「秋山巌」 の関連商品を含む検索結果 11件

【おたからや】秋山巌●ぼさつとこまいぬ/木版画/師:棟方志功・坂本繁二郎・布施梯次郎/絵画/版画/インテリア/アート/美術品/菩薩/1982年制作★値下げ交渉可能品★中古★保証★A15400iz

おたからや 楽天市場店

32,400

【おたからや】秋山巌●ぼさつとこまいぬ/木版画/師:棟方志功・坂本繁二郎・布施梯次郎/絵画/版画/インテリア/アート/美術品/菩薩/1982年制作★値下げ交渉可能品★中古★保証★A15400iz

当店販売の美術品作品は全て真作を 保証しておりますのでご安心してご購入ください ※詳しくはこちらの真作保証についてをご確認ください こちらの商品は ★値下げ交渉可能品★ になります お気軽にお問合せください ※商品名に ★値下げ交渉可能品★ と入っている物のみが対象品ですのでご注意ください 商品説明 作家名 秋山巌 画題 ぼさつとこまいぬ 技法 木版画 サイン・エディション 右下に本人サインと落款あり・マージン下部に画題と年記とED:65/200 作品ランク 「A」 額ランク 「A」 作品状態 全体に波うち、若干のヤケあり 額状態 小キズあり 額寸 縦約59.3cm・横約47cm 画寸 縦約33.5cm・横約24.8cm 支持体・額裏 - 付属品 なし 備考 1982年作 当商品は中古品になりますので、中古品の性質をよくご理解していただいた上ご購入ください ※飾った状態で確認できるマイナスポイントがない場合 良好とさせていただいております 画像を良くご覧になり、全文を最後までお読みになってから ご納得の上でご購入ください ※一部複製画や模写等の販売もございます。 商品説明、画像等よくご覧になってご購入ください ※こちらの商品は店頭販売もしておりますので 万が一品切れの場合ご了承ください※ ■現物に近い色合いを出せるよう撮影しておりますが、モニター等環境の違いによる差異はご了承ください。 ■額縁等はあくまでも付帯品としてお考えください。 販売しているのは作品そのものですので、額・箱等に関するご購入後のクレームはご遠慮ください。 ■万一お届け商品が下記の項目に該当する場合、商品到着後7日以内にご連絡ください。 誠意をもって早急に対応させていただきます。 ※お届け商品が、ご注文の品と違った場合。 ※商品の寸法などが...

こちらの関連商品はいかがですか?

上村淳之 木版画「爽秋」

全2商品

157,500

上村淳之 木版画「爽秋」

◆上村 淳之 木版画◆ ■作者肉筆サイン入・落款・番号入 ■画寸:天地260ミリ×左右360ミリ(F5相当) ■額寸:天地490ミリ×左右590ミリ ←画像をクリックすると拡大されます。 上村 淳之 「爽秋」そうしゅう 鑑賞木版画 額装品 上村淳之画伯は、上村松園、松篁と代々続く、京の「美の系譜」に連なる 正統派花鳥画の第一人者です。 画伯はまた、千羽を超える鳥類を手ずから飼育する鳥類研究家でもあり、 その描くところは、常に自然の中に身をおき、五感によって感じとった、 自然の配色の妙や生き物たちの形の不思議と生命の躍動をそのまま画布に 写しとっているかのようです。 本作は、秋冷の清澄な空間に、羽ばたく小禽「尉鶲」(じょうびたき)の 美しい姿を見事に捉えています。 鳥の羽ばたきにつれて、あえかにふるえる芒の穂先、緊張感あふれる 構図の中に、美の一刹那がきらりと輝いています。 木版画のもつ深い味わいも併せてご鑑賞下さい。 「尉鶲」(じょうびたき) スズメ目ヒタキ科の小鳥で、大きさは雀位。 秋から冬にかけて野原、田畑で多く見られる。 姿は美しく、黒い羽に白斑があるので、紋付鳥ともいう。 上村淳之 略歴 1933年京都に生まれる。祖父母松園、父松篁ともに日本画家。 1956年新製作教会展初入選。(以後、連続入選) 1959年京都市立美術大学専攻科を修了。 1968年創画会春季展賞受賞 1986年新制作協会展で、新作家賞を受賞、会友となる。 1978年第5回創画展「晨」が創画会賞受賞。文化庁買上。 1981年創画会会員となる。 1984年京都市立芸術大学教授となる。 1994年松伯美術館が開館、館長となる。 1995年日本芸術院賞を受賞。 1999年京都市立芸術大学副学長となる。 2002年日本芸術院会員となる。 2003年古希記念...

上村淳之 木版画「早春」

全2商品

157,500

上村淳之 木版画「早春」

◆上村 淳之 木版画◆ ■作者肉筆サイン入・落款・番号入 ■画寸:天地260ミリ×左右360ミリ(扇面) ■額寸:天地410ミリ×左右670ミリ ←画像をクリックすると拡大されます。 上村 淳之 「早春」そうしゅん 鑑賞木版画 額装品 上村淳之画伯は、自らも1000羽を超える 鳥たちと共に暮らす愛鳥家で鳥類研究家としても 名高く、豊かな自然に恵まれた環境の中で、花を愛し 鳥を慈しみ、風を想い月に心通わせる、まさに東洋画の 伝統「花鳥風月」の精神を一身に受け継いだ芸術家であります。 本作は、扇面という技法的にも極めて難しい空間に松の新芽と 愛らしい小鳥菊戴(きくいただき)が構図もすっきりと 描かれています。 春の訪れを寿ぎ、小鳥は生命の賛歌を歌い上げているようです。 銀箔をおいた背景も、落ち着きのある装飾性とともに 絵に奥行と気品を与えています。 鳥のことを知り尽くし、人の心を鳥に託して描く画伯ならではの 典雅な作品となっています。 木版画のもつ深い味わいも併せてご鑑賞下さい。 上村淳之 略歴 1933年京都に生まれる。祖父母松園、父松篁ともに日本画家。 1956年新製作教会展初入選。(以後、連続入選) 1959年京都市立美術大学専攻科を修了。 1968年創画会春季展賞受賞 1986年新制作協会展で、新作家賞を受賞、会友となる。 1978年第5回創画展「晨」が創画会賞受賞。文化庁買上。 1981年創画会会員となる。 1984年京都市立芸術大学教授となる。 1994年松伯美術館が開館、館長となる。 1995年日本芸術院賞を受賞。 1999年京都市立芸術大学副学長となる。 2002年日本芸術院会員となる。 2003年古希記念「上村淳之展」巡回開催。 限定100部 ■作者肉筆サイン入・落款・番号入■画寸:天地260ミリ×左右360ミリ(扇面...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「秋山巌」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ