「リトグラフ」 の検索結果 1,343件

送料無料
後藤秀明『樹木』リトグラフ(石版画)

内田画廊

16,800

後藤秀明『樹木』リトグラフ(石版画)

■樹 木 日常を切り取ったような風景を丁寧なタッチで描いた 作者らしい一枚です。 現品限り。 再入荷の予定はございません。 ■後藤秀明 1953 福岡県に生まれる 1976 金沢美術大学美術学科油絵専攻卒業 1977 日本版画協会展 1978 春陽展 1982 日動版画グランプリ展(賞候補一席) 1983 ポーランドミニチュア版画展 1984 日動版画展(日動サロン) 期待の新人作家大賞展(東京伊勢丹) 全国公募神奈川県美術展 西部版画大賞展 1985 セントラル美術館版画大賞展 IBM絵画イラストコンクール展 1986 クラコワ国際版画ビエンナーレ展(ポーランド) 1987 和歌山版画ビエンナーレ展 1988 クラコワ国際版画ビエンナーレ展 1989 現代日本美術展 日動版画展(日動サロン) 1990 第一回高知国際版画トリエンナーレ 中華民国国際版画ビエンナーレ展 版画日動展(東京日動画廊) 1991 版画日動展(東京日動画廊) 1992 個展(筑後画廊) 版画日動展(東京日動画廊) 作家名 後藤秀明 題 名 樹 木 技 法 リトグラフ(石版画) 落 款 作者鉛筆サイン 限定部数 A P 画面の寸法 22.0×32.5cm 額縁の外寸法 44.5×56.8cm 額縁の仕様 シルバー×ブルー色版画用額縁 裏面に壁吊り用金具・ひも 額縁の窓 アクリル マット 紙マット 状 態 新品額付

送料無料
加藤東一『總がらみ』リトグラフ版画

内田画廊

54,000

加藤東一『總がらみ』リトグラフ版画

■總がらみ 兄:加藤栄三とともに日本画家として名高い作者の 版画作品です。 ■加藤東一 かとうとういち (1916-1996) 1916 岐阜県に生まれる 兄は日本画家の加藤栄三 1947 東京美術学校(現:東京藝術大学美術学部)日本画科卒業 日展・初出品・初入選 1948 山口蓬春に師事 1952 日展・特選受賞 1955 日展・特選および白寿賞受賞 1970 日展・内閣総理大臣賞受賞 1976 日本芸術院賞 1984 日本芸術会員となる 1989 日展理事長となる 1991 岐阜市民栄誉賞受賞 1993 鹿苑寺(金閣寺)大書院障壁画完成 1995 文化功労賞 1996 岐阜名誉市民となる 1996 没 享年80 勲二等瑞宝章を受ける 1997 藤沢市名誉市民となる 加藤栄三・東一記念美術館(岐阜市) 【 主な作品収蔵美術館 】 東京国立近代美術館・岐阜県美術館・東京都美術館 富山県立近代美術館・愛知県美術館・佐久市近代美術館 山種美術館・河口湖美術館・北野美術館・諏訪北澤美術館 作家名 加藤東一 題 名 總がらみ 技 法 リトグラフ 落 款 作者鉛筆サイン  限定部数 76/150  作品の寸法 35.0×45.5cm 額縁の外寸法 55.9×66.4cm 額縁の仕様 ブラウン色木製額縁 裏面に壁吊り用金具・ひも付き 額縁の窓  アクリル 装 丁 差し箱(黄袋付き) 状 態 【中 古】 額縁に少し当たりキズ等がありますが 作品本体はとても綺麗で良好です

アルフォンス・ミュシャ『アイビー』リトグラフ版画

内田画廊

9,828

アルフォンス・ミュシャ『アイビー』リトグラフ版画

■アイビー アール・ヌーヴォー様式を代表する巨匠アルフォンスミュシャ。 永遠の命や不滅の愛を象徴するアイビーをテーマに描かれた 1901年制作の作品です。 ■アルフォンス・ミュシャ 1860 チェコ南モラビア地方のイヴァンチッツェに誕生 1988 パリに出てアカデミー・ジュリアンに学ぶ 1894 サラ・べルナール主演「ジスモンダ」のポスターを制作 大好評となる 1900 パリ万国博覧会開催 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ館の装飾を担当 1901 レジオン・ドヌール勲章受章 装飾資料集を刊行 1931 プラハの聖ヴィタ大聖堂のステンドグラスを制作 1939 母国のプラハで逝去 草花をモチーフとした幾何的な文様や、曲線を多用した平面的で 装飾的な画面構成。 典型的なアール・ヌーヴォー様式とモデルの女性など、描く対象の 個性や特徴を的確に掴みながら、視覚的な美しさを、観る者に 嫌味なく感じさせる独自の対象表現を融合させ、数多くの商業用 ポスターや挿絵を制作しました。 作家名 アルフォンス・ミュシャ 題 名 アイビー 技 法 リトグラフ 版上摺り込みサイン(限定数無し) 画面の寸法 20.3×27.5cm 額縁の外寸法 40.0×47.8×厚み1.5cm 額縁の仕様 グリーン×ゴールド色柄額縁 裏面に壁吊り用金具・ひも付き  額縁の窓 ガラス  状 態 新 品  箱 かぶせ箱 

アルフォンス・ミュシャ『月桂樹』リトグラフ版画

内田画廊

9,828

アルフォンス・ミュシャ『月桂樹』リトグラフ版画

■月桂樹 アール・ヌーヴォー様式を代表する巨匠アルフォンスミュシャ。 永遠の清浄や純潔を表す月桂樹をテーマに描かれた 1901年制作の作品です。 ■アルフォンス・ミュシャ 1860 チェコ南モラビア地方のイヴァンチッツェに誕生 1988 パリに出てアカデミー・ジュリアンに学ぶ 1894 サラ・べルナール主演「ジスモンダ」のポスターを制作 大好評となる 1900 パリ万国博覧会開催 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ館の装飾を担当 1901 レジオン・ドヌール勲章受章 装飾資料集を刊行 1931 プラハの聖ヴィタ大聖堂のステンドグラスを制作 1939 母国のプラハで逝去 草花をモチーフとした幾何的な文様や、曲線を多用した平面的で 装飾的な画面構成。 典型的なアール・ヌーヴォー様式とモデルの女性など、描く対象の 個性や特徴を的確に掴みながら、視覚的な美しさを、観る者に 嫌味なく感じさせる独自の対象表現を融合させ、数多くの商業用 ポスターや挿絵を制作しました。 作家名 アルフォンス・ミュシャ 題 名 月桂樹 技 法 リトグラフ 版上摺り込みサイン(限定数無し) 画面の寸法 20.3×27.5cm 額縁の外寸法 40.0×47.8×厚み1.5cm 額縁の仕様 グリーン×ゴールド色柄額縁 裏面に壁吊り用金具・ひも付き  額縁の窓 ガラス  状 態 新 品  箱 かぶせ箱 

送料無料
後藤秀明『FIRENZE』リトグラフ(石版画)

内田画廊

16,800

後藤秀明『FIRENZE』リトグラフ(石版画)

■FIRENZE フィレンツェの街を独特の色彩で描いた版画作品です。 現品限り。 再入荷の予定はございません。 ■後藤秀明 1953 福岡県に生まれる 1976 金沢美術大学美術学科油絵専攻卒業 1977 日本版画協会展 1978 春陽展 1982 日動版画グランプリ展(賞候補一席) 1983 ポーランドミニチュア版画展 1984 日動版画展(日動サロン) 期待の新人作家大賞展(東京伊勢丹) 全国公募神奈川県美術展 西部版画大賞展 1985 セントラル美術館版画大賞展 IBM絵画イラストコンクール展 1986 クラコワ国際版画ビエンナーレ展(ポーランド) 1987 和歌山版画ビエンナーレ展 1988 クラコワ国際版画ビエンナーレ展 1989 現代日本美術展 日動版画展(日動サロン) 1990 第一回高知国際版画トリエンナーレ 中華民国国際版画ビエンナーレ展 版画日動展(東京日動画廊) 1991 版画日動展(東京日動画廊) 1992 個展(筑後画廊) 版画日動展(東京日動画廊) 作家名 後藤秀明 題 名 FIRENZE 技 法 リトグラフ(石版画) 落 款 作者鉛筆サイン 限定部数 A P 画面の寸法 22.0×34.0cm 額縁の外寸法 44.5×56.8cm 額縁の仕様 シルバー×ブルー色版画用額縁 裏面に壁吊り用金具・ひも 額縁の窓 アクリル マット 紙マット 状 態 新品額付

送料無料
加藤東一『暁富士』リトグラフ版画

内田画廊

54,000

加藤東一『暁富士』リトグラフ版画

■暁富士 兄:加藤栄三とともに日本画家として名高い作者の 版画作品です。 ■加藤東一 かとうとういち (1916-1996) 1916 岐阜県に生まれる 兄は日本画家の加藤栄三 1947 東京美術学校(現:東京藝術大学美術学部)日本画科卒業 日展・初出品・初入選 1948 山口蓬春に師事 1952 日展・特選受賞 1955 日展・特選および白寿賞受賞 1970 日展・内閣総理大臣賞受賞 1976 日本芸術院賞 1984 日本芸術会員となる 1989 日展理事長となる 1991 岐阜市民栄誉賞受賞 1993 鹿苑寺(金閣寺)大書院障壁画完成 1995 文化功労賞 1996 岐阜名誉市民となる 1996 没 享年80 勲二等瑞宝章を受ける 1997 藤沢市名誉市民となる 加藤栄三・東一記念美術館(岐阜市) 【 主な作品収蔵美術館 】 東京国立近代美術館・岐阜県美術館・東京都美術館 富山県立近代美術館・愛知県美術館・佐久市近代美術館 山種美術館・河口湖美術館・北野美術館・諏訪北澤美術館 作家名 加藤東一 題 名 暁富士 技 法 リトグラフ 落 款 作者鉛筆サイン  限定部数 76/150  作品の寸法 35.0×45.5cm 額縁の外寸法 55.9×66.4cm 額縁の仕様 ブラウン色木製額縁 裏面に壁吊り用金具・ひも付き 額縁の窓  アクリル 装 丁 差し箱(黄袋付き) 状 態 【中 古】 額縁に少し当たりキズ等がありますが 作品本体はとても綺麗で良好です

後藤純男『塔の四季(夏)』リトグラフ

アート静美洞

151,200

後藤純男『塔の四季(夏)』リトグラフ

商品の詳細 作品名 塔の四季(夏) 作家名 後藤純男 技法 リトグラフ 額寸 63×55cm 絵寸 40×31cm EA(作家保存版) 新品 額付 ■ 後藤 純男(ごとう・すみお)■1930年 千葉県東葛飾郡関宿町(現・野田市)に、真言宗住職の子として生まれる。1946年 山本丘人に師事。1949年 山本丘人の紹介で、田中青坪に師事。1952年 再興第三十七回院展で「風景」が初入選。 五年間の教員生活を終える。1954年 日本美術院院友に推挙される。1955年 この頃より、関西・四国の真言宗の寺を巡り、スケッチ旅行をする(~63年頃)。1960年 この頃より、北海道各地を取材(~69年頃)。1962年 再興第四十七回院展で「懸崖」が奨励賞・白寿賞・G賞を受賞。1965年 再興第五十回院展で「寂韻」が日本美術院賞・大観賞を受賞。 日本美術院同人に推挙される。1969年 再興第五十四回院展で「淙想」が日本美術院賞・大観賞を受賞。1974年 日本美術院同人に推挙される。1976年 再興第六十一回院展で「仲秋」が文部大臣賞を受賞。1979年 現代日本絵画展代表団の一員として、初めて中国を訪問する。1982年 中国・西安美術学院名誉教授となる。1986年 再興第七十一回院展で「江南水路の朝」が内閣総理大臣賞を受賞。1988年 高野山東京別院に襖絵「高野山の四季」を奉納。 東京芸術大学・美術学部教授となる。1993年 奈良・長谷寺に襖絵「夏冬山水」を奉納。1995年 パリ・三越エトワールにて個展を開催。 同帰国展を日本橋三越ほかで開催。1997年 東京芸術大学を退官。 北海道上富良野町に「後藤純男美術館」を開設。1999年 東京都高幡不動尊金剛寺に襖絵「桂林山水朝陽夕粧」を奉納。 千葉県銚子市に...

楽しいホビーのリトグラフ、発売中!クリスマスや誕生日のプレゼントにもどうぞ♪楽しいコレクションやホビー。大人から子供まで充実した時間を楽しめます。リトグラフに徹底的にハマろう!

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ホビーアイテムをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいホビーが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「リトグラフ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ