関連キーワード:
» ホビー

広重東海道五十三次

キーワードの削除

広重東海道五十三次の検索結果

183件中1~20件目

表示 : リスト表示 | カタログ表示 | コンビ表示

並び替え : おすすめ値段が安い順値段が高い順

商品表示数 : ポップアップの表示 : 表示させない
歌川広重 「東海道五十三次」 藤沢(遊行寺) 手摺木版画 保永堂版 復刻 5745

8,640円

歌川広重 「東海道五十三次」 藤沢(遊行寺) 手摺木版画 保永堂版 復刻 5745

全2商品

歌川広重 「東海道五十三次」 藤沢(遊行寺) 手摺木版画 保永堂版 復刻 5745

8,640円

作家:バイオグラフィー歌川広重(Hiroshige Utagawa) ◆1797年(寛政9年) 江戸生まれ。葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師。歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。1858年(安政5年)没、62歳。1965年創業、国内最大級の美術品取扱い専門店、静美洞です。安心してお求めください。■歌川広重 東海道五十三次■広重は浮世絵画家としては世界に知らない人はいない。30余程の東海道絵を描いたが、この東海道五十三次が一躍広重の名を知らしめた出世作でこれによって広重は一流の浮世絵師となり、当時の人々の心をとらえた。 山に水に、月に雪に、雨に風に、広重のもつ詩情が東海道五十三次を旅する人々の旅情を心ゆくまで描きつくしている。 歌川広重・手摺木版画 「東海道五十三次」藤沢(遊行寺)- 保永堂版・復刻 - 歌川 広重 (Hiroshige Utagawa)1797〜1858 (寛政9年〜安政5年) 江戸出身。葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師。歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。7・藤沢(遊行寺)戸塚から七.三粁。この絵の画題は「遊行寺」で正面丘の上に描かれているのが遊行寺であるが、街道は、この寺の前を通ってこの鳥居のところにくる。この鳥居は、江の島弁天への道の入口を示している。したがってここは江の島詔の道との岐れ道となっている。この辺を砥上原という。寺の門前町の家並から橋を渡って往還はかなり賑わっている。大山詔などの東海道の旅人、江の島詔の人々、数人の盲人の旅姿も面白く、これは江の島詔に向かうのであろう。霞を隔てて遊行寺の森が描かれ、堂字が近景を圧する描き方は殊更に名刹遊行寺をこの土地の名所としたものと思われる。巧みな構図である。 ・作家名歌川 広重・タイトル東海道五十三次 藤沢(遊行寺) ・技 法木版画 手摺り 復刻版用紙:越前生漉奉書・額装サイズヨコ440xタテ370x奥行20(mm)・画サイズヨコ300xタテ190(mm)・店頭参考価格16,200円(税込)・備 考熨斗、ラッピングを無料で承ります。画像の転載は禁止します。版 元 : 東京・悠々洞出版 | 作品解説 : 吉田暎二 彫 師 : 伊藤進・長島道男・松田寅蔵・大倉健二・前田謙太郎 摺 師 : 伊藤太郎・遠藤忠雄・佐藤律三・新味三郎・上杉桂一郎 ※ 彫師、摺師は重要民族文化財保存技術者として認定されております。用 紙 : 越前生漉奉書 | 額装済み▼ 東海道五十三次 一覧へ※ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。メール :jokunseibidou@shop.rakuten.co.jp 電話番号:054-668−9930 折り返し当店よりご連絡させていただきます。

全2商品

歌川広重 「東海道五十三次」 掛川(秋葉山遠望) 手摺り木版画 保永堂版 復刻 額装済み 5745

8,640円

歌川広重 「東海道五十三次」 掛川(秋葉山遠望) 手摺り木版画 保永堂版 復刻 額装済み 5745

【楽天】 叙勲額と記念品の専門店 静美洞

歌川広重 「東海道五十三次」 掛川(秋葉山遠望) 手摺り木版画 保永堂版 復刻 額装済み 5745

8,640円

作家:バイオグラフィー歌川広重(Hiroshige Utagawa) ◆1797年(寛政9年) 江戸生まれ。葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師。歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。1858年(安政5年)没、62歳。1965年創業、国内最大級の美術品取扱い専門店、静美洞です。安心してお求めください。■歌川広重 東海道五十三次■広重は浮世絵画家としては世界に知らない人はいない。30余程の東海道絵を描いたが、この東海道五十三次が一躍広重の名を知らしめた出世作でこれによって広重は一流の浮世絵師となり、当時の人々の心をとらえた。山に水に、月に雪に、雨に風に、広重のもつ詩情が東海道五十三次を旅する人々の旅情を心ゆくまで描きつくしている。歌川広重・手摺木版画 「東海道五十三次」掛川(秋葉山遠望)- 保永堂版・復刻 - 歌川 広重 (Hiroshige Utagawa)1797〜1858 (寛政9年〜安政5年) 江戸出身。葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師。歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。27・掛川(秋葉山遠望)掛川宿は日坂から七.二粁。この掛川の宿外れにある塩井川の土橋を中心に描いたのがこの絵である。向こうから供をつれた僧侶がくる。往きちがう老夫婦の旅人が、腰を曲げて慇懃に挨拶しているもの、僧侶を敬い、後生を願う昔の老人の気配もしのばれる一情景である。掛川、つぎの袋井から浜松あたりの平野では凧あげが盛んである。沖天にあがっている凧や、糸が切れて飛んでいく凧が画面に動きを与えている。遠くに見える峻厳な山は。画題「秋葉山遠望」の秋葉山である。掛川から秋葉山へは三十二粁。東海道で庶民の信仰をあつめていた三尺棒権現によって知られている。右手の田圃で田の草をとる納付の姿、橋の上の里の子に夏の暑さを見せている。僧侶の胸もとに汗がにじんでいるようにさえ見える。 ・作家名歌川 広重・タイトル東海道五十三次 掛川(秋葉山遠望)・技 法木版画 手摺り 復刻版用紙:越前生漉奉書・額装サイズヨコ440xタテ370x奥行20(mm)・画サイズヨコ300xタテ190(mm)・店頭参考価格16,200円(税込)・備 考熨斗、ラッピングを無料で承ります。画像の転載は禁止します。版 元 : 東京・悠々洞出版 | 作品解説 : 吉田暎二 彫 師 : 伊藤進・長島道男・松田寅蔵・大倉健二・前田謙太郎 摺 師 : 伊藤太郎・遠藤忠雄・佐藤律三・新味三郎・上杉桂一郎 ※ 彫師、摺師は重要民族文化財保存技術者として認定されております。用 紙 : 越前生漉奉書 | 額装済み▼ 東海道五十三次 一覧へ ※ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。メール :jokunseibidou@shop.rakuten.co.jp 電話番号:054-668−9930 折り返し当店よりご連絡させていただきます。

【楽天】 叙勲額と記念品の専門店 静美洞

歌川広重 「東海道五十三次」 由井(薩多嶺) 手摺り 木版画 保永堂版 復刻 5745

8,640円

歌川広重 「東海道五十三次」 由井(薩多嶺) 手摺り 木版画 保永堂版 復刻 5745

【楽天】 叙勲額と記念品の専門店 静美洞

歌川広重 「東海道五十三次」 由井(薩多嶺) 手摺り 木版画 保永堂版 復刻 5745

8,640円

作家:バイオグラフィー歌川広重(Hiroshige Utagawa) ◆1797年(寛政9年) 江戸生まれ。葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師。歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。1858年(安政5年)没、62歳。1965年創業、国内最大級の美術品取扱い専門店、静美洞です。安心してお求めください。■歌川広重 東海道五十三次■広重は浮世絵画家としては世界に知らない人はいない。30余程の東海道絵を描いたが、この東海道五十三次が一躍広重の名を知らしめた出世作でこれによって広重は一流の浮世絵師となり、当時の人々の心をとらえた。 山に水に、月に雪に、雨に風に、広重のもつ詩情が東海道五十三次を旅する人々の旅情を心ゆくまで描きつくしている。歌川広重・手摺木版画 「東海道五十三次」由井(薩多嶺)- 保永堂版・復刻 - 歌川 広重 (Hiroshige Utagawa)1797〜1858 (寛政9年〜安政5年) 江戸出身。葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師。歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。17・由井(薩多嶺)蒲原をすぎると山は海に近くせまる。この海が清見潟である。古くは海の干潮の時に海岸ずたいに通った危険なところであったが、明暦元年九月に朝鮮から使節がきた時、山を切り開いて街道を通した。これが薩多峠であり、東海一の難所であった。しかし、ここの眺めは、「此所富士山鮮やかに見えて、東海道第一の風景なるべし」と名所記のもある通り、ひろびろと開けた駿河湾、沼津から続く曲汀の眼をみはらす景色であったろう。広重の絵でも、左での峠道の断崖の上からこわごわとこの絶景を眺めている旅人を描いている。 ・作家名歌川 広重・タイトル東海道五十三次 由井(薩多嶺)・技 法木版画 手摺り 復刻版用紙:越前生漉奉書・額装サイズヨコ440xタテ370x奥行20(mm)・画サイズヨコ300xタテ190(mm)・店頭参考価格16,200円(税込)・備 考熨斗、ラッピングを無料で承ります。画像の転載は禁止します。▼ 東海道五十三次 一覧へ版 元 : 東京・悠々洞出版 | 作品解説 : 吉田暎二 彫 師 : 伊藤進・長島道男・松田寅蔵・大倉健二・前田謙太郎 摺 師 : 伊藤太郎・遠藤忠雄・佐藤律三・新味三郎・上杉桂一郎 ※ 彫師、摺師は重要民族文化財保存技術者として認定されております。用 紙 : 越前生漉奉書 | 額装済み ※ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。メール :jokunseibidou@shop.rakuten.co.jp 電話番号:054-668−9930 折り返し当店よりご連絡させていただきます。

【楽天】 叙勲額と記念品の専門店 静美洞

歌川広重「東海道五十三次之内【江尻 三保遠望】額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

10,800円

歌川広重「東海道五十三次之内【江尻 三保遠望】額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

【楽天】 浮世絵版画和小物専門店浅草六華庵

歌川広重「東海道五十三次之内【江尻 三保遠望】額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

10,800円

額付を希望のお客様は、こちらから額(マット付)¥8,400のご注文をお願いいたします。 5,250 円以上のお買い物で送料無料です。 絵師 歌川広重(1797-1858 寛政9−安政5) UTAGAWA HIROSIGE(1797−1858) 版元 東京伝統木版画工芸協同組合 版画 ○縦387×横255mm 木版手摺り・和紙 その他 モニターにより、色の見え方が実際の商品と異なることがございます。 また、手摺りのため色合いやボカシ加減が実際の商品と異なることがございます。 和紙の若干の伸び縮みにより、大きさが数ミリ違うことがあります。歌川広重「東海道五十三次/江尻 三保遠望」 版元:東京伝統木版画工芸協同組合 ◆商品説明 湾の右手から延びている土地が、天女の羽衣伝説で有名な三保の松原である。古くから街道の宿駅として発展し、戦国時代には上洛を目論む武田信玄が創設した武田水軍の根拠地にも選ばれた。本来は富士の眺望が良いはずだが、意図的に外した様だ。 【商品画像・商品説明:東京伝統木版画工芸協同組合より】 江戸時代末期の浮世絵師。 歌川豊広の門人。 風景画の連作に名をなし、花鳥画にも新境地を開きました。 「東海道五十三次」「名所江戸百景」などが代表作。 額付を希望のお客様は、こちらから額(マット付)¥8,400のご注文をお願いいたします。

【楽天】 浮世絵版画和小物専門店浅草六華庵

歌川広重「東海道五十三次之内【四日市 三重川】額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

10,800円

歌川広重「東海道五十三次之内【四日市 三重川】額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

【楽天】 浮世絵版画和小物専門店浅草六華庵

歌川広重「東海道五十三次之内【四日市 三重川】額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

10,800円

額付を希望のお客様は、こちらから額(マット付)¥8,400のご注文をお願いいたします。 5,250 円以上のお買い物で送料無料です。 絵師 歌川広重(1797-1858 寛政9−安政5) UTAGAWA HIROSIGE(1797−1858) 版元 東京伝統木版画工芸協同組合 版画 ○縦387×横255mm 木版手摺り・和紙 その他 モニターにより、色の見え方が実際の商品と異なることがございます。 また、手摺りのため色合いやボカシ加減が実際の商品と異なることがございます。 和紙の若干の伸び縮みにより、大きさが数ミリ違うことがあります。歌川広重「東海道五十三次/四日市 三重川」 版元:東京伝統木版画工芸協同組合 ◆商品説明 現在は工業地帯として有名な四日市だが、かつては三重川の河口に出来た湊町だった。四日市のはずれの「日永の追分」は東海道から分岐する伊勢参宮道の起点。実は東海道を行く多くの旅人はここから伊勢神宮を目指した。 【商品画像・商品説明:東京伝統木版画工芸協同組合より】 江戸時代末期の浮世絵師。 歌川豊広の門人。 風景画の連作に名をなし、花鳥画にも新境地を開きました。 「東海道五十三次」「名所江戸百景」などが代表作。 額付を希望のお客様は、こちらから額(マット付)¥8,400のご注文をお願いいたします。

【楽天】 浮世絵版画和小物専門店浅草六華庵

歌川広重『東海道五十三次』

344,520円

歌川広重『東海道五十三次』

【楽天】 東京書芸館

歌川広重『東海道五十三次』

344,520円

■越前生漉奉書紙使用。 ■一枚ずつに彫師・摺師名を明示。 ■浮世絵研究の権威・吉田暎二氏の詳しい解説書付き。 ■木製額縁1点つき。 各作品「窓付き台紙」つきで、入れ替えて飾っていただけます。 ■作品収納用桐箱つき。 ■画寸:たて約19×よこ約30cm ■額寸:たて約33×よこ約44cm ■商品お届けは、約1ヶ月後になります。■送料は1点につき別途648円(税込)をお申し受けます。■関が原の合戦後、徳川家康が江戸を中心とした街道整備として、最初に手掛けたのが東海道。幕府開府後は、参勤交代の大名行列や参府の公家の通行をはじめ、町人、行商人など旅人や物資がさかんに行き来し、宿場町は大変な賑わいを見せたと言います。そんな街道沿いの活気あふれる風景を描いたのが歌川広重の傑作『東海道五十三次』です。■広重は、ゴッホが愛し、フランス印象派画家に多大な影響を与えたといわれる江戸の浮世絵師。その国際的人気は、現代でもおとろえることを知りません。 もともと《浮世絵》は、美人画や役者絵が中心でした。風景は人物の背景でしかなく、いわば脇役的な存在。そこに、風景を主役に引き上げ、「風景画」という新たなジャンルを確立したのが、広重と北斎だったのです。 それというのも、透視遠近法や陰影法などの画法にさらなる磨きををかけ、ぼかし技法で空間を表すなど、当時としては非常に困難であった技術的課題をも克服できる才能と技量があったからこそといえます。■広重は、もともと武家の出。寛政9年(1797)幕府の「火消同心」の家に生まれます。幼いころから絵画に長じた広重は、13歳で浮世絵師歌川豊広に入門しました。当時は武家出身の絵師や戯作者が輩出された頃でもあったのです。 19歳で号〈広重〉を許され、62歳で没するまで風景画・花鳥画などに数々の名作を発表しました。中でも最高傑作、国際的名画の評価をほしいままにし、絵画界のみならず歴史学の重要資料としても賞賛されたのが、この『東海道五十三次』です。■天保3年(1832)、35歳になった広重は幕府から朝廷への吉例行事「馬献上」の一行に同行、道すがら東海道の街道筋や宿場の光景をスケッチしました。東海道五十三次内容目録1.日本橋2.品川3.川崎4.神奈川5.保土ヶ谷6.戸塚7.藤沢8.平塚9.大磯10.小田原11.箱根12.三島13.沼津14.原15.吉原16.蒲原17.由井18.興津19.江尻20.府中21.丸子22.岡部23.藤枝24.島田25.金谷26.日坂27.掛川28.袋井29.見附30.浜松31.舞坂32.荒井33.白須賀34.二川35.吉田36.御油37.赤坂38.藤川39.岡崎40.池鯉附41.鳴海42.宮43.桑名44.四日市45.石薬師46.庄野47.亀山48.関49.阪之下50.土山51.水口52.石部53.草津54.大津55.京都東海道五十三次とは…幕府は、東海道に53の宿駅を定めて五十三次とした。「次」とは、飛脚・伝馬の中継地で、旅駕屋が繁盛した。なお、起点の日本橋と終点の京都は数に入っていないため作品数は55枚となる。その際、単に名所名勝を描くにとどまらず、各地独特の光景や祭事、四季の移ろい、雨・雪・霧・風までも巧みに活写しました。 それらをもとに完成したのが、江戸の版元・保永堂から出版されたこの『東海道五十三次』全五十五枚揃です。たちまち大評判をよび、広重は名声を確立します。広重は後に30余の「東海道絵」を描きましたが、全作品中にあっても最高傑作と評価されているのは、この保永堂版の『東海道五十三次』だけなのです。■本頒布は、「重要民俗文化財技法」を持つ現代を代表する彫師・摺師が、江戸期伝統の木版技法を駆使して、当時のままに一枚一枚よみがえらせた名品です。用紙も、浮世絵版画特有の最高級越前手漉き奉書紙を使っているため、独特の色味や手触りまでもが江戸期のまま。《廣重》の落款も明らかで、むろん彫師・摺師名も明記してあります。

【楽天】 東京書芸館

歌川広重 東海道五十三次/保栄堂版 「庄野(白雨)」復刻リトグラフ うたがわひろしげ 8785 送料無料

41,040円

歌川広重 東海道五十三次/保栄堂版 「庄野(白雨)」復刻リトグラフ うたがわひろしげ 8785 送料無料

【楽天】 叙勲額と記念品の専門店 静美洞

歌川広重 東海道五十三次/保栄堂版 「庄野(白雨)」復刻リトグラフ うたがわひろしげ 8785 送料無料

41,040円

作家:バイオグラフィー歌川広重(Hiroshige Utagawa) ◆1797年(寛政9年) 江戸生まれ。葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師。歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。1858年(安政5年)没、62歳。1965年創業、国内最大級の美術品取扱い専門店、静美洞です。安心してお求めください。■歌川広重 東海道五十三次■広重は浮世絵画家としては世界に知らない人はいない。30余程の東海道絵を描いたが、この東海道五十三次が一躍広重の名を知らしめた出世作でこれによって広重は一流の浮世絵師となり、当時の人々の心をとらえた。 山に水に、月に雪に、雨に風に、広重のもつ詩情が東海道五十三次を旅する人々の旅情を心ゆくまで描きつくしている。 歌川広重 アートフレーム 「東海道五十三次 / 庄野(白雨)」歌川 広重 (Hiroshige Utagawa)1797〜1858 (寛政9年〜安政5年) 江戸出身。葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師。歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。[庄野] 石薬師から3里で庄野の宿であるが、ここを描いて、広重は一代の傑作を残している。保永堂版東海道全五十五枚中、この庄野の図は最傑作で、独り保永堂のみでなく、広重全作品中で最高の作品となっている。ひたひたと坂路を走り、上下する人々の足音と、藪をざわめかしてはサアッと降る夕立の音、しぶき、緊張した筆でよくこの調子と動きを描くつくして、見るものの、耳に眼に、充分感じさせている。ことに、風に向かっている二人の姿の力ある筆には驚嘆せずにはいられない。斜めに走る坂道の草色は、えもいわれない版画の味で、また鼠色を基調とする全幅を、きっかりと区切ってこの画面を引きしめている。絵はどこまでも情趣に生きていて、決して感傷に堕してはいない。しかも奔放で健全で粗野でなく厚みもある。まさに広重一代の傑作である。・作家名歌川 広重・タイトル東海道五十三次 庄野(白雨)・技 法リトグラフ 限定300部・額装サイズヨコ745xタテ567x奥行30(mm)・画サイズヨコ670xタテ385(mm)・備 考熨斗、ラッピングを無料で承ります。画像の転載は禁止します。※ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。メール :jokunseibidou@shop.rakuten.co.jp 電話番号:054-668−9930 折り返し当店よりご連絡させていただきます。

【楽天】 叙勲額と記念品の専門店 静美洞

歌川広重「東海道五十三次之内【 土山 春之雨】額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

10,800円

歌川広重「東海道五十三次之内【 土山 春之雨】額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

【楽天】 浮世絵版画和小物専門店浅草六華庵

歌川広重「東海道五十三次之内【 土山 春之雨】額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

10,800円

額付を希望のお客様は、こちらから額(マット付)¥8,400のご注文をお願いいたします。 5,250 円以上のお買い物で送料無料です。 絵師 歌川広重(1797-1858 寛政9−安政5) UTAGAWA HIROSIGE(1797−1858) 版元 東京伝統木版画工芸協同組合 版画 ○縦387×横255mm 木版手摺り・和紙 その他 モニターにより、色の見え方が実際の商品と異なることがございます。 また、手摺りのため色合いやボカシ加減が実際の商品と異なることがございます。 和紙の若干の伸び縮みにより、大きさが数ミリ違うことがあります。歌川広重「東海道五十三次/土山 春之雨」 版元:東京伝統木版画工芸協同組合 ◆商品説明 鈴鹿峠を越すと京が近づき、近江国(現在の滋賀県)に入る。本図は土山宿の手前、田村川に架かる田村橋を行く大名行列を描いた。奥の森にはこの地の盗賊を討った坂上田村麿(征夷大将軍758〜811)を祀った神社がある。 【商品画像・商品説明:東京伝統木版画工芸協同組合より】 江戸時代末期の浮世絵師。 歌川豊広の門人。 風景画の連作に名をなし、花鳥画にも新境地を開きました。 「東海道五十三次」「名所江戸百景」などが代表作。 額付を希望のお客様は、こちらから額(マット付)¥8,400のご注文をお願いいたします。

【楽天】 浮世絵版画和小物専門店浅草六華庵

歌川広重「東海道五十三次」 三島(朝霧) 手摺り木版画 保永堂版 復刻 5745

8,640円

歌川広重「東海道五十三次」 三島(朝霧) 手摺り木版画 保永堂版 復刻 5745

【楽天】 叙勲額と記念品の専門店 静美洞

歌川広重「東海道五十三次」 三島(朝霧) 手摺り木版画 保永堂版 復刻 5745

8,640円

作家:バイオグラフィー歌川広重(Hiroshige Utagawa) ◆1797年(寛政9年) 江戸生まれ。葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師。歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。1858年(安政5年)没、62歳。1965年創業、国内最大級の美術品取扱い専門店、静美洞です。安心してお求めください。■歌川広重 東海道五十三次■広重は浮世絵画家としては世界に知らない人はいない。30余程の東海道絵を描いたが、この東海道五十三次が一躍広重の名を知らしめた出世作でこれによって広重は一流の浮世絵師となり、当時の人々の心をとらえた。 山に水に、月に雪に、雨に風に、広重のもつ詩情が東海道五十三次を旅する人々の旅情を心ゆくまで描きつくしている。 歌川広重・手摺木版画 「東海道五十三次」 三島(朝霧)- 保永堂版・復刻 - 歌川 広重 (Hiroshige Utagawa)1797〜1858 (寛政9年〜安政5年) 江戸出身。葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師。歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。12・三島(朝霧)箱根から、十五.一粁下った宿場が三島でsる。ここから岐れて天城越えをして伊豆下田をへ至る下田街道が発しているが、東海道と下田街道との分岐点に三島神社がある。この絵はその三島神社の鳥居前、早や立ちの旅人を描いて五十五枚中の準役物といわれる佳作である。廻し合羽にくるまるようにしている馬上の旅人は、まだねむ気が残っているのか、あるいは朝寒か笠の下にうつ向いている。駕篭の旅人も腕を組んでいる。薦にくるまった旅人も見える。そしてこれらの旅人とは反対に街道を下る荷を担いだ旅商人の姿。この一群の旅人に焦点を合わせ、他は一切、背景の神社の鳥居も町並みも、すべて藍と鼠の朝霧の中に模糊としてかすんでいる描写の技巧は、木版画独特のボカシの技術を活用して成功している。ことに、霧の中に遠く影が消えようとしている笠に杖の人と二人の人影はまことに旅愁を思わせる広重の絵の特徴であるセンチメンタルな気分を見せている。画題は「朝霧」とある。 ・作家名歌川 広重・タイトル東海道五十三次 三島(朝霧)・技 法木版画 手摺り 復刻版用紙:越前生漉奉書・額装サイズヨコ440xタテ370x奥行20(mm)・画サイズヨコ300xタテ190(mm)・店頭参考価格16,200円(税込)・備 考熨斗、ラッピングを無料で承ります。画像の転載は禁止します。版 元 : 東京・悠々洞出版 | 作品解説 : 吉田暎二 彫 師 : 伊藤進・長島道男・松田寅蔵・大倉健二・前田謙太郎 摺 師 : 伊藤太郎・遠藤忠雄・佐藤律三・新味三郎・上杉桂一郎 ※ 彫師、摺師は重要民族文化財保存技術者として認定されております。用 紙 : 越前生漉奉書 | 額装済み▼ 東海道五十三次 一覧へ※ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。メール :jokunseibidou@shop.rakuten.co.jp 電話番号:054-668−9930 折り返し当店よりご連絡させていただきます。

【楽天】 叙勲額と記念品の専門店 静美洞

歌川広重「東海道五十三次之内【興津 興津川】額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

10,800円

歌川広重「東海道五十三次之内【興津 興津川】額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

【楽天】 浮世絵版画和小物専門店浅草六華庵

歌川広重「東海道五十三次之内【興津 興津川】額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

10,800円

額付を希望のお客様は、こちらから額(マット付)¥8,400のご注文をお願いいたします。 5,250 円以上のお買い物で送料無料です。 絵師 歌川広重(1797-1858 寛政9−安政5) UTAGAWA HIROSIGE(1797−1858) 版元 東京伝統木版画工芸協同組合 版画 ○縦387×横255mm 木版手摺り・和紙 その他 モニターにより、色の見え方が実際の商品と異なることがございます。 また、手摺りのため色合いやボカシ加減が実際の商品と異なることがございます。 和紙の若干の伸び縮みにより、大きさが数ミリ違うことがあります。歌川広重「東海道五十三次/興津 興津川」 版元:東京伝統木版画工芸協同組合 ◆商品説明 連台と駕篭に乗っているのは相撲取。当時の力士は大名お抱えで、参勤交代と共に帰国してしまう。そのため人気力士が全く出ない場所もあった様だ。興津川は水深が浅く徒渉で充分だが、水温の下がる冬には板が架けられた。 【商品画像・商品説明:東京伝統木版画工芸協同組合より】 江戸時代末期の浮世絵師。 歌川豊広の門人。 風景画の連作に名をなし、花鳥画にも新境地を開きました。 「東海道五十三次」「名所江戸百景」などが代表作。 額付を希望のお客様は、こちらから額(マット付)¥8,400のご注文をお願いいたします。

【楽天】 浮世絵版画和小物専門店浅草六華庵

歌川広重 「東海道五十三次」 品川(日の出) 手摺木版画 保永堂版 復刻 5745

8,640円

歌川広重 「東海道五十三次」 品川(日の出) 手摺木版画 保永堂版 復刻 5745

【楽天】 叙勲額と記念品の専門店 静美洞

歌川広重 「東海道五十三次」 品川(日の出) 手摺木版画 保永堂版 復刻 5745

8,640円

作家:バイオグラフィー歌川広重(Hiroshige Utagawa) ◆1797年(寛政9年) 江戸生まれ。葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師。歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。1858年(安政5年)没、62歳。1965年創業、国内最大級の美術品取扱い専門店、静美洞です。安心してお求めください。■歌川広重 東海道五十三次■広重は浮世絵画家としては世界に知らない人はいない。30余程の東海道絵を描いたが、この東海道五十三次が一躍広重の名を知らしめた出世作でこれによって広重は一流の浮世絵師となり、当時の人々の心をとらえた。 山に水に、月に雪に、雨に風に、広重のもつ詩情が東海道五十三次を旅する人々の旅情を心ゆくまで描きつくしている。 歌川広重・手摺木版画 「東海道五十三次」品川(日の出)- 保永堂版・復刻 - 歌川 広重 (Hiroshige Utagawa)1797〜1858 (寛政9年〜安政5年) 江戸出身。葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師。歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。2・品川(日の出)日本橋から八粁。五十三次最初の宿場である。絵は八ツ山を右に、大名行列は街道を南へと進んでいく。そして左手に袖ヶ浦の海がひらけ、漸く明けそめる空の美しさの下、満帆の舟が数艘、泊り舟の帆柱も見える。海に沿っては水茶屋などが建ち並び、構図は変化があって面白い。ことに日の出の空が見事である。画題は「日の出」である。 ・作家名歌川 広重・タイトル東海道五十三次 --・技 法木版画 手摺り 復刻版用紙:越前生漉奉書・額装サイズヨコ440xタテ370x奥行20(mm)・画サイズヨコ300xタテ190(mm)・店頭参考価格16,200円(税込)・備 考熨斗、ラッピングを無料で承ります。画像の転載は禁止します。▼東海道五十三次 一覧へ版 元 : 東京・悠々洞出版 | 作品解説 : 吉田暎二 彫 師 : 伊藤進・長島道男・松田寅蔵・大倉健二・前田謙太郎 摺 師 : 伊藤太郎・遠藤忠雄・佐藤律三・新味三郎・上杉桂一郎 ※ 彫師、摺師は重要民族文化財保存技術者として認定されております。用 紙 : 越前生漉奉書 | 額装済み ※ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。メール :jokunseibidou@shop.rakuten.co.jp 電話番号:054-668−9930 折り返し当店よりご連絡させていただきます。

【楽天】 叙勲額と記念品の専門店 静美洞

歌川広重「東海道五十三次之内【草津 名物立場 】額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

10,800円

歌川広重「東海道五十三次之内【草津 名物立場 】額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

【楽天】 浮世絵版画和小物専門店浅草六華庵

歌川広重「東海道五十三次之内【草津 名物立場 】額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

10,800円

額付を希望のお客様は、こちらから額(マット付)¥8,400のご注文をお願いいたします。 5,250 円以上のお買い物で送料無料です。 絵師 歌川広重(1797-1858 寛政9−安政5) UTAGAWA HIROSIGE(1797−1858) 版元 東京伝統木版画工芸協同組合 版画 ○縦387×横255mm 木版手摺り・和紙 その他 モニターにより、色の見え方が実際の商品と異なることがございます。 また、手摺りのため色合いやボカシ加減が実際の商品と異なることがございます。 和紙の若干の伸び縮みにより、大きさが数ミリ違うことがあります。歌川広重「東海道五十三次/草津 名物立場 」 版元:東京伝統木版画工芸協同組合 ◆商品説明 「立場」とは宿場とは別に、街道上で一服できる茶屋の事で、本図は草津のはずれの「うばがもち」を名物とした店。「うばがもち」は今も滋賀県の銘菓として存続している。草津は京を目前に東海道と中山道が初めて合流する宿場だ。 【商品画像・商品説明:東京伝統木版画工芸協同組合より】 江戸時代末期の浮世絵師。 歌川豊広の門人。 風景画の連作に名をなし、花鳥画にも新境地を開きました。 「東海道五十三次」「名所江戸百景」などが代表作。 額付を希望のお客様は、こちらから額(マット付)¥8,400のご注文をお願いいたします。

【楽天】 浮世絵版画和小物専門店浅草六華庵

歌川広重 「東海道五十三次」 白須賀(汐見阪) 手摺り木版画 保永堂版 復刻 5745

8,640円

歌川広重 「東海道五十三次」 白須賀(汐見阪) 手摺り木版画 保永堂版 復刻 5745

【楽天】 叙勲額と記念品の専門店 静美洞

歌川広重 「東海道五十三次」 白須賀(汐見阪) 手摺り木版画 保永堂版 復刻 5745

8,640円

作家:バイオグラフィー歌川広重(Hiroshige Utagawa) ◆1797年(寛政9年) 江戸生まれ。葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師。歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。1858年(安政5年)没、62歳。1965年創業、国内最大級の美術品取扱い専門店、静美洞です。安心してお求めください。■歌川広重 東海道五十三次■広重は浮世絵画家としては世界に知らない人はいない。30余程の東海道絵を描いたが、この東海道五十三次が一躍広重の名を知らしめた出世作でこれによって広重は一流の浮世絵師となり、当時の人々の心をとらえた。山に水に、月に雪に、雨に風に、広重のもつ詩情が東海道五十三次を旅する人々の旅情を心ゆくまで描きつくしている。歌川広重・手摺木版画 「東海道五十三次」白須賀(汐見阪)- 保永堂版・復刻 - 歌川 広重 (Hiroshige Utagawa)1797〜1858 (寛政9年〜安政5年) 江戸出身。葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師。歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。33・白須賀(汐見阪)荒井宿から6.8里。ひろびろとした遠州灘の大景観が見られる汐見阪を越して、白須賀の宿に入る。画題も「汐見阪ノ図」とある。いま、坂を下って大名の行列がいく。この絵は左右をシンメトリカルに構図した作として面白い。手前の丘陵の線が左右に高く、中央がへこんでいる孤線であるが、この湾曲した線を用いることは、広重独特の構図法といってよく、他の図でも度々これを用いている。左右の松の木も、ほぼ相対的であり、遠く水平線の白帆も相対的で装飾的である。「東海道名所図絵」に「汐見阪白菅の東の阪路をいう。眼下に滄海をみれば汐見阪の名あり。所謂、遠州七十五里の大灘眸を遮り弱水三万里の俤あり。渚の松緑濃く沖にこぎつける漁舟は雲の浪にみえかくれ、浪間の艪、浦浜の千鳥みるは汐見阪の眺望なるべし」とある。そのままの姿である。 ・作家名歌川 広重・タイトル東海道五十三次 白須賀(汐見阪)・技 法木版画 手摺り 復刻版用紙:越前生漉奉書・額装サイズヨコ440xタテ370x奥行20(mm)・画サイズヨコ300xタテ190(mm)・店頭参考価格16,200円(税込)・備 考熨斗、ラッピングを無料で承ります。画像の転載は禁止します。版 元 : 東京・悠々洞出版 | 作品解説 : 吉田暎二 彫 師 : 伊藤進・長島道男・松田寅蔵・大倉健二・前田謙太郎 摺 師 : 伊藤太郎・遠藤忠雄・佐藤律三・新味三郎・上杉桂一郎 ※ 彫師、摺師は重要民族文化財保存技術者として認定されております。用 紙 : 越前生漉奉書 | 額装済み▼ 東海道五十三次 一覧へ ※ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。メール :jokunseibidou@shop.rakuten.co.jp 電話番号:054-668−9930 折り返し当店よりご連絡させていただきます。

【楽天】 叙勲額と記念品の専門店 静美洞

歌川広重「東海道五十三次之内【箱根 湖水図 】」額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

10,800円

歌川広重「東海道五十三次之内【箱根 湖水図 】」額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

【楽天】 浮世絵版画和小物専門店浅草六華庵

歌川広重「東海道五十三次之内【箱根 湖水図 】」額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

10,800円

額付を希望のお客様は、こちらから額(マット付)¥8,400のご注文をお願いいたします。 5,250 円以上のお買い物で送料無料です。 絵師 歌川広重(1797-1858 寛政9−安政5) UTAGAWA HIROSIGE(1797−1858) 版元 東京伝統木版画工芸協同組合 版画 ○縦387×横255mm 木版手摺り・和紙 その他 モニターにより、色の見え方が実際の商品と異なることがございます。 また、手摺りのため色合いやボカシ加減が実際の商品と異なることがございます。 和紙の若干の伸び縮みにより、大きさが数ミリ違うことがあります。歌川広重「東海道五十三次/箱根 湖水図 」 版元:東京伝統木版画工芸協同組合 ◆商品説明 カラフルなモザイク風の岩肌の山間を縫って芦ノ湖へ向かう大名行列。実際にはこの構図は難しいと言われるが、箱根の峻険さを強調した広重の画工としての技は光る。街道随一の難所で、この後には厳しい関所が待っている。 【商品画像・商品説明:東京伝統木版画工芸協同組合より】 江戸時代末期の浮世絵師。 歌川豊広の門人。 風景画の連作に名をなし、花鳥画にも新境地を開きました。 「東海道五十三次」「名所江戸百景」などが代表作。 額付を希望のお客様は、こちらから額(マット付)¥8,400のご注文をお願いいたします。

【楽天】 浮世絵版画和小物専門店浅草六華庵

歌川広重 「東海道五十三次」 川崎(六合渡舟) 手摺木版画 保永堂版 復刻5745

8,640円

歌川広重 「東海道五十三次」 川崎(六合渡舟) 手摺木版画 保永堂版 復刻5745

【楽天】 叙勲額と記念品の専門店 静美洞

歌川広重 「東海道五十三次」 川崎(六合渡舟) 手摺木版画 保永堂版 復刻5745

8,640円

作家:バイオグラフィー歌川広重(Hiroshige Utagawa) ◆1797年(寛政9年) 江戸生まれ。葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師。歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。1858年(安政5年)没、62歳。1965年創業、国内最大級の美術品取扱い専門店、静美洞です。安心してお求めください。■歌川広重 東海道五十三次■広重は浮世絵画家としては世界に知らない人はいない。30余程の東海道絵を描いたが、この東海道五十三次が一躍広重の名を知らしめた出世作でこれによって広重は一流の浮世絵師となり、当時の人々の心をとらえた。 山に水に、月に雪に、雨に風に、広重のもつ詩情が東海道五十三次を旅する人々の旅情を心ゆくまで描きつくしている。 歌川広重・手摺木版画 「東海道五十三次」川崎(六合渡舟)- 保永堂版・復刻 - 歌川 広重 (Hiroshige Utagawa)1797〜1858 (寛政9年〜安政5年) 江戸出身。葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師。歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。3・川崎(六合渡舟)品川から十粁で川崎の宿に達する。絵はこの宿に入る手前の六郷川の渡しが描かれている。漸く東海道もここへきて野趣豊かとなる。前景は六郷川、今、渡し舟が旅人を乗せて対岸へ向かっている。対岸は川崎宿、右手に遠く富士山が見える。川の藍と遠景の濃い色彩が画面を引き立てている。この絵では、渡し舟と対岸に舟を待つ人物が描かれているが、この描写が見事である。一点のすき間もない簡略な、それでいて雰囲気をかもし出す筆致は広重独特のものである。竿をつっぱった船頭の描写が特に巧みである。 ・作家名歌川 広重・タイトル東海道五十三次 --・技 法木版画 手摺り 復刻版用紙:越前生漉奉書・額装サイズヨコ440xタテ370x奥行20(mm)・画サイズヨコ300xタテ190(mm)・店頭参考価格16,200円(税込)・備 考熨斗、ラッピングを無料で承ります。画像の転載は禁止します。▼東海道五十三次 一覧へ版 元 : 東京・悠々洞出版 | 作品解説 : 吉田暎二 彫 師 : 伊藤進・長島道男・松田寅蔵・大倉健二・前田謙太郎 摺 師 : 伊藤太郎・遠藤忠雄・佐藤律三・新味三郎・上杉桂一郎 ※ 彫師、摺師は重要民族文化財保存技術者として認定されております。用 紙 : 越前生漉奉書 | 額装済み ※ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。メール :jokunseibidou@shop.rakuten.co.jp 電話番号:054-668−9930 折り返し当店よりご連絡させていただきます。

【楽天】 叙勲額と記念品の専門店 静美洞

歌川広重「東海道五十三次之内【掛川 秋葉山遠望】額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

10,800円

歌川広重「東海道五十三次之内【掛川 秋葉山遠望】額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

【楽天】 浮世絵版画和小物専門店浅草六華庵

歌川広重「東海道五十三次之内【掛川 秋葉山遠望】額なし(組合版)Utagawa Hiroshige

10,800円

額付を希望のお客様は、こちらから額(マット付)¥8,400のご注文をお願いいたします。 5,250 円以上のお買い物で送料無料です。 絵師 歌川広重(1797-1858 寛政9−安政5) UTAGAWA HIROSIGE(1797−1858) 版元 東京伝統木版画工芸協同組合 版画 ○縦387×横255mm 木版手摺り・和紙 その他 モニターにより、色の見え方が実際の商品と異なることがございます。 また、手摺りのため色合いやボカシ加減が実際の商品と異なることがございます。 和紙の若干の伸び縮みにより、大きさが数ミリ違うことがあります。歌川広重「東海道五十三次/掛川 秋葉山遠望」 版元:東京伝統木版画工芸協同組合 ◆商品説明 掛川は信濃へも通じる秋葉街道の中継地として賑わった。副題の「秋葉山」は火伏せの神・秋葉神社を指すが、本図の「大池橋」のはるか北方で、この構図では見えない。広重は当時さかんだった秋葉詣を意識して描いたと思われる。 【商品画像・商品説明:東京伝統木版画工芸協同組合より】 江戸時代末期の浮世絵師。 歌川豊広の門人。 風景画の連作に名をなし、花鳥画にも新境地を開きました。 「東海道五十三次」「名所江戸百景」などが代表作。 額付を希望のお客様は、こちらから額(マット付)¥8,400のご注文をお願いいたします。

【楽天】 浮世絵版画和小物専門店浅草六華庵

歌川広重「東海道五十三次」 御油(旅人留女) 手摺り木版画 保永堂版 復刻 5745

8,640円

歌川広重「東海道五十三次」 御油(旅人留女) 手摺り木版画 保永堂版 復刻 5745

【楽天】 叙勲額と記念品の専門店 静美洞

歌川広重「東海道五十三次」 御油(旅人留女) 手摺り木版画 保永堂版 復刻 5745

8,640円

作家:バイオグラフィー歌川広重(Hiroshige Utagawa) ◆1797年(寛政9年) 江戸生まれ。葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師。歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。1858年(安政5年)没、62歳。1965年創業、国内最大級の美術品取扱い専門店、静美洞です。安心してお求めください。■歌川広重 東海道五十三次■広重は浮世絵画家としては世界に知らない人はいない。30余程の東海道絵を描いたが、この東海道五十三次が一躍広重の名を知らしめた出世作でこれによって広重は一流の浮世絵師となり、当時の人々の心をとらえた。山に水に、月に雪に、雨に風に、広重のもつ詩情が東海道五十三次を旅する人々の旅情を心ゆくまで描きつくしている。歌川広重・手摺木版画 「東海道五十三次」御油(旅人留女)- 保永堂版・復刻 - 歌川 広重 (Hiroshige Utagawa)1797〜1858 (寛政9年〜安政5年) 江戸出身。葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師。歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。36・御油(旅人留女)吉田から10.4里で御油の宿に入る。広重は、この宿場の夕暮時を描いている。画題は「旅人留女」で、そこか旅篭屋をと、さしかかった旅人を宿の女が強引に自分のところに引きとめ、引きずり込もうとしているユーモラスな一情景である。一九の「膝栗毛」にも、「はや夜に入りて両側より出くる留め女、いづれも面をかぶりたる如くぬり立てるが袖をひいてうるさければ・・・」とある。絵も旅人が二人、弥次郎平喜多八を想定した絵かもしれない。広重は、「膝栗毛」からヒントを得ている図をかなり描いている。このタックルのさまは写実で人物の表情もよく出ている。旅篭屋の中では、すでに泊まりをきめた旅の侍が、媼のすすめるタライで足をすすいでいる。この侍を引き入れた女であろう、頬杖をついてタックル中の留女の次の成果を見守っているのも面白い。飯盛女が一人、これもタックルを見守っている。宿場の夕暮時の風趣満点で留女の喧しい声が聞こえているようである。 ・作家名歌川 広重・タイトル東海道五十三次 御油(旅人留女)・技 法木版画 手摺り 復刻版用紙:越前生漉奉書・額装サイズヨコ440xタテ370x奥行20(mm)・画サイズヨコ300xタテ190(mm)・店頭参考価格16,200円(税込)・備 考熨斗、ラッピングを無料で承ります。画像の転載は禁止します。版 元 : 東京・悠々洞出版 | 作品解説 : 吉田暎二 彫 師 : 伊藤進・長島道男・松田寅蔵・大倉健二・前田謙太郎 摺 師 : 伊藤太郎・遠藤忠雄・佐藤律三・新味三郎・上杉桂一郎 ※ 彫師、摺師は重要民族文化財保存技術者として認定されております。用 紙 : 越前生漉奉書 | 額装済み▼ 東海道五十三次 一覧へ ※ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。メール :jokunseibidou@shop.rakuten.co.jp 電話番号:054-668−9930 折り返し当店よりご連絡させていただきます。

【楽天】 叙勲額と記念品の専門店 静美洞

すべての製品
ページトップへ

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「広重東海道五十三次」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ