「万博メダル」 の関連商品を含む検索結果 33件

送料無料
岡本太郎 ミュンヘンオリンピック記念レリーフ【代引き手数料無料】【送料無料】

夢みつけ隊 ONLINE SHOPPING

162,000

岡本太郎 ミュンヘンオリンピック記念レリーフ【代引き手数料無料】【送料無料】

岡本太郎が生命の躍動を表現したオリンピック公式参加メダルそのデザインをレリーフにした価格高騰必至のプレミアム日本初、アジア初のオリンピックとして戦後日本の復興を世界にアピールした国家プロジェクト・1964年開催「東京オリンピック」。その象徴ともいえる参加記念メダルのデザインに抜擢されたのが岡本太郎でした。それを皮切りに1970年の大阪万博のチーフプロデューサーとして「太陽の塔」を制作。名実共に世界一流の芸術家として名を知らしめその地位を確固たるものにしました。また、1972年には「ミュンヘンオリンピック」「札幌オリンピック」の公式記念メダルも制作しています。今回はなんと岡本太郎が「ミュンヘンオリンピック」でデザインしたメダルと同モチーフの一般流通させなかった記念レリーフを限定入手!! 生誕100周年を迎え改めて人々にその実力を再評価され、輝きと凄さを再認識させる岡本太郎。市場にもめったに出回ることのない貴重なレリーフは今回を逃すと次に会えるのは来世かもしれません!!●サイズ/径28.5×厚さ2cm●材質/金属●日本製●重さ/2.27kg※お届けまでに1カ月ほどかかります。※この商品のお支払方法は代金引換またはカードとさせていただきます。※アンティークのためキズや汚れがある場合がございます。  アイコンの詳細はこちらご購入前にこちらをご確認ください。太郎のサインも再現。岡本太郎の作品に寄せた言葉(ミュンヘンオリンピック)オリンピック。身と心、生命全体が、世界をになって躍動する。輝かしい青春の誇りだ。競技もさまざまだが、プレイをする者も見る者も、一緒になってあたかも栄光のテープを切るような心の高まり。その喜びをここに表現した。岡本 太郎1911年 現在の川崎市高津区二子に生まれる。1918年 二回の転校の後、慶応幼稚舎に入学。1929年...

こちらの関連商品はいかがですか?

サビネリ(Savinelli)ランスロット・606・ラスティック #44433 パイプ

Amazon

23,760

サビネリ(Savinelli)ランスロット・606・ラスティック #44433 パイプ

イタリアンパイプの雄、サビネリの歴史は1876年に始まる。この年、アキレ・サビネリ・シニアが、ミラノ市の中心、ドゥオモ広場で知られるオレフィシ通りに喫煙具店を開業した。彼は、この店に集うスモーカー達と語り合い、やがて自身でパイプ創作を始め、それらを製品としてヴァレーゼの職人達に作らせた。彼の兄妹はジェノヴァに行き、ガレリア・マッツィーニに自分達のパイプ店を開いた。ここからサビネリの名声は広まっていく。 1881年、初代アキレはイタリア産業博覧会に出品。1890年には、彼の息子カルロが家業を継ぎ、以後50年にわたりブランドを成長させていく。カルロは当初、両親が切り盛りする店の奥で、ひたすらパイプのデザインと開発に取り組んでいた。その頃、イタリアで売られるパイプは外国製ばかり。イタリアのパイプメーカーも大量生産の安価なパイプ作りに専心していた。しかし、イタリアは最高の品質のブライヤーを生み出す国である。彼は、イタリアの誇りにかけて、高品質なパイプを作ろうと決意する。そして、盟友のアムレト・ポーメとマリオ・ヴェットルーゾの協力を得てヴァレーゼで新業務を開始する。1948年、サビネリはこの地に工場を設立。それは、世界の名だたるパイプメーカーと互角に渡り合える品質を追求していくための前進だった。サビネリの名は飛躍的に世界に広まり、高級ブランドの名を馳せた。現在、彼の偉業は現当主ジャンカルロに受け継がれ、100年を超える歴史を支えている。サビネリのパイプは、単に高品質というだけではない。他の国では真似できないイタリアならではの薫りが、どのデザインにも息づいている。そこには、100年という時をはるかに超える、イタリアの地が育てた文化の歴史が紛れもなく注がれているのだ。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「万博メダル」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ