「お焼香」 の検索結果 1,131件

毎日香徳用バラ詰・毎日ローソク豆57g紫

Amazon

1,254

毎日香徳用バラ詰・毎日ローソク豆57g紫

お線香をお供えする意味合いお線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。文化と技術、その継承と創造火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。古代インドからたどって4,000年。東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。日本の香りの歴史千数百年の時が育んできた日本の香り文化。日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道」が生まれました。江戸時代に入ると...

人気の日用品・文具のお焼香、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!毎日使う様々な日用品・文具。オフィス・家庭でも大活躍のお焼香が見つかる!毎日の生活を快適にしませんか♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、日用品・文房具をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい日用品・文具が充実品揃え。

関連キーワード

お香お線香
スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「お焼香」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ