「昭和 25 年 5 円」 の関連商品を含む検索結果 11件

送料無料
【茶器/茶道具 蓋置き】 唐銅(唐金) 三つ人形(三ツ人形)又は一閑人 釜師:十二代加藤忠三郎作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

40,176

【茶器/茶道具 蓋置き】 唐銅(唐金) 三つ人形(三ツ人形)又は一閑人 釜師:十二代加藤忠三郎作 【smtb-KD】

注意●現在も:共箱の文字印は了三を使用しています サイズ約5×5×高5cm 作者釜師:十二代加藤忠三郎作 箱木箱 【コンビニ受取対応商品】 参考上代(唐銅 一閑人)¥50400:特価¥40320円【釜師:12代加藤忠三郎作 本名:了三】 経歴:(尾張藩:御釜師) 七種の蓋置:三人形(七種の蓋置・三つ人形)又は一閑人 三つ人形の色違いを正面に向ける 唐銅 〇参考・・七種の蓋置:井戸のぞきの一閑人は横に向ける 火頭に置く:横にして火の方に頭を向ける、顔をお点前の人の方に向けて置く 〇 ・・・・・<参考資料>・・・・・ ・・・・・<参考資料>・・・・・ 【釜師:12代加藤忠三郎作 本名:了三】 経歴 尾張藩:御釜師 1948年昭和23年1月生まれ 師:角谷一圭・斎藤明氏に師事 1982年昭和57年師:11代忠三郎より釜場を継承 平成03年 12代忠三郎を襲名 現在:日本鋳金家協会会員・金鱗会の会員 ・・・・ 平成25年より【釜師:13代加藤忠三郎 本名:大忠】12代の長男 1974年昭和49年十二代加藤忠三朗の長男として生まれる 1999年平成11年 愛知県立芸術大学美術学部日本画専攻卒業 2001年平成13年 同大学美術研究科日本画専攻修了 師:重要無形文化財(鋳造)の斎藤明に師事又、父の12代忠三郎に師事 2013年平成25年03月:13代加藤忠三郎を襲名 同時に名古屋・三越にて襲名記念展を開催す

送料無料
油絵 丹羽 勇 号3万7千『爺ヶ岳 』 絵画 油彩画 F10 風景画 全国送料無料 【smtb-k】【ky】

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

45,532

油絵 丹羽 勇 号3万7千『爺ヶ岳 』 絵画 油彩画 F10 風景画 全国送料無料 【smtb-k】【ky】

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名: 『爺ヶ岳 』020 作家名:丹羽 勇 美術年鑑掲載作家号/3万7千円 10号作品 3万7千円X10号=37万円の評価格です 作家履歴 現洋会出品 グループ展3、個展2 岐阜県・昭和25年 岐阜県在住 作品サイズ:幅53cm 高さ45.5cm 額サイズ:F10号額 爺ヶ岳の風景を描いた、丹羽 勇、渾身の傑作です。 是非お手元にいかがでしょうか! ◆この商品は在庫が無くなる場合が御座います。 ご注文後3週間お待ち頂く場合が御座いますがご了承下さい。 ご了承の程、宜しくお願い致します。 納期についてはお問い合わせ頂きますようお願い致します。 尚、画面上多少の色味の違いが有る事をご了承下さい。 作品については画面を見てご確認ください。 写真は出来るだけ実物と近づけていますが どうしても差異が発生する事がありますのでご了承下さい。 ◆年中掛けにお勧めする掛け軸は 「山水」「開運」「神社掛」などが代表的なものです。 ◆行事によってお盆やお彼岸、法事ごとに掛ける掛け軸は 「仏掛」「六字名号」「観音様」 ◆お正月やおめでたい時に掛ける「祝掛」として掛ける掛け軸は 「高砂」「旭日」「赤富士」 ◆節句に掛ける掛け軸は 「立雛」「武者」「天神様」 ◆季節に合わせた掛け軸は 「花鳥図」などいろいろです

テージー昭和コインアルバム用スペア台紙(通常コイン用)[テージー]【RCP】

文具のワンダーランド キムラヤ

534

テージー昭和コインアルバム用スペア台紙(通常コイン用)[テージー]【RCP】

〜昭和23年〜昭和64年の通常コインを収納〜 「テージーコインアルバム」にセットして使用する、昭和コイン用のスペア台紙です。 (その年によりデザイン・図柄や発行事情が異なるため、収納内容の特徴については以下画像をご参照ください。) いずれもコインは付属しておりません。 C-37S2 C-37S3 C-37S4 C-37S5 C-37S6 C-37S7 C-37S8 それぞれクリックすると拡大画像が見られます。(戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください。) 【昭和記念コイン用スペア台紙はこちら】 ■C-37S1 【コインアルバム用紙幣ホルダーはこちら】 ■C-36SC (2段・2枚入り) 【コインアルバム本体はこちら】 ■平成コインアルバム(C-36D) 表紙・平成元年〜25年までの記念コイン台紙・通常コイン台紙・紙幣ホルダーのセット ■平成コインアルバムII(B)(C-38B) 表紙・地方自治法記念500円用台紙・新幹線記念コイン(北陸まで)・平成26年〜30年までの通常コイン台紙のセット ■平成コインアルバムII(D)(C-38D) 表紙・地方自治法記念500円用台紙・新幹線記念コイン(北海道まで)・東日本大震災復興事業記念コイン・平成26年〜30年までの通常コイン台紙のセット ■昭和コインアルバム(C-37) 表紙・昭和記念コイン台紙・昭和23年〜64年の現行コイン・紙幣ホルダーのセット ■コインアルバム無地タイプ(C-31) 表紙に5サイズホールの台紙がついた自由度の高いコインアルバム 外国コイン等の収集に ■コインアルバム無地タイプ(C-31C) 表紙のみ・台紙別売 ■平成コインアルバム(C-36C) 表紙のみ・台紙別売 ※一度のお荷物で5点まで ネコポスの詳細につきましては会社概要をご参照ください。

テージーコインアルバム共通紙幣ホルダー[テージー]【RCP】

文具のワンダーランド キムラヤ

340

テージーコインアルバム共通紙幣ホルダー[テージー]【RCP】

※紙幣は付属しておりません。〜コレクションのコインと紙幣を一括管理〜 ・すべての「テージーコインアルバム(差替式)」に差し込むことのできる、共通仕様の紙幣ホルダー。 二重保護システムで、紙幣を安全に保存できます。 【コインアルバム本体一覧】 ■平成コインアルバム(C-36D) 表紙・平成元年〜25年までの記念コイン台紙・通常コイン台紙・紙幣ホルダーのセット ■平成コインアルバムII(B)(C-38B) 表紙・地方自治法記念500円用台紙・新幹線記念コイン(北陸まで)・平成26年〜30年までの通常コイン台紙のセット ■平成コインアルバムII(D)(C-38D) 表紙・地方自治法記念500円用台紙・新幹線記念コイン(北海道まで)・東日本大震災復興事業記念コイン・平成26年〜30年までの通常コイン台紙のセット ■昭和コインアルバム(C-37) 表紙・昭和記念コイン台紙・昭和23年〜64年の現行コイン・紙幣ホルダーのセット ■コインアルバム無地タイプ(C-31) 表紙に5サイズホールの台紙がついた自由度の高いコインアルバム 外国コイン等の収集に ■コインアルバム無地タイプ(C-31C) 表紙のみ・台紙別売 ■平成コインアルバム(C-36C) 表紙のみ・台紙別売 【コイン用スペア台紙一覧】 品番 商品名 収納内容 C-31S1〜C-31S6 コインアルバム用スペア台紙 無地タイプ サイズ(コインホール直径)で選ぶフリータイプ古コインや外国コインに C-36S1-A 平成コインアルバムスペア台紙 記念コイン用A アジア大会記念コインまで C-36S1-B 平成コインアルバムスペア台紙 記念コイン用B 天皇陛下御在位10年記念コインまで C-36S1-C 平成コインアルバムスペア台紙 記念コイン用C 中部国際空港開港記念コインまで C-36S1...

送料無料
SAROME TOKYO フリント ガスライター シルバー PSD37 カーボンファイバー・PSD37-05

送料0 家具

7,022

SAROME TOKYO フリント ガスライター シルバー PSD37 カーボンファイバー・PSD37-05

昭和初期の創業以来、手作りに近い製造工程を頑固に守り続け、世界でも評価の高いブランドに成長。世界で初めて風に消えない触媒式のジェットフレーム・ターボライターの開発に成功したことでも、その技術力の高さがうかがえます。フリントガスライターシリーズは、フリント(発火石)をやすりで回し、着火する方式のガスライターです。サイズH71×W31×D14.5mm個装サイズ:12×7×3cm重量約98g個装重量:105g素材・材質ケース・キャップ・底板:亜鉛ダイキャストローラー:真鍮プレート:アルミ燃料タンク:プラスチック仕様種別:フリントライター燃料:ガスガス容量:1.25g着火回数:約200回タンパー・ピック内蔵付属品取扱説明書保証書(保証期間:2年)製造国中国・広告文責(合資会社アイワーク ・06-6585-3210)日本を代表するライターブランド「サロメ」。昭和初期の創業以来、手作りに近い製造工程を頑固に守り続け、世界でも評価の高いブランドに成長。世界で初めて風に消えない触媒式のジェットフレーム・ターボライターの開発に成功したことでも、その技術力の高さがうかがえます。フリントガスライターシリーズは、フリント(発火石)をやすりで回し、着火する方式のガスライターです。fk094igrjs

東京観光ブリキの「はとバス」八の字レール付き Tin toy, Hato Bus

こだわりの和雑貨 和敬静寂

1,080

東京観光ブリキの「はとバス」八の字レール付き Tin toy, Hato Bus

メイドインジャパンにこだわった工場が、現在でも昔の手法で作りづづけるこだわりのブリキ玩具。様々な動きをする事が特徴で、子供たちの考える力を養います。また戦後一大ブームを巻き起こしたおもちゃですので、団塊の世代以降の方々にとってはとても懐かしいおもちゃ。ちょっとしたプレゼントにもオススメです。こちらは可愛らしいはとバスとそれを走行させる八の字レールがセットになった、昔懐かしいブリキの玩具。はとバスが八の字に走行するだけでなく、おしりを上下させて動くのがとっても可愛いブリキの玩具です。>> ブリキ玩具の商品一覧はこちら 仕様 サイズ:25.8×15.5×3.8(cm) ラッピングをご希望のお客様は、ラッピング用品も同時にお買い求めください。 この商品は、以下のラッピングが可能です。 ◎和紙包装紙 50円 この商品は楽天国際配送対象商品(海外配送)です。詳細はこちら。Rakuten International Shipping ItemDetails click here 【国際格安配送】【国際メール便】もいたします。※一部大きい商品は除く戦後から昭和40年代頃まで大ブームだったブリキの玩具。作れば売れる。そんな時代があった玩具も今はレトロなおもちゃ。今でも同じ方法そして日本の工場にて手作りで作られています。しかし製作出来る工場ももう数少なくなっており、今では中々手に入らない物も。当店では歴史のあるブリキ玩具を日本の文化として、製造中止になるまでご紹介してまいります。日本のブリキ玩具の特徴当店では、ゼンマイを巻くことにより動き出すブリキのおもちゃを多く取り扱っています。現代の物はたくさん巻いてもすぐに止まってしまいますが、このブリキのおもちゃはゆっくり長く動きを楽しめるのが特徴。始まりから終わりまでの速度があまり変わらず楽しめます...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【茶器/茶道具 蓋置き】 鉄製蓋置 三ツ鳥居 釜師:十二代加藤忠三郎作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

36,862

【茶器/茶道具 蓋置き】 鉄製蓋置 三ツ鳥居 釜師:十二代加藤忠三郎作 【smtb-KD】

注意●現在も:共箱の文字印は了三を使用しています サイズ約6.4×6.4×高4.3cm 作者釜師:十二代加藤忠三郎作 箱木箱 (・46080) 【コンビニ受取対応商品】 参考上代(唐銅 一閑人)¥56700:特価¥45360円【釜師:12代加藤忠三郎作 本名:了三】 経歴:(尾張藩:御釜師) 鉄の蓋置:三鳥居(お正月や、献茶) 〇参考・・七種の蓋置:井戸のぞきの一閑人は横に向ける 火頭に置く:横にして火の方に頭を向ける、顔をお点前の人の方に向けて置く 〇 ・・・・・<参考資料>・・・・・ 【釜師:12代加藤忠三郎作 本名:了三】 経歴 尾張藩:御釜師 1948年昭和23年1月生まれ 師:角谷一圭・斎藤明氏に師事 1982年昭和57年師:11代忠三郎より釜場を継承 平成03年 12代忠三郎を襲名 現在:日本鋳金家協会会員・金鱗会の会員 ・・・・ 平成25年より【釜師:13代加藤忠三郎 本名:大忠】12代の長男 1974年昭和49年十二代加藤忠三朗の長男として生まれる 1999年平成11年 愛知県立芸術大学美術学部日本画専攻卒業 2001年平成13年 同大学美術研究科日本画専攻修了 師:重要無形文化財(鋳造)の斎藤明に師事又、父の12代忠三郎に師事 2013年平成25年03月:13代加藤忠三郎を襲名 同時に名古屋・三越にて襲名記念展を開催す

送料無料
【茶器/茶道具 蓋置き】 唐銅(唐金) 彫入宝珠蓋置 高木治良兵衛作【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

89,100

【茶器/茶道具 蓋置き】 唐銅(唐金) 彫入宝珠蓋置 高木治良兵衛作【smtb-KD】

サイズ約直径5.1×高5.2cm 素材唐銅(彫入蓋置) 作者高木治良兵衛作 箱木箱 (大)(118800) 【コンビニ受取対応商品】【高木治良兵衛作】釜師 金工芸家【釜師(かまし)高木治良兵衛作】 ◆釜坐の起源は、奈良より平安遷都とともに鋳物師が京に移り住み座を結成。以来多くの坐は衰退したが釜坐のみ存続し高木家も釜などを主に作り現在も伝統を保持している 一、【蓋置とは釜の湯を、くむとき、釜のふたを置くための道具です。】 一、【また、柄杓をひく(おく)のにも使います。】 一、材質は、金属類、陶磁器類、その他(竹や木など)いろいろなものでできています。 一、竹の蓋置がよく使われますが、炉(11月〜4月)風炉(5〜10月)のきせつによってちがう切り方(きりかた)の物をつかいます。 一、お棚などには焼き物や、金属類の蓋置を使います。 ※七種蓋置は、台子・長板などの茶事に使用。・・ ・・・・・ 金工芸家【釜師(かまし)高木治良兵衛作】 ◆釜坐の起源は、奈良より平安遷都とともに鋳物師が京に移り住み座を結成。以来多くの坐は衰退したが釜坐のみ存続し高木家も釜などを主に作り現在も伝統を保持している 【一世 高木治良兵衛】(1828年〜1885年) ※大西家十世浄雪に兄弟で師事し、兄は大西家十二世浄徳を継ぎ、十三世浄長の後見人として大西家に残る〇初代一世(弟は大西家より独立し三条釜坐にて安政二年(1855)創業:初代高木治良兵衛を名乗る) 【二世 高木治良兵衛】(1861年〜1924年) ※富岡鉄斎と親交し、鉄軒の号を戴く:鉄斉や蓮月尼の画賛入の釜を多数制作 ※大正改元時、建仁寺 黙雷和尚の「無冷處」文字入の記念釜を製作 【三世 高木治良兵衛(隠居ご一道を名乗る)】(1881年〜1957年) ※各流派の台子風炉釜・皆具等 釜を製作 ...

送料無料
【茶器/茶道具 蓋置き】 唐銅蓋置 蹄鉄蓋置(ていてつ) 本江敏彦作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

42,184

【茶器/茶道具 蓋置き】 唐銅蓋置 蹄鉄蓋置(ていてつ) 本江敏彦作 【smtb-KD】

配送●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可)加 サイズ蹄鉄(ていてつ)約幅6.5×奥6.1×高4.5cm 備考唐銅蓋置:蹄鉄(福を呼ぶ馬の靴) 箱木箱 (野目棒大)(・54432) 【コンビニ受取対応商品】 参考資料:作(高岡の作家)蹄鉄蓋置【(唐銅蓋置)蹄鉄(ていてつ)/(福を呼ぶ馬の靴)】 ・・・・・ 本江敏彦作:唐銅蓋置(蹄鉄:ていてつ)(福を呼ぶ馬の靴)・・・・・ 一、日本で蹄鉄を用いるのは、明治06年以降です。馬は「ウマは人を踏まない」という思いから蹄鉄を車に取り付けることで、交通安全のお守りに転用しました。 一、欧州では、今も蹄鉄を「魔除け」、福を呼ぶ「お守り」とみなす風習と伝統が残されています。 ・・・・・ 【本江敏彦作(ほんごう としひこ)】金工作家 略歴 昭和22年 富山県高岡市生まれ 昭和48年 家伝の加賀象嵌を志す 昭和51年 伝統工芸日本金工展入選以後連続 昭和51年 日本伝統工芸富山展入選以後連続 昭和62年 日本伝統工芸正会員に認定される 平成02年 茶道美術公募展入選、以後2回入選 平成04年 裏千家東京会館個展を開催 ※各博覧会・伝統展 受賞

送料無料
【茶器/茶道具 蓋置き】 色絵蓋置 椿蓋置:三葉(TSUBAKI・ツバキ・藪椿) 高野昭阿弥作 和楽庵 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

7,981

【茶器/茶道具 蓋置き】 色絵蓋置 椿蓋置:三葉(TSUBAKI・ツバキ・藪椿) 高野昭阿弥作 和楽庵 【smtb-KD】

配送〇代金引換・カード決済の場合・・●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約直径8.4×高4.3cm 作者高野昭阿弥作 箱木箱 (大・8856) 【コンビニ受取対応商品】【椿(茶花:藪椿):椿三葉】 一、※ツバキ科、ツバキ属の木(常緑樹)。 一、花期:3〜5月 (種類によっては12 月頃〜) 冬のイメージがありますが、文字通り、3月〜5月頃に開花する春の木です。 一、花言葉:「完全な愛」「完璧な魅力」「女性らしさ」「誇り」「控えめなやさしさ」「美徳」「おしゃれ」「理想の恋」「私は常にあなたを愛します」 ●赤・・・「気取らない優美」「気取らない魅力」「見栄を張らない」「自然の美徳」「慎み深い」「控え目な美徳」「高潔な理性」 ●白・・・「最高の愛らしさ」「申し分のない魅力」「理想の愛」「至上の美」「理想的な愛情」「冷ややかな美しさ」「控え目な愛」「素晴らしい魅力」「誇り」 【初代 昭阿弥】 五条にあった柴田如阿弥に弟子入りし、28歳の時、今熊野の地にて独立して、師より昭阿弥の号を受ける 【2代 高野昭阿弥】 昭和05年 初代昭阿弥創業 昭和16年 京都市に生まれる 昭和41年 京都市立美術大学卒業後 師 初代昭阿弥の許で仕事を覚える 平成05年 2代目となる 平成22年 現在、東山の黄檗陶匠昭阿弥工房にて制作中

送料無料
【茶器/茶道具・蓋置き】火舎蓋置 唐銅蓋置 唐銅:火舎/穂屋蓋置(ほや)(約190g)【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

5,788

【茶器/茶道具・蓋置き】火舎蓋置 唐銅蓋置 唐銅:火舎/穂屋蓋置(ほや)(約190g)【smtb-KD】

配送●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可)加 サイズ火舎(ほや)約直径5.9×高8cm 備考(七種の蓋置の一つ)唐銅: 火舎蓋置(ほや) 箱紙箱 (ス山大)(・7236) 【コンビニ受取対応商品】参考資料:大野芳光作(高岡の作家)火舎蓋置【(唐銅蓋置)火舎/穂屋・火屋(ほや)】 ・・・・・ ※七種蓋置の一つ。材質は胡銅・鉄※台子・長板などの茶事に使用。・・※お稽古用として陶磁などを使っている。・・・・・<七種蓋置の内の火舎(穂屋)>・・・・・ 参考(◆穂屋香炉は蓋置きの中で一番くらいが高く、台子や長板などで、総飾りに使います。) (◆台子や長板の上に建水に仕組んで飾り付けして置きます。) 一、穂屋香炉:「火舎(ほや)」は蓋を置く前に蓋置きの蓋を開けひっくり返し上部を平らにしておきます。(和綴じの本をひっくり返すように開く) ※火舎蓋置(ほやふたおき)とは、火舎のついた小さな香炉を蓋置に見立てたものです。 一、火舎は、火屋・穂屋とも書き、香炉・手焙・火入などの上におおう蓋のことで、蓋のついた香炉のことを火舎香炉と呼びます。 一、火舎蓋置は、七種蓋置のうち、最も格の高いものとして扱われ、主に長板や台子で総飾りをするときに用います。 ・・・・・ 【大野芳光(よしみつ)】鋳物師 略歴 昭和01年 市内で火鉢瓶掛等鋳造所を学ぶ 昭和13年03月 独立自営 花器等製造す 昭和21年 軽金属製造を行う 昭和23年 茶道具・花器等に専念今日に至る 昭和52年 高岡市工芸保持者に認定 ※各博覧会伝統展 受賞 昭和60年 日本伝統工芸展入選 平成02年 日本伝統工芸展入選

送料無料
【茶器/茶道具・蓋置き】 唐銅蓋置 駅鈴 (えきれい) 大野芳光作 (丸形)【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

5,745

【茶器/茶道具・蓋置き】 唐銅蓋置 駅鈴 (えきれい) 大野芳光作 (丸形)【smtb-KD】

サイズ駅鈴(えきれい)約外直径6.5×内径2.2cm 使用(駅鈴蓋置は、槍鞘建水に使用) 作者大野芳光作(高岡の作家) 箱紙箱 (No167山0目大・7185) 【コンビニ受取対応商品】唐銅蓋置=駅鈴(えきれい):(駅鈴蓋置は、槍鞘建水に使用) :ドーナツ型の形の蓋置【◆チリチリと鳴ります】◆駅鈴は、駅路(えきろ)ともいい、律令制で官命によって旅行する者に中央官庁と地方国衙(こくが)から下付した鈴のことで、駅馬の供与を受ける資格を証明し、駅使はこの鈴を鳴らして旅行したといい、この駅路鈴から転じて馬につける環状の鈴のこともいいます。 (一、現存物・・この駅鈴は島根県隠岐の島町の玉若酢命神社に隣接する億岐家宝物館に 保管・展示され、同神社宮司で隠岐国造の末裔である億岐氏によって管理されている) ・・・・・<駅鈴蓋置(えきれい)は>・・・・・ ・・・・・:普通は(駅鈴蓋置は、槍鞘建水に使用) ●点前では、 :釣釜+駅鈴では、 ※駅鈴(えきれい)を蓋置代わりにしてお点前をする。 ※お運びの時は、建水の内ほどで駅鈴の輪に柄杓の柄を挿して運びます。 (お手前の途中、チリチリと鳴ります。) ●普通は、釣釜の時は、五徳の蓋置を使うことが多いようです。 ・・ 五徳を使わない時(釣釜・透木・切合せ風炉)に使う。・・ ※釣釜の場合、炉中に五徳が不要になるため、いつもあるべきものがなくさみしくなるため、蓋置を五徳にする。 ◆注意点:お運びの時、建水の中に、五徳の蓋置を入れて、お運びするが、伏せないでそのまま入れる。(伏せて入れるのは間違い!間違えやすいので要注意!) > 【大野芳光(よしみつ)】鋳物師 略歴 昭和01年 市内で火鉢瓶掛等鋳造所を学ぶ 昭和13年03月 独立自営 花器等製造す 昭和21年 軽金属製造を行う 昭和23年 茶道具...

送料無料
【茶器/茶道具 菓子器】 菓子鉢 染付 一閑人 西村徳泉作(紫翠窯) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

141,750

【茶器/茶道具 菓子器】 菓子鉢 染付 一閑人 西村徳泉作(紫翠窯) 【smtb-KD】

サイズ約直径24×高6.2cm 作者西村徳泉作(紫翠窯) 箱木箱 (・198000) 【コンビニ受取対応商品】3代 西村徳泉 【初代 西村徳泉は五条坂に窯を開く】 初代は4代 海老屋清兵衛に師事 【2代 徳泉】 【3代 西村徳泉(本名 徳一)】紫翠窯 1928年昭和03年 京都生〜 2007年4月没 2代徳泉や楠部弥弌や6代清水六兵衛に師事する。 五条坂から1946年宇治炭山に登り窯を作り移る。 紫野大徳寺 509世瑞峯院再住吉口桂堂老師より「紫翠」の窯名を賜る 1977年昭和52年 清水焼伝統工芸士に認定 1992年平成04年伝統産業優秀技術者に認定「現在の名工」 京都府美術工芸作家協会会員 京都市工業試験場特別講師 主に祥瑞写、金欄手を中心に作陶をする 京都市工業試験場特別講師など、京焼の振興、後進の育成に尽力した 【4代 徳泉】 1937年昭和37年 京都府で生 3代 徳泉や6代 清水六兵衛に師事する。 1975年昭和50年 常陸宮家へ『金襴手祥瑞茶碗』を献上する 1989年昭和64年 三笠宮家へ『金銀彩菊花文茶碗』一双、『金襴手鳳凰文茶碗』を献上する 2008年平成20年 4代目西村徳泉を襲名 2009年平成21年 大徳寺高田明浦管長より「徳泉」の御染筆、並びに「紫翠」「徳泉」の印を賜る 日本新工芸展審査員 京都工芸美術作家協会理事 2008年平成20年 4代を襲名 現在4代目が作陶中

送料無料
【茶器/茶道具・蓋置き】 栄螺(さざえ) 蓋置 川瀬表完作 (木箱)【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

39,906

【茶器/茶道具・蓋置き】 栄螺(さざえ) 蓋置 川瀬表完作 (木箱)【smtb-KD】

サイズ約横巾7.6×奥6.5×高4.5cm 作者川瀬表完作 箱木箱 (ウ・49900) 【コンビニ受取対応商品】(京の名工)【伝統工芸士:号「表完」】 江戸末期、木村表斉を祖師とする京塗の主流「表派」の技法を継承する京塗師三代目。先代より表完をなのる。※現在三代目で兄弟ともに表完工房を営む。 。。。【 祖父:千太郎】 。。。。【初代表完: 父:繁太郎】 表完工房【2代表完 川瀬表完 本名:功】・・・・・・・・・・ 【栄螺(さざえ)の内側に波を描いています】川瀬表完作波をあしらった現代感覚の蓋置 【伝統工芸士:号「表完」】 江戸末期、木村表斉を祖師とする京塗の主流「表派」の技法を継承する京塗師三代目。先代より表完をなのる。※現在三代目で兄弟ともに表完工房を営む。 【 祖父:千太郎】 【初代表完: 父:繁太郎】 表完工房【2代表完 川瀬表完 本名:功】・・・ 1937年昭和12年生まれ ※京漆器伝統工芸士 ※京都府優秀技術者(京の名工) ・・・ 【次代 本名:豊】・・・ 1965年昭和40年生まれ ※伝統工芸士 ・・・・・・・・・ ・・・・<参考資料>・・・・ 【 初代:千太郎】 【 二代:繁太郎 初代「表完」】 三代目【川瀬 表完 (二代)本名:厚】 1933年昭和08年生まれ 師:初代の表完に師事 ※木村表斉を祖師とする京塗の主流「表派」の技法を継承する ●現在、京漆器伝統工芸士会会長、京都伝統工芸専門学校講師 2007年11月永眠 四代目【東山 川瀬 表完 (三代)本名:正】 2004年 京塗 伝統工芸士認定【経済産業省】

送料無料
【茶器/茶道具・蓋置き】火舎蓋置 唐銅蓋置 般若勘溪作 (約195g)唐銅:火舎/穂屋蓋置(ほや) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

38,556

【茶器/茶道具・蓋置き】火舎蓋置 唐銅蓋置 般若勘溪作 (約195g)唐銅:火舎/穂屋蓋置(ほや) 【smtb-KD】

配送●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可)加 サイズ火舎(ほや)約直径5.9×高8cm 備考(七種の蓋置の一つ)唐銅: 火舎蓋置(ほや) 作者般若勘溪作 箱木箱 (No197輪0吉大)(・48500) 【コンビニ受取対応商品】参考資料:唐銅 般若勘溪作(高岡の作家)火舎蓋置(作者:般若勘溪作)【(唐銅蓋置)火舎/穂屋・火屋(ほや)】 ・・・・・ ※七種蓋置の一つ。材質は胡銅・鉄※台子・長板などの茶事に使用。・・※お稽古用として陶磁などを使っている。・・・・・<七種蓋置の内の火舎(穂屋)>・・・・・ 参考(◆穂屋香炉は蓋置きの中で一番くらいが高く、台子や長板などで、総飾りに使います。) (◆台子や長板の上に建水に仕組んで飾り付けして置きます。) 一、穂屋香炉:「火舎(ほや)」は蓋を置く前に蓋置きの蓋を開けひっくり返し上部を平らにしておきます。(和綴じの本をひっくり返すように開く) ※火舎蓋置(ほやふたおき)とは、火舎のついた小さな香炉を蓋置に見立てたものです。 一、火舎は、火屋・穂屋とも書き、香炉・手焙・火入などの上におおう蓋のことで、蓋のついた香炉のことを火舎香炉と呼びます。 一、火舎蓋置は、七種蓋置のうち、最も格の高いものとして扱われ、主に長板や台子で総飾りをするときに用います。 ・・・・・・ 略歴 【般若勘溪 本名:昭三】鋳物師 ※1933年昭和08年癸酉生まれ ※1449年昭和24年父のよ吉の稼業を手伝う〜以来研鑽する 昭和44年 日本伝統工芸展初入選(以後、35回) ※1972年昭和47年日本工芸会正会員に認定される ※昭和53年 総本山善通寺済世橋の真言八宗文字入り:大擬宝珠製作 1986年昭和61年人間国宝:香取正彦氏の梵鐘研修会受講 ...

送料無料
【茶器/茶道具 蓋置き】 紅岩石貝(くれないがんせきかい) 蓋置 木箱 川瀬表完作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

38,669

【茶器/茶道具 蓋置き】 紅岩石貝(くれないがんせきかい) 蓋置 木箱 川瀬表完作 【smtb-KD】

貝蓋置紅岩石貝 サイズ約横巾10.2×奥7.7×高6.9cm 作者川瀬表完作 箱木箱 (ウ・49900) 【コンビニ受取対応商品】○■△(京の名工)【伝統工芸士:号「表完」】○■△ 江戸末期、木村表斉を祖師とする京塗の主流「表派」の技法を継承する京塗師三代目。先代より表完をなのる。※現在三代目で兄弟ともに表完工房を営む。 。。。【 祖父:千太郎】 。。。。【初代表完: 父:繁太郎】 表完工房【2代表完 川瀬表完 本名:功】・・・・・・・・・・ 【紅岩石貝(くれないがんさき貝)の内側に波を描いています】川瀬表完作鵬雲斎家元の意見・発案による波をあしらった現代感覚の蓋置 【伝統工芸士:号「表完」】 江戸末期、木村表斉を祖師とする京塗の主流「表派」の技法を継承する京塗師三代目。先代より表完をなのる。※現在三代目で兄弟ともに表完工房を営む。 【 祖父:千太郎】 【初代表完: 父:繁太郎】 表完工房【2代表完 川瀬表完 本名:功】・・・ 1937年昭和12年生まれ ※京漆器伝統工芸士 ※京都府優秀技術者(京の名工) ・・・ 【次代 本名:豊】・・・ 1965年昭和40年生まれ ※伝統工芸士 ・・・・・・・・・ ・・・・<参考資料>・・・・ 【 初代:千太郎】 【 二代:繁太郎 初代「表完」】 三代目【川瀬 表完 (二代)本名:厚】 1933年昭和08年生まれ 師:初代の表完に師事 ※木村表斉を祖師とする京塗の主流「表派」の技法を継承する ●現在、京漆器伝統工芸士会会長、京都伝統工芸専門学校講師 2004年 京塗 伝統工芸士認定【経済産業省】 2007年11月永眠 四代目【東山 川瀬 表完 (三代)本名:正】 2004年 京塗 伝統工芸士認定【経済産業省】

送料無料
【茶器/茶道具 煙草盆(莨盆)】 火入れ 白釉 三ツ足 真葛香斎作(宮川香斎作) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

112,320

【茶器/茶道具 煙草盆(莨盆)】 火入れ 白釉 三ツ足 真葛香斎作(宮川香斎作) 【smtb-KD】

●火入れ:香炉釉三つ足 サイズ直径11.4×高10.8cm 作者真葛香斎作(宮川香斎作) 箱木箱 (棒丸り・145000) 【コンビニ受取対応商品】2代 真葛香斎 (5代 宮川香斎) 【真葛焼き】 【宮川香山 (本名:虎之助)】 1842年天保13年 宮川香山は京都府真葛原に生まれる1916年大正05年75才没 明治時代の日本を代表する陶芸家・陶工です。 高浮彫、真葛焼きの創始者。 1866年天保13年 幕府から御所献納の品を依頼される名工に。 1870年明治03年 薩摩の御用商人梅田半之助、実業家鈴木保兵衛らに招聘される。 1871年明治04年 横浜に輸出向けの陶磁器を作る工房・真葛釜を開く。 1876年明治09年 高浮彫で作られた真葛焼きはフィラデルフィア万国博覧会に出品される。 【2代 宮川香山:初代の子(本名:宮川半之助】 【3代 香斎】 【4代 宮川香斎(初代:真葛香斎)】2代宮川香斎の次男 1897年明治30年〜1987年昭和62年 1913年大正02年 4代宮川香斎を襲名 1929年昭和04年 久田家11代無適斎宗也に入門 1934年昭和09年 無適斎宗也より「真葛焼」の箱書を授かって「真葛香斎」を名乗る。 【真葛香斎】 【2代 真葛香斎 (5代 宮川香斎)】 1992年大正11年 東京生まれ 1946年昭和21年 国立陶磁器試験所に伝修生で入 1969年昭和44年 4代香斎に婿養子に入る 1972年昭和47年 5代宮川香斎を襲名or同時に 13代表千家 即中斎宗左宗匠より真葛印を拝領。2代真葛香斎を襲名 師 4代宮川香斎or5代清水六兵衛氏 【3代 真葛香斎(6代 宮川香齋)】 1944年昭和19年 京都市に生れる 1970年昭和45年 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業 1976年昭和51年 京都の真葛窯に入り...

送料無料
【茶器茶道具 蓋置き】 楽焼き 糸巻き 中村道年作(八事窯) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

34,317

【茶器茶道具 蓋置き】 楽焼き 糸巻き 中村道年作(八事窯) 【smtb-KD】

サイズ約5.3×5.3×高5.1cm 作者中村道年作(八事窯) 箱木箱 大(・44300) 【コンビニ受取対応商品】【八事窯】 【初代 一休庵道年(本名:中村新太郎)】 1876年明治09年〜昭和12年(1937) 京都の南山城富野庄出身 師事した作家は清水六兵衛(3年)・四代高橋道八(5年)・粟田口帯山(2年)・真清水蔵六(3年)などがいます 各地を巡った、その後、名古屋に戻り、後に知遇を得た森川如春庵から師定三代高松定一を紹介される。 3代高松定一氏の全面的な支援を得て八事南山に住居を提供され、登り窯や楽焼窯を築き作陶三昧の日々を送った 【2代 道年(本名:正次)】(新太郎の長男) 1906年明治39年〜昭和47年(1972) 初代の元、作陶を修業、一方茶道を吉田紹清宗匠のもとで修業する。また、バーナード・リーチ、益田鈍翁、森川如春庵とも交遊があります。 1937年昭和12年 先代没後二代目を襲名 1943年昭和18年 戦争のため本窯を廃窯、本格的に楽焼の研究に取組む この時期、表千家に入門し、後に表千家即中斎宗匠より「八事窯」の名を受ける 楽焼を専門とし、光悦の作風に魅せられて、森川如春翁のもとにかよい修業 1947年昭和22年 拙巧会に参加 1955年昭和30年 金鱗会を設立 1962年昭和37年 同好会を主催する 1965年昭和40年 東海伝統工芸展に光悦風黒茶碗「雨雲」を出品し受賞、茶道雑誌に光悦風楽茶碗の名手として全国に紹介され、「八事窯」の名を広める 【3代 道年(本名:良太郎)】(正次の長男) 1938年昭和13年〜昭和63年(1988) 愛知県立旭丘高校美術課彫刻科を卒業後、父を師として楽焼に専念修業 1973年昭和48年 3代目を継承(先代の志した光悦風茶碗を主体として作陶に精進) 1960年昭和35年...

送料無料
【茶器/茶道具 茶入れ/濃茶器】 肩衝茶入れ 桶谷定一作 仕服:笹蔓緞子又は鳥襷緞子(とりたすき) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

18,426

【茶器/茶道具 茶入れ/濃茶器】 肩衝茶入れ 桶谷定一作 仕服:笹蔓緞子又は鳥襷緞子(とりたすき) 【smtb-KD】

配送●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約直径5.5×高8.6cm 作者桶谷定一作 素材(京焼)蓋:象牙 箱木箱 (野O礼大ス申り)(・24840) 【コンビニ受取対応商品】おすすめ品 【桶谷定一】 桶谷定一(本名:逹[とおる]) 2代 定一(本名:洋) 「日本工芸会会員」 「京都美術工芸作家協会会員」 昭和08年1月6日生まれ 昭和30年 京都伏見高校陶磁器科卒 大正末期に東山区の今熊野鉈ケ谷の現在の地に 父の定一が開窯。現在にいたる 京都市東山区今熊野宝蔵町在 茶入-茶入は濃茶を入れる器です。 茶入れには中国製の唐物や日本製の和物や東南アジアで焼かれた島物があります。 名称の種々 茄子・文遊・尻張・丸壺・大海・内海・小肩付・撫肩付・鶴首・戦草等多くの形があります。 茶入の見どころは 茶入の形成は口造り・銅の表情(釉なだれ・釉露・釉際)・銅紺があります。 糸切のいろいろ 唐物糸切は左回り糸切(逆糸切) 和物糸切は右回り糸切(順糸切) 他に渦糸切・刀糸切などの同心円の糸切 茶入の蓋の材は象牙です。象牙は毒を消すといいます。また、蓋裏には毒消の金を貼ってあります。 <蓋色々>掬蓋・一文字蓋・瓶子蓋・盛蓋などがあります。 和物茶入れには、瀬戸焼と、国焼に大別されます。 瀬戸茶入れが、本家で、他の窯で焼かれた物は、脇の意味で、国焼きと呼びます。 瀬戸茶入は唐物茶入を倣って瀬戸窯で最初に造られた。 「国焼」として「高取」「薩摩」「上野」「唐津」「膳所」「志戸呂」等や「六古窯」の「丹波」「伊賀」「備前」「信楽」等の他、「仁清」にも名品があります。 高取茶入は朝鮮陶工八山が福岡高取に開窯に始まり、江戸時代小堀遠州の指導のもと和物入が造られた。

送料無料
【茶器/茶道具 茶入/濃茶器】 肩衝茶入れ 桶谷定一作 仕服:(正倉院)如意華紋又は亡羊緞子 【smtb-KD】+

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

18,426

【茶器/茶道具 茶入/濃茶器】 肩衝茶入れ 桶谷定一作 仕服:(正倉院)如意華紋又は亡羊緞子 【smtb-KD】+

配送●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約直径5.5×高8.6cm 作者桶谷定一作 素材(京焼)蓋:象牙 箱木箱 (申理・24840) 【コンビニ受取対応商品】おすすめ品 ※桶谷定一 「日本工芸会会員」 「京都美術工芸作家協会会員」 ・・・・・<参考資料>・・・・・ ※桶谷定一(本名:逹・とおる) ※2代定一(本名:洋) 「日本工芸会会員」 「京都美術工芸作家協会会員」 ※昭和08年1月6日生まれ ※昭和30年京都伏見高校陶磁器科卒 ※大正末期に東山区の今熊野鉈ケ谷の現在の地に 父の定一が開窯。現在にいたる ※京都市東山区今熊野宝蔵町在・・・・・ 茶入-茶入は濃茶を入れる器です。 茶入れには中国製の唐物や日本製の和物や東南アジアで焼かれた島物があります。 名称の種々 茄子・文遊・尻張・丸壺・大海・内海・小肩付・撫肩付・鶴首・戦草等多くの形があります。 茶入の見どころは 茶入の形成は口造り・銅の表情(釉なだれ・釉露・釉際)・銅紺があります。 糸切のいろいろ 唐物糸切は左回り糸切(逆糸切) 和物糸切は右回り糸切(順糸切) 他に渦糸切・刀糸切などの同心円の糸切 茶入の蓋の材は象牙です。象牙は毒を消すといいます。また、蓋裏には毒消の金を貼ってあります。 <蓋色々>掬蓋・一文字蓋・瓶子蓋・盛蓋などがあります。 和物茶入れには、瀬戸焼と、国焼に大別されます。 瀬戸茶入れが、本家で、他の窯で焼かれた物は、脇の意味で、国焼きと呼びます。 瀬戸茶入は唐物茶入を倣って瀬戸窯で最初に造られた。 「国焼」として「高取」「薩摩」「上野」「唐津」「膳所」「志戸呂」等や「六古窯」の「丹波」「伊賀」「備前」「信楽」等の他、「仁清」にも名品があります。...

送料無料
【茶器/茶道具 茶箱用三点セット/陶器三つ揃(茶碗・振出・茶巾筒)】 黄瀬戸焼き 松本鉄山作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

6,566

【茶器/茶道具 茶箱用三点セット/陶器三つ揃(茶碗・振出・茶巾筒)】 黄瀬戸焼き 松本鉄山作 【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) 茶箱用●陶器三つ揃 サイズ抹茶茶碗:約直径11×高6.6cm 巾筒:約直径3.7×高5.8cm 振出:(瓢)約直径6.4×高6.8cm(詰め蓋除く高さ) 作者松本鉄山作 箱化粧箱 (山吉目大)(・8316) 【コンビニ受取対応商品】【松本鉄山作】瀬戸窯茶箱用:●陶器三つ揃 【松本鉄山】※安右ェ門窯 ※大正11年生まれ※ 山口錠鉄の次男※母方実家の窯元へ養子となり安右ェ門窯の後を継ぐ。※ 愛知県瀬戸市上水野町在 ・・・・<参考資料>・・・・ ※長男:松本伸安:昭和26年生まれがいます・・・・・ ・・・・・・・・・・ ※他の作家 黄の瀬窯【雲林院敏一】 1949年昭和24年9月生まれ 1972年昭和47年師:今井康人に師事 1973年昭和48年師:清水日呂志に師事 1979年昭和54年10月甲賀郡信楽の黄の瀬の土地に黄の瀬窯を開窯 ・・・・・ 【初代 野田東山(本名:浅之進)】瀬戸市西窯町 長曽窯 明治31年生 二代加藤作助に30年間師事 【2代 野田東山(本名:大作)】瀬戸市西窯町 美和窯 昭和13年生 師:父初代野田東山に師事・・・・・

送料無料
【茶器/茶道具 皆具】(受注品)金襴手赤地皆具 加藤利昇窯 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

95,040

【茶器/茶道具 皆具】(受注品)金襴手赤地皆具 加藤利昇窯 【smtb-KD】

注文後、製作品になります。約0月後の納品予定。お問い合わせ下い:納期は後日連絡いたします 配送〇代金引換・カード決済の場合・・●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ水指:約直径16.7 ×高17.5cm杓立:約口径5.2×直径8.8×高16.7cm建水:約直径14.4×高7.7cm蓋置:約直径6.1×高6.1cm 作者加藤利昇窯作 箱木箱 備考水指・杓立・建水・蓋置 (仕ス礼柴・131300)<京焼き> 【三代 加藤利昇 本名:義雄】利昇窯 ※利昇は永楽即善の絵付師をされて独立 1946年昭和21年京都生まれ 初代・二代目加藤利昇を継承する 1985年昭和60年京都伝統美術功労賞を受賞する 高島屋・大丸等で個展を開く ・・・・・<参考資料>・・・・・ 〇次代の作家に長男:加藤幸一:二男に加藤幸治の二名がおられます 注文後、製作品になります。約00月後の納品予定【お買い得】<豪華絢爛・格調高い、お道具!> 水指・建水・蓋置別々に使用可 別売りで、裏千家は水指に塗蓋を付けて飾りものの練習があります 茶碗飾り・茶筅飾り・茶杓飾り・茶入飾り 表千家・裏千家とも茶巾を塗蓋の上の置く練習あり ◆皆具:ひとそろい、一式揃いの道具(装束・武具などのたぐい) ◆茶の湯では唐銅の皆具は真の皆具と言われる

送料無料
【茶器/茶道具 蓋置】 交趾 茅の輪(ちのわ) (正面にしめ縄) 今岡三四郎作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

18,144

【茶器/茶道具 蓋置】 交趾 茅の輪(ちのわ) (正面にしめ縄) 今岡三四郎作 【smtb-KD】

作者今岡三四郎作 サイズ約幅6×高5cm 箱木箱 (ス野柴・22700) 【コンビニ受取対応商品】茅輪とは 【夏越の祓い】水無月の神事 茅輪神事は「ちのわしんじ」と読んで、他に「輪越祭」「茅の輪くぐり」とも言われています 。 茅(ち=かや)とは、茅萱(ちがや)菅(すげ)薄(すすき)などの総称で、この輪をくぐり 越えて罪やけがれを取り除き、心身が清らかになるようにお祈りするものです。 ☆由来:茅の輪の起源については、善行をした蘇民将来(そみんしょうらい)が武塔神(むとうのかみ)(素盞鳴尊すさのおのみこと)から「もしも疫病が流行したら、茅の輪を腰につけると免れる」といわれ、そのとおりにしたところ、疫病から免れることができたという故事に基づきます。 作法は、本殿に向かって、左→右→左と、くぐり二礼、二拍手一礼をします。 【今岡三四郎】妙見窯(みょうけんがま)今岡妙見の長男 1980年昭和55年生まれ 1999年平成11年 京都市立銅駝美術工芸高校陶芸科卒 2001年平成14年 嵯峨美術短期大学陶芸科卒 2002年平成15年 京都府立陶工高等技術専門校成形科卒

送料無料
【茶器/茶道具 茶入(お濃茶器)】 瀬戸焼 肩衝茶入 加藤錦雄作 長谷窯(赤津焼き) 替仕服付 仕服:四座金襴と有楽緞子 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

101,250

【茶器/茶道具 茶入(お濃茶器)】 瀬戸焼 肩衝茶入 加藤錦雄作 長谷窯(赤津焼き) 替仕服付 仕服:四座金襴と有楽緞子 【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約直径6.9×高8.9cm 素材(蓋:象牙・虫食)(瀬戸焼)仕覆2枚:四座金襴と有楽緞子 箱木箱 (山丸ウ・135000) 【コンビニ受取対応商品】【赤津焼:長谷窯: 加藤 錦雄】 〒 489-0024 瀬戸市八王子町 1934年昭和09年4月生まれ ※日本伝統工芸展入選 ※日本工芸会東海支部展入選 【加藤錦雄:赤津焼長谷窯】 【沿革】 赤津焼. 愛知県. 起源は奈良時代前期の須惠器で、日本六古窯の一つに数えられて猿山(さなげ)地区の釉で作られる瀬戸焼です。 鎌倉時代に釉薬(ゆうやく)を用いたのはこの地方のみであったといわれその後の安土・桃山時代には、茶道の発展の影響を受け、志野、織部など現在の赤津焼の根幹をなす技法が確立されました。 【特徴 】 赤津焼の特徴は、織部釉(おりべゆう)志野釉(しのゆう)黄瀬戸釉(きぜとゆう)、古瀬戸釉(こぜとゆう)灰釉(かいゆう)御深井釉(おふけゆう)鉄釉(てつゆう)の7種類の釉薬と、へら彫り、印花(いんか)櫛目(くしめ)三島手(みしまで)など12種類の多彩な装飾技法にあります。これらを駆使し、茶道具、華道具から家庭用品まで幅広く焼かれています。 【製造工程 】 ろくろ成形、たたら成形、または手ひねり成形により成形し、仕上げ、乾燥の後、絵付けや施釉を行い焼成します。基本的に素焼きはしません。※織部は焼成後、ドングリの傘からでるシブを使い、表面の幕を除去します(栃しぶ抜き) ◆【伝統的工芸品指定】 指定年月日 第7次指定 昭和52年3月30日 茶入-茶入は濃茶を入れる器です。 茶入れには中国製の唐物や日本製の和物や東南アジアで焼かれた島物があります。 名称の種々 茄子・文遊・尻張...

送料無料
【茶器/茶道具 水指(中置)】 信楽焼き 細水指 筒形又は束ね柴 西尾香舟作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

10,195

【茶器/茶道具 水指(中置)】 信楽焼き 細水指 筒形又は束ね柴 西尾香舟作 【smtb-KD】

●色目やビドロ釉・景色はその都度変わります 配送●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで) サイズ筒形:約直径12.2×高20.5cm柴束:約直径12.3×高22.1cm 作者(筒形)西尾香舟作 作者(柴束)西尾香舟作 箱紙箱 (舟大)(・12744) 【コンビニ受取対応商品】【二代■西尾彦四郎 本名 未代二】 【西尾彦四朗 】先代、西尾彦四朗の長男 ・・・・・・ 【西尾香舟 本名:茂】先代、西尾彦四朗の三男 ・・・・・・ 1950年 滋賀県信楽町生まれ 西尾彦四郎<本名 未代二>の三男 1969年 京都の手塚央氏に師事 1973年 信楽にて家業の茶陶器製作 1983年 信楽にて独立・・・・・ ●色目やビドロ釉・景色はその都度変わります 水指(水器)-釜に補給する水や茶碗・茶筌などをすすぐための水を貯えておく器物 炉・風炉の火の陽の対して水指の水を陰とします。 台子皆具の水指は本来唐物に始まり点前作法の変遷とともに皆具からはなれ銅の水指についで南蛮や国焼の備前・信楽・楽焼や京焼などの焼き物が用いられ、さらに木地釣瓶や曲などの新しい素材や形が造られた。 ・・・・・<参考資料>・・・・・ ◆煤竹蓋置一双 即中斎好 節が無い 吹貫 の蓋置で、炉 風炉を問わず細建水用に使われる。

送料無料
【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 栗棗 (栗木地棗) 中棗 畑幸春作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

12,528

【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 栗棗 (栗木地棗) 中棗 畑幸春作 【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約直径6.6×高6.8cm 作者畑幸春作 素材栗木地 箱木箱 注意※自然の木を使用しておりますので、木目や色合いが変わります。当店にお任せください。 (中棗棒丸酒)(・15660) 【コンビニ受取対応商品】・・・・・・・・・・ 【栗棗(日本製・木地) 畑幸春作(木地師)】 ・・・・・・・・・・ 【なつめ】栗木地 中なつめ 畑幸春作(木箱) 棗(薄茶器)の歴史「松屋久政茶会記」 初座に唐物肩付茶入を床に飾り、中立のときに茶入は水屋に収め、後座の床に松花茶壺が飾られ、薄茶のときに薬籠(中次)が用いられています。町衆によるわびの茶風は天目茶碗から高麗茶碗へ唐物茶入を飾り、塗物茶器で茶を点てるように広まっていきました。 棗(薄茶器)<植物の棗の実に形が似ていることからその名がついた> 種類は、棗(大・中・小・一服)、雪吹(大・小)、尾張、白粉解、茶桶、面中次、寸切、金輪寺、茶器の十三種に裏千家七代如心斎の時代に規格整理されました。 その他に平棗、老松、飯器棗、四滴など変わったものも多くあります。 ・・・・・<参考資料>・・・・・ 【畑 幸春作】福井県 木地師 ※木地師専門職の工房で丹念に製作致しております・・・・・

送料無料
【茶器/茶道具 水指】 捻貫水指 瀬戸釉 宇田隆和作(佐平窯) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

13,435

【茶器/茶道具 水指】 捻貫水指 瀬戸釉 宇田隆和作(佐平窯) 【smtb-KD】

配送〇代金引換・カード決済の場合・・●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ本体:約口直径12.3(胴部15.6)×高16.2cm蓋:約直径12.6cm 作者宇田孝和作(佐平窯) 箱紙箱 (巣吉ウ)(・16800) 【コンビニ受取対応商品】表千家伝来写し (利休所持)瀬戸捻貫水指 水指 瀬戸捻貫水指(せとねじぬきみずさし) 表千家伝来 (利休所持ということでしられています)螺旋状になったロクロが、捻貫状の五段が巻かれ、古瀬戸天目釉は黒い中に柿模様が見れれます。 【宇田孝和】(佐平窯) 昭和25年06月生まれ 昭和44年 滋賀県立甲南高校(現:信楽高校)窯業科卒 京都府宇治市、炭山工芸村にて、森里良三氏に師事 昭和49年 帰郷:佐平窯を開窯(佐平は祖父の名前を継承) 平成08年(信楽陶器総合展)日刊工業新聞社賞 平成09年(信楽陶器総合展)朝日新聞社賞 平成11年(信楽陶器総合展)びわこ放送賞 平成11年 通産産業大臣認定(信楽焼:伝統工芸士) 水指(水器)-釜に補給する水や茶碗・茶筌などをすすぐための水を貯えておく器物 炉・風炉の火の陽の対して水指の水を陰とします。 台子皆具の水指は本来唐物に始まり点前作法の変遷とともに皆具からはなれ銅の水指についで南蛮や国焼の備前・信楽・楽焼や京焼などの焼き物が用いられ、さらに木地釣瓶や曲などの新しい素材や形が造られた。

送料無料
【茶器/茶道具 茶入/濃茶器】 ガラス(硝子) 肩衝 玉虫虹色 新倉晴比古作 仕服:正倉院立涌うんげん通風 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

32,313

【茶器/茶道具 茶入/濃茶器】 ガラス(硝子) 肩衝 玉虫虹色 新倉晴比古作 仕服:正倉院立涌うんげん通風 【smtb-KD】

作者新倉晴比古作 素材ガラス・蓋:象牙 箱木箱 (野吉中)(・40395) 【コンビニ受取対応商品】夏の茶道具【肩衝茶入(ギヤマン)義山茶器】(すずしさを演出する茶器) 【新倉晴比古】奈良ガラス工房:(有)パル 現在 日本ガラス工芸協会会員 奈良市美術家協会会員 1954年(昭和29年)神奈川県生まれ。 1979年(昭和54年)多摩美術大学立体デザイン科ガラスクラフト専修卒。 1982年(昭和57年)京都クラフト展奨励賞受賞 1983年(昭和58年)富山県立近代美術館主催「第二回現代芸術祭」招待出展 1981〜以降毎年、松下電工主宰・グラスライテエンング、オブジェを出展 1984年(昭和59年)GLASSWORKーSHOP「パル」開設 1987年西ドイツ・ハノーバ・メッセにオブジェ出展・ニュウヨーク「ザ・アート〜オブジェ」に招待出展 ※ガラス製品作りを通じて、茶道具の制作も研鑽中。 茶入-茶入は濃茶を入れる器です。 茶入れには中国製の唐物や日本製の和物や東南アジアで焼かれた島物があります。 名称の種々 茄子・文遊・尻張・丸壺・大海・内海・小肩付・撫肩付・鶴首・戦草等多くの形があります。 茶入の見どころは 茶入の形成は口造り・銅の表情(釉なだれ・釉露・釉際)・銅紺があります。 糸切のいろいろ 唐物糸切は左回り糸切(逆糸切) 和物糸切は右回り糸切(順糸切) 他に渦糸切・刀糸切などの同心円の糸切 茶入の蓋の材は象牙です。象牙は毒を消すといいます。また、蓋裏には毒消の金を貼ってあります。 <蓋色々>掬蓋・一文字蓋・瓶子蓋・盛蓋などがあります。 和物茶入れには、瀬戸焼と、国焼に大別されます。 瀬戸茶入れが、本家で、他の窯で焼かれた物は、脇の意味で、国焼きと呼びます。 瀬戸茶入は唐物茶入を倣って瀬戸窯で最初に造られた。 「国焼」として「高取」...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「昭和 25 年 5 円」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ