「大徳寺」 の検索結果 278件

送料無料
【茶器/茶道具 短冊・夏季】 直筆 独坐大雄峰又は白雲抱幽石又は夏雲多奇峰又は行雲流水 前田昌道筆 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

8,640

【茶器/茶道具 短冊・夏季】 直筆 独坐大雄峰又は白雲抱幽石又は夏雲多奇峰又は行雲流水 前田昌道筆 【smtb-KD】

【※別注受けます:お好きな字句】約二週間ほど必要。 配送〇代金引換・カード決済の場合・・●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) 箱たとう紙 作者前田昌道筆 【コンビニ受取対応商品】 【※別注受けます:お好きな字句】15日〜20日くらいの予定大徳寺 瑞峯院【前田 昌道】昌道 紹諠:しょうどう・じょうせん 【短冊】・・直筆・前田昌道筆独坐大雄峰又は白雲抱幽石 好きな禅語 在庫有りの商品は翌日発送可 短冊【別注受けます:お好きな字句】納品は、約15日〜20日です 大徳寺 瑞峯院【前田 昌道】昌道 紹諠:しょうどう・じょうせん 1939年昭和14年和歌山県に生まれる 1957年昭和32年花園大学入学 1959年昭和34年古川大航を本師として得度 1961年昭和36年鎌倉 円覚僧堂に掛塔し、朝比奈宗源に参禅 1974年昭和49年大徳寺塔頭瑞峯院 住職に就任 大徳寺 瑞峯院 前田昌道 瑞峯院は天文四年(1535)豊後の大友宗麟が大徳寺91世微岫を開祖として菩提寺とした。 在庫有りの商品は翌日発送可【※別注受けます:お好きな字句】15日〜20日くらいの予定 前田昌道 京都大徳寺 瑞峯院・・・ 独坐大雄峰どくざだいゆうほう 人は皆普遍的な自己があり、独坐の「坐」は坐禅のことであるとともに、日常のすべての行ないが修行になっているということです。坐という字は土の上に人が対座している形です(碧巌録) 。●独り大雄峰に座す(この大雄山に独り坐っていることが一番ありがたい:何事にも動じない事) 白雲抱幽石はくうんゆせきをいだく 幽玄な巨石の山、それを白雲がふわりと優しく抱く ように包み込む、天上の様子。 壮大でありながらも、慈悲も感じさせるやわらかく温かい 関係。...

送料無料
【茶器/茶道具 短冊・無季】 直筆 好日又は雪月花又は一期一会又は松樹千年翠 前田昌道筆 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

8,640

【茶器/茶道具 短冊・無季】 直筆 好日又は雪月花又は一期一会又は松樹千年翠 前田昌道筆 【smtb-KD】

【※別注受けます:お好きな字句】約二週間ほど必要。 配送〇代金引換・カード決済の場合・・●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) 箱たとう紙 作者前田昌道筆 【コンビニ受取対応商品】 在庫有りの商品は翌日発送可【※別注受けます:お好きな字句】10日〜15日くらいの予定大徳寺 瑞峯院【前田 昌道】昌道 紹諠:しょうどう・じょうせん 大徳寺 瑞峯院 前田昌道 瑞峯院は天文四年(1535)豊後の大友宗麟が大徳寺91世微岫を開祖として菩提寺とした。 【短冊】・・直筆・・前田昌道筆 在庫有りの商品は翌日発送可 短冊【別注受けます:お好きな字句】(納品は、約15日〜20日です) 雪月花又は一期一会又は松樹千年翠 前田昌道筆"> ◆大徳寺 瑞峯院【前田 昌道】昌道 紹諠:しょうどう・じょうせん 1939年昭和14年和歌山県に生まれる 1957年昭和32年花園大学入学 1959年昭和34年古川大航を本師として得度 1961年昭和36年鎌倉 円覚僧堂に掛塔し、朝比奈宗源に参禅 1974年昭和49年大徳寺塔頭瑞峯院 住職に就任 大徳寺 瑞峯院 前田昌道 瑞峯院は天文四年(1535)豊後の大友宗麟が大徳寺91世微岫を開祖として菩提寺とした。 在庫有りの商品は翌日発送可【※別注受けます:お好きな字句】5日〜15日くらいの予定 前田昌道 京都大徳寺 瑞峯院・・・ 好日ひびこれこうじつ すなわち楽しむべきところはそれを楽しみ、 楽しみ無きところもまた無きところを楽しむ、これを日々是れ好日というわけです(禅語) 。 雪月花せつげつかゆきつきはな 白居易の詩「寄殷協律」の一句「雪月花時最憶君 (雪月花の時 最も君を憶ふ)」による語。雪・月・花という自然の美しい景物を指す語 です。(漢詩)...

【掛け軸・掛軸】須賀玄道『清流鮎 (尺五横)』日本画■表装済み・新品★

アート明日香

21,600

【掛け軸・掛軸】須賀玄道『清流鮎 (尺五横)』日本画■表装済み・新品★

商品の詳細 作家名 須賀玄道 作品名 清流鮎 (尺五横) 技法 日本画 外径サイズ 124×61 cm 作品サイズ 25×31 cm 補足説明 表装済 状態 新品 付属品 高級桐箱 エディション — 【作品解説・掛軸】掛軸からとても涼しげな雰囲気が漂い、まるで別空間にいる感じがします。夏の風物詩である鮎が丁寧に描かれている一幅です。夏の床の間に最適な掛軸です。【作者略歴】須賀玄道(すが・げんどう)老師略歴大正八年一月三十日、大分県杵築市に生る。元方広寺派管長足利紫山老師、元建仁寺派管長竹田頴川老師に就いて修行する。昭和二十二年五月、瑞泉寺住職に就任する。平成二年十月、大徳寺派宗会議員に任命。平成三年六月、大徳寺派参事員(九州教区)に任命。大徳寺派布教師として既に三十余年の巡教歴あり。【掛け軸寸法・体裁】■寸法 縦124cm×横61cm■絵寸法 縦25cm×横31cm■表装 三段表装・風帯付■本紙 紙本■軸先 陶器製■箱 高級桐箱収納■肉筆作品 ※ 本商品は、店舗等でも販売している為、 ご注文のタイミングによっては完売となる場合が御座います ので、その場合は、ご容赦下さい。 ■須賀玄道の一覧 ※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。 掛軸:掛け軸:_魚_鮎_季節夏

【茶器/茶道具 色紙画賛 ひな祭り】 直筆 桃花笑春風 立雛の画又は笑春風 立雛の画又は千歳春 貝雛の画 福本積應筆

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

5,356

【茶器/茶道具 色紙画賛 ひな祭り】 直筆 桃花笑春風 立雛の画又は笑春風 立雛の画又は千歳春 貝雛の画 福本積應筆

画賛の色使いが変わる時が有ります 箱たとう紙 作者福本積應筆 (輪申り・6696) 【コンビニ受取対応商品】京都府南丹市 福本積應筆 画賛の色使いが変わる時が有ります 笑春風/桃花春風笑とうかしゅんぷうにえむ 桃の花は春を告げて無心に咲いている。 花鳥 風月宿「かちょうふうげつのやど」 宿とはこの現実の世界の事で、めでたく、風流に満ちている。・・うららかな春の風に揺られて咲く花は、まるで微笑んでいるよう。無心にひらく、花の美しさよ。 千歳春(桃花千歳春とうかせんざいのはる ) 物の花が千年かわらぬ春を彩っている桃の季節のめでたい言葉。 (中国では桃は長寿や魔除家を意味する) 【福本積應】京都府 南丹市:大徳寺派・招春寺 1930年昭和05年 京都生 大徳寺塔頭養徳院、宗應和尚に就き得度 大徳寺派元管長・清涼軒歓渓老師の弟子となり、美濃 虎渓僧堂にて修業 1959年昭和34年 招春寺住職拝命 1975年昭和50年 宝林寺兼務住職、宗会議員を拝命 宝林寺を後任住職に譲り、現招春寺住職 1983年昭和58年 宝林寺兼務住職、宗会議員拝命 宝林寺を後任住職に譲り、平成16年再度、現招春寺住職

【茶器/茶道具 色紙】 直筆 山是山水是水又は葉葉起清風 法谷文雅筆

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

3,456

【茶器/茶道具 色紙】 直筆 山是山水是水又は葉葉起清風 法谷文雅筆

直筆ですので字体はお任せ下さい。 配送●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) 箱たとう紙 作者法谷文雅筆 (野丸中・3565) 【コンビニ受取対応商品】【法谷文雅 】逢春寺:山号を向陽山 法谷文雅:逢春寺 開山は大徳寺第222世、眞智圓應禅師 【色紙】直筆 山是山水是水又は葉葉起清風 法谷文雅筆 ・・・・・<参考資料>・・・・・ 【法谷文雅 】逢春寺:山号を向陽山 昭和06年京都生まれ ※小田雪窓老師に師事 昭和35年大徳寺派逢春寺住職 平成10年大徳寺派宗議会議員を勤める 山やまは是これ山やま 水みずは是これ水みず 山は山として、水は水として完結しているの意。事々物々が各々その本分ほんぶんに住じゅうし、そのままでその存在を十全に発揮していること。 葉々ようよう・・起おこす清風せいふう 禅語(虎堂録)(虎堂録)に為君葉葉起清風きみがため、ようようせいふうをおこす●(誰か知らん三隠寂寥の中、話に因って盟を尋いで鷲峰に別れんと す。相送って門に当たれば脩竹あり、君が為に葉々清風を起こす)●惜別の折の詩:虚堂和尚の三人の弟子が、天台山の国清寺の三隠(寒山、拾得、豊干)の遺蹟を訪れるため師匠に下山のあいさつをし に訪れたときに読まれた詩 直筆ですので字体はお任せ下さい。

【茶器/茶道具 色紙】 直筆 看々朧月尽又は寒尽不知年 法谷文雅筆

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

3,456

【茶器/茶道具 色紙】 直筆 看々朧月尽又は寒尽不知年 法谷文雅筆

直筆ですので字体はお任せ下さい。 配送●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) 箱たとう紙 作者法谷文雅筆 (野丸中・3565) 【コンビニ受取対応商品】【法谷文雅 】逢春寺:山号を向陽山 法谷文雅:逢春寺 開山は大徳寺第222世、眞智圓應禅師 【色紙】直筆 看々朧月尽又は寒尽不知年 法谷文雅筆 ・・・・・<参考資料>・・・・・ 【法谷文雅 】逢春寺:山号を向陽山 昭和06年京都生まれ ※小田雪窓老師に師事 昭和35年大徳寺派逢春寺住職 平成10年大徳寺派宗議会議員を勤める 看々朧月尽みよみよ、ろうげつ、つく 人生は短い、看 々(みよみよ)は、良く見なさいの意味。 文字通り解釈すれば「もう十二月も終わって しまいますよ。月日の流れの早いことをよく. 見なさい」ということになります」 朧月:おぼろつき(12月の別名) 寒尽不知年かんつくるとも、としをしらず 山中無暦日 寒尽不知年(唐詩選) ... (隠者として過し、思えばこの山中に入って幾年になるだろうか!)今年もまた寒がつき、春めいて来たようだが、今年 が何年だか一向にわからないというのです。 直筆ですので字体はお任せ下さい。

【茶器/茶道具 短冊画賛】 直筆 星河清涼風 七夕の絵又は夢 蓮の絵 福本積應筆

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

4,320

【茶器/茶道具 短冊画賛】 直筆 星河清涼風 七夕の絵又は夢 蓮の絵 福本積應筆

箱タトウ紙 作者福本積應筆 備考直筆 (柴・5400) 【コンビニ受取対応商品】星河清涼風せいが、りょうふうきよし 星空を眺めていると涼しい風が吹いてきて清々しい気分になった。 七夕の今宵は、織姫と彦星が出逢うロマンス・夢がある句です 。 夢ゆめ (金剛経):夢=(梦) 一切有為法〈いっさいのういのほう〉如夢幻泡影〈むげんほうようのごとし〉 如露亦如電〈つゆのごとくかみなりのごとし〉 応作如是観〈まさにかくのごときかんをな すべし〉。※仏教では「いろは歌」にあらわされるごとく、「色は匂へど散りぬるを」のように、美しく色香漂う花もやがては散ってしまう。世の中のすべてのもの、すべての現象は実体のない仮の姿(仮相)で夢幻の如きものだという無常の思想がある。(諸行無常)。 【福本積應和尚】大徳寺派・招春寺 1930年昭和05年 京都生まれ 大徳寺塔頭養徳院、宗應和尚に就き得度 大徳寺派元管長・清涼軒歓渓老師の弟子となり、美濃 虎渓僧堂にて修業 1954年昭和34年 招春寺住職拝命 1975年昭和50年 宝林寺兼務住職、宗会議員拝命 宝林寺を後任住職に譲り、現招春寺住職

送料無料
掛け軸 六字名号 南無阿弥陀佛 南無阿弥陀仏 (小林太玄) (掛軸小物なし) 送料無料 【掛軸】

掛け軸・絵画の専門店 掛軸堂画廊

85,860

掛け軸 六字名号 南無阿弥陀佛 南無阿弥陀仏 (小林太玄) (掛軸小物なし) 送料無料 【掛軸】

六字名号(南無阿弥陀佛、南無阿弥陀仏)は基本の名号で、宗派の隔てなく全宗派の方にお使いいただけます。(特に浄土真宗・浄土宗・真宗の方に。)安定感のある、しっかりとした筆致が魅力の六字名号。含蓄を感じさせる墨蹟は、心を鎮め、更なる安らぎへと誘います。紹介文:(C)掛軸堂画廊<禁転載・禁改変流用> 【床の間サイズ01】【用途:年中掛】【用途:仏事】【肉筆作品】 ※各アイコンの意味は、こちら 画 題 六字名号(ろくじみょうごう)(南無阿弥陀佛) 寸 法 丈:191cm×幅:65cm(尺五立) 作 家 小林太玄(こばやし・たいげん) ◆この作家の作品一覧はこちら◆ 略 歴 昭和13年生まれ。花園大学(妙心寺派)卒業後、臨済宗大徳寺派大徳寺にて修業・得度。昭和50年大徳寺塔頭。黄梅院住職。 体 裁 表装:仏表装 軸先:漆塗製 本紙:紙本 特 記 肉筆作品 ※書家が一作一作、精魂込めて書き上げます。墨蹟がウェブ上とは多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。 ↑掛け軸を大切に保管する専用桐箱に収納してお届けします。 全国送料無料!郡部・離島など、一部地域でも追加料金は頂きません!ご安心ください。 ↑クリックすると、それぞれのコーナーをご覧いただけます!↑掛け軸 六字名号

【茶器/茶道具 色紙画賛】 直筆 忙中閑 福本積應筆 釣人(舟で釣する人) 今尾孝子画

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

3,672

【茶器/茶道具 色紙画賛】 直筆 忙中閑 福本積應筆 釣人(舟で釣する人) 今尾孝子画

配送〇代金引換・カード決済の場合・・●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) 作者字:福本積應筆画:今尾孝子画 箱たとう紙 (野申り・4600) 【コンビニ受取対応商品】忙中閑有り忙中閑ぼうちゅうかんあり湖上に釣人の画 慌ただしく目まぐるしい世相の中で 戦う人たちが、唯一くつろげる場所でありたい。、「忙しい中にも、わずかなゆとりはある(自分で作るもの)」六中観・・・忙中 閑有り。 苦中 楽有り。 死中 活有り。 壺中 天有り。 意中 人有り。 腹中 書有り 【福本積應】京都府 南丹市 大徳寺派・招春寺 1930年昭和05年 京都生まれ 大徳寺塔頭養徳院、宗應和尚に就き得度 大徳寺派元管長 清涼軒歓渓老師の弟子となり、美濃 虎渓僧堂にて修業 1954年昭和34年 招春寺住職拝命 1975年昭和50年 宝林寺兼務住職、宗会議員拝命 宝林寺を後任住職に譲り、現招春寺住職 【今尾孝子】 1963年 愛知県生まれ 1987年 京都市立芸術大学美術学部・日本画卒業 1989年 京都市立芸術大学美大学院・絵画専攻日本画終了 現在京都在住

【茶器/茶道具 短冊画賛】 直筆 行雲流水 海辺の画又は山水有清音 蛍の画又は清流無間断 鮎の画 福本積應筆

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

4,320

【茶器/茶道具 短冊画賛】 直筆 行雲流水 海辺の画又は山水有清音 蛍の画又は清流無間断 鮎の画 福本積應筆

箱タトウ紙 作者福本積應筆 備考直筆 【コンビニ受取対応商品】行雲こううんにして流水りゅすい 「 行く雲、 流れる水(のごとし) 」と読む この語句は「 墜葉飛花 ( ついよう ひか ) 」の 語句と一対で使われている。 語録によると、煩悩は避けることもでき、何物にも捉われない自由な様空を行きかう雲や川の 流れのように、とどまることのない物事の流れ。 山水有清音さんすいにせいおんあり 山や川、自然には、澄んだ清らかな音がある の意。 人為のない、ありのままの世界が奏でる清浄な響き。 清流無間断(清流間断無せいりゅうかんだんなし) 清らかな流れが、絶え間なく続く様。 常に活動する ものは、尊い清流のように、新鮮さを持ち続ける。 不断の努力修行が大切である。の意 【福本積應和尚】大徳寺派・招春寺 1930年昭和05年 京都生まれ 大徳寺塔頭養徳院、宗應和尚に就き得度 大徳寺派元管長・清涼軒歓渓老師の弟子となり、美濃 虎渓僧堂にて修業 1954年昭和34年 招春寺住職拝命 1983年昭和58年 宝林寺兼務住職、宗会議員拝命 宝林寺を後任住職に譲り、平成16年再度、現招春寺住職

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「大徳寺」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ