「広重東海道五十三次」 の検索結果 133件

送料無料
歌川広重『東海道五十三次〜岡部』リトグラフ【A1681】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次〜岡部』リトグラフ【A1681】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次〜岡部 技法 リトグラフ 外寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年〜1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年、X東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景」1858年 「名所江戸百景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次〜赤阪』リトグラフ【A1693】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次〜赤阪』リトグラフ【A1693】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次〜赤阪 技法 リトグラフ 外寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年〜1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年、X東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景」1858年 ...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次〜由比』リトグラフ【A1659】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次〜由比』リトグラフ【A1659】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次〜由比 技法 リトグラフ 外寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年〜1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年、X東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景」1858年 「名所江戸百景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次〜吉田』リトグラフ【A1691】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次〜吉田』リトグラフ【A1691】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次〜吉田 技法 リトグラフ 外寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年〜1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年、X東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景」1858年 ...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次〜沼津』リトグラフ【A1676】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次〜沼津』リトグラフ【A1676】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次〜沼津 技法 リトグラフ 外寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年〜1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年、X東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景」1858年 「名所江戸百景...

■龍香堂■☆復刻木版画 歌川広重 浮世絵『亀戸梅屋舗』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆復刻木版画 歌川広重 浮世絵『亀戸梅屋舗』

技法(種別):木版画 紙質:和紙 外寸:425×310mm 印面サイズ:375×258mm 世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『亀戸梅屋舗』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3、右は裏面の画像、中は使用した版木です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa) 江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景「亀戸梅屋舗(かめいどうめやしき)」 近景を大写しにし、遠くを望む広重好みのダイナミックな構図で、このシリーズの代表作の一つといえる。亀戸梅屋舗は、亀戸天神から北東300メートル足らずのところに、梅屋舗と呼ばれる梅の名園があった。中でもそこにあった 「臥龍梅」(がりょうばい)と呼ばれる梅が有名で...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次〜日本橋』木版画【A1421】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

ココクレアcococlea

16,200

歌川広重『東海道五十三次〜日本橋』木版画【A1421】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次〜日本橋 技法 木版画 外寸 ヨコ625xタテ320 (mm) 絵寸 ヨコ280×タテ190 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■作品の状態 少々経年しています。額縁は良好■技法 手摺木版 復刻版■額 本作の額縁は、障子戸をあしらった粋な意匠です。江戸の時代に戻り、障子戸を開いて風景を眺めるような趣になっております。 ■歌川 広重 (うたがわひろしげ/Hiroshige Utagawa) 1797〜1858 (寛政9年〜安政5年) 江戸出身。 葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師である。 歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。東海道五十三次 / 日本橋 広重は浮世絵画家としては世界に知らない人はいない。30余程の東海道絵を描いたが、この東海道五十三次が一躍広重の名を知らしめた出世作でこれによって広重は一流の浮世絵師となり、当時の人々の心をとらえた。 山に水に、月に雪に、雨に風に、広重のもつ詩情が東海道五十三次を旅する人々の旅情を心ゆくまで描きつくしている。 他の◆歌川広重◆作品を検索歌川広重『東海道五十三次〜日本橋』木版画・【版画・絵画・美術品】・風景画

【全世界発送】浮世絵! 世界遺産 ★ 富士山 由井薩多嶺 歌川広重 ☆ 安藤広重 日本土産 東海道五十三次 富嶽三十六景

ひのもとじゃぱん 楽天市場店

1,300

【全世界発送】浮世絵! 世界遺産 ★ 富士山 由井薩多嶺 歌川広重 ☆ 安藤広重 日本土産 東海道五十三次 富嶽三十六景

『由井薩多嶺』は歌川広重(安藤広重)の大作・東海道五十三次のうちの一枚です。 江戸時代、江戸(東京)〜京都間の街道・東海道には53の宿場町がありました。 『由井薩多嶺』のうち「由比」は現在の静岡県静岡市清水区にあたり、江戸(日本橋)から数えて16番目の宿場町になります。 「薩多嶺」は「由井」近くにあった江戸時代当時の東海道の難所の峠でした。 しかしここの眺めは、ひろびろと開けた駿河湾と沼津(共に現在の静岡県)から続く美しい海岸線は絶景の景色で、当時の東海道を往来する旅人の心を癒しました。 広重の絵でも、左での峠道の断崖の上からこの絶景を眺めている旅人を描いてます。 この絵は明るく晴々とした気分の絵であり、切り絵クラフトでも余すところなく表現してます。 □ English □ “Yui Satta Peak” is a big piece of Hiroshige Utagawa, which is one of the “fifty-three stages on the Tokaido”. In Edo period, there were 53 post stations between Edo(Tokyo) and Kyoto. “Yui” is in Shizuoka prefecture in present day and it was the 16th post station from Edo. “Satta Peak” was the hardest mountain path in Tokaido near “Yui” back in Edo period. Though it was the hardest mountain path for the travelers, the view from the...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次〜府中』リトグラフ【A1680】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次〜府中』リトグラフ【A1680】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次〜府中 技法 リトグラフ 外寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年〜1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年、X東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景」1858年 「名所江戸百景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次〜亀山』リトグラフ【A1702】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次〜亀山』リトグラフ【A1702】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次〜亀山 技法 リトグラフ 外寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年〜1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年、X東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景」1858年 「名所江戸百景」完成。 安政5年9月6日...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次〜三島』リトグラフ【A1674】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次〜三島』リトグラフ【A1674】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次〜三島 技法 リトグラフ 外寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年〜1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年、X東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景」1858年 「名所江戸百景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次〜水口』リトグラフ【A1706】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次〜水口』リトグラフ【A1706】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次〜水口 技法 リトグラフ 外寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年〜1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年、X東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景」1858年 ...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次〜見附』リトグラフ【A1685】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次〜見附』リトグラフ【A1685】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次〜見附 技法 リトグラフ 外寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年〜1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年、X東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景」1858年 ...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次〜二川』リトグラフ【A1690】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次〜二川』リトグラフ【A1690】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次〜二川 技法 リトグラフ 外寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年〜1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年、X東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景」1858年 ...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次〜藤川』リトグラフ【A1694】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次〜藤川』リトグラフ【A1694】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次〜藤川 技法 リトグラフ 外寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年〜1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年、X東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景」1858年 ...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次〜舞坂』リトグラフ【A1687】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次〜舞坂』リトグラフ【A1687】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次〜舞坂 技法 リトグラフ 外寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年〜1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年、X東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景」1858年 ...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次〜掛川』リトグラフ【A1683】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次〜掛川』リトグラフ【A1683】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次〜掛川 技法 リトグラフ 外寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年〜1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年、X東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景」1858年 ...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次〜荒井』リトグラフ【A1688】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次〜荒井』リトグラフ【A1688】・【版画・絵画・美術品】・風景画 大切な方への贈り物に! お部屋のインテリアに!

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次〜荒井 技法 リトグラフ 外寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年〜1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年、X東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景」1858年 ...

楽しいホビーの広重東海道五十三次、発売中!クリスマスや誕生日のプレゼントにもどうぞ♪楽しいコレクションやホビー。大人から子供まで充実した時間を楽しめます。広重東海道五十三次に徹底的にハマろう!

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ホビーアイテムをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいホビーが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「広重東海道五十三次」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ