「日本陸軍戦車」 の関連商品を含む検索結果 3件

【 日本陸軍戦車色 前期 迷彩色 カラーセット 】 Mr.カラー 特色セット CTCS662// WWⅡ 太平洋戦争 前期の 旧日本陸軍 戦車 の塗装!Mr.ホビー

Amazon

540

【 日本陸軍戦車色 前期 迷彩色 カラーセット 】 Mr.カラー 特色セット CTCS662// WWⅡ 太平洋戦争 前期の 旧日本陸軍 戦車 の塗装!Mr.ホビー

太平洋戦争前期の旧日本陸軍戦車の塗装に使用されていた迷彩色のセットです。 ファインモールド社長・鈴木邦宏氏による旧陸軍資料の綿密なリサーチにより解明され、監修されたカラーです。 ●「支那事変(日中戦争)」勃発後に中国戦線へ、その後南方戦線へと送られた日本陸軍戦車の迷彩色を再現したカラーセット ●ここで指定されていた塗装パターンは、昭和18年頃まで使用され、本土外へ渡った戦車は全てこの迷彩を施されたと思われます ●この「日本陸軍戦車 前期 迷彩色」セットでは、主要となる2色と、主砲部分や車載道具、また将兵の個人装備品にも用いたカーキ色の3色をセット ●旧日本陸軍戦車研究でも著名なファインモールド社社長「鈴木邦宏」氏による、旧陸軍資料の綿密なリサーチにより、これまで不明であった旧陸軍戦車塗装色の詳細を解明、鈴木氏による監修の元、各カラーを正確に再現しています ●大戦前期の日本陸軍戦車に施されていた3色迷彩再現時には、「日本陸軍戦車 後期 迷彩色」(別売り)と併せて使用して下さい ●適度にツヤのある「3/4 つや消し」 ●この「日本陸軍戦車 後期迷彩色セット」は次のような内容となっています剤系アクリル樹脂塗料)です ●エアブラシにも筆塗りにもどちらにもマッチします、特に筆塗りは「Mr.カラー」よりも遥かに塗りやすいのが特徴でもあります ●うすめ液及び用具の手入れは「Mr.カラーうすめ液」をご使用下さい

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
KINGTOP 色鉛筆 カラー 鉛筆 水彩色 カラーペンシル 多色セット デザイン/設計/グラフ/事務/学習/彩色用 収納ケース付きシリーズ (48色)

Amazon

2,080

KINGTOP 色鉛筆 カラー 鉛筆 水彩色 カラーペンシル 多色セット デザイン/設計/グラフ/事務/学習/彩色用 収納ケース付きシリーズ (48色)

商品説明 こちらはキングトップの色鉛筆シリーズ、 多色セット収納ケース付き色鉛筆 でございます。 ・鮮やかな発色、優れた定着性、なめらかな書き心地を実現できる高品質の色鉛筆になります。 ・発色良く、色乗りも良いです。芯が折れやすいとか硬すぎるとかいったこともなく使いやすい鉛筆です。 ・マルチカラーで、鉛筆立てにまとめて入れます。インテリアとしても装飾効果を発揮します。 ・完璧を求めるプロのために生まれた色鉛筆で、素敵な創作体験を与えます。自分の創造力を掘り出せます。 ・プロからアマチュアまで大人にも子供にも最高なプレゼント、塗り絵を楽しめましょう。 商品詳細 ・カラー: 24/36/48色 ・商品材料:無毒無害で環境に優しい/リサイクルできる木材を採用されます。 ・商品用途:デザイン/設計/グラフ/スケッチ/塗り絵/イラスト/事務/学習/彩色用 商品特徴: ・発色も良く書きやすい スケッチブックへの色乗りは上々で、芯折れ等もなく快適に使えてます。 ・色 しっかりグラデーションがあり、どんな色あいでも出せそうです。 ・無毒 ぜひご安心してお使いください。 ・削り済み 開封後すぐに使用できます。 ご使用注意: ・3歳未満の子供を単独で遊ばせないでください。

陸軍登戸研究所<完全版>DVD【代引き手数料無料】

夢みつけ隊 ONLINE SHOPPING

8,208

陸軍登戸研究所<完全版>DVD【代引き手数料無料】

第二次世界大戦を支えた・消された研究所・の秘密を関係者が証言今明かされる戦中の秘密戦・謀略戦の全貌をドキュメント第二次世界大戦、旧日本軍が数々の戦地で奮闘した影には旧日本陸軍が秘密裏に開発した軍用兵器の活躍がありました。本作ではその兵器を研究・開発していた「登戸研究所」にスポットをあてて、謎の多い施設の全貌から内容、現存する一部の研究資料と当時研究に携わった関係者が証言した貴重な生の声を多数収録。ベールに包まれていた、戦前の旧日本軍の武器や兵器の秘密が明かされています。消されてしまった研究所の実態を、劇場公開時にはカットされてしまったシーンを加えた完全版でお届けします。いま記録しておかなければ消え去ってしまう戦中の記録や歴史をのこす貴重な作品です。●仕様/カラー、4:3 スタンダード、各片面1層、音声:オリジナル日本語(ドルビー・デジタル・ステレオ)、収録時間:約240分+特典2分●日本製 アイコンの詳細はこちらご購入前にこちらをご確認ください。劇場公開時はカットされた1時間に渡る未公開シーンを加えた完全版で登場!「陸軍登戸研究所」1937年(昭和12)に陸軍参謀本部二部八課(謀略課)が生まれ、神奈川県川崎市生田の丘陵地に登戸実験場が設立。資源無き日本に勝利をもたらすには独自の知恵と技術が求められたことから、この実験場は陸軍第九技術研究所となり、秘匿名では「登戸研究所」と呼称される。やがて研究分野は広がり研究棟が増え署員も一千名に及んだ。殺人光線、毒物や爆薬の開発、渡洋爆撃の代案としての風船爆弾、中野学校(スパイ養成所)と手を組んでのニセ札製造など、多種多様な秘密兵器・謀略兵器が発案・開発された。

楽しいホビーの日本陸軍戦車、発売中!クリスマスや誕生日のプレゼントにもどうぞ♪楽しいコレクションやホビー。大人から子供まで充実した時間を楽しめます。日本陸軍戦車に徹底的にハマろう!

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ホビーアイテムをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいホビーが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「日本陸軍戦車」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ