「玄米黒酢」 の検索結果 426件

黒酢にんにくドレッシング【5本セット】

全7商品

2,516

黒酢にんにくドレッシング【5本セット】

■商品内容たまねぎをすりおろし、なりゴマと焙煎にんにくで味わい深く仕上げました。お肉のたたきやステーキ、野菜のグリルなど、ソースの代わりとしてもおいしくいただけます。黒巣は玄米を原料として、1年以上発酵、熟成させた九州産の黒酢を使用しております。にんにくじ黒酢を加えることでまろやかになり、もともとのにんにくのコクと旨みを活かした和風ドレッシングです。■商品スペック【商品名】 黒酢にんにくドレッシング【内容量】 200ml×5本セット【原材料名】 醸造酢、しょうゆ、料理酒、サラダ油、にんにく、砂糖、たまねぎ、米黒酢、ごま油、食塩、酵母エキス、増粘剤(キサンタン)、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)【賞味期限】 150日間【保存方法】 直射日光、高温多湿を避けて保存してください。【加工地】 熊本県【配送方法】 常温【特記事項】 【注意事項】 開封後要冷蔵■送料・配送についての注意事項●本商品の出荷目安は【2 - 6営業日 ※土日・祝除く】となります。●お取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。●本商品は同梱区分【TS1】です。同梱区分が【TS1】と記載されていない他商品と同時に購入された場合、梱包や配送が分かれます。●沖縄、離島および一部地域への配送時に追加送料がかかる場合がございます。

富士玄米黒酢/500ml

全2商品

1,728

富士玄米黒酢/500ml

京都・丹後の農薬不使用玄米から長期発酵・熟成した黒酢。毎日の健康サポートに、大さじ1杯を水やジュースで薄めてお飲み下さい。【原材料】米(玄米)【内容量】500ml富士酢の飯尾醸造 蔵見学 5/17、富士酢を造っている飯尾醸造に蔵見学に行ってきました。 飯尾醸造は天橋立が一望できる宮津市にあります。 蔵見学の前に、飯尾醸造の酢造りの主原料となるお米の生産地 (田んぼ)の見学です。 蔵から田んぼまでは車で40分ほど掛かります。 通常、農家さんたちは平野にある田んぼを好まれるのですが、 飯尾醸造の契約栽培している田んぼは標高350m〜500m という高地の僻地にあります。車で連れて行っていただいた時は 「どこまで連れて行かれるんやろう?」と思うくらい山奥です。 飯尾醸造の蔵人の秋山さん曰く、「こんな僻地でお米を作っているのに は理由があるのです。完全無農薬米を作るには近隣で農薬散布をされる と、その農薬がついてしまう。この集落全ての方と契約栽培していますので完全無農薬栽培が出来るわけです。」 飯尾醸造で使うお米は全てここのお米を使用されていますが、もう40年前から完全無農薬栽培米です。 高度成長期、農薬を使うことが当たり前だった42年に完全無農薬米使用を目指し、この集落の全員と契約するに至る 話を聞きましたが、本当に苦労されて今の飯尾醸造があると思います。 このお米だけでも相当なこだわりですが、蔵に行けばそれ以上のこだわりを見せていただきました。 製品化までに掛かる時間と1本当たりのお米の使用量です。 お米の生産から始まり、その原料でお酒を造り、それを発酵。やっと酢になります。 お酒から酢になるまでの静置発酵も夏場で4〜5ヶ月、冬場で2.5〜3ヶ月掛かります。 製品として出来上がるまでに約2年という長い年月を掛けています。 さて...

富士玄米黒酢/900ml

全2商品

2,700

富士玄米黒酢/900ml

●(火)までのご注文⇒(木)出荷●(金)17:00までのご注文⇒(月)出荷京都・丹後の農薬不使用玄米から長期発酵・熟成した黒酢。毎日の健康サポートに、大さじ1杯を水やジュースで薄めてお飲み下さい。【原材料】米(玄米)【内容量】900ml富士酢の飯尾醸造 蔵見学 5/17、富士酢を造っている飯尾醸造に蔵見学に行ってきました。 飯尾醸造は天橋立が一望できる宮津市にあります。 蔵見学の前に、飯尾醸造の酢造りの主原料となるお米の生産地 (田んぼ)の見学です。 蔵から田んぼまでは車で40分ほど掛かります。 通常、農家さんたちは平野にある田んぼを好まれるのですが、 飯尾醸造の契約栽培している田んぼは標高350m〜500m という高地の僻地にあります。車で連れて行っていただいた時は 「どこまで連れて行かれるんやろう?」と思うくらい山奥です。 飯尾醸造の蔵人の秋山さん曰く、「こんな僻地でお米を作っているのに は理由があるのです。完全無農薬米を作るには近隣で農薬散布をされる と、その農薬がついてしまう。この集落全ての方と契約栽培していますので完全無農薬栽培が出来るわけです。」 飯尾醸造で使うお米は全てここのお米を使用されていますが、もう40年前から完全無農薬栽培米です。 高度成長期、農薬を使うことが当たり前だった42年に完全無農薬米使用を目指し、この集落の全員と契約するに至る 話を聞きましたが、本当に苦労されて今の飯尾醸造があると思います。 このお米だけでも相当なこだわりですが、蔵に行けばそれ以上のこだわりを見せていただきました。 製品化までに掛かる時間と1本当たりのお米の使用量です。 お米の生産から始まり、その原料でお酒を造り、それを発酵。やっと酢になります。 お酒から酢になるまでの静置発酵も夏場で4〜5ヶ月、冬場で2.5〜3ヶ月掛かります。...

ビオ・マルシェ 有機玄米黒酢<720ml>

Amazon

3,962

ビオ・マルシェ 有機玄米黒酢<720ml>

国内産有機玄米と有機玄米麹を原料に、静置発酵法で1リットル中180g以上の玄米を使用し、カメで長期間かけ有機JAS管理規定の基に造った、コクのあるまろやかな有機玄米黒酢です。【生産者について】 酒造りに適した名水の地として知られる九州の大川・城島。庄分酢の歴史は、三世紀半もの昔、この地に芽生えました。酒造りを始めたのが、二代目高橋四朗兵衛。その技術を元に四代目高橋清右衛門が酢造りをはじめました。秘伝の書に記された酒造りの手法を守って、十四代。その味と信頼は今も大切に引き継がれています。仕込みから熟成、そして瓶につめてご家庭にお届けするまで昔ながらの手法でひとつ、ひとつ進められていく庄分酢の酢造り。ここに集まった職人は、誇りと愛情を持って酢造りに取り組む庄分酢の匠たちです。手にふれて、感じて、美味しさを引き出す。本物の手造りの味が、ここにあります。 【こだわりについて・匠のお話】 毎日お米を食べて生きるのだから、やっぱり農薬を使わず米は育てる。大変だけど大切なことです。データも参考にしますが、何よりも大切なのは勘です。10年たってやっと酢への接し方がわかってきました。少しでも手を抜くと、もう悪くなっている。一時も目が離せない酢造りは、子育てのようなものですね。酢造りの主役は菌です。自分たちはいかに脇役に徹して、いい環境をつくるかが勝負なのです。

こだわりの食品・スイーツの玄米黒酢、発売中!ご当地商品から海外お土産まで。世界各国・全国各地の食品・スイーツ。世界各国・全国各地の玄米黒酢をとりよせよう。美味しいものを産地直送で!

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、食品・スイーツをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい食品・スイーツが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「玄米黒酢」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ