「耐寒性宿根草」 の検索結果 752件

ペンステモン グランディフロルス (ツリガネヤナギ) ポット苗 宿根草 苗 多年草 耐寒性 グランドカバー

花ひろばオンライン

766

ペンステモン グランディフロルス (ツリガネヤナギ) ポット苗 宿根草 苗 多年草 耐寒性 グランドカバー

【お届けする商品の状態です】 ●商品はポット苗です。 冬は地上部がない状態でのお届けの場合があります。落葉時期は葉を落としておりますが、春になったら芽吹いてきます。 ●育て方のコツはこちらのページ下のほうをご覧ください。 ●この商品の同梱可能本数は・・・・ >>送料についてはこちら >>同梱可能本数の目安(一覧)はこちら >>ご注文からお届けまでの流れはこちら 宿根草の育て方 【水やり】 植え付け直後で根が張っていないものは乾き具合によって水やりが必要になります。ひさしや木の下、風向きによって雨のかかりにくい所も同様で、土の中まで十分しみ込むようにたっぷりと与えます。 水やりの時間は、夏は朝のうちに、冬は午前中、昼前ぐらいがいいです。 鉢植えの場合、乾いたら与えるのが基本ですが、夏は乾かし気味に、休眠期は控えめに与えて多湿に注意するなど、成長に合わせた水加減が必要です。また、太平洋側では冬は意外 に乾きます。 【肥料】 有機質の肥料なら「ニーム核油かす」か「ニームパワー」、有機液肥を下記季節に適量お与え下さい。 化成肥料なら「元気玉」を下記季節に適量お与え下さい。 【増やし方】 3〜4月、10〜11月に株分けや根伏せで増やします。株の脇から芽が伸びるのでそれを切り分ければすぐに増やすことができます。地下茎で増えます。 【花がら摘みと切り戻し、刈り込み】 花が散った後もガクが1ヶ月くらい楽しめます。 【病気と害虫】 特に注意する病害虫はありませんが、アブラムシがつくようです。薬剤散布で駆除しましょう。 日頃の観察が大切で、害が広がらないように早めの防除や対策を心がけて下さい。 環境や種類選びによってもかなり減らすことができます。また、同一品種を多く植えるのではなく、いろいろな品種にハーブなどを加えて混植することも対策の一つです。 ...

クレマチス苗サマリタンジョーフロリダ系耐寒性宿根草

花の王国

1,296

クレマチス苗サマリタンジョーフロリダ系耐寒性宿根草

新品種のサマリタジョウは白地にパープルの糸状のピコティが入る花は神秘的で美しい。 非常に花つきが良くたくさんの花を楽しむことができるレイモンドコレクションのひとつ。 丈夫で育てやすいのも嬉しい。 比較的コンパクトな生育ですので鉢植えでも育てやすいタイプ。 葉も美しいのでグリーンカーテンにも利用できます。 ●画像1、2枚目はイメージです。 お届けする株は3枚目のような苗(9センチ深ポット)となります。 ◆冬は葉が無い状態となります。 春から葉が展開し生育し、初夏に開花します。 新旧両枝咲き 前年伸びた枝から春に芽を出し、それがある程度の長さ(5〜6節前後)になると、そこに花を咲かせるタイプです。新旧両方の枝に花が付くのではなく、旧枝から伸びた新枝に花が付くと理解してください。 ・初夏の剪定 花が咲いたあとの新枝を切り詰めると節から芽を出してつるを伸ばし、再び花を咲かせます。つるを長めに残して先端近くで切ると早めに花が付きますし、短めに切り詰めるとやや遅く咲きます。その性質を利用して、枝の切り詰め方に長短をつけるとつるごとの開花時期にタイムラグが生じ、上手くいくと長い期間、花を楽しめることになります。 ・冬の剪定 株姿を整え、春に開花する花の数を調整するために行います。つるをどの位置できるかは節に付いた芽を見て決めます。冬の時点で節に付いている芽が春に伸びてつるとなり、そこに花をつけるので短く切るとしても、つるの長さの半分くらいまでにとどめます。短くすればするほど花数は減ります。よく太った芽の上できるようにすれば良いでしょう。芽の付いていない先端に近い部分は切り落としてかまいません。 日当たり・置き場所 ポイント 日当たりをよく好み、日当たりの悪いところでは花つきも悪く株も丈夫に育ちませんので、じゅうぶんに日光に当てるようにしましょう。...

アジュガ:チョコレートチップ3号ポット4株セット ノーブランド品

Amazon

1,296

アジュガ:チョコレートチップ3号ポット4株セット ノーブランド品

アジュガは最もポピュラーなグランドカバー素材のひとつ。常緑で、日向から半日陰で元気に育ちます。耐寒性も強く、病虫害もないので、一度植えれば全く手間要らず。やせた土地でもどんどん増えるのも魅力です。そして、春には地面が覆われるほどたくさん花を咲かせます。チョコレートチップは深みのあるチョコレート色の葉で草丈10cmほどのわい性種です。葉は春から夏は緑色が強く、寒くなるとチョコレート色が濃く出ます。花は濃い青色です。夏場の植え付けの場合は、根がつくまで十分に水遣りしてください。また、冬季は地上部の見栄えが悪いこともございます。グランドカバーとして植栽される場合、1平米あたり25~40株が目安です。学名:Ajugatenorii'ChocolateChip'タイプ:耐寒性宿根草植え時:9月~5月開花期:4月草丈:10cm用途:庭植え、花壇、鉢植え、ロックガーデン栽培方法:日向から半日陰に向きます。排水がよく、過湿や乾きすぎにならない場所なら土質は選びません。耐寒性も強く、丈夫に育ち、肥料も不要です。春に株分けで増やして下さい。写真は開花時のイメージですが、お届け時は苗の状態です。

【種子】宿根かすみ草 ピレネーピンクサカタのタネ

Ivy

216

【種子】宿根かすみ草 ピレネーピンクサカタのタネ

コメント: 原産地はアルプス、ピレネー地方で耐寒性はとても強く、地をはいながら分枝していきます。 開花は初夏から秋にかけて枝の先端にピンクの花が数多くつき、コンテナやロックガーデンに適します。 科名: Gypsophila repens ナデシコ科ギプソフィラ属 英名: Creeping Gypsophila 種類: 1年草 別名: ハナイトナデシコ ムレナデシコ 和名: 宿根かすみ草 草丈: 約10〜15cm 花色: ピンク 用途: 花壇、コンテナ 播種時期: 春まき:4月上旬〜6月下旬 秋まき:8月下旬〜10月下旬 開花時期: 春まき:翌5月上旬〜7月下旬 秋まき:翌5月上旬〜7月下旬 発芽適温: 約20℃前後 発芽日数: 5〜10日くらい 播種深さ: 開花までの日数: 花言葉: 「思えば慕われる」 生産地: オランダ 内容量: 約0.1mlこの袋で育つ苗の本数はおよそ45本です。 発芽率: 約65%以上おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 まき方: 春まきは翌年の開花ですので秋、ススキの穂が出始めるころが適期です。 タネまき用土を入れた箱に薄くバラまきし隠れる程度の土をかけます。 本葉2〜3枚のころ小鉢やポットに植え替えます。 生育が遅いので雨などに注意します。 タネまきに便利なジフィーピートバンもご利用ください。 <育て方> 「Gypsophila(石灰を好む)」という学名の通り、石灰質の土壌を好みます。移植を嫌うので、根を崩さないように移植してください。 土質は選びませんが、多湿を嫌うので水はけのよいところに、暖かい地域では霜の降る前、寒い地域では冬場凍らないように管理して春に霜のおそれがなくなったころ株間約25cmで植え付けます。 気温の高い時期は花が休みますが涼しくなると再び咲き始めます。...

トケイソウ(時計草)3号ポット2株セット[つる性・耐寒性あり・緑のカーテンに!] ノーブランド品

Amazon

1,233

トケイソウ(時計草)3号ポット2株セット[つる性・耐寒性あり・緑のカーテンに!] ノーブランド品

ブラジル原産のつる性宿根草です。生育旺盛で、巻きひげでフェンスなどにからみつきます。1日花ですが、大きな花が夏から秋まで次々と咲き続け、花形の面白さが魅力です。暖地ではそのあとにオレンジ色の実がつきます。挿し木でも殖やせます。毎年成長して10メートルほどにも伸びます。春先に混みすぎた枝などを切り戻します。冬も葉が茂り、目隠しや日覆いとしては最適です。耐寒性もありますが、南か西向きの壁などに這わせて、北風や霜から守るとよく成長します。学名:Passifloracaeruleaタイプ:耐寒性半常緑性宿根草(つる性)開花期:6~8月日照:日向または半日陰むき栽培方法:明るい場所で育てますが、暑い日差しからは保護してください。定植は6月以降、十分に暖かくなってから行います。柵やトレリスにからませる場所に植えてください。毎年2月に、余分なつるや弱ったつるを剪定し、元気の良いつるを60~90センチ残します。晩秋以降は霜害を避けるため、根元を敷き藁で保護してください。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット入り2株セットです。壁面緑化用に植栽される場合、1mあたり1~5株が目安です。

宿根ガザニア(黄花)5本セット

ガーデンタウン

3,780

宿根ガザニア(黄花)5本セット

宿根ガザニアキク科 ガザニア属 多年草(半耐寒性)________________________________________________________________________________________________________________________ 初夏に元気いっぱい!イエローの花を咲かせます美しく茂る銀白色の葉や花期の長い黄花が魅力です。生長は、旺盛で低く広がるので、花壇やロックガーデンの彩り、コニファーなどのカラーリーフプランツの前つけ、低い石積の上部に植えて下垂れさせると美しいです。鮮やかな色合いと花色が魅力の多年草。日が当たると花が開き、夜は花弁が閉じます。耐寒性、耐暑性もあり、鑑賞価値が高いです。植え付け植え付けは、3〜5月頃までが適期。真夏の植栽は避けましょう。土質はあまり選びませんが日当たりの良く、乾燥地を場所を好みます。整枝・剪定剪定を行う場合は、花後に半分ぐらいの高さで刈り込むとよいです。花つきが悪くなったら根元から切り戻して株を更新してあげるとよいです。四季の管理油粕と粒状化成肥料を等量に混ぜ合わせたものを5〜9月に施します。________________________________________________________________________________________________________________________栽培適地:全国花期:5〜10月鑑賞樹高:30〜40cm用途:切花、添景樹、グランドカバー◇ガーデンタウン◇

人気の花・ガーデニング用品の耐寒性宿根草、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になる耐寒性宿根草が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「耐寒性宿根草」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ