「井堂雅夫版画」 の関連商品を含む検索結果 9件

送料無料
井堂雅夫『祇王寺の庭』木版画【中古】

内田画廊

29,160

井堂雅夫『祇王寺の庭』木版画【中古】

■祇王寺の庭 竹林と楓に包まれたつつましやかな草庵・祇王寺は、 平清盛の寵愛を受けた白拍子:祇王が、清盛の心変わりに より都を追われ、母と妹とともに出家・入寺した尼寺として 有名です。 横長の画面を生かした構図が美しい木版画作品です。 在庫限り。 再入荷の予定はございません。 ●中古作品のため、作品・額縁ともに径年変化がみられます。 ご了承の上お買い求めください ■井堂雅夫 1945年、中国東北部に生まれる 日動版画グランプリ入賞 日本版画協会入選 1975年以降は公募展に出品せず独自の活動を展開 全国主要都市、アメリカ、中国、スイス、オーストリア、 ドイツ、カナダ、フランスにて個展 1992年作品集「日本の四季彩」出版(NHK出版) 1997年画文集「宮沢賢治・心象の風景」出版(河出書房新社) その他出版物、テレビ出演多数 木版画家 染色家 三軌会評議員 作家名 井堂雅夫 題 名 祇王寺の庭 技 法 木版画 落 款 作者鉛筆サイン 限定部数 101/200 画面の寸法 ヨコ:21.0×タテ:44.2cm 額縁の外寸法 ヨコ:39.0×タテ:63.0cm 額縁の仕様 ブラウン色版画額縁 裏面に壁吊り用金具・ひも 額縁の窓 アクリル マット 紙マット 箱 かぶせ箱 状 態 【中 古】 作品・額縁ともに径年変化がみられます

送料無料
井堂雅夫『雨の石庭』(龍安寺)木版画

内田画廊

32,400

井堂雅夫『雨の石庭』(龍安寺)木版画

■雨の石庭(龍安寺) 京都を代表する観光名所で、世界遺産にも登録されている龍安寺。 龍安寺は室町時代、細川勝元によって創建された寺で、 簡素な構成の石庭は、禅宗が盛んだった当時の時代背景を色濃く反映 しています。 禅の境地が込められた石庭と、作者の世界観が見事に融合した作品です。 在庫限り。 再入荷の予定はございません。 ●中古作品のため、作品・額縁ともに径年変化がみられます。 ご了承の上お買い求めください ■井堂雅夫 1945年、中国東北部に生まれる 日動版画グランプリ入賞 日本版画協会入選 1975年以降は公募展に出品せず独自の活動を展開 全国主要都市、アメリカ、中国、スイス、オーストリア、ドイツ、 カナダ、フランスにて個展 1992年作品集「日本の四季彩」出版(NHK出版) 1997年画文集「宮沢賢治・心象の風景」出版(河出書房新社) その他出版物、テレビ出演多数 木版画家 染色家 三軌会評議員 作家名 井堂雅夫 題名 雨の石庭 技法 木版画 落款 作者鉛筆サイン 限定部数 111/180 画面の寸法 ヨコ:32.5×タテ:44.5cm 額縁の外寸法 ヨコ:48.0×タテ:63.1cm 額縁の仕様 ブラウン色版画額縁 裏面に壁吊り用金具・ひも 額縁の窓 ガラス マット 紙マット 箱 かぶせ箱 状態 中古-良好 作品・額縁ともに径年変化がみられます

京都の四季『追加用 専用木製額』

東京書芸館

12,960

京都の四季『追加用 専用木製額』

■素材:木製、アクリル ■寸法(約):縦41×横46cm ■お届けは約1ヵ月後 ■送料は1点につき648円(税込)をお申し受けます。 井堂雅夫『京都の四季』本品はこちらからご注文いただけます。■長年京都に在住し、数々の名作を送りだしてきた木版画界の第一人者・井堂雅夫画伯。みずみずしい色彩と豊かな詩情にあふれた作品は、日本のみならず国際的にも高く評価され、ロスアンゼルス・カウンティ美術館やフィレンツェ市で作品所蔵。永観堂禅林寺(えいかんどうぜんりんじ)への肉筆画奉納の栄誉に浴しています。 ■本作品『京都の四季』は、井堂画伯が自身の作品を育んでくれた京都への感謝の思いを込めて描いた傑作です。 ■清水寺(きよみずでら)、龍安寺(りゅうあんじ)、光悦寺(こうえつじ)、金閣寺(きんかくじ)。本作品は、京都の「顔」ともいうべき名刹中の名刹を、伝統的な《手彫り》《手摺り》の技法により、彩り豊かに描いた4点1組の作品です。独自の《ごま摺り技法》により、微妙な陰影や色合いまで表現。 円熟期を迎えられた《古都の作家》井堂画伯が、長年温めてきた四名刹一組(よんめいさつひとくみ)の構想をついに実現。自らの芸術を育んでくれた京都への感謝の思いが、高い感銘を呼ぶ作品です。 ■国際的木版画家・井堂雅夫画伯の『京都の四季』は、東京書芸館のみの頒布でデパートや画廊ではいっさい入手できません。ぜひこの機会にお求めくださるようお願い申し上げます。 一点一点に画伯直筆のサイン、エディションナンバー、落款が入れられ、4点1組として保存用タトウ箱に収められてお届けいたします。別売で『額置スタンド』と、複数作品を同時にお飾りいただけるよう『追加用 専用木製額』をご用意しております。

井堂雅夫『京都の四季』4点1組・専用木製額1点つき【木版画・絵画・清水寺・龍安寺・光悦寺・金閣寺】【通販・販売】

東京書芸館

149,040

井堂雅夫『京都の四季』4点1組・専用木製額1点つき【木版画・絵画・清水寺・龍安寺・光悦寺・金閣寺】【通販・販売】

■木版画4点1組、専用木製額1点つき ■寸法(約):【画寸】縦21×横44.5cm【額寸】縦39×横64.5cm ■画伯自筆のサインと落款、エディションナンバー入り。 ■お届けは受注から約1ヵ月後。 ■発送手数料は商品1点につき648円(税込)をお申し受けます。 別売りで『額置きスタンド』もご用意しております。ご注文はこちらから。 また、『追加用 専用木製額』もご用意しております。こちらからご注文ください。 「絵画・掛軸」商品一覧にもどる井堂雅夫『京都の四季』4点1組・専用木製額1点つき 清水寺・龍安寺・光る悦寺・金閣寺 ■長年京都に在住し、数々の名作を送りだしてきた木版画界の第一人者・井堂雅夫画伯。みずみずしい色彩と豊かな詩情にあふれた作品は、日本のみならず国際的にも高く評価され、ロスアンゼルス・カウンティ美術館やフィレンツェ市で作品所蔵。永観堂禅林寺(えいかんどうぜんりんじ)への肉筆画奉納の栄誉に浴しています。 ■本作品『京都の四季』は、井堂画伯が自身の作品を育んでくれた京都への感謝の思いを込めて描いた傑作です。 ■清水寺(きよみずでら)、龍安寺(りゅうあんじ)、光悦寺(こうえつじ)、金閣寺(きんかくじ)。本作品は、京都の「顔」ともいうべき名刹中の名刹を、伝統的な《手彫り》《手摺り》の技法により、彩り豊かに描いた4点1組の作品です。独自の《ごま摺り技法》により、微妙な陰影や色合いまで表現。 円熟期を迎えられた《古都の作家》井堂画伯が、長年温めてきた四名刹一組(よんめいさつひとくみ)の構想をついに実現。自らの芸術を育んでくれた京都への感謝の思いが、高い感銘を呼ぶ作品です。 ■国際的木版画家・井堂雅夫画伯の『京都の四季』は、東京書芸館のみの頒布でデパートや画廊ではいっさい入手できません。ぜひこの機会にお求めくださるようお願い申し上げま...

こちらの関連商品はいかがですか?

井堂雅夫『近江の四季』木製専用額1点つき【木版画・絵画・滋賀】【通販・販売】

東京書芸館

141,943

井堂雅夫『近江の四季』木製専用額1点つき【木版画・絵画・滋賀】【通販・販売】

■寸法(約):【画寸】縦26×横38cm【額寸】縦45×57cm ■入れ替えてお飾りいただける木製専用額1点を無料進呈。 ■お届けは受注から約1ヶ月後。 ■発送手数料は1点につき別途648円(税込)をお申し受けます。 「絵画・掛軸」商品一覧にもどる■深い旅情をかきたてる琵琶湖湖畔の近江は、古より芭蕉や広重など多くの文人墨客(ぶんじんぼっかく)に愛されてきた景勝の地。早朝にたゆたう湖水が趣き深い、目の覚めるような青紫の近江富士。飛鳥時代創建の名刹・三井寺(みいでら)には千本を越える桜が咲き乱れ、情緒ある百済寺(ひゃくさいじ)の参道を燃えるような紅葉が彩ります。そして、純白の雪化粧に包まれ湖上にきらめくのは、堅田(かただ)の浮御堂(うきみどう)…。 本作品『近江の四季』は、日本人の心の故郷というべき雅な風景を、現代木版画の 第一人者・井堂雅夫(いどうまさお)画伯が、四季折々の色彩豊かに描いた傑作です。 ■日本の四季の風情を描き続ける巨匠として名高い井堂画伯。ニューヨーク近代美術 館館長が作品を愛蔵するなど、世界的に高く評価されています。 ■穏やかな山並や、縹渺(ひょうびょう)とした水辺の光景、朝夕に見せる湖上の輝 き…。美しき近江の風土を誰よりも愛する井堂画伯が、深い歴史への思いを込め、色鮮やかに描き尽しました。熟練の職人が何枚もの版木を精緻に手彫りし、一点一点丹 念に多色摺りを重ねた逸品。どれもが日本美の粋というべき得がたい名品です。4点1組。限定250組。

送料無料
京の四季折々の彩を描いた、手摺り木版画 雅堂 浮世絵 京都百景 (額入り)

京もの専門店「みやび」

15,120

京の四季折々の彩を描いた、手摺り木版画 雅堂 浮世絵 京都百景 (額入り)

ギフト対応 ■商品仕様 商品名 京都百景 品目 木版画 柄 仁和寺・曼殊院・永観堂・清水の舞台 素材 用紙:越前手漉き和紙/額:木製・ボールマット・ガラス 実寸サイズ 作品サイズ19.5cm×30cm/額サイズ37cm×44.5cm お届け日について 7日以内に発送いたします。在庫が無い場合はご注文後、1ヶ月程お時間頂戴いたします。 事業者名 株式会社 雅堂 特徴 京都の木版画家・井堂雅夫が絵師となり、浮世絵木版画文化を後世に伝えたいと自らが主催する工房の若手職人たちと共に、浮世絵木版画の技法を用い取り組んだ平成版浮世絵、京都百景シリーズの内、特に人気のある四季の絵柄4点です。 お手入れ方法・取り扱い注意事項 額装の角をぶつけたりされますと、簡単に壊れてしまいますので、お取扱いは充分にご注意ください。 その他 -  春爛漫 満開の御室桜にはなやぐ仁和寺 風景を絵に留める絵師、絵を版木に彫りだす彫師、和紙に色を重ねる摺師。 木版画は、それぞれの職人のわざの結晶といえます。 この木版画は、浮世絵の伝統的な技法を用いて取り組んだ、平成版浮世絵 「京都百景」の一作です。手漉きの和紙とバレンを使い、すべて手作業で、 繰り返し色を重ねて制作されました。 古くから和歌にも詠まれ、親しまれてきた御室桜。 今をさかりに咲きほこり、境内をはなやかに彩ります。 桜林の向こうにのぞむ五重塔には、京の古刹のしっとりとした趣があります。 はなやぎの中に風情ただよう、御室の春。花びらの薄紅色と空の青の コントラストが美しい、心うきたつ眺めをご堪能ください。       ※額サイズ/37cm×44.5cm     京都百景シリーズの内、特に人気のある季節の4景をセレクトしました。(セット商品ではございません。)          &nbsp・心にしみいる...

井堂雅夫『京都 雪月花』3点1組木製額縁1点つき【絵画・京都】【通販・販売】

東京書芸館

135,000

井堂雅夫『京都 雪月花』3点1組木製額縁1点つき【絵画・京都】【通販・販売】

■雪:『雪庭』(32版41度摺り) 大原の山里にひっそりと佇む宝泉院。書院前庭は、手前の柱を額に見立てた額縁庭園として名高く、ことに雪の積もった様は京の冬を象徴する美景です。 ■月:『観月』(38版43度摺り)東山の名刹、清水寺。昇りはじめた月が三重塔を照らします。画伯特有の金粉を使った画法で、冴えわたる月の光が降り注ぐさまを見事に表現しています。 ■花:『花筏』(45版58度摺り) 春爛漫の平安神宮。栖鳳池にかかる満開の紅枝垂れ桜は、京の春ならではの風情です。池には花や緑が映りこみ、静かであたたかな春の日の喜びを感じさせます。 ■3点1組、木製額縁1点つき ■多色摺り木版画、限定200部制作 ■各作品に自筆サインと限定番号入り ■作品保存用タトウ箱つき ■寸法(約):【画寸】(いずれも)縦30.5×横42cm【額寸】縦48×横63cm ■お届けは受注から約3週間後。 ■発送手数料は1点につき別途648円(税込)をお申し受けます。 「絵画・掛軸」商品一覧にもどる井堂雅夫『京都 雪月花』 京都に居を構え、古都の四季の美しさを 数々の作品に写しとってきた井堂画伯。 その独自の画技を駆使した、 情緒豊かな多色摺り木版画作品の数々…。 雪と月と花…。季節のうつろいを敏感に感じる私たち日本人が、 こよなく愛する景色です。絵画の世界でも、古来名高い画家たちが 「雪月花」を画題にした名作をのこしています。 そして、このたび井堂雅夫画伯が、30年にわたる活動の 集大成として挑んだ作品が『京都 雪月花』です。 井堂雅夫画伯(1945年生) 1961年:伝統工芸士・吉田光甫に師事 1971年:日展評議員・大坪重周に師事 1973年:日本版画協会入賞。 日動版画グランプリに入賞 1975年:三軌会評議員に推挙される。 以後...

井堂雅夫『三春の瀧桜』【木版画・絵画・福島県三春町】【通販・販売】

東京書芸館

149,040

井堂雅夫『三春の瀧桜』【木版画・絵画・福島県三春町】【通販・販売】

■画寸:(約)縦38×横58cm、34版50度摺、金銀箔尽くし仕上げ。 ■画伯自筆のサインと落款、エディションナンバー入り。 ■お届けは受注から約1ヵ月後。 ■発送手数料は商品1点につき648円(税込)をお申し受けます。 <日本10大名桜>シリーズの 『嵐山しだれ桜』と『弘前城の桜』、『根尾の淡墨桜』、『素桜神社の神代桜』、『不二山と桜』 もご用意しております。 別売『専用額置スタンド』もご用意しております。ご注文はこちら。 「絵画・掛軸」商品一覧にもどる『嵐山しだれ桜』  『弘前城の桜』  『素桜神社の神代桜』 &nbsp『不二山と桜』 井堂雅夫 木版画『三春の瀧桜』 豪華な金箔仕上げの木製額つき(約)縦59×横78.5cm (『額置スタンド』は別売) ■空を覆うほどに枝を伸ばし、春を謳歌するように咲き誇る桜。濃い桃色と薄紅色の桜花は命そのものとして咲きあふれ、艶(あで)やかな花びらが緑の木々を背景に舞い遊びます。 ■人気投票では例年1位。幅25mの壮大さで有名な天然記念物であり、皇居新宮殿の壁画を飾る桜。 それが日本を代表する桜と賞される、福島県三春町の「三春の瀧桜」です。 その樹齢は千年。幅25mもの壮大さで有名な、国の天然記念物であり、桜の人気投票では例年1位。古来、日本中の貴族や文人たちが恋い焦がれ、さらに、皇居新宮殿の壁画に選ばれた名桜──。 まさに「日本の桜の代名詞」。晴れやかな姿を見れば、誰の心にも新鮮な活力が湧き上がるでしょう。 金箔、銀箔をふんだんに散らし、豪華に演出 ■本作『三春の瀧桜』は、現代木版画の第一人者 井堂雅夫画伯の画業35周年を記念する「日本十大名桜シリーズ」の最新作。日本の美を描き続ける井堂画伯が目もくらむばかりの「桜の中の桜」を手掛けた一大傑作です。 無数に湧きたつ花びらは、流れ落ちる濃紅...

井堂雅夫『不二山と桜』【木版画・絵画・世界文化遺産・富士山】【通販・販売】

東京書芸館

149,040

井堂雅夫『不二山と桜』【木版画・絵画・世界文化遺産・富士山】【通販・販売】

■35版46度摺 ■寸法(約):【画寸】縦38×横58cm 【額寸】縦59×横78.5cm ■画伯自筆のサインと落款、エディションナンバー入り ■純金箔仕上げ木製額、アクリル板つき ■お届けは受注から約1ヵ月後。 ■発送手数料は1点につき648円(税込)をお申し受けます。 <日本10大名桜>シリーズの 『嵐山しだれ桜』と『弘前城の桜』、『三春の瀧桜』、『根尾の淡墨桜』、『素桜神社の神代桜』もご用意しております。 別売『専用額置スタンド』もご用意しております。ご注文はこちら。 「絵画・掛軸」商品一覧にもどる『嵐山しだれ桜』   『弘前城の桜』   『三春の瀧桜』 『素桜神社の神代桜』 井堂雅夫 木版画『不二山と桜』 世界文化遺産・富士と、春風に舞う桜吹雪。 伝統芸術で味わう日本美と粋。 春の色彩と温もりがご尊家を彩ります(約)縦59×横78.5cm(『額置スタンド』は別売) ■どっしりと据えられた堂々たる富士山。清々しい青空に映える冠雪の白。山麓(さんろく)に咲き誇る鮮(あざ)やかな薄紅色の桜が春風の温もりを伝えます。我が国を象徴する自然美が混然一体となった景色は、我々日本人にとって故郷のように馴染み深く、誇らしい構図です。 ■本作『不二山と桜』は、世界の名立たる美術館に作品を収蔵される井堂雅夫画伯が、2013年の富士山の世界文化遺産登録を寿(ことほ)ぎ制作した渾身の記念作品です。 日本の「富士」と「桜」を、日本特有の「伝統木版画」で仕上げた本作は、まさに我が国が誇る伝統の縮図。井堂画伯、彫師、摺師が三位一体となり、35版46度摺りという手間を惜しまず一点一点丹念に制作した傑作木版画です。 随所で輝く井堂芸術独自の金銀箔散らし ■本作は東京書芸館でしかご入手いただけない限定作品。今回は30点を限定頒布いたします...

井堂雅夫『京の花の歳時記』【絵画・京都・12か月】【通販・販売】

東京書芸館

270,000

井堂雅夫『京の花の歳時記』【絵画・京都・12か月】【通販・販売】

■木版画 12点1組 画寸(約):縦21×横30.5cm ■専用木製額 1点 額寸(約):縦38×横46.5cm ■画伯自筆のサインと落款、エディションナンバー、作品名入り、 ■保管用タトウ箱つき ■お届けは受注から約1ヵ月後。 ■発送手数料は1組につき別途648円(税込)をお申し受けます。 本作品には専用木製額が1点付属していますが、 複数の作品を同時にご鑑賞いただけるよう、 別売りにて同一の木製額をご用意しております。 何点でもお申し込みいただけます。 『専用木製額』のご注文はこちらから 「絵画・掛軸」商品一覧にもどる井堂雅夫『京の花の歳時記』 ■桜の開花に心騒がせ、菖蒲(しょうぶ)の色合いに初夏を察し、 尾花(すすき)のそよぎに秋を感じてきた日本人の美意識——。 本作品『京(きょう)の花(はな)の歳時記(さいじき)』は東京書芸館の創立88周年を記念して制作された多色摺り創作木版画。 木版画界の第一人者・ 井堂(いどう)雅夫(まさお)画伯により、 日本の十二ヶ月の美が、詩情豊かに描き上げられた、いわば《現代の花鳥図》です。 春霞(はるがすみ)の情感や、 夏の烈(はげ)しい陽射(ひざ)し、 秋あかねの舞う夕暮れの情感、冬の雪の静かな気配など、 日本の風土ならではの情景が、見事な筆致でとらえられています。 ■多くの作品が国内外の著名美術館に所蔵され、日本はもとより世界の美術コレクターに高く評価される井堂画伯。 本作品は、長年京都にアトリエを構える井堂画伯が、もっとも心を寄せる風景を描き上げた傑作です。 江戸期の浮世絵の木版画技法をそのままに、熟練職人たちが、 伝統的な手彫り手摺りにて制作。 絵具の微粒子を散らす画伯独特の「ごま摺(ず)り技法」を随所に駆使し、 微妙な光や空気感まで表現しています。 一点一点が...

■龍香堂■「劉長青」復刻木版浮世絵 葛飾北斎『武州玉川』摺順8枚

龍香堂

37,800

■龍香堂■「劉長青」復刻木版浮世絵 葛飾北斎『武州玉川』摺順8枚

外寸:445×327mm 絵サイズ:372×255mm 重さ(8枚):約36g 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●多色摺の木版錦絵は、基本的に色の数だけ用意した色版と、輪郭線の主版(おもはん)で摺り上げられます。当品は葛飾北斎『富嶽三十六景』中の『武州玉川』です。各色版を段階別に摺ったもので、単色から、次はプラス1色、次は2色…と、順に色を重ねた7枚と完成品1枚の計8枚組です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ●「富嶽三十六景」四十六枚は、古来日本人のすべてに愛され親しまれてきた。富士山を中心に、自然界の風景を幾何学的要素に還元して見る手法を縦横に駆使し、清新な色調で組絵の面白さを求めた傑作で、北斎五十年間の画業は、まさに此処に凝縮されていたと言えます。更に、西洋から輸入された人工顔料ベルリアン・ブルーを用い、従来の藍よりも一際鮮やかな発色が評判になり大流行を呼びました。 【作品解説】「武州玉川」(ぶしゅうたまがわ): 玉川とは多摩川の事で江戸近郊では月の名所であった。この作品は一見単純な構図に見えるが、近景の岸辺、中景の川、遠景の富士という画面を斜めに渡した三層の景色で繋ぎ合わせ、バランス良く計算し尽くされた作品である。下段の馬と農夫の描写が更に情緒的でこの絵を引き締めている。 ※製作者プロフィール【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。 中国山東省工芸美術学院絵画専業卒業。中国北京中央美術学院版画学部版画専業修了。中国政府派遣版画研究のため来日(東京芸術大学版画研究室)。「中国版画展」「世界版画展」「美術展覧」等において入選、受賞。 ※1995年・中国政府に「特殊貢献の優秀人材」の称号を受ける。 2001年...

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 月岡芳年『熊坂 朧夜月』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 月岡芳年『熊坂 朧夜月』

画サイズ:265×365mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 独特の画風が人気の浮世絵師、月岡芳年。その連作「月百姿」の『熊坂 朧夜月』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。芳年の得意とする構図の妙を手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3は使用した版木と裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ☆額飾も可能です(プラス額代金2000円)。ご希望の場合はご連絡下さい。 ●月岡 芳年(つきおか よしとし):幕末から明治前期にかけての浮世絵師。12歳で歌川国芳に入門。その画業は幅広く、歴史絵・美人画・風俗画・古典画・合戦絵など多種多様な浮世絵を手がけ、各分野で独特の画風がある。構図や技法の点で工夫が見られ、動きの瞬間をストップモーションのように止めて見せる技法は現代のマンガや劇画に通じるものがあり、劇画の先駆者との評もある。 【作品解説】月百姿(つきひゃくし):1885〜1892年の7年間の歳月をかけて発表した大判錦絵。月岡芳年は自分の名から月に対する思い入れが深く、晩年の傑作として『月百姿』という月にちなんだ説話、能、歌舞伎を題材にした百枚に及ぶ連作を描いている。 この『熊坂 朧夜月』は、僧に扮した熊坂長範の亡霊が旅の僧に、自分が牛若丸に討たれた有様を見せ無念を語るという能舞台の一場面である。臨場感溢れるポーズに原色の色使いと構図が何とも大胆である。 ※製作者プロフィール 【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。 中国山東省工芸美術学院絵画専業卒業。中国北京中央美術学院版画学部版画専業修了。中国政府派遣版画研究のため来日(東京芸術大学版画研究室)。「中国版画展」「世界版画展」「美術展覧」等において入選、受賞。 ※1995年・中国政府に...

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 葛飾北斎『深川万年橋下』

龍香堂

5,400

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 葛飾北斎『深川万年橋下』

絵サイズ:372×250mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 世界的芸術家、葛飾北斎。その『富嶽三十六景』中の『深川万年橋下』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた富士の自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3は版木の一部と裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●「富嶽三十六景」四十六枚は、古来日本人のすべてに愛され親しまれてきた。富士山を中心に、自然界の風景を幾何学的要素に還元して見る手法を縦横に駆使し、清新な色調で組絵の面白さを求めた傑作で、北斎五十年間の画業は、まさに此処に凝縮されていたと言えます。更に、西洋から輸入された人工顔料ベルリアン・ブルーを用い、従来の藍よりも一際鮮やかな発色が評判になり大流行を呼びました。 【作品解説】「深川万年橋下」(ふかがわまんねんばしした) 万年橋は、江戸深川を流れる小名木川が隅田川に合流する地点にかかる橋である。両岸の建物を西洋画風の透視遠近法で描き、更に中央に大きく描かれた太鼓橋とその橋桁越しに富士を見る大胆な構図は見る者を驚かせる。だが少しも奇異でなく、落付いた一幅の絵となっているのは、橋の美しいアーチとすっきり仕上げられた色彩の印象であろう。 ※製作者プロフィール 【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。 中国山東省工芸美術学院絵画専業卒業。中国北京中央美術学院版画学部版画専業修了。中国政府派遣版画研究のため来日(東京芸術大学版画研究室)。「中国版画展」「世界版画展」「美術展覧」等において入選、受賞。 ※1995年・中国政府に「特殊貢献の優秀人材」の称号を受ける。 2001年・中国政府派遣再来日(東京芸術大学版画研究室、客員研究員) 現在は...

■龍香堂「劉長青」復刻木版浮世絵 葛飾北斎『摂州天満橋』

龍香堂

5,400

■龍香堂「劉長青」復刻木版浮世絵 葛飾北斎『摂州天満橋』

外寸:430×310mm 絵サイズ:380×260mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的芸術家、葛飾北斎。その『諸国名橋奇覧』中の『摂州天満橋』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた風景美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎当品は和紙1枚の状態です。額飾しておりません。 ※画像3は版木の一部と裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●「諸国名橋奇覧」は全国の珍しい橋を画題とした全11図の名所絵揃物で「冨嶽三十六景」と共に北斎の代表的な風景版画です。描かれた橋の多くは実在していますが伝説上の橋も含まれています。このシリーズで北斎は様々な橋梁に興味を注ぎ、それにふさわしい景観を見事に描き込んでいます。北斎五十年間の画業は、まさに此処に凝縮されていたと言えます。更に、西洋から輸入された人工顔料ベルリアン・ブルーを用い、従来の藍よりも一際鮮やかな発色が評判になり大流行を呼びました。 【作品解説】「摂州天満橋」(せっしゅうてんまばし) 画面の左右を放物線状に貫く太鼓橋、それを天と川面のぼかしで引き締めている。北斎の特徴的な幾何学的構図には目を奪われてしまう。橋上にはその表情は見えぬものの通行人が様々な方向、それぞれの動作をし往来している。全体に暖色のない画面ではあるが、まるで話し声すら聞こえてきそうな不思議な世界である。 ※製作者プロフィール【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。 中国山東省工芸美術学院絵画専業卒業。中国北京中央美術学院版画学部版画専業修了。中国政府派遣版画研究のため来日(東京芸術大学版画研究室)。「中国版画展」「世界版画展」「美術展覧」等において入選、受賞。 ※1995年・中国政府に「特殊貢献の優秀人材...

■龍香堂■「劉長青」復刻木版浮世絵 葛飾北斎『武州玉川』

龍香堂

5,400

■龍香堂■「劉長青」復刻木版浮世絵 葛飾北斎『武州玉川』

外寸:442×327mm 絵サイズ:372×250mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的芸術家、葛飾北斎。その『富嶽三十六景』中の『武州玉川』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。北斎の描いた富士の自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎当品は和紙1枚の状態です。額飾しておりません。 ※画像3は版木の一部と裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●「富嶽三十六景」四十六枚は、古来日本人のすべてに愛され親しまれてきた。富士山を中心に、自然界の風景を幾何学的要素に還元して見る手法を縦横に駆使し、清新な色調で組絵の面白さを求めた傑作で、北斎五十年間の画業は、まさに此処に凝縮されていたと言えます。更に、西洋から輸入された人工顔料ベルリアン・ブルーを用い、従来の藍よりも一際鮮やかな発色が評判になり大流行を呼びました。 【作品解説】「武州玉川」(ぶしゅうたまがわ): 玉川とは多摩川の事で江戸近郊では月の名所であった。この作品は一見単純な構図に見えるが、近景の岸辺、中景の川、遠景の富士という画面を斜めに渡した三層の景色で繋ぎ合わせ、バランス良く計算し尽くされた作品である。下段の馬と農夫の描写が更に情緒的でこの絵を引き締めている。 ※製作者プロフィール【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。 中国山東省工芸美術学院絵画専業卒業。中国北京中央美術学院版画学部版画専業修了。中国政府派遣版画研究のため来日(東京芸術大学版画研究室)。「中国版画展」「世界版画展」「美術展覧」等において入選、受賞。 ※1995年・中国政府に「特殊貢献の優秀人材」の称号を受ける。 2001年・中国政府派遣再来日(東京芸術大学版画研究室、客員研究員)現在は...

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 喜多川歌麿『鮑取り』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 喜多川歌麿『鮑取り』

外寸(約):315×445mm 絵サイズ:255×367mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的浮世絵師、喜多川歌麿。その作の浮世絵版画『鮑取り』(三枚続の一部)です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。歌麿の得意とする美人画を手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3は裏面の画像と使用した版木です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ◎当品は和紙1枚の状態です。額飾しておりません。 ●喜多川 歌麿:江戸時代に活躍した浮世絵師の代表的な一人。喜多川派の祖である。国際的にもよく知られる浮世絵師として葛飾北斎と並び称される。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。肉筆画・春画にも優れ、ついで役者の大首絵を美人画に採用。寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。繊細で優麗な描線を特徴とし、さまざまな姿態、表情の女性美を追求した美人画の大家である。 【作品解説】鮑取り(あわびとり): 江ノ島の海女を描いたと言われており、全裸に近い海女ふたりの姿が印象的な美人画である。女性の輪郭線を墨色ではなく肌色を用いた事により、健康的でみずみずしい海女の肉体を見事に表現し、それと対称的に黒々とした濡れ髪が画面を締めている。この様な歌麿独自の手法、色彩表現は浮世絵ならではの見事な技法であろう。 ※製作者プロフィール 【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。 中国山東省工芸美術学院絵画専業卒業。中国北京中央美術学院版画学部版画専業修了。中国政府派遣版画研究のため来日(東京芸術大学版画研究室)。「中国版画展」「世界版画展」「美術展覧」等において入選、受賞。 ※1995年・中国政府に「特殊貢献の優秀人材」の称号を受ける。 2001年・中国政府派遣再来日(東京芸術大学版画研究室...

関連キーワード

井堂雅夫
スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「井堂雅夫版画」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ