「豆色紙」 の関連商品を含む検索結果 46件

絵画 いわさきちひろ 五つぶのえんどう豆 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 五つぶのえんどう豆 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 ■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 五つぶのえんどう豆 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

★2cmゆうパケットメール便OK★パナミ 押絵・豆色紙【すわり雛】【HM-8】

五島糸店 楽天市場店

1,332

★2cmゆうパケットメール便OK★パナミ 押絵・豆色紙【すわり雛】【HM-8】

ひなまつりにピッタリの押絵タイプの小さな色紙飾りが仲間入りしました☆ 型抜き済みボール紙印刷済みの顔入りで簡単に製作できますよ♪ 【キット内容】 色紙、型抜き済みボール紙、スポンジシート、人形の顔、金襴、ちりめん、ラメ布、紐、座金、型抜き済み金ボール紙、丸型金紙、繧繝縁、和紙 【用意するもの】 はさみ、ものさし、ボンド、両面テープ、のり、ほお紅 サイズ:約縦13.5cm×横12cm ホビータイム:約60分 ※色紙掛け(MS-1100)はキットには含まれませんので、別途お買い求めください。 また、額(#100)に飾ると作品が一層引き立ちます。 出来上がった作品は色紙掛けか額に飾ってくださいね メール便希望の方へ こちらの商品は、【2cmゆうパケットメール便】をご選択下さいませ。 ※ご注意※ ●宅配便はお買上げ合計金額1万円未満の場合別途送料がかかります。 送料は配送先の地域によって異なりますので、画面下の「配送について」をご確認下さいませ。 ●メール便は2とおり、厚さ(梱包含む)3cmまでです。(大きさA4サイズ内) ➀2cmまで【2cmゆうパケットメール便】送料150円(税込) ➁3cmまで【3cmゆうパケットメール便】送料210円(税込) ●メール便は、【代引き】【日時指定】 はお受けできません。

こちらの関連商品はいかがですか?

絵画 いわさきちひろ おつむてんてん 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ おつむてんてん 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 おつむてんてん 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』)...

絵画 いわさきちひろ ぶどうを持つ少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ ぶどうを持つ少女 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 ぶどうを持つ少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』)...

絵画 いわさきちひろ チューリップのある少女像 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ チューリップのある少女像 額 児童画 色紙

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 チューリップのある少女像 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 -...

絵画 いわさきちひろ 草むらの小鳥と少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 草むらの小鳥と少女 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 草むらの小鳥と少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』...

絵画 いわさきちひろ マフラーをした少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ マフラーをした少女 額 児童画 色紙

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 マフラーをした少女 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 - サンケイ児童出版文化賞...

絵画 いわさきちひろ アヒルとクマと赤ちゃん 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ アヒルとクマと赤ちゃん 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 アヒルとクマと赤ちゃん 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

絵画 いわさきちひろ 和服の少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 和服の少女 額 児童画 色紙

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 和服の少女 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 - サンケイ児童出版文化賞(絵本...

絵画 いわさきちひろ チューリップのなかの男の子 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ チューリップのなかの男の子 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 チューリップのなかの男の子 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

絵画 いわさきちひろ ビーズの指輪をしたあかちゃん 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ ビーズの指輪をしたあかちゃん 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 ■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 ビーズの指輪をしたあかちゃん 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞...

絵画 いわさきちひろ 花の国のこどもたち 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 花の国のこどもたち 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 花の国のこどもたち 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』...

絵画 いわさきちひろ 毛糸を編む少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 毛糸を編む少女 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 毛糸を編む少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』)...

絵画 いわさきちひろ 「母の日」 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 「母の日」 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 「母の日」 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』)...

絵画 いわさきちひろ すすきと子どもたち 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ すすきと子どもたち 額 児童画 色紙

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 すすきと子どもたち 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 - サンケイ児童出版文化賞...

絵画 いわさきちひろ 美登利 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 美登利 額 児童画 色紙

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 美登利(童心社「たけくらべ」より) 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 -...

絵画 いわさきちひろ わらびを持つの少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ わらびを持つの少女 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 わらびを持つの少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』...

絵画 いわさきちひろ チューリップと赤ちゃん 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ チューリップと赤ちゃん 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 チューリップと赤ちゃん 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

絵画 いわさきちひろ はなぐるま 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ はなぐるま 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 はなぐるま 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』)...

絵画 いわさきちひろ あかちゃんのくるひ 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ あかちゃんのくるひ 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 ■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 あかちゃんのくるひ 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

絵画 いわさきちひろ あやとりをする少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ あやとりをする少女 額 児童画 色紙

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 あやとりをする少女 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 - サンケイ児童出版文化賞...

絵画 いわさきちひろ あやめと少女 額 児童画 色紙

全2商品

4,217

絵画 いわさきちひろ あやめと少女 額 児童画 色紙

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 あやめと少女 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 - サンケイ児童出版文化賞(絵本...

絵画 いわさきちひろ 木の葉の精 額 児童画 色紙

全2商品

4,217

絵画 いわさきちひろ 木の葉の精 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 木の葉の精 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』)...

絵画 いわさきちひろ ピンクのうさぎと赤ちゃん 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ ピンクのうさぎと赤ちゃん 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 ピンクのうさぎと赤ちゃん 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

絵画 いわさきちひろ 帽子の少女 額 児童画 色紙

全2商品

4,217

絵画 いわさきちひろ 帽子の少女 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 帽子の少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』)...

絵画 いわさきちひろ 水仙と母子像 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 水仙と母子像 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 水仙と母子像 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』)...

絵画 いわさきちひろ 十五夜の子どもたち 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 十五夜の子どもたち 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 十五夜の子どもたち 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』...

絵画 いわさきちひろ 貝殻と赤い帽子の少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 貝殻と赤い帽子の少女 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 貝殻と赤い帽子の少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ...

絵画 いわさきちひろ くちもとに指をそえた少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ くちもとに指をそえた少女 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 くちもとに指をそえた少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

絵画 いわさきちひろ 暖炉の前でネコを抱く少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 暖炉の前でネコを抱く少女 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 暖炉の前でネコを抱く少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

絵画 いわさきちひろ 子犬と雨の日の子どもたち 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 子犬と雨の日の子どもたち 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 子犬と雨の日の子どもたち 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

絵画 いわさきちひろ シクラメンと2人の少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ シクラメンと2人の少女 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 シクラメンと2人の少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

絵画 いわさきちひろ 「紫色の馬と少女」 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 「紫色の馬と少女」 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 「紫色の馬と少女」 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』...

絵画 いわさきちひろ あかちゃん(絶筆) 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ あかちゃん(絶筆) 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 ■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 あかちゃん(絶筆) 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

絵画 いわさきちひろ 赤い毛糸帽の少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 赤い毛糸帽の少女 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 赤い毛糸帽の少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』)...

絵画 いわさきちひろ あごに手をおく少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ あごに手をおく少女 額 児童画 色紙

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 あごに手をおく少女 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 - サンケイ児童出版文化賞...

お買い得品【いわさき ちひろ】全30作5粒のエンドウ豆(ごつぶのえんどうまめ)壁掛け用 スタンド付き 額入りの絵童画 絵本作家のいわさきちひろ額付き アートパネル作品/化粧箱入

壁掛けアート専門店 東京ア-トラボ

4,104

お買い得品【いわさき ちひろ】全30作5粒のエンドウ豆(ごつぶのえんどうまめ)壁掛け用 スタンド付き 額入りの絵童画 絵本作家のいわさきちひろ額付き アートパネル作品/化粧箱入

いわさきちひろ 絵画 絵 絵本 額付 ポストカード 額 アート 【商品の説明】 淡い色使いで優しく描き上げた、ちひろの温かい雰囲気の絵を額に納めました。 落ち着いた茶色に金の枠組みの豪華なフレームです。 スタンド式ですので壁掛けと2通りの楽しみ方ができる作品に仕上げました。 ご自宅用のほか、贈り物やギフト・プレゼントにも好評です。 ◆いわさき ちひろ◆ 童画家 絵本作家 1918年 福井県生まれ。紙芝居・絵本を中心に活動を展開。 2012年 ドキュメンタリー映画「いわさきちひろ」の公開で多くの注目と関心を集める。 ぬくもりを感じるアート作品をインテリアとしてお部屋に飾り、癒やしの空間を演出しませんか? 壁掛けアートの入門編としても、自信を持ってお勧めいたします。 仕様 サイズ(SIZE) 約255×205×18mm 0.5kg 材質・生産地 フレーム/樹脂・生産地/日本(日本製) 箱サイズ/約320×262×28mm 特記事項 スタンド式。ハガキサイズ(148×105mm)の写真などと差し替えられます。 いわさきちひろ 全30種 一覧壁掛けアートの入門編 日本で一番多く飾られているアートは何かわかりますか? 答えは風景画。とりわけ富士山を描いた作品群だそうです。 さすが富士山!「信仰の対象と芸術の源泉」として 「文化遺産登録」を果たしたわけです。 そこで、入門編として風水版画家吉岡浩太郎さんと 昭和の絵本作家いわさきちひろさんの作品を オススメします。 数多い彼らの作品の中から、代表的な作品を飾り易い、 中型のフレームサイズにおさめたものをご紹介します。 大きさは、A4サイズより少し大きくしたくらいです。 小さいと、残念ことに『安っぽく』みえたり、物足りなく 感じてしまうことが多いようですが、このくらいのサイズなら...

送料無料
絵画 いわさきちひろ 四季4点セット 額 児童画 色紙 全国送料無料 【smtb-k】【ky】

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

12,960

絵画 いわさきちひろ 四季4点セット 額 児童画 色紙 全国送料無料 【smtb-k】【ky】

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 四季4点セット 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』)...

お買い得品【いわさき ちひろ】全30作母と子(ははとこ)壁掛け用 スタンド付き インチ額童画 絵本作家のいわさきちひろ額付き アートパネル作品/化粧箱入絵画 壁掛け

壁掛けアート専門店 東京ア-トラボ

4,104

お買い得品【いわさき ちひろ】全30作母と子(ははとこ)壁掛け用 スタンド付き インチ額童画 絵本作家のいわさきちひろ額付き アートパネル作品/化粧箱入絵画 壁掛け

いわさきちひろ 絵画 絵 絵本 額付 ポストカード 額 アート 【商品の説明】 淡い色使いで優しく描き上げた、ちひろの温かい雰囲気の絵を額に納めました。 落ち着いた茶色に金の枠組みの豪華なフレームです。 スタンド式ですので壁掛けと2通りの楽しみ方ができる作品に仕上げました。 ご自宅用のほか、贈り物やギフト・プレゼントにも好評です。 ◆いわさき ちひろ◆ 童画家 絵本作家 1918年 福井県生まれ。紙芝居・絵本を中心に活動を展開。 2012年 ドキュメンタリー映画「いわさきちひろ」の公開で多くの注目と関心を集める。 ぬくもりを感じるアート作品をインテリアとしてお部屋に飾り、癒やしの空間を演出しませんか? 壁掛けアートの入門編としても、自信を持ってお勧めいたします。 仕様 サイズ(SIZE) 約255×205×18mm 0.5kg 材質・生産地 フレーム/樹脂・生産地/日本(日本製) 箱サイズ/約320×262×28mm 特記事項 スタンド式。ハガキサイズ(148×105mm)の写真などと差し替えられます。 いわさきちひろ 全30種 一覧壁掛けアートの入門編 日本で一番多く飾られているアートは何かわかりますか? 答えは風景画。とりわけ富士山を描いた作品群だそうです。 さすが富士山!「信仰の対象と芸術の源泉」として 「文化遺産登録」を果たしたわけです。 そこで、入門編として風水版画家吉岡浩太郎さんと 昭和の絵本作家いわさきちひろさんの作品を オススメします。 数多い彼らの作品の中から、代表的な作品を飾り易い、 中型のフレームサイズにおさめたものをご紹介します。 大きさは、A4サイズより少し大きくしたくらいです。 小さいと、残念ことに『安っぽく』みえたり、物足りなく 感じてしまうことが多いようですが、このくらいのサイズなら...

お買い得品【いわさき ちひろ】全30作花と少女(はなとしょうじょ)壁掛け用 スタンド付き インチ額童画 絵本作家のいわさきちひろ額付き作品/化粧箱入り 絵画

壁掛けアート専門店 東京ア-トラボ

4,104

お買い得品【いわさき ちひろ】全30作花と少女(はなとしょうじょ)壁掛け用 スタンド付き インチ額童画 絵本作家のいわさきちひろ額付き作品/化粧箱入り 絵画

いわさきちひろ 絵画 絵 絵本 額付 ポストカード 額 アート 【商品の説明】 淡い色使いで優しく描き上げた、ちひろの温かい雰囲気の絵を額に納めました。 落ち着いた茶色に金の枠組みの豪華なフレームです。 スタンド式ですので壁掛けと2通りの楽しみ方ができる作品に仕上げました。 ご自宅用のほか、贈り物やギフト・プレゼントにも好評です。 ◆いわさき ちひろ◆ 童画家 絵本作家 1918年 福井県生まれ。紙芝居・絵本を中心に活動を展開。 2012年 ドキュメンタリー映画「いわさきちひろ」の公開で多くの注目と関心を集める。 ぬくもりを感じるアート作品をインテリアとしてお部屋に飾り、癒やしの空間を演出しませんか? 壁掛けアートの入門編としても、自信を持ってお勧めいたします。 仕様 サイズ(SIZE) 約255×205×18mm 0.5kg 材質・生産地 フレーム/樹脂・生産地/日本(日本製) 箱サイズ/約320×262×28mm 特記事項 スタンド式。ハガキサイズ(148×105mm)の写真などと差し替えられます。 いわさきちひろ 全30種 一覧壁掛けアートの入門編 日本で一番多く飾られているアートは何かわかりますか? 答えは風景画。とりわけ富士山を描いた作品群だそうです。 さすが富士山!「信仰の対象と芸術の源泉」として 「文化遺産登録」を果たしたわけです。 そこで、入門編として風水版画家吉岡浩太郎さんと 昭和の絵本作家いわさきちひろさんの作品を オススメします。 数多い彼らの作品の中から、代表的な作品を飾り易い、 中型のフレームサイズにおさめたものをご紹介します。 大きさは、A4サイズより少し大きくしたくらいです。 小さいと、残念ことに『安っぽく』みえたり、物足りなく 感じてしまうことが多いようですが、このくらいのサイズなら...

115009 いわさきちひろ色紙額(黒金) かくれんぼ

MEGA STAR

4,332

115009 いわさきちひろ色紙額(黒金) かくれんぼ

ちひろが描いた淡い色紙絵を拡張高い黒金の額にセットしました。サイズ約414×384×30mm個装サイズ:43×40×4cm重量1660g個装重量:1930g素材・材質フレーム:PS樹脂仕様壁掛け用付属品壁掛けひも製造国日本115009 いわさきちひろ色紙額(黒金) かくれんぼおもちゃ・ホビー・ゲーム >> アート・美術品・骨董品・民芸品 >> 額縁 >> 色紙用 >> その他 ご注文について ・お客様都合でのキャンセル・返品・交換は致しかねます。 ・在庫切れ・商品発送延長によるキャンセルは承っております。 ・初期不良による返品・交換は迅速に対応させて頂きます。 メーカ直送品の納期について 送料について 複数ご注文されるお客さまへ ご注文・配送に関しての注意事項 ・メーカーからの出荷となるため予約注文をお受けすることが出来ません。 ・メール便の配送サービスは取り扱っておりません。ご了承ください。 ・ラッピング包装 ・ 配送業者指定のサービスは行っておりません。 広告文責:株式会社サンシャイン TEL 055-955-8978115009 いわさきちひろ色紙額(黒金) かくれんぼちひろの可愛らしい絵をセットした色紙額。※お手持ちの色紙等と入れ替えが出来ます。ちひろが描いた淡い色紙絵を拡張高い黒金の額にセットしました。

115016 いわさきちひろ色紙額(黒金) 母と子

MEGA STAR

4,287

115016 いわさきちひろ色紙額(黒金) 母と子

ちひろが描いた淡い色紙絵を拡張高い黒金の額にセットしました。サイズ約414×384×30mm 個装サイズ:43×40×4cm重量1660g個装重量:1930g素材・材質フレーム:PS樹脂仕様壁掛け用付属品壁掛けひも製造国日本115016 いわさきちひろ色紙額(黒金) 母と子おもちゃ・ホビー・ゲーム >> アート・美術品・骨董品・民芸品 >> 額縁 >> 色紙用 >> その他 ご注文について ・お客様都合でのキャンセル・返品・交換は致しかねます。 ・在庫切れ・商品発送延長によるキャンセルは承っております。 ・初期不良による返品・交換は迅速に対応させて頂きます。 メーカ直送品の納期について 送料について 複数ご注文されるお客さまへ ご注文・配送に関しての注意事項 ・メーカーからの出荷となるため予約注文をお受けすることが出来ません。 ・メール便の配送サービスは取り扱っておりません。ご了承ください。 ・ラッピング包装 ・ 配送業者指定のサービスは行っておりません。 広告文責:株式会社サンシャイン TEL 055-955-8978115016 いわさきちひろ色紙額(黒金) 母と子ちひろの可愛らしい絵をセットした色紙額。※お手持ちの色紙等と入れ替えが出来ます。ちひろが描いた淡い色紙絵を拡張高い黒金の額にセットしました。

114996 いわさきちひろ色紙額(黒金) 少女像

全11商品

4,332

114996 いわさきちひろ色紙額(黒金) 少女像

ちひろが描いた淡い色紙絵を拡張高い黒金の額にセットしました。サイズ約414×384×30mm 個装サイズ:43×40×4cm重量1660g個装重量:1930g素材・材質フレーム:PS樹脂仕様壁掛け用付属品壁掛けひも製造国日本114996 いわさきちひろ色紙額(黒金) 少女像おもちゃ・ホビー・ゲーム >> アート・美術品・骨董品・民芸品 >> 額縁 >> 色紙用 >> その他 ご注文について ・お客様都合でのキャンセル・返品・交換は致しかねます。 ・在庫切れ・商品発送延長によるキャンセルは承っております。 ・初期不良による返品・交換は迅速に対応させて頂きます。 メーカ直送品の納期について 送料について 複数ご注文されるお客さまへ ご注文・配送に関しての注意事項 ・メーカーからの出荷となるため予約注文をお受けすることが出来ません。 ・メール便の配送サービスは取り扱っておりません。ご了承ください。 ・ラッピング包装 ・ 配送業者指定のサービスは行っておりません。 広告文責:株式会社サンシャイン TEL 055-955-8978114996 いわさきちひろ色紙額(黒金) 少女像ちひろの可愛らしい絵をセットした色紙額。※お手持ちの色紙等と入れ替えが出来ます。ちひろが描いた淡い色紙絵を拡張高い黒金の額にセットしました。fk094igrjs

114965 いわさきちひろ色紙額(小) かくれんぼ

MEGA STAR

4,803

114965 いわさきちひろ色紙額(小) かくれんぼ

ちひろが描いた淡い色紙絵を木製フレームにセットしました。サイズ約311×280×15mm個装サイズ:33×29×3cm重量745g個装重量:880g素材・材質フレーム:木製仕様壁掛け用付属品壁掛けひも製造国日本114965 いわさきちひろ色紙額(小) かくれんぼおもちゃ・ホビー・ゲーム >> アート・美術品・骨董品・民芸品 >> 額縁 >> 色紙用 >> 木製 ご注文について ・お客様都合でのキャンセル・返品・交換は致しかねます。 ・在庫切れ・商品発送延長によるキャンセルは承っております。 ・初期不良による返品・交換は迅速に対応させて頂きます。 メーカ直送品の納期について 送料について 複数ご注文されるお客さまへ ご注文・配送に関しての注意事項 ・メーカーからの出荷となるため予約注文をお受けすることが出来ません。 ・メール便の配送サービスは取り扱っておりません。ご了承ください。 ・ラッピング包装 ・ 配送業者指定のサービスは行っておりません。 広告文責:株式会社サンシャイン TEL 055-955-8978114965 いわさきちひろ色紙額(小) かくれんぼちひろの可愛らしい絵をセットした色紙額。※お手持ちの色紙等と入れ替えが出来ます。ちひろが描いた淡い色紙絵を木製フレームにセットしました。

115047 いわさきちひろ色紙額(金) かくれんぼ

MEGA STAR

7,032

115047 いわさきちひろ色紙額(金) かくれんぼ

ちひろが描いた淡い色紙絵を豪華な金のフレームにセットしました。サイズ約421×390×31mm個装サイズ:44×40×4cm重量1350g個装重量:1600g素材・材質フレーム:PS樹脂仕様壁掛け用セット内容壁掛けひも製造国日本115047 いわさきちひろ色紙額(金) かくれんぼおもちゃ・ホビー・ゲーム >> アート・美術品・骨董品・民芸品 >> 額縁 >> 色紙用 >> その他 ご注文について ・お客様都合でのキャンセル・返品・交換は致しかねます。 ・在庫切れ・商品発送延長によるキャンセルは承っております。 ・初期不良による返品・交換は迅速に対応させて頂きます。 メーカ直送品の納期について 送料について 複数ご注文されるお客さまへ ご注文・配送に関しての注意事項 ・メーカーからの出荷となるため予約注文をお受けすることが出来ません。 ・メール便の配送サービスは取り扱っておりません。ご了承ください。 ・ラッピング包装 ・ 配送業者指定のサービスは行っておりません。 広告文責:株式会社サンシャイン TEL 055-955-8978115047 いわさきちひろ色紙額(金) かくれんぼちひろの可愛らしい絵をセットした色紙額。※お手持ちの色紙等と入れ替えが出来ます。ちひろが描いた淡い色紙絵を豪華な金のフレームにセットしました。

114958 いわさきちひろ色紙額(小) 少女像

MEGA STAR

4,803

114958 いわさきちひろ色紙額(小) 少女像

ちひろが描いた淡い色紙絵を木製フレームにセットしました。サイズ約311×280×15mm個装サイズ:33×29×3cm重量745g個装重量:880g素材・材質フレーム:木製仕様壁掛け用付属品壁掛けひも製造国日本114958 いわさきちひろ色紙額(小) 少女像おもちゃ・ホビー・ゲーム >> アート・美術品・骨董品・民芸品 >> 額縁 >> 色紙用 >> 木製 ご注文について ・お客様都合でのキャンセル・返品・交換は致しかねます。 ・在庫切れ・商品発送延長によるキャンセルは承っております。 ・初期不良による返品・交換は迅速に対応させて頂きます。 メーカ直送品の納期について 送料について 複数ご注文されるお客さまへ ご注文・配送に関しての注意事項 ・メーカーからの出荷となるため予約注文をお受けすることが出来ません。 ・メール便の配送サービスは取り扱っておりません。ご了承ください。 ・ラッピング包装 ・ 配送業者指定のサービスは行っておりません。 広告文責:株式会社サンシャイン TEL 055-955-8978114958 いわさきちひろ色紙額(小) 少女像ちひろの可愛らしい絵をセットした色紙額。※お手持ちの色紙等と入れ替えが出来ます。ちひろが描いた淡い色紙絵を木製フレームにセットしました。fk094igrjs

115054 いわさきちひろ色紙額(金) 母と子

MEGA STAR

5,703

115054 いわさきちひろ色紙額(金) 母と子

ちひろが描いた淡い色紙絵を豪華な金のフレームにセットしました。サイズ約421×390×31mm個装サイズ:44×40×4cm重量1350g個装重量:1600g素材・材質フレーム:PS樹脂仕様壁掛け用付属品壁掛けひも製造国日本115054 いわさきちひろ色紙額(金) 母と子おもちゃ・ホビー・ゲーム >> アート・美術品・骨董品・民芸品 >> 額縁 >> 色紙用 >> その他 ご注文について ・お客様都合でのキャンセル・返品・交換は致しかねます。 ・在庫切れ・商品発送延長によるキャンセルは承っております。 ・初期不良による返品・交換は迅速に対応させて頂きます。 メーカ直送品の納期について 送料について 複数ご注文されるお客さまへ ご注文・配送に関しての注意事項 ・メーカーからの出荷となるため予約注文をお受けすることが出来ません。 ・メール便の配送サービスは取り扱っておりません。ご了承ください。 ・ラッピング包装 ・ 配送業者指定のサービスは行っておりません。 広告文責:株式会社サンシャイン TEL 055-955-8978115054 いわさきちひろ色紙額(金) 母と子ちひろの可愛らしい絵をセットした色紙額。※お手持ちの色紙等と入れ替えが出来ます。ちひろが描いた淡い色紙絵を豪華な金のフレームにセットしました。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「豆色紙」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ