「インテリア照明モダン」 の検索結果 12,192件

フレイムスキキ 和モダンペンダントライト

ディノス

17,280

フレイムスキキ 和モダンペンダントライト

木の温かみを存分に楽しむ、おしゃれな和モダンデザインのペンダントライト。国内の職人がひとつひとつ削り上げたシェードが、木ならではのやわらかで繊細な光を放ちます。寝室や書斎など、くつろぎの空間に吊るしたり、リビングルームやダイニング、食卓の上に取り付けて上品なだんらんの時間を楽しんだり…。和室にも洋室にもおすすめの、高級感あふれるオシャレな照明器具です。 一台一台、心を込めて造られた、木製のペンダントランプ◆シンプルな木の筒に見えるシェードは、職人が一つひとつ削り上げて出来ています。◆丁寧な作りで安心の国内生産品です。◆明かりを灯すと、薄くそぎ落とされた木肌が暖かな陰影となってぼんやりと映し出されます。◆北欧の照明とは一味違った木のぬくもりを感じる、繊細で柔らかな明かりです。◆和モダンな空間を演出する、日本の技術がつまった、こだわりのペンダント型照明です。◆やわらかで上品なダイニングライトで、やすらぎのひと時をお楽しみ下さい。どんな部屋にも調和する、優しい木目の天井照明 ◆木製のライトが、お部屋をあたたかみのある空間へ演出します。◆リビングルームやパーソナルルーム、ベッドサイドや書斎・玄関など、場所を選ばすに置くことができます。◆ダイニングルームや食卓の上に設置すれば、まるで料亭や旅館のような憧れ空間を手軽に叶えられます。◆一灯だけでも、複数取り付けてもオシャレにお使いいただけます。◆おもてなしの空間にもくつろぎの時間にもオススメの吊り下げ式ライトです。

フレイムスヒキダシ 和モダンフロアスタンド

ディノス

27,000

フレイムスヒキダシ 和モダンフロアスタンド

上品に連なる格子のフレームが美しい、オシャレなデザインのフロアランプ。21枚の木製枠を引出しのようにスライドさせて、光と影をコントロールします。リビングルームや寝室、玄関先に置くだけで、幻想的で上品なリラックス部屋に。和室にも洋室にもおすすめの、おしゃれな置き型の照明器具です。 モダン空間を手軽に叶える、表情豊かなライトの輝き◆21枚の木製枠を引出しのようにスライドし、お好みの表情に変化させられます。◆気分やシーンによって、作り出される光の造形は無限大。新しい光のご提案です。◆ライトはスイッチ式で、ON/OFFが簡単に切りかえられます。◆職人が一つ一つ丁寧に仕上げた、安心の日本製です。◆高級感あふれるスタンドライトで、木と光のハーモニーをお楽しみください。インテリアとしても美しい、上品なフロアライト◆昼間はオブジェとして、点灯せずに置いておくだけでもおしゃれなフロアスタンドです。◆夜は空間を暖かく照らす行灯として、リラックスタイムを美しく彩ります。◆ミニレフ球の採用により天井に向かう幻想的な光が、木を反射して柔らかな光となってお部屋を彩ります。どんな部屋にも調和する、優しい木目のスタンド照明 ◆木製のランプが、お部屋をナチュラルであたたかみのある空間へ演出します。◆リビングルームやパーソナルルーム、ベッドサイドや書斎・玄関など、場所を選ばすに置くことができます。◆おもてなしの空間にもくつろぎの時間にもオススメのランプです。

フレイムスヒキダシ 和モダンテーブルスタンド

ディノス

19,440

フレイムスヒキダシ 和モダンテーブルスタンド

モダンな空間を演出する、オシャレなデザインのテーブルランプ。14枚の木製枠を引出しのようにスライドさせて、光と影をコントロールします。リビング・寝室のテーブルや机・サイドボードの上に置くだけで、幻想的で上品なリラックス部屋に。和室にも洋室にもおすすめの、おしゃれな置き型の照明器具です。 和モダン空間を手軽に叶える、表情豊かなライトの輝き◆14枚の木製枠を引出しのようにスライドし、お好みの表情に変化させられます。◆気分やシーンによって、作り出される光の造形は無限大。新しい光のご提案です。◆ライトはスイッチ式で、ON/OFFが簡単に切りかえられます。◆職人が一つ一つ丁寧に仕上げた、安心の日本製です。◆木と光のハーモニーをお楽しみください。インテリアとしても美しい、上品なデザインランプ ◆昼間はオブジェとして、点灯せずに置いておくだけでもおしゃれなテーブルライトです。◆夜は空間を暖かく照らす行灯として、リラックスタイムを美しく彩ります。どんな部屋にも調和する、優しい木目のコンパクトな照明 ◆木製のライトが、お部屋をナチュラルであたたかみのある空間へ演出します。◆リビングルームやパーソナルルーム、ベッドサイドや書斎・玄関など、場所を選ばすに置くことができます。◆おもてなしの空間にもくつろぎの時間にもオススメのテーブルランプです。

フレイムスキキ 和モダンテーブルスタンド

ディノス

22,464

フレイムスキキ 和モダンテーブルスタンド

木の温かみを存分に楽しむ、おしゃれな和モダンデザインのテーブルランプ。国内の職人がひとつひとつ削り上げたシェードが、木ならではのやわらかで繊細な光を放ちます。寝室や書斎など、くつろぎの空間によりそうスタンドライトは、リビングルームやダイニング、食卓にもおすすめ。だんらんの時間を上品に演出します。和室と洋室、どちらの家具にも調和する、高級感あふれたオシャレなインテリア照明器具です。 一台一台、心を込めて造られた、木製の卓上スタンド◆シンプルな木の筒に見えるシェードは、職人が一つひとつ削り上げて出来ています。◆丁寧な作りで安心の国内生産品です。◆明かりを灯すと、薄くそぎ落とされた木肌が暖かな陰影となってぼんやりと映し出されます。◆北欧の照明とは一味違った木のぬくもりを感じる、繊細で柔らかな明かりです。◆和モダンな空間を演出する、日本の技術がつまった、こだわりのテーブルスタンドライトです。◆やわらかで上品なダイニングライトで、やすらぎのひと時をお楽しみ下さい。どんな部屋にも調和する、優しい木目のテーブルライト ◆木製のライトが、お部屋をあたたかみのある空間へ演出します。◆リビングルームやパーソナルルーム、ベッドサイドや書斎・玄関など、場所を選ばすに置くことができます。◆ダイニングルームや食卓の上置けば、まるで料亭や旅館のような憧れ空間を手軽に叶えられます。◆デスクランプやフロアライトとしてもお使いいただけます。◆おもてなしの空間にもくつろぎの時間にもオススメの置き型ライトです。

ROYAL DOULTON フュージョンテーブルランプ

ディノス

21,600

ROYAL DOULTON フュージョンテーブルランプ

英国「ロイヤルドルトン」発。ブラック、ホワイト一色のシンプルデザインながら、シルエットの美しさで存在感を魅せます。 英国「ロイヤルドルトン」発。ブラック、ホワイト一色のシンプルデザインながら、シルエットの美しさで存在感を魅せます。窓際などに置く間接照明としてもおすすめです。ロイヤルドルトン1815年 英国 ジョン・ドルトン氏により創業されたロイヤルドルトンは、1877年ヘンリー・ドルトンの大成功により芸術的テーブルウェアを創造していくこととなります。1901年 英国王室よりロイヤルの称号を授与されオールドカントリーローズ等を傘下に持つ世界最大級の陶磁器ブランドとなります。そんなロイヤルドルトンが生み出すクラシカルでありながらモダンテーストを取り入れたロイヤルドルトン・ライティングは英国の気品と伝統を反映したあたらしい室内装飾照明といえます。ロイヤルドルトンライティング-ROYAL DOULTON LIGHTING-は様々な準備期間を経て2004年10月に誕生しました。社会やライフスタイルの変化などに応えられる室内装飾照明器具の製作が検討され、英国カスケード社との提携により、2世紀にわたる伝統を受け継いだ『ロイヤルドルトンライティング -ROYAL DOULTON LIGHTING-』という新しいブランドが誕生しました。デザインは現代のライフスタイルに合うモダンなテイストを持ち、穏やかさ、シンプルさ、上質をテーマに、そして伝統を受け継ぎ新しいライフスタイルを提案しています。現在、ロイヤルドルトンライティング-ROYAL DOULTON LIGHTING-は英国だけでなく、ヨーロッパ、アジアにおいて販売され、そのスタイル感が多くの人に愛されています。

KAKERA 彩 ペンダントライトNo.9[NEBUTA STYLE]

ディノス

45,360

KAKERA 彩 ペンダントライトNo.9[NEBUTA STYLE]

東北の短い夏を焦がす、青森ねぶた。そのエネルギーの「かけら」を、モダンインテリアに灯します。第一線のねぶた師と気鋭のデザイナーのコラボレーションによる、新しいアートプロジェクトです。 実際のねぶたと同じ、紙とスチールのコンビネーションで3枚のねぶたの「かけら」を彩りよくレイアウトしたペンダントライトです。タコ糸による線材の結束や和紙の貼り込みなど、ねぶたの制作技法がコンパクトに詰まっています。「KAKERA」の「かけら」部分には、墨跡・蝋引きといったねぶた独特の技法が凝縮されています。ねぶた師が描いた鉛筆による下描きの跡が残るものもあり、本物の「ねぶた」の息遣いを感じることができます。-------ねぶたづくりをしたい、だけど経済的な理由から踏み切れない、という若者が多くいます。10年修行してやっと大型ねぶたをつくれるようになっても、まだまだ経済的にはやっていけないのがねぶた師の現実。これでは、ねぶた祭の将来が危うい。NEBUTA STYLEは、そんなねぶた師の世界に生業を提供するプロジェクトです。“KAKERA”をはじめとし、ねぶたの技術と感性を活かしたプロダクツを制作・販売していくことで、ねぶたの世界を志す若者たちに生活基盤を提供することを目指しています。ブランドコンセプトねぶたは、その年の祭が終わるや否や解体されてしまう存在です。「KAKERA」とは、このはかなさを長く記憶にとどめるため、実際に運行されたねぶたの彩色和紙の希少な端切れ=「ねぶたのかけら」をアップサイクルした商品群のブランドネームです。「KAKERA」は、1台のねぶたから300個までしか製造しません。本物の「ねぶたのかけら」を使った証として、エディションナンバーが入った「かけら使用証明書」が付属します。ねぶたの設計図ともいえる「原画」...

KAKERA 彩 ペンダントライトNo.44[NEBUTA STYLE]

ディノス

45,360

KAKERA 彩 ペンダントライトNo.44[NEBUTA STYLE]

東北の短い夏を焦がす、青森ねぶた。そのエネルギーの「かけら」を、モダンインテリアに灯します。第一線のねぶた師と気鋭のデザイナーのコラボレーションによる、新しいアートプロジェクトです。 実際のねぶたと同じ、紙とスチールのコンビネーションで3枚のねぶたの「かけら」を彩りよくレイアウトしたペンダントライトです。タコ糸による線材の結束や和紙の貼り込みなど、ねぶたの制作技法がコンパクトに詰まっています。「KAKERA」の「かけら」部分には、墨跡・蝋引きといったねぶた独特の技法が凝縮されています。ねぶた師が描いた鉛筆による下描きの跡が残るものもあり、本物の「ねぶた」の息遣いを感じることができます。-------ねぶたづくりをしたい、だけど経済的な理由から踏み切れない、という若者が多くいます。10年修行してやっと大型ねぶたをつくれるようになっても、まだまだ経済的にはやっていけないのがねぶた師の現実。これでは、ねぶた祭の将来が危うい。NEBUTA STYLEは、そんなねぶた師の世界に生業を提供するプロジェクトです。“KAKERA”をはじめとし、ねぶたの技術と感性を活かしたプロダクツを制作・販売していくことで、ねぶたの世界を志す若者たちに生活基盤を提供することを目指しています。ブランドコンセプトねぶたは、その年の祭が終わるや否や解体されてしまう存在です。「KAKERA」とは、このはかなさを長く記憶にとどめるため、実際に運行されたねぶたの彩色和紙の希少な端切れ=「ねぶたのかけら」をアップサイクルした商品群のブランドネームです。「KAKERA」は、1台のねぶたから300個までしか製造しません。本物の「ねぶたのかけら」を使った証として、エディションナンバーが入った「かけら使用証明書」が付属します。ねぶたの設計図ともいえる「原画」...

ROYAL DOULTON/ロイヤルドルトン フェーブルフロアランプ

ディノス

108,000

ROYAL DOULTON/ロイヤルドルトン フェーブルフロアランプ

シェードはロンドンを拠点とするイラストレーター「キャロリン・シュノール」のデザイン。天然木を職人の手で一つずつ加工して生み出された柔らかなカーブも魅力です。 シェードはロンドンを拠点とするイラストレーター「キャロリン・シュノール」のデザイン。天然木を職人の手で一つずつ加工して生み出された柔らかなカーブも魅力です。ロイヤルドルトンは伝統的なものづくりとロンドンの若き才能を組み合わせた新しいライフスタイル用品作り上げるためにライフスタイル誌やファッション誌に度々登場していたキャロリンシュノール氏を見つけ出しました。大胆な色使いと美しいラインは彼女のそのもので、彼女が幼少期に影響を受けた民族芸術の魅力を表現しています。 ロイヤルドルトン1815年 英国 ジョン・ドルトン氏により創業されたロイヤルドルトンは、1877年ヘンリー・ドルトンの大成功により芸術的テーブルウェアを創造していくこととなります。1901年 英国王室よりロイヤルの称号を授与されオールドカントリーローズ等を傘下に持つ世界最大級の陶磁器ブランドとなります。そんなロイヤルドルトンが生み出すクラシカルでありながらモダンテーストを取り入れたロイヤルドルトン・ライティングは英国の気品と伝統を反映したあたらしい室内装飾照明といえます。ロイヤルドルトンライティング-ROYAL DOULTON LIGHTING-は様々な準備期間を経て2004年10月に誕生しました。社会やライフスタイルの変化などに応えられる室内装飾照明器具の製作が検討され、英国カスケード社との提携により、2世紀にわたる伝統を受け継いだ『ロイヤルドルトンライティング -ROYAL DOULTON LIGHTING-』という新しいブランドが誕生しました。デザインは現代のライフスタイルに合うモダンなテイストを持ち、穏やかさ...

ROYAL DOULTON/ロイヤルドルトン LEDキャンドル3個セット

ディノス

16,200

ROYAL DOULTON/ロイヤルドルトン LEDキャンドル3個セット

LED灯を使用したキャンドル型照明。フロストガラス越しにゆらゆらと灯る明かりが、空間をムードよく演出します。 LED灯を使用したキャンドル型照明。フロストガラス越しにゆらゆらと灯る明かりが、空間をムードよく演出します。充電式なのでコードレスでテーブルやベッドサイドなどお好きな場所へ。高さの違う3個セットでお届けします。ロイヤルドルトン1815年 英国 ジョン・ドルトン氏により創業されたロイヤルドルトンは、1877年ヘンリー・ドルトンの大成功により芸術的テーブルウェアを創造していくこととなります。1901年 英国王室よりロイヤルの称号を授与されオールドカントリーローズ等を傘下に持つ世界最大級の陶磁器ブランドとなります。そんなロイヤルドルトンが生み出すクラシカルでありながらモダンテーストを取り入れたロイヤルドルトン・ライティングは英国の気品と伝統を反映したあたらしい室内装飾照明といえます。ロイヤルドルトンライティング-ROYAL DOULTON LIGHTING-は様々な準備期間を経て2004年10月に誕生しました。社会やライフスタイルの変化などに応えられる室内装飾照明器具の製作が検討され、英国カスケード社との提携により、2世紀にわたる伝統を受け継いだ『ロイヤルドルトンライティング -ROYAL DOULTON LIGHTING-』という新しいブランドが誕生しました。デザインは現代のライフスタイルに合うモダンなテイストを持ち、穏やかさ、シンプルさ、上質をテーマに、そして伝統を受け継ぎ新しいライフスタイルを提案しています。現在、ロイヤルドルトンライティング-ROYAL DOULTON LIGHTING-は英国だけでなく、ヨーロッパ、アジアにおいて販売され、そのスタイル感が多くの人に愛されています。

KAKERA 彩 ペンダントライトNo.6[NEBUTA STYLE]

ディノス

45,360

KAKERA 彩 ペンダントライトNo.6[NEBUTA STYLE]

東北の短い夏を焦がす、青森ねぶた。そのエネルギーの「かけら」を、モダンインテリアに灯します。第一線のねぶた師と気鋭のデザイナーのコラボレーションによる、新しいアートプロジェクトです。 実際のねぶたと同じ、紙とスチールのコンビネーションで3枚のねぶたの「かけら」を彩りよくレイアウトしたペンダントライトです。タコ糸による線材の結束や和紙の貼り込みなど、ねぶたの制作技法がコンパクトに詰まっています。「KAKERA」の「かけら」部分には、墨跡・蝋引きといったねぶた独特の技法が凝縮されています。ねぶた師が描いた鉛筆による下描きの跡が残るものもあり、本物の「ねぶた」の息遣いを感じることができます。-------ねぶたづくりをしたい、だけど経済的な理由から踏み切れない、という若者が多くいます。10年修行してやっと大型ねぶたをつくれるようになっても、まだまだ経済的にはやっていけないのがねぶた師の現実。これでは、ねぶた祭の将来が危うい。NEBUTA STYLEは、そんなねぶた師の世界に生業を提供するプロジェクトです。“KAKERA”をはじめとし、ねぶたの技術と感性を活かしたプロダクツを制作・販売していくことで、ねぶたの世界を志す若者たちに生活基盤を提供することを目指しています。ブランドコンセプトねぶたは、その年の祭が終わるや否や解体されてしまう存在です。「KAKERA」とは、このはかなさを長く記憶にとどめるため、実際に運行されたねぶたの彩色和紙の希少な端切れ=「ねぶたのかけら」をアップサイクルした商品群のブランドネームです。「KAKERA」は、1台のねぶたから300個までしか製造しません。本物の「ねぶたのかけら」を使った証として、エディションナンバーが入った「かけら使用証明書」が付属します。ねぶたの設計図ともいえる「原画」...

KAKERA 華 フロアライトNo.85[NEBUTA STYLE]

ディノス

38,880

KAKERA 華 フロアライトNo.85[NEBUTA STYLE]

東北の短い夏を焦がす、青森ねぶた。そのエネルギーの「かけら」を、モダンインテリアに灯します。第一線のねぶた師と気鋭のデザイナーのコラボレーションによる、新しいアートプロジェクトです。 青森の短い夏に咲くねぶたの華やぎを、優美な曲線で表現したフロアライトです。収縮和紙を使用して、張りのある曲面を創り出しています。実際に運行されたねぶたの貴重な「かけら」を、前面と背面に2枚あしらいました。「KAKERA」の「かけら」部分には、墨跡・蝋引きといったねぶた独特の技法が凝縮されています。ねぶた師が描いた鉛筆による下描きの跡が残るものもあり、本物の「ねぶた」の息遣いを感じることができます。-------ねぶたづくりをしたい、だけど経済的な理由から踏み切れない、という若者が多くいます。10年修行してやっと大型ねぶたをつくれるようになっても、まだまだ経済的にはやっていけないのがねぶた師の現実。これでは、ねぶた祭の将来が危うい。NEBUTA STYLEは、そんなねぶた師の世界に生業を提供するプロジェクトです。“KAKERA”をはじめとし、ねぶたの技術と感性を活かしたプロダクツを制作・販売していくことで、ねぶたの世界を志す若者たちに生活基盤を提供することを目指しています。ブランドコンセプトねぶたは、その年の祭が終わるや否や解体されてしまう存在です。「KAKERA」とは、このはかなさを長く記憶にとどめるため、実際に運行されたねぶたの彩色和紙の希少な端切れ=「ねぶたのかけら」をアップサイクルした商品群のブランドネームです。「KAKERA」は、1台のねぶたから300個までしか製造しません。本物の「ねぶたのかけら」を使った証として、エディションナンバーが入った「かけら使用証明書」が付属します。ねぶたの設計図ともいえる「原画」...

KAKERA 華 フロアライトNo.69[NEBUTA STYLE]

ディノス

38,880

KAKERA 華 フロアライトNo.69[NEBUTA STYLE]

東北の短い夏を焦がす、青森ねぶた。そのエネルギーの「かけら」を、モダンインテリアに灯します。第一線のねぶた師と気鋭のデザイナーのコラボレーションによる、新しいアートプロジェクトです。 青森の短い夏に咲くねぶたの華やぎを、優美な曲線で表現したフロアライトです。収縮和紙を使用して、張りのある曲面を創り出しています。実際に運行されたねぶたの貴重な「かけら」を、前面と背面に2枚あしらいました。「KAKERA」の「かけら」部分には、墨跡・蝋引きといったねぶた独特の技法が凝縮されています。ねぶた師が描いた鉛筆による下描きの跡が残るものもあり、本物の「ねぶた」の息遣いを感じることができます。-------ねぶたづくりをしたい、だけど経済的な理由から踏み切れない、という若者が多くいます。10年修行してやっと大型ねぶたをつくれるようになっても、まだまだ経済的にはやっていけないのがねぶた師の現実。これでは、ねぶた祭の将来が危うい。NEBUTA STYLEは、そんなねぶた師の世界に生業を提供するプロジェクトです。“KAKERA”をはじめとし、ねぶたの技術と感性を活かしたプロダクツを制作・販売していくことで、ねぶたの世界を志す若者たちに生活基盤を提供することを目指しています。ブランドコンセプトねぶたは、その年の祭が終わるや否や解体されてしまう存在です。「KAKERA」とは、このはかなさを長く記憶にとどめるため、実際に運行されたねぶたの彩色和紙の希少な端切れ=「ねぶたのかけら」をアップサイクルした商品群のブランドネームです。「KAKERA」は、1台のねぶたから300個までしか製造しません。本物の「ねぶたのかけら」を使った証として、エディションナンバーが入った「かけら使用証明書」が付属します。ねぶたの設計図ともいえる「原画」...

ROYAL DOULTON/ロイヤルドルトン フェーブルテーブルランプ

ディノス

32,400

ROYAL DOULTON/ロイヤルドルトン フェーブルテーブルランプ

シェードはロンドンを拠点とするイラストレーター「キャロリン・シュノール」のデザイン。天然木を職人の手で一つずつ加工して生み出された柔らかなカーブも魅力です。 シェードはロンドンを拠点とするイラストレーター「キャロリン・シュノール」のデザイン。天然木を職人の手で一つずつ加工して生み出された柔らかなカーブも魅力です。ロイヤルドルトンは伝統的なものづくりとロンドンの若き才能を組み合わせた新しいライフスタイル用品作り上げるためにライフスタイル誌やファッション誌に度々登場していたキャロリンシュノール氏を見つけ出しました。大胆な色使いと美しいラインは彼女のそのもので、彼女が幼少期に影響を受けた民族芸術の魅力を表現しています。 ロイヤルドルトン1815年 英国 ジョン・ドルトン氏により創業されたロイヤルドルトンは、1877年ヘンリー・ドルトンの大成功により芸術的テーブルウェアを創造していくこととなります。1901年 英国王室よりロイヤルの称号を授与されオールドカントリーローズ等を傘下に持つ世界最大級の陶磁器ブランドとなります。そんなロイヤルドルトンが生み出すクラシカルでありながらモダンテーストを取り入れたロイヤルドルトン・ライティングは英国の気品と伝統を反映したあたらしい室内装飾照明といえます。ロイヤルドルトンライティング-ROYAL DOULTON LIGHTING-は様々な準備期間を経て2004年10月に誕生しました。社会やライフスタイルの変化などに応えられる室内装飾照明器具の製作が検討され、英国カスケード社との提携により、2世紀にわたる伝統を受け継いだ『ロイヤルドルトンライティング -ROYAL DOULTON LIGHTING-』という新しいブランドが誕生しました。デザインは現代のライフスタイルに合うモダンなテイストを持ち、穏やかさ...

ROYAL DOULTON/ロイヤルドルトン フェーブルペンダントランプ

ディノス

54,000

ROYAL DOULTON/ロイヤルドルトン フェーブルペンダントランプ

ロンドンを拠点とする若きイラストレーター「キャロリン・シュノール」がデザインした大胆で印象的なツリーデザインをモチーフにした北欧スタイルの照明シリーズ。 ロイヤルドルトンは伝統的なものづくりとロンドンの若き才能を組み合わせた新しいライフスタイル用品作り上げるためにライフスタイル誌やファッション誌に度々登場していたキャロリンシュノール氏を見つけ出しました。大胆な色使いと美しいラインは彼女のそのもので、彼女が幼少期に影響を受けた民族芸術の魅力を表現しています。ロイヤルドルトン1815年 英国 ジョン・ドルトン氏により創業されたロイヤルドルトンは、1877年ヘンリー・ドルトンの大成功により芸術的テーブルウェアを創造していくこととなります。1901年 英国王室よりロイヤルの称号を授与されオールドカントリーローズ等を傘下に持つ世界最大級の陶磁器ブランドとなります。そんなロイヤルドルトンが生み出すクラシカルでありながらモダンテーストを取り入れたロイヤルドルトン・ライティングは英国の気品と伝統を反映したあたらしい室内装飾照明といえます。ロイヤルドルトンライティング-ROYAL DOULTON LIGHTING-は様々な準備期間を経て2004年10月に誕生しました。社会やライフスタイルの変化などに応えられる室内装飾照明器具の製作が検討され、英国カスケード社との提携により、2世紀にわたる伝統を受け継いだ『ロイヤルドルトンライティング -ROYAL DOULTON LIGHTING-』という新しいブランドが誕生しました。デザインは現代のライフスタイルに合うモダンなテイストを持ち、穏やかさ、シンプルさ、上質をテーマに、そして伝統を受け継ぎ新しいライフスタイルを提案しています。現在、ロイヤルドルトンライティング-ROYAL DOULTON LIGHTING...

KAKERA 舞 テーブルライトNo.24[NEBUTA STYLE]

ディノス

32,400

KAKERA 舞 テーブルライトNo.24[NEBUTA STYLE]

東北の短い夏を焦がす、青森ねぶた。そのエネルギーの「かけら」を、モダンインテリアに灯します。第一線のねぶた師と気鋭のデザイナーのコラボレーションによる、新しいアートプロジェクトです。 日本画を原画とする造形と、伝統的なねぶた囃子の響き…。ねぶたの持つ典雅な一面を、扇の形に表現しました。低く構えたプロポーションは、飾り棚にもよく合います。「ねぶたのかけら」を、前後2枚あしらっています。「KAKERA」の「かけら」部分には、墨跡・蝋引きといったねぶた独特の技法が凝縮されています。ねぶた師が描いた鉛筆による下描きの跡が残るものもあり、本物の「ねぶた」の息遣いを感じることができます。-------ねぶたづくりをしたい、だけど経済的な理由から踏み切れない、という若者が多くいます。10年修行してやっと大型ねぶたをつくれるようになっても、まだまだ経済的にはやっていけないのがねぶた師の現実。これでは、ねぶた祭の将来が危うい。NEBUTA STYLEは、そんなねぶた師の世界に生業を提供するプロジェクトです。“KAKERA”をはじめとし、ねぶたの技術と感性を活かしたプロダクツを制作・販売していくことで、ねぶたの世界を志す若者たちに生活基盤を提供することを目指しています。ブランドコンセプトねぶたは、その年の祭が終わるや否や解体されてしまう存在です。「KAKERA」とは、このはかなさを長く記憶にとどめるため、実際に運行されたねぶたの彩色和紙の希少な端切れ=「ねぶたのかけら」をアップサイクルした商品群のブランドネームです。「KAKERA」は、1台のねぶたから300個までしか製造しません。本物の「ねぶたのかけら」を使った証として、エディションナンバーが入った「かけら使用証明書」が付属します。ねぶたの設計図ともいえる「原画」...

KAKERA 舞 テーブルライトNo.20[NEBUTA STYLE]

ディノス

32,400

KAKERA 舞 テーブルライトNo.20[NEBUTA STYLE]

東北の短い夏を焦がす、青森ねぶた。そのエネルギーの「かけら」を、モダンインテリアに灯します。第一線のねぶた師と気鋭のデザイナーのコラボレーションによる、新しいアートプロジェクトです。 日本画を原画とする造形と、伝統的なねぶた囃子の響き…。ねぶたの持つ典雅な一面を、扇の形に表現しました。低く構えたプロポーションは、飾り棚にもよく合います。「ねぶたのかけら」を、前後2枚あしらっています。「KAKERA」の「かけら」部分には、墨跡・蝋引きといったねぶた独特の技法が凝縮されています。ねぶた師が描いた鉛筆による下描きの跡が残るものもあり、本物の「ねぶた」の息遣いを感じることができます。-------ねぶたづくりをしたい、だけど経済的な理由から踏み切れない、という若者が多くいます。10年修行してやっと大型ねぶたをつくれるようになっても、まだまだ経済的にはやっていけないのがねぶた師の現実。これでは、ねぶた祭の将来が危うい。NEBUTA STYLEは、そんなねぶた師の世界に生業を提供するプロジェクトです。“KAKERA”をはじめとし、ねぶたの技術と感性を活かしたプロダクツを制作・販売していくことで、ねぶたの世界を志す若者たちに生活基盤を提供することを目指しています。ブランドコンセプトねぶたは、その年の祭が終わるや否や解体されてしまう存在です。「KAKERA」とは、このはかなさを長く記憶にとどめるため、実際に運行されたねぶたの彩色和紙の希少な端切れ=「ねぶたのかけら」をアップサイクルした商品群のブランドネームです。「KAKERA」は、1台のねぶたから300個までしか製造しません。本物の「ねぶたのかけら」を使った証として、エディションナンバーが入った「かけら使用証明書」が付属します。ねぶたの設計図ともいえる「原画」...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「インテリア照明モダン」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ