「彫金タガネ」 の関連商品を含む検索結果 17件

こちらの関連商品はいかがですか?

【あす楽】和蝋燭 白・朱 碇型(いかりがた)20号/本燃焼時間 約4時間和ローソク 和ろうそく 朱蝋燭 朱ろうそく 朱ローソク 赤蝋燭 赤ろうそく 赤ローソク 仏具

京都の仏具屋さん 香華堂

691

【あす楽】和蝋燭 白・朱 碇型(いかりがた)20号/本燃焼時間 約4時間和ローソク 和ろうそく 朱蝋燭 朱ろうそく 朱ローソク 赤蝋燭 赤ろうそく 赤ローソク 仏具

職人の手作り!京の伝統工芸・和蝋燭 1本1本手作りの和ろうそくです。 白色は普段使いに。 朱色は七回忌以降の年忌法要、またお正月・お盆・お彼岸・入仏慶讃法要(遷仏法要・おわたまし・仏壇開き)・報恩講にお供えします。 ■和蝋燭(わろうそく)とは? やしの実・米糠を原料とした蝋で作られた、揺らぐ炎で有名な日本の実用品・日用品でもある伝統工芸品です。 当店で扱っている和蝋燭は、イグサの髄に和紙を年輪のように重ねて太くしっかりと拵えた灯芯に、丁寧に蝋をかけては乾かしかけては乾かし、を繰り返していくことで作られました。 石油系パラフィンワックスと細い糸芯でつくられた現代の西洋蝋燭とは違い、和蝋燭に火をつけている間、中空構造の太い芯は下から空気と共に蝋を吸い込み、炎に強弱が生まれます。植物性蝋の炎は融点が低いためオレンジ色をしていますが、その温かい色の明かりがゆるゆると揺れながら灯っている様は、現代生活の中ではもうほとんど見ることができない焚火や暖炉など「本物の火」だけが持つ美しさ・趣があります。【和蝋燭 使用上のご注意など】 ・洋蝋燭よりも炎が大きく明るいのが和蝋燭の特長です。初めてのご購入の際は小さめのものからお試しください。 ・和蝋燭を灯している最中に、芯が長くなって火が大きくなった場合、「芯切鋏」を使って適宜芯を折り取ります。折り取った芯は、取り落さないよう気を付けてすみやかに「芯切壷・火消し壷」の中に捨てます。 ・火を消す際は「芯切鋏」で芯の根元をつまみ蝋の供給を止めて消火するか、「ローソク消し」で火を覆って消すか、「仏扇」で軽く仰いで消します。但し火が大きい場合、あおいで消すのはおすすめしません。 ・火のついた和蝋燭を傾けて他の蝋燭や線香に火を移すのは危険ですのでお控え下さい。 大きさ 20号 肩まで/16.5cm 芯先まで...

お買い物マラソン
聖火印 赤芯ローソク セイカ 7号5 SEIKA 20本入 カメヤマ

快適生活サポートshop eハイソー

432

聖火印 赤芯ローソク セイカ 7号5 SEIKA 20本入 カメヤマ

赤芯ローソク7号5燃焼時間約4時間560g発売元:カメヤマ株式会社[使用上の注意]ローソクを灯している時はその場から絶対離れないでください。●金属・陶器など不燃性でローソクの穴にあった燭台にまっすぐ固定してご使用ください●可燃物の付近では絶対に使用しないでください●風のあるところではロウが流れやすくなり敷物などをよごすことがありますのでご注意ください。●燃焼中、消火直後は火傷のおそれがありますのでローソクおよび燭台に手を触れないでください。●燭台が熱いうちにローソクを立てると溶けて倒れることがありますので燭台が冷めてからご使用ください。●燃焼中、芯糸が長くなり炎が大きくなった場合いったん消火し芯糸の先をハサミで5ミリほどに切り再び点火してください。●特に冬場、気温の低い部屋で再点火する場合は、芯糸の根元部分に火を近づけ、ロウを充分に溶かすようにして点火してください。●芯糸が2ミリ以下の時に再点火する場合は、マッチなどの火でロウを溶かし5、6滴捨て、芯糸を5ミリ以上にすると点火しやすくなります。[保管上の注意]●直射日光や高温所を避け、涼しい場所に保管してください。●小児・ペットの手の届かないところに保管してください。赤芯ローソク燃焼時間約4時間560gサイズ/φ16X177mm発売元:カメヤマ株式会社在庫限りとなります。在庫有り表示でもなくなりました場合にはどうぞご了承ください。

お買い物マラソン
和蝋燭 白・朱 碇型(いかりがた)100号/本燃焼時間 約9時間和ローソク 和ろうそく 朱蝋燭 朱ろうそく 朱ローソク 赤蝋燭 赤ろうそく 赤ローソク 仏具

京都の仏具屋さん 香華堂

3,456

和蝋燭 白・朱 碇型(いかりがた)100号/本燃焼時間 約9時間和ローソク 和ろうそく 朱蝋燭 朱ろうそく 朱ローソク 赤蝋燭 赤ろうそく 赤ローソク 仏具

職人の手作り!京の伝統工芸・和蝋燭 1本1本手作りの和ろうそくです。 白色は普段使いに。 朱色は七回忌以降の年忌法要、またお正月・お盆・お彼岸・入仏慶讃法要(遷仏法要・おわたまし・仏壇開き)・報恩講にお供えします。 ■和蝋燭(わろうそく)とは? やしの実・米糠を原料とした蝋で作られた、揺らぐ炎で有名な日本の実用品・日用品でもある伝統工芸品です。 当店で扱っている和蝋燭は、イグサの髄に和紙を年輪のように重ねて太くしっかりと拵えた灯芯に、丁寧に蝋をかけては乾かしかけては乾かし、を繰り返していくことで作られました。 石油系パラフィンワックスと細い糸芯でつくられた現代の西洋蝋燭とは違い、和蝋燭に火をつけている間、中空構造の太い芯は下から空気と共に蝋を吸い込み、炎に強弱が生まれます。植物性蝋の炎は融点が低いためオレンジ色をしていますが、その温かい色の明かりがゆるゆると揺れながら灯っている様は、現代生活の中ではもうほとんど見ることができない焚火や暖炉など「本物の火」だけが持つ美しさ・趣があります。【和蝋燭 使用上のご注意など】 ・洋蝋燭よりも炎が大きく明るいのが和蝋燭の特長です。初めてのご購入の際は小さめのものからお試しください。 ・和蝋燭を灯している最中に、芯が長くなって火が大きくなった場合、「芯切鋏」を使って適宜芯を折り取ります。折り取った芯は、取り落さないよう気を付けてすみやかに「芯切壷・火消し壷」の中に捨てます。 ・火を消す際は「芯切鋏」で芯の根元をつまみ蝋の供給を止めて消火するか、「ローソク消し」で火を覆って消すか、「仏扇」で軽く仰いで消します。但し火が大きい場合、あおいで消すのはおすすめしません。 ・火のついた和蝋燭を傾けて他の蝋燭や線香に火を移すのは危険ですのでお控え下さい。 大きさ 100号 【高さ 25.0cm】 【直径 上...

お買い物マラソン
スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「彫金タガネ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ