「喜多川歌麿」 の検索結果 92件

喜多川歌麿『午ノ刻』木版画・人物画【A316】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『午ノ刻』木版画・人物画【A316】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 午ノ刻 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■娘日時計「午ノ刻」午の刻(十二時)湯上りの図である。無線摺りにした顔の輪郭に本図では目鼻の線も殊更に淡くひいてある。娘日時計の五枚の構図はみな女二人の七分身でまとめられているが、構図や配色の点ではこれは一番纏まっているようである。かき上げられた髪、一人は立姿で耳元のしめりに手拭をあて、一人はしやがんで朱唇に糠袋をくわえながら手拭をしぼる—それぞれの仕草にも無理がない。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『午ノ刻』木版画・人物画

お買い物マラソン
喜多川歌麿『日の出屋後家』木版画・人物画【A311】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『日の出屋後家』木版画・人物画【A311】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 日の出屋後家 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■高名美人六家撰「日の出屋後家」朝日屋の後家ともいい、コマ絵の日の出を判じ絵として特定のモデルはないようである。ほかに眉をつけた図もある。湯上りのポーズとしてほかにもいくまいか仝じような構図のものがあるが、髪かたちから、大胆な浴衣の柄模様まで、娘とは異なった美貌の若後家の匂うような色気が発散している。全体に地味な色調の中で、眉をおとした若々しく整った顔と、これも身内の若さが溢れるような白いゆたかな二の腕が、まことに印象的である。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『日の出屋後家』木版画・人物画

お買い物マラソン
喜多川歌麿『鷺娘』木版画・人物画【A332】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『鷺娘』木版画・人物画【A332】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 鷺娘 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■当世踊子揃「鷺娘」いくつかの揃いものとして描かれているようだが、このほかに吉原雀、三番叟、道成寺がしられている。歌麿がとりあげた題材の中で吉原の風俗美を扱ったものがいくつかあるが、この組みものもその一つとみられる。背色の黒雲母(くろきら)のなかに、夕顔のように浮き出た踊子のういういしい白い顔が徳に印象的で、舞台でみる白鷺の精の美しさを、踊りその一瞬にとらえたものであろう。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『鷺娘』木版画・人物画

お買い物マラソン
◆浮世絵ミニ掛軸 掛け軸 ビードロを吹く娘 喜多川歌麿 浮世絵掛軸

人形と日本のおみやげ 久宝堂

4,500

◆浮世絵ミニ掛軸 掛け軸 ビードロを吹く娘 喜多川歌麿 浮世絵掛軸

当時流行したビードロを優しく吹き鳴らす娘。 振袖を大きくなびかせて振り返り、微妙に息を吹き込む口もとの色気までも見事にあらわした歌麿の人気作品です。 美術工芸品   作者 喜多川 歌麿(きたがわ うたまろ) 略歴 北斎、広重、写楽と並ぶ世界的に著名な浮世絵師。 浮世絵の黄金期に、美人画絵師として活躍した。 狩野派の町絵師・鳥山石燕に学び、版元・蔦谷重三郎に見出されて後、天明期より黄表紙の押絵や錦絵をてがけるようになり、寛政期に入り評判の町娘や遊里の女性たちを魅力的に描き、浮世絵美人画の第一人者としてその名を知らしめた。 寛政の改革下も、様々な表現の規制にも屈することなく、常に新しい表現手段を模索し続けたが、文化元年(1804)、風紀取締りの罰に捕らわれ、その二年後にこの世を去る。 サイズ 新絹本 洛彩緞子本表装 軸先プラスチック 紙箱入 掛けた時のサイズ 約31×90cm(ミニ) 用途 小さい床の間、洋間用・趣味の掛軸・海外へのお土産 左の画像をクリックすると拡大します浮世絵ミニ掛軸 喜多川歌麿 ビードロを吹く娘 海外の方への日本土産として最適な掛軸です

お買い物マラソン
喜多川歌麿『難波屋おきた』木版画・人物画【A312】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『難波屋おきた』木版画・人物画【A312】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 難波屋おきた 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■難波屋おきた浅草観音内の水茶屋難波屋の娘おきたは歌麿が最も数多くモデルにして描いた評判娘である。高島屋おひさと対照的な顔立ちで、鼻すじから顔全体に整いすぎむしろ冷たい感じを与える。寛政時代歌麿が最も脂ののりきった頃の作品で、幾多のおきたの絵柄の中でもこれは特にすぐれている。淡藍のひとえに黒繻子の幅広の帯、高く結い上げた娘島田から美事に流れるうなじの線と、全体の構図も申分がない。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『難波屋おきた』木版画・人物画

お買い物マラソン
喜多川歌麿『南駅は印』木版画・人物画【A307】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『南駅は印』木版画・人物画【A307】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 南駅は印 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き(ただし、画の中、うなじ付近に点状のシミがあります。経年によるものです) 箱付き ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■南駅は印湯上りにくつろいだ女の姿態の美しさは、古今を通じて変わらないもののようである。ことに無造作にはおつた浴衣の衿もとからのぞける頸すじから胸元への流れるようなふくよかな線、手拭いをもつ抜けるように白い腕—歌麿は遊女や町家の娘、または年増女の湯上り姿を数多くものにしているが、いづれもそれぞれの個性と姿態を描いて妙を得ている。ほかに西駅た印という絵がしられているが、た印、と印などと意味は判然としないが、当時遊客の間で通称されていたものか。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『南駅は印』木版画・人物画

お買い物マラソン
喜多川歌麿『かんざしさす女』木版画・人物画【A327】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『かんざしさす女』木版画・人物画【A327】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 かんざしさす女 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日) 江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。 当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■吾妻美人ゑらみ「かんざしさす女」特に実在の個人をモデルにして描かれたものではないかもしれない。シリーズものでもない。歌麿の作品のなかで特に喧伝された作品というのでもない。が、これは彼の秀作の一つとしてとりあげられていい。日常生活の中でいくつも目に付く女性の何気ない姿態ながら、「女」の美しさがふつと胸をうつ。全体の配色の妙と相俟って、しっとりと娯しめる。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『かんざしさす女』木版画・人物画

お買い物マラソン
喜多川歌麿『辰巳路孝』木版画・人物画【A329】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『辰巳路孝』木版画・人物画【A329】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 辰巳路孝 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■高名美人六家撰「辰巳路孝」六家撰とは六歌仙になぞらえたものであろう。富本豊雛、高島屋おひさ、扇屋花扇、日の出屋後家、難波屋おきたを加えて揃物にした。江戸で辰巳すなわち東南の地は深川で、深川芸者を辰巳芸者とも言った。吉原の遊女とは異なった、粋で鉄火な江戸芸者の面目がうかがえる。このシリーズで町娘、遊女、芸者、若い美人の後家とそれぞれに描き分けて、情趣深いものにしている。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『辰巳路孝』木版画・人物画

お買い物マラソン
喜多川歌麿『美人十二相』木版画・人物画【A322】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『美人十二相』木版画・人物画【A322】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 美人十二相 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■名所風景 「美人十二相」タイトルに「名所風景」とあるが、日本三景といったような名所十二を選んで、その一つ一つの風景に象徴される美人を描きわけたシリーズものといわれている。しかしどの美女が松島か天の橋立か、天の橋立に象徴される女性というものがどういうものかを判然としないが、とも角、大首絵も数重なればマンネリズムにもなろう。そこで歌麿の主観を通じて特定の風景から想望される貌と個性の女性。それは必ずしも美貌とは限るまい。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『美人十二相』木版画・人物画

お買い物マラソン
★浮世絵ミニ掛軸 掛け軸 寛政の三美人 喜多川歌麿 浮世絵掛軸

人形と日本のおみやげ 久宝堂

4,500

★浮世絵ミニ掛軸 掛け軸 寛政の三美人 喜多川歌麿 浮世絵掛軸

三人の美しい女性を微妙な構図で一つの絵に構成した代表作。 それぞれの微妙な違いまでも、如実に表現した華やかで高潔な趣が漂う作品です。 美術工芸品   作者 喜多川 歌麿(きたがわ うたまろ) 略歴 北斎、広重、写楽と並ぶ世界的に著名な浮世絵師。 浮世絵の黄金期に、美人画絵師として活躍した。 狩野派の町絵師・鳥山石燕に学び、版元・蔦谷重三郎に見出されて後、天明期より黄表紙の押絵や錦絵をてがけるようになり、寛政期に入り評判の町娘や遊里の女性たちを魅力的に描き、浮世絵美人画の第一人者としてその名を知らしめた。 寛政の改革下も、様々な表現の規制にも屈することなく、常に新しい表現手段を模索し続けたが、文化元年(1804)、風紀取締りの罰に捕らわれ、その二年後にこの世を去る。 サイズ 新絹本 洛彩緞子本表装 軸先プラスチック 紙箱入 掛けた時のサイズ 約31×90cm(ミニ) 用途 小さい床の間、洋間用・趣味の掛軸・海外へのお土産 左の画像をクリックすると拡大します浮世絵ミニ掛軸 喜多川歌麿 寛政の三美人 海外の方への日本土産として最適な掛軸です

お買い物マラソン
喜多川歌麿『丁字屋内雛づる』木版画・人物画【A314】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『丁字屋内雛づる』木版画・人物画【A314】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 丁字屋内雛づる 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■当時全盛美人揃「丁字屋内雛づる」雛づる— いかにもその名にふさわしい風情の女である。ほつそりと、優しく、可憐な趣がその仕草にもみられる。この十一枚の揃物の内この図と越前屋内唐士が同じモデルかと思われる。うちわと、そのうちわを逆さ持ちにもみ手しながら何かを思い願ってる女心が、黄つぶしの明るい背色に薄い単衣の淡い色がマツチして、美事な雰囲気を醸し出している。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『丁字屋内雛づる』木版画・人物画

お買い物マラソン
喜多川歌麿『若松屋内若づる』木版画・人物画【A315】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『若松屋内若づる』木版画・人物画【A315】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 若松屋内若づる 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■当時全盛美人揃「若松屋内若づる」玉屋内し津かと同一の図である。し津かの図では立膝の腿とそれに絡らむ下着は着物にかくされている。どちらをとるかはみる人の好みによって異なるだろう。このシリーズで、遊女たちのそれぞれの場面でみせる姿態を性情的に描き上げ、個々の体臭を描き分けようと意図されたものと思われ興味深いが、しかし多少無理にわたる点も散見される。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『若松屋内若づる』木版画・人物画

お買い物マラソン
■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 喜多川歌麿『鮑取り』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 喜多川歌麿『鮑取り』

外寸(約):315×445mm 絵サイズ:255×367mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的浮世絵師、喜多川歌麿。その作の浮世絵版画『鮑取り』(三枚続の一部)です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。歌麿の得意とする美人画を手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3は裏面の画像と使用した版木です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ◎当品は和紙1枚の状態です。額飾しておりません。 ●喜多川 歌麿:江戸時代に活躍した浮世絵師の代表的な一人。喜多川派の祖である。国際的にもよく知られる浮世絵師として葛飾北斎と並び称される。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。肉筆画・春画にも優れ、ついで役者の大首絵を美人画に採用。寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。繊細で優麗な描線を特徴とし、さまざまな姿態、表情の女性美を追求した美人画の大家である。 【作品解説】鮑取り(あわびとり): 江ノ島の海女を描いたと言われており、全裸に近い海女ふたりの姿が印象的な美人画である。女性の輪郭線を墨色ではなく肌色を用いた事により、健康的でみずみずしい海女の肉体を見事に表現し、それと対称的に黒々とした濡れ髪が画面を締めている。この様な歌麿独自の手法、色彩表現は浮世絵ならではの見事な技法であろう。 ※製作者プロフィール 【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。 中国山東省工芸美術学院絵画専業卒業。中国北京中央美術学院版画学部版画専業修了。中国政府派遣版画研究のため来日(東京芸術大学版画研究室)。「中国版画展」「世界版画展」「美術展覧」等において入選、受賞。 ※1995年・中国政府に「特殊貢献の優秀人材」の称号を受ける。 2001年・中国政府派遣再来日(東京芸術大学版画研究室...

お買い物マラソン
喜多川歌麿『婦女人相十品・ポツピンを吹く女』木版画・人物画【A305】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『婦女人相十品・ポツピンを吹く女』木版画・人物画【A305】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 婦女人相十品・ポツピンを吹く女 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■婦女人相十品「ポツピンを吹く女」「煙を吹く女」などとこの図の四枚が当初婦女人相十品として出版されたが、ポツピンを吹く女は後に婦人相学十躰に組み入れられている。バックの白雲母(しろきら)の中に淡彩で下町娘の豊かに愛くるしい姿が、簡潔に見事に描出されている。長い袂をひるがえしポツピンを口に振り返った娘島田は、まことに邪気がない。ポツピンはポツペンとも呼ばれたガラス製の玩具という。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『婦女人相十品・ポツピンを吹く女』木版画・人物画

お買い物マラソン
喜多川歌麿『娘日時計・申ノ刻』木版画・人物画【A320】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『娘日時計・申ノ刻』木版画・人物画【A320】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 娘日時計・申ノ刻 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■娘日時計「申ノ刻」申ノ刻(午後四時)角かくしに支度をととのえての外出は墓参りという。ともあれ、この図と辰ノ刻では襟あしも無職の空摺りで巳ノ刻では鼻すじにも空摺りを試みているが、このあと歌麿はこのような手法を殆ど用いていない。一つの試みとして彼が意図したものが、その後何らの成長展開もみずに終わっている。またこのシリーズに娘日時計の表題が冠されているが、ここの描出されたエロティシズムには、育ちの良い町娘の風格と品位はない。しかし、これは作品として特異の存在ではある。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『娘日時計・申ノ刻』木版画・人物画

お買い物マラソン
喜多川歌麿『娘日時計・申ノ刻』木版画・人物画【A348】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『娘日時計・申ノ刻』木版画・人物画【A348】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 娘日時計・申ノ刻 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■娘日時計「申ノ刻」申ノ刻(午後四時)角かくしに支度をととのえての外出は墓参りという。ともあれ、この図と辰ノ刻では襟あしも無職の空摺りで巳ノ刻では鼻すじにも空摺りを試みているが、このあと歌麿はこのような手法を殆ど用いていない。一つの試みとして彼が意図したものが、その後何らの成長展開もみずに終わっている。またこのシリーズに娘日時計の表題が冠されているが、ここの描出されたエロティシズムには、育ちの良い町娘の風格と品位はない。しかし、これは作品として特異の存在ではある。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『娘日時計・申ノ刻』木版画・人物画

お買い物マラソン
喜多川歌麿『教訓親の目鑑・正直者』木版画・人物画【A349】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『教訓親の目鑑・正直者』木版画・人物画【A349】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 教訓親の目鑑・正直者 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■教訓親の目鑑「正直者」歌麿の盛時にみられた女性美の創造的探究の段階からようやく精神的、肉体的に転機を迎えた歌麿晩年の作、ぐうだら兵衛、ばくれん、不作者等十枚からなる一連の作品の一枚で、美追及の描写から個性的、性格的表現を覘って新しい境地を開拓しようとする意図がみられる。この揃物の中でもこの図柄は得に好ましく、乙女こころの愛くるしさが、構図を全体の配色の中で見事に描出されている。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『教訓親の目鑑・正直者』木版画・人物画

お買い物マラソン
喜多川歌麿『婦人相学十躰・浮気の相』木版画・人物画【A334】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『婦人相学十躰・浮気の相』木版画・人物画【A334】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 婦人相学十躰・浮気の相 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■婦人相学十躰「浮気の相」中年女の美しさが画面一ぱいに匂っている。 歌麿の脂ののりきった寛政頃の逸品である。夏の一日、湯上りの櫛巻きの髪に、淡い色の浴衣がけの年増女の姿態は、無造作の中に若い女にはみられない異なった情趣がただよって、みるものをうっとりさせる。明るい白雲英に、淡色最小限の色数でこれだけ効果をあげた歌麿の技巧は非凡という他ない。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『婦人相学十躰・浮気の相』木版画・人物画

お買い物マラソン
喜多川歌麿『婦人手業拾二工・髪ゆい』木版画・人物画【A345】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『婦人手業拾二工・髪ゆい』木版画・人物画【A345】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 婦人手業拾二工・髪ゆい 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■婦人手業拾二工「髪ゆい」歌麿が作画上の転機を迎えた晩年の作で、題材を江戸庶民の生活の中にもとめ、働く女の姿を描いたものだが、しかし決してこれをもって生活詩とはいえない。働く者の姿を写実的に描写したものではなく。その行き方は大首絵の美人画を瓦魄譴砲垢襪發里世・蕕任△襦・BR>この図で歌麿はこのような場面にみせる女心の表情を、女性二人を配して心憎い筆致で描き出している。梳きあげられた女のふじびたいも、まことに美しい。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『婦人手業拾二工・髪ゆい』木版画・人物画

お買い物マラソン
喜多川歌麿『教訓親の目鑑・ぐうたら兵衛』木版画・人物画【A352】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『教訓親の目鑑・ぐうたら兵衛』木版画・人物画【A352】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 教訓親の目鑑・ぐうたら兵衛 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※手摺木版画で復刻 ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■教訓親の目鑑「ぐうたら兵衛」歌麿の晩年享和の頃の作で、十枚の揃物になっている。表現も着想も生き生きとして秀でている。ことにこの図は莫漣女の性情を余すところなく描き得て妙である。ただ気になるのは図上の解説で、長々となくもがなの感がある。当時の幕府の取り締まりを配慮しすぎての結果とも考えられるが、また反面歌麿の内面的な苦悩の一つの現れとみられないこともない。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『教訓親の目鑑・ぐうたら兵衛』木版画・人物画

お買い物マラソン
喜多川歌麿『婦人手業拾二工・髪ゆい』木版画・人物画【A321】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『婦人手業拾二工・髪ゆい』木版画・人物画【A321】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 婦人手業拾二工・髪ゆい 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■婦人手業拾二工「髪ゆい」歌麿が作画上の転機を迎えた晩年の作で、題材を江戸庶民の生活の中にもとめ、働く女の姿を描いたものだが、しかし決してこれをもって生活詩とはいえない。働く者の姿を写実的に描写したものではなく。その行き方は大首絵の美人画を瓦魄譴砲垢襪發里世・蕕任△襦」この図で歌麿はこのような場面にみせる女心の表情を、女性二人を配して心憎い筆致で描き出している。梳きあげられた女のふじびたいも、まことに美しい。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『婦人手業拾二工・髪ゆい』木版画・人物画

お買い物マラソン
喜多川歌麿『咲分け言葉の花・おちゃっぴ』木版画・人物画【A353】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『咲分け言葉の花・おちゃっぴ』木版画・人物画【A353】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 咲分け言葉の花・おちゃっぴ 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※手摺木版画で復刻 ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■咲分け言葉の花「おちゃっぴ」教訓親の目鑑が性情的なものとすれば、このシリーズものは庶民風俗のなかで女性をスケッチしたものといえようか。享和の頃の作。粋でおきゃんな江戸の女、負けん気が強くて、涙もろい下町娘の面目が躍如としていてまことにほほえましい。歌麿の美人画らしい女の体臭はここには見当たらないが、せいせいする絵柄である。ほかにすけべいおぼこ、たわいなし、にくまれ盛り、などが知られている。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『咲分け言葉の花・おちゃっぴ』木版画・人物画

お買い物マラソン
喜多川歌麿『教訓親の目鑑・ぐうたら兵衛』木版画・人物画【A326】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『教訓親の目鑑・ぐうたら兵衛』木版画・人物画【A326】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 教訓親の目鑑・ぐうたら兵衛 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■教訓親の目鑑「ぐうたら兵衛」歌麿の晩年享和の頃の作で、十枚の揃物になっている。表現も着想も生き生きとして秀でている。ことにこの図は莫漣女の性情を余すところなく描き得て妙である。ただ気になるのは図上の解説で、長々となくもがなの感がある。当時の幕府の取り締まりを配慮しすぎての結果とも考えられるが、また反面歌麿の内面的な苦悩の一つの現れとみられないこともない。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『教訓親の目鑑・ぐうたら兵衛』木版画・人物画

お買い物マラソン
喜多川歌麿『青楼七小町・扇屋内滝川』木版画・人物画【A351】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『青楼七小町・扇屋内滝川』木版画・人物画【A351】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 青楼七小町・扇屋内滝川 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■青楼七小町「扇屋内滝川」高く結いあげた黒髪に白い肌、涼しい目もとの瓜実顔に点じられた朱唇は、全体の渋い色調の中で匂うようだ。遊女とはいえ一流の滝川、崩れようとしてようやく支えられたほのかな気品が、哀れに美しい。寛政末期の作とされている。当時宣伝された遊女篠原、多賀袖、明石、花紫、白露、嘉瀬川の七図の揃物だが、ほかに歌麿は滝川を数枚描いている。署名に「正銘」の文字がみえるが、歌麿の盛名に模作が行われたものと思われる。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『青楼七小町・扇屋内滝川』木版画・人物画

お買い物マラソン
喜多川歌麿『青楼七小町・扇屋内滝川』木版画・人物画【A318】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『青楼七小町・扇屋内滝川』木版画・人物画【A318】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 青楼七小町・扇屋内滝川 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■青楼七小町「扇屋内滝川」高く結いあげた黒髪に白い肌、涼しい目もとの瓜実顔に点じられた朱唇は、全体の渋い色調の中で匂うようだ。遊女とはいえ一流の滝川、崩れようとしてようやく支えられたほのかな気品が、哀れに美しい。寛政末期の作とされている。当時宣伝された遊女篠原、多賀袖、明石、花紫、白露、嘉瀬川の七図の揃物だが、ほかに歌麿は滝川を数枚描いている。署名に「正銘」の文字がみえるが、歌麿の盛名に模作が行われたものと思われる。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『青楼七小町・扇屋内滝川』木版画・人物画

お買い物マラソン
喜多川歌麿『姿見七人化粧・おきた対鏡』木版画・人物画【A323】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『姿見七人化粧・おきた対鏡』木版画・人物画【A323】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 姿見七人化粧・おきた対鏡 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■姿見七人化粧「おきた対鏡」高島屋おひさをモデルにした じ趣向の合わせ鏡の図柄がある。江戸で評判の難波屋のおきたが、整いすぎるほどにととのつた自分の顔を、無心にみ入る姿を描いた歌麿は、自分の好みからだけでなく充分に庶民の要請に応えたつもりであろう。 日常生活の中でのおきたの姿は、小町娘のプロマイド的役割を果たしてあまりあろう。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『姿見七人化粧・おきた対鏡』木版画・人物画

お買い物マラソン
喜多川歌麿『咲分け言葉の花・おちゃっぴ』木版画・人物画【A328】

ココクレアcococlea

9,288

喜多川歌麿『咲分け言葉の花・おちゃっぴ』木版画・人物画【A328】

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 咲分け言葉の花・おちゃっぴ 技法 木版画 外寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃?〜1806年10月31日(文化3年9月20日) 江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。 当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■咲分け言葉の花「おちゃっぴ」教訓親の目鑑が性情的なものとすれば、このシリーズものは庶民風俗のなかで女性をスケッチしたものといえようか。享和の頃の作。粋でおきゃんな江戸の女、負けん気が強くて、涙もろい下町娘の面目が躍如としていてまことにほほえましい。歌麿の美人画らしい女の体臭はここには見当たらないが、せいせいする絵柄である。ほかにすけべいおぼこ、たわいなし、にくまれ盛り、などが知られている。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『咲分け言葉の花・おちゃっぴ』木版画・人物画

お買い物マラソン
送料無料
江戸文化の傑作浮世絵集江戸春画 全4巻セット

スターアイ

10,286

江戸文化の傑作浮世絵集江戸春画 全4巻セット

■江戸文化の傑作浮世絵集江戸春画 全4巻セット 時代と風俗を鮮やかに描いた傑作浮世絵です。 喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川国芳ら、人気絵師が描いた不朽の名作を迫力 の大型サイズで提供!時代と風俗を鮮やかに描いた傑作浮世絵集! 世界に誇る江戸文化、「浮世絵」が最近、何度目かのブームを迎えています。特に「春画」人気は衰えることなく、本書は喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川国芳ら、人気絵師が描いた不朽の名作を迫力の大型サイズで提供しています。 ●サイズ(約)/横22×縦29×厚さ1.1cm ●重量(約)/650g(1巻) ●仕様/本文各巻144ページ オールカラー ●日本製 ■ご注意 ※掲載商品は撮影時の光源や画面表示の都合上、現品と多少色合いが異なる場合もございますので予めご了承下さい。 ■広告文責 株式会社ルイアンヌ  ■江戸文化の傑作浮世絵集江戸春画 全4巻セット 喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川国芳ら、人気絵師が描いた名作時代と風俗を鮮やかに描いた傑作浮世絵集です 時代と風俗を鮮やかに描いた傑作浮世絵 喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川国芳ら、人気絵師が描いた不朽の名作を迫力の大型サイズで提供!時代と風俗を鮮やかに描いた傑作浮世絵集! 世界に誇る江戸文化、「浮世絵」が最近、何度目かのブームを迎えています。特に「春画」人気は衰えることなく、本書は喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川国芳ら、人気絵師が描いた不朽の名作を迫力の大型サイズで提供しています。   人気絵師が描いた不朽の名作を 迫力の大型サイズ(約22×29cm)で提供しています

お買い物マラソン
海外でも人気!日本の伝統を贈り物に高品質の復刻浮世絵喜多川歌麿「難波屋おきた」(高名美人六家撰)【楽ギフ_包装】

浮世絵のアダチ版画

14,040

海外でも人気!日本の伝統を贈り物に高品質の復刻浮世絵喜多川歌麿「難波屋おきた」(高名美人六家撰)【楽ギフ_包装】

仕様  版種木版画(手摺り)  サイズ39.5 × 26.5 cm  用紙越前生漉奉書  監修アダチ伝統木版画技術保存財団  制作アダチ版画研究所  解説日本語・英語併記  納期注文日より3営業日以内に発送 日時指定OK 詳細 >>  在庫あり  配送業者国内 ゆうパック  海外 EMS  送料国内 一律700円(3万円以上無料)  海外 実費 詳細 >>  支払方法カード・振込・代金引換・現金書留 詳細 >>  ギフト対応   【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】  備考浮世絵専用額をお持ちのお客様  絵の差し替えのご案内 >>    難波屋おきた喜多川 歌麿     寛政時代の三美人の一人に数えられる難波屋のおきた。お茶を差し出す仕草が楚々として上品な美人画です。 画面左上の方形の中は「判じ絵」になっていて、「菜(な)二把(にわ)」「矢(や)」「沖(おき)」「田(た)」と読むことが出来ます。          ■浮世絵サイズ: 39.5 × 26.5 cm       ■海外ギフトに■日本文化・伝統芸能に興味のある方に■飲食店などの内装に★★★★★★★★★★★

お買い物マラソン
《特製専用額付》海外でも人気!日本の伝統を贈り物に高品質の復刻浮世絵喜多川歌麿「難波屋おきた」(高名美人六家撰)【楽ギフ_包装】

浮世絵のアダチ版画

27,000

《特製専用額付》海外でも人気!日本の伝統を贈り物に高品質の復刻浮世絵喜多川歌麿「難波屋おきた」(高名美人六家撰)【楽ギフ_包装】

仕様  版種木版画(手摺り)  サイズ 39.5 × 26.5 cm  額サイズ 55.0 × 40.0 cm 使用する額はこちら >>  用紙越前生漉奉書  監修アダチ伝統木版画技術保存財団  制作アダチ版画研究所  解説日本語・英語併記  納期注文日より3営業日以内に発送 日時指定OK 詳細 >>  在庫あり  配送業者国内 ゆうパック  海外 EMS  送料国内 一律700円(3万円以上無料)   海外 実費 詳細 >>  支払方法カード・振込・代金引換・現金書留 詳細 >>  ギフト対応  【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】  備考この商品は額装してお届けします。    難波屋おきた喜多川 歌麿     寛政時代の三美人の一人に数えられる難波屋のおきた。お茶を差し出す仕草が楚々として上品な美人画です。 画面左上の方形の中は「判じ絵」になっていて、「菜(な)二把(にわ)」「矢(や)」「沖(おき)」「田(た)」と読むことが出来ます。          ■浮世絵サイズ: 39.5 × 26.5 cm       ■海外ギフトに■日本文化・伝統芸能に興味のある方に■飲食店などの内装に★★★★★★★★★★★

お買い物マラソン
海外でも人気!日本の伝統を贈り物に高品質の復刻浮世絵喜多川歌麿「物思恋」(歌撰恋之部)【楽ギフ_メッセ入力】

浮世絵のアダチ版画

14,040

海外でも人気!日本の伝統を贈り物に高品質の復刻浮世絵喜多川歌麿「物思恋」(歌撰恋之部)【楽ギフ_メッセ入力】

仕様  版種木版画(手摺り)  サイズ39.5 × 27.5 cm  用紙越前生漉奉書  監修アダチ伝統木版画技術保存財団  制作アダチ版画研究所  解説日本語・英語併記  納期注文日より3営業日以内に発送 日時指定OK 詳細 >>  在庫あり  配送業者国内 ゆうパック  海外 EMS  送料国内 一律700円(3万円以上無料)  海外 実費 詳細 >>  支払方法カード・振込・代金引換・現金書留 詳細 >>  ギフト対応  【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】  備考浮世絵専用額をお持ちのお客様  絵の差し替えのご案内 >>    物思恋喜多川 歌麿     歌麿が得意とする美人をクローズアップでとらえた大首絵(おおくびえ)の中でも代表となる作品です。単純な構成と色彩のうちに、女体の肉感美と恋に燃える女の生命感を表現し得た作品は、ボストン美術館やパリのギメ美術館などにも優品が所蔵されており、世界でも高く評価されています。海外ギフトなどで大変人気の作品です。         ■浮世絵サイズ: 39.5 × 27.5 cm       ■海外ギフトに■日本のお土産に■こだわりの浮世絵コレクターに★★★★★★★★★★★★

お買い物マラソン
《特製専用額付》海外でも人気!日本の伝統を贈り物に高品質の復刻浮世絵喜多川歌麿「ビードロを吹く娘」(婦女人相十品)【楽ギフ_包装】

浮世絵のアダチ版画

27,000

《特製専用額付》海外でも人気!日本の伝統を贈り物に高品質の復刻浮世絵喜多川歌麿「ビードロを吹く娘」(婦女人相十品)【楽ギフ_包装】

仕様  版種 木版画(手摺り)  サイズ 38.5 × 25.8 cm  額サイズ 55.0 × 40.0 cm 使用する額はこちら >>  用紙越前生漉奉書  監修アダチ伝統木版画技術保存財団  制作アダチ版画研究所  解説日本語・英語併記  納期注文日より3営業日以内に発送 時間指定OK 詳細 >>  在庫 あり  配送業者国内 ゆうパック  海外 EMS  送料 国内 一律700円(3万円以上無料)   海外 実費 詳細 >>  支払方法 カード・振込・代金引換・現金書留 詳細 >>  ギフト対応  【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】  備考 この商品は額装してお届けします。    ビ ー ドロを吹く娘 喜多川 歌麿     別名ポッペンともいうガラスの玩具を吹く少女が愛らしい人気作。市松に桜を散らした模様は当時流行した着物柄です。少女の可憐さ、振袖の華やかさ、さらに雲母(キラ)を用いた光沢のある印象的な背景で、パーティー・謝恩会などの場でも映える贈り物として好評です。          ■浮世絵サイズ: 38.5 × 25.8 cm       ■海外ギフトに ■春のインテリアに ★★★★★ ★★★★

お買い物マラソン
スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「喜多川歌麿」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ