「黄花シャクナゲ」 の関連商品を含む検索結果 3件

ピンクヒカゲツツジ 地掘大株 幅40cm内外 1本(入荷予定:2017年10月下旬頃)

全2商品

15,500

ピンクヒカゲツツジ 地掘大株 幅40cm内外 1本(入荷予定:2017年10月下旬頃)

世界中で、最もポピュラーな花木のひとつ「シャクナゲ」。赤、ピンク、白、紫、黄と多彩で豪華な花を枝先に着けます。 「ピンクヒカゲツツジ」は、日本産のシャクナゲには数少ない黄花系の花をつけるヒカゲツツジの桃花種。 姿も球形にまとまりやすい。 〔 商品性状につきまして 〕 ●ツツジ科の常緑低木 1~2m位に育ちます。 ●開花時期 3~4月頃 ●耐寒性 強 -30℃ ●栽培場所 日向~半日陰向き 〔 お届け商品につきまして 〕 ●上の写真は成長、開花、完成時のイメージ画像です。 ●お届けは、幅40cm内外の苗を、ビニールで根土部分を包みお届けいたします。到着後の植え付けをお願い致します。 ●こちらの商品は1株で送料を頂戴致します。複数注文や他商品と一緒にご注文頂きましても、別で御対応となり、送料も別で頂戴致します。★こちらの商品は、2017年5月下旬頃入荷となります。先行でご予約を頂き、入荷後に順次発送となります。 また、入荷数には限りがございますので、ご検討、お早めにお願い申し上げます。 尚、順次発送できる商品と一緒にご注文頂きました場合は、基本、ご注文商品揃いましてからの発送となります。分送を御希望の場合は、別途送料を頂戴させて頂き、分送対応とさせて頂きます。御理解くださいますようお願い申し上げます。

こちらの関連商品はいかがですか?

ハクサンシャクナゲ『ネモトシャクナゲ 4号』4739  t接ぎ木2年目です。商品画像は2017年8月10日撮影です。4号とついていますが他のネモトシャクナゲとの違いは親株が違うだけです。

富士園芸楽天市場店

3,980

ハクサンシャクナゲ『ネモトシャクナゲ 4号』4739 t接ぎ木2年目です。商品画像は2017年8月10日撮影です。4号とついていますが他のネモトシャクナゲとの違いは親株が違うだけです。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】m 【花期】4-5月 【撮影日】商品画像は2017年8月10日撮影です。 【商品説明】 福島県の県花に指定されている白山シャクナゲの八重咲き種。花が咲きにくいのと八重にならないことがあります。 福島県の県花は一般には『アヅマシャクナゲ』と思われている方が多いですが実際は『ネモトシャクナゲ(八重ハクサンシャクナゲ)』のことを言います。福島県のごく一部の標高の高い山に自生していますので、県内の方でもあまり馴染みのないシャクナゲです。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

ハクサンシャクナゲ『ネモトシャクナゲ 白花』4711 B接ぎ木2年目です。商品画像は2017年8月10日撮影です。咲き始めは蕾にうっすらとピンクが色が入るかもしれません。

富士園芸楽天市場店

9,800

ハクサンシャクナゲ『ネモトシャクナゲ 白花』4711 B接ぎ木2年目です。商品画像は2017年8月10日撮影です。咲き始めは蕾にうっすらとピンクが色が入るかもしれません。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】m 【花期】4-5月 【撮影日】商品画像は2017年8月10日撮影です。 【商品説明】 福島県の県花に指定されている白山シャクナゲの八重咲き種。花が咲きにくいのと八重にならないことがあります。本種はその白花個体です。 福島県の県花は一般には『アヅマシャクナゲ』と思われている方が多いですが実際は『ネモトシャクナゲ(八重ハクサンシャクナゲ)』のことを言います。福島県のごく一部の標高の高い山に自生していますので、県内の方でもあまり馴染みのないシャクナゲです。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

八重咲日本シャクナゲ『御岳牡丹』4714 接ぎ木2年目です。葉に少し傷あり。商品画像は2017年8月10日撮影です。

富士園芸楽天市場店

5,800

八重咲日本シャクナゲ『御岳牡丹』4714 接ぎ木2年目です。葉に少し傷あり。商品画像は2017年8月10日撮影です。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。八重咲日本シャクナゲシャクナゲ 『御岳牡丹』 画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】m 【花期】4-5月 【撮影日】商品画像は2017年8月10日撮影です。 【商品説明】 日本石楠花の中では自生分布が一番広く、本州に多いことから本石楠花と呼ばれている説があります。筑紫石楠花の変種で葉裏の毛が少ないものを言います。 開花期は東北南部の平地で4月中旬から下旬に開花します。伸びもよく暑さににも比較的強く盆栽や庭植として親しまれています。本種は御岳山近郊で発見されたといわれるホンシャクナゲの八重咲き個体ですが、八重咲というよりダブル咲き(花びらが2枚重なって咲く)です。 『立山桜』に比べ蕾の付きは良くないですが開花するとダブル咲になる完全八重咲個体です。『立山桜』や『御岳牡丹』が発見されたと言われる時代はまだ接ぎ木技術がなくシャクナゲは挿し木や実生で増殖していたため愛好家の手に渡るまではかなりの時間を要したようです。 ですので八重咲個体が世に広まるまでは幻のシャクナゲといわれなかなか手に入れることができずお値段も目が飛び出すほど高価なものだったそうです。現在は接ぎ木技術が発達し昔に比べお手軽な価格で入手できるようになりました。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします...

シャクナゲ『後光の花』E8-4 4831 接ぎ木2年目です。 商品画像は2017年8月10日撮影です。

富士園芸楽天市場店

12,800

シャクナゲ『後光の花』E8-4 4831 接ぎ木2年目です。 商品画像は2017年8月10日撮影です。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。商品名:シャクナゲ『後光の花』 画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像 【詳細】ツツジ科 【規格】接木2年、鉢サイズ、5号鉢 【花期】4-5月 【撮影日】商品画像は2017年8月10日撮影です。 【商品説明】 交配で生まれた八重咲のシャクナゲです。咲き始めは淡いピンク系ので開花が進むにつれクリーム色になっていきます。蕾1つでもボール咲になりやすく、数多くある八重咲の中でもなかなか品種かと思います(好みがありますので個人的に)。交配で生まれた八重咲のシャクナゲです。咲き始めは淡いピンク系ので開花が進むにつれクリーム色になっていきます。蕾1つでもボール咲になりやすく、数多くある八重咲の中でもなかなか品種かと思います(好みがありますので個人的に)。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

アヅマシャクナゲ『只見シャクナゲ(只見美人)』4923 B3-4 商品画像は2017年8月10日撮影です。接ぎ木2年目です。

富士園芸楽天市場店

5,980

アヅマシャクナゲ『只見シャクナゲ(只見美人)』4923 B3-4 商品画像は2017年8月10日撮影です。接ぎ木2年目です。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。商品名:アヅマシャクナゲ『只見シャクナゲ(只見美人)』 画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.m 【花期】4-5月 【撮影日】商品画像は2017年8月10日撮影です。 【商品説明】 福島県と新潟県境の奥只見山系の極狭い地域に生息しアズマシャクナゲと呼ばれておりましたが葉の裏にほとんど毛がなく、地域では古来から別名「只見石楠花」と呼んでいます。アズマシャクナゲとホンシャクナゲか白山シャクナゲの自然交雑により生まれたものかと思います。 本種はその只見シャクナゲの中でもでも花色、咲き方が良いものを選別、接木により増殖したものです。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

ハクサンシャクナゲ『ネモトシャクナゲ 3号』4757 B1-13 春接ぎ苗です。商品画像は2017年8月10日撮影です。3号とついていますが他のネモトシャクナゲとの違いは親株が違うだけです。

富士園芸楽天市場店

3,980

ハクサンシャクナゲ『ネモトシャクナゲ 3号』4757 B1-13 春接ぎ苗です。商品画像は2017年8月10日撮影です。3号とついていますが他のネモトシャクナゲとの違いは親株が違うだけです。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】m 【花期】4-5月 【撮影日】商品画像は2017年8月10日撮影です。 【商品説明】 福島県の県花に指定されている白山シャクナゲの八重咲き種。花が咲きにくいのと八重にならないことがあります。 福島県の県花は一般には『アヅマシャクナゲ』と思われている方が多いですが実際は『ネモトシャクナゲ(八重ハクサンシャクナゲ)』のことを言います。福島県のごく一部の標高の高い山に自生していますので、県内の方でもあまり馴染みのないシャクナゲです。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

ヤクシマシャクナゲ『屋久姫』E8-5 4859 接ぎ木2-3年物です。 商品画像は2017年8月10日撮影です。

富士園芸楽天市場店

3,980

ヤクシマシャクナゲ『屋久姫』E8-5 4859 接ぎ木2-3年物です。 商品画像は2017年8月10日撮影です。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。ヤクシマシャクナゲ『屋久姫』 (画像1枚目/商品画像:画像2枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.0m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.0m 【花期】4-5月 【撮影日】商品画像は2017年8月10日撮影です。 【商品説明】 ヤクシマシャクナゲは屋久島のに自生するシャクナゲです。葉裏に綿毛が多いのが特徴的で海外の愛好家も多いと聞きます。寒さ暑さに大変強く日本全土で容易に栽培可能です。 咲き初めは淡いピンクですが開花が進むにつれ色が抜けていきます。 他のシャクナゲに比べ退色が早いです。 本種はそのなかでも最も小葉で大きくなりにくい品種です。庭植よりは鉢で育てて鑑賞するのがよいのではと思います。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

シャクナゲ『ALL GOLD』4863 商品画像は2017年8月10日撮影です。接ぎ木1年物です。B5-3 画像は葉は緑がキレイに抜けた時の様子です。お送りする苗は緑の個所があります。

富士園芸楽天市場店

9,800

シャクナゲ『ALL GOLD』4863 商品画像は2017年8月10日撮影です。接ぎ木1年物です。B5-3 画像は葉は緑がキレイに抜けた時の様子です。お送りする苗は緑の個所があります。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。商品名:シャクナゲ『ALL GOLD』 画像1枚目/葉のイメージ:画像2枚目/商品画像の葉の様子:画像3枚目/商品画像の葉の様子 【詳細】ツツジ科 【規格】接木1年物です。 【花期】4-5月 【撮影日】商品画像は2017年8月10日撮影です。 【商品説明】 海外から苗を取り寄せ接ぎ木したものです。秋まで黄色い葉の状態が残ります。秋ころになると少し黄緑色になります。画像のように緑の個所があるはもありますが葉のすべてが黄色になることも多いです。暑さにはそこそこ強いですが夏の西日は弱く葉が焼けやすいので注意が必要です。遮光50%前後で管理すると葉焼けは起きにくいです。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

ヤクシマシャクナゲ『牛若丸』D3 4802 接ぎ木3-4年ものです。 商品画像は2017年6月24日撮影です。

富士園芸楽天市場店

7,800

ヤクシマシャクナゲ『牛若丸』D3 4802 接ぎ木3-4年ものです。 商品画像は2017年6月24日撮影です。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。ヤクシマシャクナゲ『牛若丸』 (画像1枚目/葉の様子:画像2枚目/商品画像 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.0m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.0m 【花期】4-5月 【撮影日】2017年6月24日 【商品説明】 ヤクシマシャクナゲは屋久島のに自生するシャクナゲです。葉裏に綿毛が多いのが特徴的で海外の愛好家も多いと聞きます。寒さ暑さに大変強く日本全土で容易に栽培可能です。 咲き初めは淡いピンクですが開花が進むにつれ色が抜けていきます。 他のシャクナゲに比べ退色が早いです。 本種はそのなかでも最も小葉で大きくなりにくい品種です。庭植よりは鉢で育てて鑑賞するのがよいのではと思います。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

シャクナゲ『後光の花』B1-11 4941 接ぎ木1年目です。蕾付きです 2017年9月8日撮影です。

富士園芸楽天市場店

12,800

シャクナゲ『後光の花』B1-11 4941 接ぎ木1年目です。蕾付きです 2017年9月8日撮影です。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。商品名:シャクナゲ『後光の花』 画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像 【詳細】ツツジ科 【規格】接木2年、鉢サイズ、5号鉢 【花期】4-5月 【撮影日】商品画像は2017年8月10日撮影です。 【商品説明】 交配で生まれた八重咲のシャクナゲです。咲き始めは淡いピンク系ので開花が進むにつれクリーム色になっていきます。蕾1つでもボール咲になりやすく、数多くある八重咲の中でもなかなか品種かと思います(好みがありますので個人的に)。交配で生まれた八重咲のシャクナゲです。咲き始めは淡いピンク系ので開花が進むにつれクリーム色になっていきます。蕾1つでもボール咲になりやすく、数多くある八重咲の中でもなかなか品種かと思います(好みがありますので個人的に)。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

八重咲日本シャクナゲ『御岳牡丹』4938 B1-8 接ぎ木1年目です。 蕾付きです。株いいです。 2017年9月8日撮影です。

富士園芸楽天市場店

3,980

八重咲日本シャクナゲ『御岳牡丹』4938 B1-8 接ぎ木1年目です。 蕾付きです。株いいです。 2017年9月8日撮影です。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。八重咲日本シャクナゲシャクナゲ 『御岳牡丹』 画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】m 【花期】4-5月 【撮影日】2017年9月8日撮影です。 【商品説明】 日本石楠花の中では自生分布が一番広く、本州に多いことから本石楠花と呼ばれている説があります。筑紫石楠花の変種で葉裏の毛が少ないものを言います。 開花期は東北南部の平地で4月中旬から下旬に開花します。伸びもよく暑さににも比較的強く盆栽や庭植として親しまれています。本種は御岳山近郊で発見されたといわれるホンシャクナゲの八重咲き個体ですが、八重咲というよりダブル咲き(花びらが2枚重なって咲く)です。 『立山桜』に比べ蕾の付きは良くないですが開花するとダブル咲になる完全八重咲個体です。『立山桜』や『御岳牡丹』が発見されたと言われる時代はまだ接ぎ木技術がなくシャクナゲは挿し木や実生で増殖していたため愛好家の手に渡るまではかなりの時間を要したようです。 ですので八重咲個体が世に広まるまでは幻のシャクナゲといわれなかなか手に入れることができずお値段も目が飛び出すほど高価なものだったそうです。現在は接ぎ木技術が発達し昔に比べお手軽な価格で入手できるようになりました。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします...

ホンシャクナゲ『立山桜×オンタケ牡丹』5032 F 2商品画像は2017年8月後半撮影です。ホンシャクナゲの八重咲の交配ですが一重咲きですのでセール品です。株はしっかりしていてお勧めです。

富士園芸楽天市場店

2,980

ホンシャクナゲ『立山桜×オンタケ牡丹』5032 F 2商品画像は2017年8月後半撮影です。ホンシャクナゲの八重咲の交配ですが一重咲きですのでセール品です。株はしっかりしていてお勧めです。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/葉の様子:画像2枚目/商品画像 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.30m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.30m 【花期】4-5月 【撮影日】商品画像は2017年8月後半撮影です。 【商品説明】日本石楠花の中では自生分布が一番広く、本州に多いことから本石楠花と呼ばれている説があります。筑紫石楠花の変種で葉裏の毛が少ないものを言います。開花期は東北南部の平地で4月中旬から下旬に開花する。伸びもよく暑さににも比較的強く盆栽や庭植として親しまれています。※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

人気の植木の黄花シャクナゲ、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵なお庭を演出してくれる植木。ガーデニングが素敵になる黄花シャクナゲが見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい植木が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「黄花シャクナゲ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ