「くさやとびうお」 の関連商品を含む検索結果 12件

こちらの関連商品はいかがですか?

築地魚群 うに 銅レベル 1箱

Amazon

8,640

築地魚群 うに 銅レベル 1箱

銅レベルのうにです。 産地は季節により変わります。アメリカボストン、カナダ、メキシコ、国内だと三陸、北海道、それから北方四島になります。品種も場所により、国内だとエゾバフンウニやキタムラサキウニ、外国だとバフンウニ系です。 私は築地市場のうにの競りをしていました。特にうには等級によって大きく味に違いがあります。うには産地や時期によって様々なグレードのものがありますが、分かりやすくざっくりと下記のように評価します。 ・最高級(金レベル)星のつく寿司屋で使用 ・次点(銀レベル)カウンターのある寿司屋の夜で使用 ・及第点(銅レベル)カウンターのある寿司屋のランチ用 ・落第(扱いません)チリや中国産の冷凍うに。もしくは生で入荷するが、うに一葉がペラッペラで味のないうに。100円回転寿司などで見られる冷凍うには食べるに値しません。元来、うには冷凍してしまうと食感と風味が大きく損なわれます。 このうにを「銅レベル」としていますが決して不味くありません。カウンターのある寿司屋のランチや海鮮丼用、もしくはグルメ系と言われている回転寿司屋で出てくるようなうにです。常識のある寿司屋の大将でしたら、これ以下のグレードのうには扱いません。 生うにでのこのグレード以下は1箱2-3000円くらいでありますが、築地から通販でわざわざ取り寄せる意味がありません。銅レベルと言ってもあなどるなかれ。味は甘みがあります。苦味はありません。生のうにとしては安い部類に入りますので、うにの軍艦巻きから海鮮丼としてお使いください。

築地魚群 干物セット10000円

Amazon

10,800

築地魚群 干物セット10000円

築地市場から干物セットを送るメリットは、より良い干物を選別してお届けできるという一点に尽きます。産地やメーカーから出荷される干物はどうしても商品がかたよってしまいます。 築地ですとより良い干物をお届けできるように厳しい選別をします。同じ種類の干物でもより美味しい、手当が丁寧な製造者の干物を選びます。 干物セット発売当初は8000円セットが一番高い商品だったのですが、8000円と5000円に入っている干物を合わせたセットを売って欲しいというお客さまからのご要望にお応えし、10000円セットを作りました。それだけに胸をはって誇れる最高の干物を選びました。 このセットの看板の干物は、高級魚「のどぐろの開き」と「キンキの開き」になります。のどぐろはマグロのトロを超える脂の含有量があり、焼きながら湧き出てくる黄金色の脂に驚くでしょう。キンキは大型の魚で、身の厚みがあるがっちりとした魚です。どちらも白身系の干物ですが、のどぐろがジューシーな味わいに対して、キンキはふっくら香りがある身の味わいです。 定番の「キンメダイ」や「関の鮮サバ」、「柳カレイ一夜干し」についで、超大型の「ホッケの開き」が入ります。今や大型の縞ホッケは珍しくなりました。居酒屋さんでもこれだけ大きなホッケは出てこないと思います。 これだけ多種多様な魚を原料として、かつ素晴らしい製造者の仕立てによって美味しい干物ができています。贈り物だけではなくご自宅でお食事される干物好きな方に、絶対の自信をもってお届けできるセットです!

築地魚群 しらす干し 国産 300g

Amazon

1,166

築地魚群 しらす干し 国産 300g

国産のしらすです。 築地に入荷するしらすは、静岡、名古屋、兵庫からです。しらすはほぼ一年中水揚げされ、各漁港近くの加工屋にて釜揚され干されます。 しらすとちりめんじゃこは、カタクチイワシ(時期によりマイワシ、ウルメイワシが混じります)を茹でたものです。乾燥度の違いにより、しらす、か、ちりめんじゃこになります。よく乾燥してある方が、ちりめんじゃこになります。 しっとりとしている方が、しらす干しになります。保存料も使用せず、塩だけの味付けです。シンプルでいて旨い、いい魚です。 しらすやちりめんじゃこってハズレが少ない商品です。普通に旨い。そもそも上物と普通のしらす自体そんなに価格差がありません。価格差は味というよりも、見た目の違いだけなんです。一般に白っぽくて一尾一尾が小さいしらすや、小さいエビなどの混じり物がないしらすは、見た目がよいので値段が高いです。乾物の競り人に聞きましたから本当です。私は形が悪くても味が変わらないのであれば、安い方を売ります。この店のコンセプトが「毎日魚を食べてほしい」だからです。安いからといって品質が悪いものではありませんので、安心してご注文ください。

築地魚群 干物セット8000円

Amazon

8,640

築地魚群 干物セット8000円

築地には日本全国から安くて美味しい干物がたくさん入荷されます。 私が是非召し上がって頂きたいこの時期にあった美味しい干物8,000円分をセットにしました。 魚のギフトセットとしてお中元やお歳暮など、お祝い・贈答用にお使いください。もちろん、ご自宅での普段用でもご満足いただけると思います。 8000円のご予算ですと普段は手に入らない素晴らしい干物をお送りできます。 干物の中でも脂の含有量ダントツ1番の「のどぐろの開き」です。別名アカムツという魚です。この魚は不思議な魚で、干物を焼いているとどっから湧き出てくるのか分からないほど黄金色の脂が浮いてきます。身はその通りジューシーな味わいで、干物が好きな方にはキンキの開きと合わせて食べていただきたいです。 キンキは安定の美味しさで、大型のキンキは身が厚くふっくらしてます。のどぐろと同じ白身の魚なのに味わいがまた違います。 その他の魚は脇役ってことでもないですけど、ハタハタの醤油漬けは酒のおつまみに最適で、香ばしくて旨いです。秋田の県魚でして、神の魚と書いて鰰(ハタハタ)です。名前にふさわしい美味しさです。 「ツボダイの開き」は知る人ぞ知る「通の干物」でして、皮目の身のところが絶品です。我々の業界ですと商品の取り合いになります。在庫の確保が大変な魚で、それだけ業者からの引き合いの強い干物なんです。 全部思い入れがある干物ですので、説明が長くなってしまいます(笑)

築地魚群 マグロ3種の食べ比べセット

Amazon

7,350

築地魚群 マグロ3種の食べ比べセット

マグロの3種(ミナミマグロ中トロ、ビンチョウマグロのたたき、マグロのたたきガーリック風味)を食べ比べるセット商品です。 ・天然ミナミマグロの中トロは、マグロのお刺身の王道です。スーパーで売っているメバチマグロに比べると、ミナミマグロの味は濃く天然の魚体にノッた脂は口の中でスッと溶けます。蓄養マグロのベタッとした脂っこいトロが嫌いな方にぜひ食べてもらいたいです。 ・ビンチョウマグロのたたきは、一本釣りのトロビンチョウを炭火で炙ったものです。ビンチョウマグロは100円回転寿司の定番の寿司ネタとして有名になってきました。このトロビンチョウは特に脂のノッた魚を選別しています。柔らかい身のビンチョウが口の中で炭火の香ばしさとあいます。 ・マグロガーリックは上の2つのマグロに比べて、ちょっと変わった挑戦的な商品です。キハダマグロを原料にして炭火で炙るのですが、味付けにガーリックオイルと塩と黒胡椒をまぶしています。お醤油を付けずにそのまま食べます。口に入れるとガーリックの香りが鼻に抜けてピリッとからい黒胡椒がアクセントです。 それぞれ個性があって、どのマグロが美味しいか食べ比べていて楽しいです。私はビンチョウマグロの炙りが一番美味しいと思いますが、皆さんはどう思われるでしょうか?

築地魚群 うに 銀レベル 1箱

Amazon

14,800

築地魚群 うに 銀レベル 1箱

銀レベルのうにとしていますが、味は相当旨いです。老舗の寿司屋で使用されるグレードです。 うには産地や時期によって様々なグレードのものがありますが、分かりやすくざっくりと下記のように評価します。 ・最高級(金レベル)星のつく寿司屋で使用 ・次点(銀レベル)カウンターのある寿司屋の夜で使用 ・及第点(銅レベル)カウンターのある寿司屋のランチ用 ・落第(扱いません)チリや中国産の冷凍うに。もしくは生で入荷するが、うに一葉がペラッペラで味のないうに。100円回転寿司などで見られる冷凍うには食べるに値しません。元来、うには冷凍してしまうと食感と風味が大きく損なわれます。 産地は季節により北海道内を移動します。道東(十勝、釧路、厚岸、落石、根室)、道北(宗谷、稚内、利尻、礼文)道南に続きます。時期により岩手青森の三陸になります。その時期に一番美味しいうにをお届けします。 築地市場ではこのグレードのうにを「並びのうに」を呼んでいます。味も濃厚で甘みがあります。甘みのあとに口の中に濃厚な磯の香りが残ります。安いグレードのうには最初甘みが広がりますが、あとに濃厚な香りが残りません。そこが違いです。 このうにを「銀レベル」としていますが、ほとんどの方が食べたことがないと思います。まずグルメ系と言われている回転寿司屋では高すぎるため扱っていません。老舗の寿司屋で「お好みでうにを握って」といって出されるようなうにです。ランチ用の握りや海鮮丼としては使用されません。これが本物のうにだと言うに足る品質です。

築地魚群 ちりめんじゃこ 国産 300g

Amazon

1,814

築地魚群 ちりめんじゃこ 国産 300g

築地に入荷するちりめんじゃこは、静岡、名古屋、兵庫からです。しらすはほぼ一年中水揚げされ、各漁港近くの加工屋にて釜揚され干されます。 しらすとちりめんじゃこは、カタクチイワシ(時期によりマイワシ、ウルメイワシが混じります)を茹でたものです。乾燥度の違いにより、しらす、か、ちりめんじゃこになります。よく乾燥してある方が、ちりめんじゃこになります。 乾燥がすすんでいるちりめんじゃこは、魚の旨味がギュッとつまっています。保存料も使用せず、塩だけの味付けです。シンプルでいて旨い、いい魚です。 しらすやちりめんじゃこってハズレが少ない商品です。普通に旨い。そもそも上物と普通のしらす自体そんなに価格差がありません。価格差は味というよりも、見た目の違いだけなんです。一般に白っぽくて一尾一尾が小さいしらすや、小さいエビなどの混じり物がないしらすは、見た目がよいので値段が高いです。乾物の競り人に聞きましたから本当です。私は形が悪くても味が変わらないのであれば、安い方を売ります。この店のコンセプトが「毎日魚を食べてほしい」だからです。安いからといって品質が悪いものではありませんので、安心してご注文ください。

築地魚群 うに 金レベル 1箱

Amazon

19,800

築地魚群 うに 金レベル 1箱

私は築地市場のうにの競りをしていました。特にうには等級によって大きく味に違いがあります。ひどいものは不味くて食べられません。うには産地や時期によって様々なグレードのものがありますが、分かりやすくざっくりと下記のように評価します。 ・最高級(金レベル)星のつく寿司屋で使用 ・次点(銀レベル)カウンターのある寿司屋の夜で使用 ・及第点(銅レベル)カウンターのある寿司屋のランチ用 ・落第(扱いません)チリや中国産の冷凍うに。もしくは生で入荷するが、うに一葉がペラッペラで味のないうに。100円回転寿司などで見られる冷凍うには食べるに値しません。元来、うには冷凍してしまうと食感と風味が大きく損なわれます。 このうに(金レベル)は、築地で特に評価が高く一流の寿司屋で使われる最高グレードのものをお届けします。生産者は、小川浜中、小川商店、羽立水産などです。1箱で250-300gありますので、うに丼で食べるとすると3-5人前になります。一度でいいから最高級のうにを食べたい方はぜひお試しください。なめらかに口の中でとろける最高のうに、磯の香り、ふわっと溶ける旨味を堪能できます。(誇張ではありません) これ以上のうにはありません。築地市場には多い時で8000枚のうにが入荷されます。その中でも際立って評価の高いうにを、通販にてお届けします。お取り寄せできるうにの中で、一番のうにの中のうにと言えます。

こだわりの食品・スイーツのくさやとびうお、発売中!ご当地商品から海外お土産まで。世界各国・全国各地の食品・スイーツ。世界各国・全国各地のくさやとびうおをとりよせよう。美味しいものを産地直送で!

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、食品・スイーツをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい食品・スイーツが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「くさやとびうお」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ