「胃薬」 の関連商品を含む検索結果 2件

アメ横大津屋 ターメリックホール 秋うこん 100g

Amazon

500

アメ横大津屋 ターメリックホール 秋うこん 100g

内容量:100g 原産国:インド 原材料:ターメリック 形態:袋入り 賞味期限:300日 保存方法:直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。 開封後はどうぞお早めにご使用下さい。 ターメリック Turmeric 日本名:うこん ショウガ科の多年草 原産地:熱帯アジア・インドシア諸島 生産地:インド・中国・フィリピン・ペルー・日本・その他 工場:国内にて滅菌・粉末加工 多肉質で分枝した形で表面に輪節があり、根茎部をもちいる。 収穫は地上部が枯れてから注意深く根茎を掘り出し、煮沸した後に約10日かんほど天日乾燥をする。 次に乾燥した根茎の表面の外皮を擦りとり、表面に光沢と色調を生じさせます。 やや土臭いペッパー様の芳香と、わずかな苦味をもち、最大の特徴は黄色の着色性があることです。 肝臓炎・胆道炎・胆石症・カタル性黄疸・のほか芳香性健康胃薬として用いられます。 また粉末を水で練り上げ創傷・腫脹・関節炎等に外用します。 漢方では吐血・鼻血・血尿等内服し止血作用があるとされています。 またうこんの油には軽い殺菌性があり、少量では駆風・健胃・食欲増進・強壮に用いられ 多量では腸の鎮痙薬となります。 インド・マレーシア・インドネシア・中東の食品に香り・着色として使います。 魚や米料理にもっともよく使いカレーのほとんどに含まれ、ドライカレーやミックススパイスにも使用します。 祭日用の米料理にはサフランよりもよく用いられたりします。 イギリスの伝統的なケッジュリーには欠かせない材料です。 中東や北アフリカでもよく使い、甘辛両方のピラウスにまた米料理やクスクスのソース、肉の煮込みや野菜料理にも加えます。 モロッコでは一番大事なスパイスでラ・カマの成分になっています。 商業的に大量生産のカレーパウダー・粉末のイングリッシュマスタード...

ホクホクのベジタブルサモサ2pcs、スパイスの香りと野菜の旨み!【コロッケ】【インド料理】 【RCP】

インドカレーの店 アールティ

432

ホクホクのベジタブルサモサ2pcs、スパイスの香りと野菜の旨み!【コロッケ】【インド料理】 【RCP】

サモサとは、茹でてつぶしたジャガイモとグリンピースなどをスパイスで味付けして、薄い皮で包んで揚げたものです。 チャイと一緒におやつ感覚でサモサ!がインドではポピュラーな食べ方なんですよ♪ 付属のチャツネつけてお召し上がりください。 冷めても美味しく、お酒のおつまみとしても最高です♪ 【ちょっと知っ得】 アールティのサモサの皮には、アジュワインというスパイスを練り込んでいます。インドでアジュワインは「胃薬」としても使われています。表面の黒い点々がアジュワインです。食べる前に確認してみてくださいね♪ 商品詳細 商品名 サモサ(ベジタブル) 内容量 2ピース 原材料名 ■サモサ 商品形態 冷凍 召し上がり方 美味しい召し上がり方は こちらからご覧いただけます。 賞味期限 ※賞味期限は各商品に記載されています。 ※保存料などを使用しておりませんので、解凍後は、なるべくお早めにお召し上がりください。 保存方法 -18℃以下で冷凍保存 製造者 インドカレーの店アールティー 新長田店 〒653-0038 兵庫県長田区若松町5丁目2-1 アスタプラザファースト213「サモサ」samosa おやつに、前菜に喜ばれてます

こちらの関連商品はいかがですか?

アメ横大津屋 タラゴン エストラゴン 100g

Amazon

1,365

アメ横大津屋 タラゴン エストラゴン 100g

内容量:100g 原産国:フランス 原材料:タラゴン 袋入り 賞味期限:300日 保存方法:直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。 開封後はお早めにご使用下さい。 タラゴン・エストラゴン キク科の多年生草本 生産地:南ロシア・西アジアから東ヨーロッパ 産地:フランス・オランダ・アメリカ・ドイツ・スペイン 産地:ドイツ 部位:葉 フランスでは「食通の好むハーブ」と呼ばれ、欧米各地で広く用いられているエストラゴン。 葉の形状は異なるが、日本の「よもぎ」の近縁種である。 エストラゴンの栽培品種には大別して、地中海地域原産のフランス種エストラゴンと、 シベリア原産のロシア種エスドラゴンの2種類があり。 このうち、スパイスとして評価が高いのはフランス種であり、商業的に栽培されている。 ただし、同じフランス種エストラゴンでも、フランス産とドイツ産とでは、性状も香味特徴もかなり異なる。 エストラゴンは、甘くやわらかな香味が身上。 フランス種は香りが高く、アニス様の甘い芳香と、わずかにセロリーに似た芳香を有する。 エスドラゴンは年に数回収穫されるが、この成分が多く含まれるほど甘い感じがするので、 開花直前に摘んだ葉がもっとも香味評価は高い。 一方、ロシア種エストラゴンはアニス様の芳香がなく、全般に香味か弱い。 また、精油が古くなると比重、屈折率の値が大きく変化するため、品質評価は匂いおよび香 味によって行われる。 よく使われるのはピクルスやマリネ。フランスではエスカルゴや鶏肉料理に、臭い消しの目的で用いられる。 この場合、あまり顕著な効果は望めないが、ガーニツシュ 飾り薬味 として用いれば広く使える。 またフランスでは瓶入りのエストラゴンビネガーが市販されており、家庭でも作られる。 白ワインのビネガーにエスドラゴンを漬け込むだけでよく...

アメ横大津屋 フライドオニオン 100g

Amazon

459

アメ横大津屋 フライドオニオン 100g

内容量:100g 原産国:パキスタン 原材料:オニオン・植物油 形態:袋入り賞味期限:180日 保存方法:直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。開封後はどうぞお早めにご使用下さい。 オニオン onion 日本名:たまねぎ 玉葱 ユリ科の二年生草本 オニオンはガーリックとともに最も古くから栽培されていた植物で、 おそらくエジプト、 中国、インドで有史以前から栽培されていたといわれている。 ことにエジプトでは古い記録も残されており、神への供物として オニオンやガーリックを祭壇に供えていたことが知られている。 また紀元前3200~2780年のエジプト王朝時代に食用にされていたことが、 当時の墳墓の壁画に記録されている。 世界に広まったのは16世紀、コロンブスによって新大陸へもたらされのがきっかけ。 日本への渡来は明治初年ごろで、スパイスというより野菜として定着してきた。 栽培の品種も多く、用途も肉や魚の臭い消し、 刺激を生かした生食や薬味的な使い方、加熱し たときの甘味を生かした煮込み料理などなど、 各地でさまざまに利用されている。 古い歴史と広がりのあるスパイスだけに、 世界には100種以上の栽培種があり、現在も選別、 品種改良によって次々と新種が作り出されている。 品種や収穫時期によって異なるが、 一般に長石がよりも強烈な刺激臭と辛味倍加あり、甘みも若干感じられる。 また、粉砕したり、加熱することによって、オニオンの香味は大きく変化する。 刺激臭の酵素は熱に弱いため、 オニオンを加熱すると刺激臭や辛味感はなくなり、逆に甘味を感じるようになる。 加熱によって還元され、砂糖の50倍という強い甘味成分に変化する したがって料理するときはその目的によって、 オニオンの切り方や加熱方法を使い分ける必要かあり。...

アメ横大津屋 スリランカ・マスタードシードパウダー 粗挽き 100g

Amazon

335

アメ横大津屋 スリランカ・マスタードシードパウダー 粗挽き 100g

内容量:100g 原産国:スリランカ 原材料:イエローマスタードシード 形態:袋入り 賞味期限:300日 保存方法:直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。 開封後はどうぞお早めにご使用下さい。 マスタードシード mustard 日本名:からし アブラナ科 マスタードは香辛料として世界中で広く使われています。 練りマスタードの素であり、インド周辺の国々でよく料理に使われ、 マスタードオイルもマスタードから抽出されたものです。 マスタードには主にブラック・ブラウン・ホワイト イエロー の三種類あり、 これらは植物の姿もにて、75~105cmになります。 どの品種も細長い莢の中に小さな丸い種子があります。 イエローは西洋でピクルスなどのスパイスとして使用されます。 ブラウンマスタードはインド・スリランカ・マレーシア料理に広く使い、 ほかのスパイスと良く合います。 ピクルスやチャツネ、肉・魚料理のミックススパイスに加えたりします。 粒のまま炒ったものは野菜料理とも相性が良いです。 マスタード 三種類のマスタードを使用したミックススパイス イングリッシュマスタード ホワイト、ブラック、小麦、ターメリックを合わせたもので黄色いマスタード この粉末を冷水と練って15分ほど置くと辛味が出てくる。 ソーセージ・ローストビーフ・などに合う ボルドーマスタード ブラックと未発酵の赤ワインと合わせハーブ類 特にタラゴン で香りをつける こげ茶色で香り高く、すっぱい穏やかな味はステーキや冷製肉に ディジョンマスタード 脱穀したブラックマスタードを塩・スパイス、白ワイン、ベルジュと混ぜて作る 繊細な風味をもち、カンバーラン・デビル・レムラード・ドレッシングなどのソース類に向く モーマスタード 粉砕したブラックを酢とスパイス類と合わせたもの。...

アメ横大津屋 フライドオニオン 400g

Amazon

1,236

アメ横大津屋 フライドオニオン 400g

内容量:400g 原産国:パキスタン 原材料:オニオン・植物油 形態:袋入り賞味期限:180日 保存方法:直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。開封後はどうぞお早めにご使用下さい。 オニオン onion 日本名:たまねぎ 玉葱 ユリ科の二年生草本 オニオンはガーリックとともに最も古くから栽培されていた植物で、 おそらくエジプト、 中国、インドで有史以前から栽培されていたといわれている。 ことにエジプトでは古い記録も残されており、神への供物として オニオンやガーリックを祭壇に供えていたことが知られている。 また紀元前3200~2780年のエジプト王朝時代に食用にされていたことが、 当時の墳墓の壁画に記録されている。 世界に広まったのは16世紀、コロンブスによって新大陸へもたらされのがきっかけ。 日本への渡来は明治初年ごろで、スパイスというより野菜として定着してきた。 栽培の品種も多く、用途も肉や魚の臭い消し、 刺激を生かした生食や薬味的な使い方、加熱し たときの甘味を生かした煮込み料理などなど、 各地でさまざまに利用されている。 古い歴史と広がりのあるスパイスだけに、 世界には100種以上の栽培種があり、現在も選別、 品種改良によって次々と新種が作り出されている。 品種や収穫時期によって異なるが、 一般に長石がよりも強烈な刺激臭と辛味倍加あり、甘みも若干感じられる。 また、粉砕したり、加熱することによって、オニオンの香味は大きく変化する。 刺激臭の酵素は熱に弱いため、 オニオンを加熱すると刺激臭や辛味感はなくなり、逆に甘味を感じるようになる。 加熱によって還元され、砂糖の50倍という強い甘味成分に変化する したがって料理するときはその目的によって、 オニオンの切り方や加熱方法を使い分ける必要かあり。...

アメ横大津屋 ディルウィード アネット・イノンド 50g

Amazon

584

アメ横大津屋 ディルウィード アネット・イノンド 50g

内容量:100g 原産国:アメリカ 原材料:ディルウィード 袋入り 賞味期限:300日 保存方法:直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。 開封後はお早めにご使用下さい。 ディル・ジル・いのんど・アネット セリ科の一年生草本 原産地:地中海沿岸、インド 生産地:インド、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、エジプト ディルシード 産地:インド ディルウィード・ディルトップ・ディルリーフ アメリカ産 部位 葉 草丈60~150センチ、黄色の小花を咲かせ、植物全体に芳香をもつセリ科の一年草で、同じセリ科のフェネルによく似ています。 ディルは葉、茎、花、種子、いずれも芳香があるので世界各地の料理に使われていますが スパイスとして市場で取り引きされているディルとは種子 ディルシード になります。 ただし、市場ではしばしば混乱がみられ、韓国市場でいうディルはフェネルであることが多かったりもします。 また、かつて中国の浪江省でディルと称していた商品は、同じセリ科の毒ぜりの果実であったそうです。 最も混同されやすいのはインド産の種子 インディアン・ディル で、キャラウェイの代用品としてヨーロッパ向けに輸出されています。 葉茎と種子とでは、香味がかなり異なります。 葉はすっきりとした快い芳香がありますが、種子はやや刺激的な芳香で、味わっているうちに焼けるような辛みを感じます。 この芳香の主成分はカルボンで、精油の40~60%を占めるからです。 ほかにリネモン、ピネン、ジペンテン、フェランドレンなどの成分も含んでいます。 土成分か共通することからキャラウェイの香味と似ているが、後味の辛味感はディルのほうが強いです。 葉はさわやかな香りを生かして、きざんだものをスープやサラダ、伊勢えびのような魚介料理にふりかけるのが一般的です。...

アメ横大津屋 タラゴン エストラゴン 中 500g

Amazon

3,298

アメ横大津屋 タラゴン エストラゴン 中 500g

内容量:500g 原産国:フランス 原材料:タラゴン 袋入り 賞味期限:300日 保存方法:直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。 開封後はお早めにご使用下さい。 タラゴン・エストラゴン キク科の多年生草本 生産地:南ロシア・西アジアから東ヨーロッパ 産地:フランス・オランダ・アメリカ・ドイツ・スペイン 産地:ドイツ 部位:葉 フランスでは「食通の好むハーブ」と呼ばれ、欧米各地で広く用いられているエストラゴン。 葉の形状は異なるが、日本の「よもぎ」の近縁種である。 エストラゴンの栽培品種には大別して、地中海地域原産のフランス種エストラゴンと、 シベリア原産のロシア種エスドラゴンの2種類があり。 このうち、スパイスとして評価が高いのはフランス種であり、商業的に栽培されている。 ただし、同じフランス種エストラゴンでも、フランス産とドイツ産とでは、性状も香味特徴もかなり異なる。エストラゴンは、甘くやわらかな香味が身上。 フランス種は香りが高く、アニス様の甘い芳香と、わずかにセロリーに似た芳香を有する。 エスドラゴンは年に数回収穫されるが、この成分が多く含まれるほど甘い感じがするので、 開花直前に摘んだ葉がもっとも香味評価は高い。 一方、ロシア種エストラゴンはアニス様の芳香がなく、全般に香味か弱い。 また、精油が古くなると比重、屈折率の値が大きく変化するため、品質評価は匂いおよび香 味によって行われる。 よく使われるのはピクルスやマリネ。フランスではエスカルゴや鶏肉料理に、臭い消しの目的で用いられる。 この場合、あまり顕著な効果は望めないが、ガーニツシュ 飾り薬味 として用いれば広く使える。 またフランスでは瓶入りのエストラゴンビネガーが市販されており、家庭でも作られる。 白ワインのビネガーにエスドラゴンを漬け込むだけでよく...

こだわりの食品・スイーツの胃薬、発売中!ご当地商品から海外お土産まで。世界各国・全国各地の食品・スイーツ。世界各国・全国各地の胃薬をとりよせよう。美味しいものを産地直送で!

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、食品・スイーツをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい食品・スイーツが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「胃薬」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ