「鈴鹿 8 耐」 の関連商品を含む検索結果 6件

こちらの関連商品はいかがですか?

レーサーズ RACERS Vol.6 Kawasaki GP Racer 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

ミニカーとF1の店FORZA

1,008

レーサーズ RACERS Vol.6 Kawasaki GP Racer 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

注)こちらの商品は取り寄せとなります。 ご希望の配達ご指定日にお届けできない場合がございます。 在庫は日々変動しておりますので、完売している場合もございます。その際はご容赦下さい。 vol.6 Kawasaki GP Racer THE KR500——GREEN RESISTANCE 走り出したモノコックGP500 MACHINE GALLERY '80KR500 「500をやるぞ」の号令が下った本社KHI '81年シルバーストーンの18ラップ ケン鈴木「KR500との3年間」 従来モデルとは似ても似つかぬKR500 MACHINE GALLERY '82KR500 平松絹男「F1の技術を2輪でも…」 GP250 Racer“X-09" スポーツ走行に突如現れたカワサキワークス 激戦区の全日本へ再び参戦 MACHINE GALLERY '93X-09 MotoGP Racer“ZX-RR" MACHINE GALLERY '02ZX-RR ZX-RRを表彰台へと導いた中野真矢 KAWASAKI ZX-RR TECHNICAL REVIEW MACHINE GALLERY '08ZX-RR あと一歩まで迫ったメランドリと新エンジン 清原明彦さんの男カワサキ愛 川重ってナンだ!? ライムグリーンGPレーサーたちの戦い 撤退と参戦を繰り返すカワサキに未来はあるか and more. ネコポス対応可 上記画像をクリックして注意事項をお読み下さい 宅急便コンパクト対応可 上記画像をクリックして注意事項をお読み下さい

レーシングオン Vol.465 ホンダF1“2.5期"の燭光 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

ミニカーとF1の店FORZA

1,543

レーシングオン Vol.465 ホンダF1“2.5期"の燭光 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

注)こちらの商品は取り寄せとなります。 ご希望の配達ご指定日にお届けできない場合がございます。 在庫は日々変動しておりますので、完売している場合もございます。その際はご容赦下さい。 [特集]ホンダF1“2.5期"の燭光 その灯は絶えることなく、かすかに次代を照らし続けた─ 前口上 挑戦者魂の発露、2.5期こそ爪を研ぐ「雌伏の季節」 ○.5期はF1“正"期へのプロローグ 繋がれ続けたホンダのレーシング魂 向上心と情熱を具現化したRCシリーズを検証する ホンダマンたちの意欲的習作 “カラス"は飛んだか!? “カラス"の生みの親たちが回想する 橋本 健×瀧 敬之介 マシンギャラリー“RC初号機" HONDA RC1.0x 1991 第3期への胎動 RA099「オールホンダ」の幻想 1992-2000 無限F1プロジェクトの価値 魂を繋いだロングリリーフ 無限プロジェクトリーダー 坂井典次の追想 Tenji Sakai's Choice 5/147 忘れがたき5つの戦い 無限 F1 1992-2000 RESULT ホンダF1“2.5期"サイドストーリー 童夢─もうひとつの日本F1プロジェクト 林 みのる/奥 明栄/佐々木 正 ホンダ第4期に贈るエッセイ 日本の誇り、ホンダF1 ネコポス対応可 上記画像をクリックして注意事項をお読み下さい 宅急便コンパクト対応可 上記画像をクリックして注意事項をお読み下さい

GP CAR STORY Vol.2 フェラーリ 641/2 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

ミニカーとF1の店FORZA

1,008

GP CAR STORY Vol.2 フェラーリ 641/2 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

注)こちらの商品は取り寄せとなります。 ご希望の配達ご指定日にお届けできない場合がございます。 在庫は日々変動しておりますので、完売している場合もございます。その際はご容赦下さい。 Flash Back「美しき駿馬の嘆き」 「鈴鹿でタイトルを失ったんじゃない。戦犯はマンセルさ!」─アラン・プロスト インタビュー 輝きを放ちし真紅の跳ね馬。一瞬の夢、煌めきの季節─641/2フォトギャラリー 大解剖641/2 Galleria 641/2─Chassis #119 100勝目を手にしたロードホールディング 「ジョン・バーナードは時代遅れ」─開発者エンリケ・スカラブローニが語る641/2誕生の真実 641/2 VARIATIONS─全16戦の仕様とモディファイ 跳ね馬を駆る者だけに与えられた特権─スケドーニと跳ね馬 こだわりを盛り込めた時代─デザイナー奥 明栄が641/2の設計意図を読み解く プロストが好んだ“段飛ばしシフト"─641/2へとつながるセミオートマの開発と639系開発の変遷 “窒息"からのエンジンパワー救済─V12エンジンのこだわりと苦悩 641/2 DETAIL FILE 後藤治が見ていたライバルとしてのフェラーリ PROST×MANSELL 「プロフェッサー」と「荒法師」のサイド・バイ・サイド 予選より1秒速い驚速ラップ─第6戦メキシコGP 初タイトルへのターニングポイント─マンセルの1990年シーズン 笑う荒法師、怒る教授─第13戦ポルトガルGP チェザーレ・フィオリオの回想 641/2とアレジの数奇な運命 旧態化マシンvs最先端マシン。2強チーム対決の意外な結末 ─1990年のF1世界選手権を振り返る/641/2全戦リザルト ネコポス対応可 上記画像をクリックして注意事項をお読み下さい 宅急便コンパクト対応可...

日本の名レース100選 Vol.059 '95 パシフィックGP 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

ミニカーとF1の店FORZA

1,028

日本の名レース100選 Vol.059 '95 パシフィックGP 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

注)こちらの商品は取り寄せとなります。 ご希望の配達ご指定日にお届けできない場合がございます。 在庫は日々変動しておりますので、完売している場合もございます。その際はご容赦下さい。 「'95 パシフィックGP」 前年度、岡山県のTIサーキット英田で初めて開催されたパシフィックGP。秋に鈴鹿で行なわれる日本GPと合わせ、バブル景気の余韻が残る日本で2GP開催という異例のスケジュールが組まれた。初年度は春の開催だったが、この年1995年の初めに起きた阪神・淡路大震災の影響で、春に予定されていたGPは秋の鈴鹿の前週へと変更され、2週続けて日本でGPが開催される事態に。これがのちにこのGPに大きな影響を及ぼす……。 最強の名を欲しいままにしていたウィリアムズ・ルノーを破り、前年に初のタイトルを獲得したベネトンのミハエル・シューマッハーは、この年フォードから同じルノーエンジンを積むことに。亡きセナのあとを受け、エースとなったウィリアムズのデーモン・ヒルとのまさに真っ向勝負の様相を呈し、タイトルはふたりの争いで進行。シューマッハーの王手でパシフィックGPを迎えた。 後のないヒルはポールポジションこそチームメイトのデイヴィッド・クルサードに譲ったが、速さで勝るウィリアムズ勢が予選で1-2位を独占。3位シューマッハーのタイトル阻止には最高の態勢で、逆転のタイトル獲得に一縷の望みをつなぐ。そして決勝、スタートで5番手まで落ちたシューマッハーだったが、そこから気迫に満ちた猛追撃を開始する……シューマッハー第一期黄金時代を締めくくる集大成の一戦。 [一瞬のフォトアルバム] [今だから語ろう]15年目の真実/ロス・ブラウン [来た・見た・感じた]リレーコラム/ヤン・マグヌッセン [ALL MACHINES]出走全車総覧 ネコポス対応可...

日本の名レース100選 Vol.017 '98 CARTもてぎ500 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

ミニカーとF1の店FORZA

1,008

日本の名レース100選 Vol.017 '98 CARTもてぎ500 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

注)こちらの商品は取り寄せとなります。 ご希望の配達ご指定日にお届けできない場合がございます。 在庫は日々変動しておりますので、完売している場合もございます。その際はご容赦下さい。 「1998年 CARTもてぎ500」 首都圏でF1とCARTを開催すべく97年秋にホンダがオープンさせたツインリンクもてぎ。その翌年3月末に《FedEX CARTチャンピオンシップ第2戦》として国内初開催となったレースを取り上げる。 このレースは雨で予選が中止になり、練習走行でのタイム順でグリッドが決定されたが、ポール・ポジションを獲得したのはホンダエンジン・ユーザーのバッサー。しかしスタート直後に順位が入れ替わり、結局優勝したのはフォードエンジン・ユーザーのA.フェルナンデス(生涯で2回目の勝利)であった。このほかメルセデスやトヨタエンジンも参戦しており、エンジンメーカー間の戦いにも注目が集まった。 ・1998.3.28'98 CARTもてぎ500ツインリンクもてぎ ・wake up 一瞬のフォト・アルバム ルーレットよ、天空で回れ ・close up 今だから語ろう 8年目の真実/朝香充弘 ・戦士、列を成す 出走全車総覧 ・write up 文字が歴史を語り継ぐ レースレポート ・speak up 面白さを天秤にかければ 番外記/ドライバーに聞くCARTとF1の違い ・note up 状況は周回ごとに変化して 公式記録/プレス・リリース抜粋 ・build up もっとパワーを! 番外記/98CARTシリーズ展望 ・gather up メカニズムに触れて 印象記1/チャンピオンシップカーのマシン解説 ・load up チーム・レイハルに雇われて 印象記2/チーム密着ドキュメント ・sum up 真実はデータに詰まって リザルト&詳細データ ・touch...

日本の名レース100選 Vol.042 '79 富士300キロスピード 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

ミニカーとF1の店FORZA

1,008

日本の名レース100選 Vol.042 '79 富士300キロスピード 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

注)こちらの商品は取り寄せとなります。 ご希望の配達ご指定日にお届けできない場合がございます。 在庫は日々変動しておりますので、完売している場合もございます。その際はご容赦下さい。 「'79 富士300キロスピード」 “単座"化で変貌するGCシリーズ—スーパーシルエットも国内初登場 単座スポーツカーの参戦、給油義務など、新レギュレーションが大きく変わったグランチャンの開幕戦。従野孝司、片山義美、長谷見昌弘、関谷正徳、藤田直広と目まぐるしくトップが入れ替わる接戦となったが、最後トップでゴールしたのは、新チームで心機一転の中嶋悟(GRD・S74)だった。また前座レースには、グラチャン族を生んだ「スーパーシルエット・マシン」が初登場した。 ・'79 富士300キロ・スピード・レース富士スピードウェイ ・wake up 一瞬のフォト・アルバム 中央席にどうぞ ・close up 今だから語ろう 29年目の真実/由良拓也 ・line up 戦士、列を成す 出走全車総覧 ・write up 文字が歴史を語り継ぐ レースレポート ・sum up 真実はデータに詰まって リザルト&詳細データ ・build up サーキットは生きている 富士コース図 ・jump up 新勢力、現る 詳細記/79年GCマシン解説 ・follow up 脇役あっての主役なりサポートイベント スーパーシルエット/マイナーツーリング ・touch up 過去は現在を経て未来へと続く この一戦を読み解くキーポイント ・back up 時代はこうだった 世相1979年 ・speak up 来た・見た・感じた リレー・コラム ・buy up もっと知りたい感じたい 関連グッズ紹介 ・make up その日、興奮をめくった 公式プログラム抜粋 ネコポス対応可...

モトレジェンド Vol.5 YAMAHA SR400/500編 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

ミニカーとF1の店FORZA

1,000

モトレジェンド Vol.5 YAMAHA SR400/500編 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

注)こちらの商品は取り寄せとなります。 ご希望の配達ご指定日にお届けできない場合がございます。 在庫は日々変動しておりますので、完売している場合もございます。その際はご容赦下さい。 ■70年代から生き続けるビッグシングルの極み 鼓動が聞こえる YAMAHA SR400/500 最新SR400試乗 醍醐味の継承 『モトライダー』テクニカルレビュー 自然体が一番強い CATALOG IMPRESSIONS 各モデルを俯瞰する SR 400/500 OVERVIEW [マンガ] YAMAHA SR500/400開発物語 [LEGEND TALK] SR開発チーム ライバルは昔のSR いまどき単気筒バイクカタログ ロード・ボンバーの夢 夢のロード・ボンバー いきなり決闘!? ロード・ボンバー3車対決 ロード・ボンバー8耐参戦記 ロード・ボンバー設計者 島 英彦 氏インタビュー 今どきのSRカスタム 海外のSRカスタム SRミーティング in タイ [MINT LEGEND GALLERY] 手に馴染む 伝統の工芸品 SR400/500の深淵 DEEPER & DEEPER SRはいつもアイデアをくれる バイクガレーヂ スラクストン 田中新二 氏 NEXT ISSUE ML編集部ソーカツ! ネコポス対応可 上記画像をクリックして注意事項をお読み下さい 宅急便コンパクト対応可 上記画像をクリックして注意事項をお読み下さい

日本の名レース100選 Vol.013 '66 日本インディ 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

ミニカーとF1の店FORZA

1,008

日本の名レース100選 Vol.013 '66 日本インディ 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

「1966年日本インディ」 2速ミッションしか持たない当時のインディ・マシンにとって、ヘアピンを含む富士スピードウェイはあまりに過酷だった。レースは4速ミッションのローラ・フォードをあやつるジャッキー・スチュワートの順当勝ちに終わった。しかし、初めて見る彼のダイナミックなドライビングに、集まった9万人の大観衆は魅了されてしまった。 ・1966.10.9'66 日本インディ富士スピードウェイ ・wake up 一瞬のフォト・アルバム 血沸き、肉踊れ ・今だから語ろう 40年目の真実/クリス・エイモン ・戦士、列を成す 出走全車総覧 ・サーキットは生きている 富士コース図 ・文字が歴史を語り継ぐ 番外記1/“インディ台風"上陸! ・blow up 混乱は新たな混乱を生んで 番外記2/日本インディの舞台裏 ・screw up 興奮と苛立ちと 観戦記/大藪春彦 ・follow up 表からすべては見えない 裏面史/故神彰氏の日本インディ ・真実はデータに詰まって リザルト&詳細データ ・touch up 過去は現在を経て未来へと続く この一戦を読み解くキーポイント ・back up 時代はこうだった 世相1966年 ・speak up 来た・見た・感じた リレー・コラム ・buy up もっと知りたい感じたい 関連グッズ紹介 その日、興奮をめくった 公式プログラム抜粋 ネコポス対応可 上記画像をクリックして注意事項をお読み下さい 宅急便コンパクト対応可 上記画像をクリックして注意事項をお読み下さい

レーシングオン Vol.464 50年前のレースはこんなにすごかった──古の日本グランプリ 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

ミニカーとF1の店FORZA

1,543

レーシングオン Vol.464 50年前のレースはこんなにすごかった──古の日本グランプリ 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

注)こちらの商品は取り寄せとなります。 ご希望の配達ご指定日にお届けできない場合がございます。 在庫は日々変動しておりますので、完売している場合もございます。その際はご容赦下さい。 [特集] 古の日本グランプリ 50年前のレースは、こんなにもすごかった── 前口上 もっともっとグランプリを好きになろうよ なぜ「 日本グランプリ」 に惹かれるのか 「青春の輝き」 ワークスGPマシンの系譜 トヨタ編 日本グランプリ、そしてCan-Amへ マシンギャラリー:トヨタ7ターボ 悲運のコードネーム“578A" 細谷四方洋インタビュー 70年の目標はCan-Am優勝だった チームトヨタドライバー、草創期を語る ワークスGPマシンの系譜 日産編 常に最高峰をめざす 手探りで喫した“敗北"からの逆転劇 プリンスと日本グランプリ もうひとつのR382レストアプロジェクト “No.20"まもなく復活! 北野元インタビュー 1分44秒77のプライド グランプリが生んだ孤高の大スター 生沢 徹 もうひとつの主役、滝新太郎とタキ・レーシング ワークスを倒せ!! 名古屋でカレラ6に会える! 珠玉のポルシェ展、開催中 TNTだけじゃない 1966-1969日本グランプリマシン ラインナップ 特別企画 幻の「'70日本グランプリ」かく戦えり グランプリのおもひで 1:GPの狭間で煌めいた「船橋CCC」 2:Q-MODEL万歳! 3:富士GC同走会GCレジェンド ネコポス対応可 上記画像をクリックして注意事項をお読み下さい 宅急便コンパクト対応可 上記画像をクリックして注意事項をお読み下さい

GP CAR STORY Vol.10 マクラーレン MP4/7A 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

ミニカーとF1の店FORZA

1,080

GP CAR STORY Vol.10 マクラーレン MP4/7A 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

注)こちらの商品は取り寄せとなります。 ご希望の配達ご指定日にお届けできない場合がございます。 在庫は日々変動しておりますので、完売している場合もございます。その際はご容赦下さい。 グランプリの名車たちが綴る至極のストーリー ■マクラーレン・ホンダ史上唯一無冠に終わったMP4/7Aを名車と評価する者はおそらくいない。 しかし、ホンダ第二期F1活動の最終車となった同機はバーナード時代から続くモノコック成型を改めるなど名門マクラーレンが車体技術の新境地を開拓したマシンと言える。 裏を返せばそこにウイリアムズ独走を許す一因があった。 「V12で勝つ」信条を貫くホンダF1第二期最後の優勝車 名門が決断した車体開発新章への第一歩 MP4/7Aギャラリー ディテールファイル/バリエーションズ インタビュー:ゲルハルト・ベルガー「俺好みに作られたマシンだった」 アンリ・デュラン/ニール・オートレーイ コラム:Aはつくのか、つかないのか?/マルボロうんちく ホンダインタビュー 車体側/エンジン側 /時代遅れのマクラーレンシャシー 検証:MP4/7Aは、なぜ完走率が悪かった!?/MP4/7Aは成長していた!?/ライバルが語るMP4/7A ブラジルGP物量作戦/最終戦オーストラリアGP:ホンダ第二期最後の勝利 1992年のアイルトン・セナ 3勝は少ない、多い?/ベルガーとの差がわずか“1点" セナ再録インタビュー マクラーレン・ヒストリー /1992年の風景 /MP4/7A全リザルト GP Model Story タミヤ 20世紀のマクラーレン・ホンダから21世紀のマクラーレン・ホンダへ ネコポス対応可 上記画像をクリックして注意事項をお読み下さい 宅急便コンパクト対応可 上記画像をクリックして注意事項をお読み下さい

日本の名レース100選 Vol.039 '87 西日本F3000オールスター 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

ミニカーとF1の店FORZA

1,008

日本の名レース100選 Vol.039 '87 西日本F3000オールスター 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

注)こちらの商品は取り寄せとなります。 ご希望の配達ご指定日にお届けできない場合がございます。 在庫は日々変動しておりますので、完売している場合もございます。その際はご容赦下さい。 「'87 F3000オールスター」 多重事故が連発した波乱のレース。ロス・チーバーと関谷がからんだ事故で赤旗中断、再スタート時に亜久里、リースのエンジンがかからず2回目の赤旗。3回目のスタート後、好位置を保った利男がそのままベテラン勢を抑え切った。鈴木利男にとって初の全日本選手権レースでの勝利。F3000初優勝でもある。2位は星野、3位は松本恵二。 ・1987. 5.10'87 F3000オールスターレース西日本サーキット ・wake up 一瞬のフォト・アルバム 右往左往、全員止まれ ・close up 今だから語ろう 20年目の真実/鈴木利男 ・line up 戦士、列を成す 出走全車総覧 ・write up 文字が歴史を語り継ぐ レースレポート ・sum up 真実はデータに詰まって リザルト&詳細データ ・build up サーキットは生きている 西日本コース図 ・work up 戦闘力を見比べる 詳細記/マーチ87B&ローラT87/50 ・find up 勝負の行方を占う 印象記1/87年F3000中間展望 ・set up 戦闘力アップに向けて 印象記2/F3000マシンのモデファイ状況 ・power up チューニングの舞台裏を読む 印象記3/エンジン・チューナー生の声 ・go up さらなる発展を期して 印象記4/松田秀士のF3000元年所感 ・follow up 脇役あっての主役なり サポートイベント FJ1600/ミラージュ/スターレット/シビック ・touch up 過去は現在を経て未来へと続く この一戦を読み解くキーポイント ...

日本の名レース100選 Vol.051 '83 全日本富士1000kmレース 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

ミニカーとF1の店FORZA

1,008

日本の名レース100選 Vol.051 '83 全日本富士1000kmレース 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

注)こちらの商品は取り寄せとなります。 ご希望の配達ご指定日にお届けできない場合がございます。 在庫は日々変動しておりますので、完売している場合もございます。その際はご容赦下さい。 「1983.7.24 '83 全日本富士1000kmレース」 国産グル-プCカー、初の揃い踏み —— 一台のみのポルシェ956に死角なし ・wake up 一瞬のフォトアルバム 途長く、直線に非ず ・close up 今だから語ろう 25年目の真実/藤田 直廣 ・line up 戦士、列を成す 出走全車総覧 ・write up 文字が歴史を語り継ぐ レースレポート ・sum up 真実はデータに詰まって リザルト&詳細データ ・build up サーキットは生きている 富士コース図 ・shape up 未知なるステップに挑む 詳細記/国内グループC&C-Jr総覧 ・touch up 過去は現在を経て未来へと続く この一戦を読み解くキーポイント ・back up 時代はこうだった 世相1983年 ・speak up 来た・見た・感じた リレー・コラム ・buy up もっと知りたい感じたい 関連グッズ紹介 ・make up その日、興奮をめくった 公式プログラム抜粋 ネコポス対応可 上記画像をクリックして注意事項をお読み下さい 宅急便コンパクト対応可 上記画像をクリックして注意事項をお読み下さい

日本の名レース100選 Vol.060 '86 WEC IN JAPAN 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

ミニカーとF1の店FORZA

1,028

日本の名レース100選 Vol.060 '86 WEC IN JAPAN 【ネコポス対応可】 【宅急便コンパクト対応可】

注)こちらの商品は取り寄せとなります。 ご希望の配達ご指定日にお届けできない場合がございます。 在庫は日々変動しておりますので、完売している場合もございます。その際はご容赦下さい。 「'86 WEC IN JAPAN 」 5年目を迎えたWEC。世界スポーツプロトタイプカー選手権の最終戦として行なわれ、ワークスポルシェ、ジャガー、ブルンなどタイトル争いが持ち越された。強豪が覇を競う中、予選でトヨタ86Cに乗る中嶋悟が驚異的な最速タームをマーク。ところが、Tカー(スペアカー)でアタックしたため記録は認められず、幻のポールポジションとなってしまう……。 決勝は本命とされるワークスポルシェとジャガーに次々とトラブルが発生、タイトル獲得の行方は混迷を極める。しかし、ジャガーのウォーウィック/チーバーが懸命の追い上げで2位でゴール。劇的なタイトル獲得かと思われたが……予選だけでなく、決勝も波乱の結末が待っていった。 [一瞬のフォトアルバム] [今だから語ろう]24年目の真実/舘 信秀 [文字が歴史を語り継ぐ]レースレポート [ALL MACHINES]出走全車総覧 ネコポス対応可 上記画像をクリックして注意事項をお読み下さい 宅急便コンパクト対応可 上記画像をクリックして注意事項をお読み下さい

MFH ジョー・ホンダ写真集 No.46 Grand Prix 1971 PART-02 【宅急便コンパクト対応可】

ミニカーとF1の店FORZA

3,394

MFH ジョー・ホンダ写真集 No.46 Grand Prix 1971 PART-02 【宅急便コンパクト対応可】

■JOE HONDA Racing Pictorial Series by HIRO No.46 : Grand Prix 1971 PART-02 ■グランプリ・シーンに特化した“Racing Pictorial Series by HIRO"の第46弾は、前号に引き続き、タイレルとジャッキー・スチュワートに席巻された1971年シーズンを振り返ります。今回のPART-02では、タイレルに闘いを挑んだライバルの筆頭、フェラーリが巻頭です。 ■この年のフェラーリは新型312B2の信頼性が今ひとつで、エースのジャッキー・イクスも苦戦を強いられました。その戦績故なのか、あまり資料に恵まれない車輛でもある312B2のディテールを極力掲載いたしましたので、ヒストリック跳ね馬F1フリークの方は必見です! 312B2は一見312Bに似ていますが、特にリアの足廻り等は全くの別物ですので、是非御注目ください! ■今号PART-02に於けるもうひとつのハイライトが、ロニー・ピーターソンをエースに据えたSTPマーチ・エンジニアリング。空力スペシャリスト、フランク・コスティンによる“ティートレイ"ウイングを備えた新型711で第一線に躍り出たロニーを筆頭に、ペスカロロ、アダミッチ、ソーラーロイグ、ギャリらのマシーン写真も豊富。711自体は、フロント足廻り等、シーズン序盤に重要なメカニズムの変化がありますが、この辺りの資料となる貴重なディテール写真も多数掲載。ロニー・フリークやマニアの方は必見です! ■併せて、エマーソンを擁するロータスと、グラハム・ヒルを擁するブラバムを収録します。この年のロータスは既刊で何度か特集していますが、なるべく初出の写真を使ってコンパクトにまとめました。特徴的なタービンカー、56Bのディテール写真も豊富に掲載しています...

楽しいホビーの鈴鹿 8 耐、発売中!クリスマスや誕生日のプレゼントにもどうぞ♪楽しいコレクションやホビー。大人から子供まで充実した時間を楽しめます。鈴鹿 8 耐に徹底的にハマろう!

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ホビーアイテムをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいホビーが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「鈴鹿 8 耐」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ