「山野草販売」 の関連商品を含む検索結果 4件

(山野草)ハマユウ(ハマオモト)(浜木綿)4号(お買い得3ポットセット)

charm 楽天市場店

2,020

(山野草)ハマユウ(ハマオモト)(浜木綿)4号(お買い得3ポットセット)

※成長状態により出荷サイズには差異がございます。また、1ポットあたりのボリュームも異なる場合がございます。※株分け、植え替え後の場合がございます。※こちらの商品は苗での販売となっております、開花までに数年育成が必要となります、ご了承の上お買い求め下さい。大きく白い花を咲かせます!温暖な地域の海岸の乾燥した砂地や崖に生えるヒガンバナ科の植物です。成長が緩やかで、葉の形がオモトに似ている事からハマオモトの別名があります。草丈は50~100cm程に成長します。主な生育地は関東~西日本の太平洋側の砂浜や崖などで自生してものを見ることができ、開花は7月~8月が見ごろです。本種は淡水で栽培している為、海水に慣れていません。海水に植えつけてしまうと、枯れる恐れがあります。予めご了承ください。 ハマユウ(ハマオモト)(3ポット)商品サイズ(約)●鉢(ポット)径 :12cm ※入荷状況や、生長度合いにより高さは異なります。画像はあくまでも目安としてご覧ください。鉢の種類ビニールポット学名Crinum asiaticum var.japonicum別名ハマオモト販売形態苗 (開花までに数年育成が必要となります。)分類ヒガンバナ科ハマオモト属園芸分類耐寒性多年草(宿根草)原産地日本開花時期7月~9月置き場所日当たりがよく、水はけのいい場所が適しています。水やり土が乾いてきたら水を与えてください。ご注意※画像はイメージです。お届け時期により草丈や花の有無は異なります。お届けする苗の状態について※ハウス内で管理された苗のお届けとなる場合がございます。加温されている為、開花期・成長状態等が一般的な季節よりずれてしまう場合がございます。ビバリウム・テラリウムで苔をご使用になる場合の注意点冬期の配送について冬期は配送時に植物が凍ってしまう恐れがあるため...

山菜苗:チョロギ 種芋1kg

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

5,346

山菜苗:チョロギ 種芋1kg

【こちらの種芋を食用にと検討中のお客様へ】 こちらの商品は種芋として販売しておりますが、食用にして頂いてもかまいません。実際に当店スタッフも食べております。ただし、あくまで当店では植物苗として販売しているため、食品としての姿形は保証できませんのでご了承くださいませ。 ※若干芋が欠けていたり、傷がついている場合がございますが、種芋としては問題ございません。 ●商品情報 【山菜苗】【野菜苗】【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【切り花向き】【おせちの材料】 商品名:チョロギ(ちょろぎ) 和名:長老木、長老喜、長老貴、千代呂木 別名:チョウロギ 学名:Stachys sieboldii Miq. 花言葉:楽しい人生 ●商品説明 中国原産のシソ科の多年草の植物です。この根にできる塊茎部分が食用とされています。その形は、ソフトクリームの様な不思議な形。くるくると巻貝のようでとてもユニークです。その姿より漢方の生薬としては「草石蚕(ソウセキサン)」と呼ばれ、強壮作用、鎮咳作用があるそうです。 名前の由来は様々あり、中国語の「朝露葱」が日本語読みされた説や、韓国語でミミズを意味する「チョロンイ」から、など諸説あります。また長寿の縁起ものとして、「長老木」、「長老喜」、「千代呂木」などめでたい漢字があてられ、おせち料理に用いられています。 おせちには赤く梅酢で染められ華やかなチョロギですが、元の色は白色です。 このように漢字で長寿の縁起ものとして表されていますが、京都薬科大学の山原教授の研究で、チョロギに脳細胞を活発にする成分が含まれることが分かり、脳梗塞や痴呆症に効果があるといわれています。また、体温を下げる効果等さまざまな効用を持つ健康野菜として、近年注目される人気の食材です。 ●草丈 30~60cm程 ●科名/属名 ...

こちらの関連商品はいかがですか?

山野草:サキガケアヤメ (魁文目) 15cmポット3株植え苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

1,425

山野草:サキガケアヤメ (魁文目) 15cmポット3株植え苗

●商品情報【山野草】【耐寒性多年草】【茶花】【切り花向き】【庭植え向き】 商品名:サキガケアヤメ(さきがけあやめ) 和 名:魁文目 ●商品説明 通常の青花アヤメよりも先駆けで咲くため、この名がつけられました。 アヤメとサキガケアヤメの違いは草丈。条件が良いとサキガケアヤメはアヤメの倍1m以上にまで成長します。 初夏にスッと細い葉を伸ばし、先端に青い蕾を付けます。このつぼみ姿も涼を誘います。花色もアヤメより濃い青です。 ●草丈 40cm~1m ●科/属名 アヤメ科アヤメ属 ●特性 多年草 ●開花時期 5~7月 ●植え付け適期 涼しくなった秋か、早春 真夏の植え替えは避けましょう。 ●管理場所 日向(猛暑の地域の場合は午前中だけ陽があたるような半日陰) ●育て方 *庭植えの場合* 日当たりの良い場所に植えます。 丈夫な植物なので、適地に根付けば後は手間いらずで栽培は容易です。 株間は30cm以上あけます。鉢植えに比べて丈夫に育ちやすいため、1年目は葉が少なく寂しいかもしれませんが、2年後には見ごたえがある株に育ちます。 *鉢植えの場合* 日当たりの良い場所で管理しましょう。 風通しの良い場所を好みます。 水はけがよく通気性の良い土が適しています。 根ぐされを起こしやすいので、気をつけましょう。 *鉢植えの水やり* 表土が乾いたらたっぷりとあげましょう。 休眠期中は多少乾き気味でも良いでしょう。 *肥料* 3月と秋に置き肥

山菜苗:フキノトウ(蕗の薹) 12cmポット5芽仮植え苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

1,663

山菜苗:フキノトウ(蕗の薹) 12cmポット5芽仮植え苗

フキとフキノトウって何が違うの? フキは春に収穫を迎える季節野菜として、昔から栽培されてきました。透き通るような淡い緑色と、さわやかな香りは食卓に色を添えてくれます。フキノトウは春の訪れを告げてくれる花のつぼみ。晩秋から翌早春までつぼみのままで春を待ちます。まだ雪が残るころ、あちらこちらで雪解けの合間からひょっこり顔を出す姿は待ちわびた春の息吹を感じ、思わず顔がほころびます。このフキノトウは東北北部では熊が冬眠から覚めた際、目を覚ますために食すといわれています。この苦味が熊をも目覚めさせるようです(笑)フキとフキノトウの何が違うの?というと、同じ根っこでつながった葉っぱ(フキ)と花(フキノトウ)です。フキノトウは成長してもフキにはならないのです。 フキノトウが先に顔を出し→花を咲かせ→薹(とう)が立ち→枯れます。 フキノトウは花が咲いた後、茎がそのまま20cm~40cmほどまで伸び、やがて茎は枯れて絶えていきます。 その後株元からフキの葉が出始め、葉茎を長く生長させながら丸い葉を広げます。 地植えの場合30~60cmほどになりますが、条件が合うと1mほどまで生長する場合もあります。 細い地下茎は数年で3本以上生長し、それぞれ7~8節伸びます。春には各節からフキノトウが顔を出し、その後フキが出てきます。栽培品種として、愛知県の「愛知早生フキ」、野生種では「山フキ」や秋田県に多く自生する大型の「アキタフキ」などがあります。 春の味 フキノトウはほろ苦さとさわやかな香りが特徴の食材です。東北地方では、細かく刻んで味噌に混ぜ、「ばっけ味噌」を作ります。炊き立てのご飯にとっても合う春のおかずです。 その他、天ぷらやおみそ汁の具材にも利用されます。天ぷらにする際は、半分に割るように切ってから衣をつけ揚げるとサクサク触感が楽しめます...

山野草:ウスバサイシン (薄葉細辛) 9cmポット苗20ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

8,527

山野草:ウスバサイシン (薄葉細辛) 9cmポット苗20ポットセット

●商品説明 地表近く葉陰に小ぶりな花をつけ、一見地味ですが姿形は上品な植物です。名前の由来は、「薄葉(ウスバ)」は葉の厚さが薄いこと、「細辛(サイシン)」は薬用とされる根が細く辛味があることからついたようです。 ウスバサイシンは姫岐阜蝶(ヒメギフチョウ)の餌としても有名で、この葉にしか卵を産み付けないことから、蝶を育てている方達には大事な植物のようです。幼虫はウスバサイシンの葉・茎・花まですべて食べ丸裸にしてしまいますが、翌年も元気に芽を出すようです。自然界の絶妙なバランスとしてお互いなくてはならない存在なのでしょうか。様々な特徴があり魅力的な花です。 ●草丈 10~15cm ●科/属名 ウマノスズクサ科カンアオイ属 ●特性 多年草 ●開花時期 3月~5月 ●育て方 *管理場所* 半日陰の湿り気のある場所 *庭植えの場合* 林のようなやや暗い場所、湿った土を好みます。 通年50%以下の遮光下で育てます。 (※庭植えにすると花が見えにくくなります。) *鉢植えの場合* 通年50%以下の遮光下で育てます。 植え替えは株が混んできたころ、2年に1度秋にします。 水はけの良い用土を使い、高さ・通気性のある鉢を選び植え付けます。 花が見えにくいので、高植えにするのをお勧めします。 *鉢植えの水やり* 水が好きです。水切れ・乾燥に注意します。 蕾をつけた冬~春の間は湿度を高く保つと花が大きく開きます。 *肥料* 肥料好きです。 植え付け時に元肥、秋に置き肥。

送料無料
山野草:フキタンポポ[カントウヨウ] 9cmポット10芽付き仮植え苗40ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

15,206

山野草:フキタンポポ[カントウヨウ] 9cmポット10芽付き仮植え苗40ポットセット【送料無料】

●商品説明 写真のような黄色い花が10個以上咲くつぼみ付きの株を9cmポットに仮植してお送りします。 ●商品説明 近年、正月の花として話題の「フキタンポポ」。 正月の花代表格の「福寿草」に比べ、育てやすく丈夫な植物です。 春(正月)に咲き、その後タンポポの様に綿毛をつけ、フキのような葉を出します。 関西でも栽培は可能です。暑い地方の場合は、日向ではなく半日陰がいいでしょう。 ●成長サイクル 冬【固いつぼみの状態】→春【開花】→初夏【綿毛】→夏【フキに似た葉が茂ります】→晩夏【葉が枯れ始めます】→秋【葉が枯れ休眠に入ります】 ●科/属名 キク科フキタンポポ属 ●特性 多年草 ●開花時期 1~4月(関東方面は1月から咲きだします。寒い地方は雪解け後です) ●管理場所 日向~半日陰 ●育て方 風通しの良い日向で管理します。水はけが良い場所を好みます。株が大きくなりやすいので、1~2年に一度植え替えをしましょう。 地植えの場合、植え付けから1週間は水やりをしましょう。その後は雨水で十分です。鉢(ポット苗)で栽培する場合は、鉢を持ち上げてて軽かったらあげる程度でいいでしょう。

山野草の苗/日本サクラソウ(桜草)八重咲き:花小町3号ポット

園芸ネット プラス

915

山野草の苗/日本サクラソウ(桜草)八重咲き:花小町3号ポット

たいへん珍しい、八重咲きの日本桜草です。おしべが弁化することにより八重咲になったもので、従来の品種にはない賑やかさがあります。一つの株の中に八重の度合いが強い花と、弱い花が混じって咲くことがあります。またその年の生育状況によっても八重の咲き具合が違う場合がありますので、ご了承くださいませ。栽培管理の仕方は他の桜草と同じです。花小町は、表白裏赤抱え咲、八重率の高い品種です。タイプ:サクラソウ科の耐寒性宿根草花期:4~5月草丈30~40cm植え付け適期:10月~3月用途:鉢植え、庭植え栽培方法:お届け後、一回り大きな鉢に植え替えてください。用土は保水性、排水性のよいものを用います。赤玉土、鹿沼土、腐葉土などの混合用土が適しています。置き場所は日当り、風通しが良く、夏期は半日陰となる場所が適しています。植え替え時に元肥を施してください。必要に応じて成長期に控えめに液肥を与えます。水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。花後に根茎が地表に伸び出し、露出してきた時に、それが隠れるように表面に用土を足してください(この作業を『増し土』といいます)。鉢植えの場合は毎年冬季に植え替えると良いでしょう。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット入りです。冬季は地上部がなくなります。土中に根があり発芽準備をしていますので、水を切らさないように管理してください。写真は成長・開花時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。日本サクラソウ(桜草)八重咲き:花小町3号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

山野草の苗/日本サクラソウ(桜草)八重咲き:桃の舞3号ポット

園芸ネット プラス

915

山野草の苗/日本サクラソウ(桜草)八重咲き:桃の舞3号ポット

珍しい、八重咲きの日本桜草です。おしべが弁化することにより八重咲になったもので、従来の品種にはない賑やかさがあります。 一つの株の中に八重の度合いが強い花と、弱い花が混じって咲くことがあります。またその年の生育状況によっても八重の咲き具合が違う場合がありますので、ご了承くださいませ。栽培管理の仕方は他の桜草と同じです。桃の舞は、表桃底白です。タイプ:サクラソウ科の耐寒性宿根草花期:4~5月草丈30~40cm植え付け適期:10月~3月用途:鉢植え、庭植え栽培方法:お届け後、一回り大きな鉢に植え替えてください。用土は保水性、排水性のよいものを用います。赤玉土、鹿沼土、腐葉土などの混合用土が適しています。置き場所は日当り、風通しが良く、夏期は半日陰となる場所が適しています。植え替え時に元肥を施してください。必要に応じて成長期に控えめに液肥を与えます。水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。花後に根茎が地表に伸び出し、露出してきた時に、それが隠れるように表面に用土を足してください(この作業を『増し土』といいます)。鉢植えの場合は毎年冬季に植え替えると良いでしょう。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット入りです。冬季は地上部がなくなります。土中に根があり発芽準備をしていますので、水を切らさないように管理してください。写真は成長・開花時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですのでご了承ください。日本サクラソウ(桜草)八重咲き:桃の舞3号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

山野草:タチツボスミレ(立壺菫) 9cmポット苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

475

山野草:タチツボスミレ(立壺菫) 9cmポット苗

●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【グラウンドカバー】 商品名:タチツボスミレ(たちつぼすみれ) 和名:立壺菫 学名:Viola grypoceras ●商品説明 日本の春を代表する花といえば「スミレ」を思い浮かべる方も多いはず。日本には70種ほどのスミレが自生するといわれますが、その中でも代表するスミレがこの「タチツボスミレ」です。愛好者も多く、ごく身近に見ることができる親しみのある植物です。 名前の由来は、茎が地表に伸びて立ち上がるように成長するためです。ツボ(坪)とは庭を表し、身近なところで楽しむことかできる意味を持ち、タチ(立)は花盛りを過ぎると茎がだんだんと立ち上がってくるところからきています。 タチツボスミレとごく一般のスミレの違いは、この茎の立ち上がり。ごく一般のスミレは立ち上がらず成長します。長く伸びる茎は、最大で高さ20cm前後になります。高く伸びた後は、花後にできた種袋から小さな種を勢いよく弾き出します。自らが撒いたその種は、また葉を付け綺麗な花を咲かせるのです。 葉は薄く、きれいなハート形です。花は葉のつけ根に1輪ずつつき、直径1~2cmの薄紫色です。殖えやすく、群生しやすい。東北では花見の時期に脇道を見るとよく見かけることができ、花言葉にもある「ひかえめ」ながら「誠実」に放つ花色は薄い青紫。透き通るように美しい花姿で心落ち着く一時を感じられます。主張しすぎず上品な存在感のあるスミレは日本人に一番親しまれてきた花であり、今後も愛され続けることでしょう。 ●草丈 5~20cm程 ●科/属名 スミレ科スミレ属 ●特性 多年草 ●開花時期 3~5月 ●管理場所 日向~半日陰 (関東方面の温暖な地域では半日陰) ●育て方 *庭植えの場合* 日本の山地でよく見られる丈夫で育てやすい植...

山野草:白花アヤメ(文目) 10.5cmポット仮植え苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

831

山野草:白花アヤメ(文目) 10.5cmポット仮植え苗

●商品情報【山野草】【耐寒性多年草】【切り花向き】 通常の青花のアヤメの白花品種。栽培方法・開花時期・草丈は青花アヤメと変わりなく、花色だけが違います。 ●草丈 30~60cm ●科/属名 アヤメ科アヤメ属 ●特性 多年草 ●開花時期 5~7月 ●植え付け適期 涼しくなった秋か、早春 真夏の植え替えは避けましょう。 ●管理場所 日向(猛暑の地域の場合は午前中だけ陽があたるような半日陰) ●育て方 *庭植えの場合* 日当たりの良い場所に植えます。 丈夫な植物なので、適地に根付けば後は手間いらずで栽培は容易です。 株間は30cm以上あけます。鉢植えに比べて丈夫に育ちやすいため、1年目は葉が少なく寂しいかもしれませんが、2年後には見ごたえがある株に育ちます。 *鉢植えの場合* 日当たりの良い場所で管理しましょう。 風通しの良い場所を好みます。 水はけがよく通気性の良い土が適しています。 根ぐされを起こしやすいので、気をつけましょう。 鉢植えの場合は1株4号鉢以上、プランターの場合は株間は20cm以上あけましょう。 *鉢植えの水やり* 表土が乾いたらたっぷりとあげましょう。 休眠期中は多少乾き気味でも良いでしょう。 *肥料* 3月と秋に置き肥

山野草の苗/日本サクラソウ(桜草)八重咲き:里桜3号ポット

園芸ネット プラス

915

山野草の苗/日本サクラソウ(桜草)八重咲き:里桜3号ポット

八重咲きの日本桜草です。おしべが弁化することにより八重咲になったもので、従来の品種にはない賑やかさがあります。一つの株の中に八重の度合いが強い花と、弱い花(もしくは一重)が混じって咲くことがあります。またその年の生育状況によっても八重の咲き具合が違う場合がありますので、ご了承くださいませ。栽培管理の仕方は他の桜草と同じです。里桜は、薄桃丸弁です。タイプ:サクラソウ科の耐寒性宿根草花期:4~5月草丈30~40cm植え付け適期:10月~3月用途:鉢植え、庭植え栽培方法:お届け後、一回り大きな鉢に植え替えてください。用土は保水性、排水性のよいものを用います。赤玉土、鹿沼土、腐葉土などの混合用土が適しています。置き場所は日当り、風通しが良く、夏期は半日陰となる場所が適しています。植え替え時に元肥を施してください。必要に応じて成長期に控えめに液肥を与えます。水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。花後に根茎が地表に伸び出し、露出してきた時に、それが隠れるように表面に用土を足してください(この作業を『増し土』といいます)。鉢植えの場合は毎年冬季に植え替えると良いでしょう。写真は開花時のイメージです。お届け時は苗の状態です。冬季は地上部がなくなります。土中に根があり発芽準備をしていますので、水を切らさないように管理してください。日本サクラソウ(桜草)八重咲き:里桜3号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

山野草の苗/スミレ:彩雲(サイウン)2.5号ポット

園芸ネット プラス

380

山野草の苗/スミレ:彩雲(サイウン)2.5号ポット

マンジュリカの色変わり。薄いブルーで、マンジュリカでは珍しい花色です。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。 スミレの基本情報 学名:Violaタイプ:スミレ科スミレ属の耐寒性多年草草丈:10cm前後開花期:春用途:鉢植え、庭植え日照:日なた栽培方法:桜の咲く頃までは屋内の窓越しの日の当る場所か軒下で管理します。水は表土が乾いたらたっぷりと与えます。植え替え時期は、秋~冬の休眠期ですが、春の開花株を入手した際、根が詰まり気味のようであれば、花後、一回り大きな鉢に排水の良い土壌に植え替えます。庭植えの場合は半日陰となる樹木の下などに、鉢植えの場合は少し大きめの浅鉢に腐葉土などを混ぜた土で植えつけます。植え替え時に緩効性の化成肥料を与えます。花後と秋には化成肥料または有機肥料などを与えます。本来冷涼な気候を好むため、高温多湿には気をつけてください。夏は暑くならないように木陰で、風通しのよい場所にて管理します。株が込み合ってきたら春または秋に株分けします。ほとんどのスミレは、冬季地上部が枯れます。根が凍らないよう、鉢植えの場合には鉢の防寒を。庭植えの場合には、腐葉土などでマルチングをして防寒を。亜熱帯地域原産のスミレは、冬季は室内へ取り込み、5~7度は保てる場所で管理します。※写真はイメージです。スミレ:彩雲(サイウン)2.5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

山野草:黄花イカリソウ(黄花碇草)15cmポット苗

全2商品

534

山野草:黄花イカリソウ(黄花碇草)15cmポット苗

●商品説明 このまま鑑賞してもいいですし、そっと庭に植えつけても良いでしょう。大株は丈夫で庭植えにも最適です。 四方にツノのように突き出した花びらが特徴的な、とても可愛らしいお花です。この突き出したツノが船のイカリのように見えるため、この名前がつきました。『イカリ』と言うと、鉤(カギ)が二本あるものを想像しがちですが、昔の日本では四本鉤のものが主流だったので、『イカリソウ』と呼ぶのにぴったりの風貌だったのです。 黄花とは言っても、パッとした黄色ではなく淡いクリーム色に近い黄色です。大きくなればなるほど花付きもよくなります。大きさは20センチ~40センチほど。花の大きさは約2センチと、とても小さなものです。葉の下に花を咲かせるため、花をしっかり見るためには下からのぞきこむようにしなければなりませんが、身をかがめてでも見たくなるような、可憐なお花です。 イカリソウはとても種類が豊富で、日本国内外に数十種類あります。大まかに分けると、日本海側には黄花、太平洋側には桃花のイカリソウが自生していることが多いようです。 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】 ●背丈 20~40cm ●科/属名 メギ科イカリソウ属 ●特性 多年草 ●生育地 落葉広葉樹林(半日陰) ●開花時期 3月~5月 ●育て方 *管理場所* 半日陰 *庭植えの場合* 庭に植えれば、よっぽど乾燥することが無い限り水やりも不要。いつの間にか沢山増えるので、お世話を少々怠けても大丈夫。風通しの良い庭木の陰に植えましょう。 直射日光があたる場所では葉が焼けることがあるので注意してください。植え替えは、地上部が枯れる頃から新芽が出る前までの間に行うのが良いでしょう。 *鉢植えの場合* もともと樹木の陰になって生えているので、半日陰で管理しましょう。 ...

山野草の苗/ふき(蕗・ふきのとう)3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

1,121

山野草の苗/ふき(蕗・ふきのとう)3号ポット2株セット

雪どけとともにふっくらしたかわいい蕾が顔を出します。ふきのとうは蕗の花蕾で、雌花は白色、雄花は黄色で、大形の苞に包まれています。さわやかな緑色のフキは、ほろ苦さと香りが喜ばれ、春の日本料理に欠かせないもの。全国各地の山野で、半日陰のやや湿った土地に生えています。早春にまず花(フキノトウ)が出、その後に葉が出てきます。葉は葉柄が長く30から90cmにもなります。食用にするのはフキノトウと葉柄、葉で、いずれもほろ苦い野の味が楽しめます。タイプ:耐寒性多年草草丈:30cm日照:日向または半日陰向き栽培方法:丈夫で寒さにも強いので、一度植え付ければ毎年芽を出し増えてくれます。春か秋に地下茎を3~4節切り取り、土中に植え込みます。半日陰で湿り気のある場所を好むので、お庭の片隅や家の北側や家と塀の間などに植えておくのに最適です。利用方法:春先に出るフキノトウは花が開かないうちにホウごと摘み取り、フキ味噌、てんぷら、汁の実、煮物などに利用します。葉柄は十分に育ったら根元から切り取り、塩ずりしてたっぷりの熱湯で茹で、やわらかくなったら冷水にとってしばらく水にさらし、皮をむきます。煮物、フキご飯、佃煮などにご利用ください。(写真は早春のフキノトウのときのものです。フキノトウのあとは蕗の葉が出てきます)お届けする苗は直径9cmポット入り2株セットです。ふき(蕗・ふきのとう)3号ポット2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

山野草:タンナワレモコウ 9cmポット苗40ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

10,692

山野草:タンナワレモコウ 9cmポット苗40ポットセット

●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【盆花】【茶花】【矮性種】 商品名:タンナワレモコウ(たんなわれもこう) 和名:丹那吾亦紅、丹那吾木香 別名:耽羅吾亦紅 学名:Sanguisorba officinalis ●商品説明 韓国の済州島特産の矮性種です。「タンナ」とは済州島の古名です。 通常のワレモコウに比べ草丈が30cm程と低く花穂も小さめです。 冬は地上部が枯れて根の状態で越し春に再び芽を出して生長する多年草です。夏から秋にかけて茎の先端に小花がたくさん集まって卵形を成した花穂を付けます。花は渋い赤色でひかえめな花ですが、バラ科のためとても良い香りがします。花も次々と咲きだすため2週間ほどは楽しめます。 ●草丈 30~40cm ●科/属名 バラ科ワレモコウ属 ●特性 多年草 ●開花時期 8~9月 ●植え付け適期 春か秋 ※真夏の植え付け(植え替え)は避けましょう。 夏に植え付ける場合はポット(鉢)苗のまま花を楽しんだ後、花茎を切り落とし、土をなるべく崩さずに植え替えましょう。その後根付くまで1週間程はたっぷりと水やりをして下さい。 ●管理場所 水はけの良い日向 ●育て方 日当たりの良い場所を好みます。暑さにも寒さにも強く、初心者にも育てやすい植物です。やや湿り気のある肥沃な土を好みますので、山野草の培養土に腐葉土を適量混ぜて用いるとよいでしょう。 水やりは、土の表面が乾いたら与えましょう。水切れは厳禁です。夏の水切れを避けるために、株元にマルチングをしてもよいでしょう。 丈夫な野草のイメージがありますが、肥料好きな植物です。地上部が枯れる秋までは、月3回程度草花に与えるのと同じ濃度の液体肥料か、3ヶ月置きに置き肥を与えます。しかし、あまり多肥にすると...

送料無料
山野草:タチツボスミレ(立壺菫) 9cmポット仮植え苗40ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

15,206

山野草:タチツボスミレ(立壺菫) 9cmポット仮植え苗40ポットセット【送料無料】

●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【グラウンドカバー】 商品名:タチツボスミレ(たちつぼすみれ) 和名:立壺菫 学名:Viola grypoceras ●商品説明 日本の春を代表する花といえば「スミレ」を思い浮かべる方も多いはず。日本には70種ほどのスミレが自生するといわれますが、その中でも代表するスミレがこの「タチツボスミレ」です。愛好者も多く、ごく身近に見ることができる親しみのある植物です。 名前の由来は、茎が地表に伸びて立ち上がるように成長するためです。ツボ(坪)とは庭を表し、身近なところで楽しむことかできる意味を持ち、タチ(立)は花盛りを過ぎると茎がだんだんと立ち上がってくるところからきています。 タチツボスミレとごく一般のスミレの違いは、この茎の立ち上がり。ごく一般のスミレは立ち上がらず成長します。長く伸びる茎は、最大で高さ20cm前後になります。高く伸びた後は、花後にできた種袋から小さな種を勢いよく弾き出します。自らが撒いたその種は、また葉を付け綺麗な花を咲かせるのです。 葉は薄く、きれいなハート形です。花は葉のつけ根に1輪ずつつき、直径1~2cmの薄紫色です。殖えやすく、群生しやすい。東北では花見の時期に脇道を見るとよく見かけることができ、花言葉にもある「ひかえめ」ながら「誠実」に放つ花色は薄い青紫。透き通るように美しい花姿で心落ち着く一時を感じられます。主張しすぎず上品な存在感のあるスミレは日本人に一番親しまれてきた花であり、今後も愛され続けることでしょう。 ●草丈 5~20cm程 ●科/属名 スミレ科スミレ属 ●特性 多年草 ●開花時期 3~5月 ●管理場所 日向~半日陰 (関東方面の温暖な地域では半日陰) ●育て方 *庭植えの場合* 日本の山地でよく見られる丈夫で育てやすい植...

山野草の苗/[実付き]ヤブコウジ(十両):大実ヤブコウジ日達丸(ひたちまる)3号ポット

園芸ネット プラス

801

山野草の苗/[実付き]ヤブコウジ(十両):大実ヤブコウジ日達丸(ひたちまる)3号ポット

和風庭園の下草などに使われるヤブコウジ。葉の美しさ、実の愛らしさは和風のみならず洋風のガーデンにもぴったりです。鉢植えやグラウンドカバーとしておすすめです。この品種は北海道原産のヤブコウジです。9月初旬現在実つき、これからだんだん赤く色づき、クリスマスシーズンのディスプレイにもぴったりの実ものです。写真は開花・成長時のイメージです。タイプヤブコウジ科の耐寒性常緑低木栽培適地北海道南部以南樹高20~40cm開花期5~6月結実期1月日照半日陰むき栽培方法:日陰から半日陰で風通しの良い場所(風媒で受粉するため)に植えてください。排水のよい土を好みます。強い日にあたると葉やけを起こしますので注意してください。短く剪定して樹形を整えるのであれば5~6月頃が適していますが、新芽に花が付くので、剪定した場合はこの年は実は付きません。枝は伸びやすいので懸崖鉢など背の高い鉢やハンギングにすると良いでしょう。肥料は春、秋の年2回、緩効性肥料などを与えてください。実生、挿し木によりふやすことができます。[実付き]ヤブコウジ(十両):大実ヤブコウジ日達丸(ひたちまる)3号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

人気ガーデニング用苗の山野草販売、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する様々な植物の苗。ガーデニングが素敵になる山野草販売が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい苗が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「山野草販売」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ