「紫陽花マジカル」 の関連商品を含む検索結果 1件

【秋色花痛み】【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) マジカル グリーンファイヤー 5号

千草園芸

3,132

【秋色花痛み】【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) マジカル グリーンファイヤー 5号

7月21日現在、花が秋色から傷んできております。 プレゼントには向きません。 生育上の都合で、傷んだ花はカットしてお送りする場合がございます。 ご了承お願いします。 ※写真は見本品です。 17年6月27日に再入荷。植物の状態は季節によって変化いたします。176e 荷物の大きさはmサイズです。 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く...

こちらの関連商品はいかがですか?

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) LKパープル 5号苗【花痛み】

千草園芸

3,240

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) LKパープル 5号苗【花痛み】

※写真は見本品です。 写真は17年6月20日に撮影しました。 こちらの品種は特に秋色になりやすい品種です。 ↓秋色の写真。↓ 季節によって状態は変化します。176d ※送料はMサイズ(756円)です。 (商品ページ下部の送料表を参照) ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード 17年入荷株、Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、...

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) シースプレイ 5号苗【花痛み】

千草園芸

3,240

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) シースプレイ 5号苗【花痛み】

再入荷しました!6月30日 4枚目(少し開花が進み濃くなっています。) 176e 177a ※写真は見本品です。 写真は17年4月21日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174d シースプレイ ブルー系のテマリ紫陽花の中でも、 水色に近い色を咲かせるテマリ咲きアジサイです。 咲き進むと、少し濃くなってきます。 ★使用用途 ギフト、プレゼント、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは...

【花痛みB品】アジサイ(紫陽花・あじさい) 紫峰(シホウ) 6号苗【17年入荷株】

千草園芸

1,620

【花痛みB品】アジサイ(紫陽花・あじさい) 紫峰(シホウ) 6号苗【17年入荷株】

※写真は見本品です。 17年7月11日に入荷。 こちらは花が痛んでおり、花数が少し少な目のため 花痛みB品として販売しております。 季節によって状態は変化します。177b ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード 17年入荷株、Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは...

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) おはよう 5号苗【花終わり】

千草園芸

2,700

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) おはよう 5号苗【花終わり】

17年6月13日に入荷。季節によって状態は変化します。176c ※こちらは ★今年の入荷から咲き進み 観賞時期が終わったため、 カットして苗として販売しております。 できる限り新芽が吹いてきているものからお送りします。 (少し古葉が焼けているものもありますが、 新葉がふきますのでご了承ください。 ) (7月14日更新 177c) 送料 648より(運送会社により異なります。) 備考 写真は入荷日に撮影された見本の商品です。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、...

【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい) ジュセフドルフ 5号苗【17年入荷株】

千草園芸

2,376

【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい) ジュセフドルフ 5号苗【17年入荷株】

※こちらは ★今年の入荷から咲き進み 観賞時期が終わったため、 カットして苗として販売しております。 できる限り新芽が吹いてきているものからお送りします。 (少し古葉が焼けているものもありますが、 新葉がふきますのでご了承ください。 ) (6月30日更新 177a 176e) こちらは苗ですので、来年開花する花色は酸度によって変わります。 翌年も美しく花を咲かせる栽培方法を書いた説明書をお付けします。 ※写真は入荷時の見本品です。 ★使用用途 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズ(648円〜)です。 (商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1...

【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい)プリンセスシャーロット ピンク 5号苗【17年入荷株】

千草園芸

4,104

【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい)プリンセスシャーロット ピンク 5号苗【17年入荷株】

※こちら訳あり商品です。 ★今年の観賞時期が終わり、 来年用に花軸をカットし、 手入れしてある状態です 少し葉が焼けているものもありますが 新芽が吹いてきているものからお送りします。 (ほとんどが植え替えられています) (6月24日更新 176d 176e) 本来の開花株より、大幅に値下げして販売しております。 ご了承のうえご購入くださいませ。 翌年も美しく花を咲かせる栽培方法を書いた説明書をお付けします。 ※写真は見本品です。 来年以降は土の酸度により、色が変化します 写真は17年5月16日に撮影しました。季節によって状態は変化します。175c ★使用用途 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズ(648円〜)です。 (商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします...

【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい) ブルーステッキ 5号苗【17年入荷株】

千草園芸

2,376

【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい) ブルーステッキ 5号苗【17年入荷株】

★入荷から時間が立ち、花が痛み、観賞時期が終わりました。 来年用の苗として、花をカットし手入れした状態です。 (7月21日更新) 写真は17年5月30日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176c ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは...

【花終わり】【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) ホットレッド 5号

千草園芸

2,376

【花終わり】【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) ホットレッド 5号

★入荷から時間が立ち、花が痛み、観賞時期が終わりました。 来年用の苗として、花をカットし手入れした状態です。 (7月21日更新) ※写真は見本品です。 写真は17年6月23日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176d ※送料はMサイズ(756円)です。 (商品ページ下部の送料表を参照) ★使用用途 鉢植え、苗、プレゼント、ギフト 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード 17年入荷株、Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにし...

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) 霧島の恵 複色系 5号

千草園芸

1,728

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) 霧島の恵 複色系 5号

写真は17年6月23日に撮影しました。 花色はブルー〜パープル〜ピンク系とバラバラでしたで、複色系と販売しております。 季節によって状態は変化します。176e霧島の恵 学名:Hydrangea macrephylla"Kirishima no megumi" 性状:落葉低木 様式:庭・鉢向き 日照:日向・半日向 開花:5月〜11月 耐寒性:強い(0℃以下でも可) 草丈:80〜100cm 「霧島の恵」は2011年に松永一氏によって品種登録された四季咲き性のアジサイです。 日本古来の「シキザキヒメアジサイ」や「エンドレスサマー」のように開花期が長く、咲き終わった花をカットすると次々開花する性質のアジサイです。 また、秋に咲いた花は、寒さで葉が紅葉して落葉しはじめる11月までは、花があります。 11月まで紅葉を楽しむことができます。 直射日光下では紅葉が十分に発色されます。 花は咲き終わったものをカットすると次々開花しますが、アキイロアジサイになるまで楽しむと2番花以降に咲く花は少なくなります。 アジサイ"霧島の恵"の育て方 用土は、赤玉土6と腐葉土、またはピートモスを4で混ぜ合わせた用土を使用します。 花色は土壌のPHのわずかな差でブルー(酸性)からピンク(アルカリ性)に変わりやすい性質があります。 1株でピンクやブルーの花が咲くこともよくあります。 水遣りは、水を好むため、植え付け後もたっぷり与えます。 水切れは、早花がしおれるだけでなく、花をいためる最大の原因になります。 鉢植えはとくに気をつけ、表面が乾き始めたらたっぷり与えます。 肥料は、春の生育期から開花中はずっと液肥を1週間に1度やり続けてください。 次々開花しますから、肥料切れは禁物です。 花色は土壌のPHで濃いブルー〜ピンクへと変化しやすいです。 "霧島の恵"...

【あじさい苗】アジサイ(紫陽花・あじさい) コメット 4号苗【17年入荷株】【花なし】

千草園芸

1,026

【あじさい苗】アジサイ(紫陽花・あじさい) コメット 4号苗【17年入荷株】【花なし】

16年6月30日に入荷。 木の状態は季節によって変化いたします 176e-uアジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり(春)】 【花終わり(夏)】 【花終わり(冬)】 開花前または開花している状態...

「花傷み」アジサイ(紫陽花・あじさい) ブルーダイヤモンド 5号苗【17年入荷株】

千草園芸

2,160

「花傷み」アジサイ(紫陽花・あじさい) ブルーダイヤモンド 5号苗【17年入荷株】

17年6月20日に入荷。 季節によって状態は変化します。176d 写真は見本です。 ■栽培方法 日当たりと排水のよいところを好みます。 定植する場合は土を崩さないようにします。 水遣りは土の表面が乾いたら、たっぷりと与えてください。 送料 648より(運送会社により異なります。) 同送可能商品 同じサイズの商品で2個アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では...

【秋色花痛み】アジサイ マチルダグッケス 6号苗【17年入荷株】

千草園芸

3,888

【秋色花痛み】アジサイ マチルダグッケス 6号苗【17年入荷株】

※こちら訳あり商品です。 ★入荷日から花が咲き進んで、痛んでしまった。 (6月17日更新 176c 176d) (※秋色になってしまったものもございます。) 以上のことから値下げして販売しております。 ご了承のうえご購入くださいませ。 来年用の苗としてもご利用いただけます。 花が終わってしまった場合は、カットしてのお送りとなります。 ※写真は見本品です。 写真は17年5月19日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176c ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) ミュージックシリーズ ソフトピンクサラサ6号

全2商品

3,240

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) ミュージックシリーズ ソフトピンクサラサ6号

※写真は見本品です。 写真は17年7月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。177c ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから...

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) ミュージックシリーズ ブルーバラード6号

千草園芸

3,240

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) ミュージックシリーズ ブルーバラード6号

※写真は見本品です。 写真は17年7月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。177c ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから...

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) ミュージックシリーズ ディープパープルダンス6号

千草園芸

3,780

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) ミュージックシリーズ ディープパープルダンス6号

※写真は見本品です。 写真は17年7月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。177c ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから...

【花傷み17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) 紫峰(シホウ) 6号 別名:マリンブルー

千草園芸

2,160

【花傷み17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) 紫峰(シホウ) 6号 別名:マリンブルー

※写真は見本品です。 17年7月11日に入荷。 季節によって状態は変化します。177b ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード 17年入荷株、Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。...

【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい) おはよう 3.5号苗【17年入荷株】

千草園芸

1,296

【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい) おはよう 3.5号苗【17年入荷株】

ラベルは印刷物ですので、実際の花色と異なる場合がございます。 写真は17年6月23日に撮影。 7月04日現在、花が痛んでおります。 木の状態は季節によって変化いたします 176e-uアジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 ...

【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい)“ありがとう” 5号苗【17年入荷株】

千草園芸

2,808

【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい)“ありがとう” 5号苗【17年入荷株】

★入荷から時間が立ち、花が痛み、観賞時期が終わりました。 来年用の苗として、花をカットし手入れした状態です。 (7月21日更新) ※写真は見本品です。 ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) 17年5月19日に入荷。状態は季節によって変化いたします。175c ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法...

【花痛み】ヨウラクタマアジサイ(瓔珞玉紫陽花)5号【17年入荷株】

千草園芸

2,700

【花痛み】ヨウラクタマアジサイ(瓔珞玉紫陽花)5号【17年入荷株】

※写真は見本品です。 写真は17年6月23日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176d ※送料はMサイズ(756円)です。 (商品ページ下部の送料表を参照) → →→ 【pjts】 ★使用用途 鉢植え、苗、プレゼント、ギフト 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード 17年入荷株、Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花ヨウラクタマアジサイ 普通のアジサイが花を咲かせた後、花を咲かせるのがこの「タマアジサイ」です。 遅咲き種です。 アジサイの花は両性花と呼ばれるおしべやめしべのある花と 装飾花と呼ばれるガクが花びらのように発達したものと区別しています。 ガクアジサイの中央部の小さい花が両性花で周りの大きい花が 装飾花です。 手まり状の普通のアジサイはすべてが装飾花になったものです。 さて、タマアジサイですが葉の形はノリウツギの葉とよく似ています。 福島県から岐阜県にいたる本州と伊豆七島に自生するもので、 ツポミの形が球状になっているのでタマアジサイと呼ばれるようになったものです。 Hydrangea.involucrata Sieb. に分類され 花形に多くの変異株があります。 基本種はガクアジサイのように淡い紫色の両性花と白い装飾花があり、装飾花のガク片は4個です。 基本種は花が開いてしまうとヤマアジサイ(ガクアジサイ)とあまり違いがありません。球のように付いていたガク片は落ちてしまいます。 ■露地栽培の管理方法■(育て方) 湿地を好み、水切れするとしおれてしまいますが、水を与えるとすぐに回復します。 午前中数時間日が当たり、用土が乾燥しない場所が適しています。 露地植えして放任すると背丈は2mくらいになり...

【花傷み】【17年入荷株】ヤマアジサイ(紫陽花・あじさい) 十二単衣(ジュウニヒトエ) ブルー 5号

千草園芸

2,376

【花傷み】【17年入荷株】ヤマアジサイ(紫陽花・あじさい) 十二単衣(ジュウニヒトエ) ブルー 5号

7月21日現在、花が傷んでおります。 プレゼントには向きません。 生育上の都合で、傷んだ花はカットしてお送りする場合がございます。 ご了承お願いします。 写真は17年7月7日に撮影しました。季節によって状態は変化します。177a 177b 送料 【mサイズ】648より(ページ下の送料表でご確認ください。) 備考 写真は入荷時の見本品です。 ↓開花後、花終わりの状態です。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ...

【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい)有松(アリマツ)8号角鉢【17年入荷株】

千草園芸

6,264

【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい)有松(アリマツ)8号角鉢【17年入荷株】

※写真は見本品です。 写真は17年5月27日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175d-u 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 土のPH(酸度)により、花の色は、変化いたします。 ご一緒に専用肥料はいかがでしょうか。 【同梱可能】アジサイ 学名・Hydrangea 属名はラテン語で、水「hydor」と、容器「angeion」を結び合わせたラテン語からきています。 分類 ユキノシタ科 アジサイ属 原産 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 (栽培) :早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。ですから、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 アジサイ 三河千鳥 学名・Hydrangea'Mikawa-chidori' 装飾花は無く、両性化のガク片が大きくなった花で、咲き進むとガク片が垂れ下がり千鳥を連想させることから名づけられました。...

【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい) ポージィブーケ ノーブル2 6号苗【17年入荷株】

千草園芸

4,104

【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい) ポージィブーケ ノーブル2 6号苗【17年入荷株】

※こちらは ★今年の入荷から咲き進み 観賞時期が終わったため、 カットして苗として販売しております。 できる限り新芽が吹いてきているものからお送りします。 (少し古葉が焼けているものもありますが、 新葉がふきますのでご了承ください。 ) (6月30日更新 177a 176e) こちらは苗ですので、来年開花する花色は酸度によって変わります。 翌年も美しく花を咲かせる栽培方法を書いた説明書をお付けします。 ※写真は入荷時の見本品です。 ★使用用途 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズ(648円〜)です。 (商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して...

【現品】アジサイ(紫陽花・あじさい) ユーミー カリッジ 5号苗【17年自然開花株】

千草園芸

2,160

【現品】アジサイ(紫陽花・あじさい) ユーミー カリッジ 5号苗【17年自然開花株】

※写真の商品をお送りします。 写真は17年6月28日に撮影しました。 自然に開花したものなので 入荷株に比べると少し傷みがございます。 冬場は落葉します。 季節によって状態は変化します。176d 176e ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがあります...

【花痛み】アジサイ モナリザ ブルー 4号苗【17年入荷株】

千草園芸

1,404

【花痛み】アジサイ モナリザ ブルー 4号苗【17年入荷株】

7月21日現在、花が傷んでおります。 プレゼントには向きません。 生育上の都合で、傷んだ花はカットしてお送りする場合がございます。 ご了承お願いします。 ※写真は見本品です。 写真は17年6月13日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176b 176C ■アジサイ"モナリザ" ヤマアジサイと西洋アジサイを交配することによって育成された加茂花菖蒲園オリジナル品種グループです。 「モナリザ」は従来のピコティー咲きとは反対にピンク地に白覆輪の入るユニークな一重テマリ咲き。庭植え、鉢植えどちらでも楽しめます。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにしま...

【秋色花痛み】カシワバアジサイ八重咲き スノーフレーク 5.5号苗 4輪立ち【17年入荷株】

千草園芸

3,348

【秋色花痛み】カシワバアジサイ八重咲き スノーフレーク 5.5号苗 4輪立ち【17年入荷株】

※こちら花痛み商品です。 ★入荷日から花が咲き進んで、痛んでしまった。 (6月23日更新 176d 176e) (※品種によっては、秋色になってしまったものもございます。) 以上のことから値下げして販売しております。 ご了承のうえご購入くださいませ。 来年用の苗としてもご利用いただけます。 発送日までに花が終わってしまった場合は、 カットしてのお送りとなります。 ※写真は見本品です。 ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) 写真は17年5月23日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175d 176a ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。カシワバアジサイ スノーフレーク 分類: アジサイ科アジサイ属の落葉低木 学名: Hydrangea...

【花傷み】【17年入荷株】ヤマアジサイ(紫陽花) 十二単衣(ジュウニヒトエ) ピンク 5号

千草園芸

2,376

【花傷み】【17年入荷株】ヤマアジサイ(紫陽花) 十二単衣(ジュウニヒトエ) ピンク 5号

7月17日現在、花が傷んでおります。 プレゼントには向きません。 生育上の都合で、傷んだ花はカットしてお送りする場合がございます。 ご了承お願いします。 17年6月27日に入荷。季節によって状態は変化します。176e 送料 【mサイズ】648より(ページ下の送料表でご確認ください。) 備考 写真は入荷時の見本品です。 ↓開花後、花終わりの状態です。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け...

【花終わり】アジサイ ハクセン(白扇) 5号苗【17年入荷株】

千草園芸

2,268

【花終わり】アジサイ ハクセン(白扇) 5号苗【17年入荷株】

※こちら訳あり商品です。 ★入荷から日が経ち、花が咲き進んでいます。 (徐々に秋色になってきています。) (6月03日更新) 以上のことから値下げして販売しております。 ご了承のうえご購入くださいませ。 花が痛みすぎた場合、カットしてお送りします。 来年用の苗としてもご利用できます。 季節によって状態は変化します。176a ※写真は見本品です。 写真は17年5月18日に撮影しました。 徐々に白く変化しています。 季節によって状態は変化します。175c ヤマアジサイ"ハクセン(白扇)" ヤマアジサイでは珍しい、 黄緑色から徐々に白くなっていく一重品種です。 茎が細く、葉が垂れ下がります。 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 4個 同送可能商品 4号くらいの大きさの苗の場合は約6個 備考 ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り...

【花終わり】アジサイ 伊予獅子手まり(イヨシシテマリ) 5号苗【17年入荷株】

千草園芸

3,240

【花終わり】アジサイ 伊予獅子手まり(イヨシシテマリ) 5号苗【17年入荷株】

※写真は見本品です。 ★入荷から時間が立ち、花が痛み、観賞時期が終わりました。 来年用の苗として、花をカットし手入れした状態です。 (7月21日更新) 写真は17年6月07日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176a 176b ※送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。イヨシシテマリ 学名・Hydrangea 分類 ユキノシタ科 アジサイ属 原産 日本のヤマアジサイ 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 (栽培) :早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。...

【花終わり】アジサイ 隅田の花火(スミダノハナビ) 8号苗【17年入荷株】

千草園芸

3,456

【花終わり】アジサイ 隅田の花火(スミダノハナビ) 8号苗【17年入荷株】

※こちらは ★今年の入荷から咲き進み 観賞時期が終わったため、 カットして苗として販売しております。 できる限り新芽が吹いてきているものからお送りします。 (少し古葉が焼けているものもありますが、 新葉がふきますのでご了承ください。 ) (7月14日更新 177c) ※写真は見本品です。 ※送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) 写真は17年6月2日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175d 176aアジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、...

【花終わり苗】アジサイ(紫陽花・あじさい) 卑弥呼(ヒミコ)6号苗

千草園芸

2,700

【花終わり苗】アジサイ(紫陽花・あじさい) 卑弥呼(ヒミコ)6号苗

※こちらは ★今年の入荷から咲き進み 観賞時期が終わったため、 カットして苗として販売しております。 できる限り新芽が吹いてきているものからお送りします。 (少し古葉が焼けているものもありますが、 新葉がふきますのでご了承ください。 ) (7月7日更新 177a 177b) こちらは苗ですので、来年開花する花色は酸度によって変わります。 翌年も美しく花を咲かせる栽培方法を書いた説明書をお付けします。 ※写真は入荷時の見本品です。 写真は17年5月12日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176c 176e ★使用用途 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSイズ(648円〜)です。 (商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また...

【花終わり】アジサイ HBAティファニ− 5号苗【17年入荷株】

千草園芸

3,024

【花終わり】アジサイ HBAティファニ− 5号苗【17年入荷株】

※写真は見本品です。 ※こちらは ★今年の入荷から咲き進み 観賞時期が終わったため、 カットして苗として販売しております。 できる限り新芽が吹いてきているものからお送りします。 (少し古葉が焼けているものもありますが、 新葉がふきますのでご了承ください。 ) (7月14日更新 177c) 写真は17年5月30日に撮影しました。 こちらは白系覆輪から徐々に色がピンク系に変わっていく品種です。 ※現在6月30日、写真更新 4枚目。176e 季節によって状態は変化します。175d 176a ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 4個 同送可能商品 5号くらいの大きさの苗の場合は約3個 備考 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種アジサイ ...

【あじさい苗】カシワバアジサイ(紫陽花・あじさい) 八重咲き(スノーフレーク)5号苗

千草園芸

2,160

【あじさい苗】カシワバアジサイ(紫陽花・あじさい) 八重咲き(スノーフレーク)5号苗

16年4月29日入荷。季節によって状態は変化します。164e送料はSサイズ(商品ページ下の送料表をご参照ください) ●用途:花壇、鉢植え、切花 ■栽培方法 日当たり、水はけの良い場所を好みます。半日陰でも育ちます。 乾燥に弱いので、特に夏は毎日欠かさず、水を与えてください。 【pjts】カシワバアジサイ スノーフレーク 分類: アジサイ科アジサイ属の落葉低木 学名: Hydrangea quercifolia 'Snow Flake' 原産: 北アメリカ東部 開花期: 5月中旬〜7月 樹高: 1〜2m 別名: Oak-leaved Hydrangea(オークリーブドハイドランジア) 栽培敵地: 北海道南部以南 深く切り込みの入った葉が、柏の葉っぱに似ているので柏葉紫陽花と呼ばれます。 カシワバアジサイは土壌の酸度の影響を受けません。 水はけと日当たりの良い場所を好みます。 大きく育つので、庭植えか、大型のコンテナで栽培します。 生育が早いので、施肥は冬と開花後に与えます。 カシワバアジサイは水切れに弱く、移植したものが強い直射に当たると葉焼けを起こします。 特に若い葉が出た直後に強い直射が当たると強い葉やけを起こします。 下は5月中旬の花芽が大きくなり出したころの状態で、一部に葉焼けの症状が見られます。 葉焼けの症状は葉に赤紫のモザイク状に斑点が出て、ひどいときは葉全体が斑点に埋め尽くされ、さらにひどいと葉枯れ(葉の周辺から)が生じます。 しかし、葉枯れが生じなければその後の生育には余り影響しません。 植えて最初の夏は少し日よけをしたほうが良いでしょう。 露地栽培では翌年からは水遣りの必要はありませんが、コンテナ栽培では必要です。 カシワバアジサイは早い時期に翌年の花芽をつけるので、剪定する場合は花後すぐに行います。...

【花終わり】ガクアジサイ ブルースカイ 5号苗【17年入荷株】

千草園芸

1,944

【花終わり】ガクアジサイ ブルースカイ 5号苗【17年入荷株】

※写真は見本品です。 ※こちらは ★今年の入荷から咲き進み 観賞時期が終わったため、 カットして苗として販売しております。 できる限り新芽が吹いてきているものからお送りします。 (少し古葉が焼けているものもありますが、 新葉がふきますのでご了承ください。 ) (7月14日更新 177c) ブルースカイ 別名:ブラウマイゼ"Blaumeise" 青花系がくあじさいです。 通常のガクアジサイより、花弁が大きく、厚いため 花持ちがよい品種です。 人気品種"シホウ"はこの品種の 枝替わりです。 ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード 17年入荷株、Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は...

【17年入荷株】ピラミッドアジサイ ライムライト 6号

千草園芸

2,700

【17年入荷株】ピラミッドアジサイ ライムライト 6号

※写真は見本品です。 写真は17年6月30日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176e ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照)ノリウツギ(糊空木・ピラミッドアジサイ) 分類: アジサイ科アジサイ属の落葉低木 学名: Hydrangea paniculata 原産: 北海道、本州、四国、九州、千島から樺太、中国 開花期: 7月〜9月 樹高: 2〜5m 栽培敵地: 日本全国 ノリウツギは全国の山地に分布する落葉低木ですが、軸を長く伸ばして他の木により掛かり、つる植物のようにも見えます。 花期は7月から9月で、小さな両性花が円錐状に多数つき、その中に花弁4枚の装飾花をつけます。 基本種は一重ですが、園芸品種の改良元になり、数多くの園芸種が作られています。 和名は樹液を和紙をすくときの糊に利用したことからつれられたものです。 ピラミッドアジサイ ライムライト 学名: Hydrangea paniculata ‘Limelight’ 「ピラミッドアジサイ ミナズキ」と似ていますが、 名前のとうり、咲き始めはきれいなライムグリーンです。 花の色はライムグリーンから次第にクリーム色に変わり、色の変化が楽しめます。 肥料は好みますから路地植えにするか鉢植えで管理する場合は大きい鉢に植え替えをして肥料を与えておく事が大切です。 耐寒性の強いアジサイですからよほどの寒地以外での路地植えが出来ます。

【花終わり】ヒメアジサイ 七変化(シチヘンゲ)4.5号苗 ブルー【17年入荷株】

千草園芸

1,296

【花終わり】ヒメアジサイ 七変化(シチヘンゲ)4.5号苗 ブルー【17年入荷株】

※こちらは ★今年の入荷から咲き進み 観賞時期が終わったため、 カットして苗として販売しております。 できる限り新芽が吹いてきているものからお送りします。 (少し古葉が焼けているものもありますが、 新葉がふきますのでご了承ください。 ) (7月17日更新 177c) ※写真は見本品です。 写真は17年6月23日に撮影しました。 こちらは今年入荷した開花株ですが 苗として販売しております。 花が終わったら、花軸をカットしてお送りします。 冬場は落葉します。 季節によって状態は変化します。 ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 学名・Hydrangea 属名はラテン語で、水「hydor」と、容器「angeion」を結び合わせたラテン語からきています。 分類 ユキノシタ科 アジサイ属 原産 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 (栽培) :早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。ですから、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替え...

【5本セット】 アジサイ・クレナイ 樹高0.3m前後 15cmポット 紅 紫陽花 あじさい・くれない 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 花を楽しむ木 初夏に花を咲かせる植木特集

植木通販 季の香

3,780

【5本セット】 アジサイ・クレナイ 樹高0.3m前後 15cmポット 紅 紫陽花 あじさい・くれない 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 花を楽しむ木 初夏に花を咲かせる植木特集

【送料について】九州・中国:1,500円関西・四国:1,590円中部・北陸:1,590円関東・信越:1,690円東 北:2,300円北海道:2,600円沖縄:2,800円【お届けについて】ヤマト運輸での発送となります。ご注文を頂きましてから、2〜3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄発送日+2日【商品詳細】サイズ: 樹高0.3m前後セット数: 5本花を楽しむ木 花を楽しむ木初夏に花を咲かせる植木特集 全国有数の植木の里「福岡県田主丸町」から、植木の産地ならではの、自慢の商品をお届け致します。 激安 安い お得 アジサイ・クレナイ(5本セット) 樹高0.3m前後 15cmポット 紅 紫陽花 あじさい・くれない 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 アジサイ・クレナイ(5本セット) 樹高0.3m前後 15cmポット 紅 紫陽花 あじさい・くれない 苗木 植木 苗 庭木 生け垣植物データ 日当たり日向を好みます。半日陰でも生育します。 最終樹高2m 耐寒性やや強い 花つき5,6,7月頃 関連商品アジサイ・クレナイ 樹高0.3m前後 15cmポ…¥1,080【5本セット】 アジサイ・クレナイ 樹高0.3m…¥3,780【送料無料】【10本セット】 アジサイ・クレナイ…¥9,480【送料無料】【15本セット】 アジサイ・クレナイ…¥12,880【送料無料】【20本セット】 アジサイ・クレナイ…¥16,280他のサイズ、種類をもっと見る>>

【5本セット】 アジサイ・オトヒメ 樹高0.3m前後 15cmポット 乙姫 紫陽花 あじさい・おとひめ 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 花を楽しむ木 初夏に花を咲かせる植木特集

植木通販 季の香

3,780

【5本セット】 アジサイ・オトヒメ 樹高0.3m前後 15cmポット 乙姫 紫陽花 あじさい・おとひめ 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 花を楽しむ木 初夏に花を咲かせる植木特集

【送料について】九州・中国:1,500円関西・四国:1,590円中部・北陸:1,590円関東・信越:1,690円東 北:2,300円北海道:2,600円沖縄:2,800円【お届けについて】ヤマト運輸での発送となります。ご注文を頂きましてから、2〜3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄発送日+2日【商品詳細】サイズ: 樹高0.3m前後セット数: 5本花を楽しむ木 花を楽しむ木初夏に花を咲かせる植木特集 全国有数の植木の里「福岡県田主丸町」から、植木の産地ならではの、自慢の商品をお届け致します。 激安 安い お得 アジサイ・オトヒメ(5本セット) 樹高0.3m前後 15cmポット 乙姫 紫陽花 あじさい・おとひめ 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 アジサイ・オトヒメ(5本セット) 樹高0.3m前後 15cmポット 乙姫 紫陽花 あじさい・おとひめ 苗木 植木 苗 庭木 生け垣植物データ 日当たり日向を好みます。半日陰でも生育します。 最終樹高2m 耐寒性やや強い 花つき5,6,7月頃 関連商品アジサイ・オトヒメ 樹高0.3m前後 15cmポ…¥1,080【5本セット】 アジサイ・オトヒメ 樹高0.3m…¥3,780【送料無料】【10本セット】 アジサイ・オトヒメ…¥9,480【送料無料】【15本セット】 アジサイ・オトヒメ…¥12,880【送料無料】【20本セット】 アジサイ・オトヒメ…¥16,280他のサイズ、種類をもっと見る>>

送料無料
【1年間枯れ保証】【春に花が咲く木】タマアジサイ 0.3m15cmポット 10本セット 送料無料 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

12,960

【1年間枯れ保証】【春に花が咲く木】タマアジサイ 0.3m15cmポット 10本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちらタマアジサイ 商品一覧0.3m15cmポット1200円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じユキノシタ科アジサイ属の商品アジサイヤマアジサイアジサイ/アナベルガクアジサイガクアジサイ斑入りガクアジサイ/紅花アジサイ/ジョウガサキアジサイ/墨田の花火アジサイ/アマチャエゾアジサイアジサイ/シチダンカタマアジサイカシワバアジサイツルアジサイヤマアジサイ紅花【タマアジサイ】(玉紫陽花)読み:たまあじさい学名: Hydrangea involucrataユキノシタ科アジサイ属落葉低木別名:サワアジサイ【商品情報】アジサイは日本の梅雨をイメージさせる有名な花木です。落葉低木で観賞用として多く植樹されています。群生して枝分かれして高さ3.0mほどになります。葉は厚く表には光沢があります。5〜7月に花が咲きます。花色は基本的に青紫色ですが土壌の酸度によって青みが強くなったり赤みが強くなったりします。ガクアジサイ、ヤマアジサイ、コアジサイ等、多種多様な園芸品種があります。花木として庭木にしたり、根締めとして使われたりします。【育て方】半日陰を好み、耐陰性もあります。やや湿った肥沃な土壌を好みます。耐寒性は強いのですが花芽が凍害をうけることがあります。その場合は風除けが必要です。ほとんど肥料は必要としません。適地=北海道南部以南日照り=半日陰樹形=株立ち最終樹高=3m施肥時期=1〜2月or7月剪定時期=7月or11〜3月開花時期=5〜7月果実=無し用途=庭木orシンボルツリーor花木【その他】タマアジサイの開花はヤマアジサイやガクアジサイのように1株の花が一斉に開花するのではなく、大きくなった蕾から順番に開花します。長期間花が見られます。淡紫色の花が美しいです。

ヤマアジサイ苗 小田虹(オダニジ)

千草園芸

507

ヤマアジサイ苗 小田虹(オダニジ)

こちらの商品は苗の状態で販売しております。 17年2月14日に入荷しました。 状態は季節によって変化いたします。172d 送料 648円〜(地域、宅配業者により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 24個 同梱可能商品 5号ポット苗の場合は約5個程度 備考 苗の状態は季節により変化します。 土のPH(酸度)により、花の色は、変化いたします。 ご一緒に専用肥料はいかがでしょうか。 【同梱可能】学名・Hydrangea 属名はラテン語で、水「hydor」と、容器「angeion」を結び合わせたラテン語からきています。 分類 ユキノシタ科 アジサイ属 原産 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 (栽培) :早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。ですから、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 様々な品種がございます。 ↓他のヤマアジサイはお探しの方はこちら↓ ヤマアジサイ苗

常緑紫陽花 H400〜600mm 5本 【RCP】05P03Dec16

SORA

4,158

常緑紫陽花 H400〜600mm 5本 【RCP】05P03Dec16

【商品規格】 常緑アジサイ H400〜600mm(鉢底より) 5本セット 【商品説明】 アジサイ科・常緑 珍しい常緑のアジサイです 紅葉しても葉が残り翌年にまた葉を緑色に回復させます 花の色は薄青色になります 【注意事項】 写真は見本になります形状などご参照ください タイトルや商品説明に記載している種類の商品発送となります 輸送時の化粧箱の傷・折れ・凹み等はご容赦ください 【送料】 全国一律1,600円となります) 沖縄・離島の場合は別途中継料金がかかる場合があります 1セット5本での送料となります。  アジサイ常緑紫陽花   ・アジサイ科 アジサイ属 常緑樹 低木 ・珍しい常緑のアジサイです。 ・紅葉しても葉が落ちずに残ります。                 花     葉     根       常緑紫陽花のイメージです。 紅葉しても葉は残ります。 H500mmの根元です。     豆知識   ・夏は日陰に、冬は日なたになる場所が適しています。 ・根元が乾燥しないようにグランドカバーを植えると良いです。 ・毒があるので葉や花を口に入れたりしないでください。 ・苦土石灰をまいてアルカリ性土壌するとアカ系の花になっていきます。 ・ピートモスを混ぜて酸性土壌するとアオ系の花になっていきます。 ・シロ系のアジサイは酸度の影響は受けにくいようです。     分布図   ・東北〜九州での栽培が可能です。     植え方   ・植付けの適期は、2月下旬〜3月、寒地は4〜5月です。ポット苗はこの限りではありません。 ・植付けの場所は、半日陰を好みます。夏は日陰で冬は日なたになる場所が適しています ・植付けの土質は、花色で用土を使い分けると、好みの花色が咲いてくれます。 ・密に植える場合には、生長した事を考えて1.5〜2m程あけて植えて下さい。...

送料無料
【1年間枯れ保証】【春に花が咲く木】アジサイ 0.2m 30本セット 送料無料 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

16,200

【1年間枯れ保証】【春に花が咲く木】アジサイ 0.2m 30本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちらアジサイ 商品一覧0.2m500円/在庫○0.3m1200円/在庫○0.5m露地2000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じユキノシタ科アジサイ属の商品アジサイヤマアジサイアジサイ/アナベルガクアジサイガクアジサイ斑入りガクアジサイ/紅花アジサイ/ジョウガサキアジサイ/墨田の花火アジサイ/アマチャエゾアジサイアジサイ/シチダンカタマアジサイカシワバアジサイツルアジサイヤマアジサイ紅花【アジサイ】(紫陽花)読み:あじさい学名:Hydrangeaユキノシタ科アジサイ属落葉低木別名:シチヘンゲ、アズサイ、テマリバナ【名前の由来】集(あづ)と真藍(さあい)が変化したもの。【商品情報】アジサイは日本の梅雨をイメージさせる有名な花木です。落葉低木で観賞用として多く植樹されています。幹は群生して枝分かれして高さ3.0mほどになります。葉は厚く表には光沢があります。5〜7月に花が咲きます。花色は基本的に青紫色ですが土壌の酸度によって青みが強くなったり赤みが強くなったりします。ガクアジサイ、ヤマアジサイ、コアジサイ等、多種多様な園芸品種があります。花木として庭木にしたり、根締めとして使われたりします。【育て方】半日陰を好み、耐陰性もあります。やや湿った肥沃な土壌を好みます。耐寒性は強いのですが花芽が凍害をうけることがあります。その場合は風除けが必要です。ほとんど肥料は必要としません。適地=北海道南部以南日照り=半日陰樹形=株立ち最終樹高=3m施肥時期=1〜2月or7月剪定時期=7月or11〜3月開花時期=5〜7月果実=無し用途=庭木orシンボルツリーor花木【その他】アジサイは昔から梅雨の花木として人気がある樹木です。あまりイメージがありませんが落葉樹です。花が集まり大きくなるのは見ものです...

送料無料
【1年間枯れ保証】【春に花が咲く木】アジサイ 0.3m 10本セット 送料無料 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

12,960

【1年間枯れ保証】【春に花が咲く木】アジサイ 0.3m 10本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちらアジサイ 商品一覧0.2m500円/在庫○0.3m1200円/在庫○0.5m露地2000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じユキノシタ科アジサイ属の商品アジサイヤマアジサイアジサイ/アナベルガクアジサイガクアジサイ斑入りガクアジサイ/紅花アジサイ/ジョウガサキアジサイ/墨田の花火アジサイ/アマチャエゾアジサイアジサイ/シチダンカタマアジサイカシワバアジサイツルアジサイヤマアジサイ紅花【アジサイ】(紫陽花)読み:あじさい学名:Hydrangeaユキノシタ科アジサイ属落葉低木別名:シチヘンゲ、アズサイ、テマリバナ【名前の由来】集(あづ)と真藍(さあい)が変化したもの。【商品情報】アジサイは日本の梅雨をイメージさせる有名な花木です。落葉低木で観賞用として多く植樹されています。幹は群生して枝分かれして高さ3.0mほどになります。葉は厚く表には光沢があります。5〜7月に花が咲きます。花色は基本的に青紫色ですが土壌の酸度によって青みが強くなったり赤みが強くなったりします。ガクアジサイ、ヤマアジサイ、コアジサイ等、多種多様な園芸品種があります。花木として庭木にしたり、根締めとして使われたりします。【育て方】半日陰を好み、耐陰性もあります。やや湿った肥沃な土壌を好みます。耐寒性は強いのですが花芽が凍害をうけることがあります。その場合は風除けが必要です。ほとんど肥料は必要としません。適地=北海道南部以南日照り=半日陰樹形=株立ち最終樹高=3m施肥時期=1〜2月or7月剪定時期=7月or11〜3月開花時期=5〜7月果実=無し用途=庭木orシンボルツリーor花木【その他】アジサイは昔から梅雨の花木として人気がある樹木です。あまりイメージがありませんが落葉樹です。花が集まり大きくなるのは見ものです...

【1年間枯れ保証】【春に花が咲く木】アジサイ 0.2m 【あす楽対応】

全2商品

540

【1年間枯れ保証】【春に花が咲く木】アジサイ 0.2m 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらアジサイ 商品一覧0.2m500円/在庫○0.3m1200円/在庫○0.5m露地2000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じユキノシタ科アジサイ属の商品アジサイヤマアジサイアジサイ/アナベルガクアジサイガクアジサイ斑入りガクアジサイ/紅花アジサイ/ジョウガサキアジサイ/墨田の花火アジサイ/アマチャエゾアジサイアジサイ/シチダンカタマアジサイカシワバアジサイツルアジサイヤマアジサイ紅花【アジサイ】(紫陽花)読み:あじさい学名:Hydrangeaユキノシタ科アジサイ属落葉低木別名:シチヘンゲ、アズサイ、テマリバナ【名前の由来】集(あづ)と真藍(さあい)が変化したもの。【商品情報】アジサイは日本の梅雨をイメージさせる有名な花木です。落葉低木で観賞用として多く植樹されています。幹は群生して枝分かれして高さ3.0mほどになります。葉は厚く表には光沢があります。5〜7月に花が咲きます。花色は基本的に青紫色ですが土壌の酸度によって青みが強くなったり赤みが強くなったりします。ガクアジサイ、ヤマアジサイ、コアジサイ等、多種多様な園芸品種があります。花木として庭木にしたり、根締めとして使われたりします。【育て方】半日陰を好み、耐陰性もあります。やや湿った肥沃な土壌を好みます。耐寒性は強いのですが花芽が凍害をうけることがあります。その場合は風除けが必要です。ほとんど肥料は必要としません。適地=北海道南部以南日照り=半日陰樹形=株立ち最終樹高=3m施肥時期=1〜2月or7月剪定時期=7月or11〜3月開花時期=5〜7月果実=無し用途=庭木orシンボルツリーor花木【その他】アジサイは昔から梅雨の花木として人気がある樹木です。あまりイメージがありませんが落葉樹です。花が集まり大きくなるのは見ものです...

人気の花・ガーデニング用品の紫陽花マジカル、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になる紫陽花マジカルが見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「紫陽花マジカル」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ