「写真作品」 の検索結果 5,135件

円相(エンソウ)

ディノス

45,360

円相(エンソウ)

「バクザン先生」の呼び名で親しまれる榊莫山の継承者、墨象家外林省二の直筆墨象作品をご紹介します。 「梦モ光モ月ノ國カラ 倣莫山学弟省二」(夢も光も月の国から)円相とは禅における書画の一つで、悟りの形象でもあります。この作品では円相を月とイメージし、静寂の世界観を表現しています。見ていると自然と心が穏やかになるような奥深い味わいの作品です。墨と色を駆使し、時には墨以外の素材も用いて独創的な作品を創り出す墨象の世界。金銀のチラシやラメを使った外林独特の表現は、できあがった作品も華やかながら制作過程も非常に迫力があり、ライブパフォーマンスや対面式の制作では常に見る人の心を惹き付けています。お手頃な価格で墨象家外林省二の作品が手に入るスペシャルな企画です。A4サイズの作品で飾りやすい大きさですが、一点一点全て外林の直筆によるものです。そのためサンプルの写真と異なる点もありますが、全く同じ作品は世界に一つだけしかないという稀少さが更に商品価値を高めています。素材にも生漉きの越前和紙を使用した、こだわりの詰まった商品です。越前生漉和紙使用墨象直筆作品外林省二プロフィール前衛書と墨象の戦後二大巨頭とされる宇野雪村と榊莫山を師に持つ墨象家 外林省二。榊莫山の作品の継承を許されている外林が、生漉きの越前和紙を使い直筆で一枚ずつ制作しています。1954年 広島県福山市に生まれる1957年 3歳より書道を始める1967年 広島県美術展初出品、当時最年少の13歳で入選1972年 奎星展初出品、前衛書部当事最年少18歳で特選1973年 大東文化大学文学部中国文学科入学、宇野雪村氏に師事 毎日書道展初出品、当時最年少19歳で入選1982年 奎星展漢字部で奎星賞受賞1985年 毎日書道展毎日賞受賞、第一回訪中書の研究視察団員に当時最年少31歳で選ばれる1992年...

凸凹 (デコボコ)

ディノス

45,360

凸凹 (デコボコ)

「バクザン先生」の呼び名で親しまれる榊莫山の継承者、墨象家外林省二の直筆墨象作品をご紹介します。 師榊莫山に認められるきっかけとなったテーマである、凸凹で表現した作品です。凸(金)、凹(銀)を立体化させ、ラメを付すことによって華やか且つオリジナルな世界観を表現しています。墨と色を駆使し、時には墨以外の素材も用いて独創的な作品を創り出す墨象の世界。金銀のチラシやラメを使った外林独特の表現は、できあがった作品も華やかながら制作過程も非常に迫力があり、ライブパフォーマンスや対面式の制作では常に見る人の心を惹き付けています。お手頃な価格で墨象家外林省二の作品が手に入るスペシャルな企画です。A4サイズの作品で飾りやすい大きさですが、一点一点全て外林の直筆によるものです。そのためサンプルの写真と異なる点もありますが、全く同じ作品は世界に一つだけしかないという稀少さが更に商品価値を高めています。素材にも生漉きの越前和紙を使用した、こだわりの詰まった商品です。越前生漉和紙使用墨象直筆作品外林省二プロフィール前衛書と墨象の戦後二大巨頭とされる宇野雪村と榊莫山を師に持つ墨象家 外林省二。榊莫山の作品の継承を許されている外林が、生漉きの越前和紙を使い直筆で一枚ずつ制作しています。1954年 広島県福山市に生まれる1957年 3歳より書道を始める1967年 広島県美術展初出品、当時最年少の13歳で入選1972年 奎星展初出品、前衛書部当事最年少18歳で特選1973年 大東文化大学文学部中国文学科入学、宇野雪村氏に師事 毎日書道展初出品、当時最年少19歳で入選1982年 奎星展漢字部で奎星賞受賞1985年 毎日書道展毎日賞受賞、第一回訪中書の研究視察団員に当時最年少31歳で選ばれる1992年 広島県美術展審査員 天満屋福山店にて個展開催1993年 毎日書道会...

楽(ラク)

ディノス

45,360

楽(ラク)

「バクザン先生」の呼び名で親しまれる榊莫山の継承者、墨象家外林省二の直筆墨象作品をご紹介します。 「楽 師榊莫山承」師の表現を忠実に倣いつつ、墨色に変化を加えることで、見る角度によって色合いが変わるという外林独特の表現となっています。シンプルな一文字ですが、「楽」の持つ意味が見る人の感性に訴えかける奥深い作品です。墨と色を駆使し、時には墨以外の素材も用いて独創的な作品を創り出す墨象の世界。金銀のチラシやラメを使った外林独特の表現は、できあがった作品も華やかながら制作過程も非常に迫力があり、ライブパフォーマンスや対面式の制作では常に見る人の心を惹き付けています。お手頃な価格で墨象家外林省二の作品が手に入るスペシャルな企画です。A4サイズの作品で飾りやすい大きさですが、一点一点全て外林の直筆によるものです。そのためサンプルの写真と異なる点もありますが、全く同じ作品は世界に一つだけしかないという稀少さが更に商品価値を高めています。素材にも生漉きの越前和紙を使用した、こだわりの詰まった商品です。越前生漉和紙使用墨象直筆作品外林省二プロフィール前衛書と墨象の戦後二大巨頭とされる宇野雪村と榊莫山を師に持つ墨象家 外林省二。榊莫山の作品の継承を許されている外林が、生漉きの越前和紙を使い直筆で一枚ずつ制作しています。1954年 広島県福山市に生まれる1957年 3歳より書道を始める1967年 広島県美術展初出品、当時最年少の13歳で入選1972年 奎星展初出品、前衛書部当事最年少18歳で特選1973年 大東文化大学文学部中国文学科入学、宇野雪村氏に師事 毎日書道展初出品、当時最年少19歳で入選1982年 奎星展漢字部で奎星賞受賞1985年 毎日書道展毎日賞受賞、第一回訪中書の研究視察団員に当時最年少31歳で選ばれる1992年 広島県美術展審査員...

○△□(マルサンカクシカク)

ディノス

45,360

○△□(マルサンカクシカク)

「バクザン先生」の呼び名で親しまれる榊莫山の継承者、墨象家外林省二の直筆墨象作品をご紹介します。 師榊莫山に認められるきっかけとなったテーマである、○△□で表現した作品です。禅の世界観を表している○(金)、△(赤)、□(銀)をそれぞれ立体化させ、ラメを付すことによって外林独特の華やか且つオリジナルな表現になっています。墨と色を駆使し、時には墨以外の素材も用いて独創的な作品を創り出す墨象の世界。金銀のチラシやラメを使った外林独特の表現は、できあがった作品も華やかながら制作過程も非常に迫力があり、ライブパフォーマンスや対面式の制作では常に見る人の心を惹き付けています。お手頃な価格で墨象家外林省二の作品が手に入るスペシャルな企画です。A4サイズの作品で飾りやすい大きさですが、一点一点全て外林の直筆によるものです。そのためサンプルの写真と異なる点もありますが、全く同じ作品は世界に一つだけしかないという稀少さが更に商品価値を高めています。素材にも生漉きの越前和紙を使用した、こだわりの詰まった商品です。越前生漉和紙使用墨象直筆作品外林省二プロフィール前衛書と墨象の戦後二大巨頭とされる宇野雪村と榊莫山を師に持つ墨象家 外林省二。榊莫山の作品の継承を許されている外林が、生漉きの越前和紙を使い直筆で一枚ずつ制作しています。1954年 広島県福山市に生まれる1957年 3歳より書道を始める1967年 広島県美術展初出品、当時最年少の13歳で入選1972年 奎星展初出品、前衛書部当事最年少18歳で特選1973年 大東文化大学文学部中国文学科入学、宇野雪村氏に師事 毎日書道展初出品、当時最年少19歳で入選1982年 奎星展漢字部で奎星賞受賞1985年 毎日書道展毎日賞受賞、第一回訪中書の研究視察団員に当時最年少31歳で選ばれる1992年 広島県美術展審査員...

龍 〜昇龍〜(ショウリュウ)

ディノス

45,360

龍 〜昇龍〜(ショウリュウ)

「バクザン先生」の呼び名で親しまれる榊莫山の継承者、墨象家外林省二の直筆墨象作品をご紹介します。 「龍」の草書体を昇龍のイメージで表現した作品です。天に昇る龍は究極の幸運の象徴であり、邪気を払い、運気をアップさせます。金のチラシやラメを加えることで龍の勇壮さを表現すると共に、豪華な雰囲気を醸し出します。墨と色を駆使し、時には墨以外の素材も用いて独創的な作品を創り出す墨象の世界。金銀のチラシやラメを使った外林独特の表現は、できあがった作品も華やかながら制作過程も非常に迫力があり、ライブパフォーマンスや対面式の制作では常に見る人の心を惹き付けています。お手頃な価格で墨象家外林省二の作品が手に入るスペシャルな企画です。A4サイズの作品で飾りやすい大きさですが、一点一点全て外林の直筆によるものです。そのためサンプルの写真と異なる点もありますが、全く同じ作品は世界に一つだけしかないという稀少さが更に商品価値を高めています。素材にも生漉きの越前和紙を使用した、こだわりの詰まった商品です。越前生漉和紙使用墨象直筆作品外林省二プロフィール前衛書と墨象の戦後二大巨頭とされる宇野雪村と榊莫山を師に持つ墨象家 外林省二。榊莫山の作品の継承を許されている外林が、生漉きの越前和紙を使い直筆で一枚ずつ制作しています。1954年 広島県福山市に生まれる1957年 3歳より書道を始める1967年 広島県美術展初出品、当時最年少の13歳で入選1972年 奎星展初出品、前衛書部当事最年少18歳で特選1973年 大東文化大学文学部中国文学科入学、宇野雪村氏に師事 毎日書道展初出品、当時最年少19歳で入選1982年 奎星展漢字部で奎星賞受賞1985年 毎日書道展毎日賞受賞、第一回訪中書の研究視察団員に当時最年少31歳で選ばれる1992年 広島県美術展審査員...

胡蝶蘭(コチョウラン)

ディノス

45,360

胡蝶蘭(コチョウラン)

「バクザン先生」の呼び名で親しまれる榊莫山の継承者、墨象家外林省二の直筆墨象作品をご紹介します。 「花アルトキハ花ニ酔ヒ 風アルトキハ風ニ酔フ 倣莫山学弟省二」(花あるときは花に酔い 風あるときは風に酔う)師榊莫山より継承した代表作。師の表現を忠実に倣いつつ、ラメを加えることによっていっそう華やかさのある作品となっています。胡蝶蘭には「幸福が飛んでくる」という花言葉もあり、部屋に飾ることによって華やかさも幸せもアップします。墨と色を駆使し、時には墨以外の素材も用いて独創的な作品を創り出す墨象の世界。金銀のチラシやラメを使った外林独特の表現は、できあがった作品も華やかながら制作過程も非常に迫力があり、ライブパフォーマンスや対面式の制作では常に見る人の心を惹き付けています。お手頃な価格で墨象家外林省二の作品が手に入るスペシャルな企画です。A4サイズの作品で飾りやすい大きさですが、一点一点全て外林の直筆によるものです。そのためサンプルの写真と異なる点もありますが、全く同じ作品は世界に一つだけしかないという稀少さが更に商品価値を高めています。素材にも生漉きの越前和紙を使用した、こだわりの詰まった商品です。越前生漉和紙使用墨象直筆作品外林省二プロフィール前衛書と墨象の戦後二大巨頭とされる宇野雪村と榊莫山を師に持つ墨象家 外林省二。榊莫山の作品の継承を許されている外林が、生漉きの越前和紙を使い直筆で一枚ずつ制作しています。1954年 広島県福山市に生まれる1957年 3歳より書道を始める1967年 広島県美術展初出品、当時最年少の13歳で入選1972年 奎星展初出品、前衛書部当事最年少18歳で特選1973年 大東文化大学文学部中国文学科入学、宇野雪村氏に師事 毎日書道展初出品、当時最年少19歳で入選1982年 奎星展漢字部で奎星賞受賞1985年...

花籠(ハナカゴ)

ディノス

45,360

花籠(ハナカゴ)

「バクザン先生」の呼び名で親しまれる榊莫山の継承者、墨象家外林省二の直筆墨象作品をご紹介します。 「小鳥ガクワエテキタ梦ハ カゴイッパイニナリマシタ。 倣莫山学弟省二」(小鳥がくわえてきた夢は かごいっぱいになりました。)師榊莫山より継承した代表作。師の表現を忠実に倣いつつ、ラメを加えることによっていっそう華やかさのある作品となっています。優しい色合いの花籠とほっこりする言葉に、見ているだけで気持ちも優しくなります。墨と色を駆使し、時には墨以外の素材も用いて独創的な作品を創り出す墨象の世界。金銀のチラシやラメを使った外林独特の表現は、できあがった作品も華やかながら制作過程も非常に迫力があり、ライブパフォーマンスや対面式の制作では常に見る人の心を惹き付けています。お手頃な価格で墨象家外林省二の作品が手に入るスペシャルな企画です。A4サイズの作品で飾りやすい大きさですが、一点一点全て外林の直筆によるものです。そのためサンプルの写真と異なる点もありますが、全く同じ作品は世界に一つだけしかないという稀少さが更に商品価値を高めています。素材にも生漉きの越前和紙を使用した、こだわりの詰まった商品です。越前生漉和紙使用墨象直筆作品外林省二プロフィール前衛書と墨象の戦後二大巨頭とされる宇野雪村と榊莫山を師に持つ墨象家 外林省二。榊莫山の作品の継承を許されている外林が、生漉きの越前和紙を使い直筆で一枚ずつ制作しています。1954年 広島県福山市に生まれる1957年 3歳より書道を始める1967年 広島県美術展初出品、当時最年少の13歳で入選1972年 奎星展初出品、前衛書部当事最年少18歳で特選1973年 大東文化大学文学部中国文学科入学、宇野雪村氏に師事 毎日書道展初出品、当時最年少19歳で入選1982年 奎星展漢字部で奎星賞受賞1985年...

楽しいホビーの写真作品、発売中!クリスマスや誕生日のプレゼントにもどうぞ♪楽しいコレクションやホビー。大人から子供まで充実した時間を楽しめます。写真作品に徹底的にハマろう!

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ホビーアイテムをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいホビーが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「写真作品」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ