「画家」 の検索結果 4,589件

イタリア 10000 Lira 画家アンドレア・デル・カスターニョ 1976年

世界の貨幣専門店オズコレ

7,128

イタリア 10000 Lira 画家アンドレア・デル・カスターニョ 1976年

イタリア発行の 10,000 Lira紙幣 です。 表面には、画家アンドレア・デル・カスターニョが描かれています。 アンドレア・デル・カスターニョ(Andrea del Castagno, 1421年頃 - 1457年)は、15世紀イタリアの画家。フィレンツェ、サンタポッローニア修道院のフレスコ画や、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂にあるニッコロ・ダ・トレンティーノ(1350年頃 - 1435年。フィレンツェの傭兵隊長)の騎馬像(1456年)が有名です。マサッチオ、ジョットの影響を受ける一方、逆に、フェラーラ派のコズメ・トゥーラ、フランチェスコ・デル・コッサ、エルコレ・デ・ロベルティに影響を与えています。 アンドレア・デル・カスターニョは、モンテ・ファルテローナ近郊の村カスターニョ・ダンドレアに生まれました。 1440年、カスターニョはベルナデット・デ・メディチの保護を受け、そこでカスターニョはアンギアーリの戦いで絞首刑に処された市民たちの肖像をポデスタ宮の正面に描き、それによりカスターニョは「Andrea degli Impiccati(首くくりのアンドレア)」というニックネームを頂戴しました。 1440年から1441年にかけて、サンタ・マリア・ヌオーヴァ病院に『キリスト磔刑と聖者たち』のフレスコ画を描き、1442年、カスターニョはヴェネツィアでサン・ザッカリア教会のサン・タラシオ礼拝堂にフレスコ画を、さらにサン・マルコ寺院には『聖母永眠』(1442年 - 1443年)を残しました。 1447年、カスターニョはフィレンツェのサンタポッローニア修道院食堂に絵を描きました。その下の部分が『最後の晩餐』というフレスコ画です。他に『キリスト降架』、『キリスト復活』、『キリスト磔刑』も描いたが、現在それらは傷んでいます...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「画家」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ