「神棚宮」 の検索結果 2,314件

中神明 神棚 札宮 一社宮 ( 神具 桧 新築 お正月 式年遷宮 お宮参り 七五三 ) 【3900円以上送料無料】

全3商品

3,580

中神明 神棚 札宮 一社宮 ( 神具 桧 新築 お正月 式年遷宮 お宮参り 七五三 ) 【3900円以上送料無料】

サイズ約 幅36.0×奥行19.0×高さ40.0(cm)お札の入る寸法:約 幅7.0×奥行5.0×高さ26.8(cm)内容量材質桧カラー備考商品区分仏具/神具/お墓用品カテゴリから探す●扉が一枚の一社宮の神棚です。●屋根の千木が付いており、鰹木と垂木の部分にも金色の装飾が施されています。●欄干と階段の飾りも付いており、小型ですが豪華で存在感があります。●高さ26.8cmまでのお札を入れることができます。●初めてお札を祀り始める方にお勧めです。●設置には棚板が必要となります。※地域によって信仰、風習に違いがございます。※お札の納まるサイズについては、多少の誤差はご了承下さい。中神明扉が1つの一社宮の神棚です。お札は高さ26.8cmまでのお札を納めることができます。手前に天照皇大神宮、氏神神社、その他の崇敬神社の順に3枚重ねて納めます。側面コンパクトなので、お宮参り、七五三、合格祈願、新築など初めてお札を祀る方にお勧めです。屋根天に向かってまっすぐ伸びる千木は「昇運」の象徴です。屋根の鰹木と垂木の部分にも金色の装飾が施されています。階段欄干と階段の飾りも付いており、小型ですが豪華で存在感があります。神棚を設ける場所一家の中心となる神聖なところ神棚は家の中の最も清らかで明るく、家族全員が親しみやすくお供えしたり、拝礼したりするのに都合の良い場所を選びます。出入口やドアの上などは避けるようにし、目の高さ以上の高いところに、南向きあるいは東向きに設けます。一般的に押し入れの上は良いとされています。神棚は雲の上の天界に通じる所神棚の下を通ったり、2階のある家では、その上を歩くことになるような場所は避けたいものです。どうしても2階部分が通路になってしまう場合、これより上は何もないという意味合いの『雲』という字を書いたものか、木彫りの『雲...

神棚 極上流れ造り八幡宮 三社 【上品】

おまかせ工房

289,440

神棚 極上流れ造り八幡宮 三社 【上品】

画像は拡大できます こちらの品質で製作している神棚は全部で3種類ございます。 【神具】流れ造り(八幡)宮神殿一社(神棚) 【神具】極上流れ造り(八幡)宮神殿三社(神棚) 【神具】極上流れ造り(八幡)宮神殿一社(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年〜10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います。神棚は先祖代々受け継ぐというものではありません。 ...

お買い物マラソン
神棚 大黒宮 一社 【上品】

おまかせ工房

19,224

神棚 大黒宮 一社 【上品】

小宮神殿 中宮神殿 大神宮神殿 大々神宮神殿 中神明神殿 大神明神殿 大々神明神殿 大黒宮神殿 出神殿三社 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年〜10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います。神棚は先祖代々受け継ぐというものではありません。 ■神拝の作法 お供えの前に手と口を清め、お願いごとをした後、二度お辞儀、そして二度柏手(かしわで...

お買い物マラソン
送料無料
高級神棚 格子宮(東濃ひのき製)

仏壇仏具のまごころショップ安伽堂

12,960

高級神棚 格子宮(東濃ひのき製)

〓 商 品 仕 様 〓 材 質 東濃ひのき 寸 法 幅:41×高さ:39×奥行:16(cm) 備 考 本商品は、ご神木の里で知られる岐阜県中津川市付知産の東濃ひのきを使用した高級品です。 伊勢神宮と木曽ひのき 伊勢神宮は、三重県伊勢市にある皇大神宮(内宮)と豊受大神宮(外宮)を総称して指します。内宮(ないくう)は皇祖神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祀り、三種の神器の一つ八咫鏡(やたのかがみ)を御神体とします。外宮(げくう)の御祭神は農業などを司る豊受大神(とようけのおおかみ)です。神殿は白木造りで、20年ごとに遷宮を伴う改築が行われます。 この遷宮が行われるようになったのは千三百年以上も前からで、今日まで引き継がれています。平成17年からは第62回式年遷宮の各行事が行われ、同25年(2013年)には正遷宮(神体の渡御)が行われました。 上の写真は、第62回式年遷宮の御神木奉送祭の様子です。遷宮に使用される御用材は木曽山系に生育する木曽ひのきや東濃ひのきが御神木として奉納されています。 左の写真は、三ツ紐伐り(みつひもぎり)による伝統的な御神木の伐採風景です。木曽山系の冬は寒さが厳しいため成長が遅く、木曽ひのきや東濃ひのきの天然木は樹齢300年以上にもなります。このため、緻密で耐久性に優れた品質となり、これが高級ひのきと言われる所以です。 ◆楽天国際配送対象商品(海外配送) 詳細はこちら ◆Rakuten International Shipping Item (Since the end of June 2008) Details click here ◇楽天国際配送サービスに関する注記 [Notes for Rakuten International Shipping Services]

お買い物マラソン
送料無料
神棚 箱入り一社宮〈F-13〉

神棚・神祭具 宮忠 楽天市場支店

33,000

神棚 箱入り一社宮〈F-13〉

神棚と一緒にお祀りするお品のご紹介神棚板セット神具ハーフセット神具フルセット灯籠(とうろう)・ろうそく類神鏡 鏡+雲形台桧遠山セット長膳セット土器類真榊弊社おススメのセット商品はこちらからお求めいただけます。正面はガラス4枚引き違いになっています。??御扉廻りの材料にはひときわ気遣い、できる限り目が細かく、柾目の通った材料を使用します。御扉の錺(かざり)金具は真鍮製鍍金仕上げで、もちろんひとつひとつを釘で打ち付けています。土台にも面取りを施します。自信を持ってお勧めできる神棚(神殿)に仕上がっております。御神札を入れて頂くには、御扉を取り外してお納めください。御扉を外す時に、御扉がどのようにしてはめ込まれているか、ゆっくりと確認しながら外してください。御扉の下の方から手前に引き出すと外れます。はめ込む時は、御扉を斜めに持っていき、上部から外した時の逆の方法で入れてください。お供え物などを置ける、抜き引出式板が付いています。階段(きざはし/きだはし)のない神棚なので、手前にお供え物を置いてお祀りすることもできます。【神棚 箱入り一社宮〈F-13〉】には、扉を開けた中に神棚用の戸帳(とちょう)が付いています。御神札は、神棚内側のお部屋・内陣(ないじん)に納めます。日本の総氏神・伊勢神宮のお膝元から宮師の熟練された技術と心で造りあげる神棚。以前よりお客様からご要望のありました、高さの取れないお祀り場所に置くための神棚です。総高さが30cmと、お札を納めてお祀りする神棚としては限界の高さです。(伊勢神宮で一般的にお求めいただく御神札の高さは26.5cm。)小型に纏められた箱宮です。タンスや本棚の上にも祀ることができます。この場合、家具の上に白木の板を1枚敷いた上に神棚をお祀りいただくことをおすすめいたします。...

お買い物マラソン
スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「神棚宮」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ