「草花種」 の検索結果 363件

[牧草地のイメージの草花 春・秋まき 花タネ]グレアムオブミドーミックス

園芸ネット プラス

1,296

[牧草地のイメージの草花 春・秋まき 花タネ]グレアムオブミドーミックス

フランスの花の種です。明るい日の光にゆらめく花いっぱいの牧草地、といったイメージの草花のミックス種です。優しい色合いの花々のハーモニーが楽しめます。花壇に直播してください。春から秋まで、次々にさまざまな花が咲きます。多年草のミックスなので、一度種まきすれば2~3年繰り返し花が咲きます。とても美しい絵袋ですので、プレゼントにもお薦めです。裏面に簡単な栽培方法が記載してあります。 種の内容 ・ダマスカスニゲラ・コーンフラワー・シベリアンウォールフラワー・エスコルチア・サマーアドニス・イングリッシュウォールフラワー・ムギワラギク・マリーゴールドドワーフ・マリーゴールド八重・ヒナゲシ・カーネーション・スイートピー(宿根)・サポナリア その他タイプ:多年草(2~3年)まきどき:4~7月、9月中旬~11月(秋まき)開花:5~10月中旬(まいた時期により変わってきます)発芽適温:10℃~30℃発芽日数:15前後草丈:約20~60cm内容量:約3.5g絵袋サイズ:菱形 1辺約12.5cm★ロイヤルフルールのMIXガーデンは一袋で色々な草花が楽しめます。そのまま花壇にパラパラと蒔いたり、植木鉢に蒔いたり、種の種類を分けて種ごとに蒔いたり、色々な楽しみ方があります。基本的な種のブレンドはありますが、基本ブレンド以外の種も入っていて、毎年ブレンドが少しづつ変わります。★保存期間は2年以上と長く、ヨーロッパの中でも非常に品質の良い種です。ただし、種の保管状態によって数値は変わってまいります。種は高温多湿に弱いので、冷暗所で保管して下さい。保存期間は長いですが、なるべく早めにご使用いただく事をおすすめします。[牧草地のイメージの草花 春・秋まき 花タネ]グレアムオブミドーミックスの栽培ガイド種まきの方法:容器の選び方種まきの方法:色々なタネ

春まき種の苗つくりセット:コキア(ほうき草)

園芸ネット プラス

1,492

春まき種の苗つくりセット:コキア(ほうき草)

人気品種の種と、育苗用の種まき容器・培養土のセット。種まき初心者でも失敗なく苗を育てることができます。お値段もオトクなセットです。セット内容:ジフィーバーゲンガーデン(種まきスタートセット)[種まき・育苗用品] × 1コキア(ほうき草)[タネ 小袋][4~6月まき] × 1コキアは別名ホウキグサ・ホウキのような葉を鑑賞する草花です。春~夏は明るいライトグリーンの葉、秋は紅葉を楽しめます。また、熟した実は「トンブリ」として食用にも利用できます。昔は、夏に地上部を切り取って逆さにして陰干しし、乾燥したら実際にホウキに仕立てて利用していたそうです。花壇やコンテナのアクセントおすすめです。まきどき:4~6月頃開花期:7~10月頃(まいた時期によりかわります)発芽適温:20℃前後草丈:約70~100cm内容量:0.5ml(この袋で育つ苗の本数:約60本)桜の開花するころがタネまきの適期です。タネはやや細かく、清潔な土に保水性を持たせるために腐葉土やピートを混ぜた苗床に、3cm×3cmの大きさに3~4粒点まきし、5mmほどの土をかけます。発芽まで乾かさないように注意します。発芽がそろったら小鉢やポットに植え替え、日当たりのよいところで管理します。根が十分回った若苗を日当りのよい場所に株間約40cmで植えつけます。日当りが悪いと秋の色つきが悪くなります。肥料は完熟堆肥や腐葉土などの有機質だけで十分です。環境がよいと草丈は1m以上に伸びます。ジフィーバーゲンガーデン(種まきスタートセット)[種まき・育苗用品]種まき、さし芽が手軽にできる簡単栽培セット。ベーストレーに穴あきトレーをセットし、ジフィーミックス(さし芽タネまきの土)を入れて種をまきます。ベーストレーに入れた水を底面給水しますので、水切れの心配もなく、安心して苗を育てることができます...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル ブルー&ホワイトインプ 1000粒(ノーマル種子)

e-たねや

3,070

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル ブルー&ホワイトインプ 1000粒(ノーマル種子)

※パンジーアリルシリーズは『ノーマル種子』でのご提供となります。 【用途】 ポット苗  【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地では早春まき春出荷も可能です。  【播種】 夏~早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7~10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種専用培養土を使用し、セルトレーまきが理想です。  【育苗】 生育適温15~20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。  【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】  草花一般施肥。株の状態で判断し、液肥でコントロールします。  【栽培のポイント】冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からの播種が基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からの播種が理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめて悪くなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立枯病をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが、夏期は気温を下げるため寒冷遮下で管理してください。 406穴セルトレーで育苗期間25日程度(本葉3枚ほど)が移植時期です。 葉が触れ合うと徒長の原因となるので、各苗が触れ合う前の移植が理想です。 移植後は適湿、適温下で管理し、とくに夏期は寒冷遮下で気温を下げ...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ スイートポテト 500粒(プライマックス種子)

e-たねや

2,120

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ スイートポテト 500粒(プライマックス種子)

【特長】 サカタのタネ育成の中小輪系「よく咲くスミレ」シリーズです。パンジーの華やかさとビオラの強さ、多花性をあわせもつシリーズです。LR(ロングラン)性があり、低温短日期でもよく開花します。高温期のポット栽培でも徒長しにくく、シリーズのそろいがよいので、出荷ロスが少なく市場性にすぐれています。早生ですが、コンパクトな草姿で日もちがよく、おすすめの品種シリーズです。出荷時に輪数をあげることがシリーズの潜在能力を生かすうえで重要なポイントです。 【用途】 ポット苗 【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地用では早春まき春出荷も可能です。 【播種】 夏-早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7-10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種用土を使用し、セルトレーまきが理想です。 【育苗】 生育適温15-20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。 【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】 草花一般施肥。 株の状態で判断し、液肥でコントロールしてください。 【栽培】 冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からのタネまきが基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からのタネまきが理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめてわるくなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立ち枯れなどの病気をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル クリアホワイト(ver.2) 1000粒(ノーマル種子)

e-たねや

3,070

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル クリアホワイト(ver.2) 1000粒(ノーマル種子)

※パンジーアリルシリーズは『ノーマル種子』でのご提供となります。 【用途】 ポット苗  【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地では早春まき春出荷も可能です。  【播種】 夏~早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7~10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種専用培養土を使用し、セルトレーまきが理想です。  【育苗】 生育適温15~20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。  【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】  草花一般施肥。株の状態で判断し、液肥でコントロールします。  【栽培のポイント】冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からの播種が基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からの播種が理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめて悪くなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立枯病をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが、夏期は気温を下げるため寒冷遮下で管理してください。 406穴セルトレーで育苗期間25日程度(本葉3枚ほど)が移植時期です。 葉が触れ合うと徒長の原因となるので、各苗が触れ合う前の移植が理想です。 移植後は適湿、適温下で管理し、とくに夏期は寒冷遮下で気温を下げ...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル オータムリーブス 1000粒(ノーマル種子)

e-たねや

3,070

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル オータムリーブス 1000粒(ノーマル種子)

※パンジーアリルシリーズは『ノーマル種子』でのご提供となります。 【用途】 ポット苗  【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地では早春まき春出荷も可能です。  【播種】 夏~早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7~10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種専用培養土を使用し、セルトレーまきが理想です。  【育苗】 生育適温15~20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。  【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】  草花一般施肥。株の状態で判断し、液肥でコントロールします。  【栽培のポイント】冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からの播種が基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からの播種が理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめて悪くなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立枯病をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが、夏期は気温を下げるため寒冷遮下で管理してください。 406穴セルトレーで育苗期間25日程度(本葉3枚ほど)が移植時期です。 葉が触れ合うと徒長の原因となるので、各苗が触れ合う前の移植が理想です。 移植後は適湿、適温下で管理し、とくに夏期は寒冷遮下で気温を下げ...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル ワインフラッシュ 1000粒(ノーマル種子)

e-たねや

3,070

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル ワインフラッシュ 1000粒(ノーマル種子)

※パンジーアリルシリーズは『ノーマル種子』でのご提供となります。 【用途】 ポット苗  【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地では早春まき春出荷も可能です。  【播種】 夏~早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7~10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種専用培養土を使用し、セルトレーまきが理想です。  【育苗】 生育適温15~20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。  【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】  草花一般施肥。株の状態で判断し、液肥でコントロールします。  【栽培のポイント】冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からの播種が基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からの播種が理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめて悪くなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立枯病をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが、夏期は気温を下げるため寒冷遮下で管理してください。 406穴セルトレーで育苗期間25日程度(本葉3枚ほど)が移植時期です。 葉が触れ合うと徒長の原因となるので、各苗が触れ合う前の移植が理想です。 移植後は適湿、適温下で管理し、とくに夏期は寒冷遮下で気温を下げ...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル ローズビーコン 1000粒(ノーマル種子)

全2商品

3,070

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル ローズビーコン 1000粒(ノーマル種子)

※パンジーアリルシリーズは『ノーマル種子』でのご提供となります。 【用途】 ポット苗  【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地では早春まき春出荷も可能です。  【播種】 夏~早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7~10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種専用培養土を使用し、セルトレーまきが理想です。  【育苗】 生育適温15~20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。  【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】  草花一般施肥。株の状態で判断し、液肥でコントロールします。  【栽培のポイント】冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からの播種が基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からの播種が理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめて悪くなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立枯病をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが、夏期は気温を下げるため寒冷遮下で管理してください。 406穴セルトレーで育苗期間25日程度(本葉3枚ほど)が移植時期です。 葉が触れ合うと徒長の原因となるので、各苗が触れ合う前の移植が理想です。 移植後は適湿、適温下で管理し、とくに夏期は寒冷遮下で気温を下げ...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ レモネード 500粒(プライマックス種子)

e-たねや

2,120

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ レモネード 500粒(プライマックス種子)

【特長】 サカタのタネ育成の中小輪系「よく咲くスミレ」シリーズです。パンジーの華やかさとビオラの強さ、多花性をあわせもつシリーズです。LR(ロングラン)性があり、低温短日期でもよく開花します。高温期のポット栽培でも徒長しにくく、シリーズのそろいがよいので、出荷ロスが少なく市場性にすぐれています。早生ですが、コンパクトな草姿で日もちがよく、おすすめの品種シリーズです。出荷時に輪数をあげることがシリーズの潜在能力を生かすうえで重要なポイントです。 【用途】 ポット苗 【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地用では早春まき春出荷も可能です。 【播種】 夏-早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7-10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種用土を使用し、セルトレーまきが理想です。 【育苗】 生育適温15-20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。 【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】 草花一般施肥。 株の状態で判断し、液肥でコントロールしてください。 【栽培】 冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からのタネまきが基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からのタネまきが理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめてわるくなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立ち枯れなどの病気をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ マーマレード 500粒(プライマックス種子)

e-たねや

2,120

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ マーマレード 500粒(プライマックス種子)

【特長】 サカタのタネ育成の中小輪系「よく咲くスミレ」シリーズです。パンジーの華やかさとビオラの強さ、多花性をあわせもつシリーズです。LR(ロングラン)性があり、低温短日期でもよく開花します。高温期のポット栽培でも徒長しにくく、シリーズのそろいがよいので、出荷ロスが少なく市場性にすぐれています。早生ですが、コンパクトな草姿で日もちがよく、おすすめの品種シリーズです。出荷時に輪数をあげることがシリーズの潜在能力を生かすうえで重要なポイントです。 【用途】 ポット苗 【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地用では早春まき春出荷も可能です。 【播種】 夏-早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7-10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種用土を使用し、セルトレーまきが理想です。 【育苗】 生育適温15-20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。 【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】 草花一般施肥。 株の状態で判断し、液肥でコントロールしてください。 【栽培】 冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からのタネまきが基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からのタネまきが理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめてわるくなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立ち枯れなどの病気をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが...

人気の花・ガーデニング用品の草花種、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になる草花種が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「草花種」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ