「書道用紙」 の検索結果 2,159件

送料無料
書道【書道用品】手漉き画仙紙 全紙 和光 1反 100枚

半紙屋e-shop

9,420

書道【書道用品】手漉き画仙紙 全紙 和光 1反 100枚

商品詳細 サイズ 700x1360 1反 100枚 特徴 薄手。白色。なめらかな筆触り。 この商品が入った少量からのお試しセットもございます。(半切サイズ) 淡墨作品は紙選びと墨の調整により様々な姿になります。そして紙選びはどのような作品にしたいかで変わります。◆とにかく大きなにじみを出したい。◆線の立体感を重視。◆墨色が大切。などありますが、紙によってその得意とする表現が変わってきますので、いつも使い慣れている紙ではなく違った紙で書いてみることをオススメいたします。また、紙と墨の相性はまた異なりますので墨に関しても色々な調合を試してみてください。書の奥深さを感じられると思います。『和光』の紙の一例をご紹介いたします。『和光』の紙の特徴は長い繊維を多く使われているようでやや荒く、紙がやや裏抜けて見えます。また、にじみの広がりが大きくなることが特徴です。そのため、松煙墨のような粗い粒子であってもにじみが広がります。しかし、にじみと芯の境界がまったくわからないので『添加用墨NO.101』を加えて線がはっきり見えるように調整しなくてはなりません。(下の写真で使用した墨は『黄山松煙』、『添加用墨NO.101』、『呉竹製 特選青墨1号』です。)粗い紙は多少大きな墨の粒子でもにじみとして広がるためにじみ始めの部分は濃くて密なにじみ。外側へ行くごとに薄く細かなにじみが出てにじみにも立体感が出せることが特徴です。では、墨の作り方ですがその前に知っておいていただきたいことがあります。それは、なぜにじむのかということです。基線より外に広がっているにじみは『毛細管現象』によって紙の繊維と繊維の隙間を水分が通る作用によって運ばれた墨の細かな粒子です。逆に基線の周りに少し濃くなっている部分は繊維の隙間を通ることができなかった粗い墨と言えます...

送料無料
書道【書道用紙/書道半紙】1000枚 国産手漉き高級半紙 大雅 【半紙/書道用品】

半紙屋e-shop

15,430

書道【書道用紙/書道半紙】1000枚 国産手漉き高級半紙 大雅 【半紙/書道用品】

商品詳細 サイズ 242x333 1000枚入り 厚さ 2.8kg/1000枚 厚手 特徴 原料の天然の色。 筆のかかりが良くなめらか かすれについて    摩擦の値について紙の上を、左記写真の愛媛県紙産業技術センターにある摩擦測定器を滑らせ紙の 摩擦度を測定いたしました。値は 5段階で大きな数になる程、摩擦が強くなります。 紙の摩擦とは 鉛筆で文字を書けるのは、柔らかな鉛筆の芯が紙との摩擦で芯が削れて紙の上に残ったものが文字として現れているのです。筆で書いた時も同じように墨液を含んだ筆と紙との摩擦で書き心地が変わってきます。摩擦が強い程 かすれもよく出ますし、書きごたえを感じます。 紙のにじみについて    にじみの値について同量で同濃度の染色した水を紙に落とし、その時のにじんだ値をもとに数値化しました値は 5段階で大きな数になる程、滲み易くなります。 紙の滲みとは 墨が紙に付いた時の拡散具合を差しますが、紙が墨をよく吸っていること(浸透している)を表します。墨をよく吸う紙は、筆が良く食い込み、書きやすくなります。ボールペンで字を書く時、紙の下が硬いと書きにくく、柔らかいと書きやすいことと似ています。手漉き書道半紙 大雅1000枚 半紙判|書道用品通販【半紙屋e-shop】 えひめ伝統工芸士藤原俊二氏 国産手漉き書道半紙 大雅漉き目がよくわかるように黒い下敷きを敷いていますにじみレベル4裏から見たところです淡墨で書きました裏から見たところです紙の厚さは0.109mm厚さレベル4

書道用品 実務書道師範講座 清書規定課題練習用紙 書き込み練習用紙 課題の清書前にお使いいただけます。

愛筆屋

3,024

書道用品 実務書道師範講座 清書規定課題練習用紙 書き込み練習用紙 課題の清書前にお使いいただけます。

セット内容 【清書規定課題練習用紙 】各2枚 1.楷書の中字・小字・細字を書く 2.カタカナ・住所などを書く 3.はがき・角封筒のあて名とカタカナ用語を書く 4.長封筒と封筒の横書き、数字を書く 5.行書と行書風ひらがなを書く 6.行書の短文、のし袋・ネームカード・リボンを書く 7.表札・辞令を書く 8.掲示・式次第(部分)を書く 9.挨拶状と祝辞(部分)を書く 10.賞状の用語と主文を書く 11.賞状を書く 12.講座の手本にない課題を書く 【書き込み練習用紙】各1枚 1.楷書風ひらがなの書き方 2.カタカナ用語の書き方 3.実務用語と役職名の書き方 4.会社名の書き方 5.都道府県名の書き方 6.氏名の書き方 7.はがきと角封筒のあて名書き 8.長封筒のあて名書きと住所の横書き 9.行書風ひらがなの書き方 10.のし袋の書き方 11.のし紙用語の書き方・楷書 12.のし紙用語の書き方・証書 13.挨拶状の書き方・楷書 14.挨拶状の書き方・行書 15.目録の書き方 16.家族書の書き方 17.賞状用語の書き方 18.主文3行の認許証の書き方 19.主文3行の卒業証書の書き方 20.主文4行の修了証の書き方 21.主文4行の免許状の書き方 22.主文5行の修了証の書き方 23.横書きの賞状の書き方 24.横書きの表彰状の書き方 ご注意 写真の色や質感はご覧頂く環境により見え方が異なる場合があります 。このため、お届けする商品と若干異なる可能性がございますのでご注意ください 。また、筆の取り扱いに関する情報は 「筆に関するQ&A」をご覧ください。

書道【書道用品】手漉き画仙紙 半切 紅葉 1反 100枚

半紙屋e-shop

4,640

書道【書道用品】手漉き画仙紙 半切 紅葉 1反 100枚

商品詳細 サイズ 350x1360 1反 100枚 特徴 やや生成り。筆掛かりがややあります。 淡墨作品は紙選びと墨の調整により様々な姿になります。そして紙選びはどのような作品にしたいかで変わります。◆とにかく大きなにじみを出したい。◆線の立体感を重視。◆墨色が大切。などありますが、紙によってその得意とする表現が変わってきますので、いつも使い慣れている紙ではなく違った紙で書いてみることをオススメいたします。また、紙と墨の相性はまた異なりますので墨に関しても色々な調合を試してみてください。書の奥深さを感じられると思います。『紅葉』の紙の一例をご紹介いたします。『紅葉』の紙の特徴は少し荒くにじみの広がりがやや大きいことが特徴です。『千鳥』より目が細かいため細かく広がり、品の良いにじみになります。松煙墨のような粗い粒子であってもにじみが広がりやすく、基線をはっきり出すためには添加用墨NO.101のような古墨調の墨を添加する必要があります。(下の写真で使用した墨は『黄山松煙』、『添加用墨NO.101』、『呉竹製 特選青墨1号』です。)◆『黄山松煙』・・にじみと線の立体感を出す働き。唐墨の松煙墨です。唐墨は和墨より膠を多く使用しています。この膠はにじみやすさを助ける作用があり、にじみがもっと欲しい場合に使います。松煙墨は油煙墨より荒いのですが、不定形な粒子が光を乱反射させ線に立体感を出してくれます。『紅葉』に関してはそれでも十分にじみがでました。今回はこの墨を端渓で摩った後、指でしっかり伸ばして使いました。にじみを出したい場合に加えて調整してみてください。また、もっとにじませたい場合は油煙墨を摩って添加してみてください。入れすぎると平たい変化の乏しい線になります。◆添加用NO.101・・基線とにじみの境界に溜まる墨で立体感を出す働き。墨が枯れ...

関連キーワード

書道用半紙
スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「書道用紙」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ