「広重浮世絵江戸百景」 の関連商品を含む検索結果 55件

■龍香堂■☆復刻木版浮世絵 歌川広重『名所江戸百景』12枚セット

龍香堂

43,200

■龍香堂■☆復刻木版浮世絵 歌川広重『名所江戸百景』12枚セット

外寸(約):420×300mm 絵サイズ(約):365×240mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的浮世絵師、歌川広重の『名所江戸百景』中の11景+色替1枚の計12枚セットです。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた江戸の美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎当品は和紙1枚の状態です。額飾しておりません。 ☆送料無料サービス(ゆうパックで発送します) 【名所江戸百景】広重最晩年の作品であり代表作となった連作浮世絵名所絵。近景と遠景、俯瞰、鳥瞰などを駆使し大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。ゴッホをはじめ、日本的な「ジャポニスム」の代表作として西洋の画家に多大な影響を与えたシリーズでもある。 【商品内容】 1.『大はしあたけの夕立』(船二艘) 2.『真崎辺より水神の森内川関屋の里を見る図』 3.『真崎辺より水神の森内川関屋の里を見る図』色替 4.『上野山内月のまつ』 5.『王子装束ゑの木大晦日の狐火』 6.『両国花火』 7.『浅草金竜山』 8.『水道橋駿河台』 9.『亀戸梅屋舗』 10.『箕輪金杉三河しま』 11.『深川州崎十万坪』 12.『する賀てふ』 ※当商品の通常発送は日本郵便株式会社の「ゆうパック」とさせて頂きます。◎ゆうパックは発送先により送料が変わります。この場合は当方から改めまして合計金額をお知らせさせて頂きますので、必ずご確認下さいますようお願い致します◎ ※代引き発送を御希望の場合は、諸費用で1000円をお願いしております。 ※当方から合計金額等のメールを送信後、1週間以内に御振り込み、もしくは御返信を頂けなかった場合はキャンセルとさせて頂きま...

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『大はしあたけの夕立』(船二艘)額装済

龍香堂

10,800

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『大はしあたけの夕立』(船二艘)額装済

額サイズ:425×525×厚35mm 重さ:約2050g 画面サイズ:250×375mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『大はしあたけの夕立』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ☆当品は、船が二艘描かれた「幻の絵」と呼ばれる初版刷りの復刻です。(当初、川岸に有った御船蔵を描くのを憚り、後にその付近を改版したと言われています) ◎こちらは額に入れた状態なので、すぐに飾ることが出来ます。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『大はしあたけの夕立』(おおはしあたけのゆうだち): 広重の最晩年を代表する竪版揃物の中で、最高傑作といわれる。「亀戸梅屋舗...

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『上野山内月のまつ』額装済

龍香堂

8,640

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『上野山内月のまつ』額装済

額サイズ:480×580×厚20mm 重さ:約2410g 印面サイズ:247×370mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『上野山内月のまつ』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎こちらは額に入れた状態なので、すぐに飾ることが出来ます。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『上野山内月のまつ』(うえのさんないつきのまつ) 「月の松」と呼ばれたこの名物松は上野不忍池の弁財天に降りる石段の近くにあった。月のように円形をしている松の枝中に、遠く、本郷の町並みを覗かせる構図で描くことで、まるで遠眼鏡で見たような奇抜で不思議な印象を与えられる。遠近法による大胆な構図と前景の松の細密な表現が効...

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『深川州崎十万坪』

龍香堂

5,400

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『深川州崎十万坪』

外寸:315×440mm 画面サイズ:250×375mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『深川州崎十万坪』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3は裏面の画像と使用した版木です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『深川州崎十万坪』(ふかがわすざきじゅうまんつぼ) 大空を飛翔する一羽の鷲。その視点から眼下の荒涼たる雪景色を眺めた秀逸な構図。洲崎から深川木場、そしてその先の十万坪であるが、雪に覆われた荒涼とした景色と、海にぽつりと浮かぶ桶が一層の物寂しさを誘う。広重らしい情感に溢れ...

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『箕輪金杉三河しま』

龍香堂

5,400

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『箕輪金杉三河しま』

外寸:300×440mm 画面サイズ:250×375mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『箕輪金杉三河しま』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎当品は和紙1枚の状態です。額飾しておりません。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『蓑輪金杉三河しま』(みのわかなすぎみかわしま) 江戸時代の三河島(現・荒川区東日暮里)は冬になると鍋鶴や丹頂鶴が越冬のため渡ってきていた。将軍が自ら鷹を使って鶴を捕獲し、朝廷に献上する「鶴御成(つるのおなり)」の猟場の一つだった。飛翔する鶴から見た荒涼とした景色が物寂しさを誘う。広重らしい情感に溢れ、かつ雄大で大胆な気風が感じられる素晴らしい作品であ...

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『王子装束ゑの木大晦日の狐火』

龍香堂

5,400

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『王子装束ゑの木大晦日の狐火』

外寸:307×440mm 絵サイズ:242×368mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『王子装束ゑの木大晦日の狐火』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎当品は和紙1枚の状態です。額飾しておりません。 ※画像3は、作品の裏面と使用した版木です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『王子装束ゑの木大晦日の狐火』(おうじしょうぞくえのきおおみそかのきつねび): 現在、北区王子にある王子稲荷は、当時は田園が広がっており毎年大晦日の晩、関東一円から集まったキツネ達がまずは王子稲荷に近い榎の下で衣裳を整え儀式を行い...

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『浅草金竜山』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『浅草金竜山』

技法(種別):木版画 紙質:和紙 外寸:325×447mm 印面サイズ:260×370mm 世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『浅草金竜山』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3、上は使用した版木、下は裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは印刷ではないことの証しです。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『浅草金竜山』(あさくさきんりゅうざん) 雷神門より仁王門と五重塔を望んだ雪の日を描いている。大写しの近景に雷門の大提灯を画き、遠景に浅草寺と五重塔、参詣人を両脇に描き、三角形中央に吸い込まれるように描いているのは、広重の遠近法の一つで、境内の広さと奥行きがよくわかる。境内まで続く参道の雪の部分には...

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『浅草金竜山』額装済

龍香堂

10,800

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『浅草金竜山』額装済

額サイズ:425×525×厚35mm 重さ:約2100g 技法(種別):木版画 紙質:和紙 世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『浅草金竜山』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎こちらは額に入れた状態なので、すぐに飾ることが出来ます。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『浅草金竜山』(あさくさきんりゅうざん) 雷神門より仁王門と五重塔を望んだ雪の日を描いている。大写しの近景に雷門の大提灯を画き、遠景に浅草寺と五重塔、参詣人を両脇に描き、三角形中央に吸い込まれるように描いているのは、広重の遠近法の一つで、境内の広さと奥行きがよくわかる。境内まで続く参道の雪の部分には、空摺(からずり...

送料無料
《特製専用額付》創業80年の木版画工房直営 高品質の復刻浮世絵歌川広重「深川洲崎十万坪」(名所江戸百景)【楽ギフ_メッセ入力】

浮世絵のアダチ版画

27,000

《特製専用額付》創業80年の木版画工房直営 高品質の復刻浮世絵歌川広重「深川洲崎十万坪」(名所江戸百景)【楽ギフ_メッセ入力】

仕様  版種木版画(手摺り)  サイズ37.0 × 25.0 cm  額サイズ 55.0 × 40.0 cm 使用する額はこちら >>  用紙越前生漉奉書  監修アダチ伝統木版画技術保存財団  制作アダチ版画研究所  解説日本語・英語併記  納期※ご好評につき、現在増刷中のため、送料無料にてご予約承り中  在庫 なし  配送業者国内 ゆうパック  海外 EMS  送料国内 一律700円 無料  海外 実費より1000円引き 詳細 >>  支払方法カード・振込・代金引換・現金書留 詳細 >>  ギフト対応  【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】  備考浮世絵専用額をお持ちのお客様  絵の差し替えのご案内 >>    深川洲崎十万坪歌川 広重     空を舞う一羽の鷹が眼下に広がる景色を見下ろしています。冬の海にぽつりと浮かぶ桶が物寂しさを誘います。広重らしい情感に溢れ、かつ雄大で大胆な気風が感じられる素晴らしい作品です。これも店長のオススメ品です。         ■浮世絵サイズ: 37.0 × 25.0 cm       ■海外ギフトに■日本のお土産に■江東区(深川)にお住まいの方に★★★★★★★★★★

《特製専用額付》創業80年の木版画工房直営 高品質の復刻浮世絵歌川広重「浅草金竜山」(名所江戸百景)【楽ギフ_包装】

浮世絵のアダチ版画

27,000

《特製専用額付》創業80年の木版画工房直営 高品質の復刻浮世絵歌川広重「浅草金竜山」(名所江戸百景)【楽ギフ_包装】

仕様  版種木版画(手摺り)  サイズ 37.0 × 25.0 cm  額サイズ 55.0 × 40.0 cm 使用する額はこちら >>  用紙越前生漉奉書  監修アダチ伝統木版画技術保存財団  制作アダチ版画研究所  解説日本語・英語併記  納期注文日より3営業日以内に発送 日時指定OK 詳細 >>  在庫なし  配送業者国内 ゆうパック  海外 EMS  送料 国内 一律700円(3万円以上無料)   海外 実費 詳細 >>  支払方法カード・振込・代金引換・現金書留 詳細 >>  ギフト対応  【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】  備考この商品は額装してお届けします。    浅草金竜山歌川 広重     浅草寺雷門の図で、本シリーズ中でも特に有名と言える作品です。雷門をくぐり、浅草寺境内まで続く参道には雪がこんもりと積もっています。この雪の部分には、空摺(からずり)という絵具をつけないで摺る技法が用いられています。         ■浮世絵サイズ: 37.0 × 25.0 cm       ■海外ギフトに■クリスマスプレゼントに■台東区(浅草)にお住まいの方に★★★★★★★★★★★★★

送料無料
歌川広重『東海道五十三次〜日本橋』木版画・風景画【A1421】

ココクレアcococlea

16,200

歌川広重『東海道五十三次〜日本橋』木版画・風景画【A1421】

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次〜日本橋 技法 木版画 外寸 ヨコ625xタテ320 (mm) 絵寸 ヨコ280×タテ190 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■作品の状態 少々経年しています。額縁は良好■技法 手摺木版 復刻版■額 本作の額縁は、障子戸をあしらった粋な意匠です。江戸の時代に戻り、障子戸を開いて風景を眺めるような趣になっております。 ■歌川 広重 (うたがわひろしげ/Hiroshige Utagawa) 1797〜1858 (寛政9年〜安政5年) 江戸出身。 葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師である。 歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。東海道五十三次 / 日本橋 広重は浮世絵画家としては世界に知らない人はいない。30余程の東海道絵を描いたが、この東海道五十三次が一躍広重の名を知らしめた出世作でこれによって広重は一流の浮世絵師となり、当時の人々の心をとらえた。 山に水に、月に雪に、雨に風に、広重のもつ詩情が東海道五十三次を旅する人々の旅情を心ゆくまで描きつくしている。 他の◆歌川広重◆作品を検索歌川広重『東海道五十三次〜日本橋』木版画・風景画

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『真崎辺より水神の森内川関屋の里を見る図』色替

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『真崎辺より水神の森内川関屋の里を見る図』色替

技法(種別):木版画 紙質:和紙 外寸:477×330mm 印面サイズ:364×242mm 世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『真崎辺より水神の森内川関屋の里を見る図』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ●本来の作とは配色が違います。当品は新しい表現として、故意に手前の藍色を抜き、摺っております。その旨御了承の上、ご検討下さい。 ※画像3、上は使用した版木、下は裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは印刷ではないことの証しです。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『真崎辺より水神の森内川関屋の里を見る図(まつさきあたりよりすいじんのもりうちかわせきやのさとをみるず) 料亭の円月窓の向こうには隅田川の渡し場...

送料無料
送料無料|江戸木版画 歌川広重 名所江戸百景「隅田川水神の森真崎」|※包装のしメッセージカード無料対応

アンティナギフトスタジオ

22,680

送料無料|江戸木版画 歌川広重 名所江戸百景「隅田川水神の森真崎」|※包装のしメッセージカード無料対応

※ラッピング・のし等はこちらをご覧いただきご選択ください(別ウインドウが開きます)。商品説明素材セット内容:手摺木版画、専用額 各1 素材:用紙/越前生漉奉書(人間国宝・岩野市兵衛漉元)、専用額/天然木(桜材)、アクリル原産国日本サイズ画寸法/縦34×横22cm 額寸法/縦51×横35×厚み2cm箱サイズ約縦52×横37×高さ3cm浮世絵版画は、通常15回から20回の色摺りが行われ、1色の絵の具で摺ったり、2色以上の絵の具を摺り重ねる「かけあわせ」と呼ばれる摺り方により完成します。紙は、楮(こうぞ)を原料とした手漉和紙の「生漉奉書」を使用。版木には細密な線の彫り、多色摺りの摩滅に耐え堅牢緻密で木質が揃う山桜材を用いた「無垢板」等を使います。向島から隅田川の対岸の真崎と水神社を望んだ風景。真崎は品川の御殿山や王子の飛鳥山と並ぶ桜の名所。奥には筑波山も見え、江戸時代有数の景勝地であったことがうかがえます。※手作り品のため、色が若干異なる場合がございます。【東京伝統木版画工芸協同組合】彫師・摺師らが集合し、江戸木版画の技術の継承に取り組んでいます。復刻不能とされてきた歌川広重の「名所江戸百景」、「東海道五十三次」の他、葛北斎の「富獄三十六景」などの作品の復刻も手掛けています。ショッピングバッグは、S・M・Lの3サイズをご用意しております。サイズをご確認いただき、商品ページからお買い求め下さい。>ショッピングバッグをお買い求めの方はこちらから この商品はこのような用途におすすめです。【新築・引越し祝い】【新築・引越し内祝い・お返し】【定年退職・還暦のお祝い】【その他お祝い(成人・長寿 など・・・)】【ちょっとしたお返し・手土産・ご挨拶】【開店・開業(企業のお祝い)】【ご褒美ギフト】【景品(2次会)】この商品はこのような贈り先さまにおすすめです...

送料無料
送料無料|江戸木版画 歌川広重 名所江戸百景「深川洲崎十万坪」|※包装のしメッセージカード無料対応

アンティナギフトスタジオ

22,680

送料無料|江戸木版画 歌川広重 名所江戸百景「深川洲崎十万坪」|※包装のしメッセージカード無料対応

※ラッピング・のし等はこちらをご覧いただきご選択ください(別ウインドウが開きます)。商品説明素材セット内容:手摺木版画、専用額 各1 素材:用紙/越前生漉奉書(人間国宝・岩野市兵衛漉元)、専用額/天然木(桜材)、アクリル原産国日本サイズ画寸法/縦34×横22cm 額寸法/縦51×横35×厚み2cm箱サイズ約縦52×横37×高さ3cm浮世絵版画は、通常15回から20回の色摺りが行われ、1色の絵の具で摺ったり、2色以上の絵の具を摺り重ねる「かけあわせ」と呼ばれる摺り方により完成します。紙は、楮(こうぞ)を原料とした手漉和紙の「生漉奉書」を使用。版木には細密な線の彫り、多色摺りの摩滅に耐え堅牢緻密で木質が揃う山桜材を用いた「無垢板」等を使います。現在の江東区東陽付近には、江戸時代、荒涼とした原野が広がっていました。上部で鷲がはばたく構図は迫力があり、空の天ボカシ、海の藍の美しいぼかしにより全体が引き締まった作品。※手作り品のため、色が若干異なる場合がございます。【東京伝統木版画工芸協同組合】彫師・摺師らが集合し、江戸木版画の技術の継承に取り組んでいます。復刻不能とされてきた歌川広重の「名所江戸百景」、「東海道五十三次」、葛飾北斎の「富獄三十六景」などの作品の復刻も手掛けています。ショッピングバッグは、S・M・Lの3サイズをご用意しております。サイズをご確認いただき、商品ページからお買い求め下さい。>ショッピングバッグをお買い求めの方はこちらから この商品はこのような用途におすすめです。【新築・引越し祝い】【新築・引越し内祝い・お返し】【定年退職・還暦のお祝い】【その他お祝い(成人・長寿 など・・・)】【ちょっとしたお返し・手土産・ご挨拶】【開店・開業(企業のお祝い)】【ご褒美ギフト】【景品(2次会)】この商品はこのような贈り先さまにおすすめ...

送料無料
送料無料|江戸木版画 歌川広重 名所江戸百景「亀戸梅屋敷」|※包装のしメッセージカード無料対応

アンティナギフトスタジオ

22,680

送料無料|江戸木版画 歌川広重 名所江戸百景「亀戸梅屋敷」|※包装のしメッセージカード無料対応

※ラッピング・のし等はこちらをご覧いただきご選択ください(別ウインドウが開きます)。商品説明素材セット内容:手摺木版画、専用額 各1 素材:用紙/越前生漉奉書(人間国宝・岩野市兵衛漉元)、専用額/天然木(桜材)、アクリル原産国日本サイズ画寸法/縦34×横22cm 額寸法/縦51×横35×厚み2cm箱サイズ約縦52×横37×高さ3cm浮世絵版画は、通常15回から20回の色摺りが行われ、1色の絵の具で摺ったり、2色以上の絵の具を摺り重ねる「かけあわせ」と呼ばれる摺り方により完成します。紙は、楮(こうぞ)を原料とした手漉和紙の「生漉奉書」を使用。版木には細密な線の彫り、多色摺りの摩滅に耐え堅牢緻密で木質が揃う山桜材を用いた「無垢板」等を使います。亀戸天神の裏手にあった名木「臥龍梅」を描いた版画。画家ゴッホが模写し、その日本的な構図を学んでいたことでも有名です。「各所江戸百景」を代表する作品。※手作り品のため、色が若干異なる場合がございます。【東京伝統木版画工芸協同組合】彫師・摺師らが集合し、江戸木版画の技術の継承に取り組んでいます。復刻不能とされてきた歌川広重の「名所江戸百景」、「東海道五十三次」、葛飾北斎の「富獄三十六景」などの作品の復刻も手掛けています。ショッピングバッグは、S・M・Lの3サイズをご用意しております。サイズをご確認いただき、商品ページからお買い求め下さい。>ショッピングバッグをお買い求めの方はこちらから この商品はこのような用途におすすめです。【新築・引越し祝い】【新築・引越し内祝い・お返し】【定年退職・還暦のお祝い】【その他お祝い(成人・長寿 など・・・)】【ちょっとしたお返し・手土産・ご挨拶】【開店・開業(企業のお祝い)】【ご褒美ギフト】【景品(2次会)】この商品はこのような贈り先さまにおすすめです。【男性向け】...

こちらの関連商品はいかがですか?

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『京都名所之内 淀川』

龍香堂

5,400

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『京都名所之内 淀川』

外寸:450×340mm 画面サイズ:377×245mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的浮世絵師、歌川広重。その『京都名所之内 淀川』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎当品は和紙1枚の状態です。額飾しておりません。 ※画像3、右は裏面の画像、左は使用した版木です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】『京都名所之内 淀川』(きょうとめいしょのうち よどがわ) 各種の諸国名所を手がけた広重は、京の名所もしばしば描いている。江戸時代の淀川・枚方は京街道の宿場町また淀川舟運の中継港として栄え、周辺農村にとって物資の集散地および遊興場の役割を果たしていた...

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『原 朝之富士』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『原 朝之富士』

外寸:433×302mm 印面サイズ:383×253mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 世界的浮世絵師、歌川広重。その『東海道五十三次』中の『原 朝之富士』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3、左は裏面の画像、右は使用した版木です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】東海道五十三次『原 朝之富士』(はら あさのふじ) 一番目を引くのは、風景を囲む枠から富士の頂上が飛び出ている優美で大胆な構図である。富士を仰ぎ見る母娘や供の者、旅人が足を止め、振り返って眺めたほどの去りがたい風景には、朝日に白雪が紅に染まり、街道の沼地には白鷺、遠い西の空は藍色に晴れ渡っている...

■龍香堂■☆復刻木版浮世絵 葛飾北斎『富嶽三十六景』36枚セット

龍香堂

172,800

■龍香堂■☆復刻木版浮世絵 葛飾北斎『富嶽三十六景』36枚セット

外寸(約):450×335mm 絵サイズ(約):388×263mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的芸術家、葛飾北斎の『富嶽三十六景』36枚セットです。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた富士の自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎当品は和紙1枚の状態です。額飾しておりません。 ☆送料無料サービス(ゆうパックで発送します) ◎「富嶽三十六景」四十六枚は、古来日本人のすべてに愛され親しまれてきた富士山を中心に、自然界の風景を幾何学的要素に還元して見る手法を縦横に駆使し、清新な色調で組絵の面白さを求めた傑作で、北斎五十年間の画業は、まさに此処に凝縮されていたと言えます。 【商品内容】1.神奈川沖浪裏 2.凱風快晴 3.山下白雨 4.深川万年橋下 5.東都駿台 6.武州千住 7.甲州犬目峠 8.尾州不二見原 9.武州玉川 10.武陽佃島 11.相州七里浜 12.信州諏訪湖 13.甲州石班沢 14.常州牛堀 15.相州梅沢左 16.甲州三島越 17.東都浅草本願寺 18.駿州江尻 19.遠江山中 20.礫川雪ノ旦 21.下目黒 22.東海道吉田 23.上総ノ海路 24.登戸浦 25.江戸日本橋 26.隅田川関屋の里 27.甲州三坂水面 28.東海道程ヶ谷 29.御厩川岸より両国橋夕陽見 30.五百らかん寺さゞゐどう 31.隠田の水車 32.東海道江尻田子の浦略図 33.本所立川 34.東海道品川御殿山ノ不二 35.身延川裏不二 36.駿州大野新田※当商品の通常発送は日本郵便株式会社の「ゆうパック」とさせて頂きます。◎ゆうパックは発送先により送料が変わります。この場合は当方から改めまして合計金額をお知らせさせて頂きますので、必ずご確認下さいますようお願い致します◎ ※代引き発送を御希望の場合は...

■龍香堂■☆復刻木版画 葛飾北斎 浮世絵『東海道江尻田子の浦略図』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆復刻木版画 葛飾北斎 浮世絵『東海道江尻田子の浦略図』

技法(種別):木版画 紙質:和紙 外寸:430×313mm 印面サイズ:378×252mm 世界的芸術家、葛飾北斎。その『富嶽三十六景』中の『東海道江尻田子の浦略図』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた富士の自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3、下2枚は使用した版木。上は裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ◎「富嶽三十六景」四十六枚は、古来日本人のすべてに愛され親しまれてきた富士山を中心に、自然界の風景を幾何学的要素に還元して見る手法を縦横に駆使し、清新な色調で組絵の面白さを求めた傑作で、北斎五十年間の画業は、まさに此処に凝縮されていたと言えます。 【作品解説】東海道江尻田子の浦略図(とうかいどうえじりたごのうらりゃくず)(View from Tago-no-ura Beach at Ejiri on Tokaido Highway) 『万葉集』にも詠われた田子の浦は駿河湾の今の清水あたり、ここは富士山が正面に眺められる名所である。遠景は富士と霞、間景は塩田の入々が居る浜辺、そして前景には巨大な舟上で力強く漕いでいる漁夫たち。北斎流の海の波が如実で、それを乗切っていく漁舟の動的が何とも素晴らしい。これらを重ね描くことで、より印象的に富士を見せている。北斎らしい雄大な風景画である。※当商品は寸法規制の厳しいメール便ではなく、定形外郵便で発送致します。送料は、重量50〜100g範囲の140円をお願い致します。 ※代引き発送を御希望の場合は、諸費用で1000円をお願いしております。 ※当方から合計金額等のメールを送信後、1週間以内に御振り込み、もしくは御返信を頂けなかった場合はキャンセルとさせて頂きます。 ※こちらの商品を御注文頂きます時に...

■龍香堂■☆復刻木版画 葛飾北斎 浮世絵『遠江山中』

龍香堂

5,000

■龍香堂■☆復刻木版画 葛飾北斎 浮世絵『遠江山中』

技法(種別):木版画 紙質:和紙 外寸:474×315mm 印面サイズ:370×250mm 世界的芸術家、葛飾北斎。その『富嶽三十六景』中の『遠江山中』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた富士の自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3は裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●「富嶽三十六景」四十六枚は、古来日本人のすべてに愛され親しまれてきた富士山を中心に、自然界の風景を幾何学的要素に還元して見る手法を縦横に駆使し、清新な色調で組絵の面白さを求めた傑作で、北斎五十年間の画業は、まさに此処に凝縮されていたと言えます。 【作品解説】遠江山中(とおうみさんちゅうView in the mountains of Totomi Province) 遠江国(静岡県)の山中で、巨大な材木に乗って上から、あるいは材木の下から大鋸を挽き、鋸の目立てをする木挽き職人たち。左から右へ大胆に対角線に大きな材木を描き、1人は上から、1人は下から木挽がその巨材を挽いている。雲ひとつない青空の高さ、そこに漂う焚火の煙は輪郭を摺り残してぼかしを入れた木版画独特の表現が施されている。その一家の木挽きの働く姿が如実であるが、これが巨材を支える三又の足場、その間に富士山の姿と、三角形を駆使して作り上げたこの奇抜な幾何学的構図は、一種の機構美を我々に感じさせ場面の妙を一層引き立てている。※当商品はメール便ではなく、定形外郵便で発送致します。送料は、重量50〜100g範囲の140円をお願い致します。 ※代引き発送を御希望の場合は、諸費用で1000円をお願いしております。 ※当方から合計金額等のメールを送信後、1週間以内に御振り込み、もしくは御返信を頂けなかった場合はキャンセルとさせて頂きます...

■龍香堂■☆復刻木版画 葛飾北斎 浮世絵『あやめにきりぎりす』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆復刻木版画 葛飾北斎 浮世絵『あやめにきりぎりす』

技法(種別):木版画 紙質:和紙 外寸:445×317mm 印面サイズ:366×250mm 世界的芸術家、葛飾北斎の『あやめにきりぎりす』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた富士の自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3、上は裏面の画像、下は使用した版木です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 【作品解説】あやめにきりぎりす(Iris and katydid) 藍色のバックに上品な紫・逆に止まったきりぎりす・・・。繊細な筆致と巧みな構図に北斎の生気と力強さが見られます。北斎の花鳥画は浮世絵としては富嶽三十六景に比べそれほど有名ではありませんが、写実的な描写・繊細な線と簡潔な構図・下から上へ藍色のぼかしの鮮やかさに西洋絵画の影響が感じられます。花鳥画では人気の有る作品です。※当商品は寸法規制の厳しいメール便ではなく、定形外郵便で発送致します。送料は、重量50〜100g範囲の140円をお願い致します。 ※代引き発送を御希望の場合は、諸費用で1000円をお願いしております。 ※当方から合計金額等のメールを送信後、1週間以内に御振り込み、もしくは御返信を頂けなかった場合はキャンセルとさせて頂きます。 ※こちらの商品を御注文頂きます時に、支払方法を「代引発送」にされますと、楽天から自動送信されますメールにはシステム上、代引き料金が350円と記載される事が御座います。この場合は龍香堂から改めまして合計金額をお知らせさせて頂きますので、必ずご確認下さいますようお願い致します。

■龍香堂■☆額装済み復刻木版画浮世絵 葛飾北斎『あやめにきりぎりす』

龍香堂

10,800

■龍香堂■☆額装済み復刻木版画浮世絵 葛飾北斎『あやめにきりぎりす』

額装サイズ:525×425mm 版画サイズ:370×250mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 世界的芸術家、葛飾北斎の『あやめにきりぎりす』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた富士の自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎こちらは額に入れた状態なので、すぐに飾ることが出来ます。 ※画像3、上は裏面の画像、下は使用した版木です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 【作品解説】あやめにきりぎりす(Iris and katydid) 藍色のバックに上品な紫・逆に止まったきりぎりす・・・。繊細な筆致と巧みな構図に北斎の生気と力強さが見られます。北斎の花鳥画は浮世絵としては富嶽三十六景に比べそれほど有名ではありませんが、写実的な描写・繊細な線と簡潔な構図・下から上へ藍色のぼかしの鮮やかさに西洋絵画の影響が感じられます。花鳥画では人気の有る作品です。※当商品の通常発送はヤマト運輸の宅急便とさせて頂きます。◎宅急便は発送先により送料が変わります。この場合は当方から改めまして合計金額をお知らせさせて頂きますので、必ずご確認下さいますようお願い致します◎ ※代引き発送を御希望の場合は、諸費用で1000円をお願いしております。 ※当方から合計金額等のメールを送信後、1週間以内に御振り込み、もしくは御返信を頂けなかった場合はキャンセルとさせて頂きます。 ※こちらの商品を御注文頂きます時に、支払方法を「代引発送」にされますと、楽天から自動送信されますメールにはシステム上、代引き料金が350円と記載される事が御座います。この場合は龍香堂から改めまして合計金額をお知らせさせて頂きますので、必ずご確認下さいますようお願い致します。

■龍香堂■「劉長青」復刻木版浮世絵 葛飾北斎『富嶽百景 登龍の不二(朱)』額装済

全2商品

8,640

■龍香堂■「劉長青」復刻木版浮世絵 葛飾北斎『富嶽百景 登龍の不二(朱)』額装済

額サイズ(約):490×365×厚19mm 絵サイズ:350×240mm 重さ:約1300g 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的芸術家、葛飾北斎。その『富嶽百景』中の『登龍の不二』です。雲を呼び、今まさに富士山を昇らんとする龍。下部の隅に龍を配置し、素材をかなり削ぎ落とした事により、龍の勢いが更に増して感じられる作品です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた富士の自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ☆当品は「変わり摺り」として版画で彩色したものです。 ◎こちらは額に入れた状態なので、すぐに飾ることが出来ます。 ※画像3は版木の一部と裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●北斎が七十歳を過ぎて刊行された『富嶽三十六景』は、当時、富士信仰が盛んだった事もあり巷で大変な人気となった。その好評を受け刊行されたものが三十六景の続編ともいうべき『富嶽百景』である。『富嶽三十六景』が一枚絵で多色摺りであるのに対し、『富嶽百景』は三巻・102図からなる和綴じ本で、墨の濃淡のみの二色摺りである。当時の風物や人々の営みを、富士を交えスケッチ風に描かれており、この精巧な仕上がりからは、老いてなお並々ならぬ情熱と創作意欲が感じられる。北斎七十五歳頃の刊行と言われている。 ※製作者プロフィール 【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。 中国山東省工芸美術学院絵画専業卒業。中国北京中央美術学院版画学部版画専業修了。中国政府派遣版画研究のため来日(東京芸術大学版画研究室)。「中国版画展」「世界版画展」「美術展覧」等において入選、受賞。 ※1995年・中国政府に「特殊貢献の優秀人材」の称号を受ける。 2001年・中国政府派遣再来日...

■龍香堂■「劉長青」復刻木版浮世絵 葛飾北斎『富嶽百景 登龍の不二(朱)』

全3商品

5,400

■龍香堂■「劉長青」復刻木版浮世絵 葛飾北斎『富嶽百景 登龍の不二(朱)』

外寸(約):430×320mm 絵サイズ:350×240mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的芸術家、葛飾北斎。その『富嶽百景』中の『登龍の不二』です。雲を呼び、今まさに富士山を昇らんとする龍。下部の隅に龍を配置し、素材をかなり削ぎ落とした事により、龍の勢いが更に増して感じられる作品です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた富士の自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ☆当品は「変わり摺り」として版画で彩色したものです。 ◎当品は和紙1枚の状態です。額飾しておりません。 ※画像3は版木の一部と裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●北斎が七十歳を過ぎて刊行された『富嶽三十六景』は、当時、富士信仰が盛んだった事もあり巷で大変な人気となった。その好評を受け刊行されたものが三十六景の続編ともいうべき『富嶽百景』である。『富嶽三十六景』が一枚絵で多色摺りであるのに対し、『富嶽百景』は三巻・102図からなる和綴じ本で、墨の濃淡のみの二色摺りである。当時の風物や人々の営みを、富士を交えスケッチ風に描かれており、この精巧な仕上がりからは、老いてなお並々ならぬ情熱と創作意欲が感じられる。北斎七十五歳頃の刊行と言われている。 ※製作者プロフィール 【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。 中国山東省工芸美術学院絵画専業卒業。中国北京中央美術学院版画学部版画専業修了。中国政府派遣版画研究のため来日(東京芸術大学版画研究室)。「中国版画展」「世界版画展」「美術展覧」等において入選、受賞。 ※1995年・中国政府に「特殊貢献の優秀人材」の称号を受ける。 2001年・中国政府派遣再来日(東京芸術大学版画研究室、客員研究員) 現在は...

■龍香堂■☆復刻木版画 東洲斎写楽 浮世絵『三世大谷鬼次の奴江戸兵衛』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆復刻木版画 東洲斎写楽 浮世絵『三世大谷鬼次の奴江戸兵衛』

技法(種別):木版画 紙質:和紙 外寸:436×292mm 刷面サイズ:352×234mm 歌舞伎といえばこの絵が浮かび、写楽=「鬼次」というくらい良く知られ人気のある作品です。見得(みえ)を切っているような、迫真の力に圧倒されます。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。写楽の浮世絵を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3は裏面です。版画用染料が裏写りしていますので印刷ではないことを御確認できます。 ◎東洲斎 写楽(生没年不詳)は1794年にデビューし、寛政6年5月からわずか10ヶ月ばかり活躍して姿を消した謎の絵師。 【作品解説】三世大谷鬼次の奴江戸兵衛(さんせいおおたにおにじのやっこえどべえ) 脂粉を通り越し、役者の素顔にまで迫ろうとした似顔絵で有名。本図は河原崎座の「恋女房染分手綱」(こいにょうぼうそめわけたずな)に取材したもの。敵役に挑みかかるような仕草と,憎々しげな表情が素晴らしい。※当商品は定形外郵便で発送致します。送料は、重量50〜100g範囲の140円をお願い致します。 ※代引き発送を御希望の場合は、諸費用で1000円をお願いしております。 ※当方から合計金額等のメールを送信後、1週間以内に御振り込み、もしくは御返信を頂けなかった場合はキャンセルとさせて頂きます。 ※こちらの商品を御注文頂きます時に、支払方法を「代引発送」にされますと、楽天から自動送信されますメールにはシステム上、代引き料金が350円と記載される事が御座います。この場合は龍香堂から改めまして合計金額をお知らせさせて頂きますので、必ずご確認下さいますようお願い致します。

■龍香堂■☆復刻木版画 葛飾北斎 浮世絵 『富嶽三十六景・神奈川沖浪裏』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆復刻木版画 葛飾北斎 浮世絵 『富嶽三十六景・神奈川沖浪裏』

技法(種別):木版画 紙質:和紙 外寸:460×308mm 印面サイズ:390×260mm 世界的芸術家、葛飾北斎。 その『富嶽三十六景』中の『神奈川沖浪裏』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた富士の自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎「富嶽三十六景」四十六枚は、古来日本人のすべてに愛され親しまれてきた富士山を中心に、自然界の風景を幾何学的要素に還元して見る手法を縦横に駆使し、清新な色調で組絵の面白さを求めた傑作で、北斎五十年間の画業は、まさに此処に凝縮されていたと言えます。 【作品解説】3・神奈川沖浪裏(View through waves off the coast of Kanagawa) 三大役物の一つであるばかりでなく、これほど人に知られた傑作はございません。大怒濤のさかまく浪の間に、人間の乗る舟のいかに小さく、あぶなげであるか。スリルに満ちた構図であるが、北斎は逆巻く大浪に対しても、人間の力を強く打ち出そうとしている。それを遠望の富士 が静かに見守っているように見える。それが北斎の心である。なおこの波の描写は波と富士の画家といわれた北斎を代表するものである。 ※画像3は裏面の画像です。版画用染料が裏写りしており、印刷ではないことを御確認下さい。※当商品は寸法規制の厳しいメール便ではなく、定形外郵便で発送致します。送料は、重量50〜100g範囲の140円をお願い致します。 ※代引き発送を御希望の場合は、諸費用で1000円をお願いしております。 ※当方から合計金額等のメールを送信後、1週間以内に御振り込み、もしくは御返信を頂けなかった場合はキャンセルとさせて頂きます。 ※こちらの商品を御注文頂きます時に、支払方法を「代引発送」にされますと、楽天から自動送信されますメールにはシステム上...

■龍香堂■☆復刻木版画葛飾北斎 浮世絵 『富嶽三十六景・神奈川沖浪裏』額入

龍香堂

16,200

■龍香堂■☆復刻木版画葛飾北斎 浮世絵 『富嶽三十六景・神奈川沖浪裏』額入

技法(種別):木版画 紙質:和紙 外寸:460×308mm 印面サイズ:390×260mm ◎こちらはセピア大衣額に入れた状態なので、すぐに飾ることが出来ます。 世界的芸術家、葛飾北斎。 その『富嶽三十六景』中の『神奈川沖浪裏』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた富士の自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎「富嶽三十六景」四十六枚は、古来日本人のすべてに愛され親しまれてきた富士山を中心に、自然界の風景を幾何学的要素に還元して見る手法を縦横に駆使し、清新な色調で組絵の面白さを求めた傑作で、北斎五十年間の画業は、まさに此処に凝縮されていたと言えます。 【作品解説】3・神奈川沖浪裏(View through waves off the coast of Kanagawa) 三大役物の一つであるばかりでなく、これほど人に知られた傑作はございません。大怒濤のさかまく浪の間に、人間の乗る舟のいかに小さく、あぶなげであるか。スリルに満ちた構図であるが、北斎は逆巻く大浪に対しても、人間の力を強く打ち出そうとしている。それを遠望の富士 が静かに見守っているように見える。それが北斎の心である。なおこの波の描写は波と富士の画家といわれた北斎を代表するものである。 ※画像3は裏面の画像です。版画用染料が裏写りしており、印刷ではないことを御確認下さい。◎こちらはセピア大衣額に入れた状態なので、すぐに飾ることが出来ます。 ユウバック80サイズで送ります ※当方から合計金額等のメールを送信後、1週間以内に御振り込み、もしくは御返信を頂けなかった場合はキャンセルとさせて頂きます。 この場合は龍香堂から改めまして合計金額をお知らせさせて頂きますので、必ずご確認下さいますようお願い致します。

■龍香堂■☆復刻木版画葛飾北斎 浮世絵 『富嶽三十六景・神奈川沖浪裏』額入

龍香堂

10,800

■龍香堂■☆復刻木版画葛飾北斎 浮世絵 『富嶽三十六景・神奈川沖浪裏』額入

技法(種別):木版画 紙質:和紙 外寸:460×308mm 印面サイズ:390×260mm 世界的芸術家、葛飾北斎。 その『富嶽三十六景』中の『神奈川沖浪裏』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた富士の自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎「富嶽三十六景」四十六枚は、古来日本人のすべてに愛され親しまれてきた富士山を中心に、自然界の風景を幾何学的要素に還元して見る手法を縦横に駆使し、清新な色調で組絵の面白さを求めた傑作で、北斎五十年間の画業は、まさに此処に凝縮されていたと言えます。 【作品解説】3・神奈川沖浪裏(View through waves off the coast of Kanagawa) 三大役物の一つであるばかりでなく、これほど人に知られた傑作はございません。大怒濤のさかまく浪の間に、人間の乗る舟のいかに小さく、あぶなげであるか。スリルに満ちた構図であるが、北斎は逆巻く大浪に対しても、人間の力を強く打ち出そうとしている。それを遠望の富士 が静かに見守っているように見える。それが北斎の心である。なおこの波の描写は波と富士の画家といわれた北斎を代表するものである。 ※画像3は裏面の画像です。版画用染料が裏写りしており、印刷ではないことを御確認下さい。ユウバック80サイズで送ります ※当方から合計金額等のメールを送信後、1週間以内に御振り込み、もしくは御返信を頂けなかった場合はキャンセルとさせて頂きます。 この場合は龍香堂から改めまして合計金額をお知らせさせて頂きますので、必ずご確認下さいますようお願い致します。

■龍香堂■☆復刻木版画 葛飾北斎 浮世絵『富嶽三十六景・甲州石班沢』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆復刻木版画 葛飾北斎 浮世絵『富嶽三十六景・甲州石班沢』

技法(種別):木版画 紙質:和紙 外寸:477×317mm 印面サイズ:378×260mm 世界的芸術家、葛飾北斎。その『富嶽三十六景』中の『甲州石班沢』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた富士の自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3は裏面です。版画用染料が裏写りしていますので印刷ではないことを御確認できます。 ◎「富嶽三十六景」四十六枚は、古来日本人のすべてに愛され親しまれてきた富士山を中心に、自然界の風景を幾何学的要素に還元して見る手法を縦横に駆使し、清新な色調で組絵の面白さを求めた傑作で、北斎五十年間の画業は、まさに此処に凝縮されていたと言えます。 【作品解説】甲州石班沢(View from Kajikazawa in Kai Province) この図を見ると一幅の漢画を見る思いがする。激流の中につき出た巨巌の上で父子の漁師が綱を打っている。 その構図、その人物の配置、描写にはまことに北斎ならではの緊張感と構図美がある。中景の流れから富士のきびしい姿へのもり上りも、前景と調和がとれている。漁師の綱の4本の紐が画面に生気を与えている。石班沢は鰍沢あたりの急流であろう。46枚中の佳作の一つである。※当商品の発送は「代引き発送」もしくは「ヤマト運輸の宅急便(元払い)」にて御願い致します。御落札後は、こちらから送料込みの合計等お知らせ致します。 ※当方から合計金額等のメールを送信後、1週間以内に御振り込み、もしくは御返信を頂けなかった場合はキャンセルとさせて頂きます。 ※こちらの商品を御注文頂きます時に、支払方法を「代引発送」にされますと、楽天から自動送信されますメールにはシステム上、代引き料金が350円と記載される事が御座います。この場合は龍香堂から改めまして合計金額をお知らせさせて頂...

■龍香堂■☆復刻木版画 葛飾北斎 浮世絵『富嶽三十六景・山下白雨』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆復刻木版画 葛飾北斎 浮世絵『富嶽三十六景・山下白雨』

技法(種別):木版画 紙質:和紙 外寸:485×320mm 印面サイズ:376×256mm 世界的芸術家、葛飾北斎。その『富嶽三十六景』中の『山下白雨』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた富士の自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎「富嶽三十六景」四十六枚は、古来日本人のすべてに愛され親しまれてきた富士山を中心に、自然界の風景を幾何学的要素に還元して見る手法を縦横に駆使し、清新な色調で組絵の面白さを求めた傑作で、北斎五十年間の画業は、まさに此処に凝縮されていたと言えます。 【作品解説】37・山下白雨(Summer Shower beneath the Peak) 「凱風快晴」とは違って、これは「動」の絵である。裾野は雷電はためく夏の雨である。しかし富士は毅然としてそそり立っている。遠くに湧立っ雷雲も夏の日の景観である。この下界、沖天の騒がしさにもかかわらず、富士の偉容の泰然たる姿の偉大さに、北斎は自己の芸術の誇りを表現しているのではあるまいか。この絵では上端の藍の一文字がすごくきいている。この画集の三大役物の一つである。※当商品は定形外郵便で発送致します。送料は、重量50〜100g範囲の140円をお願い致します。 ※代引き発送を御希望の場合は、諸費用で1000円をお願いしております。 ※当方から合計金額等のメールを送信後、1週間以内に御振り込み、もしくは御返信を頂けなかった場合はキャンセルとさせて頂きます。 ※こちらの商品を御注文頂きます時に、支払方法を「代引発送」にされますと、楽天から自動送信されますメールにはシステム上、代引き料金が350円と記載される事が御座います。この場合は龍香堂から改めまして合計金額をお知らせさせて頂きますので、必ずご確認下さいますようお願い致します。

■龍香堂■「劉長青」復刻木版浮世絵 葛飾北斎『武州玉川』摺順8枚

龍香堂

37,800

■龍香堂■「劉長青」復刻木版浮世絵 葛飾北斎『武州玉川』摺順8枚

外寸:445×327mm 絵サイズ:372×255mm 重さ(8枚):約36g 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●多色摺の木版錦絵は、基本的に色の数だけ用意した色版と、輪郭線の主版(おもはん)で摺り上げられます。当品は葛飾北斎『富嶽三十六景』中の『武州玉川』です。各色版を段階別に摺ったもので、単色から、次はプラス1色、次は2色…と、順に色を重ねた7枚と完成品1枚の計8枚組です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ●「富嶽三十六景」四十六枚は、古来日本人のすべてに愛され親しまれてきた。富士山を中心に、自然界の風景を幾何学的要素に還元して見る手法を縦横に駆使し、清新な色調で組絵の面白さを求めた傑作で、北斎五十年間の画業は、まさに此処に凝縮されていたと言えます。更に、西洋から輸入された人工顔料ベルリアン・ブルーを用い、従来の藍よりも一際鮮やかな発色が評判になり大流行を呼びました。 【作品解説】「武州玉川」(ぶしゅうたまがわ): 玉川とは多摩川の事で江戸近郊では月の名所であった。この作品は一見単純な構図に見えるが、近景の岸辺、中景の川、遠景の富士という画面を斜めに渡した三層の景色で繋ぎ合わせ、バランス良く計算し尽くされた作品である。下段の馬と農夫の描写が更に情緒的でこの絵を引き締めている。 ※製作者プロフィール【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。 中国山東省工芸美術学院絵画専業卒業。中国北京中央美術学院版画学部版画専業修了。中国政府派遣版画研究のため来日(東京芸術大学版画研究室)。「中国版画展」「世界版画展」「美術展覧」等において入選、受賞。 ※1995年・中国政府に「特殊貢献の優秀人材」の称号を受ける。 2001年...

■龍香堂「劉長青」復刻木版浮世絵 葛飾北斎『摂州天満橋』

龍香堂

5,400

■龍香堂「劉長青」復刻木版浮世絵 葛飾北斎『摂州天満橋』

外寸:430×310mm 絵サイズ:380×260mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的芸術家、葛飾北斎。その『諸国名橋奇覧』中の『摂州天満橋』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた風景美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎当品は和紙1枚の状態です。額飾しておりません。 ※画像3は版木の一部と裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●「諸国名橋奇覧」は全国の珍しい橋を画題とした全11図の名所絵揃物で「冨嶽三十六景」と共に北斎の代表的な風景版画です。描かれた橋の多くは実在していますが伝説上の橋も含まれています。このシリーズで北斎は様々な橋梁に興味を注ぎ、それにふさわしい景観を見事に描き込んでいます。北斎五十年間の画業は、まさに此処に凝縮されていたと言えます。更に、西洋から輸入された人工顔料ベルリアン・ブルーを用い、従来の藍よりも一際鮮やかな発色が評判になり大流行を呼びました。 【作品解説】「摂州天満橋」(せっしゅうてんまばし) 画面の左右を放物線状に貫く太鼓橋、それを天と川面のぼかしで引き締めている。北斎の特徴的な幾何学的構図には目を奪われてしまう。橋上にはその表情は見えぬものの通行人が様々な方向、それぞれの動作をし往来している。全体に暖色のない画面ではあるが、まるで話し声すら聞こえてきそうな不思議な世界である。 ※製作者プロフィール【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。 中国山東省工芸美術学院絵画専業卒業。中国北京中央美術学院版画学部版画専業修了。中国政府派遣版画研究のため来日(東京芸術大学版画研究室)。「中国版画展」「世界版画展」「美術展覧」等において入選、受賞。 ※1995年・中国政府に「特殊貢献の優秀人材...

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 葛飾北斎『駿州江尻』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 葛飾北斎『駿州江尻』

絵サイズ:367×255mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 世界的芸術家、葛飾北斎。 その『富嶽三十六景』中の『駿州江尻』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた富士の自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3は版木の一部と裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●「富嶽三十六景」四十六枚は、古来日本人のすべてに愛され親しまれてきた富士山を中心に、自然界の風景を幾何学的要素に還元して見る手法を縦横に駆使し、清新な色調で組絵の面白さを求めた傑作で、北斎五十年間の画業は、まさに此処に凝縮されていたと言えます。更に、西洋から輸入された人工顔料ベルリアン・ブルーを用い、従来の藍よりも一際鮮やかな発色が評判になり大流行を呼びました。 【作品解説】駿州江尻(すんしゅうえじり) 突風にあおられ舞い上がった懐紙や菅笠が、砂埃で暗くかすむ空に吸い込まれていく。今、目の前にしているかと思うほど臨場感のある光景で、旅人たちは強風をしのごうと笠を手で押さえて身をかがめている。一本線で描かれた富士には力強さは感じられないものの、逆に緊迫感、緊張感が有る。超然とする富士に対し強風に煽られる儚き姿を対比させ、まるで連写撮影のような一瞬を描いた傑作である。 ※製作者プロフィール 【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。 中国山東省工芸美術学院絵画専業卒業。中国北京中央美術学院版画学部版画専業修了。中国政府派遣版画研究のため来日(東京芸術大学版画研究室)。「中国版画展」「世界版画展」「美術展覧」等において入選、受賞。 ※1995年・中国政府に「特殊貢献の優秀人材」の称号を受ける。 2001年・中国政府派遣再来日(東京芸術大学版画研究室、客員研究員)...

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 月岡芳年『熊坂 朧夜月』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 月岡芳年『熊坂 朧夜月』

画サイズ:265×365mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 独特の画風が人気の浮世絵師、月岡芳年。その連作「月百姿」の『熊坂 朧夜月』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。芳年の得意とする構図の妙を手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3は使用した版木と裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ☆額飾も可能です(プラス額代金2000円)。ご希望の場合はご連絡下さい。 ●月岡 芳年(つきおか よしとし):幕末から明治前期にかけての浮世絵師。12歳で歌川国芳に入門。その画業は幅広く、歴史絵・美人画・風俗画・古典画・合戦絵など多種多様な浮世絵を手がけ、各分野で独特の画風がある。構図や技法の点で工夫が見られ、動きの瞬間をストップモーションのように止めて見せる技法は現代のマンガや劇画に通じるものがあり、劇画の先駆者との評もある。 【作品解説】月百姿(つきひゃくし):1885〜1892年の7年間の歳月をかけて発表した大判錦絵。月岡芳年は自分の名から月に対する思い入れが深く、晩年の傑作として『月百姿』という月にちなんだ説話、能、歌舞伎を題材にした百枚に及ぶ連作を描いている。 この『熊坂 朧夜月』は、僧に扮した熊坂長範の亡霊が旅の僧に、自分が牛若丸に討たれた有様を見せ無念を語るという能舞台の一場面である。臨場感溢れるポーズに原色の色使いと構図が何とも大胆である。 ※製作者プロフィール 【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。 中国山東省工芸美術学院絵画専業卒業。中国北京中央美術学院版画学部版画専業修了。中国政府派遣版画研究のため来日(東京芸術大学版画研究室)。「中国版画展」「世界版画展」「美術展覧」等において入選、受賞。 ※1995年・中国政府に...

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 葛飾北斎『駿州江尻』額装済

龍香堂

10,800

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 葛飾北斎『駿州江尻』額装済

額装サイズ:525×425×厚35mm 絵サイズ:367×255mm 重さ:約1.9kg 技法(種別):木版画 紙質:和紙 世界的芸術家、葛飾北斎。 その『富嶽三十六景』中の『駿州江尻』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた富士の自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎こちらは額に入れた状態なので、すぐに飾ることが出来ます。 ※画像3は版木の一部と裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●「富嶽三十六景」四十六枚は、古来日本人のすべてに愛され親しまれてきた富士山を中心に、自然界の風景を幾何学的要素に還元して見る手法を縦横に駆使し、清新な色調で組絵の面白さを求めた傑作で、北斎五十年間の画業は、まさに此処に凝縮されていたと言えます。更に、西洋から輸入された人工顔料ベルリアン・ブルーを用い、従来の藍よりも一際鮮やかな発色が評判になり大流行を呼びました。 【作品解説】駿州江尻(すんしゅうえじり) 突風にあおられ舞い上がった懐紙や菅笠が、砂埃で暗くかすむ空に吸い込まれていく。今、目の前にしているかと思うほど臨場感のある光景で、旅人たちは強風をしのごうと笠を手で押さえて身をかがめている。一本線で描かれた富士には力強さは感じられないものの、逆に緊迫感、緊張感が有る。超然とする富士に対し強風に煽られる儚き姿を対比させ、まるで連写撮影のような一瞬を描いた傑作である。 ※製作者プロフィール 【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。 中国山東省工芸美術学院絵画専業卒業。中国北京中央美術学院版画学部版画専業修了。中国政府派遣版画研究のため来日(東京芸術大学版画研究室)。「中国版画展」「世界版画展」「美術展覧」等において入選、受賞。 ※1995年...

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 葛飾北斎『御厩川岸より両国橋夕陽見』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 葛飾北斎『御厩川岸より両国橋夕陽見』

絵サイズ:375×253mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 世界的芸術家、葛飾北斎。その『富嶽三十六景』中の『御厩川岸より両国橋夕陽見』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた富士の自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3は版木の一部と裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●「富嶽三十六景」四十六枚は、古来日本人のすべてに愛され親しまれてきた。富士山を中心に、自然界の風景を幾何学的要素に還元して見る手法を縦横に駆使し、清新な色調で組絵の面白さを求めた傑作で、北斎五十年間の画業は、まさに此処に凝縮されていたと言えます。更に、西洋から輸入された人工顔料ベルリアン・ブルーを用い、従来の藍よりも一際鮮やかな発色が評判になり大流行を呼びました。 【作品解説】御厩川岸より両国橋夕陽見(おんまやがしよりりょうごくばしゆうひみ) 隅田川の東岸から両国橋の向こうに富士が見える。墨の天ぼかしで画面を引き締める事で次第に迫りくる夕闇と、残照に照らされる遠景を輪郭線のない無線摺で表し、背景はまるで影絵の様である。そんな遠方の静寂とは対照的に、手前の波は陰影を何重もの曲線で表わす事で、流動的な動きが見事に現わされている。賑やかしく家路や宿へ向かうため船に乗り込んだ人々、特に鳥刺しの持つ竿は空間に広がりを持たせ、船頭の頭を中心点に橋と舟の弧が点対象となる構図も印象的な作品である。 ※製作者プロフィール 【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。 中国山東省工芸美術学院絵画専業卒業。中国北京中央美術学院版画学部版画専業修了。中国政府派遣版画研究のため来日(東京芸術大学版画研究室)。「中国版画展」「世界版画展」「美術展覧」等において入選、受賞。 ...

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 葛飾北斎『深川万年橋下』

龍香堂

5,400

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 葛飾北斎『深川万年橋下』

絵サイズ:372×250mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 世界的芸術家、葛飾北斎。その『富嶽三十六景』中の『深川万年橋下』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた富士の自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3は版木の一部と裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●「富嶽三十六景」四十六枚は、古来日本人のすべてに愛され親しまれてきた。富士山を中心に、自然界の風景を幾何学的要素に還元して見る手法を縦横に駆使し、清新な色調で組絵の面白さを求めた傑作で、北斎五十年間の画業は、まさに此処に凝縮されていたと言えます。更に、西洋から輸入された人工顔料ベルリアン・ブルーを用い、従来の藍よりも一際鮮やかな発色が評判になり大流行を呼びました。 【作品解説】「深川万年橋下」(ふかがわまんねんばしした) 万年橋は、江戸深川を流れる小名木川が隅田川に合流する地点にかかる橋である。両岸の建物を西洋画風の透視遠近法で描き、更に中央に大きく描かれた太鼓橋とその橋桁越しに富士を見る大胆な構図は見る者を驚かせる。だが少しも奇異でなく、落付いた一幅の絵となっているのは、橋の美しいアーチとすっきり仕上げられた色彩の印象であろう。 ※製作者プロフィール 【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。 中国山東省工芸美術学院絵画専業卒業。中国北京中央美術学院版画学部版画専業修了。中国政府派遣版画研究のため来日(東京芸術大学版画研究室)。「中国版画展」「世界版画展」「美術展覧」等において入選、受賞。 ※1995年・中国政府に「特殊貢献の優秀人材」の称号を受ける。 2001年・中国政府派遣再来日(東京芸術大学版画研究室、客員研究員) 現在は...

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 月岡芳年『月百姿 金時山の月』

龍香堂

5,400

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 月岡芳年『月百姿 金時山の月』

紙サイズ:315×435mm 画サイズ:254×370mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●独特の画風が人気の浮世絵師、月岡芳年。その連作「月百姿」の『金時山の月』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。芳年の得意とする構図の妙を手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎当品は和紙1枚の状態です。額飾しておりません。 ※画像3は使用した版木と裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●月岡 芳年(つきおか よしとし):幕末から明治前期にかけての浮世絵師。12歳で歌川国芳に入門。その画業は幅広く、歴史絵・美人画・風俗画・古典画・合戦絵など多種多様な浮世絵を手がけ、各分野で独特の画風がある。構図や技法の点で工夫が見られ、動きの瞬間をストップモーションのように止めて見せる技法は現代のマンガや劇画に通じるものがあり、劇画の先駆者との評もある。 【作品解説】月百姿(つきひゃくし):1885〜1892年の7年間の歳月をかけて発表した大判錦絵。月岡芳年は自分の名から月に対する思い入れが深く、晩年の傑作として『月百姿』という月にちなんだ説話、能、歌舞伎を題材にした百枚に及ぶ連作を描いている。 この『金時山の月』は、満月の下、赤肌で丸々とした金太郎が相撲を見ている。金太郎を描いた浮世絵は多いが、殆どは鉞を担いでいるなど勇ましい怪童の姿で描かれている。一方でこの金太郎は、その伝統的なモチーフでなく猿とウサギの相撲を体を屈め慈愛の表情で見守り、何とも優しげである。凄惨な風俗作品などを多数描いた芳年であるが、この様な微笑ましい光景も残している事に、人間味溢れる一面を感じ取れる。 ※製作者プロフィール 【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。...

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 月岡芳年『月百姿 金時山の月』額装済

龍香堂

11,664

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 月岡芳年『月百姿 金時山の月』額装済

額サイズ:425×525×厚35mm 絵サイズ:255×370mm 重さ:約2100g 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●独特の画風が人気の浮世絵師、月岡芳年。その連作「月百姿」の『金時山の月』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。芳年の得意とする構図の妙を手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎こちらは額に入れた状態なので、すぐに飾ることが出来ます。 ※画像3は使用した版木と裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●月岡 芳年(つきおか よしとし):幕末から明治前期にかけての浮世絵師。12歳で歌川国芳に入門。その画業は幅広く、歴史絵・美人画・風俗画・古典画・合戦絵など多種多様な浮世絵を手がけ、各分野で独特の画風がある。構図や技法の点で工夫が見られ、動きの瞬間をストップモーションのように止めて見せる技法は現代のマンガや劇画に通じるものがあり、劇画の先駆者との評もある。 【作品解説】月百姿(つきひゃくし):1885〜1892年の7年間の歳月をかけて発表した大判錦絵。月岡芳年は自分の名から月に対する思い入れが深く、晩年の傑作として『月百姿』という月にちなんだ説話、能、歌舞伎を題材にした百枚に及ぶ連作を描いている。 この『金時山の月』は、満月の下、赤肌で丸々とした金太郎が相撲を見ている。金太郎を描いた浮世絵は多いが、殆どは鉞を担いでいるなど勇ましい怪童の姿で描かれている。一方でこの金太郎は、その伝統的なモチーフでなく猿とウサギの相撲を体を屈め慈愛の表情で見守り、何とも優しげである。凄惨な風俗作品などを多数描いた芳年であるが、この様な微笑ましい光景も残している事に、人間味溢れる一面を感じ取れる。 ※製作者プロフィール 【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年...

送料無料
歌川国貞/香蝶楼豊国/歌川豊国(三代)『猪王山森右ェ門』木版画【B813】

ココクレアcococlea

93,960

歌川国貞/香蝶楼豊国/歌川豊国(三代)『猪王山森右ェ門』木版画【B813】

商品の詳細 作家名 歌川国貞/香蝶楼豊国/歌川豊国(三代) 作品名 猪王山森右ェ門 技法 木版画 − − 絵寸 ヨコ255xタテ368 (mm) 額装サービス(有料)を承ります ■作家 歌川国貞/香蝶楼豊国/歌川豊国(三代)天明6年 江戸生まれ、江戸後期の浮世絵師。初号は国貞、のちに三代目歌川豊国、別号に一雄斎・五渡亭・香蝶楼・琴雷舎等多数。幼少より画才を認められ、初代豊国の門に入って歌川と称す。歌川派として、武者絵の国芳、風景画の広重と共に「役者絵の国貞」として名を馳せた。元治元年(1864)歿、79才。■タイトル 猪王山森右ェ門(いおうざんもりえもん)宮城出身の力士、安政3年大関。稀代の酒豪であったといわれる。■技法 浮世絵 木版画(江戸時代後期の作品)■作品の状態 おおむね良好 相撲の好事家の方が大切に保管していた作品を譲り受けました。経年による古さ、風合いはありますが、非常に状態のよい作品です。■額装サービス(有料)にて対応する額のサイズ / 外寸413x527 (mm) 他の◆歌川国貞/香蝶楼豊国/歌川豊国(三代)◆作品を検索歌川国貞/香蝶楼豊国/歌川豊国(三代)『猪王山森右ェ門』木版画

歌川広重『東海道五十三次』【浮世絵・日本画】【通販・販売】

東京書芸館

361,800

歌川広重『東海道五十三次』【浮世絵・日本画】【通販・販売】

■越前生漉奉書紙使用。 ■一枚ずつに彫師・摺師名を明示。 ■浮世絵研究の権威・吉田暎二氏の詳しい解説書付き。 ■木製額縁1点つき。 各作品「窓付き台紙」つきで、入れ替えて飾っていただけます。 ■作品収納用桐箱つき。 ■寸法(約):【画寸】縦19×横30cm 【額寸】縦33×横44cm ■商品お届けは受注から約1ヶ月後。 ■発送手数料は1点につき別途648円(税込)をお申し受けます。 「絵画・掛軸」商品一覧にもどる■関が原の合戦後、徳川家康が江戸を中心とした街道整備として、最初に手掛けたのが東海道。 幕府開府後は、参勤交代の大名行列や参府の公家の通行をはじめ、町人、行商人など旅人や物資がさかんに行き来し、 宿場町は大変な賑わいを見せたと言います。 そんな街道沿いの活気あふれる風景を描いたのが歌川広重の傑作 『東海道五十三次』です。 ■広重は、ゴッホが愛し、フランス印象派画家に多大な影響を与えたといわれる江戸の浮世絵師。 その国際的人気は、現代でもおとろえることを知りません。 もともと《浮世絵》は、美人画や役者絵が中心でした。 風景は人物の背景でしかなく、いわば脇役的な存在。そこに、風景を主役に引き上げ、「風景画」という新たなジャンルを確立したのが、広重と北斎だったのです。 それというのも、透視遠近法や陰影法などの画法にさらなる磨きををかけ、ぼかし技法で空間を表すなど、 当時としては非常に困難であった技術的課題をも克服できる才能と技量があったからこそといえます。 ■広重は、もともと武家の出。 寛政9年(1797)幕府の「火消同心」の家に生まれます。 幼いころから絵画に長じた広重は、13歳で浮世絵師歌川豊広に入門しました。 当時は武家出身の絵師や戯作者が輩出された頃でもあったのです。 19歳で号〈広重〉を許され、62歳で没するまで風景画...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「広重浮世絵江戸百景」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ