「墨硯」 の検索結果 1,227件

送料無料
【硯】雨畑硯 2

紙・文具の専門店 ミフジ

27,000

【硯】雨畑硯 2

<商品概要> 【商品名】 雨畑硯 2 【寸 法】 縦139mmx横77mmx厚み19mm 【説 明】 元禄の頃から採掘されたと伝えられ、「和端渓」と珍重されてきた雨畑石。 石質は、古生層の粘板岩で緻密にして湿潤。 吸水せず、磨墨・発墨ともに素晴らしく、 和硯としては最高の品質と言われています。 石色は蒼黒・淡青・紫黒のものが最良と言われています。 山梨県南巨摩郡早川町雨畑産。文房具 >> 書道 >> 硯 あめはたすずり 雨畑硯 原石:雨畑真石(2011年商標登録) 山梨県南巨摩郡早川町雨畑地方で現存する唯一の「坑道」から採れる 雨畑真石(2011年商標登録)を使って彫った銘硯「雨畑硯」。 非常にめずらしい、玉泉氏以外の職人が彫った雨畑真石硯になります。 雨畑硯 2 size:139mm x 77mm x 19mm 早川町雨畑で採れた“雨畑真石”で造られた雨畑硯。 こちらの雨畑硯は硯刻士:望月玉泉氏の逸品ではなく、別の職人さんのもの。 原石も雨畑真石には間違いないとのことですが(玉泉氏談より)、 まだ商標登録がなされる以前に作硯された逸品になります。 < 雨 畑 真 石 ( 原 石 ) > 雨畑硯の材料となる石は、「 雨畑真石 」( 商標登録第5466394 )と呼ばれています。 雨畑真石は早川支流の雨畑川上流の石層より産出し、 現在、唯一の坑道から採石され、緻密な粘板岩で粒子が細かく、 水持ちがよい硯に最適な石質と評されています。 水分の吸収が少ないため、彫った石に水を入れると普通は数時間で浸透してなくなりますが、 雨畑真石においては一晩おいてもまだ水が残っているほどです。 また雨畑真石の最大の特質は、その「 鋒鋩(ほうぼう) 」にあります。 「 鋒鋩(ほうぼう) 」とは、 硯面の墨を磨る墨堂の細かな粒子であり...

送料無料
【硯】雨畑硯 3

紙・文具の専門店 ミフジ

64,800

【硯】雨畑硯 3

<商品概要> 【商品名】 雨畑硯 3 【寸 法】 縦153mmx横93mmx厚み24mm 【説 明】 元禄の頃から採掘されたと伝えられ、「和端渓」と珍重されてきた雨畑石。 石質は、古生層の粘板岩で緻密にして湿潤。 吸水せず、磨墨・発墨ともに素晴らしく、 和硯としては最高の品質と言われています。 石色は蒼黒・淡青・紫黒のものが最良と言われています。 山梨県南巨摩郡早川町雨畑産。文房具 >> 書道 >> 硯 あめはたすずり 雨畑硯 原石:雨畑真石(2011年商標登録) 山梨県南巨摩郡早川町雨畑地方で現存する唯一の「坑道」から採れる 雨畑真石(2011年商標登録)を使って彫った銘硯「雨畑硯」。 非常にめずらしい、玉泉氏以外の職人が彫った雨畑真石硯になります。 雨畑硯 3 size:153mm x 93mm x 24mm 早川町雨畑で採れた“雨畑真石”で造られた雨畑硯。 こちらの雨畑硯は硯刻士:望月玉泉氏の逸品ではなく、別の職人さんのもの。 原石も雨畑真石には間違いないとのことですが(玉泉氏談より)、 まだ商標登録がなされる以前に作硯された逸品になります。 < 雨 畑 真 石 ( 原 石 ) > 雨畑硯の材料となる石は、「 雨畑真石 」( 商標登録第5466394 )と呼ばれています。 雨畑真石は早川支流の雨畑川上流の石層より産出し、 現在、唯一の坑道から採石され、緻密な粘板岩で粒子が細かく、 水持ちがよい硯に最適な石質と評されています。 水分の吸収が少ないため、彫った石に水を入れると普通は数時間で浸透してなくなりますが、 雨畑真石においては一晩おいてもまだ水が残っているほどです。   また雨畑真石の最大の特質は、その「 鋒鋩(ほうぼう) 」にあります。 「 鋒鋩(ほうぼう) 」とは、 硯面の墨を磨る墨堂の細かな粒子であり...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「墨硯」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ