「手芸作品」 の検索結果 20,400件

トニー鈴木 アートフレーム 作品名:Catch a Falling Star

ディノス

19,440

トニー鈴木 アートフレーム 作品名:Catch a Falling Star

ユーモアとエスプリの独自の世界観が強く表現された絵画で多くのファンを持つトニー鈴木画伯の作品 『Catch a Falling Star』はCatch a falling star an' put it in your pocket Never let it fade away!Catch a falling star an' put it in your pocket Save it for a rainy day!で始まる50年代のジャズ音楽をモチーフにしたもの。空には流れ星を捕まえようととするウサギたち。見ているだけで笑顔になれる、ユーモアあふれる作品です。アーティストプロフィールトニー鈴木 1944年東京生まれ 1993年フランス、ニースにてアルメリア難民救済チャリティー展示会に出展 1994年モンテカルロ、SMEGに於いて個展 1995年コートダジュール、ヴァンスに於いて展示会 1997年軽井沢にてアトリエ「アブラカタブラ」を開設 2005年「モナコグランプリの夢」を制作。モナコ政府観光会議局の広告に採用され、「婦人画報」「東京人」に掲載される。版画技法についてジークレー版画・ジークレー印刷は別名デジタル・リトグラフともいわれ、最新のコンピュータ技術を駆使した優れた版画技法です。ジークレーはフランス語で「インクの吹き付け」を意味し、ダイレクトにインクを版画紙やキャンバスに吹き付ける技法で、専用のスキャナーで原画を超精密にデジタルデータ化し、そのデータを原画の色彩に忠実に再現することが出来ます。ジークレー印刷は、秒間400万以上ミクロ粒子のジェット噴射を行い、色彩は512色のインクの混合によって、7万色以上の微妙な発色が可能な技術で、作画の精密さ・色調の幅ともに従来の版画複製技法の中では最も優れた印刷技術と言われております...

円相(エンソウ)

ディノス

45,360

円相(エンソウ)

「バクザン先生」の呼び名で親しまれる榊莫山の継承者、墨象家外林省二の直筆墨象作品をご紹介します。 「梦モ光モ月ノ國カラ 倣莫山学弟省二」(夢も光も月の国から)円相とは禅における書画の一つで、悟りの形象でもあります。この作品では円相を月とイメージし、静寂の世界観を表現しています。見ていると自然と心が穏やかになるような奥深い味わいの作品です。墨と色を駆使し、時には墨以外の素材も用いて独創的な作品を創り出す墨象の世界。金銀のチラシやラメを使った外林独特の表現は、できあがった作品も華やかながら制作過程も非常に迫力があり、ライブパフォーマンスや対面式の制作では常に見る人の心を惹き付けています。お手頃な価格で墨象家外林省二の作品が手に入るスペシャルな企画です。A4サイズの作品で飾りやすい大きさですが、一点一点全て外林の直筆によるものです。そのためサンプルの写真と異なる点もありますが、全く同じ作品は世界に一つだけしかないという稀少さが更に商品価値を高めています。素材にも生漉きの越前和紙を使用した、こだわりの詰まった商品です。越前生漉和紙使用墨象直筆作品外林省二プロフィール前衛書と墨象の戦後二大巨頭とされる宇野雪村と榊莫山を師に持つ墨象家 外林省二。榊莫山の作品の継承を許されている外林が、生漉きの越前和紙を使い直筆で一枚ずつ制作しています。1954年 広島県福山市に生まれる1957年 3歳より書道を始める1967年 広島県美術展初出品、当時最年少の13歳で入選1972年 奎星展初出品、前衛書部当事最年少18歳で特選1973年 大東文化大学文学部中国文学科入学、宇野雪村氏に師事 毎日書道展初出品、当時最年少19歳で入選1982年 奎星展漢字部で奎星賞受賞1985年 毎日書道展毎日賞受賞、第一回訪中書の研究視察団員に当時最年少31歳で選ばれる1992年...

萩ぐい呑み 波多野善蔵 美術/工芸品

LightUp

34,560

萩ぐい呑み 波多野善蔵 美術/工芸品

素朴さに静かな品格を併せ持つ萩焼を晩酌で愉しむ。旧萩城の城下町、山口県萩市に「波多野指月窯(はだのしげつがま)」を構える陶芸家、波多野善蔵さん。唐津焼、有田焼の修業を経て萩焼の道に入り、その作品が認められ文部大臣賞など多くの受賞歴を持つ名工です。2002年3月に山口県指定無形文化財保持者に認定。さらに2013年には文化財保護功労により旭日双光章を受章しました。書家の故・榊莫山氏も生前、波多野さんの作品に惚れ込み、「波多野さんの陶器の肌を、わたしはとてもすきなのである。(略)土のにおいそのままの肌なのが楽しい」と、窯元を訪れたときのエピソードを著書『莫山つれづれ』に記しています。同氏による窯元の看板の文字は、その親交の証です。萩焼は淡い白色や枇杷色とで、柔らかな手触り、口触りが特徴です。「使ううちに風合いが少しずつ変化していく面白さや、他の焼物に比べて軽くて扱いやすい点が魅力です」と波多野さんは語ります。ご紹介するのは、素朴な自然美を極めた萩焼のぐい呑み。「どっしりとした見た目ですが比較的軽く、常に使ってもらえるような身近な作品になればと思います」。手にすれば美味いつまみと銘酒を用意したくなることうけあいです。品格を携えた実用の美を存分に愉しんでください。

卓上オブジェ 横山尚人 美術/工芸品

LightUp

21,600

卓上オブジェ 横山尚人 美術/工芸品

暮らしにアクセントを添える美しい色彩と華麗なフォルム。1960年代に起こったミニマルアートの影響がまだ色濃い1980年代。シンプルで無機的な表現が主流だった美術界に衝撃を与えたのがポストモダンでした。それまでの禁欲的な世界を覆す装飾性の高さと多様な表現力は各界に賛否両論を巻き起こしましたが、日本でいち早くその世界に飛び込んだのがガラス作家の横山尚人さんです。溢れるばかりの色彩と独特で華麗なフォルム。横山さんは自らの作品を「グラスデコール」と表現しています。「『グラスデコール』は私の造語で、グラスは“ガラス”、デコールは“デコレーション”、装飾を意味します。私の若い頃は、皆がシンプル一辺倒だったので、ポストモダンが出現した時は衝撃でした。私は、“没個性”から価値観を転換させ、デフォルメという表現方法を用いて自分の中にすでにあるものを表現しようと試行錯誤し始めたんです」と横山さん。ところが、いざ個展を開いてみると、面白がってくれるお客様に恵まれた半面、一部のデザイナーから厳しい評価もありました。しかし、海外に送ったところ、すぐに評価され、作品をパリ装飾美術館などに納めることになったという。現在は、パリ装飾美術館以外にも、ローザンヌ装飾美術館、ヴィクトリア&アルバート美術館、東京国立近代美術館、サントリー美術館など数多くの美術館に作品が所蔵されています。制作は、熟練職人4人と共に行います。常に10色ぐらいの色ガラスを使い、横山さんのデザイン制作図をもとに、色や質感の微妙なニュアンスを横山さんの娘さんが指示しています。ご紹介するのは「卓上オブジェ」。ネコとウサギに見立てたオブジェで、手に取れば、丸い胴体部が優しく掌にフィットします。角度を変えて眺めても愉しいし、文鎮などとして使っていただいてもよい逸品です。

凸凹 (デコボコ)

ディノス

45,360

凸凹 (デコボコ)

「バクザン先生」の呼び名で親しまれる榊莫山の継承者、墨象家外林省二の直筆墨象作品をご紹介します。 師榊莫山に認められるきっかけとなったテーマである、凸凹で表現した作品です。凸(金)、凹(銀)を立体化させ、ラメを付すことによって華やか且つオリジナルな世界観を表現しています。墨と色を駆使し、時には墨以外の素材も用いて独創的な作品を創り出す墨象の世界。金銀のチラシやラメを使った外林独特の表現は、できあがった作品も華やかながら制作過程も非常に迫力があり、ライブパフォーマンスや対面式の制作では常に見る人の心を惹き付けています。お手頃な価格で墨象家外林省二の作品が手に入るスペシャルな企画です。A4サイズの作品で飾りやすい大きさですが、一点一点全て外林の直筆によるものです。そのためサンプルの写真と異なる点もありますが、全く同じ作品は世界に一つだけしかないという稀少さが更に商品価値を高めています。素材にも生漉きの越前和紙を使用した、こだわりの詰まった商品です。越前生漉和紙使用墨象直筆作品外林省二プロフィール前衛書と墨象の戦後二大巨頭とされる宇野雪村と榊莫山を師に持つ墨象家 外林省二。榊莫山の作品の継承を許されている外林が、生漉きの越前和紙を使い直筆で一枚ずつ制作しています。1954年 広島県福山市に生まれる1957年 3歳より書道を始める1967年 広島県美術展初出品、当時最年少の13歳で入選1972年 奎星展初出品、前衛書部当事最年少18歳で特選1973年 大東文化大学文学部中国文学科入学、宇野雪村氏に師事 毎日書道展初出品、当時最年少19歳で入選1982年 奎星展漢字部で奎星賞受賞1985年 毎日書道展毎日賞受賞、第一回訪中書の研究視察団員に当時最年少31歳で選ばれる1992年 広島県美術展審査員 天満屋福山店にて個展開催1993年 毎日書道会...

○△□(マルサンカクシカク)

ディノス

45,360

○△□(マルサンカクシカク)

「バクザン先生」の呼び名で親しまれる榊莫山の継承者、墨象家外林省二の直筆墨象作品をご紹介します。 師榊莫山に認められるきっかけとなったテーマである、○△□で表現した作品です。禅の世界観を表している○(金)、△(赤)、□(銀)をそれぞれ立体化させ、ラメを付すことによって外林独特の華やか且つオリジナルな表現になっています。墨と色を駆使し、時には墨以外の素材も用いて独創的な作品を創り出す墨象の世界。金銀のチラシやラメを使った外林独特の表現は、できあがった作品も華やかながら制作過程も非常に迫力があり、ライブパフォーマンスや対面式の制作では常に見る人の心を惹き付けています。お手頃な価格で墨象家外林省二の作品が手に入るスペシャルな企画です。A4サイズの作品で飾りやすい大きさですが、一点一点全て外林の直筆によるものです。そのためサンプルの写真と異なる点もありますが、全く同じ作品は世界に一つだけしかないという稀少さが更に商品価値を高めています。素材にも生漉きの越前和紙を使用した、こだわりの詰まった商品です。越前生漉和紙使用墨象直筆作品外林省二プロフィール前衛書と墨象の戦後二大巨頭とされる宇野雪村と榊莫山を師に持つ墨象家 外林省二。榊莫山の作品の継承を許されている外林が、生漉きの越前和紙を使い直筆で一枚ずつ制作しています。1954年 広島県福山市に生まれる1957年 3歳より書道を始める1967年 広島県美術展初出品、当時最年少の13歳で入選1972年 奎星展初出品、前衛書部当事最年少18歳で特選1973年 大東文化大学文学部中国文学科入学、宇野雪村氏に師事 毎日書道展初出品、当時最年少19歳で入選1982年 奎星展漢字部で奎星賞受賞1985年 毎日書道展毎日賞受賞、第一回訪中書の研究視察団員に当時最年少31歳で選ばれる1992年 広島県美術展審査員...

龍 〜昇龍〜(ショウリュウ)

ディノス

45,360

龍 〜昇龍〜(ショウリュウ)

「バクザン先生」の呼び名で親しまれる榊莫山の継承者、墨象家外林省二の直筆墨象作品をご紹介します。 「龍」の草書体を昇龍のイメージで表現した作品です。天に昇る龍は究極の幸運の象徴であり、邪気を払い、運気をアップさせます。金のチラシやラメを加えることで龍の勇壮さを表現すると共に、豪華な雰囲気を醸し出します。墨と色を駆使し、時には墨以外の素材も用いて独創的な作品を創り出す墨象の世界。金銀のチラシやラメを使った外林独特の表現は、できあがった作品も華やかながら制作過程も非常に迫力があり、ライブパフォーマンスや対面式の制作では常に見る人の心を惹き付けています。お手頃な価格で墨象家外林省二の作品が手に入るスペシャルな企画です。A4サイズの作品で飾りやすい大きさですが、一点一点全て外林の直筆によるものです。そのためサンプルの写真と異なる点もありますが、全く同じ作品は世界に一つだけしかないという稀少さが更に商品価値を高めています。素材にも生漉きの越前和紙を使用した、こだわりの詰まった商品です。越前生漉和紙使用墨象直筆作品外林省二プロフィール前衛書と墨象の戦後二大巨頭とされる宇野雪村と榊莫山を師に持つ墨象家 外林省二。榊莫山の作品の継承を許されている外林が、生漉きの越前和紙を使い直筆で一枚ずつ制作しています。1954年 広島県福山市に生まれる1957年 3歳より書道を始める1967年 広島県美術展初出品、当時最年少の13歳で入選1972年 奎星展初出品、前衛書部当事最年少18歳で特選1973年 大東文化大学文学部中国文学科入学、宇野雪村氏に師事 毎日書道展初出品、当時最年少19歳で入選1982年 奎星展漢字部で奎星賞受賞1985年 毎日書道展毎日賞受賞、第一回訪中書の研究視察団員に当時最年少31歳で選ばれる1992年 広島県美術展審査員...

楽(ラク)

ディノス

45,360

楽(ラク)

「バクザン先生」の呼び名で親しまれる榊莫山の継承者、墨象家外林省二の直筆墨象作品をご紹介します。 「楽 師榊莫山承」師の表現を忠実に倣いつつ、墨色に変化を加えることで、見る角度によって色合いが変わるという外林独特の表現となっています。シンプルな一文字ですが、「楽」の持つ意味が見る人の感性に訴えかける奥深い作品です。墨と色を駆使し、時には墨以外の素材も用いて独創的な作品を創り出す墨象の世界。金銀のチラシやラメを使った外林独特の表現は、できあがった作品も華やかながら制作過程も非常に迫力があり、ライブパフォーマンスや対面式の制作では常に見る人の心を惹き付けています。お手頃な価格で墨象家外林省二の作品が手に入るスペシャルな企画です。A4サイズの作品で飾りやすい大きさですが、一点一点全て外林の直筆によるものです。そのためサンプルの写真と異なる点もありますが、全く同じ作品は世界に一つだけしかないという稀少さが更に商品価値を高めています。素材にも生漉きの越前和紙を使用した、こだわりの詰まった商品です。越前生漉和紙使用墨象直筆作品外林省二プロフィール前衛書と墨象の戦後二大巨頭とされる宇野雪村と榊莫山を師に持つ墨象家 外林省二。榊莫山の作品の継承を許されている外林が、生漉きの越前和紙を使い直筆で一枚ずつ制作しています。1954年 広島県福山市に生まれる1957年 3歳より書道を始める1967年 広島県美術展初出品、当時最年少の13歳で入選1972年 奎星展初出品、前衛書部当事最年少18歳で特選1973年 大東文化大学文学部中国文学科入学、宇野雪村氏に師事 毎日書道展初出品、当時最年少19歳で入選1982年 奎星展漢字部で奎星賞受賞1985年 毎日書道展毎日賞受賞、第一回訪中書の研究視察団員に当時最年少31歳で選ばれる1992年 広島県美術展審査員...

花籠(ハナカゴ)

ディノス

45,360

花籠(ハナカゴ)

「バクザン先生」の呼び名で親しまれる榊莫山の継承者、墨象家外林省二の直筆墨象作品をご紹介します。 「小鳥ガクワエテキタ梦ハ カゴイッパイニナリマシタ。 倣莫山学弟省二」(小鳥がくわえてきた夢は かごいっぱいになりました。)師榊莫山より継承した代表作。師の表現を忠実に倣いつつ、ラメを加えることによっていっそう華やかさのある作品となっています。優しい色合いの花籠とほっこりする言葉に、見ているだけで気持ちも優しくなります。墨と色を駆使し、時には墨以外の素材も用いて独創的な作品を創り出す墨象の世界。金銀のチラシやラメを使った外林独特の表現は、できあがった作品も華やかながら制作過程も非常に迫力があり、ライブパフォーマンスや対面式の制作では常に見る人の心を惹き付けています。お手頃な価格で墨象家外林省二の作品が手に入るスペシャルな企画です。A4サイズの作品で飾りやすい大きさですが、一点一点全て外林の直筆によるものです。そのためサンプルの写真と異なる点もありますが、全く同じ作品は世界に一つだけしかないという稀少さが更に商品価値を高めています。素材にも生漉きの越前和紙を使用した、こだわりの詰まった商品です。越前生漉和紙使用墨象直筆作品外林省二プロフィール前衛書と墨象の戦後二大巨頭とされる宇野雪村と榊莫山を師に持つ墨象家 外林省二。榊莫山の作品の継承を許されている外林が、生漉きの越前和紙を使い直筆で一枚ずつ制作しています。1954年 広島県福山市に生まれる1957年 3歳より書道を始める1967年 広島県美術展初出品、当時最年少の13歳で入選1972年 奎星展初出品、前衛書部当事最年少18歳で特選1973年 大東文化大学文学部中国文学科入学、宇野雪村氏に師事 毎日書道展初出品、当時最年少19歳で入選1982年 奎星展漢字部で奎星賞受賞1985年...

干支 〜酉〜(エト・トリ)

ディノス

45,360

干支 〜酉〜(エト・トリ)

「バクザン先生」の呼び名で親しまれる榊莫山の継承者、墨象家外林省二の直筆墨象作品をご紹介します。 「鳥」の甲骨文を表現したもので、墨とアクリル絵の具を融合させることにより立体感のある作品になっています。更に金のチラシや銀のラメにより、シンプルな中にも華やかさがある作品です。生まれ年の干支を身の回りに持つことは「無病息災」「厄除け祈念」として、また、その年の干支を飾り敬うことは縁起がよいとされ「家内安全」「商売繁盛」をもたらすと言われます。更に人に贈ることで「招福祈願」「安寧長寿」ももたらします。特に酉は「取り込む」に繋がると言われ、運気やお客様を取り込む非常に縁起のよいものとされています。墨と色を駆使し、時には墨以外の素材も用いて独創的な作品を創り出す墨象の世界。金銀のチラシやラメを使った外林独特の表現は、できあがった作品も華やかながら制作過程も非常に迫力があり、ライブパフォーマンスや対面式の制作では常に見る人の心を惹き付けています。お手頃な価格で墨象家外林省二の作品が手に入るスペシャルな企画です。A4サイズの作品で飾りやすい大きさですが、一点一点全て外林の直筆によるものです。そのためサンプルの写真と異なる点もありますが、全く同じ作品は世界に一つだけしかないという稀少さが更に商品価値を高めています。素材にも生漉きの越前和紙を使用した、こだわりの詰まった商品です。越前生漉和紙使用墨象直筆作品外林省二プロフィール前衛書と墨象の戦後二大巨頭とされる宇野雪村と榊莫山を師に持つ墨象家 外林省二。榊莫山の作品の継承を許されている外林が、生漉きの越前和紙を使い直筆で一枚ずつ制作しています。1954年 広島県福山市に生まれる1957年 3歳より書道を始める1967年 広島県美術展初出品、当時最年少の13歳で入選1972年 奎星展初出品...

胡蝶蘭(コチョウラン)

ディノス

45,360

胡蝶蘭(コチョウラン)

「バクザン先生」の呼び名で親しまれる榊莫山の継承者、墨象家外林省二の直筆墨象作品をご紹介します。 「花アルトキハ花ニ酔ヒ 風アルトキハ風ニ酔フ 倣莫山学弟省二」(花あるときは花に酔い 風あるときは風に酔う)師榊莫山より継承した代表作。師の表現を忠実に倣いつつ、ラメを加えることによっていっそう華やかさのある作品となっています。胡蝶蘭には「幸福が飛んでくる」という花言葉もあり、部屋に飾ることによって華やかさも幸せもアップします。墨と色を駆使し、時には墨以外の素材も用いて独創的な作品を創り出す墨象の世界。金銀のチラシやラメを使った外林独特の表現は、できあがった作品も華やかながら制作過程も非常に迫力があり、ライブパフォーマンスや対面式の制作では常に見る人の心を惹き付けています。お手頃な価格で墨象家外林省二の作品が手に入るスペシャルな企画です。A4サイズの作品で飾りやすい大きさですが、一点一点全て外林の直筆によるものです。そのためサンプルの写真と異なる点もありますが、全く同じ作品は世界に一つだけしかないという稀少さが更に商品価値を高めています。素材にも生漉きの越前和紙を使用した、こだわりの詰まった商品です。越前生漉和紙使用墨象直筆作品外林省二プロフィール前衛書と墨象の戦後二大巨頭とされる宇野雪村と榊莫山を師に持つ墨象家 外林省二。榊莫山の作品の継承を許されている外林が、生漉きの越前和紙を使い直筆で一枚ずつ制作しています。1954年 広島県福山市に生まれる1957年 3歳より書道を始める1967年 広島県美術展初出品、当時最年少の13歳で入選1972年 奎星展初出品、前衛書部当事最年少18歳で特選1973年 大東文化大学文学部中国文学科入学、宇野雪村氏に師事 毎日書道展初出品、当時最年少19歳で入選1982年 奎星展漢字部で奎星賞受賞1985年...

敦盛の舞(あつもりのまい)

ディノス

237,600

敦盛の舞(あつもりのまい)

人物イラストの第一人者として国内外で高く評価されている「長野剛」。その真骨頂「戦国武将」「三国志武将」の作品群から、特に人気の高い作品をご紹介いたします。 信長が桶狭間出陣前に舞ったと言われる「敦盛」をイメージ。画集発刊を記念して制作されたもので、「長野氏が描く信長」の集大成的な作品です。甲冑姿ではない信長は長野氏作品としては珍しく、色彩の美しさと構図の完成度の高さで非常に人気があります。新人物往来社「歴史人物イラストレーションズ 長野剛の世界」表紙。作家直筆サイン、エディションナンバー入り※この作品の印刷技術ジークレー(ジクレー)とは、フランス語で”吹き付けて色を付ける”という意味でリトグラフやシルクスクリーン版画と違い、版を用いずに刷り上げるのが特徴です。デジタルデータを上質な版画用紙等に高精細で広色域に印刷します。また保存性も高く、今日多くのアート作品に用いられています。2016制作 画集『長野剛 歴史人物イラストレーションズ』表紙人物イラストレーションの第一人者として、国外でも評価が高い油彩画家、長野剛。「戦国武将」「三国志武将」作品を高精細版画としてリリース致しました。長野剛プロフィール1961年生まれ。東京都出身。日本大学芸術学部卒業。グラフィック・デザイナーを経て1988年よりフリーイラストレーターとして活動。「スター・ウォーズ」日本版小説の表紙、戦国時代・三国志シミュレーションゲームのパッケージイラストなどを手がける。2008年よりオリジナル作品の制作を開始し、各地で原画展・版画展を開催。トップクラスの人物イラストレーターとして、国内外で高い評価を受けている。

第六天魔王・織田信長(だいろくてんまおう・おだのぶなが)

ディノス

237,600

第六天魔王・織田信長(だいろくてんまおう・おだのぶなが)

人物イラストの第一人者として国内外で高く評価されている「長野剛」。その真骨頂「戦国武将」「三国志武将」の作品群から、特に人気の高い作品をご紹介いたします。 「第六天魔王」とは仏教において仏道修行を妨げる「魔」のこと。信長は自らそれを名乗ったとされています。まさに「魔王」に相応しい、信長の威厳・威圧感が圧巻の人気作品です。グラニ社カードゲーム「神獄のヴァルハラゲート」イラスト。(C) Grani Inc.作家直筆サイン、エディションナンバー入り※この作品の印刷技術ジークレー(ジクレー)とは、フランス語で”吹き付けて色を付ける”という意味でリトグラフやシルクスクリーン版画と違い、版を用いずに刷り上げるのが特徴です。デジタルデータを上質な版画用紙等に高精細で広色域に印刷します。また保存性も高く、今日多くのアート作品に用いられています。制作年2016年人物イラストレーションの第一人者として、国外でも評価が高い油彩画家、長野剛。「戦国武将」「三国志武将」作品を高精細版画としてリリース致しました。長野剛プロフィール1961年生まれ。東京都出身。日本大学芸術学部卒業。グラフィック・デザイナーを経て1988年よりフリーイラストレーターとして活動。「スター・ウォーズ」日本版小説の表紙、戦国時代・三国志シミュレーションゲームのパッケージイラストなどを手がける。2008年よりオリジナル作品の制作を開始し、各地で原画展・版画展を開催。トップクラスの人物イラストレーターとして、国内外で高い評価を受けている。

敦盛の舞(あつもりのまい)

ディノス

45,360

敦盛の舞(あつもりのまい)

人物イラストの第一人者として国内外で高く評価されている「長野剛」。その真骨頂「戦国武将」「三国志武将」の作品群から、特に人気の高い作品をご紹介いたします。 信長が桶狭間出陣前に舞ったと言われる「敦盛」をイメージ。画集発刊を記念して制作されたもので、「長野氏が描く信長」の集大成的な作品です。甲冑姿ではない信長は長野氏作品としては珍しく、色彩の美しさと構図の完成度の高さで非常に人気があります。新人物往来社「歴史人物イラストレーションズ 長野剛の世界」表紙。ミニ版画 版上プリントサイン人物イラストレーションの第一人者として、国外でも評価が高い油彩画家、長野剛。「戦国武将」「三国志武将」作品を高精細版画としてリリース致しました。長野剛プロフィール1961年生まれ。東京都出身。日本大学芸術学部卒業。グラフィック・デザイナーを経て1988年よりフリーイラストレーターとして活動。「スター・ウォーズ」日本版小説の表紙、戦国時代・三国志シミュレーションゲームのパッケージイラストなどを手がける。2008年よりオリジナル作品の制作を開始し、各地で原画展・版画展を開催。トップクラスの人物イラストレーターとして、国内外で高い評価を受けている。

エリック・カール 「チューリップ」

ディノス

5,184

エリック・カール 「チューリップ」

絵本の魔術師エリック・カール。眩い色彩の作品「チューリップ」 『コラージュ(貼り絵)』が特徴で、絵本の枠を超えて大人の方も楽しめるオシャレでPOPな作品の数々。そんなカラフルで楽しいエリック・カールの絵が高画質複製原画キャラファインになりました♪エリック・カールプロフィール世界39ヵ国で翻訳・出版されている絵本『はらぺこあおむし』の作者エリック・カール。「絵本の魔術師」といわれている彼の作品は、色彩の豊かさと今までにない作画方法『コラージュ(貼り絵)』が特徴で、世界中にたくさんのファンがいます。【印刷方法 CHARA-FINE(キャラファインについて)】印刷方法のキャラファインとはキャラクターデザインやキャラクター商品開発に特化したデザイナーが自らオペーレーターを務め、国宝や重要文化財などの作品のレプリカ製作にも使用されています。全12色の高性能プリンターで印刷し、数ある半画用紙の中からそのイラストのタッチに適した紙の種類を選択し、原画の色味に忠実な作品になるまで色補正を繰り返して製作しています。その品質にはアニメ制作会社、ゲーム製作会社、出版社、テレビ局などのキャラクター業界からも高い評価を得ています。

エリック・カール 「春」

ディノス

8,424

エリック・カール 「春」

絵本の魔術師エリック・カール。作品「春」を観ていると元気が湧いてきそうです 『コラージュ(貼り絵)』が特徴で、絵本の枠を超えて大人の方も楽しめるオシャレでPOPな作品の数々。そんなカラフルで楽しいエリック・カールの絵が高画質複製原画キャラファインになりました♪エリック・カールプロフィール世界39ヵ国で翻訳・出版されている絵本『はらぺこあおむし』の作者エリック・カール。「絵本の魔術師」といわれている彼の作品は、色彩の豊かさと今までにない作画方法『コラージュ(貼り絵)』が特徴で、世界中にたくさんのファンがいます。【印刷方法 CHARA-FINE(キャラファインについて)】印刷方法のキャラファインとはキャラクターデザインやキャラクター商品開発に特化したデザイナーが自らオペーレーターを務め、国宝や重要文化財などの作品のレプリカ製作にも使用されています。全12色の高性能プリンターで印刷し、数ある半画用紙の中からそのイラストのタッチに適した紙の種類を選択し、原画の色味に忠実な作品になるまで色補正を繰り返して製作しています。その品質にはアニメ制作会社、ゲーム製作会社、出版社、テレビ局などのキャラクター業界からも高い評価を得ています。

リャド ミニ版画 ジヴェルニーの薔薇

ディノス

32,400

リャド ミニ版画 ジヴェルニーの薔薇

現代印象派の旗手と称された天才芸術家「リャド」。この作品は彼の最高傑作と言われています。2016年、生誕70周年を記念したアニバーサリーエディションをご紹介します。 最高傑作と言われている作品です。パリのエルメスの社長がスカーフにしたいと望んだのに色数の多さに諦めたという程の作品です。光と影を自由に操り、『現代印象派の旗手』『ベラスケスの再来』と称された、スペインが生んだ天才画家、トレンツ・リャド。生誕70 周年を記念した、お求めやすいミニ版画をご紹介します。※この作品の印刷技術ジークレー(ジクレー)とは、フランス語で”吹き付けて色を付ける”という意味でリトグラフやシルクスクリーン版画と違い、版を用いずに刷り上げるのが特徴です。デジタルデータを上質な版画用紙等に高精細で広色域に印刷します。また保存性も高く、今日多くのアート作品に用いられています。プロフィール1946年 スペインのバダローナ(カタロニア)に生れる。1955年 9歳でバルセロナの「アカデミア・パルス」で絵を描き始め以降高等学校で絵画を学間、多数の賞を受賞。1965年 課程終了を待たず、19歳にして助教授に任命される。1968年 マジョルカ島にアトリエ設置。その後ヨーロッパ・アメリカで個展。1977年 絵画学校[地中海自由学校]を創立。1986年 アメリカ・テキサス州の名誉市民に選ばれる。1988年 「パーソナリティ・オブ・ザ・イヤー」に選ばれる。この栄誉を受けたスペイン人アーティストは、ミロ、ダリに続き史上3人目。1990年 日本で初の来日個展開催。1991年 スペイン、「セビリアフィエスタ」公式ポスター制作。1992年 オランダ、花のオリンピック日本公式ポスター及び記念版画 『ゲーテの詩と共に』を制作。 1993年 10月6日、パルマ・デ・マジョルカにて永眠。47歳...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「手芸作品」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ