触です。薄手タイプなのでドアの開け閉めにも邪魔になり難いのもポイント。●ゴブラン織りとは織物の一種。絵模様を織り出したヨーロッパの「綴れ織り(つづれおり)」のことで、多色の糸を使用できるため、タペストリーのような繊細な表現ができる織物の一般名称になっています。名前の成り立ちは、15世紀にゴブラン一家がパリで作った染色工場の場所に、17世紀にタペストリーの国立工房が作られ発展したことにゴブランの名の由来があります。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために、刺しゅうや染色、織物の技術も必ず自身で研究した、職人気質の人でした。William Morris(1834~1896年)19世紀後半、装飾デザインの分野で活躍した英国の芸術家。傑出したインテリアデザイナーであると同時に、画家、詩人...

約45×75cm モリスゴブラン織りマット〈いちご泥棒〉

ディノス

7,560

約45×75cm モリスゴブラン織りマット〈いちご泥棒〉

「暮らしの中にアートを」。その第一歩をモリスのマットで実現。モチーフはモリスデザインの中でも人気の高い「いちごどろぼう」。19世紀の英国で活躍したウィリアム・モリスは、日常の暮らしの中でこそ美しいものを使うことを提案した芸術家。そのデザインは今なお、多くの人を魅了します。そんなモリスのあでやかなデザインを、繊細な表現を可能にするゴブラン織りで再現しました。織物のため比較的薄手なので、玄関マットとしてはもちろん、ドア前に置いても開閉の邪魔になにくく、リビングやベッドサイドマットにしてもおすすめです。ビロード状の毛羽があるシェニール糸をふんだんに使用しているため高級感があります。●ゴブラン織りとは織物の一種。絵模様を織り出したヨーロッパの「綴れ織り(つづれおり)」のことで、多色の糸を使用できるため、タペストリーのような繊細な表現ができる織物の一般名称になっています。名前の成り立ちは、15世紀にゴブラン一家がパリで作った染色工場の場所に、17世紀にタペストリーの国立工房が作られ発展したことにゴブランの名の由来があります。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために...

約67×120cm モリスゴブラン織りマット〈いちご泥棒〉

ディノス

17,280

約67×120cm モリスゴブラン織りマット〈いちご泥棒〉

「暮らしの中にアートを」。その第一歩をモリスのマットで実現。モチーフはモリスデザインの中でも人気の高い「いちごどろぼう」。19世紀の英国で活躍したウィリアム・モリスは、日常の暮らしの中でこそ美しいものを使うことを提案した芸術家。そのデザインは今なお、多くの人を魅了します。そんなモリスのあでやかなデザインを、繊細な表現を可能にするゴブラン織りで再現しました。織物のため比較的薄手なので、玄関マットとしてはもちろん、ドア前に置いても開閉の邪魔になにくく、リビングやベッドサイドマットにしてもおすすめです。ビロード状の毛羽があるシェニール糸をふんだんに使用しているため高級感があります。●ゴブラン織りとは織物の一種。絵模様を織り出したヨーロッパの「綴れ織り(つづれおり)」のことで、多色の糸を使用できるため、タペストリーのような繊細な表現ができる織物の一般名称になっています。名前の成り立ちは、15世紀にゴブラン一家がパリで作った染色工場の場所に、17世紀にタペストリーの国立工房が作られ発展したことにゴブランの名の由来があります。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために...

約67×120cm モリスゴブラン織りマット〈フルーツ〉

ディノス

17,280

約67×120cm モリスゴブラン織りマット〈フルーツ〉

タペストリーのように美しいゴブラン織りマット。ロングマットも増えて用途が広がりました。柘榴(ざくろ)と檸檬(れもん)をモチーフにした〈フルーツ〉は、ウィリアム・モリス、初期のころのパターン。存分に彼の魅力を感じさせてくれます。シェニール糸を使って緻密な織物に仕上げ、手触りもしっとり、贅沢な感触です。薄手タイプなのでドアの開け閉めにも邪魔になり難いのもポイント。●ゴブラン織りとは織物の一種。絵模様を織り出したヨーロッパの「綴れ織り(つづれおり)」のことで、多色の糸を使用できるため、タペストリーのような繊細な表現ができる織物の一般名称になっています。名前の成り立ちは、15世紀にゴブラン一家がパリで作った染色工場の場所に、17世紀にタペストリーの国立工房が作られ発展したことにゴブランの名の由来があります。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために、刺しゅうや染色、織物の技術も必ず自身で研究した、職人気質の人でした。William Morris(1834~1896年)19世紀後半、装飾デザインの分野で活躍した英国の芸術家。傑出したインテリアデザイナーであると同時に、画家、詩人...

約45×75cm モリスゴブラン織りマット〈フルーツ〉

ディノス

7,560

約45×75cm モリスゴブラン織りマット〈フルーツ〉

タペストリーのように美しいゴブラン織りマット。ロングマットも増えて用途が広がりました。柘榴(ざくろ)と檸檬(れもん)をモチーフにした〈フルーツ〉は、ウィリアム・モリス、初期のころのパターン。存分に彼の魅力を感じさせてくれます。シェニール糸を使って緻密な織物に仕上げ、手触りもしっとり、贅沢な感触です。薄手タイプなのでドアの開け閉めにも邪魔になり難いのもポイント。●ゴブラン織りとは織物の一種。絵模様を織り出したヨーロッパの「綴れ織り(つづれおり)」のことで、多色の糸を使用できるため、タペストリーのような繊細な表現ができる織物の一般名称になっています。名前の成り立ちは、15世紀にゴブラン一家がパリで作った染色工場の場所に、17世紀にタペストリーの国立工房が作られ発展したことにゴブランの名の由来があります。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために、刺しゅうや染色、織物の技術も必ず自身で研究した、職人気質の人でした。William Morris(1834~1896年)19世紀後半、装飾デザインの分野で活躍した英国の芸術家。傑出したインテリアデザイナーであると同時に、画家、詩人...

送料無料
卸売りの大特価!数量限定!厚手の二重織り!ゴブラン織りシェニール絨毯 200×200 ダークブラウン

Rugtime

11,800

卸売りの大特価!数量限定!厚手の二重織り!ゴブラン織りシェニール絨毯 200×200 ダークブラウン

商品説明 サイズ 約200×200 素材 アクリル55%ポリエステル40%綿4%レーヨン1% 厚み 約6.0mm 折りたたみ可能 原産国 中国 備考 折りたたみ・ホットカーペットカバー・床暖房対応ゴブラン織りシェニール絨毯のご紹介です。 多色の色糸を使い柄を綺麗に表現しておりお部屋を明るく彩ります。 ゴブラン織り独特の繊細な織り模様とブラウンを基調とした色彩により華やかな雰囲気を演出します。 通常のゴブラン織りとは違い二重織りをすることで厚みを持たせています。 織りだけに商品表面は非常に強く長くご愛用して頂けると思います。 ホットカーペットカバー・床暖房にも対応しておりますので年間を通して御利用頂けます。 折りたたみも可能で収納にも便利です。 昨今の中国ゴブランの技術には毎回驚かされます。 技術がますます進歩しておりベルギー・イタリアゴブランと引けを取らないですね。 お部屋が明るくゴージャスになる事間違いなしです。 見た目にも美しい花柄のメダリオンをあしらっております。 機械技術の進歩によりここまで綺麗に柄が表現できようになりました!! 通常のゴブランより太い糸を使用することで厚みを持たせております。 裏面は床を傷つけにくくする不織布張りです。

送料無料
ゴブラン織エレガントベッドカバー 花柄 シングルサイズ 送料無料

Zero collection

8,424

ゴブラン織エレガントベッドカバー 花柄 シングルサイズ 送料無料

メーカー直送商品 ・本商品は、メーカーより直送商品です。 在庫管理には万全な体制で臨んでおりますが、在庫の変動がある場合がございますので急な欠品時にはご容赦下さい。その際はメールにて迅速にご連絡申し上げます。 ・メーカーより直送の為、この商品の同梱をお受けしておりません。ご了承下さい。 ・商品発送後、お客さまのご都合による返品・キャンセルは、一切承っておりませんので、 商品情報をよくご確認の上、お買い求めください。(初期不良を除く) *運送会社のご指定は不可となりますので、ご了承ください。 ≪≪沖縄、離島は別途運賃を御見積致しますので、お問合せ下さい。≫≫ 素材の良さと織りのしっかりとしたベッドカバー たっぷりフリルをプラスしたエレガント仕様 気品と華やかさが料率した豪華なゴブラン織 ロココ調の花柄で柔らかい手触り サイズ・他 商品サイズ:幅100×長さ230×フリル33cm 手洗いOK 素材 綿65%ポリエステル35% 注意事項 ※在庫には十分注意しておりますが、売り違いが発生した際はご了承ください。 *掲載商品の廃番、仕様変更等は予告なしに行なう場合がございます *運送会社の配達員が一人でお届けします。お届け先の玄関渡しとなりますのでご了承下さい 商品写真は撮影環境やご覧のディスプレイの関係により、実際の色と多少異なる場合がございます。 *運送会社のご指定は不可となりますので、ご了承ください。 メーカーより直送品の場合、明細書等は同封されておりません。 ご連絡をいただきましたら、弊社よりお送りいたします。

約45×180cm モリスゴブラン織りマット〈フルーツ〉

ディノス

17,280

約45×180cm モリスゴブラン織りマット〈フルーツ〉

タペストリーのように美しいゴブラン織りマット。ロングマットも増えて用途が広がりました。柘榴(ざくろ)と檸檬(れもん)をモチーフにした〈フルーツ〉は、ウィリアム・モリス、初期のころのパターン。存分に彼の魅力を感じさせてくれます。シェニール糸を使って緻密な織物に仕上げ、手触りもしっとり、贅沢な感触です。薄手タイプなのでドアの開け閉めにも邪魔になり難いのもポイント。●ゴブラン織りとは織物の一種。絵模様を織り出したヨーロッパの「綴れ織り(つづれおり)」のことで、多色の糸を使用できるため、タペストリーのような繊細な表現ができる織物の一般名称になっています。名前の成り立ちは、15世紀にゴブラン一家がパリで作った染色工場の場所に、17世紀にタペストリーの国立工房が作られ発展したことにゴブランの名の由来があります。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために、刺しゅうや染色、織物の技術も必ず自身で研究した、職人気質の人でした。William Morris(1834~1896年)19世紀後半、装飾デザインの分野で活躍した英国の芸術家。傑出したインテリアデザイナーであると同時に、画家、詩人...

約45×120cm モリスゴブラン織りマット〈フルーツ〉

ディノス

11,880

約45×120cm モリスゴブラン織りマット〈フルーツ〉

タペストリーのように美しいゴブラン織りマット。ロングマットも増えて用途が広がりました。柘榴(ざくろ)と檸檬(れもん)をモチーフにした〈フルーツ〉は、ウィリアム・モリス、初期のころのパターン。存分に彼の魅力を感じさせてくれます。シェニール糸を使って緻密な織物に仕上げ、手触りもしっとり、贅沢な感触です。薄手タイプなのでドアの開け閉めにも邪魔になり難いのもポイント。●ゴブラン織りとは織物の一種。絵模様を織り出したヨーロッパの「綴れ織り(つづれおり)」のことで、多色の糸を使用できるため、タペストリーのような繊細な表現ができる織物の一般名称になっています。名前の成り立ちは、15世紀にゴブラン一家がパリで作った染色工場の場所に、17世紀にタペストリーの国立工房が作られ発展したことにゴブランの名の由来があります。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために、刺しゅうや染色、織物の技術も必ず自身で研究した、職人気質の人でした。William Morris(1834~1896年)19世紀後半、装飾デザインの分野で活躍した英国の芸術家。傑出したインテリアデザイナーであると同時に、画家、詩人...

約60×90cm モリスゴブラン織りマット〈フルーツ〉

ディノス

11,880

約60×90cm モリスゴブラン織りマット〈フルーツ〉

タペストリーのように美しいゴブラン織りマット。ロングマットも増えて用途が広がりました。柘榴(ざくろ)と檸檬(れもん)をモチーフにした〈フルーツ〉は、ウィリアム・モリス、初期のころのパターン。存分に彼の魅力を感じさせてくれます。シェニール糸を使って緻密な織物に仕上げ、手触りもしっとり、贅沢な感触です。薄手タイプなのでドアの開け閉めにも邪魔になり難いのもポイント。●ゴブラン織りとは織物の一種。絵模様を織り出したヨーロッパの「綴れ織り(つづれおり)」のことで、多色の糸を使用できるため、タペストリーのような繊細な表現ができる織物の一般名称になっています。名前の成り立ちは、15世紀にゴブラン一家がパリで作った染色工場の場所に、17世紀にタペストリーの国立工房が作られ発展したことにゴブランの名の由来があります。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために、刺しゅうや染色、織物の技術も必ず自身で研究した、職人気質の人でした。William Morris(1834~1896年)19世紀後半、装飾デザインの分野で活躍した英国の芸術家。傑出したインテリアデザイナーであると同時に、画家、詩人...

人気のインテリアアイテムのゴブラン織り、発売中!おしゃれ好きにはたまらないデザインで、当社自慢の一品。住みたい部屋を演出できるインテリアアイテム。住みたい部屋を演出できるゴブラン織りで、様々なサイズ・デザインがあります。一人暮らし、新生活応援アイテムもあります♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、インテリア商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいインテリアアイテムが充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ゴブラン織り」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ