「肥料散布」 の検索結果 994件

葉面散布肥料 マルポロン(1kg)葉面散布剤 ホウ素欠乏に

たかしまオンラインショップ

1,480

葉面散布肥料 マルポロン(1kg)葉面散布剤 ホウ素欠乏に

【特徴】 ●ホウ素欠乏に起卓効 ほう素欠乏による作物の生育障害・品質低下等の予防・治療に卓効があります。 ●葉面散布に最適 冷たい水にもよく溶けます。 ●効き目が早い ほう砂などの土壌施用に比べ、葉面散布は溶脱などによる損失が少なく、早く吸収されるので、ほう素欠乏を防ぎます。 ●各種農薬と混用できる 多くの殺虫剤・殺菌剤と混用できますが石灰硫黄合剤・機械油乳剤・マンネブ剤・ジネブ剤との混用不可(薬害) 【保証成分%】 水溶性ほう酸66.0 【使用方法 ※水溶液を噴霧器で散布】 使用法の詳細については農業試験場・普及所にご相談下さい。 ●葉菜類 キャベツ・ハクサイ・チシャ・セロリー・ホウレンソウ・ネギ 10L当薬量:10〜20g 水10a当薬液量:180〜360L ●根菜類 ダイコン・カブ・ニンジン・ゴボウ 10L当薬量:10〜20g 水10a当薬液量:180〜360L ●果菜類 トマト・ナス・ピーマン 10L当薬量:10〜20g 水10a当薬液量:180〜360L ●果菜類 キュウリ・スイカ・メロン・イチゴ 10L当薬量:5〜6g 水10a当薬液量:180〜360L ●イモ類 バッレイショ・サツマイモ・サトイモ 10L当薬量:5〜10g 水10a当薬液量:180〜360L ●工芸作物 ナタネ・タバコ・テンサイ・チャ 10L当薬量:10〜20g 水10a当薬液量:180〜540L ●果樹 リンゴ・ブドウ・ミカン・モモ・ナシ 10L当薬量:10〜20g 水10a当薬液量:180〜360L ●飼料作物 アルファルファー・クローバー・レンゲ 10L当薬量:10〜20g 水10a当薬液量:180〜360L これは標準の使用量の為、欠乏程度・作物の生育段階・土壌の種類等により加減する事。 なお、欠乏の激しい時には上記使用量で不足する場合がある...

アミノ酢糖5リットル

Amazon

11,286

アミノ酢糖5リットル

アミノ酢糖は、酢糖2号のアミノ酸供給能を向上させるため、糖に乳製品など水溶性タンパク質を含ませ、嫌気発酵させて製造した葉面散布剤および土壌灌注剤です。葉のワックス層を強化し、病原菌の侵入や感染を抑える効果が期待できます。さらに主成分である炭水化物、有機酸が光合成能力の向上や、生体エネルギー通貨であるATPの生成を促します。その結果、根の吸肥力向上も期待できます。アミノ酢糖は、糖を十分に発酵していますので、砂糖を葉面散布した場合のようなアブラムシ、カビなどの有害菌の発生は全く起こしませんので、安心して使用できます。また、アミノ酢糖は土壌灌注により、根圏における有用微生物の増殖を促し、さらに含有されているペプチドによって発根が促進され、根系の発達や根の生理活性の向上が期待できます。 「葉面散布」 1) 500~1000倍に希釈して10アール当たり150~200リットルを基準に葉面散布してください。 2) 7~10日おきの定期散布で効果が増大します。 3) 果菜類の成り疲れや樹勢が弱い場合、尿素500~1000倍の混用散布で効果が早く現れます。 4)ネギ、キャベツ、里芋など液が付着しにくい作物には展着剤をご使用ください。 「潅水の場合」 1) 500~1000倍に希釈して、土壌灌注してください。 2) 苗の定植時に500倍に希釈して鉢にたっぷりやり、定植してください。または、定植後、根回りに500倍に希釈して灌注してください。 3) 液肥との混用は、肥効が高まります。 4)液肥の混入器をご使用の場合、10アール当り原液1リットルを流してください。

カルハード1L

日本農業システム楽天市場店

2,592

カルハード1L

■特徴 細胞が強化され、品質や日持ちの良い作物が収穫できます。 植物抽出成分(糖類・有機酸)との相乗効果により カルシウムが効率良く吸収・利用されます。 栽培中に、カルハードを直接作物体へ散布することにより、カルシウム欠乏に由来する種々の生理障害の防止に役立ちます。使いやすい液剤タイプで、しかも作物に白い汚れが残りません。 ■使用方法 カルシウム欠乏の出やすい部分に 直接かかるように散布してください。 <果物類> 希釈倍率 500〜1000倍 散布間隔 育苗期以降1〜2週間 主な効果 日持ち向上、生理障害の予防 (尻腐れ果・発酵果・肩こけ果・変形果など) <葉菜類・根菜類> 希釈倍率 500〜1000倍 散布間隔 定植期以降1〜2週間 主な効果 生理障害の予防 (心腐れ縁腐れ・葉先腐れ・チップバーン・心枯れなど) <豆類> 希釈倍率 500〜1000倍 散布間隔 生育中期以降1〜2週間 主な効果 生理障害の予防(しみ症) 生育促進、収量増加 <いも類> 希釈倍率 500〜1000倍 散布間隔 定植期以降2〜3週間 主な効果 生理障害の予防 (さといもの芽つぶれ、ばれいしょのカルシウム不足) <果樹類> 希釈倍率 500〜1000倍(りんごは1000〜2000) 散布間隔 落花後2〜3週間 主な効果 日持ち向上、生理障害の予防 (りんごのビタービット、なしのみつ病など) <花卉類> 希釈倍率 500〜1000倍 散布間隔 生育期1〜2週間 主な効果 日持ち向上、生理障害の予防 (葉先枯れ、葉焼けなど) 成分 カルシウム(CaOとして)11%、糖類、有機酸

植物の葉体活性要素 リフレッシュ 1kg

日本農業システム楽天市場店

1,944

植物の葉体活性要素 リフレッシュ 1kg

■特長 リフレッシュによって浄化改質したケイサン・ミネラル溶液(弱粘性培養液)を用いると、 弱った根や葉を自然の力で元気にさせます。 リフレッシュは優れた吸着能により不良ガス、不純イオンを含んだ水を浄化し 活性(ミネラル)水に変えます。 環境にやさしい、植物にやさしい珪酸塩白土です。 リフレッシュは植物体の細胞組織を活性化し、また過剰チッソを吸着保持することにより 軟弱生育(葉が暗緑色で元気がなく垂れ下り、光合成が十分でない状態)を是正し 植物の体質完全を促します。 ■次のような時にお使いください ○葉が垂れ下り元気がなく軟弱生育の時 ○ケイサン・微量要素の補給に ○樹勢の衰え、根張りが悪い時 ○天候不順の時 (日照不足、低温、多湿害などの悪条件下で同化能力が低下し弱体化している時) ■使用方法 <定期散布> …生育促進時はアミノ酸とリフレッシュ1000倍液を7日おきに散布 ○チッソ過多時はリフレッシュ1000倍液を5日おきに散布 ○健康な苗作りにはリフレッシュ1000倍液を4〜5日おきに散布 <集中散布> …弱った根にはリフレッシュ500倍液を土壌かん注 ○花芽分化の2週間前よりリフレッシュ800倍液を葉面散布 (いずれも3日おきに2〜3回実施) ○軟弱生育時にはリフレッシュ800倍液を集中散布 <散 粉> …ハウス内の不良ガス類や湿度を除去するときは リフレッシュ800g(10アール当り)を全面散粉。 *大気浄化、除湿により蜂がよく飛ぶようになります。 <粉 衣>(コーティング) …発芽・苗立ちを順調にしたい時は 種子、種イモ、球根にリフレッシュを粉衣しては種(植え付け) ■主成分 『2:1型モンモリロナイト粘土』が主成分の天然粘土鉱物です。 ■製造販売元 ソフト・シリカ株式会社

有機 液肥 土壌改良 N-100【土帰土輝】1L

Amazon

2,500

有機 液肥 土壌改良 N-100【土帰土輝】1L

*特徴その1 100%天然有機性! N-100『土帰・土輝』はMK菌(独自開発)や自社で長期熟成された完熟鶏糞、酵素などを弊社独自の配合で製造した100%天然有機性の土壌活性液です。 *特徴その2 自社開発されたMK菌を含有! 細菌・酵母菌・糸状菌・根粒菌など複数の微生物を独自の配合したMK菌は、MK技術研究所が40年以上の研究・改良を経て完成した有用な微生物群です。 *特徴その3 野菜・果物・花に最適! 野菜や果物、花など植物全般に効果があります。また散布過多でも問題はありません。もちろん100%天然有機性ですので、人体に触れても心配なく散布できます。 *特徴その4 土壌を最適な状態に改善! N-100『土帰・土輝』を継続的に散布するとことで土壌中に蓄積した農薬を分解することができます。また土壌を柔らかな団粒構造にすることで、通気性・保水性・透水性などを植物にとって最適な環境へと改善します。 *特徴その5 『自然の恵みを自然に還す』 MK菌は、自然からもらった恵みは必ず自然に還すという理念のもと、開発されました。本商品N-100『土帰・土輝』はその理念のもと、長年の研究を経て、開発されました。肥料としての効果は勿論、有機農業を実践される方に最適な液肥です。 【使い方】 原液を100倍程度に希釈し、週1~3回の頻度で散布してください。植物の生育状態を確認しながら散布期間や希釈率を変えてご使用ください。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「肥料散布」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ