「マグロほほ肉」 の関連商品を含む検索結果 4件

こちらの関連商品はいかがですか?

築地魚群 活け車海老 国産 500g

Amazon

10,800

築地魚群 活け車海老 国産 500g

えびの王様ってなんだと思いますか?伊勢海老だと思いますか?残念違います! 味でいうならば車海老は圧倒的に燦然と輝くNo1です。 数あるえびの中では唯一といってよい程、加熱したときに最大の旨味がでるえびで、香りが高く豊潤な甘みとプリッとした歯ごたえを持っています。 テレビでタレントに活けの車海老を食べさせて「美味しいッ、新鮮!」と言わせるのは愚かしいことです。軽くボイルするからこそ、車海老の旨味を引き立てます。 老舗の寿司屋の仕事は活け車海老を茹でるところから始まります。活造りで車海老を出す店は実力が知れてます。(偉そうにスイマセン) 活けの車海老は非常に管理しづらい(死にやすい)ため、通常の店では扱いきれません。かなりな高級店でしか出せないのです。 世界中で最もえびを食べる民族の日本人ですが、一般的に使用されているえびはブラックタイガーやバナメイなどの冷凍えびばかりです。車海老は江戸前の寿司には欠かせないネタで、軽くボイルしたときの強い香りと旨味、口に入れた時のぷりっとした食感は際立っています。 その中でも、車海老こそがえびの王様です。伊勢海老をはるかに超える、強いえびの香りと甘みがあります。 回転寿司などの市場にあふれるえびは、ほとんどがブラックタイガーやバナメイなどの冷凍のえびばかりです。一度は車海老の豊潤な香りと甘みを体験してもらいたいです。ボイルしたての最も美味しい車海老をご自宅でご堪能下さい。

築地魚群 マグロ3種の食べ比べセット

Amazon

7,650

築地魚群 マグロ3種の食べ比べセット

マグロの3種(ミナミマグロ中トロ、ビンチョウマグロのたたき、マグロのたたきガーリック風味)を食べ比べるセット商品です。 ・天然ミナミマグロの中トロは、マグロのお刺身の王道です。スーパーで売っているメバチマグロに比べると、ミナミマグロの味は濃く天然の魚体にノッた脂は口の中でスッと溶けます。蓄養マグロのベタッとした脂っこいトロが嫌いな方にぜひ食べてもらいたいです。 ・ビンチョウマグロのたたきは、一本釣りのトロビンチョウを炭火で炙ったものです。ビンチョウマグロは100円回転寿司の定番の寿司ネタとして有名になってきました。このトロビンチョウは特に脂のノッた魚を選別しています。柔らかい身のビンチョウが口の中で炭火の香ばしさとあいます。 ・マグロガーリックは上の2つのマグロに比べて、ちょっと変わった挑戦的な商品です。キハダマグロを原料にして炭火で炙るのですが、味付けにガーリックオイルと塩と黒胡椒をまぶしています。お醤油を付けずにそのまま食べます。口に入れるとガーリックの香りが鼻に抜けてピリッとからい黒胡椒がアクセントです。 それぞれ個性があって、どのマグロが美味しいか食べ比べていて楽しいです。私はビンチョウマグロの炙りが一番美味しいと思いますが、皆さんはどう思われるでしょうか?

築地魚群 ミナミマグロ インドマグロ 中トロ 約500g

Amazon

5,466

築地魚群 ミナミマグロ インドマグロ 中トロ 約500g

天然のミナミマグロの中トロ500gです。 スーパーでは絶対売ってないミナミマグロは味が濃く、脂はスッと口の中で溶ける爽やかなマグロです。 中トロの中でも特に旨い部分です。味けのない赤いだけのバチマグロや脂がくどい養殖本マグロに飽きた方は、ぜひミナミマグロを食べてみてください。 築地市場ではミナミマグロのことをインドマグロと呼ぶことが多いです。本マグロよりもミナミマグロの方が歴史が古く、昔気質のお寿司屋さんですとミナミマグロしか使わないというお店もあるくらいです。養殖のミナミマグロもありますが、このミナミマグロは天然ものです。天然マグロは脂がくどくないのが特徴で、中トロの身に含まれる脂は口の中でスッと溶け嫌味がありません。 中トロの中でも特に旨い「腹の血合い下」部分です。1尾からそんなに量はとれません。 他のマグロ通販ですと、血合い下中トロは1サク200g位で7、8000円しますので相当お得です。築地の業者卸直販が美味しくて安いミナミマグロの中トロをお送りします。 せっかく築地からお取り寄せするのですから、普段入手できないこのミナミマグロをお買い上げください。これぞマグロといった味ですから。

築地魚群 ミナミマグロ インドマグロ 赤身 500g

Amazon

4,350

築地魚群 ミナミマグロ インドマグロ 赤身 500g

天然のミナミマグロの赤身500gです。 マグロ1尾から3-4Kgしかとれない貴重な大トロです。この大トロをお寿司屋さんで注文したら安いお店でも1貫2、3000円かかります。大トロ500gが、この値段です。絶対に他では真似できません。ミナミマグロ1尾から3-4Kgしかとれません。売り切りごめんです。 築地市場ではミナミマグロのことをインドマグロと呼ぶことが多いです。本マグロよりもミナミマグロの方が歴史が古く、昔気質のお寿司屋さんですとミナミマグロしか使わないというお店もあるくらいです。養殖のミナミマグロもありますが、このミナミマグロは天然ものです。 天然マグロは脂がくどくないのが特徴で、大トロの脂がノッている部位ですがスッと口の中でとろけます。くどさがない甘みのなる味です。 天然ミナミマグロはスーパーでは絶対に売っていません。マグロと一口に言っても千差万別です。築地のミナミマグロ(インドマグロ)を食べてみてください。これぞマグロといった味です。 せっかく築地からお取り寄せするのでしたら、普段入手できないこのミナミマグロをお買い上げください。スーパーでは絶対売ってないミナミマグロは味が濃く、脂はスッと口の中で溶ける爽やかなマグロです。

築地魚群 ミナミマグロ インドマグロ 大トロ 約500g

Amazon

6,171

築地魚群 ミナミマグロ インドマグロ 大トロ 約500g

天然のミナミマグロの大トロ500gです。 マグロ1尾から3-4Kgしかとれない貴重な大トロです。この大トロをお寿司屋さんで注文したら安いお店でも1貫2、3000円かかります。大トロ500gが、この値段です。絶対に他では真似できません。ミナミマグロ1尾から3-4Kgしかとれません。売り切りごめんです。 築地市場ではミナミマグロのことをインドマグロと呼ぶことが多いです。本マグロよりもミナミマグロの方が歴史が古く、昔気質のお寿司屋さんですとミナミマグロしか使わないというお店もあるくらいです。養殖のミナミマグロもありますが、このミナミマグロは天然ものです。 天然マグロは脂がくどくないのが特徴で、大トロの脂がノッている部位ですがスッと口の中でとろけます。くどさがない甘みのなる味です。 天然ミナミマグロはスーパーでは絶対に売っていません。マグロと一口に言っても千差万別です。築地のミナミマグロ(インドマグロ)を食べてみてください。これぞマグロといった味です。 せっかく築地からお取り寄せするのでしたら、普段入手できないこのミナミマグロをお買い上げください。スーパーでは絶対売ってないミナミマグロは味が濃く、脂はスッと口の中で溶ける爽やかなマグロです。

築地魚群 活オマール海老 ロブスター 500-550gサイズ アメリカ・カナダ産 1尾

Amazon

3,456

築地魚群 活オマール海老 ロブスター 500-550gサイズ アメリカ・カナダ産 1尾

活きたオマール海老(500-550gサイズ)です。半身にして食べるなら2人分ですが、1人でも1尾あっという間に食べられます。 オマール海老はオマールロブスターとも呼ばれています。 オマール海老はカナダやアメリカの沿岸に生息し、早い海流に負けないようテールが肥大しています。このテールの身がしまっていて、加熱するとプリップリになります。また頭(胴体)には、濃厚なミソ(コライユ)をもっていてソースは濃厚で豊潤なものとなります。 日本ではまだあまり認知されていないエビですが、フレンチなどの洋食にはかかせない素材です。「高級」と言われるレストランでも、活けのオマール海老を使用する店は残念ながら減ってきました。料理の手間や値段のためです。 簡単な調理法は、茹でることです。あまり茹で過ぎると旨味が流れて身が硬くなってしまいます。沸騰した水に生きたままのオマール海老をいれ、5-8分茹でてください。ハサミを使ってテールと爪を向けば身が出てきます。 濃厚な味わいのあるコライユ(ミソ)を使ってビスクソース、テール身のプリプリ感をお楽しみください。 料理の手間はかかりますが築地直送価格ですので、ぜひ自宅で活けのオマール海老の料理にチャレンジしてみてください。ご自宅の料理が「高級」レストランを超えますよ。

築地魚群 活オマール海老 ロブスター 450-500gサイズ アメリカ・カナダ産 1尾

Amazon

3,142

築地魚群 活オマール海老 ロブスター 450-500gサイズ アメリカ・カナダ産 1尾

活きたオマール海老(450-500gサイズ)です。半身にして食べるなら2人分ですが、1人でも1尾あっという間に食べられます。当店ではこのサイズ以下のオマールは扱いません。オマール海老の可食部分はテール(尻尾の部分)が主ですが、このサイズ以下ですと食べる部分が意外と少ないです。 オマール海老はオマールロブスターとも呼ばれています。 オマール海老はカナダやアメリカの沿岸に生息し、早い海流に負けないようテールが肥大しています。このテールの身がしまっていて、加熱するとプリップリになります。また頭(胴体)には、濃厚なミソ(コライユ)をもっていてソースは濃厚で豊潤なものとなります。 日本ではまだあまり認知されていないエビですが、フレンチなどの洋食にはかかせない素材です。「高級」と言われるレストランでも、活けのオマール海老を使用する店は残念ながら減ってきました。料理の手間や値段のためです。 簡単な調理法は、茹でることです。あまり茹で過ぎると旨味が流れて身が硬くなってしまいます。沸騰した水に生きたままのオマール海老をいれ、5-8分茹でてください。ハサミを使ってテールと爪を向けば身が出てきます。 濃厚な味わいのあるコライユ(ミソ)を使ってビスクソース、テール身のプリプリ感をお楽しみください。 料理の手間はかかりますが築地直送価格ですので、ぜひ自宅で活けのオマール海老の料理にチャレンジしてみてください。ご自宅の料理が「高級」レストランを超えますよ。

こだわりの食品・スイーツのマグロほほ肉、発売中!ご当地商品から海外お土産まで。世界各国・全国各地の食品・スイーツ。世界各国・全国各地のマグロほほ肉をとりよせよう。美味しいものを産地直送で!

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、食品・スイーツをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい食品・スイーツが充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「マグロほほ肉」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ