「茶道具肩衝茶入」 の関連商品を含む検索結果 9件

送料無料
茶道具 茶入肩衝 (仕服—段宝尽し模様—西陣織)京都 桶谷定一作

佐藤大観堂

25,670

茶道具 茶入肩衝 (仕服—段宝尽し模様—西陣織)京都 桶谷定一作

■在庫のない場合、新作仕入れの為、お申し込後、納品迄、 1~2週間程度お待ち頂く場合があります。 ■作品は、それぞれ手作り逸品物のため、 生地の取り方によって、写真と多少異なる場合があります。 予めご了承下さい。 ■茶入 肩衝 (仕服—段宝尽し模様—西陣織) 分類 茶道具 R-W8-CI-K-DTM-OT 作者 京都 洛東 桶谷定一(おけたに ていいち) 作者略歴 大正末期に東山区今熊野蛇ヶ谷の現在地で 父定一が開窯、帝文、日展に出品、各展で受賞。 天目釉を得意とした。父に製陶を習い、自身も日展、 各展に出品、受賞。二代を継ぎ美術陶芸品を作る。 なお、純出品作品には本名の銘を使う。本名 桶谷 洋昭和10年 京都東山の窯業地に生まれる昭和30年 京都伏見高校陶磁器科卒業 日展陶芸家 父定一に作陶を学ぶ日本工芸会会員京都美術工芸作家協会会員京都クラフト展 銀賞京都工芸美術展 優賞京展・他工芸展 受賞日本伝統工芸近畿展 10回受賞日本伝統工芸展 3回入選 寸法 径6.0cm、 高さ8.8cm。 備考 桐共箱、作家栞・略歴付。牙蓋・仕服付。新品。 取扱品: 茶道具 茶碗 棗 美術工芸品 陶磁器 和の器 酒盃 抹茶 他創業1946年 茶道具販売の老舗 卸売・小売部門 知事賞 受賞:佐藤大観堂 ■トップページに戻り、他の作品を見る

【茶器/茶道具 茶入れ/濃茶器】 肩衝茶入(肩付茶入)12種類より選択

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

7,176

【茶器/茶道具 茶入れ/濃茶器】 肩衝茶入(肩付茶入)12種類より選択

サイズ約直径5.4×高7.7cm 素材蓋:プラスチック製 箱紙箱 注意茶入れは手作りのため景色(模様)は変わる場合があります。 仕覆の紐の色はお任せ下さい。 ●画面の色と実物の色合いが異なって見える場合があります。 ●裂地の取る位置により柄の出方は換わります。 (・9075) 【コンビニ受取対応商品】【茶入】 肩衝茶入れ 12種より選択 ※茶入れは手作りのため景色(模様)は変わる場合があります。 ※仕覆の紐の色はお任せ下さい。 ※裂地の取る位置により柄の出方は換わります。 ※画面の色と実物の色合いが異なって見える場合があります。 茶入-茶入は濃茶を入れる器です。 茶入れには中国製の唐物や日本製の和物や東南アジアで焼かれた島物があります。 名称の種々 茄子・文遊・尻張・丸壺・大海・内海・小肩付・撫肩付・鶴首・戦草等多くの形があります。 茶入の見どころは 茶入の形成は口造り・銅の表情(釉なだれ・釉露・釉際)・銅紺があります。 糸切のいろいろ 唐物糸切は左回り糸切(逆糸切) 和物糸切は右回り糸切(順糸切) 他に渦糸切・刀糸切などの同心円の糸切 茶入の蓋の材は象牙です。象牙は毒を消すといいます。また、蓋裏には毒消の金を貼ってあります。 蓋色々 掬蓋・一文字蓋・瓶子蓋・盛蓋などがあります。 和物茶入れには、瀬戸焼と、国焼に大別されます。 瀬戸茶入れが、本家で、他の窯で焼かれた物は、脇の意味で、国焼きと呼びます。 瀬戸茶入は唐物茶入を倣って瀬戸窯で最初に造られた。 「国焼」として「高取」「薩摩」「上野」「唐津」「膳所」「志戸呂」等や「六古窯」の「丹波」「伊賀」「備前」「信楽」等の他、「仁清」にも名品があります。 高取茶入は朝鮮陶工八山が福岡高取に開窯に始まり、江戸時代小堀遠州の指導のもと和物入が造られた。 仕服 仕服は茶入れや薄茶器...

送料無料
○高取焼肩衝茶入○近代-無傷-陶器-フタ付き【茶道具】【美術品】【中古】【送料無料】

三浦古美術WEB

8,000

○高取焼肩衝茶入○近代-無傷-陶器-フタ付き【茶道具】【美術品】【中古】【送料無料】

商品詳細 時代 近代 材質 陶器 焼物 高取焼 作家 不明 種類 肩衝 形 茶入 高さ 7cm 幅(直径) 5.3cm 傷 無傷〇骨董傷用語〇 付属品 樹脂製のフタ付 数 現品限り 備考 ※『商品の在庫について 』 当店では実店舗で陳列・販売している商品の一部を掲載しております。ご注文いただきますタイミングによっては、既に完売や予約済になっている場合がございます。在庫状況につきましては、楽天から送られる「自動返信メール」の後に、当店からお送りする「受注ご案内メール」にてご確認ください。( 在庫がない場合は後程ご連絡させて頂きます。また、状況次第では注文がキャンセルとなる場合がございますのでご了承下さい。) ※『画像の色合について』 できるだけ実物に近くなるように努めておりますが、お使いのパソコンやモニターの環境や設定、光の加減等により若干違う場合ががあります。 ご理解の上ご注文くださいませ。 気になる方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。 ※『画像のサイズについて』 商品の実際の大きさにあわせておりません。 非常に大きい品物は小さく、小さい品物は見やすいよう実寸より拡大して表示しています。ほとんどの商品にサイズ表記と、画像の下部に携帯電話とのサイズ比較したものを掲載しておりますのでご参考下さいませ。 【smtb-ms】 トップページへ戻る 新入荷商品へ〇高取焼肩衝茶入〇近代 近代の高取焼肩衝茶入 【高取焼/たかとりやき】 九州は福岡県の鷹取山で焼かれていた。黒田藩の御用窯として栄え、 唐津焼の陶工を招き技術向上をさせている。藩主の交流から茶人の小堀遠州を招き、 遠州好みの茶器が多く焼かれ、遠州七窯の一つとして茶道の世界でその名を高める。 【茶入/ちゃいれ】 茶道具。茶入は、抹茶を入れるのに用いる茶器全体を指し、...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【茶器/茶道具 蓋置き】 仁清写し 蝶透し 真葛香斎作(宮川香斎作) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

44,550

【茶器/茶道具 蓋置き】 仁清写し 蝶透し 真葛香斎作(宮川香斎作) 【smtb-KD】

サイズ約直径5.5×高5.2cm 作者真葛香斎作(宮川香斎作) 箱木箱 (輪輪丸ウ) 【コンビニ受取対応商品】2代 真葛香斎/5代 宮川香斎 【真葛焼】 【宮川香山 (本名:虎之助)】 1842年天保13年 宮川香山は京都府真葛原に生まれる1916年75才没 明治時代の日本を代表する陶芸家・陶工です。 高浮彫、真葛焼きの創始者。 1866年慶応02年 幕府から御所献納の品を依頼される名工に。 1870年明治03年 薩摩の御用商人梅田半之助、実業家鈴木保兵衛らに招聘される。 1871年明治04年 横浜に輸出向けの陶磁器を作る工房・真葛釜を開く。 1876年明治09年 高浮彫で作られた真葛焼きはフィラデルフィア万国博覧会に出品される。 【2代 宮川香山 初代の子(本名:宮川半之助】 【3代 香斎】 【4代 宮川香斎/初代 真葛香斎】 2代宮川香斎の次男 1897年明治30年~1987年昭和62年 1913年大正02年 4代宮川香斎を襲名 1929年昭和04年 久田家11代無適斎宗也に入門 1934年昭和09年 無適斎宗也より「真葛焼」の箱書を授かって「真葛香斎」を名乗る。 【2代 真葛香斎/5代 宮川香斉】 1992年大正11年 東京生まれ 1946年昭和21年 国立陶磁器試験所に伝修生で入 1969年昭和44年 4代香斎に婿養子に入る 1972年昭和47年 5代宮川香斎を襲名or同時に 13代 表千家 即中斉宗左宗匠より真葛印を拝領。2代 真葛香斉を襲名 師 4代 宮川香斉・5代 清水六兵衛氏 【3代 真葛香斎/6代 宮川香齋】 1944年昭和19年 京都市に生れる 1970年昭和45年 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業 1976年昭和51年 京都の真葛窯に入り、以後五代目宮川香齋の補佐をする...

送料無料
【茶道具・煙草盆・莨盆】(宮川香斎) 火入 緑釉(小) 真葛香斎作 木箱無し【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

21,600

【茶道具・煙草盆・莨盆】(宮川香斎) 火入 緑釉(小) 真葛香斎作 木箱無し【smtb-KD】

サイズ(小)直径9.2×高7.3cm 仕様火入れ 作者真葛香斎作 箱箱なし 【コンビニ受取対応商品】2代 真葛香斉 (5代 宮川香斉)【火入(小:直径9.2×高7.3cm)真葛焼】 【真葛焼】 【宮川香山 (本名:虎之助)】 1842年宮川香山は京都府真葛原に生まれる1916年75才没 明治時代の日本を代表する陶芸家・陶工です。 高浮彫、真葛焼きの創始者。 1866年幕府から御所献納の品を依頼される名工に。 1870年薩摩の御用商人梅田半之助、実業家鈴木保兵衛らに招聘される。 1871年横浜に輸出向けの陶磁器を作る工房・真葛釜を開く。 1876年高浮彫で作られた真葛焼きはフィラデルフィア万国博覧会に出品される。 【2代目宮川香山:初代の子(本名:宮川半之助】 【3代目 香斎】 【4代目宮川香斎(初代:真葛香斎)】2代宮川香斎の次男 明治30年~昭和62年 大正2年、4代宮川香斎を襲名 昭和4年、久田家11代無適斎宗也に入門 昭和9年、無適斎宗也より「真葛焼」の箱書を授かって「真葛香斎」を名乗る。 【真葛香斉】 【2代 真葛香斉 (5代 宮川香斉)】 1992年(大正11年)東京生まれ (昭和21年)国立陶磁器試験所に伝修生で入 1969年4代香斎に婿養子に入る 1972年昭和47年5代宮川香斎を襲名or同時に 13代表千家:即中斉宗左宗匠より真葛印を拝領。2代真葛香斉を襲名 師:4代宮川香斉or5代清水六兵衛氏 【3代 真葛香斎(六代 宮川香齋)】 1944年昭和19年 京都市に生れる 1970年昭和45年 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業 1976年昭和51年 京都の真葛窯に入り、以後五代目宮川香齋の補佐をする 2002年平成14年一月 六代目宮川香齋を襲名する※同年大徳寺僧堂龍翔寺嶺雲室高田明浦老師よ...

送料無料
【 茶道具・香合 】兜(かぶと)丸山東斎作

佐藤大観堂

36,288

【 茶道具・香合 】兜(かぶと)丸山東斎作

■要予約■在庫のない場合、お申し込後、納品迄、 約2週間程度ご猶予をお願いする場合がございます。■作品は、それぞれ手作り逸品物のため、 仕上がりが多少異なる場合があります、予めご了承下さい。 ■香合 兜(かぶと) 端午の節句飾りに! 分類 茶道具・美の器 R-D4-K-K-T-------------------------------------------------【 端午の節句の由来 】端午というのは、もともと「月の端(はじめ)の午(ウマ)の日」という意味で、5月に限ったものではありませんでした。午(ご)と五(ご)の韻が同じなので、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日になったともいわれています。 現在、端午の節句は、男の子の身のけがれを祓う厄除けと、健康祈願のお祝いとして定着しています。【 端午の節句に兜や鎧を飾るのは? 】武家社会の中で、鎧や兜は戦での装備として男子にとって、とても大切なものでした。 現代ではその精神を継承し、鎧や兜を飾るようになったと言われてます。男子の誕生を祝い、無事に成長して、強く立派な男子となるようにという家族の願いがあります。 作者 丸山東斎 作者略歴 昭和33年生まれ昭和56年 稼業の漆工芸を継ぐ以後、茶の湯道具(乾漆)の技法を重ね今日に至る。 寸法 8.0×7.0×高さ6.5cm。 備考 桐共箱、布、作家栞・略歴付。新品。 茶道具 美術工芸品 陶磁器 漆器 和の器 茶会用品 抹茶--大観堂 ■トップページに戻り、他の作品を見る

送料無料
【 茶道具・香合 】烏帽子(えぼし)丸山東斎作

佐藤大観堂

34,560

【 茶道具・香合 】烏帽子(えぼし)丸山東斎作

■要予約■在庫のない場合、お申し込後、納品迄、 約2週間程度ご猶予をお願いする場合がございます。 ■作品は、それぞれ手作り逸品物のため、 仕上がりが多少異なる場合があります、予めご了承下さい。 ■香合 烏帽子(えぼし) 端午の節句飾りに! 分類 茶道具・美の器 R-D4-K-E-T-------------------------------------------------【 端午の節句の由来 】端午というのは、もともと「月の端(はじめ)の午(ウマ)の日」という意味で、5月に限ったものではありませんでした。午(ご)と五(ご)の韻が同じなので、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日になったともいわれています。 現在、端午の節句は、男の子の身のけがれを祓う厄除けと、健康祈願のお祝いとして定着しています。【 烏帽子 】烏帽子は公家や仕える人たちの日常のかぶり物です。これは平安時代には羅で出来ている袋に漆を塗った丈の高いものでしたが、鎌倉以降次第に高さが低くなり、江戸時代に紙にしわを付けて漆を塗った箱形のものに変化しました。種類はいろいろありますが、基本は公家が一般に用いた「立烏帽子(たてえぼし)」です。 作者 丸山東斎 作者略歴 昭和33年生まれ昭和56年 稼業の漆工芸を継ぐ以後、茶の湯道具(乾漆)の技法を重ね今日に至る。 寸法 7.2×4.2×高さ8.0cm。 備考 桐共箱、布、作家栞・略歴付。新品。 茶道具 美術工芸品 陶磁器 漆器 和の器 茶会用品 抹茶--大観堂 ■トップページに戻り、他の作品を見る

送料無料
【 茶道具・香合 】冠(かんむり)中村宗悦作

佐藤大観堂

30,651

【 茶道具・香合 】冠(かんむり)中村宗悦作

■要予約■在庫のない場合、お申し込後、納品迄、 約2週間程度ご猶予をお願いする場合がございます。■こちらは季節商品の為、数に限りがございます。 品切れになる場合がございますので、予めご了承下さい。 ■香合 冠(かんむり) 鵬雲斎好写 分類 茶道具 O-D-K-K-S----------------------------------------------冠を被る風習は中国大陸に由来するが、現在知られている日本の冠と中国の冠は形状が異なる。日本の冠(かんむり)は成人男性が公的な場に用いる、黒い羅を漆で固めて出来た被り物。近世まで日本では髻を結って冠を被る冠着(かむりぎ)の儀礼を以って、成人式とした。「冠婚葬祭」の「冠」はこのことである。 作者 中村宗悦 作者略歴 1932年 石川県生まれ。1946年 父より きゅう漆を習う、 以来この道一筋に研鍛を重ねる。1967年 故・中尾宗和先生より茶道の指導を受ける。1979年 全国漆器展(東京三越本店)-林野庁長官賞受賞。1982年 全国漆器展(東京三越本店)-知事賞受賞。1983年 全国漆器展(東京三越本店)-精漆組合賞受賞。1987年 茶名拝受(宗恭)。その他、全国漆器展において受賞多数。 寸法 9.0×7.0×高さ9.5cm。 備考 桐共箱、共布、作家栞・略歴付。新品。 茶道具 美術工芸品 陶磁器 漆器 和の器 茶会用品 抹茶--大観堂 ■トップページに戻り、他の作品を見る

送料無料
茶道具 抹茶茶碗仁清黒 紫陽花(あじさい)絵中村清彩作

佐藤大観堂

26,980

茶道具 抹茶茶碗仁清黒 紫陽花(あじさい)絵中村清彩作

【 紫陽花(あじさい) 別名:水の器(うつわ)】 紫陽花は 咲き始めの頃は白っぽく、 次第に色が変ってくることから 「七変化」とも呼ばれ、 初夏から夏にかけて、 風物詩として広く親しまれています。 学名では「水の器(うつわ)」とも言われるようです。 平安時代には 「あぢさゐの 下葉にすだく 蛍をば 四ひらの数の 添ふかとぞ見る」(藤原定家) とも詠まれています。 しばしの間想いを馳せて、お茶を一服、 いかがでしょうか。 ■抹茶茶碗 仁清黒 紫陽花(あじさい)絵 分類 茶道具・美の器 r-m6-cw-ni-kuro-ajisai-seisai-----------------------------------------------【 紫陽花(あじさい) 別名:水の器(うつわ)】紫陽花は、咲き始めの頃は白っぽく、次第に色が変ってくることから「七変化」とも呼ばれ、初夏から夏にかけて、風物詩として広く親しまれている。学名では「水の器(うつわ)」とも言われる。平安時代には 「あぢさゐの 下葉にすだく 蛍をば 四ひらの数の 添ふかとぞ見る」(藤原定家)とも詠まれている。 作者 中村清彩(せいさい) 作者略歴 昭和30年 京都東山に生まれる。昭和54年 京都府立 陶工高等技術専門校 成形科 研究科終了。その後井上春峰 中村翠嵐 中村秋峰に師事し、京焼・清水焼を中心に、日々研鑽している。 寸法 径12.3cm、 高さ8.0cm。 備考 桐共箱、共布、作家栞・略歴付。新品。 取扱品:茶道具 茶碗 美術工芸品 陶磁器 和の器 酒盃 抹茶 他創業1946年 / 茶道具販売 卸売・小売部門 知事賞 受賞:佐藤大観堂 ■トップページに戻り、他の作品を見る

【 茶道具・抹茶茶碗 】茶碗 乾山 灰釉 しだれ桜、山川嘉山(かざん)作

佐藤大観堂

7,650

【 茶道具・抹茶茶碗 】茶碗 乾山 灰釉 しだれ桜、山川嘉山(かざん)作

■お買い上げ合計金額が、10,500円以上になると、 送料無料! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■在庫のない場合、新作仕入れの為、お申し込後、納品迄、 1~3週間程度お待ち頂く場合があります。 --------------------------------------------------- 窯出しの時期により、作品の口縁部(こうえんぶ)に 黒い縁取りをあしらった皮鯨(かわくじら)の 有るものと、無いものが有ります。 ご了承下さいませ。 ※前もってお問い合わせ頂ければ、 皮鯨(かわくじら)の有無を説明させて頂きます。 --------------------------------------------------- ■作品は、それぞれ手作り逸品物のため、 風合いや質感が、写真と多少異なる場合があります。 あらかじめご了承下さいませ。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■茶碗 乾山 桜 分類 茶道具 R-O2-CKS-YK 作者 山川嘉山(かざん) 作者略歴 昭和48年 大阪に生まれる。大学卒業後、山川敦司氏に師事。同じ窯にて茶陶を修行。京焼の伝統と、現代性を生かした作風で人気を集めている。 寸法 径12.2cm、 高さ8.2cm。 備考 化粧箱付。新品。■作品名・作家名入りの桐共箱をご希望の方は、 3,000円(消費税込み)にて、 別注承ります。 取扱品:茶道具 茶碗 美術工芸品 陶磁器 和の器 酒盃 抹茶 他 創業1946年 / 茶道具販売 卸売・小売部門 知事賞 受賞:佐藤大観堂 ■トップページに戻り、他の作品を見る

送料無料
茶道具 薄茶器 大雪吹誰ヶ袖(たがそで)蒔絵 即中斎好中村宗尹作

佐藤大観堂

143,000

茶道具 薄茶器 大雪吹誰ヶ袖(たがそで)蒔絵 即中斎好中村宗尹作

■薄茶器 大雪吹 誰ヶ袖(たがそで)蒔絵 即中斎好 分類 茶道具 R-W8-N-TS-SO-NS------------------------------------------------【 薄茶器-- 雪吹(ふぶき)】この形は雪吹(ふぶき)と呼ばれ、天地同じように面取りしてあり、天地も分からぬほどの吹雪の意味。なお、文字も「吹雪」ではなく「雪吹」と逆に書き、これも天地分からぬという遊び心です。------------------------------------------------【 誰袖(たがそで)】『古今和歌集』の中に「色よりも香こそあはれとおもゆれ 誰が袖触れし宿の梅ぞも」 があり、その歌からの着想といわれる。1.匂い袋(においぶくろ)の名。 衣服の袖の形に作り、 紐で二つつないで袂落としのようにして持った物。2.細長い匂い袋のような形をした楊枝さし。3.桃山時代から江戸時代にかけて流行した、 さまざまな豪華な着物を衣桁(いこう)にかけた図。------------------------------------------------【 即中斎 】表千家 十三代目 無盡宗左 即中斎 ------------------------------------------------【 好み物 】茶家(家元)の意匠によってつくられた道具類。 作者 中村宗尹(そういん) 作者略歴 加賀蒔絵の作家として二十年以上活躍。師---豊島文洲。 宗尹の父--人間国宝の川北良造に師事。 寸法 径7.4cm、 高さ7.5cm。 備考 桐共箱、布、作家栞付。新品。 取扱品: 茶道具 茶碗 棗 美術工芸品 陶磁器 和の器 酒盃 抹茶 他創業1946年 茶道具販売の老舗 卸売・小売部門 知事賞 受賞...

送料無料
【茶道具 炭道具 炭斗】炉用:炭斗(炭取り) 達磨炭斗 和田菁竺作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

22,788

【茶道具 炭道具 炭斗】炉用:炭斗(炭取り) 達磨炭斗 和田菁竺作 【smtb-KD】

商品:炭斗達磨炭斗(たつま) サイズ利休所持写し炉用:約直径26×高12cm 作者和田菁竺作 箱桐箱 (仕P13/炉-11大)(・28512) 【コンビニ受取対応商品】・・・・・ 参考資料:片岡竹元斎作・和田菁竺作・・・・・ 炉用炭斗:達磨炭斗(たつま、すみとり) 和田菁竺作(炉用・利休所持写し) 一、この炭斗は、座りの良い形から「達磨籠」といわれ、古来から写し物が多く存在します。 一、利休所持の達磨炭斗は、杉内箱の蓋表に千利休が「寸見と里家」、箱底に「千宗易」と墨書きしています。 中箱底には千宗旦の「利休所持 タツマ(花押)」の貼紙があり、外箱は如心斎で、覚々斎と真伯の書状が添います。 総箱は碌々斎で蓋裏に大徳寺の万仭和尚が「利休所持天下名物(花押)」と書いています。 ・・・・・ 【和田菁竺】 ●昭和07年11月11日生れ ※昭和26年浜田隣松斎氏に師事 ※昭和40年2代目隣松を襲名する (日展入選、現工展入選、親工芸展入選、愛媛県展会員賞受賞) ※現在、愛媛美術会評議員、竹人会同人審査員・・・・・ ・・・・・・・・・・ ・・・・・ 【和田鱗司】 〇初代の祖父は京都に生まれ和田鱗司と名乗り、唐物を製造する。 〇二代目鱗司(修蔵) 〇三代目 和田鱗司(二代目鱗司(修蔵)の四男) ※昭和27年3月9日生まれる。 ※幼少より、茶道具唐物の修業に励み、二代目死去により、三代目鱗司を継承する。 ・・・・・ 【堀田竹遊斎 号:竹遊斎】 ○初代:竹遊斎 ※創業明治28年、初代堀田嘉左エ門が羽島より岐阜のこの地において開業する 初代竹遊斎の作風は「天衣無縫」で先を見通す技であった ○2代:竹遊斎 大正生まれの二代目竹遊斎は名古屋で修行をし、帰ってから初代を助けた 二代目竹遊斎の作風は「繊細にして大胆」茶華道界で大層評判になった ○3代...

送料無料
【茶器/茶道具・蓋置き】 栄螺(さざえ) 蓋置  川瀬表完作 (木箱)【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

39,906

【茶器/茶道具・蓋置き】 栄螺(さざえ) 蓋置 川瀬表完作 (木箱)【smtb-KD】

サイズ約横巾7.6×奥6.5×高4.5cm 作者川瀬表完作 箱木箱 (ウ・49900) 【コンビニ受取対応商品】(京の名工)【伝統工芸士:号「表完」】 江戸末期、木村表斉を祖師とする京塗の主流「表派」の技法を継承する京塗師三代目。先代より表完をなのる。※現在三代目で兄弟ともに表完工房を営む。 。。。【 祖父:千太郎】 。。。。【初代表完: 父:繁太郎】 表完工房【2代表完 川瀬表完 本名:功】・・・・・・・・・・ 【栄螺(さざえ)の内側に波を描いています】川瀬表完作波をあしらった現代感覚の蓋置 【伝統工芸士:号「表完」】 江戸末期、木村表斉を祖師とする京塗の主流「表派」の技法を継承する京塗師三代目。先代より表完をなのる。※現在三代目で兄弟ともに表完工房を営む。 【 祖父:千太郎】 【初代表完: 父:繁太郎】 表完工房【2代表完 川瀬表完 本名:功】・・・ 1937年昭和12年生まれ ※京漆器伝統工芸士 ※京都府優秀技術者(京の名工) ・・・ 【次代 本名:豊】・・・ 1965年昭和40年生まれ ※伝統工芸士 ・・・・・・・・・ ・・・・ 参考資料 ・・・・ 【 初代:千太郎】 【 二代:繁太郎 初代「表完」】 三代目【川瀬 表完 (二代)本名:厚】 1933年昭和08年生まれ 師:初代の表完に師事 ※木村表斉を祖師とする京塗の主流「表派」の技法を継承する ●現在、京漆器伝統工芸士会会長、京都伝統工芸専門学校講師 2007年11月永眠 四代目【東山 川瀬 表完 (三代)本名:正】 2004年 京塗 伝統工芸士認定【経済産業省】

送料無料
【茶道具 香合】 独楽香合 堀内書付(堀之内宗完) 岩倉隆斉作 (隆弘峯) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

166,752

【茶道具 香合】 独楽香合 堀内書付(堀之内宗完) 岩倉隆斉作 (隆弘峯) 【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州~関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約直径8.5×高2.8cm 作者堀内書付岩倉隆斉作 箱木箱(コマ香合・風炉用) 時季風炉用 備考コマ香合 【コンビニ受取対応商品】【岩倉隆弘斎(隆弘峯)】岩倉隆斉 ※1926年大正15年石川県山中市生まれ ※1950年 昭和25年隆弘峯を名乗る ※1983年 昭和58年57歳:癸亥 京都市伝統産業祭に特別出品 ※1986年 昭和61年60歳:山中塗りの作家で還暦からは隆斎と改号 ・・・ 参考資料 ・・・ 〇次代に山中塗・岩倉隆斎(隆弘斎)の跡継ぎに岩倉史幸がおられます ・・・・・ 参考資料 ・・・・・ 堀内宗完とは、初代長生庵仙鶴が表千家:覚々斎に師事 (堀内家は江戸中期の堀内仙鶴を祖としています。) ●12代【堀内宗完(兼中斎 宗心)】長生庵主 (11代幽峯斎宗完弟) ※1919年大正08年京都に生(名は吉彦、別号に長生庵) ※1944年昭和19年京都帝国大学理学部卒業 1946年昭和21年、兄・幽峯斎宗完の死去に遭い、長生庵を継ぐ 同年表千家不審菴入門、以後内弟子として表千家家元・即中斎宗匠に師事 ※建仁寺竹田益州老大師より兼中斎の斎号を受く ※1953年昭和28年十二代堀内宗完を襲名する ●1997年平成09年、甥の堀内国彦氏が宗完を継 現在号:宗心を名乗る ・・・・・・ ●13代【表千家流堀内家13代宗完 :分明斎】11代宗完幽峯斎の長男 ※1943年昭和18年生まれ-(兼中斎の甥:幽峯斎長男) ※1997年平成09年宗完を襲名:分明斎を名乗り当代13代となる

【茶器/茶道具・蓋置き】 唐銅蓋置 駅鈴 (えきれい) 大野芳光作 (丸形)

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

5,745

【茶器/茶道具・蓋置き】 唐銅蓋置 駅鈴 (えきれい) 大野芳光作 (丸形)

サイズ駅鈴(えきれい)約外直径6.5×内径2.2cm 使用(駅鈴蓋置は、槍鞘建水に使用) 作者大野芳光作(高岡の作家) 箱紙箱 (No167山0目大・7185) 【コンビニ受取対応商品】唐銅蓋置=駅鈴(えきれい):(駅鈴蓋置は、槍鞘建水に使用) :ドーナツ型の形の蓋置【◆チリチリと鳴ります】◆駅鈴は、駅路(えきろ)ともいい、律令制で官命によって旅行する者に中央官庁と地方国衙(こくが)から下付した鈴のことで、駅馬の供与を受ける資格を証明し、駅使はこの鈴を鳴らして旅行したといい、この駅路鈴から転じて馬につける環状の鈴のこともいいます。 (一、現存物・・この駅鈴は島根県隠岐の島町の玉若酢命神社に隣接する億岐家宝物館に 保管・展示され、同神社宮司で隠岐国造の末裔である億岐氏によって管理されている) ・・・・・ 駅鈴蓋置(えきれい)は ・・・・・ ・・・・・:普通は(駅鈴蓋置は、槍鞘建水に使用) ●点前では、 :釣釜+駅鈴では、 ※駅鈴(えきれい)を蓋置代わりにしてお点前をする。 ※お運びの時は、建水の内ほどで駅鈴の輪に柄杓の柄を挿して運びます。 (お手前の途中、チリチリと鳴ります。) ●普通は、釣釜の時は、五徳の蓋置を使うことが多いようです。 ・・ 五徳を使わない時(釣釜・透木・切合せ風炉)に使う。・・ ※釣釜の場合、炉中に五徳が不要になるため、いつもあるべきものがなくさみしくなるため、蓋置を五徳にする。 ◆注意点:お運びの時、建水の中に、五徳の蓋置を入れて、お運びするが、伏せないでそのまま入れる。(伏せて入れるのは間違い!間違えやすいので要注意!) > 【大野芳光(よしみつ)】鋳物師 略歴 昭和01年 市内で火鉢瓶掛等鋳造所を学ぶ 昭和13年03月 独立自営 花器等製造す 昭和21年 軽金属製造を行う...

送料無料
茶道具 黒楽茶碗楽長次郎「喝食(かっしき)」写 W6-6佐々木昭楽作

佐藤大観堂

33,900

茶道具 黒楽茶碗楽長次郎「喝食(かっしき)」写 W6-6佐々木昭楽作

■在庫のない場合、お申し込後、納品迄、 1~2週間程度ご猶予をお願いする場合がございます。■作品は、それぞれ手作り逸品物のため、 仕上がりが多少異なる場合があります、予めご了承下さい。 ■黒楽茶碗 楽長次郎「喝食(かっしき)」写 W6-6 分類 茶道具・美の器 O-W6-C-KR-KAS-6-SS----------------------------------------------長次郎作 楽茶碗の名碗写し ----------------------------------------------■楽長次郎生年は不詳、没年は天正17年(1589)唐人・阿米也の子と伝えられている。茶の湯の大成者、千利休に従い赤樂茶碗、黒樂茶碗を造り樂焼を創設する。----------------------------------------------■黒楽茶碗「喝食(かっしき)」喝食(かっしき)とは 能面の1つでもある。禅家の用語。禅家で、大衆誦経の後、大衆に食事を大声で知らせる役僧。後には有髪の侍童が勤め、稚児(ちご)とも称した。更に臨済宗においては、僧侶の法階の一つとされるに至った。----------------------------------------------【 鉄鋏のはさみ痕 】楽茶碗、特に黒楽は、高温の窯中から鉄鋏で挟み出し急冷するため、作品に鋏痕がついている。利休・長次郎の時代より今日まで、変わること無く続く焼成方法により残る鋏痕である。 作者 佐々木昭楽 作者略歴 1944年、京都府亀岡市生まれ。1962年、父・二代松楽に師事。赤楽、黒楽を中心に伝統を守りながら、茶陶としての雅味のある作品づくりに力を注ぐ。鑑賞用でなく、お茶席で楽しくお茶が飲める茶碗づくりをモットーに作陶にいそしむ。 寸法 径11...

送料無料
【茶器/茶道具 風炉釜】 霰丸釜(アラレ) 菊池政光作 釜鐶付 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

52,002

【茶器/茶道具 風炉釜】 霰丸釜(アラレ) 菊池政光作 釜鐶付 【smtb-KD】

サイズ約胴直径22cm×高19cm(蓋含む)約高16.3cm(蓋除いた高さ) 作者菊池政光作 箱木箱 付属品釜鐶付 (仕輪野菊No34大)(・65870) 【コンビニ受取対応商品】【菊池政光(きくち まさみつ)】釜師 高橋敬典に師事。山形在住の釜師 奥州山形鋳物の伝統を受け継ぐ作家 1937年1月19日生まれ。山形県出身 日本伝統工芸展に1973年の初入選以来、10回以上の入選を果たす 第五回伝統工芸武蔵野店では日本工芸界東京支部賞を受賞 伝統工芸日本金工展では12回の入選歴を持つ 1982年 日本伝統工芸士に認定される 日本工芸会正会員 釜・茶の湯では一年が炉の季節・風炉の季節と大きく二つに分かれます。 利休七ヶ条~夏はすずしく冬はあたたかく~ 炉は立冬の節に開け立夏に閉じるのが標準。 西の芦屋釜・東の天命釜、そして京釜と移りその釜の亭主の心を松風の声として客をもてなします。 釜の蓋のツマミ・鐶付・釜肌多数の見どころがあります。 ・・・・参考資料・・・・ 【角谷一圭】次男 大阪の釜師 1984年 重要無形文化財保持者(人間国宝)「茶の湯釜」で認定される 【角谷莎村】三男 大阪の釜師 茶の湯釜の重要無形文化財(人間国宝)角谷一圭は実兄です 2代 角谷興斎 長男の三兄弟です 日本工芸会会員 府工芸功労賞など数々の賞を受賞 【3代 角谷興斎】 1938年昭和13年 釜師二代角谷興斎の長男として生 大阪市立工芸高校金属工芸科卒 師:父の2代興斎に師事 1970年昭和45年 3代 与斎を襲名す 裏千家今日庵出入り方

送料無料
【茶器/茶道具 なつめ(お薄器)】 中棗 切合口 黒 椿 和田寿峰作 木箱 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

13,446

【茶器/茶道具 なつめ(お薄器)】 中棗 切合口 黒 椿 和田寿峰作 木箱 【smtb-KD】

サイズ約直径6.8×高7cm 素材木乾(木質) 作者和田寿峰作 箱木箱 注意自然の木を使用している為、木目色合いが異なる場合があります。 (吉輪り・17200) 【コンビニ受取対応商品】【和田寿峰】加賀蒔絵師 石川県山中町生まれ 60年余を棗の蒔絵に研鑽~現在に至る 山中漆器の伝承漆芸を日々精進 棗(薄茶器)の歴史「松屋久政茶会記」 初座に唐物肩付茶入を床に飾り、中立のときに茶入は水屋に収め、後座の床に松花茶壺が飾られ、薄茶のときに薬籠(中次)が用いられています。町衆によるわびの茶風は天目茶碗から高麗茶碗へ唐物茶入を飾り、塗物茶器で茶を点てるように広まっていきました。 棗(薄茶器) 植物の棗の実に形が似ていることからその名がついた 種類は、棗(大・中・小・一服)、雪吹(大・小)、尾張、白粉解、茶桶、面中次、寸切、金輪寺、茶器の十三種に裏千家七代如心斎の時代に規格整理されました。 その他に平棗、老松、飯器棗、四滴など変わったものも多くあります。 ・・・・・ 参考資料 ・・・・・ ●裏千家では入門、小習いの基本的な点前の次の段階に位置する物として、茶通箱、唐物点、台天目、盆点を四ヶ伝(しかでん)と呼ばれる点前があります。 ●表千家では入門後、家元から許される資格として「習事」、「茶通箱点」、「唐物点」、「台天目天」、「盆天」、「乱飾」がある。

楽しいホビーの茶道具肩衝茶入、発売中!クリスマスや誕生日のプレゼントにもどうぞ♪楽しいコレクションやホビー。大人から子供まで充実した時間を楽しめます。茶道具肩衝茶入に徹底的にハマろう!

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ホビーアイテムをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいホビーが充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「茶道具肩衝茶入」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ