「スケッチブック」 の検索結果 1,428件

clester 水彩紙 スケッチブック 本とじタイプ F4サイズ

ナガサワ文具センター

1,728

clester 水彩紙 スケッチブック 本とじタイプ F4サイズ

商品仕様 中紙:210g(並厚口) 中目 20枚とじ 無線とじ(スプリング穴がない)の製本で、画面を存分に使えます。作品が完成したらその一枚だけを簡単に取り外せ、すぐ額装も可能です。表紙は包貼りになっています。 アルビレオ 中目clester 水彩紙 スケッチブック 本とじタイプ F4サイズ(クレスター/画帳/写生帳/写生帖)ランクインしました♪ありがとうございます!! コットン繊維と純良パルプを原料として作られた高級水彩紙。自然に目がつんだ紙肌で、風合いのあるナチュラルホワイトの中目です。表面を強化してあるので毛羽立ちもなく、水彩画はもちろん、パステル・色鉛筆を使用した作品にも効果的です。 【製本の種類】 スプリング綴じ スプリングとじ製本のオーソドックスなスタイルのブックです。このタイプの利点は、作品ができるたびに、表紙と共に裏側へ回せること。作品が紛失することがありません。 本とじ 無線とじ(スプリング穴がない)の製本で、画面を存分に使えます。作品が完成したらその一枚だけを簡単に取り外せ、すぐ額装も可能です。表紙は包貼りになっています。 ブロック 四方をうすい糊で固めたもので、水張りの必要がなく、描くときに紙が動かないのが特長。一枚描くごとにペーパーナイフで切り離せるようになっています。 紙には2つの目がある! 紙を漉くとき、機械が一定方向に原材料のパルプを漉き取って行くため、できあがった紙には繊維の方向が揃った、いわゆる「目」が生まれます。紙に折り目をつけると目に沿ったときはスッときれいに折れますが、目に直角方向に折ると折り目がギクシャクしてしまいます。漉き取るときの「目」に沿った方向を「縦目」、これに対し直角の方向を「横目」といいます。もうひとつ、紙を漉くときの「毛布」のパターンによって、「荒目(ラフ)」「中目(ノット)」...

clester 水彩紙 スケッチブック スプリングタイプ F3サイズ

ナガサワ文具センター

1,404

clester 水彩紙 スケッチブック スプリングタイプ F3サイズ

・中紙:210g(並厚口) ・中目 ・20枚とじ スプリングとじ製本のオーソドックスなスタイルのブックです。このタイプの利点は、作品ができるたびに、表紙と共に裏側へ回せること。作品が紛失することがありません。 アルビレオ 中目コットン繊維と純良パルプを原料として作られた高級水彩紙。自然に目がつんだ紙肌で、風合いのあるナチュラルホワイトの中目です。表面を強化してあるので毛羽立ちもなく、水彩画はもちろん、パステル・色鉛筆を使用した作品にも効果的です。 【製本の種類】 スプリング綴じ スプリングとじ製本のオーソドックスなスタイルのブックです。このタイプの利点は、作品ができるたびに、表紙と共に裏側へ回せること。作品が紛失することがありません。 本とじ 無線とじ(スプリング穴がない)の製本で、画面を存分に使えます。作品が完成したらその一枚だけを簡単に取り外せ、すぐ額装も可能です。表紙は包貼りになっています。 ブロック 四方をうすい糊で固めたもので、水張りの必要がなく、描くときに紙が動かないのが特長。一枚描くごとにペーパーナイフで切り離せるようになっています。 紙には2つの目がある! 紙を漉くとき、機械が一定方向に原材料のパルプを漉き取って行くため、できあがった 紙には繊維の方向が揃った、いわゆる「目」が生まれます。紙に折り目をつけると目に 沿ったときはスッときれいに折れますが、目に直角方向に折ると折り目がギクシャク してしまいます。漉き取るときの「目」に沿った方向を「縦目」、これに対し直角の方向を 「横目」といいます。 もうひとつ、紙を漉くときの「毛布」のパターンによって、「荒目(ラフ)」「中目(ノット)」 「細目(スムース)」といった違いが生まれます。これも絵の具の付き具合を左右する 大切なポイント。「荒目...

clester 水彩紙 スケッチブック スプリングタイプ F4サイズ

ナガサワ文具センター

1,566

clester 水彩紙 スケッチブック スプリングタイプ F4サイズ

・中紙:210g(並厚口) ・中目 ・20枚とじ スプリングとじ製本のオーソドックスなスタイルのブックです。このタイプの利点は、作品ができるたびに、表紙と共に裏側へ回せること。作品が紛失することがありません。 アルビレオ 中目コットン繊維と純良パルプを原料として作られた高級水彩紙。自然に目がつんだ紙肌で、風合いのあるナチュラルホワイトの中目です。表面を強化してあるので毛羽立ちもなく、水彩画はもちろん、パステル・色鉛筆を使用した作品にも効果的です。 【製本の種類】 スプリング綴じ スプリングとじ製本のオーソドックスなスタイルのブックです。このタイプの利点は、作品ができるたびに、表紙と共に裏側へ回せること。作品が紛失することがありません。 本とじ 無線とじ(スプリング穴がない)の製本で、画面を存分に使えます。作品が完成したらその一枚だけを簡単に取り外せ、すぐ額装も可能です。表紙は包貼りになっています。 ブロック 四方をうすい糊で固めたもので、水張りの必要がなく、描くときに紙が動かないのが特長。一枚描くごとにペーパーナイフで切り離せるようになっています。 紙には2つの目がある! 紙を漉くとき、機械が一定方向に原材料のパルプを漉き取って行くため、できあがった 紙には繊維の方向が揃った、いわゆる「目」が生まれます。紙に折り目をつけると目に 沿ったときはスッときれいに折れますが、目に直角方向に折ると折り目がギクシャク してしまいます。漉き取るときの「目」に沿った方向を「縦目」、これに対し直角の方向を 「横目」といいます。 もうひとつ、紙を漉くときの「毛布」のパターンによって、「荒目(ラフ)」「中目(ノット)」 「細目(スムース)」といった違いが生まれます。これも絵の具の付き具合を左右する 大切なポイント。「荒目...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「スケッチブック」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ