「乾燥なまこ」 の検索結果 304件

乾燥なまこ【赤なまこ】100G入

Amazon

4,980

乾燥なまこ【赤なまこ】100G入

関西で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。 よく乾燥された国産天然物です。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量)。中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、滋養強壮の高級食材として珍重されている珍味です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ1KG入訳ありD級品

Amazon

40,000

乾燥なまこ1KG入訳ありD級品

水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。 よく乾燥された国産天然物です。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量)。中国では滋養強壮の高級食材として珍重されている珍味です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ500G入訳ありC級品

Amazon

22,600

乾燥なまこ500G入訳ありC級品

水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。 よく乾燥された国産天然物です。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量)。中国では滋養強壮の高級食材として珍重されている珍味です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ1KG入訳ありC級品

Amazon

43,200

乾燥なまこ1KG入訳ありC級品

水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。 よく乾燥された国産天然物です。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量)。中国では滋養強壮の高級食材として珍重されている珍味です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 300G20個前後入 LLサイズA級品

Amazon

25,000

乾燥なまこ 300G20個前後入 LLサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、滋養強壮の高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 1KG50個前後入 3L特大サイズA級品

Amazon

82,000

乾燥なまこ 1KG50個前後入 3L特大サイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。 水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、滋養強壮の高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 500G80個前後入 SサイズA級品

Amazon

36,400

乾燥なまこ 500G80個前後入 SサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。 水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、滋養強壮の高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 300G30個前後入 MサイズA級品

Amazon

23,880

乾燥なまこ 300G30個前後入 MサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 「黒いダイヤ」ともいわれている中華料理の高級食材です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 500G50個前後入 MサイズA級品

Amazon

37,900

乾燥なまこ 500G50個前後入 MサイズA級品

瀬戸内海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、滋養強壮の高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 1KG70個前後入 LサイズA級品

Amazon

75,600

乾燥なまこ 1KG70個前後入 LサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、滋養強壮の高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
化粧箱入り北海道産乾燥なまこ 500G入10g以上Lサイズ A級品

Amazon

101,800

化粧箱入り北海道産乾燥なまこ 500G入10g以上Lサイズ A級品

北海道で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量)。 中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、滋養強壮の高級食材として珍重されている珍味です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

乾燥なまこ 100G30個前後入 SSサイズA級品

Amazon

6,280

乾燥なまこ 100G30個前後入 SSサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。 よく乾燥された国産天然物です。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。「黒いダイヤ」ともいわれている中華料理の高級食材です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

乾燥なまこ 100G8個前後入 LサイズA級品

Amazon

7,560

乾燥なまこ 100G8個前後入 LサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、滋養強壮の高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 500G30個前後入 LLサイズA級品

Amazon

41,000

乾燥なまこ 500G30個前後入 LLサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。 水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。 中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、滋養強壮の高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 300G70個前後入 SSサイズA級品

Amazon

23,080

乾燥なまこ 300G70個前後入 SSサイズA級品

瀬戸内海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、滋養強壮の高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 500G35個前後入 LサイズA級品

Amazon

38,800

乾燥なまこ 500G35個前後入 LサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、滋養強壮の高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
化粧箱入り乾燥なまこ 300G30個前後入 MサイズA級品

Amazon

25,480

化粧箱入り乾燥なまこ 300G30個前後入 MサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 「黒いダイヤ」ともいわれている中華料理の高級食材です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 1KG入 3L~2SサイズA'級品

Amazon

59,800

乾燥なまこ 1KG入 3L~2SサイズA'級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、滋養強壮の高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

お試し北海道産乾燥なまこ 50G入10g以上Lサイズ A級品

Amazon

10,400

お試し北海道産乾燥なまこ 50G入10g以上Lサイズ A級品

北海道で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量)。 中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、滋養強壮の高級食材として珍重されている珍味です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 1KG60個前後入 LLサイズA級品

Amazon

79,980

乾燥なまこ 1KG60個前後入 LLサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。 水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、滋養強壮の高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
北海道産乾燥なまこ 100G入LLサイズ14g以上A級品

Amazon

23,800

北海道産乾燥なまこ 100G入LLサイズ14g以上A級品

北海道で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量)。中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、滋養強壮の高級食材として珍重されている珍味です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
化粧箱入り乾燥なまこ 500G60個前後入 MサイズA級品

Amazon

39,000

化粧箱入り乾燥なまこ 500G60個前後入 MサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量)。「黒いダイヤ」ともいわれている中華料理の高級食材です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 1KG100個前後入 MサイズA級品

Amazon

73,800

乾燥なまこ 1KG100個前後入 MサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。 よく乾燥された国産天然物です。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。「黒いダイヤ」ともいわれている中華料理の高級食材です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
北海道産乾燥なまこ 100G入Lサイズ10g以上A級品

Amazon

19,800

北海道産乾燥なまこ 100G入Lサイズ10g以上A級品

北海道で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量)。中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、滋養強壮の高級食材として珍重されている珍味です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 1KG160個前後入 SサイズA級品

Amazon

70,800

乾燥なまこ 1KG160個前後入 SサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。 水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、滋養強壮の高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
化粧箱入り乾燥なまこ 500G35個前後入 LサイズA級品

Amazon

40,400

化粧箱入り乾燥なまこ 500G35個前後入 LサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、滋養強壮の高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
化粧箱入り乾燥なまこ 500G50個前後入 MサイズA級品

Amazon

39,500

化粧箱入り乾燥なまこ 500G50個前後入 MサイズA級品

瀬戸内海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、滋養強壮の高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 1KG160~240個前後入 キズありB級品

Amazon

54,000

乾燥なまこ 1KG160~240個前後入 キズありB級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、滋養強壮の高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

乾燥なまこ 50g5個入 MサイズA級品

Amazon

3,980

乾燥なまこ 50g5個入 MサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。 よく乾燥された国産天然物です。 水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。「黒いダイヤ」ともいわれている中華料理の高級食材です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

乾燥なまこ 100g10個前後入 MサイズA級品

Amazon

7,000

乾燥なまこ 100g10個前後入 MサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。 よく乾燥された国産天然物です。 水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 当商品はMサイズ一個あたり8~12g合わせて100gで10個前後となります。 「黒いダイヤ」ともいわれている中華料理の高級食材です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

乾燥なまこ 50g10個前後入 SサイズA級品

Amazon

3,800

乾燥なまこ 50g10個前後入 SサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。 よく乾燥された国産天然物です。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量)。「黒いダイヤ」ともいわれている中華料理の高級食材です。 なまこ水戻しの仕方(ご参考まで) 一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。 なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。 補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。 二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。 三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。 加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。 四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。 補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。 五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。 補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

こだわりの食品・スイーツの乾燥なまこ、発売中!ご当地商品から海外お土産まで。世界各国・全国各地の食品・スイーツ。世界各国・全国各地の乾燥なまこをとりよせよう。美味しいものを産地直送で!

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、食品・スイーツをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい食品・スイーツが充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「乾燥なまこ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ