「三角打敷」 の検索結果 237件

冬用 三角打敷 金綴 高級刺繍[宗紋:真宗高田派]【前卓用+上卓用セット】 京寸50代(総幅 約27cm)=名古屋寸30代

Amazon

3,434

冬用 三角打敷 金綴 高級刺繍[宗紋:真宗高田派]【前卓用+上卓用セット】 京寸50代(総幅 約27cm)=名古屋寸30代

香華堂特選!高級刺繍打敷 ■ 三角打敷とは? 主に浄土真宗のご門徒が、お正月やお彼岸・お盆・法事などの行事の際、仏壇の中の、上卓(うわじょく)と前卓(まえじょく)に掛ける敷物の事です。 基本的には仏事の際のお荘厳として掛けるものですが、普段でも仏壇をおしゃれに設えたい、という場合は使用していても間違いではありません。ただその場合、普段使い用と行事用とを分けた方が良いでしょう。 また、裏地は織柄入りの白生地となっており、中陰の間や葬儀の際はこの白生地を表にしてご使用いただけます。 ■ 打敷のTPO 上述の通り、喪中は白もしくは無彩色の打敷を使用し、それ以降は色柄のついたものを使用します。また、七回忌までの法要では華美な柄を避けるのが望ましいと言われています。 ほか、6月~9月のお彼岸前までは涼しげな素材の夏物を、9月の彼岸入り~翌年の6月頃までは重厚な素材の冬物を掛けるのが一般的です。 ※現代金襴で仕立てられている物の中には、季節に関係なく使える柄もございます。 ■ 刺繍について 香華堂特選刺繍打敷は、精密なミシン刺繍を施されています。 また、品名に「高級手振り刺繍」とあるものは、ミシンの針の往復を手の動きによって動かし、図案を描きだす「手振り刺繍」の技法で作られています。 機械に読み込ませたパターンデータではなく、元となる図案を見ながら手で描き出す職人技。手仕事のため刺繍の表情は1点1点違いが生まれ、機械制御には出せない「味」をお楽しみいただけます。

【仏具・打敷】 冬用三角打敷 金綴 刺繍 鳳凰 30代【10P02jun13】【RCP】

ハナツヅキ

3,510

【仏具・打敷】 冬用三角打敷 金綴 刺繍 鳳凰 30代【10P02jun13】【RCP】

冬用三角打敷 金綴刺繍 鳳凰 30代 仏様の前に置く前卓(まえじょく)を飾る金襴や錦の敷物です。 お釈迦様が説教されるとき、座具を敷かれたのが始まりと いわれております。 お盆やお彼岸・法事の時にご使用ください。 打敷には三角と四角があり三角の打敷は主に浄土真宗で 使い、浄土宗では四角を用います。 天台宗・禅宗・真言宗・日蓮宗などでは四角型が一般的ですが 地域によっては三角を使う場合もありますので、 詳しくはお寺様にお尋ねください。 夏用・冬用 季節により冬用と夏用とに、使い分けをお勧めいたします。 9月中旬(彼岸入り)から5月頃まで、冬用を。 6月から9月上旬(彼岸入りの前)までは、 夏用(絽や紗の打敷)をお勧めいたします。 [宗派] 各ご宗派でご利用いただけます [納期] ※3日前後での出荷 色、サイズによってはお取り寄せになりますので、 出荷までお時間をいただく場合もございます。 ※商品画像は70代を使用しております ※手作りのため寸法・色は製作時により多少異なります ※こちらの商品は取扱メーカー様より直送して いただきますので代金引換はご利用できません。 三角打敷サイズ表 巾 垂れ 白地 30代 273 136 58 40代 379 189 67 50台 424 212 67 70代 485 242 76 80代 530 265 76 100代 621 311 76 150代 790 395 91 200代 910 455 91 (mm) ・こちらのサイズもございます 【30代】 【40代】 【50代】 【70代】 【80代】 【100代】 【150代】 【200代】

【仏具・打敷】 冬用三角打敷 金綴 刺繍 鳳凰 100代【10P02jun13】【RCP】

ハナツヅキ

10,692

【仏具・打敷】 冬用三角打敷 金綴 刺繍 鳳凰 100代【10P02jun13】【RCP】

冬用三角打敷 金綴刺繍 鳳凰 100代 仏様の前に置く前卓(まえじょく)を飾る金襴や錦の敷物です。 お釈迦様が説教されるとき、座具を敷かれたのが始まりと いわれております。 お盆やお彼岸・法事の時にご使用ください。 打敷には三角と四角があり三角の打敷は主に浄土真宗で 使い、浄土宗では四角を用います。 天台宗・禅宗・真言宗・日蓮宗などでは四角型が一般的ですが 地域によっては三角を使う場合もありますので、 詳しくはお寺様にお尋ねください。 夏用・冬用 季節により冬用と夏用とに、使い分けをお勧めいたします。 9月中旬(彼岸入り)から5月頃まで、冬用を。 6月から9月上旬(彼岸入りの前)までは、 夏用(絽や紗の打敷)をお勧めいたします。 [宗派] 各ご宗派でご利用いただけます [納期] ※3日前後での出荷 色、サイズによってはお取り寄せになりますので、 出荷までお時間をいただく場合もございます。 ※商品画像は70代を使用しております ※手作りのため寸法・色は製作時により多少異なります ※こちらの商品は取扱メーカー様より直送して いただきますので代金引換はご利用できません。 三角打敷サイズ表 巾 垂れ 白地 30代 273 136 58 40代 379 189 67 50台 424 212 67 70代 485 242 76 80代 530 265 76 100代 621 311 76 150代 790 395 91 200代 910 455 91 (mm) ・こちらのサイズもございます 【30代】 【40代】 【50代】 【70代】 【80代】 【100代】 【150代】 【200代】

夏用 三角打敷 人絹絽(呂/ろ) 高級刺繍[鳳凰]【前卓用+上卓用セット】 京寸50代(総幅 約27cm)=名古屋寸30代

Amazon

3,434

夏用 三角打敷 人絹絽(呂/ろ) 高級刺繍[鳳凰]【前卓用+上卓用セット】 京寸50代(総幅 約27cm)=名古屋寸30代

優美華麗な鳳凰の柄を刺繍で描いた打敷 ■ 三角打敷とは? 主に浄土真宗のご門徒が、お正月やお彼岸・お盆・法事などの行事の際、仏壇の中の、上卓(うわじょく)と前卓(まえじょく)に掛ける敷物の事です。 基本的には仏事の際のお荘厳として掛けるものですが、普段でも仏壇をおしゃれに設えたい、という場合は使用していても間違いではありません。ただその場合、普段使い用と行事用とを分けた方が良いでしょう。 また、裏地は織柄入りの白生地となっており、中陰の間や葬儀の際はこの白生地を表にしてご使用いただけます。 ■ 打敷のTPO 上述の通り、喪中は白もしくは無彩色の打敷を使用し、それ以降は色柄のついたものを使用します。また、七回忌までの法要では華美な柄を避けるのが望ましいと言われています。 ほか、6月~9月のお彼岸前までは涼しげな素材の夏物を、9月の彼岸入り~翌年の6月頃までは重厚な素材の冬物を掛けるのが一般的です。 ※現代金襴で仕立てられている物の中には、季節に関係なく使える柄もございます。 ■ 刺繍について 香華堂特選刺繍打敷は、精密なミシン刺繍を施されています。 また、品名に「高級手振り刺繍」とあるものは、ミシンの針の往復を手の動きによって動かし、図案を描きだす「手振り刺繍」の技法で作られています。 機械に読み込ませたパターンデータではなく、元となる図案を見ながら手で描き出す職人技。手仕事のため刺繍の表情は1点1点違いが生まれ、機械制御には出せない「味」をお楽しみいただけます。

【仏具・打敷】 三角打敷 紋入織込 50代【10P02jun13】【RCP】

ハナツヅキ

1,576

【仏具・打敷】 三角打敷 紋入織込 50代【10P02jun13】【RCP】

三角打敷 紋入織込 50代 仏様の前に置く前卓(まえじょく)を飾る金襴や錦の敷物です。 お釈迦様が説教されるとき、座具を敷かれたのが始まりと いわれております。 お盆やお彼岸・法事の時にご使用ください。 打敷には三角と四角があり三角の打敷は主に浄土真宗で 使い、浄土宗では四角を用います。 天台宗・禅宗・真言宗・日蓮宗などでは四角型が一般的ですが 地域によっては三角を使う場合もありますので、 詳しくはお寺様にお尋ねください。 夏用・冬用 季節により冬用と夏用とに、使い分けをお勧めいたします。 9月中旬(彼岸入り)から5月頃まで、冬用を。 6月から9月上旬(彼岸入りの前)までは、 夏用(絽や紗の打敷)をお勧めいたします。 [宗派] 各ご宗派でご利用いただけます。 [納期] ※3日前後での出荷 色、サイズによってはお取り寄せになりますので、 出荷までお時間をいただく場合もございます。 ※商品画像は70代を使用しております ※手作りのため寸法・色は製作時により多少異なります ※こちらの商品は取扱メーカー様より直送して いただきますので代金引換はご利用できません。 三角打敷サイズ表 巾 垂れ 白地 50代 273 136 58 70代 379 189 67 100代 424 212 67 150代 485 242 76 200代 621 311 76 250代 790 395 91 300代 910 455 91 (mm) ・こちらのサイズもございます 【50代】 【70代】 【100代】 【150代】 【200代】 【250代】 【300代】

冬用 三角打敷 人絹塩瀬 (赤) 高級刺繍[宗紋:西]【前卓用+上卓用】京寸50代(総幅 約27cm)=名古屋寸30代

Amazon

3,132

冬用 三角打敷 人絹塩瀬 (赤) 高級刺繍[宗紋:西]【前卓用+上卓用】京寸50代(総幅 約27cm)=名古屋寸30代

香華堂特選!高級刺繍打敷 ■ 三角打敷とは? 主に浄土真宗のご門徒が、お正月やお彼岸・お盆・法事などの行事の際、仏壇の中の、上卓(うわじょく)と前卓(まえじょく)に掛ける敷物の事です。 基本的には仏事の際のお荘厳として掛けるものですが、普段でも仏壇をおしゃれに設えたい、という場合は使用していても間違いではありません。ただその場合、普段使い用と行事用とを分けた方が良いでしょう。 また、裏地は織柄入りの白生地となっており、中陰の間や葬儀の際はこの白生地を表にしてご使用いただけます。 ■ 打敷のTPO 上述の通り、喪中は白もしくは無彩色の打敷を使用し、それ以降は色柄のついたものを使用します。また、七回忌までの法要では華美な柄を避けるのが望ましいと言われています。 ほか、6月~9月のお彼岸前までは涼しげな素材の夏物を、9月の彼岸入り~翌年の6月頃までは重厚な素材の冬物を掛けるのが一般的です。 ※現代金襴で仕立てられている物の中には、季節に関係なく使える柄もございます。 ■ 刺繍について 香華堂特選刺繍打敷は、精密なミシン刺繍を施されています。 また、品名に「高級手振り刺繍」とあるものは、ミシンの針の往復を手の動きによって動かし、図案を描きだす「手振り刺繍」の技法で作られています。 機械に読み込ませたパターンデータではなく、元となる図案を見ながら手で描き出す職人技。手仕事のため刺繍の表情は1点1点違いが生まれ、機械制御には出せない「味」をお楽しみいただけます。

【仏具・打敷】 冬用三角打敷 金綴 刺繍 鳳凰 70代【10P02jun13】【RCP】

ハナツヅキ

8,262

【仏具・打敷】 冬用三角打敷 金綴 刺繍 鳳凰 70代【10P02jun13】【RCP】

冬用三角打敷 金綴刺繍 鳳凰 70代 仏様の前に置く前卓(まえじょく)を飾る金襴や錦の敷物です。 お釈迦様が説教されるとき、座具を敷かれたのが始まりと いわれております。 お盆やお彼岸・法事の時にご使用ください。 打敷には三角と四角があり三角の打敷は主に浄土真宗で 使い、浄土宗では四角を用います。 天台宗・禅宗・真言宗・日蓮宗などでは四角型が一般的ですが 地域によっては三角を使う場合もありますので、 詳しくはお寺様にお尋ねください。 夏用・冬用 季節により冬用と夏用とに、使い分けをお勧めいたします。 9月中旬(彼岸入り)から5月頃まで、冬用を。 6月から9月上旬(彼岸入りの前)までは、 夏用(絽や紗の打敷)をお勧めいたします。 [宗派] 各ご宗派でご利用いただけます [納期] ※3日前後での出荷 色、サイズによってはお取り寄せになりますので、 出荷までお時間をいただく場合もございます。 ※商品画像は70代を使用しております ※手作りのため寸法・色は製作時により多少異なります ※こちらの商品は取扱メーカー様より直送して いただきますので代金引換はご利用できません。 三角打敷サイズ表 巾 垂れ 白地 30代 273 136 58 40代 379 189 67 50台 424 212 67 70代 485 242 76 80代 530 265 76 100代 621 311 76 150代 790 395 91 200代 910 455 91 (mm) ・こちらのサイズもございます 【30代】 【40代】 【50代】 【70代】 【80代】 【100代】 【150代】 【200代】

冬用 三角打敷 人絹塩瀬 (赤) 高級刺繍[鳳凰]【前卓用+上卓用セット】 京寸50代(総幅 約27cm)=名古屋寸30代

Amazon

3,434

冬用 三角打敷 人絹塩瀬 (赤) 高級刺繍[鳳凰]【前卓用+上卓用セット】 京寸50代(総幅 約27cm)=名古屋寸30代

優美華麗な鳳凰の柄を刺繍で描いた打敷 ■ 三角打敷とは? 主に浄土真宗のご門徒が、お正月やお彼岸・お盆・法事などの行事の際、仏壇の中の、上卓(うわじょく)と前卓(まえじょく)に掛ける敷物の事です。 基本的には仏事の際のお荘厳として掛けるものですが、普段でも仏壇をおしゃれに設えたい、という場合は使用していても間違いではありません。ただその場合、普段使い用と行事用とを分けた方が良いでしょう。 また、裏地は織柄入りの白生地となっており、中陰の間や葬儀の際はこの白生地を表にしてご使用いただけます。 ■ 打敷のTPO 上述の通り、喪中は白もしくは無彩色の打敷を使用し、それ以降は色柄のついたものを使用します。また、七回忌までの法要では華美な柄を避けるのが望ましいと言われています。 ほか、6月~9月のお彼岸前までは涼しげな素材の夏物を、9月の彼岸入り~翌年の6月頃までは重厚な素材の冬物を掛けるのが一般的です。 ※現代金襴で仕立てられている物の中には、季節に関係なく使える柄もございます。 ■ 刺繍について 香華堂特選刺繍打敷は、精密なミシン刺繍を施されています。 また、品名に「高級手振り刺繍」とあるものは、ミシンの針の往復を手の動きによって動かし、図案を描きだす「手振り刺繍」の技法で作られています。 機械に読み込ませたパターンデータではなく、元となる図案を見ながら手で描き出す職人技。手仕事のため刺繍の表情は1点1点違いが生まれ、機械制御には出せない「味」をお楽しみいただけます。

【仏具・打敷】 三角打敷 綴紋織込 100代【10P02jun13】【RCP】

ハナツヅキ

2,376

【仏具・打敷】 三角打敷 綴紋織込 100代【10P02jun13】【RCP】

三角打敷 綴紋織込 100代 仏様の前に置く前卓(まえじょく)を飾る金襴や錦の敷物です。 お釈迦様が説教されるとき、座具を敷かれたのが始まりと いわれております。 お盆やお彼岸・法事の時にご使用ください。 打敷には三角と四角があり三角の打敷は主に浄土真宗で 使い、浄土宗では四角を用います。 天台宗・禅宗・真言宗・日蓮宗などでは四角型が一般的ですが 地域によっては三角を使う場合もありますので、 詳しくはお寺様にお尋ねください。 夏用・冬用 季節により冬用と夏用とに、使い分けをお勧めいたします。 9月中旬(彼岸入り)から5月頃まで、冬用を。 6月から9月上旬(彼岸入りの前)までは、 夏用(絽や紗の打敷)をお勧めいたします。 [宗派] 各ご宗派でご利用いただけます。 [納期] ※3日前後での出荷 色、サイズによってはお取り寄せになりますので、 出荷までお時間をいただく場合もございます。 ※商品画像は70代を使用しております ※手作りのため寸法・色は製作時により多少異なります ※こちらの商品は取扱メーカー様より直送して いただきますので代金引換はご利用できません。 三角打敷サイズ表 巾 垂れ 白地 50代 273 136 58 70代 379 189 67 100代 424 212 67 150代 485 242 76 200代 621 311 76 250代 790 395 91 300代 910 455 91 (mm) ・こちらのサイズもございます 【50代】 【70代】 【100代】 【150代】 【200代】 【250代】 【300代】

冬用 三角打敷 金綴 高級刺繍[鳳凰]【前卓用+上卓用セット】 京寸50代(総幅 約27cm)=名古屋寸30代

Amazon

3,758

冬用 三角打敷 金綴 高級刺繍[鳳凰]【前卓用+上卓用セット】 京寸50代(総幅 約27cm)=名古屋寸30代

優美華麗な鳳凰の柄を刺繍で描いた打敷 ■ 三角打敷とは? 主に浄土真宗のご門徒が、お正月やお彼岸・お盆・法事などの行事の際、仏壇の中の、上卓(うわじょく)と前卓(まえじょく)に掛ける敷物の事です。 基本的には仏事の際のお荘厳として掛けるものですが、普段でも仏壇をおしゃれに設えたい、という場合は使用していても間違いではありません。ただその場合、普段使い用と行事用とを分けた方が良いでしょう。 また、裏地は織柄入りの白生地となっており、中陰の間や葬儀の際はこの白生地を表にしてご使用いただけます。 ■ 打敷のTPO 上述の通り、喪中は白もしくは無彩色の打敷を使用し、それ以降は色柄のついたものを使用します。また、七回忌までの法要では華美な柄を避けるのが望ましいと言われています。 ほか、6月~9月のお彼岸前までは涼しげな素材の夏物を、9月の彼岸入り~翌年の6月頃までは重厚な素材の冬物を掛けるのが一般的です。 ※現代金襴で仕立てられている物の中には、季節に関係なく使える柄もございます。 ■ 刺繍について 香華堂特選刺繍打敷は、精密なミシン刺繍を施されています。 また、品名に「高級手振り刺繍」とあるものは、ミシンの針の往復を手の動きによって動かし、図案を描きだす「手振り刺繍」の技法で作られています。 機械に読み込ませたパターンデータではなく、元となる図案を見ながら手で描き出す職人技。手仕事のため刺繍の表情は1点1点違いが生まれ、機械制御には出せない「味」をお楽しみいただけます。

夏用 三角打敷 人絹絽(呂/ろ) 高級刺繍[蓮]【前卓用+上卓用セット】 京寸50代(総幅 約27cm)=名古屋寸30代

Amazon

1,944

夏用 三角打敷 人絹絽(呂/ろ) 高級刺繍[蓮]【前卓用+上卓用セット】 京寸50代(総幅 約27cm)=名古屋寸30代

清廉な蓮の花を刺繍で描いた打敷 ■ 三角打敷とは? 主に浄土真宗のご門徒が、お正月やお彼岸・お盆・法事などの行事の際、仏壇の中の、上卓(うわじょく)と前卓(まえじょく)に掛ける敷物の事です。 基本的には仏事の際のお荘厳として掛けるものですが、普段でも仏壇をおしゃれに設えたい、という場合は使用していても間違いではありません。ただその場合、普段使い用と行事用とを分けた方が良いでしょう。 また、裏地は織柄入りの白生地となっており、中陰の間や葬儀の際はこの白生地を表にしてご使用いただけます。 ■ 打敷のTPO 上述の通り、喪中は白もしくは無彩色の打敷を使用し、それ以降は色柄のついたものを使用します。また、七回忌までの法要では華美な柄を避けるのが望ましいと言われています。 ほか、6月~9月のお彼岸前までは涼しげな素材の夏物を、9月の彼岸入り~翌年の6月頃までは重厚な素材の冬物を掛けるのが一般的です。 ※現代金襴で仕立てられている物の中には、季節に関係なく使える柄もございます。 ■ 刺繍について 香華堂特選刺繍打敷は、精密なミシン刺繍を施されています。 また、品名に「高級手振り刺繍」とあるものは、ミシンの針の往復を手の動きによって動かし、図案を描きだす「手振り刺繍」の技法で作られています。 機械に読み込ませたパターンデータではなく、元となる図案を見ながら手で描き出す職人技。手仕事のため刺繍の表情は1点1点違いが生まれ、機械制御には出せない「味」をお楽しみいただけます。

【仏具・打敷】 冬用三角打敷 金綴 刺繍 蓮 50代【10P02jun13】【RCP】

ハナツヅキ

3,650

【仏具・打敷】 冬用三角打敷 金綴 刺繍 蓮 50代【10P02jun13】【RCP】

冬用三角打敷 金綴刺繍 蓮 50代 仏様の前に置く前卓(まえじょく)を飾る金襴や錦の敷物です。 お釈迦様が説教されるとき、座具を敷かれたのが始まりと いわれております。 お盆やお彼岸・法事の時にご使用ください。 打敷には三角と四角があり三角の打敷は主に浄土真宗で 使い、浄土宗では四角を用います。 天台宗・禅宗・真言宗・日蓮宗などでは四角型が一般的ですが 地域によっては三角を使う場合もありますので、 詳しくはお寺様にお尋ねください。 夏用・冬用 季節により冬用と夏用とに、使い分けをお勧めいたします。 9月中旬(彼岸入り)から5月頃まで、冬用を。 6月から9月上旬(彼岸入りの前)までは、 夏用(絽や紗の打敷)をお勧めいたします。 [宗派] 各ご宗派でご利用いただけます [納期] ※3日前後での出荷 色、サイズによってはお取り寄せになりますので、 出荷までお時間をいただく場合もございます。 ※商品画像は70代を使用しております ※手作りのため寸法・色は製作時により多少異なります ※こちらの商品は取扱メーカー様より直送して いただきますので代金引換はご利用できません。 三角打敷サイズ表 巾 垂れ 白地 30代 273 136 58 40代 379 189 67 50台 424 212 67 70代 485 242 76 80代 530 265 76 100代 621 311 76 150代 790 395 91 200代 910 455 91 (mm) ・こちらのサイズもございます 【30代】 【40代】 【50代】 【70代】 【80代】 【100代】 【150代】 【200代】

冬用 三角打敷 金綴 高級刺繍[鳳凰]【前卓用+上卓用セット】 京寸100代(総幅 約42.5cm)=名古屋寸50代

Amazon

7,182

冬用 三角打敷 金綴 高級刺繍[鳳凰]【前卓用+上卓用セット】 京寸100代(総幅 約42.5cm)=名古屋寸50代

優美華麗な鳳凰の柄を刺繍で描いた打敷 ■ 三角打敷とは? 主に浄土真宗のご門徒が、お正月やお彼岸・お盆・法事などの行事の際、仏壇の中の、上卓(うわじょく)と前卓(まえじょく)に掛ける敷物の事です。 基本的には仏事の際のお荘厳として掛けるものですが、普段でも仏壇をおしゃれに設えたい、という場合は使用していても間違いではありません。ただその場合、普段使い用と行事用とを分けた方が良いでしょう。 また、裏地は織柄入りの白生地となっており、中陰の間や葬儀の際はこの白生地を表にしてご使用いただけます。 ■ 打敷のTPO 上述の通り、喪中は白もしくは無彩色の打敷を使用し、それ以降は色柄のついたものを使用します。また、七回忌までの法要では華美な柄を避けるのが望ましいと言われています。 ほか、6月~9月のお彼岸前までは涼しげな素材の夏物を、9月の彼岸入り~翌年の6月頃までは重厚な素材の冬物を掛けるのが一般的です。 ※現代金襴で仕立てられている物の中には、季節に関係なく使える柄もございます。 ■ 刺繍について 香華堂特選刺繍打敷は、精密なミシン刺繍を施されています。 また、品名に「高級手振り刺繍」とあるものは、ミシンの針の往復を手の動きによって動かし、図案を描きだす「手振り刺繍」の技法で作られています。 機械に読み込ませたパターンデータではなく、元となる図案を見ながら手で描き出す職人技。手仕事のため刺繍の表情は1点1点違いが生まれ、機械制御には出せない「味」をお楽しみいただけます。

冬用 三角打敷 人絹塩瀬 (赤) 高級刺繍[宗紋:東]【前卓用+上卓用】京寸50代(総幅 約27cm)=名古屋寸30代

Amazon

3,132

冬用 三角打敷 人絹塩瀬 (赤) 高級刺繍[宗紋:東]【前卓用+上卓用】京寸50代(総幅 約27cm)=名古屋寸30代

香華堂特選!高級刺繍打敷 ■ 三角打敷とは? 主に浄土真宗のご門徒が、お正月やお彼岸・お盆・法事などの行事の際、仏壇の中の、上卓(うわじょく)と前卓(まえじょく)に掛ける敷物の事です。 基本的には仏事の際のお荘厳として掛けるものですが、普段でも仏壇をおしゃれに設えたい、という場合は使用していても間違いではありません。ただその場合、普段使い用と行事用とを分けた方が良いでしょう。 また、裏地は織柄入りの白生地となっており、中陰の間や葬儀の際はこの白生地を表にしてご使用いただけます。 ■ 打敷のTPO 上述の通り、喪中は白もしくは無彩色の打敷を使用し、それ以降は色柄のついたものを使用します。また、七回忌までの法要では華美な柄を避けるのが望ましいと言われています。 ほか、6月~9月のお彼岸前までは涼しげな素材の夏物を、9月の彼岸入り~翌年の6月頃までは重厚な素材の冬物を掛けるのが一般的です。 ※現代金襴で仕立てられている物の中には、季節に関係なく使える柄もございます。 ■ 刺繍について 香華堂特選刺繍打敷は、精密なミシン刺繍を施されています。 また、品名に「高級手振り刺繍」とあるものは、ミシンの針の往復を手の動きによって動かし、図案を描きだす「手振り刺繍」の技法で作られています。 機械に読み込ませたパターンデータではなく、元となる図案を見ながら手で描き出す職人技。手仕事のため刺繍の表情は1点1点違いが生まれ、機械制御には出せない「味」をお楽しみいただけます。

【仏具・打敷】 冬用三角打敷 金綴 刺繍 蓮 70代【10P02jun13】【RCP】

ハナツヅキ

4,428

【仏具・打敷】 冬用三角打敷 金綴 刺繍 蓮 70代【10P02jun13】【RCP】

冬用三角打敷 金綴刺繍 蓮 70代 仏様の前に置く前卓(まえじょく)を飾る金襴や錦の敷物です。 お釈迦様が説教されるとき、座具を敷かれたのが始まりと いわれております。 お盆やお彼岸・法事の時にご使用ください。 打敷には三角と四角があり三角の打敷は主に浄土真宗で 使い、浄土宗では四角を用います。 天台宗・禅宗・真言宗・日蓮宗などでは四角型が一般的ですが 地域によっては三角を使う場合もありますので、 詳しくはお寺様にお尋ねください。 夏用・冬用 季節により冬用と夏用とに、使い分けをお勧めいたします。 9月中旬(彼岸入り)から5月頃まで、冬用を。 6月から9月上旬(彼岸入りの前)までは、 夏用(絽や紗の打敷)をお勧めいたします。 [宗派] 各ご宗派でご利用いただけます [納期] ※3日前後での出荷 色、サイズによってはお取り寄せになりますので、 出荷までお時間をいただく場合もございます。 ※商品画像は70代を使用しております ※手作りのため寸法・色は製作時により多少異なります ※こちらの商品は取扱メーカー様より直送して いただきますので代金引換はご利用できません。 三角打敷サイズ表 巾 垂れ 白地 30代 273 136 58 40代 379 189 67 50台 424 212 67 70代 485 242 76 80代 530 265 76 100代 621 311 76 150代 790 395 91 200代 910 455 91 (mm) ・こちらのサイズもございます 【30代】 【40代】 【50代】 【70代】 【80代】 【100代】 【150代】 【200代】

【仏具・打敷】 冬用三角打敷 金綴 刺繍 蓮 80代【10P02jun13】【RCP】

ハナツヅキ

5,443

【仏具・打敷】 冬用三角打敷 金綴 刺繍 蓮 80代【10P02jun13】【RCP】

冬用三角打敷 金綴刺繍 蓮 80代 仏様の前に置く前卓(まえじょく)を飾る金襴や錦の敷物です。 お釈迦様が説教されるとき、座具を敷かれたのが始まりと いわれております。 お盆やお彼岸・法事の時にご使用ください。 打敷には三角と四角があり三角の打敷は主に浄土真宗で 使い、浄土宗では四角を用います。 天台宗・禅宗・真言宗・日蓮宗などでは四角型が一般的ですが 地域によっては三角を使う場合もありますので、 詳しくはお寺様にお尋ねください。 夏用・冬用 季節により冬用と夏用とに、使い分けをお勧めいたします。 9月中旬(彼岸入り)から5月頃まで、冬用を。 6月から9月上旬(彼岸入りの前)までは、 夏用(絽や紗の打敷)をお勧めいたします。 [宗派] 各ご宗派でご利用いただけます [納期] ※3日前後での出荷 色、サイズによってはお取り寄せになりますので、 出荷までお時間をいただく場合もございます。 ※商品画像は70代を使用しております ※手作りのため寸法・色は製作時により多少異なります ※こちらの商品は取扱メーカー様より直送して いただきますので代金引換はご利用できません。 三角打敷サイズ表 巾 垂れ 白地 30代 273 136 58 40代 379 189 67 50台 424 212 67 70代 485 242 76 80代 530 265 76 100代 621 311 76 150代 790 395 91 200代 910 455 91 (mm) ・こちらのサイズもございます 【30代】 【40代】 【50代】 【70代】 【80代】 【100代】 【150代】 【200代】

冬用 三角打敷 人絹塩瀬 (赤) 高級刺繍[宗紋:仏光寺派]【前卓用+上卓用】京寸50代(総幅 約27cm)=名古屋寸30代

Amazon

3,132

冬用 三角打敷 人絹塩瀬 (赤) 高級刺繍[宗紋:仏光寺派]【前卓用+上卓用】京寸50代(総幅 約27cm)=名古屋寸30代

香華堂特選!高級刺繍打敷 ■ 三角打敷とは? 主に浄土真宗のご門徒が、お正月やお彼岸・お盆・法事などの行事の際、仏壇の中の、上卓(うわじょく)と前卓(まえじょく)に掛ける敷物の事です。 基本的には仏事の際のお荘厳として掛けるものですが、普段でも仏壇をおしゃれに設えたい、という場合は使用していても間違いではありません。ただその場合、普段使い用と行事用とを分けた方が良いでしょう。 また、裏地は織柄入りの白生地となっており、中陰の間や葬儀の際はこの白生地を表にしてご使用いただけます。 ■ 打敷のTPO 上述の通り、喪中は白もしくは無彩色の打敷を使用し、それ以降は色柄のついたものを使用します。また、七回忌までの法要では華美な柄を避けるのが望ましいと言われています。 ほか、6月~9月のお彼岸前までは涼しげな素材の夏物を、9月の彼岸入り~翌年の6月頃までは重厚な素材の冬物を掛けるのが一般的です。 ※現代金襴で仕立てられている物の中には、季節に関係なく使える柄もございます。 ■ 刺繍について 香華堂特選刺繍打敷は、精密なミシン刺繍を施されています。 また、品名に「高級手振り刺繍」とあるものは、ミシンの針の往復を手の動きによって動かし、図案を描きだす「手振り刺繍」の技法で作られています。 機械に読み込ませたパターンデータではなく、元となる図案を見ながら手で描き出す職人技。手仕事のため刺繍の表情は1点1点違いが生まれ、機械制御には出せない「味」をお楽しみいただけます。

冬用 三角打敷 金綴 高級刺繍[宗紋:(東)真宗大谷派]【前卓用+上卓用セット】 京寸100代(総幅 約42.5cm)=名古屋寸50代

Amazon

5,292

冬用 三角打敷 金綴 高級刺繍[宗紋:(東)真宗大谷派]【前卓用+上卓用セット】 京寸100代(総幅 約42.5cm)=名古屋寸50代

香華堂特選!高級刺繍打敷 ■ 三角打敷とは? 主に浄土真宗のご門徒が、お正月やお彼岸・お盆・法事などの行事の際、仏壇の中の、上卓(うわじょく)と前卓(まえじょく)に掛ける敷物の事です。 基本的には仏事の際のお荘厳として掛けるものですが、普段でも仏壇をおしゃれに設えたい、という場合は使用していても間違いではありません。ただその場合、普段使い用と行事用とを分けた方が良いでしょう。 また、裏地は織柄入りの白生地となっており、中陰の間や葬儀の際はこの白生地を表にしてご使用いただけます。 ■ 打敷のTPO 上述の通り、喪中は白もしくは無彩色の打敷を使用し、それ以降は色柄のついたものを使用します。また、七回忌までの法要では華美な柄を避けるのが望ましいと言われています。 ほか、6月~9月のお彼岸前までは涼しげな素材の夏物を、9月の彼岸入り~翌年の6月頃までは重厚な素材の冬物を掛けるのが一般的です。 ※現代金襴で仕立てられている物の中には、季節に関係なく使える柄もございます。 ■ 刺繍について 香華堂特選刺繍打敷は、精密なミシン刺繍を施されています。 また、品名に「高級手振り刺繍」とあるものは、ミシンの針の往復を手の動きによって動かし、図案を描きだす「手振り刺繍」の技法で作られています。 機械に読み込ませたパターンデータではなく、元となる図案を見ながら手で描き出す職人技。手仕事のため刺繍の表情は1点1点違いが生まれ、機械制御には出せない「味」をお楽しみいただけます。

【仏具・打敷】 三角打敷 紋入織込 200代【10P02jun13】【RCP】

ハナツヅキ

3,488

【仏具・打敷】 三角打敷 紋入織込 200代【10P02jun13】【RCP】

三角打敷 紋入織込 200代 仏様の前に置く前卓(まえじょく)を飾る金襴や錦の敷物です。 お釈迦様が説教されるとき、座具を敷かれたのが始まりと いわれております。 お盆やお彼岸・法事の時にご使用ください。 打敷には三角と四角があり三角の打敷は主に浄土真宗で 使い、浄土宗では四角を用います。 天台宗・禅宗・真言宗・日蓮宗などでは四角型が一般的ですが 地域によっては三角を使う場合もありますので、 詳しくはお寺様にお尋ねください。 夏用・冬用 季節により冬用と夏用とに、使い分けをお勧めいたします。 9月中旬(彼岸入り)から5月頃まで、冬用を。 6月から9月上旬(彼岸入りの前)までは、 夏用(絽や紗の打敷)をお勧めいたします。 [宗派] 各ご宗派でご利用いただけます。 [納期] ※3日前後での出荷 色、サイズによってはお取り寄せになりますので、 出荷までお時間をいただく場合もございます。 ※商品画像は70代を使用しております ※手作りのため寸法・色は製作時により多少異なります ※こちらの商品は取扱メーカー様より直送して いただきますので代金引換はご利用できません。 三角打敷サイズ表 巾 垂れ 白地 50代 273 136 58 70代 379 189 67 100代 424 212 67 150代 485 242 76 200代 621 311 76 250代 790 395 91 300代 910 455 91 (mm) ・こちらのサイズもございます 【50代】 【70代】 【100代】 【150代】 【200代】 【250代】 【300代】

冬用 三角打敷 金綴 高級刺繍[宗紋:真宗高田派]【前卓用+上卓用セット】 京寸100代(総幅 約42.5cm)=名古屋寸50代

Amazon

5,292

冬用 三角打敷 金綴 高級刺繍[宗紋:真宗高田派]【前卓用+上卓用セット】 京寸100代(総幅 約42.5cm)=名古屋寸50代

香華堂特選!高級刺繍打敷 ■ 三角打敷とは? 主に浄土真宗のご門徒が、お正月やお彼岸・お盆・法事などの行事の際、仏壇の中の、上卓(うわじょく)と前卓(まえじょく)に掛ける敷物の事です。 基本的には仏事の際のお荘厳として掛けるものですが、普段でも仏壇をおしゃれに設えたい、という場合は使用していても間違いではありません。ただその場合、普段使い用と行事用とを分けた方が良いでしょう。 また、裏地は織柄入りの白生地となっており、中陰の間や葬儀の際はこの白生地を表にしてご使用いただけます。 ■ 打敷のTPO 上述の通り、喪中は白もしくは無彩色の打敷を使用し、それ以降は色柄のついたものを使用します。また、七回忌までの法要では華美な柄を避けるのが望ましいと言われています。 ほか、6月~9月のお彼岸前までは涼しげな素材の夏物を、9月の彼岸入り~翌年の6月頃までは重厚な素材の冬物を掛けるのが一般的です。 ※現代金襴で仕立てられている物の中には、季節に関係なく使える柄もございます。 ■ 刺繍について 香華堂特選刺繍打敷は、精密なミシン刺繍を施されています。 また、品名に「高級手振り刺繍」とあるものは、ミシンの針の往復を手の動きによって動かし、図案を描きだす「手振り刺繍」の技法で作られています。 機械に読み込ませたパターンデータではなく、元となる図案を見ながら手で描き出す職人技。手仕事のため刺繍の表情は1点1点違いが生まれ、機械制御には出せない「味」をお楽しみいただけます。

夏用 三角打敷 人絹絽(呂/ろ) 高級刺繍[宗紋:東]【前卓用+上卓用セット】 京寸100代(総幅 約42.5cm)=名古屋寸50代

Amazon

4,676

夏用 三角打敷 人絹絽(呂/ろ) 高級刺繍[宗紋:東]【前卓用+上卓用セット】 京寸100代(総幅 約42.5cm)=名古屋寸50代

香華堂特選!高級刺繍打敷 ■ 三角打敷とは? 主に浄土真宗のご門徒が、お正月やお彼岸・お盆・法事などの行事の際、仏壇の中の、上卓(うわじょく)と前卓(まえじょく)に掛ける敷物の事です。 基本的には仏事の際のお荘厳として掛けるものですが、普段でも仏壇をおしゃれに設えたい、という場合は使用していても間違いではありません。ただその場合、普段使い用と行事用とを分けた方が良いでしょう。 また、裏地は織柄入りの白生地となっており、中陰の間や葬儀の際はこの白生地を表にしてご使用いただけます。 ■ 打敷のTPO 上述の通り、喪中は白もしくは無彩色の打敷を使用し、それ以降は色柄のついたものを使用します。また、七回忌までの法要では華美な柄を避けるのが望ましいと言われています。 ほか、6月~9月のお彼岸前までは涼しげな素材の夏物を、9月の彼岸入り~翌年の6月頃までは重厚な素材の冬物を掛けるのが一般的です。 ※現代金襴で仕立てられている物の中には、季節に関係なく使える柄もございます。 ■ 刺繍について 香華堂特選刺繍打敷は、精密なミシン刺繍を施されています。 また、品名に「高級手振り刺繍」とあるものは、ミシンの針の往復を手の動きによって動かし、図案を描きだす「手振り刺繍」の技法で作られています。 機械に読み込ませたパターンデータではなく、元となる図案を見ながら手で描き出す職人技。手仕事のため刺繍の表情は1点1点違いが生まれ、機械制御には出せない「味」をお楽しみいただけます。

夏用 三角打敷 人絹絽(呂/ろ) 高級刺繍[宗紋:西]【前卓用+上卓用セット】 京寸100代(総幅 約42.5cm)=名古屋寸50代

Amazon

4,676

夏用 三角打敷 人絹絽(呂/ろ) 高級刺繍[宗紋:西]【前卓用+上卓用セット】 京寸100代(総幅 約42.5cm)=名古屋寸50代

香華堂特選!高級刺繍打敷 ■ 三角打敷とは? 主に浄土真宗のご門徒が、お正月やお彼岸・お盆・法事などの行事の際、仏壇の中の、上卓(うわじょく)と前卓(まえじょく)に掛ける敷物の事です。 基本的には仏事の際のお荘厳として掛けるものですが、普段でも仏壇をおしゃれに設えたい、という場合は使用していても間違いではありません。ただその場合、普段使い用と行事用とを分けた方が良いでしょう。 また、裏地は織柄入りの白生地となっており、中陰の間や葬儀の際はこの白生地を表にしてご使用いただけます。 ■ 打敷のTPO 上述の通り、喪中は白もしくは無彩色の打敷を使用し、それ以降は色柄のついたものを使用します。また、七回忌までの法要では華美な柄を避けるのが望ましいと言われています。 ほか、6月~9月のお彼岸前までは涼しげな素材の夏物を、9月の彼岸入り~翌年の6月頃までは重厚な素材の冬物を掛けるのが一般的です。 ※現代金襴で仕立てられている物の中には、季節に関係なく使える柄もございます。 ■ 刺繍について 香華堂特選刺繍打敷は、精密なミシン刺繍を施されています。 また、品名に「高級手振り刺繍」とあるものは、ミシンの針の往復を手の動きによって動かし、図案を描きだす「手振り刺繍」の技法で作られています。 機械に読み込ませたパターンデータではなく、元となる図案を見ながら手で描き出す職人技。手仕事のため刺繍の表情は1点1点違いが生まれ、機械制御には出せない「味」をお楽しみいただけます。

冬用 三角打敷 金綴 高級刺繍[宗紋:(東)真宗大谷派]【前卓用+上卓用セット】 京寸50代(総幅 約27cm)=名古屋寸30代

Amazon

3,434

冬用 三角打敷 金綴 高級刺繍[宗紋:(東)真宗大谷派]【前卓用+上卓用セット】 京寸50代(総幅 約27cm)=名古屋寸30代

香華堂特選!高級刺繍打敷 ■ 三角打敷とは? 主に浄土真宗のご門徒が、お正月やお彼岸・お盆・法事などの行事の際、仏壇の中の、上卓(うわじょく)と前卓(まえじょく)に掛ける敷物の事です。 基本的には仏事の際のお荘厳として掛けるものですが、普段でも仏壇をおしゃれに設えたい、という場合は使用していても間違いではありません。ただその場合、普段使い用と行事用とを分けた方が良いでしょう。 また、裏地は織柄入りの白生地となっており、中陰の間や葬儀の際はこの白生地を表にしてご使用いただけます。 ■ 打敷のTPO 上述の通り、喪中は白もしくは無彩色の打敷を使用し、それ以降は色柄のついたものを使用します。また、七回忌までの法要では華美な柄を避けるのが望ましいと言われています。 ほか、6月~9月のお彼岸前までは涼しげな素材の夏物を、9月の彼岸入り~翌年の6月頃までは重厚な素材の冬物を掛けるのが一般的です。 ※現代金襴で仕立てられている物の中には、季節に関係なく使える柄もございます。 ■ 刺繍について 香華堂特選刺繍打敷は、精密なミシン刺繍を施されています。 また、品名に「高級手振り刺繍」とあるものは、ミシンの針の往復を手の動きによって動かし、図案を描きだす「手振り刺繍」の技法で作られています。 機械に読み込ませたパターンデータではなく、元となる図案を見ながら手で描き出す職人技。手仕事のため刺繍の表情は1点1点違いが生まれ、機械制御には出せない「味」をお楽しみいただけます。

冬用 三角打敷 人絹塩瀬 (赤) 高級刺繍[宗紋:西/東/仏光寺派/高田派]【前卓用+上卓用】京寸100代(総幅 約42.5cm)

Amazon

4,676

冬用 三角打敷 人絹塩瀬 (赤) 高級刺繍[宗紋:西/東/仏光寺派/高田派]【前卓用+上卓用】京寸100代(総幅 約42.5cm)

香華堂特選!高級刺繍打敷 ■ 三角打敷とは? 主に浄土真宗のご門徒が、お正月やお彼岸・お盆・法事などの行事の際、仏壇の中の、上卓(うわじょく)と前卓(まえじょく)に掛ける敷物の事です。 基本的には仏事の際のお荘厳として掛けるものですが、普段でも仏壇をおしゃれに設えたい、という場合は使用していても間違いではありません。ただその場合、普段使い用と行事用とを分けた方が良いでしょう。 また、裏地は織柄入りの白生地となっており、中陰の間や葬儀の際はこの白生地を表にしてご使用いただけます。 ■ 打敷のTPO 上述の通り、喪中は白もしくは無彩色の打敷を使用し、それ以降は色柄のついたものを使用します。また、七回忌までの法要では華美な柄を避けるのが望ましいと言われています。 ほか、6月~9月のお彼岸前までは涼しげな素材の夏物を、9月の彼岸入り~翌年の6月頃までは重厚な素材の冬物を掛けるのが一般的です。 ※現代金襴で仕立てられている物の中には、季節に関係なく使える柄もございます。 ■ 刺繍について 香華堂特選刺繍打敷は、精密なミシン刺繍を施されています。 また、品名に「高級手振り刺繍」とあるものは、ミシンの針の往復を手の動きによって動かし、図案を描きだす「手振り刺繍」の技法で作られています。 機械に読み込ませたパターンデータではなく、元となる図案を見ながら手で描き出す職人技。手仕事のため刺繍の表情は1点1点違いが生まれ、機械制御には出せない「味」をお楽しみいただけます。

冬用 三角打敷 金綴 高級刺繍[宗紋:(西)浄土真宗本願寺派]【前卓用+上卓用セット】 京寸50代(総幅 約27cm)=名古屋寸30代

Amazon

3,434

冬用 三角打敷 金綴 高級刺繍[宗紋:(西)浄土真宗本願寺派]【前卓用+上卓用セット】 京寸50代(総幅 約27cm)=名古屋寸30代

香華堂特選!高級刺繍打敷 ■ 三角打敷とは? 主に浄土真宗のご門徒が、お正月やお彼岸・お盆・法事などの行事の際、仏壇の中の、上卓(うわじょく)と前卓(まえじょく)に掛ける敷物の事です。 基本的には仏事の際のお荘厳として掛けるものですが、普段でも仏壇をおしゃれに設えたい、という場合は使用していても間違いではありません。ただその場合、普段使い用と行事用とを分けた方が良いでしょう。 また、裏地は織柄入りの白生地となっており、中陰の間や葬儀の際はこの白生地を表にしてご使用いただけます。 ■ 打敷のTPO 上述の通り、喪中は白もしくは無彩色の打敷を使用し、それ以降は色柄のついたものを使用します。また、七回忌までの法要では華美な柄を避けるのが望ましいと言われています。 ほか、6月~9月のお彼岸前までは涼しげな素材の夏物を、9月の彼岸入り~翌年の6月頃までは重厚な素材の冬物を掛けるのが一般的です。 ※現代金襴で仕立てられている物の中には、季節に関係なく使える柄もございます。 ■ 刺繍について 香華堂特選刺繍打敷は、精密なミシン刺繍を施されています。 また、品名に「高級手振り刺繍」とあるものは、ミシンの針の往復を手の動きによって動かし、図案を描きだす「手振り刺繍」の技法で作られています。 機械に読み込ませたパターンデータではなく、元となる図案を見ながら手で描き出す職人技。手仕事のため刺繍の表情は1点1点違いが生まれ、機械制御には出せない「味」をお楽しみいただけます。

【仏具・打敷】 三角打敷 綴り 300代【10P02jun13】【RCP】

ハナツヅキ

5,940

【仏具・打敷】 三角打敷 綴り 300代【10P02jun13】【RCP】

三角打敷 綴り 300代 仏様の前に置く前卓(まえじょく)を飾る金襴や錦の敷物です。 お釈迦様が説教されるとき、座具を敷かれたのが始まりと いわれております。 お盆やお彼岸・法事の時にご使用ください。 打敷には三角と四角があり三角の打敷は主に浄土真宗で 使い、浄土宗では四角を用います。 天台宗・禅宗・真言宗・日蓮宗などでは四角型が一般的ですが 地域によっては三角を使う場合もありますので、 詳しくはお寺様にお尋ねください。 夏用・冬用 季節により冬用と夏用とに、使い分けをお勧めいたします。 9月中旬(彼岸入り)から5月頃まで、冬用を。 6月から9月上旬(彼岸入りの前)までは、 夏用(絽や紗の打敷)をお勧めいたします。 [宗派] 各ご宗派でご利用いただけます。 [納期] ※3日前後での出荷 色、サイズによってはお取り寄せになりますので、 出荷までお時間をいただく場合もございます。 ※商品画像は70代を使用しております ※手作りのため寸法・色は製作時により多少異なります ※こちらの商品は取扱メーカー様より直送して いただきますので代金引換はご利用できません。※大変申し訳ございませんが、柄のご指定はご遠慮ください。 三角打敷サイズ表 巾 垂れ 白地 50代 273 136 58 70代 379 189 67 100代 424 212 67 150代 485 242 76 200代 621 311 76 250代 790 395 91 300代 910 455 91 (mm) ・こちらのサイズもございます 【50代】 【70代】 【100代】 【150代】 【200代】 【250代】 【300代】

夏用 三角打敷 人絹絽(呂/ろ) 高級刺繍[鳳凰]【前卓用+上卓用セット】 京寸100代(総幅 約42.5cm)=名古屋寸50代

Amazon

6,566

夏用 三角打敷 人絹絽(呂/ろ) 高級刺繍[鳳凰]【前卓用+上卓用セット】 京寸100代(総幅 約42.5cm)=名古屋寸50代

優美華麗な鳳凰の柄を刺繍で描いた打敷 ■ 三角打敷とは? 主に浄土真宗のご門徒が、お正月やお彼岸・お盆・法事などの行事の際、仏壇の中の、上卓(うわじょく)と前卓(まえじょく)に掛ける敷物の事です。 基本的には仏事の際のお荘厳として掛けるものですが、普段でも仏壇をおしゃれに設えたい、という場合は使用していても間違いではありません。ただその場合、普段使い用と行事用とを分けた方が良いでしょう。 また、裏地は織柄入りの白生地となっており、中陰の間や葬儀の際はこの白生地を表にしてご使用いただけます。 ■ 打敷のTPO 上述の通り、喪中は白もしくは無彩色の打敷を使用し、それ以降は色柄のついたものを使用します。また、七回忌までの法要では華美な柄を避けるのが望ましいと言われています。 ほか、6月~9月のお彼岸前までは涼しげな素材の夏物を、9月の彼岸入り~翌年の6月頃までは重厚な素材の冬物を掛けるのが一般的です。 ※現代金襴で仕立てられている物の中には、季節に関係なく使える柄もございます。 ■ 刺繍について 香華堂特選刺繍打敷は、精密なミシン刺繍を施されています。 また、品名に「高級手振り刺繍」とあるものは、ミシンの針の往復を手の動きによって動かし、図案を描きだす「手振り刺繍」の技法で作られています。 機械に読み込ませたパターンデータではなく、元となる図案を見ながら手で描き出す職人技。手仕事のため刺繍の表情は1点1点違いが生まれ、機械制御には出せない「味」をお楽しみいただけます。

冬用 三角打敷 金綴 高級刺繍[宗紋:(西)浄土真宗本願寺派]【前卓用+上卓用セット】 京寸100代(総幅 約42.5cm)=名古屋寸50代

Amazon

5,292

冬用 三角打敷 金綴 高級刺繍[宗紋:(西)浄土真宗本願寺派]【前卓用+上卓用セット】 京寸100代(総幅 約42.5cm)=名古屋寸50代

香華堂特選!高級刺繍打敷 ■ 三角打敷とは? 主に浄土真宗のご門徒が、お正月やお彼岸・お盆・法事などの行事の際、仏壇の中の、上卓(うわじょく)と前卓(まえじょく)に掛ける敷物の事です。 基本的には仏事の際のお荘厳として掛けるものですが、普段でも仏壇をおしゃれに設えたい、という場合は使用していても間違いではありません。ただその場合、普段使い用と行事用とを分けた方が良いでしょう。 また、裏地は織柄入りの白生地となっており、中陰の間や葬儀の際はこの白生地を表にしてご使用いただけます。 ■ 打敷のTPO 上述の通り、喪中は白もしくは無彩色の打敷を使用し、それ以降は色柄のついたものを使用します。また、七回忌までの法要では華美な柄を避けるのが望ましいと言われています。 ほか、6月~9月のお彼岸前までは涼しげな素材の夏物を、9月の彼岸入り~翌年の6月頃までは重厚な素材の冬物を掛けるのが一般的です。 ※現代金襴で仕立てられている物の中には、季節に関係なく使える柄もございます。 ■ 刺繍について 香華堂特選刺繍打敷は、精密なミシン刺繍を施されています。 また、品名に「高級手振り刺繍」とあるものは、ミシンの針の往復を手の動きによって動かし、図案を描きだす「手振り刺繍」の技法で作られています。 機械に読み込ませたパターンデータではなく、元となる図案を見ながら手で描き出す職人技。手仕事のため刺繍の表情は1点1点違いが生まれ、機械制御には出せない「味」をお楽しみいただけます。

【仏具・打敷】 三角打敷 綴り 70代【10P02jun13】【RCP】

ハナツヅキ

2,019

【仏具・打敷】 三角打敷 綴り 70代【10P02jun13】【RCP】

三角打敷 綴り 70代 仏様の前に置く前卓(まえじょく)を飾る金襴や錦の敷物です。 お釈迦様が説教されるとき、座具を敷かれたのが始まりと いわれております。 お盆やお彼岸・法事の時にご使用ください。 打敷には三角と四角があり三角の打敷は主に浄土真宗で 使い、浄土宗では四角を用います。 天台宗・禅宗・真言宗・日蓮宗などでは四角型が一般的ですが 地域によっては三角を使う場合もありますので、 詳しくはお寺様にお尋ねください。 夏用・冬用 季節により冬用と夏用とに、使い分けをお勧めいたします。 9月中旬(彼岸入り)から5月頃まで、冬用を。 6月から9月上旬(彼岸入りの前)までは、 夏用(絽や紗の打敷)をお勧めいたします。 [宗派] 各ご宗派でご利用いただけます。 [納期] ※3日前後での出荷 色、サイズによってはお取り寄せになりますので、 出荷までお時間をいただく場合もございます。 ※商品画像は70代を使用しております ※手作りのため寸法・色は製作時により多少異なります ※こちらの商品は取扱メーカー様より直送して いただきますので代金引換はご利用できません。※大変申し訳ございませんが、柄のご指定はご遠慮ください。 三角打敷サイズ表 巾 垂れ 白地 50代 273 136 58 70代 379 189 67 100代 424 212 67 150代 485 242 76 200代 621 311 76 250代 790 395 91 300代 910 455 91 (mm) ・こちらのサイズもございます 【50代】 【70代】 【100代】 【150代】 【200代】 【250代】 【300代】

冬用 三角打敷 人絹塩瀬 (赤) 高級刺繍[宗紋:西/東/仏光寺派/高田派]【前卓用+上卓用】京寸100代(総幅 約42.5cm)

Amazon

4,676

冬用 三角打敷 人絹塩瀬 (赤) 高級刺繍[宗紋:西/東/仏光寺派/高田派]【前卓用+上卓用】京寸100代(総幅 約42.5cm)

香華堂特選!高級刺繍打敷 ■ 三角打敷とは? 主に浄土真宗のご門徒が、お正月やお彼岸・お盆・法事などの行事の際、仏壇の中の、上卓(うわじょく)と前卓(まえじょく)に掛ける敷物の事です。 基本的には仏事の際のお荘厳として掛けるものですが、普段でも仏壇をおしゃれに設えたい、という場合は使用していても間違いではありません。ただその場合、普段使い用と行事用とを分けた方が良いでしょう。 また、裏地は織柄入りの白生地となっており、中陰の間や葬儀の際はこの白生地を表にしてご使用いただけます。 ■ 打敷のTPO 上述の通り、喪中は白もしくは無彩色の打敷を使用し、それ以降は色柄のついたものを使用します。また、七回忌までの法要では華美な柄を避けるのが望ましいと言われています。 ほか、6月~9月のお彼岸前までは涼しげな素材の夏物を、9月の彼岸入り~翌年の6月頃までは重厚な素材の冬物を掛けるのが一般的です。 ※現代金襴で仕立てられている物の中には、季節に関係なく使える柄もございます。 ■ 刺繍について 香華堂特選刺繍打敷は、精密なミシン刺繍を施されています。 また、品名に「高級手振り刺繍」とあるものは、ミシンの針の往復を手の動きによって動かし、図案を描きだす「手振り刺繍」の技法で作られています。 機械に読み込ませたパターンデータではなく、元となる図案を見ながら手で描き出す職人技。手仕事のため刺繍の表情は1点1点違いが生まれ、機械制御には出せない「味」をお楽しみいただけます。

人気の日用品・文具の三角打敷、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!毎日使う様々な日用品・文具。オフィス・家庭でも大活躍の三角打敷が見つかる!毎日の生活を快適にしませんか♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、日用品・文房具をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい日用品・文具が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「三角打敷」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ