「リトグラフ」 の検索結果 1,438件

竹久夢二『待ちわびて』リトグラフ

アート静美洞

8,208

竹久夢二『待ちわびて』リトグラフ

商品の詳細 作品名 待ちわびて 作家名 竹久夢二 技法 リトグラフ 額寸 53×41cm 絵寸 34×24cm 限定250部 新品 額付 ◆竹久 夢二(たけひさゆめじ)(Yumeji Takehisa)◆1884 9月16日、岡山県邑久郡本庄村に生まれる。本名、茂次郎。1899 神戸中学に入学。12月、同校中退。1900 福岡県遠賀郡八幡村大字枝光に転籍。1901 上京。1902 早稲田実業学校に入学。1905 「直言」にコマ絵掲載される。 「中学世界」に“筒井筒"が第一賞入選し、投書家時代を終える。1909 最初の著作「夢二画集・春の巻」発行。 ベストセラーとなり、夢二の抒情画は天下にひろまる。1912 京都府立図書館において第1回夢二作品展覧会開催。1918 京都府立図書館において第2回竹久夢二抒情画展覧会。1931 アメリカ・ヨーロッパへ旅立つ(昭和8年帰国)。1934 9月1日富士見高原療養所で50歳の生涯を閉じ、有島生馬氏らにより雑司ケ谷墓地に埋葬される。 竹久夢二は、明治末から昭和初期にかけて活躍、一世を風靡した詩画人です。大正の歌麿とも言われているように、その作品には市井のくらしに根付いた喜びや悲しみが表わされ、一世紀に近い時を経た今も人々の心を魅了します。美人画はもちろん、子供画や晩年は日本の山河を多く主題としました。 また、木版画の制作、楽譜や表紙装幀にも携わり、浴衣・半襟・手拭いなど日々の生活に用いるもののデザインにも情熱を注ぎ、日本のグラフィックデザイナーの先駆者として多くの素晴らしい作品を残しました。 他の◆竹久夢二◆作品を検索

竹久夢二『幸せの予感』リトグラフ

アート静美洞

8,208

竹久夢二『幸せの予感』リトグラフ

商品の詳細 作品名 幸せの予感 作家名 竹久夢二 技法 リトグラフ 額寸 53×41cm 絵寸 34×26cm 限定300部 新品 額付 ◆竹久 夢二(たけひさゆめじ)(Yumeji Takehisa)◆1884 9月16日、岡山県邑久郡本庄村に生まれる。本名、茂次郎。1899 神戸中学に入学。12月、同校中退。1900 福岡県遠賀郡八幡村大字枝光に転籍。1901 上京。1902 早稲田実業学校に入学。1905 「直言」にコマ絵掲載される。 「中学世界」に“筒井筒"が第一賞入選し、投書家時代を終える。1909 最初の著作「夢二画集・春の巻」発行。 ベストセラーとなり、夢二の抒情画は天下にひろまる。1912 京都府立図書館において第1回夢二作品展覧会開催。1918 京都府立図書館において第2回竹久夢二抒情画展覧会。1931 アメリカ・ヨーロッパへ旅立つ(昭和8年帰国)。1934 9月1日富士見高原療養所で50歳の生涯を閉じ、有島生馬氏らにより雑司ケ谷墓地に埋葬される。 竹久夢二は、明治末から昭和初期にかけて活躍、一世を風靡した詩画人です。大正の歌麿とも言われているように、その作品には市井のくらしに根付いた喜びや悲しみが表わされ、一世紀に近い時を経た今も人々の心を魅了します。美人画はもちろん、子供画や晩年は日本の山河を多く主題としました。 また、木版画の制作、楽譜や表紙装幀にも携わり、浴衣・半襟・手拭いなど日々の生活に用いるもののデザインにも情熱を注ぎ、日本のグラフィックデザイナーの先駆者として多くの素晴らしい作品を残しました。 他の◆竹久夢二◆作品を検索

竹久夢二『紀伊国屋』リトグラフ

アート静美洞

8,208

竹久夢二『紀伊国屋』リトグラフ

商品の詳細 作品名 紀伊国屋 作家名 竹久夢二 技法 リトグラフ 額寸 53×41cm 絵寸 35×26cm 限定300部 新品 額付 ◆ 竹久 夢二(たけひさゆめじ)(Yumeji Takehisa) ◆1884 9月16日、岡山県邑久郡本庄村に生まれる。本名、茂次郎。1899 神戸中学に入学。12月、同校中退。1900 福岡県遠賀郡八幡村大字枝光に転籍。1901 上京。1902 早稲田実業学校に入学。1905 「直言」にコマ絵掲載される。 「中学世界」に“筒井筒"が第一賞入選し、投書家時代を終える。1909 最初の著作「夢二画集・春の巻」発行。 ベストセラーとなり、夢二の抒情画は天下にひろまる。1912 京都府立図書館において第1回夢二作品展覧会開催。1918 京都府立図書館において第2回竹久夢二抒情画展覧会。1931 アメリカ・ヨーロッパへ旅立つ(昭和8年帰国)。1934 9月1日富士見高原療養所で50歳の生涯を閉じ、有島生馬氏らにより雑司ケ谷墓地に埋葬される。竹久夢二は、明治末から昭和初期にかけて活躍、一世を風靡した詩画人です。大正の歌麿とも言われているように、その作品には市井のくらしに根付いた喜びや悲しみが表わされ、一世紀に近い時を経た今も人々の心を魅了します。美人画はもちろん、子供画や晩年は日本の山河を多く主題としました。また、木版画の制作、楽譜や表紙装幀にも携わり、浴衣・半襟・手拭いなど日々の生活に用いるもののデザインにも情熱を注ぎ、日本のグラフィックデザイナーの先駆者として多くの素晴らしい作品を残しました。 他の◆竹久夢二◆作品を検索

竹久夢二『七夕』リトグラフ

アート静美洞

8,208

竹久夢二『七夕』リトグラフ

商品の詳細 作品名 七夕 作家名 竹久夢二 技法 リトグラフ 額寸 53×41cm 絵寸 26×25cm 限定300部 新品 額付 ◆竹久 夢二(たけひさゆめじ)(Yumeji Takehisa)◆1884 9月16日、岡山県邑久郡本庄村に生まれる。本名、茂次郎。1899 神戸中学に入学。12月、同校中退。1900 福岡県遠賀郡八幡村大字枝光に転籍。1901 上京。1902 早稲田実業学校に入学。1905 「直言」にコマ絵掲載される。 「中学世界」に“筒井筒"が第一賞入選し、投書家時代を終える。1909 最初の著作「夢二画集・春の巻」発行。 ベストセラーとなり、夢二の抒情画は天下にひろまる。1912 京都府立図書館において第1回夢二作品展覧会開催。1918 京都府立図書館において第2回竹久夢二抒情画展覧会。1931 アメリカ・ヨーロッパへ旅立つ(昭和8年帰国)。1934 9月1日富士見高原療養所で50歳の生涯を閉じ、有島生馬氏らにより雑司ケ谷墓地に埋葬される。 竹久夢二は、明治末から昭和初期にかけて活躍、一世を風靡した詩画人です。大正の歌麿とも言われているように、その作品には市井のくらしに根付いた喜びや悲しみが表わされ、一世紀に近い時を経た今も人々の心を魅了します。美人画はもちろん、子供画や晩年は日本の山河を多く主題としました。 また、木版画の制作、楽譜や表紙装幀にも携わり、浴衣・半襟・手拭いなど日々の生活に用いるもののデザインにも情熱を注ぎ、日本のグラフィックデザイナーの先駆者として多くの素晴らしい作品を残しました。 他の◆竹久夢二◆作品を検索 女性画 人物画 着物 七月 7月 たなばた 短冊 たんざく 美人画 季節夏 たけひさゆめじ

送料無料
ロジェ・ミュールぼたん2リトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

248,400

ロジェ・ミュールぼたん2リトグラフ

作品名 ぼたん2 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦60cm×横64cm 額付き寸法 縦80cm×横85cm

送料無料
ロジェ・ミュールピンクの屋根リトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

210,600

ロジェ・ミュールピンクの屋根リトグラフ

作品名 ピンクの屋根 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦50cm×横60cm 額付き寸法 縦70cm×横80cm

送料無料
ロジェ・ミュールチューリップのブーケリトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

248,400

ロジェ・ミュールチューリップのブーケリトグラフ

作品名 チューリップのブーケ 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦60cm×横64cm 額付き寸法 縦80cm×横85cm

送料無料
ロジェ・ミュール海辺の家リトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

378,000

ロジェ・ミュール海辺の家リトグラフ

作品名 海辺の家 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦70.0cm×横90.0cm 額付き寸法 縦90.0cm×横110.0cm

送料無料
ロジェ・ミュール開いた窓リトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

237,600

ロジェ・ミュール開いた窓リトグラフ

作品名 開いた窓 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦54cm×横73cm 額付き寸法 縦74cm×横93cm

送料無料
ロジェ・ミュール南仏グラス風景リトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

172,800

ロジェ・ミュール南仏グラス風景リトグラフ

作品名 南仏グラス風景 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦38cm×横40cm 額付き寸法 縦60cm×横62cm

送料無料
ロジェ・ミュール黄土色の家リトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

172,800

ロジェ・ミュール黄土色の家リトグラフ

作品名 黄土色の家 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦38cm×横40cm 額付き寸法 縦60cm×横62cm

送料無料
中島千波『春日和』リトグラフ

内田画廊

345,600

中島千波『春日和』リトグラフ

■春日和 京都、東山の高台寺の枝垂桜を描いた作品。 高台寺は北政所が夫の豊臣秀吉の菩提を弔うため、 1605年に創建した臨済宗の寺である。 江戸時代から桜の名所としても知られ、早くも年中行事 解説書『日次紀事』の『有桜花処』の項でその名が見え、 また『花洛再見図』や『都名所図絵』でも挿絵中に桜樹が 描かれている。 現在でも春のシーズンにはライトアップがされるなどし、 枝垂桜が見る人の心をひきつけている。 ここでは、画面の右側に桜の木を置き、根元から二股に 分かれた幹から四方八方に枝が伸び、満開の桜花が 画面全体を埋め尽くすように咲き誇っている。 花弁や散り落ちる花弁だけでなく、雌しべ、蕾や萼、 葉までが丁寧に描き出されている。 幹や枝には墨を用いて巧みに濃淡をつけ、滲みの手法で 質感をあらわしている。 さらに枝や花弁に濃淡をつけて諧調をだすことによって、 桜樹全体のヴォリュームや奥行感を得ている。 華やかさ、静けさだけでなく、どことなく妖艶さを感じさせる 空間を現出した作品である。 濱中真治氏(山種美術館学芸員)による本作解説書より抜粋 ■中島千波 なかじまちなみ 1945 長野県に生まれる 1969 東京芸術大学日本画科卒業 再興第54回院展に初出品・初入選 1979 山種美術館賞展・優秀賞受賞 1984 横の会結成に参加 1987 NHK『今日の料理』の表紙絵を担当する(3年間) 1992 長野県に『おぶせミュージアム・中島千波館』がオープン 1999 『春日和』制作 2000 東京芸術大学教授に就任 2013 東京芸術大学を退任 個展をはじめ精力的に活躍中 作家名 中島千波 題 名 春日和 技 法 リトグラフ  用 紙...

送料無料
ロジェ・ミュールピンクのテーブルクロスリトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

237,600

ロジェ・ミュールピンクのテーブルクロスリトグラフ

作品名 ピンクのテーブルクロス 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦60cm×横64cm 額付き寸法 縦80cm×横85cm

送料無料
「日傘」 リトグラフ 斎藤真一

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

110,250

「日傘」 リトグラフ 斎藤真一

←画像をクリックすると拡大されます 作品名 日傘 作 者 斎藤真一 技 法 リトグラフ 寸 法 額寸:71.0cm×59.0cm (額付きとなっております) 画寸:約45.5cm×35.0cm リトグラフとは リトグラフ(石版画)は、1798年ドイツの アロイス・ゼネフェルダー氏が 発明したもので、石や金属版を 使用した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に油性の 画材で描いた後、水と油の反発性を 用いて版をつくり、描画された油の 部分のみインクを付着させ、 紙をのせて刷っていきます。 豊富な色のリトグラフ は、一色につき一版ずつ必要なので、 色分解された版をつくる作業を 繰り返し、重ねて刷りあげて いくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的 技法になっています。 斎藤真一 sinichi saito 1959年 37歳 4月、渡仏。パリのレピュブリック通りに下宿する。 7月、ドイツ・オランダ・ベルギー・ナポリを原動機付自転車で旅行。 11月、スペイン旅行。横断中、藤田嗣冶と親交を結ぶ。 1960年 38歳 8月、文芸春秋画廊(東京)にて帰国後初の個展開催。 1961年 39歳 夏、津軽にてねぶた祭に感動、津軽三味線の音色に驚き、 宿の古老からも瞽女のことを教えられる。 1962年 40歳 瞽女に惹かれ、盲目の女性を描く。 1963年 41歳 1月、養清堂画廊(東京)にて個展開催。 1980年 58歳 5月、エッチング集「雪国」(毎日新聞社)刊行。 6月、「さすらいー斎藤真一画集」(講談社)刊行。 1981年 59歳 3月、ギャラリー・ヤマモト(伊東)にて「斎藤真一展」開催。 6月、岡山県総合文化センターへ油彩画14点奇贈。 カナダのヴィクトリア美術館(モントリオール)に作品収蔵。 1982年 60歳 2月...

楽しいホビーのリトグラフ、発売中!クリスマスや誕生日のプレゼントにもどうぞ♪楽しいコレクションやホビー。大人から子供まで充実した時間を楽しめます。リトグラフに徹底的にハマろう!

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ホビーアイテムをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいホビーが充実品揃え。

激安格安お得な価格情報

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「リトグラフ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ