「サーモン」 の検索結果 3,648件

≪王子サーモン≫スモークサーモンパーティースライス☆(冷蔵)

東急百貨店

1,080

≪王子サーモン≫スモークサーモンパーティースライス☆(冷蔵)

サーモントラウトを王子の技術で燻煙した、気軽に楽しめるスモークサーモンです。バラ飾りやサーモン巻きなどに最適な大きさのスライスで、ホームパーティの主役になるおしゃれなひと皿を簡単に作れます。 【王子サーモン】 1961年(昭和36年)に王子製紙の要人がロンドンを訪れた際、出会ったスモークサーモン。その時の感動が原点となり、日本でのスモークサーモン作りが始まりました。 その後一流ホテルや皇室にも愛され、40年間にわたり、王子サーモンは「日本のスモークサーモンの代名詞」と言われています。 現在では、王子のスモークサーモンに使われる原料は、ノルウェー・オスランド社から直輸入している、脂ののった極上のサーモンです。王子サーモンでは、素材に独自の厳しい品質基準を設けて、オスランド社から輸入するサーモンも、この品質基準に合致したものだけを厳選しています。さらに、スモークに使用するチップは、北海道産の広葉樹の香り豊かなものだけを厳選しています。 王子のスモークサーモンの特徴は、低温によるしっかりとした燻製。20℃以下の低温で、1日かけてゆっくり燻すことで、余分な水分が除かれ、豊かな風味が増してきます。 王子ならではの贅沢なスモークサーモンを、是非お楽しみ下さい。

≪王子サーモン≫紅鮭スモークサーモンスライス★(冷凍)

東急百貨店

3,240

≪王子サーモン≫紅鮭スモークサーモンスライス★(冷凍)

沖獲りの天然紅鮭を北海道の広葉樹ですっきりとした味わいに燻製した、日本のスモークサーモンの代名詞「王子サーモン」こだわりのスライスタイプのスモークサーモンです。 【王子サーモン】 1961年(昭和36年)に王子製紙の要人がロンドンを訪れた際、出会ったスモークサーモン。その時の感動が原点となり、日本でのスモークサーモン作りが始まりました。 その後一流ホテルや皇室にも愛され、40年間にわたり、王子サーモンは「日本のスモークサーモンの代名詞」と言われています。 現在では、王子のスモークサーモンに使われる原料は、ノルウェー・オスランド社から直輸入している、脂ののった極上のサーモンです。王子サーモンでは、素材に独自の厳しい品質基準を設けて、オスランド社から輸入するサーモンも、この品質基準に合致したものだけを厳選しています。さらに、スモークに使用するチップは、北海道産の広葉樹の香り豊かなものだけを厳選しています。 王子のスモークサーモンの特徴は、低温によるしっかりとした燻製。20℃以下の低温で、1日かけてゆっくり燻すことで、余分な水分が除かれ、豊かな風味が増してきます。 王子ならではの贅沢なスモークサーモンを、是非お楽しみ下さい。

スモークサーモン詰合せ

全2商品

5,000

スモークサーモン詰合せ

【原材料名】銀聖鮭スモークサーモン…秋鮭(北海道・日高沖産)、食塩、コショウ紅鮭スモークサーモン…紅鮭(ロシア産)、食塩、コショウ【規 格】銀聖鮭スモークサーモン…150g×2紅鮭スモークサーモン…150g×2【賞味期限】冷凍保存3ヵ月間【製 造 者】株式会社カワシマ銀聖 日高沖の定置網で漁獲される秋鮭は、銀色に輝く魚体から「銀毛」と呼ばれています。その身は、親潮が運んでくるたくさんのオキアミなど天然の餌を食べ、鮮やかなサーモンピンクに染まり、しっとりとほどよい脂の旨みをたくわえています。「日高の銀毛鮭」を皆様に知ってほしい、食べてほしい、という想いから、日高管内で鮭定置網漁業を営む41の網元で「銀聖ブランド」の確立を行いました。【認定基準】1. 原魚は、日高沖産とし、他の管内産は認めない。2. 原魚の鮮度保持を厳守したもの。3. 原魚一尾の重量が3.5kg以上であること。 ※山漬けなどに加工すると、余分な水分が抜け重量が軽く なります。4. 銀毛さけ(体色は銀色)の中でも他に遜色のない鮭。 銀聖として認められるのは、日高で水揚げされるサケのうち 僅か数パーセントです。 銀聖として認証した鮭には、このラベルが貼付されていま す。 なお、個包装の商品にも製造者のイニシャル(記号)入りの 銀聖認証の小シールを貼付しています。スモークサーモン日高沖の銀聖鮭と紅鮭(外国産)を、じっくりスモークしています。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「サーモン」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ