「足立泰道」 の関連商品を含む検索結果 17件

短冊(掛) 短冊「瀧 直下三千丈」 前大徳 足立泰道和尚筆 【茶道具 茶道 抹茶 華道】

せともの

5,076

短冊(掛) 短冊「瀧 直下三千丈」 前大徳 足立泰道和尚筆 【茶道具 茶道 抹茶 華道】

【用途】結婚の引き出物・大事な人へのプレゼント・新築祝い・開店祝い・風水・開運・魔除け・バレンタイン・ホワイトデー・誕生日・母の日・父の日・お中元・敬老の日・還暦祝・クリスマス・お歳暮などの特別なギフトとして。 また、飲食店や店舗、神棚などインテリアとしてもお使いいただけます。【材質】陶器・陶磁器・せともの(一部ステンレス・鉄・竹・木等のものがございます)※只今お届けに一ヶ月程度お時間を頂いております。瀧 直下三千丈(たき ちょっかさんぜんじょう)瀧を題材に用いて、涼しさを強調するために書かれた語句です。典拠は、唐の詩人李白の「盧山の瀑布を望む」と題する詩の一節、「飛流直下三千尺、疑うらくは是れ銀河の九天から落つるかと」によります。即ち、巨大な瀧が勢いよく直下に流れ落ちる距離は三千尺もある。それはひょっとしたら、天の川が高い大空から落ちてきたのではあるまいか、という意味です。一部の商品はメーカーよりお取り寄せとなりますので、納期が前後することがございます。あらかじめご了承ください。商品によっては手造りのため、写真と色・かたちが若干異なることがございます。われものですので丁重に梱包させていただいておりますが、ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。 ご注文に関する注意事項は 【こちら】ご購入前にご確認ください。

色紙 色紙「清風在竹林」 前大徳 足立泰道和尚筆 タトウ紙入 【茶道 茶器 抹茶】

せともの

5,832

色紙 色紙「清風在竹林」 前大徳 足立泰道和尚筆 タトウ紙入 【茶道 茶器 抹茶】

【用途】結婚の引き出物・大事な人へのプレゼント・新築祝い・開店祝い・風水・開運・魔除け・バレンタイン・ホワイトデー・誕生日・母の日・父の日・お中元・敬老の日・還暦祝・クリスマス・お歳暮などの特別なギフトとして。 また、飲食店や店舗、神棚などインテリアとしてもお使いいただけます。【材質】陶器・陶磁器・せともの(一部ステンレス・鉄・竹・木等のものがございます)タトウ紙入夏の強い日差しにもかかわらず、竹林の中を通ってくる清らかな風とその音色は、心地よい爽快感を与えてくれる。竹の清々しさがひとに与える洒脱な風情や趣を表現した句です。商品によっては手造りのため、写真と色・かたちが若干異なることがございます。一部の商品はメーカーよりお取り寄せとなりますので、納期が前後することがございます。あらかじめご了承ください。われものですので丁重に梱包させていただいておりますが、ご不明な点などございましたらご連絡ください。ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。 ご注文に関する注意事項は 【こちら】ご購入前にご確認ください。

色紙 色紙「青山緑水」 前大徳 足立泰道和尚筆 【茶道具 茶道 抹茶 華道】

せともの

5,832

色紙 色紙「青山緑水」 前大徳 足立泰道和尚筆 【茶道具 茶道 抹茶 華道】

【用途】結婚の引き出物・大事な人へのプレゼント・新築祝い・開店祝い・風水・開運・魔除け・バレンタイン・ホワイトデー・誕生日・母の日・父の日・お中元・敬老の日・還暦祝・クリスマス・お歳暮などの特別なギフトとして。 また、飲食店や店舗、神棚などインテリアとしてもお使いいただけます。【材質】陶器・陶磁器・せともの(一部ステンレス・鉄・竹・木等のものがございます)※只今お届けに一ヶ月程度お時間を頂いております。青山緑水(せいざん りょくすい)「青山緑水」は青々とした山と木々の緑が映える川の流れ、即ち私達を取り囲む天地万物を表す言葉。仏性とその徳を大自然の悠然たる風光に照らして見ている言葉でもある。一部の商品はメーカーよりお取り寄せとなりますので、納期が前後することがございます。あらかじめご了承ください。商品によっては手造りのため、写真と色・かたちが若干異なることがございます。われものですので丁重に梱包させていただいておりますが、ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。 ご注文に関する注意事項は 【こちら】ご購入前にご確認ください。

短冊 短冊「雲悠々水潺々」 前大徳 足立泰道和尚筆 タトウ紙入 【茶道 茶器 抹茶】

せともの

5,076

短冊 短冊「雲悠々水潺々」 前大徳 足立泰道和尚筆 タトウ紙入 【茶道 茶器 抹茶】

【用途】結婚の引き出物・大事な人へのプレゼント・新築祝い・開店祝い・風水・開運・魔除け・バレンタイン・ホワイトデー・誕生日・母の日・父の日・お中元・敬老の日・還暦祝・クリスマス・お歳暮などの特別なギフトとして。 また、飲食店や店舗、神棚などインテリアとしてもお使いいただけます。【材質】陶器・陶磁器・せともの(一部ステンレス・鉄・竹・木等のものがございます)タトウ紙入青空に雲が悠々と浮かび、動いているのか止まっているのかわからない。一方、水はさらさらと、ひとときも休むことなく流れ続けている。一句全体は静中動あり、動中静あり、無心であることは共通しているが、ここでは、計らいを断ち切り、静と動とが相則した境地を表現したものといえます。商品によっては手造りのため、写真と色・かたちが若干異なることがございます。一部の商品はメーカーよりお取り寄せとなりますので、納期が前後することがございます。あらかじめご了承ください。われものですので丁重に梱包させていただいておりますが、ご不明な点などございましたらご連絡ください。ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。 ご注文に関する注意事項は 【こちら】ご購入前にご確認ください。

短冊 短冊「風颯々水冷々」 前大徳 足立泰道和尚筆 タトウ紙入 【茶道 茶器 抹茶】

せともの

5,076

短冊 短冊「風颯々水冷々」 前大徳 足立泰道和尚筆 タトウ紙入 【茶道 茶器 抹茶】

【用途】結婚の引き出物・大事な人へのプレゼント・新築祝い・開店祝い・風水・開運・魔除け・バレンタイン・ホワイトデー・誕生日・母の日・父の日・お中元・敬老の日・還暦祝・クリスマス・お歳暮などの特別なギフトとして。 また、飲食店や店舗、神棚などインテリアとしてもお使いいただけます。【材質】陶器・陶磁器・せともの(一部ステンレス・鉄・竹・木等のものがございます)タトウ紙入「颯々」とは、風が吹き過ぎる様を表現した言葉で、風が颯々と吹くというと、何ともいえない爽やかな感じです。また、「冷々」とした水、これも実に爽やかな印象を与えます。即ち、風はあくまでも颯々と爽やかに吹いて欲しいし、水はあくまでも冷たい清水のようであって欲しい。素直に自然の情景を表現することによって、自らの心境の清々しさを表した語句です。心が落ち着かねば優れた自然の風景も五感に訴えてこない、との意味です。商品によっては手造りのため、写真と色・かたちが若干異なることがございます。一部の商品はメーカーよりお取り寄せとなりますので、納期が前後することがございます。あらかじめご了承ください。われものですので丁重に梱包させていただいておりますが、ご不明な点などございましたらご連絡ください。ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。 ご注文に関する注意事項は 【こちら】ご購入前にご確認ください。

短冊 短冊「瀧 直下三千丈」 前大徳 足立泰道和尚筆 タトウ紙入 【茶道 茶器 抹茶】

せともの

5,076

短冊 短冊「瀧 直下三千丈」 前大徳 足立泰道和尚筆 タトウ紙入 【茶道 茶器 抹茶】

【用途】結婚の引き出物・大事な人へのプレゼント・新築祝い・開店祝い・風水・開運・魔除け・バレンタイン・ホワイトデー・誕生日・母の日・父の日・お中元・敬老の日・還暦祝・クリスマス・お歳暮などの特別なギフトとして。 また、飲食店や店舗、神棚などインテリアとしてもお使いいただけます。【材質】陶器・陶磁器・せともの(一部ステンレス・鉄・竹・木等のものがございます)タトウ紙入瀧を題材に用いて、涼しさを強調するために書かれた語句です。典拠は唐の詩人李白の「盧山の瀑布を望む」と題する詩の一節、「飛流直下三千尺、疑うらくは是れ銀河の九天から落つるかと」によります。即ち、巨大な瀧が勢いよく真下に流れ落ちる距離は三千尺もある。それはひょっとしたら、天の川が高い大空から落ちてきたのではあるまいか、という意味です。商品によっては手造りのため、写真と色・かたちが若干異なることがございます。一部の商品はメーカーよりお取り寄せとなりますので、納期が前後することがございます。あらかじめご了承ください。われものですので丁重に梱包させていただいておりますが、ご不明な点などございましたらご連絡ください。ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。 ご注文に関する注意事項は 【こちら】ご購入前にご確認ください。

色紙(掛) 色紙「清流無間断」 前大徳 足立泰道和尚筆 【茶道具 茶道 抹茶 華道】

せともの

5,832

色紙(掛) 色紙「清流無間断」 前大徳 足立泰道和尚筆 【茶道具 茶道 抹茶 華道】

【用途】結婚の引き出物・大事な人へのプレゼント・新築祝い・開店祝い・風水・開運・魔除け・バレンタイン・ホワイトデー・誕生日・母の日・父の日・お中元・敬老の日・還暦祝・クリスマス・お歳暮などの特別なギフトとして。 また、飲食店や店舗、神棚などインテリアとしてもお使いいただけます。【材質】陶器・陶磁器・せともの(一部ステンレス・鉄・竹・木等のものがございます)※只今お届けに一ヶ月程度お時間を頂いております。清流無間断(せいりゅう かんだんなし)この語句は、清らかな流れは絶えることなく流れ続け、青々とした木は季節を超えて一度も葉を枯らしたことがない、という一瞬の中にある自然の永遠の姿をいいとどめたものです。これは、間断することなく、衰えることのない不断の努力が大きな実りをもたらす、という意味にも読み取ることが出来ます。作者は不明であるが、「清流間断無く、碧樹曽って凋まず」という句によったものです。一部の商品はメーカーよりお取り寄せとなりますので、納期が前後することがございます。あらかじめご了承ください。商品によっては手造りのため、写真と色・かたちが若干異なることがございます。われものですので丁重に梱包させていただいておりますが、ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。 ご注文に関する注意事項は 【こちら】ご購入前にご確認ください。

短冊(掛) 短冊「薫風自南来」 前大徳 足立泰道和尚筆 【茶道具 茶道 抹茶 華道】

せともの

5,076

短冊(掛) 短冊「薫風自南来」 前大徳 足立泰道和尚筆 【茶道具 茶道 抹茶 華道】

【用途】結婚の引き出物・大事な人へのプレゼント・新築祝い・開店祝い・風水・開運・魔除け・バレンタイン・ホワイトデー・誕生日・母の日・父の日・お中元・敬老の日・還暦祝・クリスマス・お歳暮などの特別なギフトとして。 また、飲食店や店舗、神棚などインテリアとしてもお使いいただけます。【材質】陶器・陶磁器・せともの(一部ステンレス・鉄・竹・木等のものがございます)※只今お届けに一ヶ月程度お時間を頂いております。薫風自南来(くんぷう みなみよりきたる)初夏の薫り高い爽やかな南風が吹いてきて、楼閣の部屋に実に爽やかな雰囲気が醸し出されている、との意味です。緑滴るこの季節に吹く風、即ち「薫風」は実際に生き生きとした薫りを運んでくる様に感じられ、人も自然も皆爽やかな気持ちになる、という自然現象を表現した語句です。一部の商品はメーカーよりお取り寄せとなりますので、納期が前後することがございます。あらかじめご了承ください。商品によっては手造りのため、写真と色・かたちが若干異なることがございます。われものですので丁重に梱包させていただいておりますが、ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。 ご注文に関する注意事項は 【こちら】ご購入前にご確認ください。

短冊 短冊「風颯々水冷々」 前大徳 足立泰道和尚筆 【茶道具 茶道 抹茶 華道】

せともの

5,076

短冊 短冊「風颯々水冷々」 前大徳 足立泰道和尚筆 【茶道具 茶道 抹茶 華道】

【用途】結婚の引き出物・大事な人へのプレゼント・新築祝い・開店祝い・風水・開運・魔除け・バレンタイン・ホワイトデー・誕生日・母の日・父の日・お中元・敬老の日・還暦祝・クリスマス・お歳暮などの特別なギフトとして。 また、飲食店や店舗、神棚などインテリアとしてもお使いいただけます。【材質】陶器・陶磁器・せともの(一部ステンレス・鉄・竹・木等のものがございます)※只今お届けに一ヶ月程度お時間を頂いております。風颯々水冷々(かぜさっさっ みずれいれい)「颯々」とは、風が吹き過ぎる様を表現した言葉で、風が颯々と吹くというと、何ともいえない爽やかな感じです。また、「冷々」とした水、これも実に爽やかな印象を与えます。即ち、風はあくまでも颯々と爽やかに吹いて欲しいし、水はあくまでも冷たい清水のようであって欲しい。素直に自然の情景を表現することによって、自らの心境の清々しさを表した語句です。心が落ち着かねば優れた自然の風景も五感に訴えてこない、との意味です。一部の商品はメーカーよりお取り寄せとなりますので、納期が前後することがございます。あらかじめご了承ください。商品によっては手造りのため、写真と色・かたちが若干異なることがございます。われものですので丁重に梱包させていただいておりますが、ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。 ご注文に関する注意事項は 【こちら】ご購入前にご確認ください。

短冊(掛) 短冊「竹 葉々起清風」 前大徳 足立泰道和尚筆 【茶道具 茶道 抹茶 華道】

せともの

5,076

短冊(掛) 短冊「竹 葉々起清風」 前大徳 足立泰道和尚筆 【茶道具 茶道 抹茶 華道】

【用途】結婚の引き出物・大事な人へのプレゼント・新築祝い・開店祝い・風水・開運・魔除け・バレンタイン・ホワイトデー・誕生日・母の日・父の日・お中元・敬老の日・還暦祝・クリスマス・お歳暮などの特別なギフトとして。 また、飲食店や店舗、神棚などインテリアとしてもお使いいただけます。【材質】陶器・陶磁器・せともの(一部ステンレス・鉄・竹・木等のものがございます)※只今お届けに一ヶ月程度お時間を頂いております。竹 葉々起清風(たけ ようようせいふうをおこす)風に吹かれた竹の葉がゆらゆら揺れて、清々しい風を送ってくれる様子を描写した語句です。『虚堂録』にある「竹為君葉々起清風」の句から、人の気配を取り去り、一層端的に竹林の清々しさを表現したものです。一部の商品はメーカーよりお取り寄せとなりますので、納期が前後することがございます。あらかじめご了承ください。商品によっては手造りのため、写真と色・かたちが若干異なることがございます。われものですので丁重に梱包させていただいておりますが、ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。 ご注文に関する注意事項は 【こちら】ご購入前にご確認ください。

短冊 短冊「薫風自南来」 前大徳 足立泰道和尚筆 タトウ紙入 【茶道 茶器 抹茶】

せともの

5,076

短冊 短冊「薫風自南来」 前大徳 足立泰道和尚筆 タトウ紙入 【茶道 茶器 抹茶】

【用途】結婚の引き出物・大事な人へのプレゼント・新築祝い・開店祝い・風水・開運・魔除け・バレンタイン・ホワイトデー・誕生日・母の日・父の日・お中元・敬老の日・還暦祝・クリスマス・お歳暮などの特別なギフトとして。 また、飲食店や店舗、神棚などインテリアとしてもお使いいただけます。【材質】陶器・陶磁器・せともの(一部ステンレス・鉄・竹・木等のものがございます)タトウ紙入初夏の薫り高い爽やかな南風が吹いてきて、楼閣の部屋に実に爽やかな雰囲気が醸し出されている、との意味です。緑滴るこの季節に吹く風、即ち「薫風」は実際に生き生きとした薫りを運んでくる様に感じられ、人も自然も皆爽やかな気持ちになる、という自然現象を表現した語句です。商品によっては手造りのため、写真と色・かたちが若干異なることがございます。一部の商品はメーカーよりお取り寄せとなりますので、納期が前後することがございます。あらかじめご了承ください。われものですので丁重に梱包させていただいておりますが、ご不明な点などございましたらご連絡ください。ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。 ご注文に関する注意事項は 【こちら】ご購入前にご確認ください。

色紙 色紙(複製)兜画/賛「独坐大雄峰」 前大徳 足立泰道和尚賛/泉谷瑞月画 【茶道具 茶道 抹茶 華道】

せともの

918

色紙 色紙(複製)兜画/賛「独坐大雄峰」 前大徳 足立泰道和尚賛/泉谷瑞月画 【茶道具 茶道 抹茶 華道】

【用途】結婚の引き出物・大事な人へのプレゼント・新築祝い・開店祝い・風水・開運・魔除け・バレンタイン・ホワイトデー・誕生日・母の日・父の日・お中元・敬老の日・還暦祝・クリスマス・お歳暮などの特別なギフトとして。 また、飲食店や店舗、神棚などインテリアとしてもお使いいただけます。【材質】陶器・陶磁器・せともの(一部ステンレス・鉄・竹・木等のものがございます)※只今お届けに一ヶ月程度お時間を頂いております。兜画/賛「独坐大雄峰(どくざ だいゆうほう)」緑滴る新緑の季節の「端午の節句」は、五節句の一つとして古来から男の子の成長を祈るお祭りであり、また邪気を払う菖蒲の季節でもあります。この端午の節句に因む「兜画」に添えられた泰道和尚の賛「独坐大雄峰」は、臨済宗の聖典「碧巌録」を典拠としており、大雄峰にひとり坐し、何者にも侵されない独立独歩の精神を表現した語句であり、端午の節句/兜画に相応しい賛語です。一部の商品はメーカーよりお取り寄せとなりますので、納期が前後することがございます。あらかじめご了承ください。商品によっては手造りのため、写真と色・かたちが若干異なることがございます。われものですので丁重に梱包させていただいておりますが、ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。 ご注文に関する注意事項は 【こちら】ご購入前にご確認ください。

色紙 色紙(複製)兜画/賛「独坐大雄峰」   前大徳 足立泰道和尚賛/泉谷瑞月画 タトウ紙入 【茶道 茶器 抹茶】

せともの

918

色紙 色紙(複製)兜画/賛「独坐大雄峰」 前大徳 足立泰道和尚賛/泉谷瑞月画 タトウ紙入 【茶道 茶器 抹茶】

【用途】結婚の引き出物・大事な人へのプレゼント・新築祝い・開店祝い・風水・開運・魔除け・バレンタイン・ホワイトデー・誕生日・母の日・父の日・お中元・敬老の日・還暦祝・クリスマス・お歳暮などの特別なギフトとして。 また、飲食店や店舗、神棚などインテリアとしてもお使いいただけます。【材質】陶器・陶磁器・せともの(一部ステンレス・鉄・竹・木等のものがございます)タトウ紙入緑滴る新緑の季節の「端午の節句」は、五節句の一つとして古来から男の子の成長を祈るお祭りであり、また邪気を払う菖蒲の季節でもあります。この端午の語句に因む「兜画」に添えられた泰道和尚の賛「独坐大雄峰」は、臨済宗の聖典「碧巌録」を典拠としており、大雄峰のひとり坐し、何者にも侵されない独立独歩の精神を表現した語句であり、端午の節句/兜画に相応しい賛語です。商品によっては手造りのため、写真と色・かたちが若干異なることがございます。一部の商品はメーカーよりお取り寄せとなりますので、納期が前後することがございます。あらかじめご了承ください。われものですので丁重に梱包させていただいておりますが、ご不明な点などございましたらご連絡ください。ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。 ご注文に関する注意事項は 【こちら】ご購入前にご確認ください。

こちらの関連商品はいかがですか?

【茶器/茶道具 短冊/夏】 直筆 青山緑水又は行雲流水又は瀧直下三千丈 前田宗源筆

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

2,278

【茶器/茶道具 短冊/夏】 直筆 青山緑水又は行雲流水又は瀧直下三千丈 前田宗源筆

直筆 箱たとう紙 作者前田宗源筆 注意メール便不可 (野輪江・2855) 【コンビニ受取対応商品】青山緑水せいざんりょくすい 新緑の季節 万物の調和のとれた様 山は青く、水はみどりありのまま、「悟て見れば青山緑水で元の儘、明月清風も昔の通りじや」普燈録:一条の緑水青山を巡る、とある。 即心是仏;人間が本来もっている心のままに 行雲流水こううんりゅすい 空行く雲や流れる水のように、深く物事に執着しないで自然の成り行きに任せて行動するたとえ。また、一定の形をもたず、自然に移り変わってよどみがないことのたとえ。 「行雲」は空行く雲。「流水」は流れる水。諸国を修行してまわる禅僧のたとえにも用いられることがある。 瀧直下三千丈たきちょっかさんぜんじょう 瀧がまっすぐに落ちる事三千丈。涼しさを強調し語呂を合わせたもので夏の涼しさを呼ぶ一句 【前田宗源】瑞光院 山号を紫雲山 大徳寺派 赤穂義士遺跡 昭和07年04月10日京都に生 京都府立第三中学校 京都府立朱雀高校 同志社大学経済学部 京都建仁寺僧堂にて修行 ----------------------------------------------------------- 【瑞光院】 京都 紫野 臨済宗大本山 大徳寺派に属する 紫雲山 瑞光院は 慶長18年(1613年)創建。 赤穂 浅野家とは縁があり、46士の遺髪が埋葬されている

送料無料
【茶道具・色紙・短冊 】書・色紙 「弄花香満衣」、大徳寺 三玄院 長谷川寛州 直筆

佐藤大観堂

14,700

【茶道具・色紙・短冊 】書・色紙 「弄花香満衣」、大徳寺 三玄院 長谷川寛州 直筆

■要予約■在庫のない場合、お申し込後、納品迄、 1~2週間程度ご猶予をお願いする場合がございます。■作品は、それぞれ逸品物のため、 仕上がりが多少異なる場合があります、予めご了承下さい。 ■色紙 「弄花香満衣」 長谷川寛州 直筆 分類 茶道具 R-O1-SH-HK-----------------------------------【 弄花香満衣 】(花を弄すれば香衣に満つ)「はなをろうずれば かおりころもにみつ」[解説]花を摘んでいると、自分の衣もその香りに包まれこころまで花と一体となって、清々しい境涯に至る。-----------------------------------------------【 参考 】掬水月在手(水を掬すれば 月 手に在り) 弄花香満衣(花を弄すれば 香 衣に満つ) 水を両手ですくうと手の中の水に月が宿り、花を手折れば香りが衣に移る。 [解説]月と自分、花と自分は、それぞれ別々のものでありながら、一体となる無我の境地。中唐の詩人、干良史(うりょうし)の「春山夜月」という詩の中の二句、後に、虚堂智愚禅師(きどうちぐぜんじ)らが禅的な解釈をする。 筆者 長谷川寛州 老師。 筆者略歴 臨済宗 大徳寺 紫野 三玄院 元住職。 寸法 縦 27.2cm、 横 24.2cm。 備考 畳紙(たとうし)付。新品。 茶道具 美術工芸品 陶磁器 漆器 和の器 茶会用品 抹茶--大観堂 ■トップページに戻り、他の作品を見る

送料無料
茶道具・書・短冊 「竹有上下節」大徳寺 三玄院 長谷川寛州 直筆

佐藤大観堂

12,800

茶道具・書・短冊 「竹有上下節」大徳寺 三玄院 長谷川寛州 直筆

【 在庫 有り 】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■作品は、それぞれ直筆逸品物のため、 写真と多少異なる場合があります。 あらかじめご了承下さいませ。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■短冊 「竹有上下節」 長谷川寛州 直筆 分類 茶道具 R-W9-T-TJF-HK-----------------------------------【 竹有上下節 (たけに じょうげの ふしあり)】『禅林句集』五言対句に「松無古今色、竹有上下節」(松に古今の色なく、竹に上下の節あり)とある。「松無古今色」の対句で、松は季節によって緑の色を変えたりせず、いつも平等である。竹には上下に節が有って区別されているように、人間関係にも平等でありながら、上下の区別はある。ゆえに、本来の姿をそのまま認めてこそ円満だということ。 筆者 長谷川寛州 老師。 筆者略歴 臨済宗 大徳寺 紫野 三玄院 元住職。 寸法 縦 36.2cm、 横 7.7cm。 備考 畳紙(たとうし)付。新品。 取扱品:茶道具 茶碗 美術工芸品 陶磁器 和の器 酒盃 抹茶 他 創業1946年 / 茶道具販売 卸売・小売部門 知事賞 受賞:佐藤大観堂 ■トップページに戻り、他の作品を見る

送料無料
【茶道具・色紙・短冊 】書・短冊 「薫風自南来」、有馬頼底 直筆

佐藤大観堂

16,800

【茶道具・色紙・短冊 】書・短冊 「薫風自南来」、有馬頼底 直筆

■在庫のない場合、新作仕入れの為、お申し込後、納品迄、 2~3週間程お待ち頂く場合があります。■作品は、それぞれ直筆 逸品物のため、 仕上がりが多少異なる場合があります、予めご了承下さい。 ■短冊 「薫風自南来」 有馬頼底 直筆 分類 茶道具 R-O4-T-KU-AR-----------------------------------【 薫風自南来 】「くんぷう みなみより きたる」「くんぷう じなんらい」とも読む。--------------------------------------------------南から吹く快い風を薫風と称えた。日本でも、室町時代頃からこの言葉が使われようになり、 香しい五月の風は、いかにも薫風と名づけるに相応しく、そこから 「 風薫る 」 という言葉も生まれた。--------------------------------------------------【 薫風自南来 殿閣生微涼 】「くんぷう みなみより きたり でんかく びりょうを しょうず」南から薫風が吹き、殿閣を、涼しい、心地良い空間にする、という優雅な状況。煩悩妄想を消し、分別執着の垢を払い、清涼そのものの境地を表現したものであり、悟りの境地にほかならないと言える。 筆者 有馬頼底 老大師 筆者略歴 ■号 大龍窟臨済宗 相國寺派 七代管長、金閣寺(鹿苑寺)住職、銀閣寺(慈照寺)住職、京都仏教会 理事長、日本文化芸術財団 理事。■有馬頼底 老大師久留米藩主 有馬家(赤松氏流)の子孫。東京にて華族の家系に生まれ、天皇陛下のご学友となる。8歳で大分県 日田市の岳林寺にて得度。22歳で京都 相國寺に入門し、相國寺にて禅僧として修行を重ねる。古代から近代に至るまでの墨蹟・茶道具・美術工芸品などに造詣が深く、禅宗歴史美術を通じ...

送料無料
【茶器/茶道具 短冊】 直筆 天晴日頭出 久田宗也筆(尋牛斎) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

33,480

【茶器/茶道具 短冊】 直筆 天晴日頭出 久田宗也筆(尋牛斎) 【smtb-KD】

直筆 箱たとう紙 作者久田宗也筆(尋牛斎) 注意メール便不可 (・42880) 【コンビニ受取対応商品】天晴日頭出てんはれてにっとういづる 天晴日頭出 雨下地上湿(てんはれてにっとういづ あめふりてちじょううるおう) 天気が良いと太陽が姿を表し、雨が降れば地上が濡れる。自然現象の何のはからいもない様であり、無用な分別妄想が微塵も無い無執着の有様の例えです。 【久田家】 久田家は3代宗旦の娘の嫁ぎ先で利休の血筋であり、家元が途絶えそうになった場合、久田家から養子で入っています。 久田家の庵号は半床庵(は んしょうあん)といい、3代宗全による二畳中板の茶室を指す。 【久田家歴代系図】 【初代 宗栄 生々斎】 1559年~1624年3月6日 俗名は久田新八房政 (利休の甥か?) 【2代 宗利 受得斎】 1610年~1685年11月7日 本間利兵衛 (千宗旦の娘クレの夫、藤村庸軒の兄) 【藤村庸軒】(宗旦の四天王の一人) 千家とつながりの深かった久田家初代の久田宗栄の次男で、呉服商十二屋の藤村家に養子に入ったとされる。 薮内紹智に茶の湯を学び、小堀政一(遠州)、金森重近(宗和)からも教えを受ける。のちに千宗旦のもとで台子伝授を許され宗旦四天王の一人に数えられた。 没後、荻野道興の編集により『庸軒詩集』が1803年(享和3年)に刊行された。 【3代 宗全 徳誉斎】 1647年~1707年5月6日 元は本間勘兵衛と称した (宗全は手工に秀で、炭斗の宗全籠等、茶碗・茶杓に優品物が多数あります。) 【4代 宗也 不及斎】 1681年~1744年1月13日 宗全の甥 4代不及斎には二男あり、理由は不明ながら次男の宗悦が半床庵を継嗣した。 【高倉久田家歴代】 【5代 宗悦 凉滴斎】 1715年~1768年4月26日 不及斎の次男 ...

送料無料
【茶器/茶道具 短冊】 直筆 直心是道場 久田宗也筆(尋牛斎) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

33,480

【茶器/茶道具 短冊】 直筆 直心是道場 久田宗也筆(尋牛斎) 【smtb-KD】

直筆 箱たとう紙 作者久田宗也筆(尋牛斎) 注意メール便不可 (・42880) 【コンビニ受取対応商品】直心是れ道場じきしんこれどうじょう これは唯摩居士(ゆいまこじ)と光厳童子(こうごんどうじ)とのやりとりの言葉だそうであるが「直心」すなわち素直な心をもって精進修行すれば天地到るところが道場であり修行の場所ならざるはないという唯摩居士の教えそのままとったものである。 【久田家】 久田家は3代宗旦の娘の嫁ぎ先で利休の血筋であり、家元が途絶えそうになった場合、久田家から養子で入っています。 久田家の庵号は半床庵(は んしょうあん)といい、3代宗全による二畳中板の茶室を指す。 【久田家】 久田家は3代宗旦の娘の嫁ぎ先で利休の血筋であり、家元が途絶えそうになった場合、久田家から養子で入っています。 久田家の庵号は半床庵(は んしょうあん)といい、3代宗全による二畳中板の茶室を指す。 【久田家歴代系図】 【初代 宗栄 生々斎】 1559年~1624年3月6日 俗名は久田新八房政 (利休の甥か?) 【2代 宗利 受得斎】 1610年~1685年11月7日 本間利兵衛 (千宗旦の娘クレの夫、藤村庸軒の兄) 【藤村庸軒】(宗旦の四天王の一人) 千家とつながりの深かった久田家初代の久田宗栄の次男で、呉服商十二屋の藤村家に養子に入ったとされる。 薮内紹智に茶の湯を学び、小堀政一(遠州)、金森重近(宗和)からも教えを受ける。のちに千宗旦のもとで台子伝授を許され宗旦四天王の一人に数えられた。 没後、荻野道興の編集により『庸軒詩集』が1803年(享和3年)に刊行された。 【3代 宗全 徳誉斎】 1647年~1707年5月6日 元は本間勘兵衛と称した (宗全は手工に秀で、炭斗の宗全籠等、茶碗・茶杓に優品物が多数あります。) 【4代 宗也...

送料無料
【茶器/茶道具 短冊】 直筆 灼々園中花 久田宗也筆(尋牛斎) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

28,080

【茶器/茶道具 短冊】 直筆 灼々園中花 久田宗也筆(尋牛斎) 【smtb-KD】

直筆 箱たとう紙 作者久田宗也筆(尋牛斎) 注意メール便不可 (・38800) 【コンビニ受取対応商品】灼々園中花しゃくしゃくえんちゅうのはな 花は明るく華や、その青い葉は生き生きとしている。 【久田家】 久田家は3代宗旦の娘の嫁ぎ先で利休の血筋であり、家元が途絶えそうになった場合、久田家から養子で入っています。 久田家の庵号は半床庵(は んしょうあん)といい、3代宗全による二畳中板の茶室を指す。 【久田家歴代系図】 【初代 宗栄 生々斎】 1559年~1624年3月6日 俗名は久田新八房政 (利休の甥か?) 【2代 宗利 受得斎】 1610年~1685年11月7日 本間利兵衛 (千宗旦の娘クレの夫、藤村庸軒の兄) 【藤村庸軒】(宗旦の四天王の一人) 千家とつながりの深かった久田家初代の久田宗栄の次男で、呉服商十二屋の藤村家に養子に入ったとされる。 薮内紹智に茶の湯を学び、小堀政一(遠州)、金森重近(宗和)からも教えを受ける。のちに千宗旦のもとで台子伝授を許され宗旦四天王の一人に数えられた。 没後、荻野道興の編集により『庸軒詩集』が1803年(享和3年)に刊行された。 【3代 宗全 徳誉斎】 1647年~1707年5月6日 元は本間勘兵衛と称した (宗全は手工に秀で、炭斗の宗全籠等、茶碗・茶杓に優品物が多数あります。) 【4代 宗也 不及斎】 1681年~1744年1月13日 宗全の甥 4代不及斎には二男あり、理由は不明ながら次男の宗悦が半床庵を継嗣した。 【高倉久田家歴代】 【5代 宗悦 凉滴斎】 1715年~1768年4月26日 不及斎の次男 【6代 &#30971翁宗渓 挹泉斎】 1742年~1785年7月24日 【7代 維妙宗也 皓々斎】 1767年~1819年11月29日 【8代 宗利】...

送料無料
【茶器/茶道具 短冊】 直筆 青松多寿色 久田宗也筆(尋牛斎) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

34,560

【茶器/茶道具 短冊】 直筆 青松多寿色 久田宗也筆(尋牛斎) 【smtb-KD】

直筆 箱たとう紙 作者久田宗也筆(尋牛斎) 注意メール便不可 (・43200) 【コンビニ受取対応商品】青松多寿色せいしょう、じゅしょくおおし 松は常緑樹の代表として、さまざまな象徴に用いる。 何時までも青々とした松は、それだけで御目出度い色をしている。若さの象徴「緑」、 不老長寿を連想させる。 当然、祝いの席には松が飾られることが多い 「寿」の語が入った句は「長寿」の象徴である。 禅語で「うつろうことのない不動の松の青さこそ、寿の色」という意味を持っています 。 【久田家】 久田家は3代宗旦の娘の嫁ぎ先で利休の血筋であり、家元が途絶えそうになった場合、久田家から養子で入っています。 久田家の庵号は半床庵(は んしょうあん)といい、3代宗全による二畳中板の茶室を指す。 ・・・・・ 【久田家歴代系図】 【初代 宗栄 生々斎】 1559年~1624年3月6日 俗名は久田新八房政 (利休の甥か?) 【2代 宗利 受得斎】 1610年~1685年11月7日 本間利兵衛 (千宗旦の娘クレの夫、藤村庸軒の兄) 【藤村庸軒】(宗旦の四天王の一人) 千家とつながりの深かった久田家初代の久田宗栄の次男で、呉服商十二屋の藤村家に養子に入ったとされる。 薮内紹智に茶の湯を学び、小堀政一(遠州)、金森重近(宗和)からも教えを受ける。のちに千宗旦のもとで台子伝授を許され宗旦四天王の一人に数えられた。 没後、荻野道興の編集により『庸軒詩集』が1803年(享和3年)に刊行された。 【3代 宗全 徳誉斎】 1647年~1707年5月6日 元は本間勘兵衛と称した (宗全は手工に秀で、炭斗の宗全籠等、茶碗・茶杓に優品物が多数あります。) 【4代 宗也 不及斎】 1681年~1744年1月13日 宗全の甥 4代不及斎には二男あり...

送料無料
【茶器/茶道具 短冊】 直筆 雪橋一蓑寒 久田宗也筆(尋牛斎) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

30,240

【茶器/茶道具 短冊】 直筆 雪橋一蓑寒 久田宗也筆(尋牛斎) 【smtb-KD】

直筆 箱たとう紙 作者久田宗也筆(尋牛斎) 注意メール便不可 (・37880) 【コンビニ受取対応商品】雪橋一蓑寒ゆきはしいちみのさむし 雪降り積もる雪の橋をわたって行く情景を思い浮かべました語句。 冬の寒さが増してくる様子。 【久田家】 久田家は3代宗旦の娘の嫁ぎ先で利休の血筋であり、家元が途絶えそうになった場合、久田家から養子で入っています。 久田家の庵号は半床庵(は んしょうあん)といい、3代宗全による二畳中板の茶室を指す。 【久田家歴代系図】 【初代 宗栄 生々斎】 1559年~1624年3月6日 俗名は久田新八房政 (利休の甥か?) 【2代 宗利 受得斎】 1610年~1685年11月7日 本間利兵衛 (千宗旦の娘クレの夫、藤村庸軒の兄) 【藤村庸軒】(宗旦の四天王の一人) 千家とつながりの深かった久田家初代の久田宗栄の次男で、呉服商十二屋の藤村家に養子に入ったとされる。 薮内紹智に茶の湯を学び、小堀政一(遠州)、金森重近(宗和)からも教えを受ける。のちに千宗旦のもとで台子伝授を許され宗旦四天王の一人に数えられた。 没後、荻野道興の編集により『庸軒詩集』が1803年(享和3年)に刊行された。 【3代 宗全 徳誉斎】 1647年~1707年5月6日 元は本間勘兵衛と称した (宗全は手工に秀で、炭斗の宗全籠等、茶碗・茶杓に優品物が多数あります。) 【4代 宗也 不及斎】 1681年~1744年1月13日 宗全の甥 4代不及斎には二男あり、理由は不明ながら次男の宗悦が半床庵を継嗣した。 【高倉久田家歴代】 【5代 宗悦 凉滴斎】 1715年~1768年4月26日 不及斎の次男 【6代 &#30971翁宗渓 挹泉斎】 1742年~1785年7月24日 【7代 維妙宗也 皓々斎】 1767年...

送料無料
茶道具 書短冊 画賛 「春来草自生」土筆(つくし)絵有馬頼底 賛 直筆

佐藤大観堂

16,800

茶道具 書短冊 画賛 「春来草自生」土筆(つくし)絵有馬頼底 賛 直筆

■在庫のない場合、お申し込後、納品迄、 1~2週間程度ご猶予をお願いする場合がございます。 ■作品は、それぞれ直筆逸品物のため、 仕上がりが多少異なる場合があります、予めご了承下さい。 ■短冊 画賛 「春来草自生」 土筆(つくし)絵 有馬頼底 賛直筆 分類 茶道具 r-m2-tan-ga-haru-kitarite-raitei-----------------------------------------------【 春来草自生 】「はる きたりて くさ おのずから しょうず」-----------------------------------------------春が来れば、草は自然と生える。 草木が芽生えるという、その時節がめぐって来たからであり、万法は、皆自ずから然るようにあるという意味。 筆者 有馬頼底 老大師 筆者略歴 ■号 大龍窟臨済宗 相國寺派 七代管長、金閣寺(鹿苑寺)住職、銀閣寺(慈照寺)住職、京都仏教会 理事長、日本文化芸術財団 理事。■有馬頼底 老大師久留米藩主 有馬家(赤松氏流)の子孫。東京にて華族の家系に生まれ、天皇陛下のご学友となる。8歳で大分県 日田市の岳林寺にて得度。22歳で京都 相國寺に入門し、相國寺にて禅僧として修行を重ねる。古代から近代に至るまでの墨蹟・茶道具・美術工芸品などに造詣が深く、禅宗歴史美術を通じ、広く一般に布教活動を行っている。 寸法 縦 36.2cm、 横 6.2cm。 備考 畳紙(たとうし)付。新品。 取扱品:茶道具 茶碗 美術工芸品 陶磁器 和の器 酒盃 抹茶 他創業1946年 / 茶道具販売 卸売・小売部門 知事賞 受賞:佐藤大観堂 ■トップページに戻り、他の作品を見る

【茶器/茶道具 短冊】 直筆 歳月不待人又は看々臘月尽 橋本紹尚筆(柳生紹尚)

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

1,920

【茶器/茶道具 短冊】 直筆 歳月不待人又は看々臘月尽 橋本紹尚筆(柳生紹尚)

直筆 箱たとう紙 作者橋本紹尚筆(柳生紹尚) 注意メール便不可 (ス野中)(・2485) 【コンビニ受取対応商品】歳月不待人さいげつひとをまたず 時間は人の都合とは関係なしに刻々と過ぎていくものであり、人を待ってくれるこFとなどない。 転じて、人はすぐに老いてしまうものだから、二度と戻らない時間をむだにしないで、努力に励めよという戒めを含む。 陶潜の『雑詩』に「盛年重ねて来たらず、一日再びあしたなり難し、時に及んで当に勉励すべし、歳月人を待たず(若い時は二度と来ない、一日に朝は二度とない、時を逃さず一瞬を大切にして勉学に励めよ)」とあるのに基づく。 看々臘月尽みよみよろうげつ、つく 臘月は12月のこと。 時間はみるみるうちに過ぎ去ってしまい、今年も残りわずかであるという意味。 【橋本紹尚】(柳生紹尚)芳徳禅寺 昭和37年 花園大学卒業 昭和37年 大徳寺専門道場にて掛塔、小田雪窓老師(大徳寺第四八九世)に師事する 三玄院先代住職藤井誠堂老師より「顕道」「紹尚」を拝命 昭和40年 柳生芳徳寺に帰る 昭和47年 芳徳寺住職となる 平成08年 奈良市文化財に指定される。 ----------------------------------------------------------------------------------- 【芳徳禅寺】 奈良県 神護山 寛永十五年に、柳生宗矩が亡父石舟斎宗厳の供養のため創建し、開山は宗矩と親交のあった沢庵和尚。 のち柳生氏代々の菩提所ともなった。

銘入茶杓 「洗心」、 前大徳 方谷豊宗和尚作【 完売 】

佐藤大観堂

9,154

銘入茶杓 「洗心」、 前大徳 方谷豊宗和尚作【 完売 】

■要予約■在庫のない場合、お申し込後、納品迄、 約2週間程度ご猶予をお願いする場合がございます。■作品は、それぞれ手作り逸品物のため、 仕上がりが多少異なる場合があります、予めご了承下さい。 --------------------------------------------------- ■茶杓は、ご希望の「銘」を付けて頂けます。 ■お申し込み方法■ 作品ページ上より、茶杓のご注文をして頂き、 ご注文過程で出てくる備考欄に、ご希望の「銘」をご記入下さい。 ご注文頂いた後、当方より連絡させて頂きます。 なお、ご不明の点がございましたら、電話でも詳しく説明させて頂きます。 ■銘入茶杓 「洗心」 分類 茶道具 作者 方谷豊宗(ほうたに ほうしゅう)和尚 作者略歴 昭和12年福岡県に生まれる。高等学校卒業後、大徳寺派別格地 崇福寺住職。方谷浩明老師(大徳寺第12代管長)の徒弟となり得度する。後崇福寺僧堂にて修行する。昭和34年 大徳寺派安養寺住職・ 宗会議員・参事などを長年歴任する。現在、福聚山 海蔵寺住職。 備考 桐共箱、作家栞・略歴付。新品。 茶道具 美術工芸品 陶磁器 漆器 和の器 茶会用品 抹茶--大観堂 ■トップページに戻り、他の作品を見る

【茶器/茶道具 短冊画賛】 直筆 利休辞世の句 人生七十(力囲希咄) 利休坐像 橋本紹尚筆(柳生紹尚筆)

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

3,207

【茶器/茶道具 短冊画賛】 直筆 利休辞世の句 人生七十(力囲希咄) 利休坐像 橋本紹尚筆(柳生紹尚筆)

直筆 箱たとう紙 作者橋本紹尚筆(柳生紹尚) 注意メール便不可 (野丸中・3575) 【コンビニ受取対応商品】辞世の句 人生七十力圍希咄(りきいきとつ)吾這(わがこの)宝剣祖仏共殺(そぶつぐせつ)堤ル我得具足(ひっさぐるわがえぐそく)の太刀今此時ぞ天に抛(なげうつ) 利休忌は現在、3月27日および3月28日に大徳寺で行われている。 表千家家元では、ひと月送りにして、新暦3月27日に利休忌の行事が催されています。 裏千家家元では毎年3月28日、全国の社中参列のもと、茶室「咄々斎」で、茶家 最大の行事・利休忌が開催されます。 【橋本紹尚】(柳生紹尚)芳徳禅寺 昭和37年 花園大学卒業 昭和37年 大徳寺専門道場にて掛塔、小田雪窓老師(大徳寺第四八九世)に師事する 三玄院先代住職藤井誠堂老師より「顕道」「紹尚」を拝命 昭和40年 柳生芳徳寺に帰る 昭和47年 芳徳寺住職となる 平成08年 奈良市文化財に指定される。 ----------------------------------------------------------------------------------- 【芳徳禅寺】 奈良県 神護山 寛永十五年に、柳生宗矩が亡父石舟斎宗厳の供養のため創建し、開山は宗矩と親交のあった沢庵和尚。 のち柳生氏代々の菩提所ともなった。

楽しいホビーの足立泰道、発売中!クリスマスや誕生日のプレゼントにもどうぞ♪楽しいコレクションやホビー。大人から子供まで充実した時間を楽しめます。足立泰道に徹底的にハマろう!

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ホビーアイテムをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいホビーが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「足立泰道」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ