「ジビエ肉」 の検索結果 276件

丸鴨(ホールダック)約2.4kg前後 ローストダック用カモ 1羽(中抜き・首なし・お肉たっぷり大きいサイズ)★鴨肉・丸鳥/ジビエ 1〜5人前

The Meat Guy(ザ・ミートガイ)

4,481

丸鴨(ホールダック)約2.4kg前後 ローストダック用カモ 1羽(中抜き・首なし・お肉たっぷり大きいサイズ)★鴨肉・丸鳥/ジビエ 1〜5人前

ダック(ホワイト北京種)の丸鳥です。 かも1羽丸ごと!ローストダック、スモークダック、北京ダック、お好きなメニューでどうぞ... 1羽 約2.4kg 以下、お客様からお送りいただいた鴨肉レシピと出来上がりの写真をご紹介します。 【鶉とジャガイモ、キノコのガレット仕立て 鶉のソースで】 【作り方】 1.鶉はもも、胸肉におろし、それぞれ塩・コショウをする。これを真空パックし、真空調理をする。(温度、時間は、衛生面の責任が持てませんので記しません) 2.鶉のガラを砕き、ロティして、ミルポワとともに水で煮出す。漉して煮詰めジュ・ド・カイユとする。 3.ジャガイモは5mm角にカットして、煮崩れないようにゆでる。エリンギは5mm角にカットする。1のもも肉も5mm角にカットする。 これを(あれば)フォワグラの脂でソテーし、シャンピニオンデュクセルも加え、塩・コショウで味を調える。これをセルクルで型取り、ガレットとする。 4.鶉の胸肉を湯煎で再加熱した後、パックから出し、皮に焼き色をつける。 ガレットに乗せ、ジュ・ド・カイユ(バターモンテして、塩・コショウで味を調える)を流す。グリーンピースとトマトコンカッセを散らし、セルフイユを飾る。 1パックすべてを解凍するには、約2日かかります。 半解凍して、使用する分に小分け包装をして冷凍保存するのがおすすめです。 ▼氷水解凍 手間と時間がかかりますが、最もオススメな解凍方法! 水漏れしないよう2重にビニール袋に入れた後、氷水に浸し、さらに完全に解凍するまで適宜氷を追加してください。 1kgあたり2時間が目安です。(あくまで目安ですので、商品の種類、パッケージ状況によってはかなりの差が出ます。) 美味しく解凍する為のポイントは、お肉の表面温度を低く保ちながらの最短解凍です!マイナス2℃程度ですと...

こだわりの真空調理 超熟みやざきジビエ『天然猪肉ロースト』250g(たれ付)

Amazon

6,500

こだわりの真空調理 超熟みやざきジビエ『天然猪肉ロースト』250g(たれ付)

じっくり、しっかり、3日間かけた超熟調理! 素材のうまみを生かすためヒマラヤ岩塩のみで味付けし 他には何も使用しておりません。 脂肪の摂り過ぎが指摘される現代人に 健康食としておすすめなのがジビエです。 高たんぱく・低カロリーで栄養豊富なジビエは まさに理想のお肉といえます。 ■真空調理とは 食材を生のまま、あるいは調味料と一緒に真空包装し低温(58~95℃)で一定時間加熱する調理法です。 真空包装をすることで素材の酸化防止、味が均一に染み込む、加熱しても細胞破壊起こさない等の利点があります。 また低温で調理することで素材の変質を食い止めることができます。 低温調理が可能になったことで、素材内に水分を十分に残すことができ、軟らかくジューシーな仕上がりが実現しました。 ■美味しいお召し上がり方 商品は冷凍でお届けしております。 食べる前日に冷蔵庫で解凍してください。お急ぎの場合は冷水か氷水に袋ごとつけて解凍してください。 半解凍くらいがスライスしやすくおすすめです。 その後常温に戻して添付の「ソース」でお召し上がりになりますと一番おいしい状態になります。 温かかくしてお召し上がりになりたい時は「お皿を温める(お湯につける)」「ソースを温めてかける」がお薦めです。

こだわりの真空調理 超熟みやざきジビエ『天然鹿肉ロースト』250g(たれ付)

Amazon

5,800

こだわりの真空調理 超熟みやざきジビエ『天然鹿肉ロースト』250g(たれ付)

じっくり、しっかり、3日間かけた超熟調理! 素材のうまみを生かすためヒマラヤ岩塩のみで味付けし 他には何も使用しておりません。 脂肪の摂り過ぎが指摘される現代人に 健康食としておすすめなのがジビエです。 高たんぱく・低カロリーで栄養豊富なジビエは まさに理想のお肉といえます。 ■真空調理とは 食材を生のまま、あるいは調味料と一緒に真空包装し低温(58~95℃)で一定時間加熱する調理法です。 真空包装をすることで素材の酸化防止、味が均一に染み込む、加熱しても細胞破壊起こさない等の利点があります。 また低温で調理することで素材の変質を食い止めることができます。 低温調理が可能になったことで、素材内に水分を十分に残すことができ、軟らかくジューシーな仕上がりが実現しました。 ■美味しいお召し上がり方 商品は冷凍でお届けしております。 食べる前日に冷蔵庫で解凍してください。お急ぎの場合は冷水か氷水に袋ごとつけて解凍してください。 半解凍くらいがスライスしやすくおすすめです。 その後常温に戻して添付の「ソース」でお召し上がりになりますと一番おいしい状態になります。 温かかくしてお召し上がりになりたい時は「お皿を温める(お湯につける)」「ソースを温めてかける」がお薦めです。

北海道特産 野生エゾ鹿 もも肉 1.0kg

Amazon

4,580

北海道特産 野生エゾ鹿 もも肉 1.0kg

美味しくてヘルシー 蝦夷シカ みなさんジビエ料理をご存知ですか? ヨーロッパではとても一般的で、日本ではあまり馴染みがないようですが シカは紅葉肉(もみじ)と呼ばれ、昔から鍋などで食されてきています。 ジビエとはフランス語で「野生鳥獣のお肉」を指し 狩猟解禁シーズンにだけいただくことが出来る贅沢な旬のお料理で ヨーロッパのマルシェ(市場)には、秋のその時期になるとウサギや鴨や鳩などが当たり前のように並びます。 その中でもシカは高級食材とされているのですよ。 日本でも最近はオーベルジュなどでジビエ料理を食べさせてくれるところが増えました。 「えー?シカ?を食べるの?」と思う方もいるかもしれませんが 実は、ワインが好きな方には持って来い!のお肉なのです。 【生産元】 北海道産 【受注から発送まで】 受注から2営業日前後の発送になります。 【内容量】 北海道特産 えぞ鹿もも肉 2~4ブロック冷凍1.0kg 【賞味期限】 冷凍保存で約1ヶ月 解凍後はすぐに食べてください。 冷凍を解凍する場合は、自然解凍をお奨めしいたします。 冷蔵庫などで半日から1日程度です。電子レンジなどで急激に解凍すると、風味や食感が損なわれる場合があります。 【発送方法】 冷凍便にて発送いたします。

こだわりの真空調理 宮崎ジビエ 宮崎牛ロースト 3種セット(各200g・たれ付)

Amazon

11,000

こだわりの真空調理 宮崎ジビエ 宮崎牛ロースト 3種セット(各200g・たれ付)

宮崎ジビエと宮崎牛ローストビーフ どちらも味わい尽くす贅沢な3種セットのご紹介です。 じっくり、しっかり、3日間かけた超熟調理! こだわりの真空調理 超熟みやざきジビエ 『天然猪肉ロースト』『天然鹿肉ロースト』 じっくり、しっかり、3日間かけた超熟調理! 素材のうまみを生かすためヒマラヤ岩塩のみで味付けし 他には何も使用しておりません。 脂肪の摂り過ぎが指摘される現代人に 健康食としておすすめなのがジビエです。 高たんぱく・低カロリーで栄養豊富なジビエは まさに理想のお肉といえます。 全国和牛能力共進会にて2連覇!日本一の和牛 『宮崎牛ローストビーフ』 日本一に輝く宮崎牛をローストビーフに調理しました。 宮崎牛は子牛を生産する繁殖農家とその子牛をお肉になるまで育てる肥育農家が一緒になって作り上げるブランドです。 その美味しさ、その素材の良さを是非ローストビーフでご賞味ください。 ■真空調理とは 食材を生のまま、あるいは調味料と一緒に真空包装し低温(58~95℃)で一定時間加熱する調理法です。 真空包装をすることで素材の酸化防止、味が均一に染み込む、加熱しても細胞破壊起こさない等の利点があります。 また低温で調理することで素材の変質を食い止めることができます。 低温調理が可能になったことで、素材内に水分を十分に残すことができ、軟らかくジューシーな仕上がりが実現しました。 ■美味しいお召し上がり方 商品は冷凍でお届けしております。 食べる前日に冷蔵庫で解凍してください。お急ぎの場合は冷水か氷水に袋ごとつけて解凍してください。 半解凍くらいがスライスしやすくおすすめです。 その後常温に戻して添付の「ソース」でお召し上がりになりますと一番おいしい状態になります。 温かかくしてお召し上がりになりたい時は「お皿を温める(お湯につける)」...

こだわりの食品・スイーツのジビエ肉、発売中!ご当地商品から海外お土産まで。世界各国・全国各地の食品・スイーツ。世界各国・全国各地のジビエ肉をとりよせよう。美味しいものを産地直送で!

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、食品・スイーツをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい食品・スイーツが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ジビエ肉」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ