「阿弥陀来迎図」 の関連商品を含む検索結果 2件

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
中島潔『花の夢』リトグラフ・版画・人物画【B171】

ココクレアcococlea

140,400

中島潔『花の夢』リトグラフ・版画・人物画【B171】

商品の詳細 作家名 中島潔 作品名 花の夢 技法 リトグラフ 外寸 670x555 (mm) 絵寸 430x300 (mm) 作家本人監修 新品 限定300部 額付き 箱付き 作家直筆サインと落款入り ■タイトル花の夢懐かしい風景を日本の美しい四季にのせて描く、優しく包み込むような作風。NHK「みんなのうた」などで多くの人に知られ、愛されている中島潔の絵画を、リトグラフで再現しました。飾るお部屋を選ばない洋画用のすっきりとした額装です。■参考価格230000円(税込)■E.D.あり。限定300部■中島潔(なかじまきよし)1943年 佐賀県に生まれる 1961年 佐賀県立唐津西高校卒業後上京。独学で絵の勉強を続ける 1964年 広告会社に就職。アートディレクターとして数々の賞を受賞 1971年 フランス・パリの美術学校で学ぶ 1982年 NHK「みんなのうた」のイメージ画を手がける。同年、初個展 1987年 ボローニャ国際児童図書展でグラフィック賞受賞 1990年 北京の故宮にて海外展開催 1998年 画業30年記念で「源氏物語54帖」完成 1999年 NHKにて「郷愁・中島潔の世界」(春夏秋冬四部作)を制作・放送 2001年 NHKドキュメンタリー番組「中島潔が描く金子みすゞの世界」制作・放送 パリ・三越エトワール美術館にて海外展開催 2003年 東京メトロ半蔵門線開通を記念して、新四駅にアートレリーフを制作 2007年 東京・上野の森美術館にて「絵筆でつづる四半世紀展」を開催 2010年 京都・清水寺成就院に「生命の無常と輝き」襖絵46枚を奉納。 他の◆中島潔◆作品を検索

送料無料
歌川国貞・香蝶楼豊国・歌川豊国(三代)『不知火大鳴門取組之図(三枚続)』木版画・人物画【B825】

ココクレアcococlea

443,880

歌川国貞・香蝶楼豊国・歌川豊国(三代)『不知火大鳴門取組之図(三枚続)』木版画・人物画【B825】

商品の詳細 作家名 歌川国貞・香蝶楼豊国・歌川豊国(三代) 作品名 不知火大鳴門取組之図(三枚続) 技法 木版画 − − 絵寸 全長ヨコ780xタテ375 (mm) 額装・裏打ちサービス承ります(有料、32 400円) ■作家歌川国貞/香蝶楼豊国/歌川豊国(三代)天明6年 江戸生まれ、江戸後期の浮世絵師。初号は国貞、のちに三代目歌川豊国、別号に一雄斎・五渡亭・香蝶楼・琴雷舎等多数。幼少より画才を認められ、初代豊国の門に入って歌川と称す。歌川派として、武者絵の国芳、風景画の広重と共に「役者絵の国貞」として名を馳せた。元治元年(1864)歿、79才。■タイトル不知火大鳴門取組之図江戸を沸かす第11代横綱と実力派力士の大取り組みを、人気浮世絵師が描いています。その出来栄えは、ミュージアムピースともいえるクオリティです。┗不知火 光右衛門(しらぬい みつえもん/こうえもん)肥後国菊池郡陣内村(現:熊本県菊池郡)出身。文久3年、第11代横綱となる。┗大鳴門灘右エ門 (おおなるとなだえもん)嘉永6年摂津国八部郡(現在の兵庫県神戸市の西部・北部)出身元は大坂相撲に属したが江戸相撲に挑み、1853年2月に二段目に付け出されると43連勝を記録した。その後も強さを発揮し続けたが、何故か前頭筆頭に留め置かれ続けた。■技法江戸後期の浮世絵 木版画(安政4年制作)■作品の状態 良好相撲の好事家の方が大切に保管していた作品を譲り受けました。経年の割に状態は良好です。僅かに虫食いがありますが、鑑賞に差し支えるような目立った難はありません。 ■保管するより飾りたい!という方へ本作は安政4年に制作された木版画です。相撲の好事家の方が大切に保管していた作品を譲り受けました。コレクション用として保管も良いですが、大きく見栄えのする作品ですので...

送料無料
荻太郎『バレリーナの休息』銅版画(エッチング)・人物画【B660】

ココクレアcococlea

32,400

荻太郎『バレリーナの休息』銅版画(エッチング)・人物画【B660】

商品の詳細 作家名 荻太郎 作品名 バレリーナの休息 技法 銅版画(エッチング) 外寸 ヨコ565xタテ445 (mm) 絵寸 ヨコ430xタテ330 (mm) 作家直筆サインあり 額付き 箱付き ■荻 太郎 (おぎたろう)1915年 愛知県岡崎市に生まれる1939年 東京美術学校油画科を卒業。在学中は南薫造に師事、猪熊弦一郎からも指導を受ける 同年 第4回新制作派協会展で新作家賞を受賞。 1947年 同協会会員となる 1958年 ピッツバーグ国際現代絵画彫刻展に招待出品 1965年 「具象絵画の新たなる展」招待出品 (京都国立近代美術館主催) 1979年 第3回長谷川仁記念賞受賞 1988年 第3回小山敬三美術賞受賞1991年 「現代日本絵画展」(北京故宮博物院)2002年 第8回中村彝賞受賞2003年 「現代日本の洋画たち展」サトエ記念21世紀美術館 など2009年 逝去。享年94歳戦後美術のなかにあって抽象表現が流行するなか、一環して具象表現にこだわり 、不条理な時代のなかにおかれた人間像をテーマに描きつづけた。 また華麗なバレリーナや裸婦をモティーフにした作品は、広く親しまれた。 ■タイトル バレリーナの休息■技法 エッチング■ED E.A.版(作家保存版)■作品の状態 良好■サイズ 額・外寸 ヨコ565xタテ445 (mm) 絵サイズ ヨコ430xタテ330 (mm)■その他 作家直筆サインあり、額付き、箱付き■参考価格 48 000円(税別) 他の◆荻太郎◆作品を検索荻太郎『バレリーナの休息』銅版画(エッチング)・人物画

送料無料
飯島一次『プロフィール・エーゲ海の旅より 』リトグラフ・版画・人物画【B253】

ココクレアcococlea

10,800

飯島一次『プロフィール・エーゲ海の旅より 』リトグラフ・版画・人物画【B253】

商品の詳細 作家名 飯島一次 作品名 プロフィール・エーゲ海の旅より 技法 リトグラフ − − − − 良好 限定75部 額付き 本作は、1979年に刊行された画集 飯島一次「エーゲ海の旅」リトグラフ4点のうちの1点です。75部限定・定価12万円(1979年当時)「飯島画伯はすでに立軌会の創立会員として、30年以上の活躍で、改めてご紹介は省きますが、 画伯の芸術は油彩においても、画面はパステルの様な美しい絵肌を持ち、そのリズミカルな線描とともに、独自な画境はリトグラフやガッシュにおいても素晴らしいものと、にご紹介申し上げます。」 画集刊行を記念して開催された飯島一次展(主催フジカワ画廊)によせて/ 美津島徳蔵 筆 ・作家 飯島一次(いいじまかずつぐ)1909年 福岡県生まれ 1927年 藤島武二に師事、傍ら川端画学校に学ぶ 1938年 文展に入選、文展委嘱となる 1948年 日展特選 1949年 立軌会を同誌と共に創立 1952-54年 フランスに留学 1966-67年 トルコ、ギリシャを歴訪し滞欧。秀作展、戦後10年傑作展などに出品 1970年 南欧、ギリシャ、エジプト等旅行 1974年 パリ、ギリシャ、マジョリカ等旅行 以後、数々の個展など創作活動。1998年 逝去(89歳)。美術年鑑2015年 787ページ掲載、号/20万 他の◆飯島一次◆作品を検索

送料無料
藤井勉『秋日・少女2』リトグラフ・版画・人物画【B1004】

ココクレアcococlea

28,080

藤井勉『秋日・少女2』リトグラフ・版画・人物画【B1004】

商品の詳細 作家名 藤井勉 作品名 秋日・少女2 技法 リトグラフ 外寸 ヨコ560×タテ745 (mm) 絵寸 ヨコ405×タテ570 (mm) 良好 限定115部 額付き ◆ 藤井 勉(Fujii Tsutomu)◆1948年 秋田県に生まれる1971年 岩手大学教育学部特設美術科卒業1976年 第20回シェル美術賞展佳作賞受賞1977年 第12回昭和会展優秀賞受賞1978年 具象現代展招待出品、安井賞展入選 日本秀作美術展出品(以後2回)1980年 第23回安井賞受賞。1981年 「藤井 勉 画集」講談社刊行。東京セントラル絵画館、日動画廊で個展を開く。1983年 安井賞展佳作賞受賞、FIACにて個展(パリ)同84年1984年 FIACにて個展(パリ)。「白い山脈 藤井 勉 文集」求龍堂刊行。小泉智英と二人展を開く。1986年 画文集「たなこころ」画・藤井勉、文・藤井智恵子 求龍堂刊行。1989年 上村淳之と二人展1990年 盛岡、京都巡回1991年 「藤井 勉リトグラフ手彩色30葉」制作1994年 藤井 勉作品展(読売新聞社主催)1995年 森田りえ子と二人展1997年 個展(八戸、秋田)1998年 新作展(秋田県仙南村主催)2000年 二人展(サトエ21世紀記念美術館)2001年 日本の美・山展(JR東日本主催)2003年 個展(日本橋三越本店)2004年 個展(仙台三越)2004年 スペースギャラリー個展2005年 三越個展。『藤井勉画集魅惑の大地』(金の星社)刊行。その他、日本秀作美術展、具像現代展、明日への具像展、具像ビエンナーレ展、五都展などに出品。油絵、水彩、版画などさまざまなジャンルの作品を描き続け、特に自らの3人の娘をモデルにした絵は、精緻な描写で静かに詩的感性漂う作風で知られる。 他の◆藤井勉◆作品を検索

肉筆掛軸『蓮心』鈴木優莉 日本画 真筆【掛軸】【通販・販売】

東京書芸館

136,000

肉筆掛軸『蓮心』鈴木優莉 日本画 真筆【掛軸】【通販・販売】

※手描きのため色合いなどが一点一点、異なります。 ■素材:絹本 ■寸法(約):【画寸】縦109×横39.5cm【軸寸】縦190×横55cm ■【中縁裂地】平安二丁緞子【天地】綿支那パー【一文字】新金【軸先】陶器 ■太巻桐箱入り ■お届けは受注から約2ヵ月後。 ■発送手数料は商品1点につき648円(税込)をお申し受けます。 「絵画・掛軸」商品一覧にもどる肉筆掛軸 『蓮心』 鈴木優莉 日本画 掛軸 真筆 瑞々しく透明感あふれる世界観 ■清らかに咲き誇る二輪の純白(じゅんぱく)の蓮(はす)の花と可憐(かれん)な一つの蕾(つぼみ)。濃淡(のうたん)をつけて表現された蓮の葉を映し、遠景に向かって淡い緑色のグラデーションを織りなす池面には、凛(りん)と伸びる茎(くき)がかすかにのぞき、ひとひらの花弁(かべん)がこぼれます。 その光景はまさに花々の芳香(ほうこう)が漂う極楽浄土(ごくらくじょうど)の華池(はないけ)。 見入っていると透明感あふれる世界へ吸い込まれていく感覚を覚えるほどです。 ■『蓮心(れんしん)』は鈴木優莉(すずきゆうり)氏による肉筆画(にくひつが)。 花鳥図(かちょうず)など古典意匠(こてんいしょう)で高い評価を獲得する女流画家が絹本(けんぽん)に一筆一筆、丹念にしたためた二つとして同じものがない名幅です。泥の中にしっかり根を張り、美しくも堂々たる花を咲かせる御仏の智慧(ちえ)や慈悲(じひ)の象徴・蓮の花。 本作の大輪と蕾からは女性らしい優しい感性が感じられています。生命を謳歌(おうか)するように咲き誇る二輪はお父さんとお母さん。その向こうでいつの日か花開かんとする蕾は子供を表しています。 そして、手前の葉の上の丸く水晶のように艶(つや)やかな露(つゆ)をご覧ください。流れる水滴(すいてき)となり「心...

送料無料
守谷多々志『出世金時』リトグラフ・版画・人物画【B2914】

ココクレアcococlea

30,240

守谷多々志『出世金時』リトグラフ・版画・人物画【B2914】

商品の詳細 作家名 守谷多々志 作品名 出世金時 技法 リトグラフ 外寸 ヨコ670xタテ595(mm) 絵寸 ヨコ420xタテ330(mm) 額付き、タトウ箱付き、作家直筆サインあり 発行時2点組で/ 250 000円(税別) ■作品の状態/良好■昭和62年に岐阜大垣市で開催された「郷土スケッチ展」を記念して発行されたリトグラフィ2題のうちの1点です。守谷多々志画伯初めてのリトグラフィ制作になります。「出世金時」は、歴史画を基調にロマンの香りを漂わせた作品です。「過ぎ去った歴史のなかにテーマを見いだしてきたわたくしですが、今後ともそれら史実を描き続けることによって、現代に生きる世代の人々の心もようを探り、描きだすことの画業に精進していきたいと思っております」(リトグラフィ発行によせて・守谷多々志) ■作家/守谷多々志(もりやただし)1912年 岐阜県大垣市に生まれる1930年 高校卒業後上京し、同郷の前田青邨に師事。1931年 東京美術学校(現:東京藝術大学)日本画科に入学。在学中に特待生となる。1936年 東京美術学校を卒業。卒業製作「白雨」が川端玉章賞を受賞。1941年 再興日本美術院第28回展 初入選。1943年 院展入選、この年から雅号を「多々志」とする。1954年 総理府留学生としてイタリアに2年間留学。1967年 法隆寺金堂壁画再現模写開始。第十号壁「薬師浄土」を担当。1972年 文化庁より高松塚古墳壁画模写を委嘱され、東壁の女性群像を担当。1974年 日本美術院同人に推挙される。愛知県立芸術大学日本画科の教授となる。1976年 高松塚壁画館に展示するための壁画模写(20面)に総監督として従事。1977年 院展 文部大臣賞受賞。1984年 ローマ教皇庁より聖シルベストロ教皇騎士団勲章受章。1985年 院展...

喜多川歌麿『若松屋内若づる』木版画・人物画【A315】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『若松屋内若づる』木版画・人物画【A315】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 若松屋内若づる 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■当時全盛美人揃「若松屋内若づる」玉屋内し津かと同一の図である。し津かの図では立膝の腿とそれに絡らむ下着は着物にかくされている。どちらをとるかはみる人の好みによって異なるだろう。このシリーズで、遊女たちのそれぞれの場面でみせる姿態を性情的に描き上げ、個々の体臭を描き分けようと意図されたものと思われ興味深いが、しかし多少無理にわたる点も散見される。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『若松屋内若づる』木版画・人物画

東洲斎写楽『松本米三郎の仲居おつゆ』木版画・人物画【A282】

ココクレアcococlea

9,288

東洲斎写楽『松本米三郎の仲居おつゆ』木版画・人物画【A282】

商品の詳細 作家名 東洲斎写楽 作品名 松本米三郎の仲居おつゆ 技法 木版画 外寸 ヨコ347xタテ423 (mm) 絵寸 ヨコ150xタテ310 (mm) 良好 額付き ■ 東洲斎 写楽(とうしゅうさい しゃらく、別号:写楽斎、俗称:斎藤十郎兵衛)とは、江戸時代中期の浮世絵師。寛政6年(1794年)5月から翌年の寛政7年(1795年)3月にかけての約10か月の期間内に約145点余の錦絵作品を出版したのち、忽然と浮世絵の世界から姿を消した謎の浮世絵師として知られる。本名、生没年、出生地などは長きにわたり不明であり、その正体については様々な研究がなされてきたが、現在では阿波徳島藩主蜂須賀家お抱えの能役者・斎藤十郎兵衛(さいとう じゅうろべえ、宝暦13年(1763年)? - 文政3年(1820年)?)だとする説が有力となっている■ 松本米三郎の仲居おつゆ寛政六年八月、桐座上演の切狂言の「四方錦故郷旅路」に登場する仲居おつゆの役である。芝居は近松物の心中狂言としてよく知られた桜川忠兵衛の狂言で、この役は新町井筒屋、忠兵衛の封印切りの場に出る約である。この絵は第二期の細判作品中一二を争う佳作である。 他の◆東洲斎写楽◆作品を検索東洲斎写楽『松本米三郎の仲居おつゆ』木版画・人物画

喜多川歌麿『午ノ刻』木版画・人物画【A316】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『午ノ刻』木版画・人物画【A316】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 午ノ刻 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■娘日時計「午ノ刻」午の刻(十二時)湯上りの図である。無線摺りにした顔の輪郭に本図では目鼻の線も殊更に淡くひいてある。娘日時計の五枚の構図はみな女二人の七分身でまとめられているが、構図や配色の点ではこれは一番纏まっているようである。かき上げられた髪、一人は立姿で耳元のしめりに手拭をあて、一人はしやがんで朱唇に糠袋をくわえながら手拭をしぼる—それぞれの仕草にも無理がない。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『午ノ刻』木版画・人物画

東洲斎写楽『中山富三郎の宮城野』木版画・人物画【A287】

ココクレアcococlea

9,288

東洲斎写楽『中山富三郎の宮城野』木版画・人物画【A287】

商品の詳細 作家名 東洲斎写楽 作品名 中山富三郎の宮城野 技法 木版画 外寸 347x423 (mm) 絵寸 210x310 (mm) 良好 額付き ■ 東洲斎 写楽(とうしゅうさい しゃらく、別号:写楽斎、俗称:斎藤十郎兵衛)とは、江戸時代中期の浮世絵師。寛政6年(1794年)5月から翌年の寛政7年(1795年)3月にかけての約10か月の期間内に約145点余の錦絵作品を出版したのち、忽然と浮世絵の世界から姿を消した謎の浮世絵師として知られる。本名、生没年、出生地などは長きにわたり不明であり、その正体については様々な研究がなされてきたが、現在では阿波徳島藩主蜂須賀家お抱えの能役者・斎藤十郎兵衛(さいとう じゅうろべえ、宝暦13年(1763年)? - 文政3年(1820年)?)だとする説が有力となっている■中山富三郎の宮城野 寛政六年五月の桐座上演の「敵討乗合話」で、親の敵志賀大七を妹しのぶとともに討つ役、宮城野がこの絵である。中山富三郎は「ぐにゃ富」と綽名された役者である。舞台上の動作、仕科、口跡などにぐにゃぐにゃした特徴があり、そこに女らしさを現して当時人気のあった女方である。その芸風をもつ富三郎という役者が、これほどに切実に絵画となって表現されていることに驚異であり、写楽の偉大さを感せずにはいられない作品である。 他の◆東洲斎写楽◆作品を検索東洲斎写楽『中山富三郎の宮城野』木版画・人物画

喜多川歌麿『日の出屋後家』木版画・人物画【A311】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『日の出屋後家』木版画・人物画【A311】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 日の出屋後家 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■高名美人六家撰「日の出屋後家」朝日屋の後家ともいい、コマ絵の日の出を判じ絵として特定のモデルはないようである。ほかに眉をつけた図もある。湯上りのポーズとしてほかにもいくまいか仝じような構図のものがあるが、髪かたちから、大胆な浴衣の柄模様まで、娘とは異なった美貌の若後家の匂うような色気が発散している。全体に地味な色調の中で、眉をおとした若々しく整った顔と、これも身内の若さが溢れるような白いゆたかな二の腕が、まことに印象的である。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『日の出屋後家』木版画・人物画

喜多川歌麿『鷺娘』木版画・人物画【A332】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『鷺娘』木版画・人物画【A332】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 鷺娘 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■当世踊子揃「鷺娘」いくつかの揃いものとして描かれているようだが、このほかに吉原雀、三番叟、道成寺がしられている。歌麿がとりあげた題材の中で吉原の風俗美を扱ったものがいくつかあるが、この組みものもその一つとみられる。背色の黒雲母(くろきら)のなかに、夕顔のように浮き出た踊子のういういしい白い顔が徳に印象的で、舞台でみる白鷺の精の美しさを、踊りその一瞬にとらえたものであろう。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『鷺娘』木版画・人物画

送料無料
斉藤三郎『セビリアの春』リトグラフ・版画・人物画【A1900】

ココクレアcococlea

48,600

斉藤三郎『セビリアの春』リトグラフ・版画・人物画【A1900】

商品の詳細 作家名 斉藤三郎 作品名 セビリアの春 技法 リトグラフ 外寸 795×625 (mm) 絵寸 620×470 (mm) 中古 限定150部 シートに色アセあり 額付き 作者直筆サイン 箱なし ■ 斉藤三郎(さいとう・さぶろう)1917年 埼玉県熊谷市に生まれる。1930年 旧制浦和中学校に入学。1937年 内務省に勤務するかたわら、東京物理学校(現東京理科大学)に学ぶ。1940年 東京物理学校を中退して出征。戦地で画家になることを決意し、多数のデッサンを描く。1945年 戦地から帰国。埼玉県浦和市に居住。1946年 第31回二科展に初入選。1948年 第33回二科展にて「敗戦の自画像」が特待賞受賞。1949年 サロン・ド・プランタンに出品。第3回美術団体連合展に出品。1950年 「信仰の女」で第35回二科展二科賞受賞。1954年 二科会会員推挙。1961年 第46回二科展にてパリ賞を受賞。1972年 渡欧。第57回二科展に出品、内閣総理大臣賞を受賞。埼玉県文化賞受賞。二科会委員となる、 またこの頃からスペインの人物を描き始める。1974年 渡欧、おもにスペインに滞在する。1975年 渡欧、おもにスペイン、イタリア、ベルギーに滞在。二科展(エジプト政府主催、 カイロ国立ファイン・アート・ギャラリー)に出品。1996年 埼玉県浦和市にて死去。享年78。 他の◆斉藤三郎◆作品を検索斉藤三郎『セビリアの春』リトグラフ・版画・人物画

送料無料
竹久夢二『雪の風』ジクレー・版画・人物画【A337】

ココクレアcococlea

12,960

竹久夢二『雪の風』ジクレー・版画・人物画【A337】

商品の詳細 作家名 竹久夢二 作品名 雪の風 技法 ジクレー 外寸 507x392 (mm) 絵寸 325x250 (mm) 新品 限定200部 額付き ◆ 竹久 夢二(たけひさゆめじ)(Yumeji Takehisa) ◆1884 9月16日、岡山県邑久郡本庄村に生まれる。本名、茂次郎。1899 神戸中学に入学。12月、同校中退。1900 福岡県遠賀郡八幡村大字枝光に転籍。1901 上京。1902 早稲田実業学校に入学。1905 「直言」にコマ絵掲載される。 「中学世界」に“筒井筒”が第一賞入選し、投書家時代を終える。1909 最初の著作「夢二画集・春の巻」発行。 ベストセラーとなり、夢二の抒情画は天下にひろまる。1912 京都府立図書館において第1回夢二作品展覧会開催。1918 京都府立図書館において第2回竹久夢二抒情画展覧会。1931 アメリカ・ヨーロッパへ旅立つ(昭和8年帰国)。1934 9月1日富士見高原療養所で50歳の生涯を閉じ、有島生馬氏らにより雑司ケ谷墓地に埋葬される。竹久夢二は、明治末から昭和初期にかけて活躍、一世を風靡した詩画人です。大正の歌麿とも言われているように、その作品には市井のくらしに根付いた喜びや悲しみが表わされ、一世紀に近い時を経た今も人々の心を魅了します。美人画はもちろん、子供画や晩年は日本の山河を多く主題としました。また、木版画の制作、楽譜や表紙装幀にも携わり、浴衣・半襟・手拭いなど日々の生活に用いるもののデザインにも情熱を注ぎ、日本のグラフィックデザイナーの先駆者として多くの素晴らしい作品を残しました。 他の◆竹久夢二◆作品を検索竹久夢二『雪の風』ジクレー・版画・人物画

関連キーワード

阿弥陀三尊 仏画
スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「阿弥陀来迎図」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ