「神棚三社」 の検索結果 1,203件

神棚セット 招福屋根違い三社 小型サイズ 神棚 三社 セット

おまかせ工房

11,664

神棚セット 招福屋根違い三社 小型サイズ 神棚 三社 セット

屋根違い三社、通し屋根の神棚三社では壁掛けや棚板などと組み合わせて、神前幕、御簾、しめ縄を掛けたりもします。 日本製神棚には一社、三社、五社、七社があり、レトロデザインから箱型、モダンデザインまで豊富です。 神棚セット、神具セットは基本的なものが一通り揃っているので、届いたその日に祭れると思います。 雲板を付けると空が開けると思いますので、桧雲は定番といったところでしょう。 神棚の向き、方角、飾り方などは「神棚について」のページにて詳しく解説をしてあります。 神棚と神具の一式セット 初めて神棚を祭ってみたい、平均的・標準的な神具を揃えておきたいときに使いやすい神棚セット。 セトモノセットなどの乗せ方、並べ方などは参考例です。 神棚の設置の仕方には個人差があり、こうしなければならないというものは存在しません。 神具の大きさについてはバランスのとれた大きさでセッティングしてあります。 慣れてくれば別の神具に取り替えてみるのもいいでしょう。 まずは一歩の神殿セットです。 据え置き型の神棚セット、「神棚本体」「神饌(セトモノセット)」「神鏡」「八足台」。 こちらの神具には木彫り雲「桧」の無料サービスがあります。 必要であれば【大きな雲高さ約12センチ】または【小さな雲高さ約5センチ】を選んでください。 木彫り雲「桧」の説明はコチラです。 小ぶりな屋根違い三社 平均的な大きさの屋根違い三社 基本の神棚セット はじめて神棚を祭る方におすすめ 【神具】招福屋根違い三社12点神棚セット(小) 高さ38cm 幅51cm 奥20cm 基本の神棚セット はじめて神棚を祭る方におすすめ 【神具】招福屋根違い三社12点神棚セット(中) 外寸高さ40cm 幅60cm 奥20cm 例えばこのような神棚にすることもできます。 小型サイズ用神殿ケースはこちらで販売して...

お買い物マラソン
神棚 御嶽 三社 【上品】

おまかせ工房

86,184

神棚 御嶽 三社 【上品】

画像は拡大できます こちらの品質で製作している神棚は全部で3種類ございます。 【神具】御嶽神殿(神棚) 【神具】白鳳神殿三社(金具)(神棚) 【神具】白鳳神殿三社(唐戸)(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年〜10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います。神棚は先祖代々受け継ぐというものではありません。 ■神拝の作法 お供えの前に手と口を清め...

お買い物マラソン
神棚 明治三社 (唐戸) 中型サイズ 通し屋根 三社 【上品】

おまかせ工房

34,344

神棚 明治三社 (唐戸) 中型サイズ 通し屋根 三社 【上品】

こちらの宮形はサイズが他にもございます 【神具】明治神殿三社(金具)(大)(神棚) 【神具】明治神殿三社(金具)(中)(神棚) 【神具】明治神殿三社(唐戸)(大)(神棚) 【神具】明治神殿三社(唐戸)(中)(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年〜10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います。神棚は先祖代々受け継ぐというものではありません。 ...

お買い物マラソン
神棚 御札舎 本一社 中型サイズ [据え置きタイプ 壁掛け可能][ 御札立て 御札入れ ] 【上品】

おまかせ工房

7,128

神棚 御札舎 本一社 中型サイズ [据え置きタイプ 壁掛け可能][ 御札立て 御札入れ ] 【上品】

このタイプの箱宮は全部で4タイプ製作しています。 上品シリーズ 箱宮神殿 箱宮神殿10号一社 箱宮神殿20号三社 箱宮神殿16号三社 箱宮神殿27号五社 伝統工芸士の御札入れ 伝統工芸士の浮かんで見える御札入れ 装飾なしの御札専用神棚 御札舎 本三社 御札舎 本一社 小型 御札舎 本一社 中型 御札舎 本一社 大型屋根違い三社、通し屋根の神棚三社では壁掛けや棚板などと組み合わせて、神前幕、御簾、しめ縄を掛けたりもします。 日本製神棚には一社、三社、五社、七社があり、レトロデザインから箱型、モダンデザインまで豊富です。 神棚セット、神具セットは基本的なものが一通り揃っているので、届いたその日に祭れると思います。 雲板を付けると空が開けると思いますので、桧雲は定番といったところでしょう。 神棚の向き、方角、飾り方などは「神棚について」のページにて詳しく解説をしてあります。 神棚セット(一社・三社) 神棚ケース・棚板セット ガラス箱宮(壁掛け可能) 特製ガラス箱宮(すだれ付き・壁掛け可能) 箱宮神殿 屋根違い三社・五社・七社 通し屋根一社・三社・五社・七社 欅(ケヤキ)屋根違い・通し三社 小型神殿(一社・大黒・二社) 極上本明屋根違い 極上流れ造り宮 極上茅葦屋根違い 特製通し屋根 特製屋根違い 神棚用神具はこちら トップページ > 神棚(Kamidana) > 神殿ケース・棚板セット各種 御札舎本一社 中型 こちらの神具には木彫り雲「桧」の無料サービスがあります。 必要であれば【大きな雲高さ約12センチ】または【小さな雲高さ約5センチ】を選んでください。 木彫り雲「桧」の説明はコチラです。 【神具】御札舎 本一社 中[据え置きタイプ](神棚) ---詳しい紹介--- 外寸 高さ31cm 幅16cm 奥8cm 内寸(本社) 高さ27cm...

お買い物マラソン
神棚 出雲 三社 (金具) 中型サイズ 屋根違い三社 【上品】

おまかせ工房

30,024

神棚 出雲 三社 (金具) 中型サイズ 屋根違い三社 【上品】

こちらの宮形はサイズが他にもございます 【神具】出雲神殿三社(金具)(大)(神棚) 【神具】出雲神殿三社(金具)(中)(神棚) 【神具】出雲神殿三社(唐戸)(大)(神棚) 【神具】出雲神殿三社(唐戸)(中)(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年〜10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います。神棚は先祖代々受け継ぐというものではありません。 ...

お買い物マラソン
神棚 出雲 三社 (金具) 大型サイズ 屋根違い三社 【上品】

おまかせ工房

33,264

神棚 出雲 三社 (金具) 大型サイズ 屋根違い三社 【上品】

こちらの宮形はサイズが他にもございます 【神具】出雲神殿三社(金具)(大)(神棚) 【神具】出雲神殿三社(金具)(中)(神棚) 【神具】出雲神殿三社(唐戸)(大)(神棚) 【神具】出雲神殿三社(唐戸)(中)(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年〜10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います。神棚は先祖代々受け継ぐというものではありません。 ...

お買い物マラソン
神棚 明治三社 (金具) 中型サイズ 通し屋根 三社 【上品】

おまかせ工房

30,024

神棚 明治三社 (金具) 中型サイズ 通し屋根 三社 【上品】

こちらの宮形はサイズが他にもございます 【神具】明治神殿三社(金具)(大)(神棚) 【神具】明治神殿三社(金具)(中)(神棚) 【神具】明治神殿三社(唐戸)(大)(神棚) 【神具】明治神殿三社(唐戸)(中)(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年〜10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います。神棚は先祖代々受け継ぐというものではありません。 ...

お買い物マラソン
神棚 出雲三社 (唐戸) 中型サイズ 屋根違い三社 【上品】

おまかせ工房

34,344

神棚 出雲三社 (唐戸) 中型サイズ 屋根違い三社 【上品】

こちらの宮形はサイズが他にもございます 【神具】出雲神殿三社(金具)(大)(神棚) 【神具】出雲神殿三社(金具)(中)(神棚) 【神具】出雲神殿三社(唐戸)(大)(神棚) 【神具】出雲神殿三社(唐戸)(中)(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年〜10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います。神棚は先祖代々受け継ぐというものではありません。 ...

お買い物マラソン
神棚 茅葦通し 三社 【上品】

おまかせ工房

86,184

神棚 茅葦通し 三社 【上品】

画像は拡大できます(極上茅葦屋通し神殿三社がモデル) こちらの品質で製作している神棚は全部で6種類ございます。 【神具】茅葦神明神殿一社(小)(神棚) 【神具】茅葦神明神殿一社(中)(神棚) 【神具】茅葦神明神殿一社(大)(神棚) 【神具】茅葦通し神殿三社(神棚) 【神具】極上茅葦屋通し神殿三社(神棚) 【神具】極上茅葦屋根違い神殿三社(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年〜10年が多いようです。 古くなった神棚は...

お買い物マラソン
神棚 通し屋根三社 富士 中型サイズ 通し屋根 三社 【上品】

全4商品

38,880

神棚 通し屋根三社 富士 中型サイズ 通し屋根 三社 【上品】

こちらの宮形はサイズが他にもございます 【神具】通し屋根神殿三社富士(大)(神棚) 【神具】通し屋根神殿三社富士(中)(神棚) 【神具】通し屋根神殿三社富士(小)(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年〜10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います。神棚は先祖代々受け継ぐというものではありません。 ■神拝の作法 お供えの前に手と口を清め...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「神棚三社」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ