「蚊の嫌うハーブ」 の関連商品を含む検索結果 2件

【ハーブ】ティーツリー【メディカル】強い殺菌効果があります!蚊の嫌うにおいとしても有名♪涼やかな葉と香りはシンボルツリーとして人気があります!ティーツリー【メディカル】 3号ポット ...

ファーム フローラル

538

【ハーブ】ティーツリー【メディカル】強い殺菌効果があります!蚊の嫌うにおいとしても有名♪涼やかな葉と香りはシンボルツリーとして人気があります!ティーツリー【メディカル】 3号ポット ...

—ティーツリーの育て方— ○植え付け 鉢植えにする場合は赤玉土6:腐葉土3:川砂1を混ぜた土を用います。 また、地植えにする場合は植え場所に 腐葉土などの有機質を混ぜ込んでおくと根の張りが良くなります。 ○手入れ 強健で、あまり手入れがいらない丈夫な木です。 もともと流域に自生している植物ですので、肥料は農薬はほとんど必要ありません。 土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげます。 細い枝が密に茂る性質があります。 枝葉が混み合って株の内部の日当たりと風通しが悪くなると葉が枯れ込んできますので、 混み合った部分は適宜枝を切り落とすとよいでしょう。 作業は真冬を除いて随時可能ですが秋には翌春の花芽が作られるので ばっさり刈り込む場合は秋口までに作業を終わらせましょう。 コンパクトに仕立てたい場合は花後に枝を全体の1/3ほどに切り詰めると良いでしょう。 ○置き場所 植木鉢での育て方は、春から秋は外の日当たりの良い場所におきます。 ある程度耐寒性はあり、軽い霜程度なら枯れることはありません。 関東より西の太平洋側なら特に問題なく庭で冬越しできます。 寒冷地では鉢植えで冬は室内に取り込んで育てます。ティーツリーはもともとはオーストラリアで自生している木です。 オーストラリアの先住民族アボリジニも古くから 様々な病気やケガの際に利用し現在でも伝承されています。 初夏に5枚弁の白い花をつけ、庭木や寄植えなどにも活躍します。 涼しげな葉で香りが良く、成長も早いので、シンボルツリーとして好まれます。 その葉から得られる天然成分には、優れた殺菌作用があることが知られています。 虫除けやペットのノミよけにも使用するほか、 ドライフラワーにして、布袋につめてタンスや下駄箱などに入れてもいいですし、 強い殺菌効果はカビ防止にも役立ちます。 また...

こちらの関連商品はいかがですか?

【ハーブ】ティーツリー【マヌカ】強い殺菌効果があります!シンボルツリーとして人気があります!ティーツリー【マヌカ】 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

ファーム フローラル

398

【ハーブ】ティーツリー【マヌカ】強い殺菌効果があります!シンボルツリーとして人気があります!ティーツリー【マヌカ】 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

—ティーツリーの育て方— ○植え付け 鉢植えにする場合は赤玉土6:腐葉土3:川砂1を混ぜた土を用います。 また、地植えにする場合は植え場所に 腐葉土などの有機質を混ぜ込んでおくと根の張りが良くなります。 ○手入れ 強健で、あまり手入れがいらない丈夫な木です。 もともと流域に自生している植物ですので、肥料は農薬はほとんど必要ありません。 土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげます。 細い枝が密に茂る性質があります。 枝葉が混み合って株の内部の日当たりと風通しが悪くなると葉が枯れ込んできますので、 混み合った部分は適宜枝を切り落とすとよいでしょう。 作業は真冬を除いて随時可能ですが秋には翌春の花芽が作られるので ばっさり刈り込む場合は秋口までに作業を終わらせましょう。 コンパクトに仕立てたい場合は花後に枝を全体の1/3ほどに切り詰めると良いでしょう。 ○置き場所 植木鉢での育て方は、春から秋は外の日当たりの良い場所におきます。 ある程度耐寒性はあり、軽い霜程度なら枯れることはありません。 関東より西の太平洋側なら特に問題なく庭で冬越しできます。 寒冷地では鉢植えで冬は室内に取り込んで育てます。マヌカツリーとは、主にニュージーランド北島に自生する高さ1~3メートルの常緑の低木で、 春先には白やピンクの花を咲かせます。 古くから先住民マオリの人々は、 マヌカの堅い木を武器にしたり、茎や葉を薬草として煎じて飲んだり、 すりつぶして外傷や皮膚病の治療に使っていました。 マヌカには、強力な殺菌作用があることが証明されています。 マヌカツリーから採取された蜂蜜“マヌカ ハニー"は抗菌効果が高く、 独特の風味をもち、濃厚で最高級の蜂蜜として世界中で有名になりました。

【ハーブ】フィーバーフュー偏頭痛・解熱に効くハーブ!!葉からでる香りは蜂やアリを寄せ付けない、防虫効果があります!!フィーバーフュ— 3号ポット 【マトリカリア】【ティー向けハーブ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】フィーバーフュー偏頭痛・解熱に効くハーブ!!葉からでる香りは蜂やアリを寄せ付けない、防虫効果があります!!フィーバーフュ— 3号ポット 【マトリカリア】【ティー向けハーブ】

—フィーバーフュー【マトリカリア】の育て方— ●手入れ 枯れた花・傷んだ花ををそのままにしておくと病気の原因となりますので、 タネを採取しないのであれば、花がらはこまめに摘み取るようにしましょう。 多湿に弱く、根腐されしやすいです。水やりは控えめにし乾燥気味を保つよう、 土の表面が乾いてから水を与えるようにします。 特に夏場は高温多湿で株全体が傷みやすいので水やりの注意はもちろん、 枝を刈り込み、風通しを良くしましょう。 耐寒性はありますが霜に当たると枯れてしまうことがありますので、 冬は株元を腐葉土などで覆うなど簡単な防寒を行ってください。 鉢植えの場合は屋根のあるベランダなどに移動させましょう。 ●置き場所 一年を通して日当たりがよく、風通しの良い場所で育てます。 庭植えにする場合、毎年同じ場所で育てると生育が悪いので場所を替えて植えましょう。 用土は過湿に弱く根ぐされしやすいので水はけがよい土を使うことが絶対条件です。 赤玉土6:腐葉土3:バーミキュライト1の割合が好ましいでしょう。●特徴・利用方法 園芸品種としての【マトリカリア】の名前で、ご存知の方も多いかと思います。 フィーバーフューという名前は解熱効果に優れており、 そのハーブティーは片頭痛にも効果があると言われています。 葉には薬臭いような香りと強烈な苦みがあり、 蜂や蝶も近寄らないほどで殺虫剤に利用しても効果が高いようです。 本来多年草で毎年花を咲かせる性質ですが、 高温多湿に弱く夏に枯れてしまうことも良くありますので、 種を採取しておくとよいでしょう

【ハーブ】ジャーマンカモミールりんごのような甘い香り♪人気ハーブの一つです!ジャーマンカモミール 3号ポット 【ティー向けハーブ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】ジャーマンカモミールりんごのような甘い香り♪人気ハーブの一つです!ジャーマンカモミール 3号ポット 【ティー向けハーブ】

●手入れ 葉が密集すると株の中まで風が通らなくなり梅雨時期にしたの葉が枯れあがってしまうことがあります。 梅雨前に切り戻しをおこなうか、混み合っている茎を切り取って風が通るようにしましょう。 花は枯れる前にこまめに収穫しましょう。 水やりでは、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。 真夏は特に乾きやすいので朝と夕方の2度くらい水を与えた方がよいでしょう。 あまりにも極端に乾くような場所なら、しきワラなどを敷くのもおすすめです。 反対に、梅雨時期や株がしっかと根付いたら、完全に水切れさせなければ耐えます。 水のやりすぎには注意しましょう 肥料は4月から与えてください。9~10月にも与えます。 液体肥料でも、ゆっくりと効き目が現れる固形の肥料でもかまいませんが、 「チッソ」の成分の低いものを選ぶようにしましょう。 チッソ分が過多になると花数が少なくなってしまいます。 ●用土 赤玉土(中~小粒)7:腐葉土3そこに苦土石灰を少量加えるのがおすすめです。 ●植え替え ジャーマン種は一年性なので特に植え替えの必要はありません。 ローマン種も一度植えたら特に植え替えの必要はありません●特徴 大きく分けて一年性のジャーマンカモミール(花のみ芳香性がある)と 多年性のローマンカモミール(花と葉が芳香性がある)の2種類に分けられます。 中心部分が黄色くなって盛り上がり、そのまわりに白い花びらがつきます。 花は春から初夏まで咲き続け、その花をハーブとして利用します。 ジャーマン種の方はハーブティーとして利用され、ローマン種の方は入浴剤や染色などに利用します。 丈夫なので芝生の代わりに植える方法もあります。 アブラムシをよく寄せ付ける性質を持っているので、 野菜などを育てている近くに植えると他の作物にアブラムシが付きにくくなるので、...

【ハーブ】レモングラスさわやかなレモンの香り♪ハーブティー・料理の香りづけにどうぞ!レモングラス 3.5号ポット 【コウスイガヤ】【料理向けハーブ】

ファーム フローラル

355

【ハーブ】レモングラスさわやかなレモンの香り♪ハーブティー・料理の香りづけにどうぞ!レモングラス 3.5号ポット 【コウスイガヤ】【料理向けハーブ】

—レモングラスの育て方— ●手入れ 熱帯性の植物で寒さには大変弱い植物です。 関東以北では地植えの冬越しはまず難しいでしょう。 関東以西では霜が降りる前に地際から10cmほどを残して ばっさりと上部を切り取ってしまい、敷きワラや腐葉土などで覆って凍らないようにします。 水やりは、表面の土が乾いたらたっぷりと与えるようにします。 特に植え付け直後は根が付くまでたっぷりと与えます。 肥料は植え付ける際に土にあらかじめ堆肥を混ぜ込んでおきましょう。 その後は、4~10月の間は勢いよく生長するので、月に1回程度液体肥料を与えてください。 冬は特に与える必要はありません。 ●置き場所 日当たりのよい場所で育てます。葉がよく茂って蒸れやすいので風通しのよい場所を選びましょう。 熱帯性の植物なので夏の暑さでも充分絶えられますし、やせた土でもよく育ちます●特徴 ハーブティーや料理の香りづけなどにも幅広く利用去れ、 葉だけでなく、肉や魚のにおい消しのために 根元の部分をきざんで利用することもあります 大きさはかなり大きくなり草丈は1.5mを越します。 7月頃に花も咲きますが、 熱帯性の植物で日本の気候に合わないのか咲くことはあまりないようです また涼感を得るために、この葉をかって束ねたものを 暑い時期に部屋の隅に吊るしておくとさわやかなレモンの香りが漂います。

ハーブの苗/ティーツリー:メディカルティーツリー3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

868

ハーブの苗/ティーツリー:メディカルティーツリー3号ポット2株セット

オーストラリアで古くからティーとして飲んでいたハーブとその近縁種をティーツリーと呼びます。いくつか品種がありますが、メディカルティーツリーは医療用・アロマテラピー用の精油「ティーツリー油」の原料植物で、枝葉をすりつぶして怪我や皮膚病、防虫用に利用されてきたものです。葉の殺菌力は人間には安全で、幼児の衣料の洗浄にも利用されます。まっすぐに伸びる樹姿、細葉の明るい緑、心地よい香りがあり、庭木や鉢植えでも楽しめます。タイプ:半耐寒性常緑低木日照:日向むき栽培方法:春から秋は戸外の日当たりのよい場所におきます。やや湿った場所を好みますので、鉢植えの場合は鉢土の表面が乾いたらたっぷり水遣りしてください。冬は凍らない暖かい場所で管理します。枝先を剪定すると多くの小枝が出て樹姿が整います。病虫害はほとんど出ません。利用方法:剪定した枝葉を利用します。ハーブティーには利用できませんのでご注意ください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合があります。★小さい苗となります。使用農薬(有効成分):スピロテトラマト1回、ピメトロジン1回、イソサキチオン1回生産地:宮城県ティーツリー:メディカルティーツリー3号ポット2株セットの栽培ガイド11月のハーブのお手入れ10月のハーブのお手入れ9月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ7月のハーブのお手入れ12月のハーブのお手入れ2月の野菜・ハーブ類のお手入れ3月のハーブのお手入れ4月のハーブのお手入れ5月のハーブのお手入れ6月のハーブのお手入れ苗類のお届け形態について

【ハーブ】レモンバーベナレモンに似た香りがさわやか★ハーブティー・ハーブバスがおすすめ!! レモンバーベナ  3号ポット 【ティー向けハーブ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】レモンバーベナレモンに似た香りがさわやか★ハーブティー・ハーブバスがおすすめ!! レモンバーベナ 3号ポット 【ティー向けハーブ】

—レモンバーベナの育て方— ●お手入れ 一年生のものは長期間花を楽しむために、花が枯れてきたら こまめに花がらを摘んでタネができないようにしましょう。 多年性のものは茎枝が伸びてきたら思い切って半分くらいに切り戻しましょう。 あまり伸びすぎると、株もとに近い方から葉がちりぢりに枯れて かっこわるくなることがあります。 病気には比較的強いのですが、ウドンコ病が発生しやすいために、 発生した場合は早めに殺菌剤をまきましょう ●置き場所 夏のカンカン照りにも強く枯れることはありません。 一年を通してよく日光に当てましょう。 冬の寒さにはやや弱く、しもで葉が枯れてしまうこともあります。 短く刈り込んで、鉢植えなどの場合は、軒下などで管理しましょう。 庭植の場合は敷きワラなどで株元を保護してもよいでしょう。 ●水やり 湿りすぎるよりも乾燥気味のほうを好みます。 土の表面が白っぽく乾いたらたっぷりと水を与えます。 ●肥料 肥料は開花時期には週1回程度の割合で液体肥料を与えます。 ●用土 水はけのよい有機質に富んだ土 赤玉土(中粒から小粒)5:腐葉土もしくはピートモス3:堆肥2 ●植え替え 一年草のものは必要ありません。多年性のものも3から4年に1回でよい●特徴 ケーキや飲み物に香りを付け、ポプリ、浴湯料、香粧料にします。 葉をハーブティーやバスハーブ、また、お菓子などの香り付けに利用します。 乾燥させた葉は、長く香りが持続するので、ポプリやリース材料などに最適です。

【ハーブ】ローマンカモミール甘酸っぱいりんごの香り♪食用・アロマと用途が広いハーブです!ローマンカモミール 3号ポット 【ティー向けハーブ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】ローマンカモミール甘酸っぱいりんごの香り♪食用・アロマと用途が広いハーブです!ローマンカモミール 3号ポット 【ティー向けハーブ】

●手入れ 葉が密集すると株の中まで風が通らなくなり梅雨時期にしたの葉が枯れあがってしまうことがあります。 梅雨前に切り戻しをおこなうか、混み合っている茎を切り取って風が通るようにしましょう。 花は枯れる前にこまめに収穫しましょう。 水やりでは、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。 真夏は特に乾きやすいので朝と夕方の2度くらい水を与えた方がよいでしょう。 あまりにも極端に乾くような場所なら、しきワラなどを敷くのもおすすめです。 反対に、梅雨時期や株がしっかと根付いたら、完全に水切れさせなければ耐えます。 水のやりすぎには注意しましょう 肥料は4月から与えてください。9~10月にも与えます。 液体肥料でも、ゆっくりと効き目が現れる固形の肥料でもかまいませんが、 「チッソ」の成分の低いものを選ぶようにしましょう。 チッソ分が過多になると花数が少なくなってしまいます。 ●用土 赤玉土(中~小粒)7:腐葉土3そこに苦土石灰を少量加えるのがおすすめです。 ●植え替え ジャーマン種は一年性なので特に植え替えの必要はありません。 ローマン種も一度植えたら特に植え替えの必要はありません●特徴 大きく分けて一年性のジャーマンカモミール(花のみ芳香性がある)と 多年性のローマンカモミール(花と葉が芳香性がある)の2種類に分けられます。 中心部分が黄色くなって盛り上がり、そのまわりに白い花びらがつきます。 花は春から初夏まで咲き続け、その花をハーブとして利用します。 ジャーマン種の方はハーブティーとして利用され、ローマン種の方は入浴剤や染色などに利用します。 丈夫なので芝生の代わりに植える方法もあります。 アブラムシをよく寄せ付ける性質を持っているので、 野菜などを育てている近くに植えると他の作物にアブラムシが付きにくくなるので、...

【ハーブ】グロッソラベンダーラベンダーの中でも甘い香りが強く、リラックス効果があります。耐暑性があります!庭に香る癒しの香り…♪グロッソラベンダー 3.5号ポット 【ラベンダー】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】グロッソラベンダーラベンダーの中でも甘い香りが強く、リラックス効果があります。耐暑性があります!庭に香る癒しの香り…♪グロッソラベンダー 3.5号ポット 【ラベンダー】

ラベンダーは日本人でも知っている人が多いハーブの一つです。 全部で28種類ありますが、「イングリッシュラベンダー」と呼ばれる種が一番多く、 ポピュラーでもあります。 ほかにも「デンタータ種」「ストエスカス種」「ラナータ種」 「ビリディス種」などの種類があり、それぞれが特徴のある草姿をしています。 ●置き場所 日光が充分当たらないと生長が良くないので、じゅうぶんに日光に当てるようにします。 夏はできるだけ風通しの良い場所に置いて、温度が上がらないように工夫しましょう。 冬は0℃以上あれば枯れることはありませんので、戸外においていても特に防寒などの必要はありません。 ●水やり 土の表面が乾いてから与えるようにしましょう。もともと乾燥気味の環境を好みますので、 常時土の表面が乾燥気味になるようにしましょう。 ●用土 水はけがよく、有機質に富んだ土を好みます。例:赤玉土(小粒)5:腐葉土3:川砂2 ●植えかえ 地植にしている場合はそのまま植え替える必要はありません。 鉢植えにしている場合はそのまま育てていくと根がきゅうくつになって生長できなくなってしまいますので、 一回り大きい鉢に植え替えるようにします。適期は生長がはじまる3から4月頃です。 ●殖やし方 タネまき、挿し木で殖やすことができます。挿し木の時期は5から6月、9から10月で、 虫や病気のついていない芽を10cmほどの長さに切ってさし穂とします。 その際、土に埋まる部分の葉っぱは全部取っておきましょう。 タネまきは3から4月におこないます。タネは発芽しにくく、2週間ほどかかるので、 それまで乾かさないように十分注意しましょう。ラベンダーで 癒しのひとときを・・・ ハーブの中でも、ラベンダーは その名前はもちろん 人に安らぎを与えるなど、アロマテラピーとしての 効果も有名です...

【ハーブ】マシューマロウマロウの中でも特に薬効の高いハーブです!!若葉はサラダやハーブティーにどうぞ!のどやおなかにやさしい成分です♪根で作ったお菓子がマシュマロです♪マーシュマロウ 3号ポット ...

ファーム フローラル

322

【ハーブ】マシューマロウマロウの中でも特に薬効の高いハーブです!!若葉はサラダやハーブティーにどうぞ!のどやおなかにやさしい成分です♪根で作ったお菓子がマシュマロです♪マーシュマロウ 3号ポット ...

●手入れ かなり大きくなるハーブで2mを越すものもあります。 風が強い場所では草丈が伸びてきたら支柱を立てて倒れないようにしてあげましょう。 草丈が高くなるのが嫌という人は適当な草丈に育ったら摘心を行うと良いでしょう。 その後、葉と葉が重なるくらい混み合ってきたら 適当に葉を間引いて日光が充分に当たるようにすると花が咲きやすくなります 乾燥にはある程度耐えられます。鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしてください。 冬は生育期間ほど水を必要としませんので回数を少なくします。 地植えの場合は植え付け直後は根づくまでたっぷり与えます。 その後は様子を見ながら真夏以外の季節は特に必要ありません。 ●用土 水はけがよく肥えた土が適します。 鉢植えの場合は赤玉土(小粒~中粒)7:腐葉土3の割合が好ましいでしょう。 地植えの場合はあらかじめ腐葉土を混ぜ込んでおきます。 酸性の土を嫌いますのでどちらの場合も苦土石灰を土に混ぜておきます。 地植えの場合は植え付ける1週間前には混ぜ込んでおきましょう ●植え替え 根が直根性という性質で太い根がでて細かい根があまり枝分かれしません。 この根を傷つけてしまうと根付きませんので一度植えたものは株分けをするとき以外は植え替えをせずに育てます。 大きくなるので鉢植えの場合は尺鉢に1本が目安です。 地植えの場合は1mくらいかぶと株の間を開けて置いた方がよいでしょう特徴・利用方法 開花直前の花を摘み取って使用します。 ビタミン類の豊富な若い葉は5~9月に摘み取り、ゆがいて食べることもできます。 また、花もサラダで食べることができます。 主な使用用途はハーブティー。熱湯を注ぐときれいなブルーのハーブティーができあがります。 そこにレモンを入れるとさっとピンクに変わります...

(観葉)ハーブ苗 ティーツリー レモン 3号(1ポット) 家庭菜園【HLS_DU】

charm 楽天市場店

520

(観葉)ハーブ苗 ティーツリー レモン 3号(1ポット) 家庭菜園【HLS_DU】

爽やかなレモンの香り!葉から抽出されたオイルには、虫除けなどの効果があります♪ 細い葉が美しいオーストラリア原産の常緑樹です。初夏に可愛らしい白い花を付けます。葉から抽出されるティーツリーオイルには殺菌や精神安定作用があるとされ、花粉症に効く香りとしても注目を集めています。ドライフラワーにしてお部屋で香りを楽しんだり、ドライの葉を湯船に浮かべて、癒しのバスタイムをお楽しみいただけます。 ●本種“レモン"の特長 爽やかなレモンの香りのするティーツリーです。ハーブティーなどにも利用できます。ティーツリー レモン 3号(1ポット)商品サイズ(約)●鉢(ポット)径 : 9cm ●高さ(植物含む) : 18cm ※入荷状況や、生長度合いにより高さは異なります。あくまでも目安としてご覧下さい。鉢の種類ビニールポット学名Leptospermum petersonii分類フトモモ科レプトスペルムム属園芸分類半耐寒性木本原産地オーストラリア用途ガーデン、精油花言葉-開花期5月~7月置き場所日当たりの良い場所が適します。太平洋側平地の関東~沖縄までは屋外で越冬可能です。水やり土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。肥料春と秋に緩効性固形肥料を規定量与えます。注意※画像はイメージです。苗木の配送について冬期の配送について冬期は配送時に植物が凍ってしまう恐れがあるため、北海道および積雪が予想される寒冷地域には配送できない可能性がございます。予めご了承ください。お届け地域についてお届けまでに2日以上かかる地域は、種類によっては品質の保証ができない場合がございます。ラッピングサービスについて(1)ラッピング対応商品ギフトラッピング対応商品はイメージ画像中の「ギフトロゴ」が目印です。商品名に「ギフトラッピング」「鉢花ギフト」「観葉ギフト...

【ハーブ】オレンジミント【切り戻し中】豊かに香るオレンジの香り♪ハーブティー、ポプリにどうぞ!!オレンジミント【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】オレンジミント【切り戻し中】豊かに香るオレンジの香り♪ハーブティー、ポプリにどうぞ!!オレンジミント【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

●置き場所 日当たりの良い場所を好みますが強い直射日光に当てると葉が枯れたり生育が弱ったりします。 春から秋は半日陰の風通しの良い場所で育てます。 寒さには非常に強いので、0℃以下でも枯れることはありません。 冬は霜に当たると地上部が枯れてしまいますが根は生きており、春になると再び新芽がふいて元気に育ちます。 冬にも収穫を行いた場合は敷きワラなどをして、霜に当てないように防寒対策を行いましょう。 ●手入れ 生育が旺盛で庭植えにしている場合は他の植物の領域まで侵すくらいよく広がります。 畑に植えるなら、深さ20cm以上の板で囲い他の作物とは隔離した方がいいでしょう。 余計な根や枝は切り取って広がりすぎないように注意しましょう 高さが15cmくらいになったら、思い切って半分くらいに摘心します。そうすると枝もたくさん出て、 収穫量も増えます。また、8月頃に株元で切りつめると秋に再び新しい芽が出てきて収穫できます。 湿り気のある土を好みます。土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えましょう。 特に夏は水切れしやすいので乾き具合をこまめにチェックしましょう。 水切れをさせると生育が衰えて葉や茎が硬くなってしまいます 肥料は春に新芽が伸びてきた頃にゆっくりと効くタイプの粒状の肥料を株元に少量与えます。 それ以上は特に必要ありません。かえつて与えすぎると香りが弱まってしまいます。 ●用土 湿り気のある土を好みますので水もちの良い土が適しています。 赤玉土(小粒)5:腐葉土3:バーミキュライト2の割合が好ましいです。 庭植えにする場合は植える場所にあらかじめ腐葉土や堆肥を混ぜ込んでおきましょう。 ●植え替え 鉢植えにしているものは生育が旺盛なので毎年植え替えます。 一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えるが、それ以上大きくしたくない場合は株分けを行いましょ...

【ハーブ】ステビアヘルシーな甘味料!お砂糖の代わりにティーに浮かべて♪ステビア 3号ポット 【ティー向けハーブ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】ステビアヘルシーな甘味料!お砂糖の代わりにティーに浮かべて♪ステビア 3号ポット 【ティー向けハーブ】

●手入れ そのままなにもしなくても育ちますが、春に20cmほどに茎が伸びたら先端の芽を手で摘みましょう。 茎のワキからも芽が伸びてきて枝数が増え、たくさん収穫できるようになります 水切れに弱い植物なのであまり乾燥させないようにしましょう。 生育期は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。 あまり与えすぎると根が腐って株がダメになってしまいますので与えすぎには注意しましょう。 冬は回数を少なくして水やりをします ●置き場所 日当たりの良い場所で育てましょう。30℃を超すと生育が弱まることがありますので 、真夏は風通しの良い場所で育てましょう 寒さにはやや弱い性質がありますがそれでも霜や寒風に当てなければ0℃くらいまでは耐えます。 霜の降りる場所で地植にしている場合は冬は株元をワラや腐葉土でおおって防寒対策を施しましょう。 鉢植えの場合は室内の日のよく当たる場所で育てます●特徴・利用方法 ステビアの一番の特長はその「甘味」。葉をかじると甘味を感じます。 甘みの正体はステビオサイドという成分で、 甘さは砂糖に比べると遙かに高いのですがカロリーは低いという性質があります。 この性質を利用してダイエット甘味料やスポーツ飲料が製品化されています 数あるハーブでも、天然の甘味料として使用できるのは、唯一ステビアだけです。 葉を摘んで、お砂糖代わりにハーブティーに使用することも出来ます。 甘味成分のステビオサイドが一年のうちで一番高くなるのは花が終わったあと、 10月下旬から11月の上旬ですので、1年に1回収穫するのであればこの時期に行いましょう 収穫したものは束にして風通しの良い日陰でよく乾燥させて保存しましょう。 使用するときは枝ごと煮出して甘味料として使用します。 たくさんつくって煮詰めておいてシロップとして保存することも可能です。...

【ハーブ】グレープフルーツミント【切り戻し中】グレープフルーツのさわやかな香り…♪ハーブティーがおすすめ!サラダに入れてもおいしいです♪グレープフルーツミント【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】グレープフルーツミント【切り戻し中】グレープフルーツのさわやかな香り…♪ハーブティーがおすすめ!サラダに入れてもおいしいです♪グレープフルーツミント【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

●置き場所 日当たりの良い場所を好みますが強い直射日光に当てると葉が枯れたり生育が弱ったりします。 春から秋は半日陰の風通しの良い場所で育てます。 寒さには非常に強いので、0℃以下でも枯れることはありません。 冬は霜に当たると地上部が枯れてしまいますが根は生きており、春になると再び新芽がふいて元気に育ちます。 冬にも収穫を行いた場合は敷きワラなどをして、霜に当てないように防寒対策を行いましょう。 ●手入れ 生育が旺盛で庭植えにしている場合は他の植物の領域まで侵すくらいよく広がります。 畑に植えるなら、深さ20cm以上の板で囲い他の作物とは隔離した方がいいでしょう。 余計な根や枝は切り取って広がりすぎないように注意しましょう 高さが15cmくらいになったら、思い切って半分くらいに摘心します。そうすると枝もたくさん出て、 収穫量も増えます。また、8月頃に株元で切りつめると秋に再び新しい芽が出てきて収穫できます。 湿り気のある土を好みます。土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えましょう。 特に夏は水切れしやすいので乾き具合をこまめにチェックしましょう。 水切れをさせると生育が衰えて葉や茎が硬くなってしまいます 肥料は春に新芽が伸びてきた頃にゆっくりと効くタイプの粒状の肥料を株元に少量与えます。 それ以上は特に必要ありません。かえつて与えすぎると香りが弱まってしまいます。 ●用土 湿り気のある土を好みますので水もちの良い土が適しています。 赤玉土(小粒)5:腐葉土3:バーミキュライト2の割合が好ましいです。 庭植えにする場合は植える場所にあらかじめ腐葉土や堆肥を混ぜ込んでおきましょう。 ●植え替え 鉢植えにしているものは生育が旺盛なので毎年植え替えます。 一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えるが、それ以上大きくしたくない場合は株分けを行いましょ...

【ハーブ】ルー 猫が嫌う香りです!猫除け・ガーデニング用に適します★ルー 3号ポット 【ヘンルーダ】【忌逃植物】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】ルー 猫が嫌う香りです!猫除け・ガーデニング用に適します★ルー 3号ポット 【ヘンルーダ】【忌逃植物】

●手入れ 性質が丈夫な植物です。これといって手間はかかりません。 梅雨頃になると密生している部分が蒸れてしまうので、 込んでいる部分の枝を切り落として風通しをよくしましょう。 先端の枝を切り落とすとワキから枝がでてきて、ボリュームのある草姿になります。 やや乾燥気味の土を好みますので、土の表面が乾いてから水を与えるようにしましょう。 肥料は植え付ける前に土にあらかじめ有機質の肥料を混ぜ込んでください。 鉢植えの場合は粒状の化成肥料を使用します。 追肥として2週間に1回くらい液体肥料を水やり代わりに与えます。 追肥の時期は生育中の春から秋で冬には与える必要はありません。 ●置き場所 日当たりのよい場所を好みますが、半日陰でも育ちます。 寒さには比較的強く、関東より西の地域であれば冬でも葉が緑色のまま生育します。 ただ、霜に当たったり寒風にさらされると葉先が傷んでしまうことがあるので、 鉢植えの場合は霜の当たらない屋根のある場所などに移動させた方が無難です。 地植えの場合は株元を腐葉土などで覆ったり寒風よけを行いましょう●特徴・利用方法 ルーは別名ヘンルーダとも呼び常緑性の小低木です。夏になると十字型の黄色い花を咲かせます。 食用として適さない成分が含まれているため、根を染色の材料にしたり、 花をドライフラワーとして楽しみます。 殺虫、殺菌作用があるので、乾燥させた葉を細かく粉末にして草花に散布すると 消毒がわりになります。葉の収穫は開花以前に行い、いったん乾燥させてから、 花は咲き始めてきたら刈り取って吊して乾燥させて利用しましょう。 作業の際、茎葉からでる汁に触れると人によっては皮膚炎を起こす場合もありますので、 長袖、軍手をつけながら作業をしてください。

【ハーブ】バナナミント【切り戻し中】ほのかに香る、バナナの香り♪料理・ティー・ポプリ・ハーブバスなんでも使える優秀者!バナナミント【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】バナナミント【切り戻し中】ほのかに香る、バナナの香り♪料理・ティー・ポプリ・ハーブバスなんでも使える優秀者!バナナミント【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

●置き場所 日当たりの良い場所を好みますが強い直射日光に当てると葉が枯れたり生育が弱ったりします。 春から秋は半日陰の風通しの良い場所で育てます。 寒さには非常に強いので、0℃以下でも枯れることはありません。 冬は霜に当たると地上部が枯れてしまいますが根は生きており、春になると再び新芽がふいて元気に育ちます。 冬にも収穫を行いた場合は敷きワラなどをして、霜に当てないように防寒対策を行いましょう。 ●手入れ 生育が旺盛で庭植えにしている場合は他の植物の領域まで侵すくらいよく広がります。 畑に植えるなら、深さ20cm以上の板で囲い他の作物とは隔離した方がいいでしょう。 余計な根や枝は切り取って広がりすぎないように注意しましょう 高さが15cmくらいになったら、思い切って半分くらいに摘心します。そうすると枝もたくさん出て、 収穫量も増えます。また、8月頃に株元で切りつめると秋に再び新しい芽が出てきて収穫できます。 湿り気のある土を好みます。土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えましょう。 特に夏は水切れしやすいので乾き具合をこまめにチェックしましょう。 水切れをさせると生育が衰えて葉や茎が硬くなってしまいます 肥料は春に新芽が伸びてきた頃にゆっくりと効くタイプの粒状の肥料を株元に少量与えます。 それ以上は特に必要ありません。かえつて与えすぎると香りが弱まってしまいます。 ●用土 湿り気のある土を好みますので水もちの良い土が適しています。 赤玉土(小粒)5:腐葉土3:バーミキュライト2の割合が好ましいです。 庭植えにする場合は植える場所にあらかじめ腐葉土や堆肥を混ぜ込んでおきましょう。 ●植え替え 鉢植えにしているものは生育が旺盛なので毎年植え替えます。 一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えるが、それ以上大きくしたくない場合は株分けを行いましょ...

【ハーブ】ブルボンゼラニウム葉からさわやかなローズの香り♪他のセンテッドゼラニウムに比べて香り高く、アロマ効果が高い品種です!ブルボンゼラニウム 3号ポット 【センテッドゼラニウム】

ファーム フローラル

376

【ハーブ】ブルボンゼラニウム葉からさわやかなローズの香り♪他のセンテッドゼラニウムに比べて香り高く、アロマ効果が高い品種です!ブルボンゼラニウム 3号ポット 【センテッドゼラニウム】

●手入れ 年中咲くお花なので、肥料は常に必要です。1週間に一度の割合で液体肥料を与えましょう。 ただし、与えすぎも禁物。枝ばかりが育ち、花がつかなくなってしまいます。 与える量は、ほかの四季咲き植物よりも少なめで良いです。 毎週肥料を与える時間のない方は、ゆっくりと効くタイプの固形肥料を3か月に1回程度与えても良いでしょう。 枝や葉をよく伸ばすタイプのゼラニウムは、年に一度、思いきり切り戻しましょう。 切り戻しの適期は3月です。 じめじめや過湿に弱いです。比較的乾燥を好みます。 水やりは、乾いたらたっぷりと与えましょう。 冬は水やりの頻度を少し控えてください。そうすることで、耐寒性が強くなります。 ●用土 水はけの良い土がいいです。 赤玉土(小)5:腐葉土またはピートモス3:バーミキュライト2の割合がお勧めです。 市販されている花と野菜の土に、腐葉土を2割ほど混ぜても良いです。 ●植え替え 植え替えの適期は3月です。 ゼラニウムは、根張りが良いので、鉢植えだったら毎年、プランターだったら2年に1度植え替えをするとよく育ちます。 周りの土と根を3分の1程度落として植えかえてください。ゼラニウムは開花期の長い花で真冬と真夏を除くと年中咲く多年性の植物です。 なかでも、5月と10月に一番いい花を咲かせます。 いろいろな品種がありますが、性質・育て方に大差はありません。

オリーブ ミッション苗 3.5号サイズ シンボルツリーにも人気 ガーデニング 苗 ハーブ

ガーデニングshop岐阜緑園

862

オリーブ ミッション苗 3.5号サイズ シンボルツリーにも人気 ガーデニング 苗 ハーブ

同じ種類やサイズ違い、色違いの植物を探してみる! 今すぐクリック 学名 Olea europaea原産地 地中海地方 科名 モクセイ科 属名 オリーブ属性状 常緑高木 流通名 オリーブ 花期 5~6月 お届け商品 3.5号サイズのPOT苗で高さ40センチ程の大きさとなります。植物ですので、個体差ある事ご理解の上お願い致します。特徴古代からギリシャの島々を中心に広まった歴史ある果樹で、オリーブ油やピクルスの原料として有名な植物です。やや細長い葉で、表面は濃い緑色、裏面が銀白色になります。大きく育つとシルバーグリーンに見えるのは葉の裏面が見える為です。近年、レストランの庭や洋風の庭先でもよく見かけるようになり、シンボルツリー等としても人気です。シルバーグリーンの葉色がお洒落で、室内観葉としても人気です。管理法関東以西の暖地では庭植えでOKですが、寒冷地では真冬に傷む事がありますので、鉢植えで冬期は室内での管理が好ましいです。耐寒温度は、マイナス3度程です。日光を好むので、室内管理でも日当たり良い窓辺等で管理が良いです。気温の高い時期には、成長早い植物ですので、樹形を整えるため、細枝や、乱れた枝はカットしてあげると綺麗な樹形を保つことが出来ます。鉢植えの場合、年に一度くらいの目安で、ひと回りづづ大きめの鉢に植え替えてあげると良いです。根が良く回って育つよう、成長に合わせ少しづつ大きくしていくのがポイントです。肥料は、春先、秋頃、市販の化成肥料等を与えると育ちも良くなります。大きく育つと、花も咲き、実も楽しめますが、結実させるには異品種を近くに置くと結実しやすくなります。寒さ(10度以下)に当てないと花芽は、付かないので室内管理では注意してあげて下さい。 管理方法はこちら学名 Olea europaea原産地 地中海地方 科名...

【ハーブ】レモンタイムさわやかなレモンの香り♪食用はモチロン、ハーブバスにもぴったりですレモンタイム 3号ポット 【タチジャコウソウ】【ティー向けハーブ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】レモンタイムさわやかなレモンの香り♪食用はモチロン、ハーブバスにもぴったりですレモンタイム 3号ポット 【タチジャコウソウ】【ティー向けハーブ】

●手入れ 枝がよく茂り風通しが悪くなると、株が蒸れて葉が枯れあがってしまうことがあります。 特に梅雨時期に起こりやすいので、梅雨前に一度、株全体の3分の1くらいを刈り込みましょう。 冬前にも同様に刈り込みを行います。 そうすることで春になってからよく芽が出るようになります 乾燥気味の土壌を好みます。土の表面が完全に乾いてから与えるようにしましょう。 ただ、植え付け直後は根付くまでの1ヶ月はたっぷりと与えるようにします。 冬は生育がにぶるのでさらに水やりの回数を減らし、 土の表面が乾いてから2日ほどまって、水を与えるようにすると良いでしょう。 肥料は、植え付ける前に土にゆっくりと効く粒状の肥料を土の中に混ぜ込みます。 その後、追肥として真夏をのぞいた3月~11月まで液体肥料を与えるか、 土の上に置くタイプの固形肥料を与えるようにします。 あまり与えすぎると香りが弱くなりますので注意して下さい。 ●置き場所 丈夫な植物で日陰でも生育に問題はありませんが、日当たりがよく、風通しのよい場所の方が 葉の色つやも良くなり元気に育ちます。 耐寒性はあるので冬でも外で管理できますが、 地植にしていると霜の被害で葉が真っ黒になってしまうことがあります。 暖かくなると新しい芽が出てくるので特に問題はありませんが、 あまりにもひどい場合はしきワラなどを使って防寒しましょう ●用土 鉢植えにする場合は、赤玉土7:腐葉土3の割合が好ましいでしょう。 庭植にする場合、酸性土壌を嫌うので、植え付ける2週間前に石灰を混ぜ込んで置いて 酸性を中和するようにします。 ●植え替え タイムは根の生長が比較的早い植物なので、小さい鉢に植えているとすぐに鉢の中が根でいっぱいになり、 根づまりをおこしてしまいます。鉢の底から根が伸び出してきたら植え替えの合図です。 3月~4月...

【ハーブ】カレープラント葉からカレーの香り!!肉料理の香りづけにどうぞ銀葉が美しいハーブです♪カレープラント 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】カレープラント葉からカレーの香り!!肉料理の香りづけにどうぞ銀葉が美しいハーブです♪カレープラント 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

●手入れ 枝葉をよく伸ばして密生する性質があります。 混み合った部分の枝をすくように切り戻して、できるだけ株の中に風が通るようにしましょう。 こまめに枝の切り戻しができない場合は、株全体の1/3程度を刈り込んでもよいでしょう。 梅雨~夏の時期にかけての特に蒸れやすいので、 梅雨前にこの作業を終わらせてしまいましょう。 やや乾燥した土壌を好む植物です。一年を通して乾かし気味に管理し、 水やりは土の表面が白っぽく乾いてきたらたっぷりと与えましょう。 肥料は春と秋、1ヶ月に1回粒状の化成肥料を株元に少量与えてください。 与えすぎるとかえってひ弱に育ちます。 寒さには強い性質ですが、霜に当たると葉が傷んでしまいます。 地植えのものは霜よけを行いましょう。 鉢植えのものは霜の心配のないベランダなど、 屋根のある場所に移動させます。 暖地では特に何もせずに屋外での越冬が可能です。 ●用土 水はけが良い土が適します。 地植えにする場合は植える場所にあらかじめ石灰をまいて酸性を中和しておきましょう。 鉢植えにする場合は、赤玉土4:腐葉土3:バーミキュライト2:鹿沼土1の割合 が好ましいです。市販のハーブ用の培養土を使用しても良いでしょう。●特徴・利用方法 名前の示すとおり、茎葉からカレー粉のような芳香を放つハーブです。 銀白色で細長い葉っぱも美しく、ハーブだけではなく、 花壇やコンテナにカラーリーフプランツとして利用することもできます。 花は7~8月にかけて茎の先に黄色い小花を咲かせ、 色あせにくい性質をもつのでドライフラワーにしてポプリやリースの材料に使われます。 葉や茎は、スープやピクルスなどの香りづけに使用できます肉料理に使用すると、 肉の臭みを取る効果を持つので、特にラム肉などに使用すると最適です。 但し、煮込み過ぎると匂いがきつく...

【ハーブ】クールミント【切り戻し中】ガムに使われることで有名なハーブです♪1年を通して清涼感のある香りを楽しめます!クールミント【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】クールミント【切り戻し中】ガムに使われることで有名なハーブです♪1年を通して清涼感のある香りを楽しめます!クールミント【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

●置き場所 日当たりの良い場所を好みますが強い直射日光に当てると葉が枯れたり生育が弱ったりします。 春から秋は半日陰の風通しの良い場所で育てます。 寒さには非常に強いので、0℃以下でも枯れることはありません。 冬は霜に当たると地上部が枯れてしまいますが根は生きており、春になると再び新芽がふいて元気に育ちます。 冬にも収穫を行いた場合は敷きワラなどをして、霜に当てないように防寒対策を行いましょう。 ●手入れ 生育が旺盛で庭植えにしている場合は他の植物の領域まで侵すくらいよく広がります。 畑に植えるなら、深さ20cm以上の板で囲い他の作物とは隔離した方がいいでしょう。 余計な根や枝は切り取って広がりすぎないように注意しましょう 高さが15cmくらいになったら、思い切って半分くらいに摘心します。そうすると枝もたくさん出て、 収穫量も増えます。また、8月頃に株元で切りつめると秋に再び新しい芽が出てきて収穫できます。 湿り気のある土を好みます。土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えましょう。 特に夏は水切れしやすいので乾き具合をこまめにチェックしましょう。 水切れをさせると生育が衰えて葉や茎が硬くなってしまいます 肥料は春に新芽が伸びてきた頃にゆっくりと効くタイプの粒状の肥料を株元に少量与えます。 それ以上は特に必要ありません。かえつて与えすぎると香りが弱まってしまいます。 ●用土 湿り気のある土を好みますので水もちの良い土が適しています。 赤玉土(小粒)5:腐葉土3:バーミキュライト2の割合が好ましいです。 庭植えにする場合は植える場所にあらかじめ腐葉土や堆肥を混ぜ込んでおきましょう。 ●植え替え 鉢植えにしているものは生育が旺盛なので毎年植え替えます。 一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えるが、それ以上大きくしたくない場合は株分けを行いましょ...

【ハーブ】バレリアン【セイヨウカノコソウ】香りは睡眠をサポートしてくれる働きがあります♪根にはマタタビのような効果があります!バレリアン【西洋カノコソウ】 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】バレリアン【セイヨウカノコソウ】香りは睡眠をサポートしてくれる働きがあります♪根にはマタタビのような効果があります!バレリアン【西洋カノコソウ】 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

ーバレリアンの育て方— ○置き場所 栽培の際には日当たりがよい場所が適しているでしょう。 半日陰でも育つが、花つきが悪く徒長しやすくなります。 土壌は肥沃で湿り気がある粘土質を含む土壌が好ましいです。 株間は60センチくらいあけておきましょう。 室内でも育てることが出来るので、鉢植えなどにして育ててみても良い でしょう。 ○手入れ 夏場の乾燥には弱いので、乾燥させすぎないように、水切れには注意してください。 花後の切り戻しをこまめにすると、脇から花茎が伸び次々に開花します。 酸性土を嫌うので、植え付けの前にあらかじめ苦土石灰で酸度調節しておくとよいでしょう。 肥料はほとんど必要ない。寒さに強く、丈夫で育てやすい花です。 別名=セイヨウカノコソウ、オールヒール 科名=オミナエシ科 原産地=ヨーロッパ 利用法=食用、薬用、香料など パールピンクや白の花が密生して咲き誇り、とっても美しく魅力的な植物です。 香りのある花は長く咲き続けるので、庭などに植えつけると長い間 花を楽しむことが可能です。 根には猫が好む「マタタビ」のような働きがあります 根には、鎮静作用があるので煎じ液を作るか、乾燥させた根を つぶして浸出液を作って飲むと効果があります。 バレリアンはハーブの中でも効果がわかりやすいもの。 副作用の可能性もあるので過剰摂取は禁物です。 初めてバレリアンを利用される方は、まずはハーブティーから初めてみるといいでしょう。 バレリアンのウッディで、バルサム調の香りは、わたしたちを緊張感から解放してくれます。 バレリアンは特に中世ヨーロッパでは「万能薬」とされ、今日まで広く用いられてきました。

【ハーブ】ヤロウ【ワイルド】植物の病気を癒す効果があります♪植物にも人にも優しいハーブヤロウ【ワイルド】  3号ポット 【ノコギリソウ】【ティー向けハーブ】

全2商品

301

【ハーブ】ヤロウ【ワイルド】植物の病気を癒す効果があります♪植物にも人にも優しいハーブヤロウ【ワイルド】 3号ポット 【ノコギリソウ】【ティー向けハーブ】

—ヤロウの育て方— ●特徴 和名をノコギリソウと言い、ヨーロッパ原産・キク科の多年草です。 日向を好み、暑さや寒さ、病害虫にも強い育てやすいハーブです。 乾燥した土地を好み、やせた土地でも育てる事が出来るので、 ハーブ初心者の人にもお勧めです。 利用できるのは葉・花・茎の分です。 鑑賞用のほか、葉を食用としたり、肉料理の下ごしらえとして利用する事も出来ます。 また、根から出る成分は近くに生えている植物の病気を治す力や、 てんとう虫などの益虫を引き寄せる効果があります。 ●手入れ 鉢植え、地植えともに日当たりと通気性に注意が必要です。 ヤロウはむれに弱いので、葉の刈り込み、 間引きなどを行い、通気性を保ちましょう。 鉢植えの場合は、発芽から開花するまでは、土が乾いてから水を与えましょう。 開花後は乾きぎみに管理し、 表土が乾いた2~3日後にたっぷりと水をやりましょう。 地植えの場合はにはとくに必要ありません。 ●置き場所 日向を好みますが、極端に日差しの強い夏期は、 鉢を半日陰に移動させるか、日除けを施して株が弱るのを防ぎます。 耐寒性・耐暑性ともにありますが、15~25℃が最適です。 種まきは、土の温度が10℃を超えていることが条件です。 ●土 ・肥料 苗床や挿し床には、小粒の赤玉土を使用します。地植えの場合は、 水はけがよければ土質は問いませんが、 鉢植えの場合は、赤玉土6、腐葉土4の割合で混合した用土を使うとよいでしょう。 やせぎみの土質を好むハーブなので、肥料はとくにありません。 ● 収穫時期 ドライフラワーにしようすると場合は開花後から満開になるまでの 晴れた日の午前中に茎から刈り取り、束ねて風通しのよい日陰に逆さに吊るして乾燥させます。

【ハーブ】アニスヒソップ 葉にアニスの香りがします。風邪薬や咳止め、疲労回復に効果あります♪さわやかな香りと清楚な花色が美しい☆アニスヒソップ  3号ポット 【ヤナギハッカ】【花ハーブとカラーリーフ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】アニスヒソップ 葉にアニスの香りがします。風邪薬や咳止め、疲労回復に効果あります♪さわやかな香りと清楚な花色が美しい☆アニスヒソップ 3号ポット 【ヤナギハッカ】【花ハーブとカラーリーフ】

●手入れ 6月中旬~9月上旬は、株が蒸れると枯れやすくなります。込み合った部分は枝を根元から切り取って間引き、風通しをよくしましょう。 多湿に弱いので、つねに乾かしぎみに保ちます。 地植えの場合は、普段の水やりは必要ありません。ただし、夏に極度に乾燥した場合は水を与えてください。 鉢植えの場合は、土の表面が白く乾いてからたっぷりと水やりし、受け皿に溜まった水は、そのつど捨てるようにしてください。 ●用 土 水はけがよく、アルカリ性の土を好みます。 赤玉土6:腐葉土3:バーミキュライト1の割合が好ましいです。 植えつけの1週間前に少量の苦土石灰を混ぜ込むとよいでしょう。●特徴・利用方法 和名でヤナギハッカとも呼ばれています。その名の通り柳に似た葉はハッカのような芳香があります。 地中海沿岸に多く自生する多年草で、草丈は45~60cm。直立する茎は木質化してよく分枝し、 株は直径60~100cmほどに広がります。 温暖な地域では常緑を保ちますが、寒冷地では冬に落葉するのが特徴です。 6~9月には、紫青色や白、ときにピンクの花色をした唇形の小花が咲きます。 ヒソップは、乾燥させた葉をリキュールの香りづけや、香辛料として使うほか、 葉や花のハーブティーを楽しんだり、防虫作用があるのでポプリにも向きます。

【ハーブ】レモンミント【切り戻し中】レモンとミントのさわやかな組み合わせ♪ハーブティーはレモンの香りで飲みやすいですよ♪レモンミント【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】レモンミント【切り戻し中】レモンとミントのさわやかな組み合わせ♪ハーブティーはレモンの香りで飲みやすいですよ♪レモンミント【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

●置き場所 日当たりの良い場所を好みますが強い直射日光に当てると葉が枯れたり生育が弱ったりします。 春から秋は半日陰の風通しの良い場所で育てます。 寒さには非常に強いので、0℃以下でも枯れることはありません。 冬は霜に当たると地上部が枯れてしまいますが根は生きており、春になると再び新芽がふいて元気に育ちます。 冬にも収穫を行いた場合は敷きワラなどをして、霜に当てないように防寒対策を行いましょう。 ●手入れ 生育が旺盛で庭植えにしている場合は他の植物の領域まで侵すくらいよく広がります。 畑に植えるなら、深さ20cm以上の板で囲い他の作物とは隔離した方がいいでしょう。 余計な根や枝は切り取って広がりすぎないように注意しましょう 高さが15cmくらいになったら、思い切って半分くらいに摘心します。そうすると枝もたくさん出て、 収穫量も増えます。また、8月頃に株元で切りつめると秋に再び新しい芽が出てきて収穫できます。 湿り気のある土を好みます。土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えましょう。 特に夏は水切れしやすいので乾き具合をこまめにチェックしましょう。 水切れをさせると生育が衰えて葉や茎が硬くなってしまいます 肥料は春に新芽が伸びてきた頃にゆっくりと効くタイプの粒状の肥料を株元に少量与えます。 それ以上は特に必要ありません。かえつて与えすぎると香りが弱まってしまいます。 ●用土 湿り気のある土を好みますので水もちの良い土が適しています。 赤玉土(小粒)5:腐葉土3:バーミキュライト2の割合が好ましいです。 庭植えにする場合は植える場所にあらかじめ腐葉土や堆肥を混ぜ込んでおきましょう。 ●植え替え 鉢植えにしているものは生育が旺盛なので毎年植え替えます。 一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えるが、それ以上大きくしたくない場合は株分けを行いましょ...

【ハーブ】キャンディミント【切り戻し中】鎮静作用・胃のもたれ・むかつきなどに効果があります香りが強い品種です♪キャンディミント【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】キャンディミント【切り戻し中】鎮静作用・胃のもたれ・むかつきなどに効果があります香りが強い品種です♪キャンディミント【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

●置き場所 日当たりの良い場所を好みますが強い直射日光に当てると葉が枯れたり生育が弱ったりします。 春から秋は半日陰の風通しの良い場所で育てます。 寒さには非常に強いので、0℃以下でも枯れることはありません。 冬は霜に当たると地上部が枯れてしまいますが根は生きており、春になると再び新芽がふいて元気に育ちます。 冬にも収穫を行いた場合は敷きワラなどをして、霜に当てないように防寒対策を行いましょう。 ●手入れ 生育が旺盛で庭植えにしている場合は他の植物の領域まで侵すくらいよく広がります。 畑に植えるなら、深さ20cm以上の板で囲い他の作物とは隔離した方がいいでしょう。 余計な根や枝は切り取って広がりすぎないように注意しましょう 高さが15cmくらいになったら、思い切って半分くらいに摘心します。そうすると枝もたくさん出て、 収穫量も増えます。また、8月頃に株元で切りつめると秋に再び新しい芽が出てきて収穫できます。 湿り気のある土を好みます。土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えましょう。 特に夏は水切れしやすいので乾き具合をこまめにチェックしましょう。 水切れをさせると生育が衰えて葉や茎が硬くなってしまいます 肥料は春に新芽が伸びてきた頃にゆっくりと効くタイプの粒状の肥料を株元に少量与えます。 それ以上は特に必要ありません。かえつて与えすぎると香りが弱まってしまいます。 ●用土 湿り気のある土を好みますので水もちの良い土が適しています。 赤玉土(小粒)5:腐葉土3:バーミキュライト2の割合が好ましいです。 庭植えにする場合は植える場所にあらかじめ腐葉土や堆肥を混ぜ込んでおきましょう。 ●植え替え 鉢植えにしているものは生育が旺盛なので毎年植え替えます。 一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えるが、それ以上大きくしたくない場合は株分けを行いましょ...

【ハーブ】アラビアンナイトラベンダー成長が早く、香りの強い品種です!ポプリや、花束にするのがぴったり☆アラビアンナイトラベンダー 3号ポット 【ラベンダー】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】アラビアンナイトラベンダー成長が早く、香りの強い品種です!ポプリや、花束にするのがぴったり☆アラビアンナイトラベンダー 3号ポット 【ラベンダー】

●置き場所 日光が充分当たらないと生長が良くないので、じゅうぶんに日光に当てるようにします。 夏はできるだけ風通しの良い場所に置いて、温度が上がらないように工夫しましょう。 冬は0℃以上あれば枯れることはありませんので、戸外においていても特に防寒などの必要はありません。 ●水やり 土の表面が乾いてから与えるようにしましょう。もともと乾燥気味の環境を好みますので、 常時土の表面が乾燥気味になるようにしましょう。 ●用土 水はけがよく、有機質に富んだ土を好みます。例:赤玉土(小粒)5:腐葉土3:川砂2 ●植えかえ 地植にしている場合はそのまま植え替える必要はありません。 鉢植えにしている場合はそのまま育てていくと根がきゅうくつになって生長できなくなってしまいますので、 一回り大きい鉢に植え替えるようにします。適期は生長がはじまる3から4月頃です。 ●殖やし方 タネまき、挿し木で殖やすことができます。挿し木の時期は5から6月、9から10月で、 虫や病気のついていない芽を10cmほどの長さに切ってさし穂とします。 その際、土に埋まる部分の葉っぱは全部取っておきましょう。 タネまきは3から4月におこないます。タネは発芽しにくく、2週間ほどかかるので、 それまで乾かさないように十分注意しましょう。ラベンダーは日本人でも知っている人が多いハーブの一つです。 全部で28種類ありますが、「イングリッシュラベンダー」と呼ばれる種が一番多く、 ポピュラーでもあります。 ほかにも「デンタータ種」「ストエスカス種」「ラナータ種」 「ビリディス種」などの種類があり、それぞれが特徴のある草姿をしています。

【ハーブ】ゴールデンレモンタイムほのかに香るレモンの香り♪ティーやお菓子にはもちろん、観賞用にも楽しめますゴールデンレモンタイム 3号ポット 【ティー向けハーブ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】ゴールデンレモンタイムほのかに香るレモンの香り♪ティーやお菓子にはもちろん、観賞用にも楽しめますゴールデンレモンタイム 3号ポット 【ティー向けハーブ】

●手入れ 枝がよく茂り風通しが悪くなると、株が蒸れて葉が枯れあがってしまうことがあります。 特に梅雨時期に起こりやすいので、梅雨前に一度、株全体の3分の1くらいを刈り込みましょう。 冬前にも同様に刈り込みを行います。 そうすることで春になってからよく芽が出るようになります 乾燥気味の土壌を好みます。土の表面が完全に乾いてから与えるようにしましょう。 ただ、植え付け直後は根付くまでの1ヶ月はたっぷりと与えるようにします。 冬は生育がにぶるのでさらに水やりの回数を減らし、 土の表面が乾いてから2日ほどまって、水を与えるようにすると良いでしょう。 肥料は、植え付ける前に土にゆっくりと効く粒状の肥料を土の中に混ぜ込みます。 その後、追肥として真夏をのぞいた3月~11月まで液体肥料を与えるか、 土の上に置くタイプの固形肥料を与えるようにします。 あまり与えすぎると香りが弱くなりますので注意して下さい。 ●置き場所 丈夫な植物で日陰でも生育に問題はありませんが、日当たりがよく、風通しのよい場所の方が 葉の色つやも良くなり元気に育ちます。 耐寒性はあるので冬でも外で管理できますが、 地植にしていると霜の被害で葉が真っ黒になってしまうことがあります。 暖かくなると新しい芽が出てくるので特に問題はありませんが、 あまりにもひどい場合はしきワラなどを使って防寒しましょう ●用土 鉢植えにする場合は、赤玉土7:腐葉土3の割合が好ましいでしょう。 庭植にする場合、酸性土壌を嫌うので、植え付ける2週間前に石灰を混ぜ込んで置いて 酸性を中和するようにします。 ●植え替え タイムは根の生長が比較的早い植物なので、小さい鉢に植えているとすぐに鉢の中が根でいっぱいになり、 根づまりをおこしてしまいます。鉢の底から根が伸び出してきたら植え替えの合図です。 3月~4月...

【ハーブ】レモンバーム【切り戻し中】ティーはモチロン、ホワイトソースやマヨネーズの香りづけにもどうぞ!レモンバーム 3号ポット 【メリッサ】【ティー向けハーブ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】レモンバーム【切り戻し中】ティーはモチロン、ホワイトソースやマヨネーズの香りづけにもどうぞ!レモンバーム 3号ポット 【メリッサ】【ティー向けハーブ】

●手入れ 枝葉が混み合って風通しが悪くなると蒸れて葉が枯れたり病気が発生することがあります。 枝を間引いて株の内側まで風が良く通るようにしましょう。 また、枯れた枝や葉はこまめに摘み取ります。 また、開花すると株が老化して茎が堅くなってしまうのでつぼみが開く直前に収穫もかねて 上部1/3ほどを刈り取るか花が咲いて堅くなった茎を株元近くで切り落とします。 これは新芽を出させるための大切な作業です。 やや湿り気のある土壌を好みます。土の表面が乾いていたらたっぷりと水を与えましょう。 水切れさせると葉が黄ばみますので、庭植えにしているものも極端に乾燥させないように水やりを行います。 また、肥料切れを起こしても葉が黄ばむことがあります。 植え付ける際にあらかじめ土にゆっくりと効く肥料を混ぜ込んでおき、 その後追肥として化成肥料を株元から少し離れた場所に与えましょう。 夏に収穫をかねて茎を刈り取った後、同様に追肥を与えると新芽がよく出てまた収穫できるようになります。 ●置き場所 直射日光の当たる場所よりも明るい日陰の方が葉の色つやも鮮やかで美しく育ちます。 梅雨時期のように日の当たらない日が続くと葉の質が柔らかくなり、 その後真夏の直射日光に当たると強烈な日差しに耐えきれずに葉が焼けてしまうことがあります。 寒さに強く-5℃程度までは耐えますので、平地では特に防寒の必要はありません。●特徴・利用方法 別名メリッサともいい、ハーブティーや料理の香り付けに利用します。 生葉を摘み取って手のひらでたたいて、 香りを出してから紅茶やワインに浮かべても十分香りを楽しむことができます。 そのほかにも入浴剤や乾燥した葉はポプリや安眠するために、まくらの中に入れても利用できます。 葉はいつでも摘みとれますが、初夏の開花始めのころが、最も香りがあります。...

【ハーブ】オーデコロンミント【切り戻し中】紫がかった葉が美しい♪レモンにも似たさわやかな香りですオーデコロンミント【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】オーデコロンミント【切り戻し中】紫がかった葉が美しい♪レモンにも似たさわやかな香りですオーデコロンミント【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

●置き場所 日当たりの良い場所を好みますが強い直射日光に当てると葉が枯れたり生育が弱ったりします。 春から秋は半日陰の風通しの良い場所で育てます。 寒さには非常に強いので、0℃以下でも枯れることはありません。 冬は霜に当たると地上部が枯れてしまいますが根は生きており、春になると再び新芽がふいて元気に育ちます。 冬にも収穫を行いた場合は敷きワラなどをして、霜に当てないように防寒対策を行いましょう。 ●手入れ 生育が旺盛で庭植えにしている場合は他の植物の領域まで侵すくらいよく広がります。 畑に植えるなら、深さ20cm以上の板で囲い他の作物とは隔離した方がいいでしょう。 余計な根や枝は切り取って広がりすぎないように注意しましょう 高さが15cmくらいになったら、思い切って半分くらいに摘心します。そうすると枝もたくさん出て、 収穫量も増えます。また、8月頃に株元で切りつめると秋に再び新しい芽が出てきて収穫できます。 湿り気のある土を好みます。土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えましょう。 特に夏は水切れしやすいので乾き具合をこまめにチェックしましょう。 水切れをさせると生育が衰えて葉や茎が硬くなってしまいます 肥料は春に新芽が伸びてきた頃にゆっくりと効くタイプの粒状の肥料を株元に少量与えます。 それ以上は特に必要ありません。かえつて与えすぎると香りが弱まってしまいます。 ●用土 湿り気のある土を好みますので水もちの良い土が適しています。 赤玉土(小粒)5:腐葉土3:バーミキュライト2の割合が好ましいです。 庭植えにする場合は植える場所にあらかじめ腐葉土や堆肥を混ぜ込んでおきましょう。 ●植え替え 鉢植えにしているものは生育が旺盛なので毎年植え替えます。 一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えるが、それ以上大きくしたくない場合は株分けを行いましょ...

【ハーブ】ニホンハッカ【ホクト】【切り戻し中】日本在来の品種です!ハーブティーですっきりさわやか☆ニホンハッカ【ホクト】【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】ニホンハッカ【ホクト】【切り戻し中】日本在来の品種です!ハーブティーですっきりさわやか☆ニホンハッカ【ホクト】【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

●置き場所 日当たりの良い場所を好みますが強い直射日光に当てると葉が枯れたり生育が弱ったりします。 春から秋は半日陰の風通しの良い場所で育てます。 寒さには非常に強いので、0℃以下でも枯れることはありません。 冬は霜に当たると地上部が枯れてしまいますが根は生きており、春になると再び新芽がふいて元気に育ちます。 冬にも収穫を行いた場合は敷きワラなどをして、霜に当てないように防寒対策を行いましょう。 ●手入れ 生育が旺盛で庭植えにしている場合は他の植物の領域まで侵すくらいよく広がります。 畑に植えるなら、深さ20cm以上の板で囲い他の作物とは隔離した方がいいでしょう。 余計な根や枝は切り取って広がりすぎないように注意しましょう 高さが15cmくらいになったら、思い切って半分くらいに摘心します。そうすると枝もたくさん出て、 収穫量も増えます。また、8月頃に株元で切りつめると秋に再び新しい芽が出てきて収穫できます。 湿り気のある土を好みます。土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えましょう。 特に夏は水切れしやすいので乾き具合をこまめにチェックしましょう。 水切れをさせると生育が衰えて葉や茎が硬くなってしまいます 肥料は春に新芽が伸びてきた頃にゆっくりと効くタイプの粒状の肥料を株元に少量与えます。 それ以上は特に必要ありません。かえつて与えすぎると香りが弱まってしまいます。 ●用土 湿り気のある土を好みますので水もちの良い土が適しています。 赤玉土(小粒)5:腐葉土3:バーミキュライト2の割合が好ましいです。 庭植えにする場合は植える場所にあらかじめ腐葉土や堆肥を混ぜ込んでおきましょう。 ●植え替え 鉢植えにしているものは生育が旺盛なので毎年植え替えます。 一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えるが、それ以上大きくしたくない場合は株分けを行いましょ...

【ハーブ】アロマティカス【キュバンオレガノ】多肉植物として、ハーブとして、とても人気の品種です♪香り良し!見て良し!味良し!の三拍子♪アロマティカス【キュバンオレガノ】 3号ポット ...

ファーム フローラル

398

【ハーブ】アロマティカス【キュバンオレガノ】多肉植物として、ハーブとして、とても人気の品種です♪香り良し!見て良し!味良し!の三拍子♪アロマティカス【キュバンオレガノ】 3号ポット ...

—アロマティカスの育て方— ○置き場所 日光が大好きです、お部屋に置く時は出窓のような良く日の当たる場所がいいでしょう。 寒さに弱いため、冬は5度以上はある場所で管理しましょう。 ○手入れ 感想を好む性質なので、水の与え過ぎには注意しましょう。 冬は水を控え気味することで耐寒性が上がります。 野菜用の有機肥料を施すと生育が良くなりますが、 多すぎると香りが落ちるので与え過ぎないよう注意しましょう。 生育が衰えたと感じるとき以外は与えなくても十分に育ちます。 混生して生えるため、梅雨時期はとても蒸れやすいです。 風通しのよい場所で管理し、余分な葉をカットしてあげましょう。 大きくなりすぎたら下葉4、5枚程度残し、茎をカットしてください。 新しいわき芽が出てきます。 ○用土 基本的に乾燥を好む性質ですが、多少みずもちの良い土壌が適しています。 ハーブ用の土でも育てられます。多肉植物としてここ何年か流通が多くなった、 多肉植物とハーブの二つの顔を持つ植物です。 別名をスープミント・キューバンオレガノと呼ばれます。 とても香りのよいことが特徴で、 その香りは『ミントに似ている』『セージに近い』『甘い柑橘系の香り』などと、 さまざまな表現がされています。 肉厚な葉は料理にも使えます。中南米辺りでは肉料理に使い、 香料としても使われています。 メキシコ、カリブ海諸国では肉や魚料理の香辛料、洗髪や洗濯の際の香り付けに利用されています。

【ハーブ】ドーンバレータイム黄色の斑入りの葉が美しい♪さわやかレモンの香り★ドーンバレータイム 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】ドーンバレータイム黄色の斑入りの葉が美しい♪さわやかレモンの香り★ドーンバレータイム 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

●手入れ 枝がよく茂り風通しが悪くなると、株が蒸れて葉が枯れあがってしまうことがあります。 特に梅雨時期に起こりやすいので、梅雨前に一度、株全体の3分の1くらいを刈り込みましょう。 冬前にも同様に刈り込みを行います。 そうすることで春になってからよく芽が出るようになります 乾燥気味の土壌を好みます。土の表面が完全に乾いてから与えるようにしましょう。 ただ、植え付け直後は根付くまでの1ヶ月はたっぷりと与えるようにします。 冬は生育がにぶるのでさらに水やりの回数を減らし、 土の表面が乾いてから2日ほどまって、水を与えるようにすると良いでしょう。 肥料は、植え付ける前に土にゆっくりと効く粒状の肥料を土の中に混ぜ込みます。 その後、追肥として真夏をのぞいた3月~11月まで液体肥料を与えるか、 土の上に置くタイプの固形肥料を与えるようにします。 あまり与えすぎると香りが弱くなりますので注意して下さい。 ●置き場所 丈夫な植物で日陰でも生育に問題はありませんが、日当たりがよく、風通しのよい場所の方が 葉の色つやも良くなり元気に育ちます。 耐寒性はあるので冬でも外で管理できますが、 地植にしていると霜の被害で葉が真っ黒になってしまうことがあります。 暖かくなると新しい芽が出てくるので特に問題はありませんが、 あまりにもひどい場合はしきワラなどを使って防寒しましょう ●用土 鉢植えにする場合は、赤玉土7:腐葉土3の割合が好ましいでしょう。 庭植にする場合、酸性土壌を嫌うので、植え付ける2週間前に石灰を混ぜ込んで置いて 酸性を中和するようにします。 ●植え替え タイムは根の生長が比較的早い植物なので、小さい鉢に植えているとすぐに鉢の中が根でいっぱいになり、 根づまりをおこしてしまいます。鉢の底から根が伸び出してきたら植え替えの合図です。 3月~4月...

レモンユーカリさわやかに香るレモンの香り…♪置いとくだけで蚊を寄せ付けない!芳香と防虫のW効果♪レモンユーカリ 3.5号ポット

ファーム フローラル

409

レモンユーカリさわやかに香るレモンの香り…♪置いとくだけで蚊を寄せ付けない!芳香と防虫のW効果♪レモンユーカリ 3.5号ポット

【ユーカリの育て方】 病気 うどん粉病・害虫 とくになし 春~秋にかけてうどん粉病発生します。 うどん粉病にかかると若葉や茎が白い粉を吹いたようになり 生育が衰えたり枯れたりします。 発生を確認したら早めにうどん粉に有効な殺菌剤を散布して、 それ以上病気が広がらないようにしましょう。 ホームセンターでスプレー剤が市販されています ユーカリに含まれる製油(ユーカリ油)には 殺菌・解毒・鎮痛・防虫作用があるといわれています。 葉にレモンのようなさわやかな芳香のあるレモンユーカリは 葉を乾燥させてポプリの材料などに使われます ギンマルバユーカリなどの葉の美しいものは 生け花の材料に使われることもあります 葉の美しいもの、芳香のあるものなど様々 ●うどん粉病に気を付ける ●冬は霜よけを行う ●酸性の土を嫌います 600種類の仲間がオーストラリアを中心に分布する常緑性の高木で、 コアラの食用となる樹木として有名です。 誤解が多いようですが、すべてがコアラの食用になるわけではなく その中でも一部の数十種類がコアラの食料となります。 日本には1875年頃に渡来し街路樹や切り枝(生け花)に利用されてきました。 芳香のある葉がポプリなどに使われるレモンユーカリや銀白色で 円形の葉がユニークで庭植えやコンテナ植えで人気の高い ギンマルバユーカリなどに品種が比較的以前から普及していましたが、 シルバーリーフの植物の人気が高まり今では色々な種類のユーカリが入手できるようになりました。 ちなみにレモンユーカリもギンマルバユーカリもコアラの食用となる品種ではないそうです 考えているよりも予想以上に大きくなる木です。 高さを低くおさえたい場合は春~秋の生育期に摘心を行います。 生長が早いので摘心(※)はこまめに行う必要があります。 ※摘心(てきしん)...

【ハーブ】パイナップルミント【切り戻し中】クリーム色の斑入りです☆甘い香りはお菓子やティーと相性ピッタリです♪パイナップルミント【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】パイナップルミント【切り戻し中】クリーム色の斑入りです☆甘い香りはお菓子やティーと相性ピッタリです♪パイナップルミント【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

●置き場所 日当たりの良い場所を好みますが強い直射日光に当てると葉が枯れたり生育が弱ったりします。 春から秋は半日陰の風通しの良い場所で育てます。 寒さには非常に強いので、0℃以下でも枯れることはありません。 冬は霜に当たると地上部が枯れてしまいますが根は生きており、春になると再び新芽がふいて元気に育ちます。 冬にも収穫を行いた場合は敷きワラなどをして、霜に当てないように防寒対策を行いましょう。 ●手入れ 生育が旺盛で庭植えにしている場合は他の植物の領域まで侵すくらいよく広がります。 畑に植えるなら、深さ20cm以上の板で囲い他の作物とは隔離した方がいいでしょう。 余計な根や枝は切り取って広がりすぎないように注意しましょう 高さが15cmくらいになったら、思い切って半分くらいに摘心します。そうすると枝もたくさん出て、 収穫量も増えます。また、8月頃に株元で切りつめると秋に再び新しい芽が出てきて収穫できます。 湿り気のある土を好みます。土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えましょう。 特に夏は水切れしやすいので乾き具合をこまめにチェックしましょう。 水切れをさせると生育が衰えて葉や茎が硬くなってしまいます 肥料は春に新芽が伸びてきた頃にゆっくりと効くタイプの粒状の肥料を株元に少量与えます。 それ以上は特に必要ありません。かえつて与えすぎると香りが弱まってしまいます。 ●用土 湿り気のある土を好みますので水もちの良い土が適しています。 赤玉土(小粒)5:腐葉土3:バーミキュライト2の割合が好ましいです。 庭植えにする場合は植える場所にあらかじめ腐葉土や堆肥を混ぜ込んでおきましょう。 ●植え替え 鉢植えにしているものは生育が旺盛なので毎年植え替えます。 一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えるが、それ以上大きくしたくない場合は株分けを行いましょ...

【ハーブ】カーリーミント【切り戻し中】縮れた葉がかわいい!苦みがなく、さわやかな香りですカーリーミント【切り戻し中】 3号ポット 【チリメンハッカ】【ミント】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】カーリーミント【切り戻し中】縮れた葉がかわいい!苦みがなく、さわやかな香りですカーリーミント【切り戻し中】 3号ポット 【チリメンハッカ】【ミント】

●置き場所 日当たりの良い場所を好みますが強い直射日光に当てると葉が枯れたり生育が弱ったりします。 春から秋は半日陰の風通しの良い場所で育てます。 寒さには非常に強いので、0℃以下でも枯れることはありません。 冬は霜に当たると地上部が枯れてしまいますが根は生きており、春になると再び新芽がふいて元気に育ちます。 冬にも収穫を行いた場合は敷きワラなどをして、霜に当てないように防寒対策を行いましょう。 ●手入れ 生育が旺盛で庭植えにしている場合は他の植物の領域まで侵すくらいよく広がります。 畑に植えるなら、深さ20cm以上の板で囲い他の作物とは隔離した方がいいでしょう。 余計な根や枝は切り取って広がりすぎないように注意しましょう 高さが15cmくらいになったら、思い切って半分くらいに摘心します。そうすると枝もたくさん出て、 収穫量も増えます。また、8月頃に株元で切りつめると秋に再び新しい芽が出てきて収穫できます。 湿り気のある土を好みます。土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えましょう。 特に夏は水切れしやすいので乾き具合をこまめにチェックしましょう。 水切れをさせると生育が衰えて葉や茎が硬くなってしまいます 肥料は春に新芽が伸びてきた頃にゆっくりと効くタイプの粒状の肥料を株元に少量与えます。 それ以上は特に必要ありません。かえつて与えすぎると香りが弱まってしまいます。 ●用土 湿り気のある土を好みますので水もちの良い土が適しています。 赤玉土(小粒)5:腐葉土3:バーミキュライト2の割合が好ましいです。 庭植えにする場合は植える場所にあらかじめ腐葉土や堆肥を混ぜ込んでおきましょう。 ●植え替え 鉢植えにしているものは生育が旺盛なので毎年植え替えます。 一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えるが、それ以上大きくしたくない場合は株分けを行いましょ...

【ハーブ】ベトニー【 ビショップスワート】赤い穂のようなお花が庭のアクセントに♪切り傷などに効果あり☆かつては神経鎮静の薬として取り扱われました!べトニー【 ビショップスワート】 3号ポット ...

ファーム フローラル

322

【ハーブ】ベトニー【 ビショップスワート】赤い穂のようなお花が庭のアクセントに♪切り傷などに効果あり☆かつては神経鎮静の薬として取り扱われました!べトニー【 ビショップスワート】 3号ポット ...

○置き場所 特に土質などにこだわらなくても育てることが出来る植物です。 水はけがよいやや乾燥した場所を選びましょう。 生育が旺盛なので、数年で大株に育っていきます。 高温多湿には弱いので、梅雨時期の長雨や蒸れさせないよう に気をつけてください。—べトニーの育て方— 学名=Stachys officinalis 別名= ビショップスワート、カッコウソウ 科名=シソ科 原産地=ヨーロッパ、アジア 利用法=薬用、観賞用など 原産地のヨーロッパでは、庭植えハーブとしてよく植えられています。 縁にはギザギザのある葉を持ち、鮮やかな赤紫色の小さな花を穂のようにして たくさん咲かせていきます。 昔は頭痛や不眠症、強壮などに効果があるとして、乾燥した葉を 煎じたものを薬用として、使用していましたが、現在では葉や根には毒性があることが わかりました。食用として使用することは避けた方が無難でしょう。 花壇や庭植えにしておくと観賞用として楽しむことが出来ます。 シソ科の植物で耐寒性多年草です。 べトニーにふくまれるタンニンは、パップ剤として切り傷や挫傷に効果があります。

【ハーブ】ベルガモット ホワイト燃えさかる様な豪華な花姿♪ハーブティーで楽しみましょう★ベルガモット ホワイト 3号ポット 【タイマツバナ】【ティー向けハーブ】

全2商品

301

【ハーブ】ベルガモット ホワイト燃えさかる様な豪華な花姿♪ハーブティーで楽しみましょう★ベルガモット ホワイト 3号ポット 【タイマツバナ】【ティー向けハーブ】

—ベルガモットの育て方— ●手入れ 花が咲き終わったら花首の当たりで切り落としましょう。 株が大きくなって枝葉が混み合ってくると株が蒸れて 下葉が枯れ上がったり病気にかかりやすくなりますので、 混み合った部分は刈り込むなどしましょう 過湿を嫌いますが乾燥させ過ぎると生育不良をおこします。 特に真夏は乾きやすいので水切れに気を付けましょう。 生育期に肥料が切れると枯れることもあります。 植え付ける際に土にあらかじめゆっくりと効く粒状の肥料を混ぜ込んでおきます。 追肥として4月と6月、花後の9月に1回ずつ土に混ぜたものと同じ肥料や化成肥料を株元に与えましょう。 ●置き場所 日当たりを好みます。ただし、真夏の強烈な直射日光には弱く、 乾燥しすぎて生育が衰えたり葉焼けをおこします。庭植えにする場合は 半日陰の場所が植えつけ場所として適しています。 鉢植えの場合は夏は半日陰の場所に移動し そのほかの季節は日当たりの良い場所に置いて育てましょう 寒さに強く屋外で充分越冬可能です。特に防寒対策を行う必要はありません ●用土 やや湿り気があり、水はけの良い土を好みます。 地植えにする場合は植え付ける前に腐葉土を混ぜ込んでおきましょう。 鉢植えにする場合は赤玉土(小粒)6:腐葉土3:バーミキュライト1の割合が好ましいでしょう。●特徴 ベルガモットはその燃えさかるような炎のかたちをした花の形から タイマツバナという別名があります。 花と葉をハーブティーとして利用できます。 殺菌効果のあるチモールという成分を含んでいてのどの痛みや気管支炎に効果があるといわれています 若い葉はサラダやワインの香り付け、詰め物料理に利用します。 花びらはサラダに散らしたり、パンやクッキーに入れます。 その他にも茎ごと乾燥させてドライフラワーにしたり...

【ハーブ】ペニーロイヤルミント【這性】防虫効果あり!ポプリにおすすめです★紫のかわいいお花が咲きます♪ペ二ーロイヤルミント【這性】 3号ポット 【メグサハッカ】【ミント】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】ペニーロイヤルミント【這性】防虫効果あり!ポプリにおすすめです★紫のかわいいお花が咲きます♪ペ二ーロイヤルミント【這性】 3号ポット 【メグサハッカ】【ミント】

●置き場所 日当たりの良い場所を好みますが強い直射日光に当てると葉が枯れたり生育が弱ったりします。 春から秋は半日陰の風通しの良い場所で育てます。 寒さには非常に強いので、0℃以下でも枯れることはありません。 冬は霜に当たると地上部が枯れてしまいますが根は生きており、春になると再び新芽がふいて元気に育ちます。 冬にも収穫を行いた場合は敷きワラなどをして、霜に当てないように防寒対策を行いましょう。 ●手入れ 生育が旺盛で庭植えにしている場合は他の植物の領域まで侵すくらいよく広がります。 畑に植えるなら、深さ20cm以上の板で囲い他の作物とは隔離した方がいいでしょう。 余計な根や枝は切り取って広がりすぎないように注意しましょう 高さが15cmくらいになったら、思い切って半分くらいに摘心します。そうすると枝もたくさん出て、 収穫量も増えます。また、8月頃に株元で切りつめると秋に再び新しい芽が出てきて収穫できます。 湿り気のある土を好みます。土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えましょう。 特に夏は水切れしやすいので乾き具合をこまめにチェックしましょう。 水切れをさせると生育が衰えて葉や茎が硬くなってしまいます 肥料は春に新芽が伸びてきた頃にゆっくりと効くタイプの粒状の肥料を株元に少量与えます。 それ以上は特に必要ありません。かえつて与えすぎると香りが弱まってしまいます。 ●用土 湿り気のある土を好みますので水もちの良い土が適しています。 赤玉土(小粒)5:腐葉土3:バーミキュライト2の割合が好ましいです。 庭植えにする場合は植える場所にあらかじめ腐葉土や堆肥を混ぜ込んでおきましょう。 ●植え替え 鉢植えにしているものは生育が旺盛なので毎年植え替えます。 一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えるが、それ以上大きくしたくない場合は株分けを行いましょ...

【ハーブ】ジンジャーミント【切り戻し中】葉から香る、甘く、スパイシーなジンジャーの香り♪葉に薄く黄色の斑が入るのが特徴です★ジンジャーミント【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】ジンジャーミント【切り戻し中】葉から香る、甘く、スパイシーなジンジャーの香り♪葉に薄く黄色の斑が入るのが特徴です★ジンジャーミント【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

●置き場所 日当たりの良い場所を好みますが強い直射日光に当てると葉が枯れたり生育が弱ったりします。 春から秋は半日陰の風通しの良い場所で育てます。 寒さには非常に強いので、0℃以下でも枯れることはありません。 冬は霜に当たると地上部が枯れてしまいますが根は生きており、春になると再び新芽がふいて元気に育ちます。 冬にも収穫を行いた場合は敷きワラなどをして、霜に当てないように防寒対策を行いましょう。 ●手入れ 生育が旺盛で庭植えにしている場合は他の植物の領域まで侵すくらいよく広がります。 畑に植えるなら、深さ20cm以上の板で囲い他の作物とは隔離した方がいいでしょう。 余計な根や枝は切り取って広がりすぎないように注意しましょう 高さが15cmくらいになったら、思い切って半分くらいに摘心します。そうすると枝もたくさん出て、 収穫量も増えます。また、8月頃に株元で切りつめると秋に再び新しい芽が出てきて収穫できます。 湿り気のある土を好みます。土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えましょう。 特に夏は水切れしやすいので乾き具合をこまめにチェックしましょう。 水切れをさせると生育が衰えて葉や茎が硬くなってしまいます 肥料は春に新芽が伸びてきた頃にゆっくりと効くタイプの粒状の肥料を株元に少量与えます。 それ以上は特に必要ありません。かえつて与えすぎると香りが弱まってしまいます。 ●用土 湿り気のある土を好みますので水もちの良い土が適しています。 赤玉土(小粒)5:腐葉土3:バーミキュライト2の割合が好ましいです。 庭植えにする場合は植える場所にあらかじめ腐葉土や堆肥を混ぜ込んでおきましょう。 ●植え替え 鉢植えにしているものは生育が旺盛なので毎年植え替えます。 一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えるが、それ以上大きくしたくない場合は株分けを行いましょ...

ビワ 苗 【なつたより】 1年生 接ぎ木 ポット苗 枇杷 苗木 シンボルツリー 常緑果樹 果樹苗木

総合植物プロショップ花ひろば

3,218

ビワ 苗 【なつたより】 1年生 接ぎ木 ポット苗 枇杷 苗木 シンボルツリー 常緑果樹 果樹苗木

お届けする商品について 1年生接木苗 樹高0.4m前後でポットに仮植してあります。 ※画像は商品の一例です。 お届けする商品は植物なので個体差があります。 この商品の送料は160cmサイズとなります。 関東・甲信越・北陸・東海・関西…1560円 南東北・中国…1660円 北東北・四国・九州…1760円 北海道…2260円 沖縄…3760円 商品の注文個数によって複数梱包になり送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。なつたより(ビワ) 肉厚で果汁たっぷりサッパリとした味わい。 難易度:初心者にお勧めの果樹苗。 植栽適地:関東地方以西(太平洋岸の暖地)~九州 収穫時期:5月下旬~6月上旬 結果年齢:3~4年 果実の大きさ:60g~70g前後 隔年結果:しにくい 自家結実性:あり(1本で成ります) 落葉性:なし(常緑樹) 樹高(地植え):2m~3m (葉張り)2m~3m 樹高(鉢植え):約1.5m (葉張り)0.9m 栽培場所:地植え、鉢植え、畑、花壇、シンボルツリー 仕立て方:自然樹形 日照条件:日なた 開花時期:11月~2月頃 耐寒性/耐暑性:普通/普通 備考: ビタミンA、カルシウムや食物繊維が豊富に含まれる健康食品果実です。 やわらかく多汁で、甘みも強く美味しい豊産種。 長崎県果樹試験場において、最も食味がよいとされる「長崎早生」と、 大実の「福原早生」を交雑して生まれた実生の中から選抜、育成された大型品種。 大きさは平均60g以上、中果で卵型です。 果皮の色は橙黄色、皮は手で綺麗に剥けます。果肉に厚みがあり、食べ応えが感じられます。 食べた時の食感が茂木や長崎早生よりも柔らかく果汁が多いのも特徴です。 平均的な糖度は12度以上と長崎早生と同じくらいとされて...

【ハーブ】チャイブねぎやニラの代用に♪和・洋・中どの料理でも重宝します!!チャイブ 3号ポット 【料理向けハーブ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】チャイブねぎやニラの代用に♪和・洋・中どの料理でも重宝します!!チャイブ 3号ポット 【料理向けハーブ】

●手入れ 土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。 真夏は乾きやすいので、こまめにチェックしてあげてください。 冬も地上部は枯れていても地下は生きています。庭植の場合は必要ありませんが、 鉢植えの場合は、土を極端に乾かさない程度に水を与えてください。 肥料は土に植え付ける前に化成肥料を混ぜ込みます。それ以降は、 葉がよく生長するように生育期には2ヶ月に1回程度油かすを施しましょう。 ●置き場所 日当たりがよい場所を好みます。ただし、暑さに少々弱い性質なので、 地植の場合は真夏の間は日をさえぎってあげた方が元気に育ちます。 鉢植えの場合は、風通しのよい場所で、棚の上などで管理しましょう。 冬は地上部分が枯れてしまいますが、地下部分は、生きています。 霜などで枯れてしまわないようにしきワラや腐葉土などで土の表面を覆ってあげましょう。 鉢植えの場合は特に必要ありません。 ●用土 有機質に富んだ土を好みます。 赤玉土(小)7:腐葉土3:堆肥1の割合がお勧めです。 地植えの場合、酸性土壌を大変嫌うので、 植え付ける2週間前くらいまでに苦土石灰を混ぜ込んで、酸性を中和させておきましょう。●特徴・利用方法 ハーブの一種で、細長くて中が空洞の葉を付けます。ネギのにおいをいくぶんか柔らかくした香味をもちますが、 他のネギ類に比べ臭みも少なく、万能の香味料として、 またネギやニラの代用として和・洋・中どの料理にも重宝するハーブです。 利用の仕方も普通のネギと同じようにスープなどに刻んで薬味にしたり、 オムレツに混ぜたりして利用します また二年目以降はピンクのネギボウズをつけますが、 この花もサラダやスープに入れたりと利用できます。ただ、花が咲くと葉が固くなってしまうので、 花を収穫する目的がない場合は早めに摘み取りましょう。...

行者にんに幅広い料理に使えます!ニンニク食べて元気になろう♪行者にんにく 2.5号ポット【1~2芽】 【料理向けハーブ】【山野草】

ファーム フローラル

430

行者にんに幅広い料理に使えます!ニンニク食べて元気になろう♪行者にんにく 2.5号ポット【1~2芽】 【料理向けハーブ】【山野草】

—行者にんにくの育て方— ●置き場所 畑、庭、雑木林、屋敷林、プランター、などで栽培が可能です。 もともと木々が覆い茂った山などで自生していますので、半日陰地などでも栽培が可能です。 ●手入れ もともと北海道の山奥などで育っているものなので防寒は必要はありません。 冬の時期は、雪国では心配ありませんが、 植え付け土壌が凍土・霜柱の出来る場所ではりん茎の頂点を地上より3センチ程度に植え、 葉の部分のみ地表に出るようにし、マルチングを施すと良いでしょう。 室内でプランター栽培をする場合は、乾燥に注意し、必要に応じて水を与えましょう。 栽培環境により、枯れる時期は多少違いますが、8月前後に葉が枯れることもあります。 葉が黄色くなり枯れても来年には再び発芽しますのでご安心ください。 ●用土 水はけの良い環境を好みます。 プランターでの栽培をする場合は、黒土と腐葉土と堆肥を1:1:1の割合がお勧めです。 弱酸性を好むので、アルカリ性の石灰などは使わないで下さい。 プランターや庭で小規模栽培を行っている場合は、こまめな追肥を行ってください。 堆肥と腐葉土だけで十分で、化学肥料は一切必要ありません。 畑などで栽培する場合は、植え付け前に堆肥を大量に施しておけば追肥は特に必要としません。 ●収穫 4月初めから5月中旬に茎と葉を収穫します。 このとき、苗の体力を奪いすぎないように根元から茎を2~3センチ必ず残してください。 1度収穫すると次回収穫するまでに2~3年の月日がかかります。 株分けや種蒔きなどで本数を増やしていくのが良いでしょう。

【ハーブ】イングリッシュミント【切り戻し中】甘く、さわやかな香りはジュース・デザートの飾りつけにぴったり♪強健な品種です!イングリッシュミント【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】イングリッシュミント【切り戻し中】甘く、さわやかな香りはジュース・デザートの飾りつけにぴったり♪強健な品種です!イングリッシュミント【切り戻し中】 3号ポット 【ミント】

●置き場所 日当たりの良い場所を好みますが強い直射日光に当てると葉が枯れたり生育が弱ったりします。 春から秋は半日陰の風通しの良い場所で育てます。 寒さには非常に強いので、0℃以下でも枯れることはありません。 冬は霜に当たると地上部が枯れてしまいますが根は生きており、春になると再び新芽がふいて元気に育ちます。 冬にも収穫を行いた場合は敷きワラなどをして、霜に当てないように防寒対策を行いましょう。 ●手入れ 生育が旺盛で庭植えにしている場合は他の植物の領域まで侵すくらいよく広がります。 畑に植えるなら、深さ20cm以上の板で囲い他の作物とは隔離した方がいいでしょう。 余計な根や枝は切り取って広がりすぎないように注意しましょう 高さが15cmくらいになったら、思い切って半分くらいに摘心します。そうすると枝もたくさん出て、 収穫量も増えます。また、8月頃に株元で切りつめると秋に再び新しい芽が出てきて収穫できます。 湿り気のある土を好みます。土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えましょう。 特に夏は水切れしやすいので乾き具合をこまめにチェックしましょう。 水切れをさせると生育が衰えて葉や茎が硬くなってしまいます 肥料は春に新芽が伸びてきた頃にゆっくりと効くタイプの粒状の肥料を株元に少量与えます。 それ以上は特に必要ありません。かえつて与えすぎると香りが弱まってしまいます。 ●用土 湿り気のある土を好みますので水もちの良い土が適しています。 赤玉土(小粒)5:腐葉土3:バーミキュライト2の割合が好ましいです。 庭植えにする場合は植える場所にあらかじめ腐葉土や堆肥を混ぜ込んでおきましょう。 ●植え替え 鉢植えにしているものは生育が旺盛なので毎年植え替えます。 一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えるが、それ以上大きくしたくない場合は株分けを行いましょ...

【ハーブ】ヒソップ ホワイト風邪薬や咳止め、疲労回復に効果あります♪さわやかな香りと清楚な花色が美しい☆ヒソップ ホワイト 3号ポット 【ヤナギハッカ】【花ハーブとカラーリーフ】

全2商品

301

【ハーブ】ヒソップ ホワイト風邪薬や咳止め、疲労回復に効果あります♪さわやかな香りと清楚な花色が美しい☆ヒソップ ホワイト 3号ポット 【ヤナギハッカ】【花ハーブとカラーリーフ】

●手入れ 6月中旬~9月上旬は、株が蒸れると枯れやすくなります。込み合った部分は枝を根元から切り取って間引き、風通しをよくしましょう。 多湿に弱いので、つねに乾かしぎみに保ちます。 地植えの場合は、普段の水やりは必要ありません。ただし、夏に極度に乾燥した場合は水を与えてください。 鉢植えの場合は、土の表面が白く乾いてからたっぷりと水やりし、受け皿に溜まった水は、そのつど捨てるようにしてください。 ●用 土 水はけがよく、アルカリ性の土を好みます。 赤玉土6:腐葉土3:バーミキュライト1の割合が好ましいです。 植えつけの1週間前に少量の苦土石灰を混ぜ込むとよいでしょう。●特徴・利用方法 和名でヤナギハッカとも呼ばれています。その名の通り柳に似た葉はハッカのような芳香があります。 地中海沿岸に多く自生する多年草で、草丈は45~60cm。直立する茎は木質化してよく分枝し、 株は直径60~100cmほどに広がります。 温暖な地域では常緑を保ちますが、寒冷地では冬に落葉するのが特徴です。 6~9月には、紫青色や白、ときにピンクの花色をした唇形の小花が咲きます。 ヒソップは、乾燥させた葉をリキュールの香りづけや、香辛料として使うほか、 葉や花のハーブティーを楽しんだり、防虫作用があるのでポプリにも向きます。

【ハーブ】キャラウェイ恋人を引きつける?!不思議な言い伝えのあるハーブです!口臭を防ぐ効果もあります☆キャラウェイ 3号ポット 【ヒメウイキョウ】【料理向けハーブ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】キャラウェイ恋人を引きつける?!不思議な言い伝えのあるハーブです!口臭を防ぐ効果もあります☆キャラウェイ 3号ポット 【ヒメウイキョウ】【料理向けハーブ】

—キャラウェイの育て方— ○置き場所 キャラウェイは日当たりのよい場所でよく育ち、水はけのよい、 有機質に富んだ養分の多い土が向いています。 ○手入れ 複数植え付ける場合は、20~30cmほど間隔を空けます。 ある程度草丈が伸びるので、ある程度の大きさまで生長したら支柱をつけましょう。 肥料は液肥を時々与えます。 ○収穫 5月~10月にかけて、若葉を摘みとり利用します。 種を収穫する場合は、種子の収穫は花が咲き終わり実がなり、 落実する頃に実ごと収穫し、陰干しした後、もみ落とします。 葉はサラダやスープに、、また野菜のように煮炊きにも使います。 種子はピクルスやチーズ料理、パン、クッキーなどに用います。 乾燥させたキャラウェイ・シーズは料理や加工食品に粉状か原型のまま使われます。 パンやケーキに粒上のまま入れると、かんだときにつぶれて風味が出ます。 ドイツのキャベツの漬物ザウエルクラウトには欠かせない食材です。 消化をよくし、呼気をさわやかにする効果があり、 インド料理の最後にフェンネルと同じように食べられることもあります。 ミックススパイスとしても使われます。 キャラウェイは、石器時代の遺跡や古代エジプトの墓、 シルクロード沿いの古代の宿場町の遺跡からも発見されています。 さわやかな甘い香りで噛むと少しほろ苦さが感じられ、 シード・ケーキといえばキャラウェイの実入りケーキのことを指すほどメジャーなスパイスです。 キャラウェイは恋人たちの心を引きつけて、 愛情を永続させるロマンチックな魔力がある媚薬と信じられています。 また、魔女から身を護ったり、人と人との縁をつなぐなど、不思議な力があると言い伝えられてきています。 シーズの精油には主にカルポンとリモネンを含んでいて、健胃、駆風薬に利用されます。

■香りのハーブ苗■タボールタイム10.5cmポット

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

398

■香りのハーブ苗■タボールタイム10.5cmポット

イタリアでは1番人気のタイムです! ■送料区分:A2(送料表はこちら)[20130319][20130624] TABLE BORDER="0"WIDTH="350"> ■ 形状・サイズ他 10.5cmポット苗 ■ お届け予定 *お届けはご注文を頂いてから3日後以降となります。 離島など一部お届けできない場合がございます。 ■農薬散布履歴 イミダクプリド水和剤 散布1回 クレソキシムメチル水和剤 散布1回 スパイシーな香りを持つハーブ。細かい葉と愛らしい花で人気のある植物です。ボリュームがあるので寄せ植えにも重宝!薬草としても知られ、ハーブティーをうがい薬代わりに使ったりします。お料理にも使えるスパイス。肉や魚料理と特に相性がよく、生の葉っぱを細かくちぎり、風味付けに使います。虫がこの香りを嫌うので、天然の防虫剤としても。色々な用途に使える素敵な植物です! タボールは強いしっかりとした香りが特徴で、料理用に向いています。イタリアでは1番人気のタイムです♪初夏に小さなピンクの花を付けます。 【育て方】 お届けした植物は早めにお水を与えてください。 シソ科の常緑低木 花時期は初夏 草丈~15cm 耐寒温度約-10℃(環境・生育状況により変わります) ■植え付け 鉢植えの場合、鉢底の穴をふさぐように(土こぼれ防止とナメクジなどの虫よけのため)鉢底ネットを敷き、その上に鉢の高さの1割ほど、鉢底の石を敷いてください。土はハーブを育てる土などのハーブ用の土がおすすめです。 庭植えの場合、掘り出した土にその土の2割くらいの量の腐葉土やたい肥を混ぜ込んでおいてください。みみずのフンもおすすめです。 今植わっている土の表面が地面の土の表面の高さと合うように、土を調整して入れて植え付けてください。鉢植えの場合、地面の表面が鉢の縁から2...

【ハーブ】チコリチコリコーヒーを楽しみませんか?葉・花・根すべて楽しめるハーブです♪チコリ 3号ポット 【料理向けハーブ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】チコリチコリコーヒーを楽しみませんか?葉・花・根すべて楽しめるハーブです♪チコリ 3号ポット 【料理向けハーブ】

●手入れ 乾燥に弱い植物です。夏は朝夕に与え、それ以外もある程度水を欠かさない様に注意して下さい。 寒さに強いのですが、反面少し暑さに弱いので真夏の直射日光は避けましょう。 冬は、霜柱が立つ場所で栽培しているのであれば、マルチングなどで防寒対策を行いましょう。 根が大きくなりますので、鉢やプランターで育てている場合は毎年株分けが必要です。 ●用土 アルカリ土壌を好みます。あらかじめ苦土石灰を少し混ぜて中和させておきましょう。 比較的肥料を好みますので、有機肥料の元肥を使う場合は予定の2~3週間前に土壌の準備をしておきます。 追肥には薄い液肥、固形の置き肥などを与えるといいです。 ●収穫 サラダにしたい場合は、3~4月に地際からカットして収穫、 根を使用する場合は秋に収穫すると良いでしょう。●特徴・利用方法 チコリの花や葉は、主にサラダに使われることが多いです。 チコリの若芽と花は西洋タンポポのようにチコリサラダとして知られており、人気があります。 他におひたしにしたり、間引いた幼株はバター炒めにしたりします。 花はサラダや砂糖漬けに使用できます。 朝咲いたものは昼にはしおれてしまいますので使う場合は早めに収穫しましょう。 またチコリの根を乾燥させ、刻んだり粉にしたものをコーヒー豆に混ぜると コーヒーの味を引き立てるといわれます。 葉は葉幅の広い形状をしており、花は美しいスカイブルーの花を咲かせます。

【ハーブ】ロンギカウリスタイム香るお花のカーペット♪グランドカバーにどうぞ!ロンギカウリスタイム 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】ロンギカウリスタイム香るお花のカーペット♪グランドカバーにどうぞ!ロンギカウリスタイム 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

●手入れ 枝がよく茂り風通しが悪くなると、株が蒸れて葉が枯れあがってしまうことがあります。 特に梅雨時期に起こりやすいので、梅雨前に一度、株全体の3分の1くらいを刈り込みましょう。 冬前にも同様に刈り込みを行います。 そうすることで春になってからよく芽が出るようになります 乾燥気味の土壌を好みます。土の表面が完全に乾いてから与えるようにしましょう。 ただ、植え付け直後は根付くまでの1ヶ月はたっぷりと与えるようにします。 冬は生育がにぶるのでさらに水やりの回数を減らし、 土の表面が乾いてから2日ほどまって、水を与えるようにすると良いでしょう。 肥料は、植え付ける前に土にゆっくりと効く粒状の肥料を土の中に混ぜ込みます。 その後、追肥として真夏をのぞいた3月~11月まで液体肥料を与えるか、 土の上に置くタイプの固形肥料を与えるようにします。 あまり与えすぎると香りが弱くなりますので注意して下さい。 ●置き場所 丈夫な植物で日陰でも生育に問題はありませんが、日当たりがよく、風通しのよい場所の方が 葉の色つやも良くなり元気に育ちます。 耐寒性はあるので冬でも外で管理できますが、 地植にしていると霜の被害で葉が真っ黒になってしまうことがあります。 暖かくなると新しい芽が出てくるので特に問題はありませんが、 あまりにもひどい場合はしきワラなどを使って防寒しましょう ●用土 鉢植えにする場合は、赤玉土7:腐葉土3の割合が好ましいでしょう。 庭植にする場合、酸性土壌を嫌うので、植え付ける2週間前に石灰を混ぜ込んで置いて 酸性を中和するようにします。 ●植え替え タイムは根の生長が比較的早い植物なので、小さい鉢に植えているとすぐに鉢の中が根でいっぱいになり、 根づまりをおこしてしまいます。鉢の底から根が伸び出してきたら植え替えの合図です。 3月~4月...

ハーブ 苗 【レモングラス】 3.5号ポット×4株セット ハーブ苗 セット

総合植物プロショップ花ひろば

1,641

ハーブ 苗 【レモングラス】 3.5号ポット×4株セット ハーブ苗 セット

お届けする商品について 3.5号ポット苗(直径約10cm)×4株で1セット 3.5号ポット(直径約10cm)に仮植してあります。 ※ハーブは生長が早いため商品画像とサイズが変わる場合があります。また、商品維持管理のため定期的に剪定を行いますので商品画像より小さくなる場合がございます。ご了承下さいませ。 この商品2セットまでの送料は80cmサイズです。 関東・甲信越・北陸・東海・関西…860円 南東北・中国…960円 北東北・四国・九州…1060円 北海道…1360円 沖縄…1660円 まとめ買いは送料がお得 この商品3~8セットの送料は160cmサイズです。 関東・甲信越・北陸・東海・関西…1560円 南東北・中国…1660円 北東北・四国・九州…1760円 北海道…2260円 沖縄…3760円 ※9セット以上はプラス1箱~送料が追加となります。 商品の注文個数によって送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。 サイズが異なる他の商品を注文した場合、その中の最大サイズの送料になります。できる限り送料のご負担が少なくなるよう梱包を工夫いたしますが、内容が複雑でわかりづらい場合は、ご注文前でもお気軽にお問い合わせくださいませ。レモングラスCymbogon citratusススキに似た樹形でレモンの香りがします。 用 途 品種の系統イネ科 オガルガヤ属 (多年草)難 易 度育てやすい。 植栽適地本州開 花 期4月下旬~5月下旬 花 色白 草 丈 100cm~180cm日 照 条 件日なた 耐寒性/耐暑性普通/普通肥 料 時 期3月~5月、9月~10月 土 質 水はけの良い土 水やり 湿り気味を好む 備 考 別名: オイルグラス、 メリッサグラスススキに似た線形の葉が根元...

【ハーブ】スイートマジョラムトマトやチーズとの相性抜群!ほろ苦い風味がクセになる!!スイートマジョラム 3号ポット 【マヨラナ】【料理向けハーブ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】スイートマジョラムトマトやチーズとの相性抜群!ほろ苦い風味がクセになる!!スイートマジョラム 3号ポット 【マヨラナ】【料理向けハーブ】

●手入れ 梅雨時の高温多湿に弱く、葉が密生しているところは蒸れて葉が枯れあがってしまうことがあります。 風通しを良くするためと収穫をかねて枝を刈り込みましょう。 まだ苗の時期に枝先を摘むとワキから芽が出てきてボリュームのある株になります。 伸びてきたら枝先を摘んで枝数を増やしましょう。 乾燥気味の環境の方がよく育ちます。土の表面が乾いてからたっぷりと与えましょう。 肥料は植え付ける際に土の中にゆっくりと効くタイプの肥料を混ぜ込みます。 あとは真夏(7、8月)をのぞいた生育期間中に追肥として液体肥料を月に1回与えます。 あまり肥料を与えすぎるとひょろひょろに伸びてしまい貧弱な株に育って最悪の場合そのまま枯れてしまうこともあるので、 肥料は控えめにして丈夫な株を作りましょう ●置き場所 日当たりがよい場所を好みます。加えて多湿に弱いのでできるだけ風通しの良い場所で管理して下さい。 マジョラムは夏の暑さには強いですが、株元をマルチングして乾燥しすぎを防ぎましょう。 真夏の午後の日ざしには日よけをしてあげたほうがよいです。 冬になると、生長がとまります。寒さには強く越冬できますが、マルチングなどの保護が必要です。 ●収穫 マジョラムの葉を保存用に刈り取るのは、開花の直前にします。花が咲くと株が弱って香りが落ちてしまうのです。 スイート・マージョラムは7月ごろから開花するので、その頃に収穫します。 夏に刈り込んでも、秋にはたっぷり繁ってくるので、また収穫できます。 たくさん収穫したら、いつでも使えるように乾燥させるか冷凍して、保存しましょう。 オリーブオイルやお酢につけて香りづけしてもよいです。●特徴 すっきりとした香りと苦みが特長です。肉料理、特にモツを使用する料理の臭い消しに利用されるほか、 生のままの葉っぱもサラダとして食用にできます...

人気の花・ガーデニング用品の蚊の嫌うハーブ、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になる蚊の嫌うハーブが見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「蚊の嫌うハーブ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ