「野菜のタネ」 の検索結果 2,319件

【サカタのタネ】【大根】 冬みね (サカタのタネ)8000粒袋【野菜の種】

e-たねや

11,010

【サカタのタネ】【大根】 冬みね (サカタのタネ)8000粒袋【野菜の種】

2〜3月どり、暖地露地越冬用の青首ダイコン  【大根】 冬みね (サカタのタネ) 特長    1. 晩抽系の青首ダイコンであり、品質、外観とも秋系大根にちかく、ス入りも遅い。3月下旬くらいまでは抽だいの心配なく収穫できます。 2. やや黒葉のつまり葉、とくに耐寒性が強く、暖地無霜地帯での密植型露地越冬栽培および温暖地の霜よけトンネル栽培に最適です。 3. 根部は根長37、根径7で肌にテリがあり、尻部の肉づきがよいです。 4. 首部内部の青肉になりにくいです。 適応性  とくに暖地無霜地帯の露地越冬栽培に向いており、この作型では10a当たり10,000本以上の密植栽培になります。播種は9月下〜10月中旬で、収穫が2月上〜3月中旬となる。 また温暖地の霜よけトンネル栽培は9月下〜10月中旬に播種し、途中12月に入って霜が降りるころにすそ換気の霜よけトンネルをかけます。収穫は1月中〜2月下旬となり、秋ダイコンと春ダイコンのつなぎ役となり  タネまき〜植えつけ  畝間45〜50、株間20ぐらいの1条畝が標準となり、極密植栽培になります。 施肥  堆廐肥は前作のときに入れておきます。十分分解させないと岐根の原因となるので注意します。苦土石灰は10a当たり60を全面に散布し、耕起しておきます。肥料は成分量で10a当たり窒素10、リン酸13、カリ10を標準とし、元肥として全面に施します。露地越冬栽培の場合、生育途中の12月と2月ごろに2回追肥をします。追肥の量は1回当たり窒素3、カリ3とします。 管理 〔暖地露地越冬栽培〕 この栽培は極密植することによりお互いの葉が重なりあい寒害を防いでいます。また生育期間が長く、肥料切れを起こしやすいので注意します。 寒くなる前の12月に追肥をし、葉を丈夫 につくり、気温上昇期前の2月には根や葉の生育を促進するた...

【大根】【サカタのタネ】 冬みね (サカタのタネ)ペレット5000粒【野菜の種】

e-たねや

7,200

【大根】【サカタのタネ】 冬みね (サカタのタネ)ペレット5000粒【野菜の種】

2〜3月どり、暖地露地越冬用の青首ダイコン  【大根】 冬みね (サカタのタネ) 特長    1. 晩抽系の青首ダイコンであり、品質、外観とも秋系大根にちかく、ス入りも遅い。3月下旬くらいまでは抽だいの心配なく収穫できます。 2. やや黒葉のつまり葉、とくに耐寒性が強く、暖地無霜地帯での密植型露地越冬栽培および温暖地の霜よけトンネル栽培に最適です。 3. 根部は根長37、根径7で肌にテリがあり、尻部の肉づきがよいです。 4. 首部内部の青肉になりにくいです。 適応性  とくに暖地無霜地帯の露地越冬栽培に向いており、この作型では10a当たり10,000本以上の密植栽培になります。播種は9月下〜10月中旬で、収穫が2月上〜3月中旬となる。 また温暖地の霜よけトンネル栽培は9月下〜10月中旬に播種し、途中12月に入って霜が降りるころにすそ換気の霜よけトンネルをかけます。収穫は1月中〜2月下旬となり、秋ダイコンと春ダイコンのつなぎ役となり  タネまき〜植えつけ  畝間45〜50、株間20ぐらいの1条畝が標準となり、極密植栽培になります。 施肥  堆廐肥は前作のときに入れておきます。十分分解させないと岐根の原因となるので注意します。苦土石灰は10a当たり60を全面に散布し、耕起しておきます。肥料は成分量で10a当たり窒素10、リン酸13、カリ10を標準とし、元肥として全面に施します。露地越冬栽培の場合、生育途中の12月と2月ごろに2回追肥をします。追肥の量は1回当たり窒素3、カリ3とします。 管理 〔暖地露地越冬栽培〕 この栽培は極密植することによりお互いの葉が重なりあい寒害を防いでいます。また生育期間が長く、肥料切れを起こしやすいので注意します。 寒くなる前の12月に追肥をし、葉を丈夫 につくり、気温上昇期前の2月には根や葉の生育を促進するた...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「野菜のタネ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ