「紫陽花アジサイ」 の検索結果 371件

アジサイ(紫陽花・あじさい) ウェディングドレス 5号

千草園芸

2,592

アジサイ(紫陽花・あじさい) ウェディングドレス 5号

17年5月19日入荷。木の状態は季節により変化いたします。175aアジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり(春)】 【花終わり(夏)】 【花終わり(冬)】 開花前または開花している状態 最盛期を過ぎ...

お買い物マラソン
送料無料
【さかもと園芸】達人のあじさいジャパーニュ【 ミカコレッド 】母の日 送料無料紫陽花 アジサイ 鉢植え

kaopuストア

6,000

【さかもと園芸】達人のあじさいジャパーニュ【 ミカコレッド 】母の日 送料無料紫陽花 アジサイ 鉢植え

期間限定販売 お届け [母の日ギフト期間] 2017/05/09〜2017/05/13 [母の日以降] 朝8:00までのご注文確定で即日発送 商品内容 ジャパーニュ「ミカコレッド」5号 大きさ H約45cm、W約45cm 商品同梱物 品質カード:お手入れのしおり、コミュニケーションカード(母の日カード) ラッピング ラッピング済の状態で発送いたします。 ラッピングの種類は選べません。 ペーパー ピンク 鉢カバー 内ビニール付き 天然素材バスケット (季節により写真と色が変わる場合がございます。) ひときわ珍しい覆輪のあじさいで花数が多く豪華な印象です。花のひとつひとつは一重で四角の花びらです。レッドのふちどりとホワイトのコントラストが可愛らしくパッと目を引く色合いです。希少性の高い品種です。 あじさいは品種ごとに色合いの変化が異なり、 その移り変わりが人々を魅了します。 あなただけの特別なひと鉢を愉しんでいただけたらうれしいです。 注意事項 ※離島・郡部など、一部お届けできない地域があります。 ※商品の色・形態は、多少写真と異なる場合がございます。 ※記載されている以外の写真の小物類は商品に含まれません。 ※花色が変化するため、色合いが写真と異なる場合がございます。 ※他の商品との同梱は承っておりません。1商品1梱包となります。 ※ご不明点は、ヘルプページにてご確認頂けます。

お買い物マラソン
山あじさい アジサイ あじさい 紫陽花 3株セット!芽が出始めた花苗 販売 通販 種類

ガーデニングshop岐阜緑園

1,078

山あじさい アジサイ あじさい 紫陽花 3株セット!芽が出始めた花苗 販売 通販 種類

同じ種類やサイズ違い、色違いの植物を探してみる!<今すぐクリック> (1)あじさい 阿蘇 (2)あじさい 伊予の盃 (3)あじさい 伊予桜 (4)あじさい 紅 (5)あじさい 紫紅梅 (6)あじさい 七段花 (7)あじさい 七変化 (8)あじさい 清澄沢 (9)あじさい 祖谷風車 (10)あじさい 大山 (11)あじさい 土佐緑風 (12)あじさい 虹 (13)あじさい 日向紺青 (14)あじさい 白富士 (15)あじさい 美方八重 (16)あじさい 富士ナデシコ (17)あじさい 舞華 (18)あじさい 楊貴妃 など72種類の「山あじさい」から3株お選びしてお届けいたします。可憐な花を咲かせる山あじさい♪庭植えでも小盆栽としても楽しめます。日本の梅雨時、心和ませてくれる花です。日本原産 アジサイ(ユキノシタ)科 落葉低木芽が出始めた3号サイズのPOT苗となります。あじさい 阿蘇 あじさい 伊予の盃 あじさい 伊予桜 あじさい 紅 あじさい 紫紅梅 あじさい 七段花 あじさい 七変化 あじさい 清澄沢 あじさい 祖谷風車 あじさい 大山 あじさい 土佐緑風 あじさい 虹 あじさい 日向紺青 あじさい 白富士 あじさい 美方八重 あじさい 富士ナデシコ あじさい 舞華 あじさい 楊貴妃 (1)あじさい 阿蘇(2)あじさい 伊予の盃(3)あじさい 伊予桜(4)あじさい 紅(5)あじさい 紫紅梅(6)あじさい 七段花(7)あじさい 七変化(8)あじさい 清澄沢(9)あじさい 祖谷風車(10)あじさい 大山(11)あじさい 土佐緑風(12)あじさい 虹(13)あじさい 日向紺青(14)あじさい 白富士(15)あじさい 美方八重(16)あじさい 富士ナデシコ(17)あじさい 舞華(18)あじさい 楊貴妃など72種類の「山あじさい...

お買い物マラソン
アジサイ(紫陽花・あじさい) ポップコーン ブルー 5号 【17年入荷株】

千草園芸

3,240

アジサイ(紫陽花・あじさい) ポップコーン ブルー 5号 【17年入荷株】

17年5月9日に入荷。 木の状態は季節によって変化いたします 175b ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。 専用肥料はこちらをご覧ください。 またご自宅用のアジサイはこちらになります。 木/の状態は季節により変化いたします。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずで...

お買い物マラソン
アジサイ(紫陽花・あじさい) ジュセフドルフ 5号【17年入荷株】

千草園芸

2,160

アジサイ(紫陽花・あじさい) ジュセフドルフ 5号【17年入荷株】

17年5月16日に入荷。 木の状態は季節によって変化いたします 175c ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。 専用肥料はこちらをご覧ください。 またご自宅用のアジサイはこちらになります。 木/の状態は季節により変化いたします。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。...

お買い物マラソン
【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい)HBAカイピリーニア 6号

千草園芸

4,104

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい)HBAカイピリーニア 6号

※写真は見本品です。 17年5月12日に入荷。季節によって状態は変化します。175b ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって...

お買い物マラソン
アジサイ(紫陽花・あじさい) マーレ 5号【17年入荷株】

千草園芸

3,240

アジサイ(紫陽花・あじさい) マーレ 5号【17年入荷株】

17年5月9日に入荷。 木の状態は季節によって変化いたします 175b ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。 専用肥料はこちらをご覧ください。 またご自宅用のアジサイはこちらになります。 木/の状態は季節により変化いたします。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。...

お買い物マラソン
ツルアジサイ ポット苗 紫陽花

Amazon

864

ツルアジサイ ポット苗 紫陽花

ツルアジサイ(ゴトウヅル) ユキノシタ科 アジサイ属 落葉つる性 梅雨時の庭を爽やかに彩る 日本生まれの代表的な花木 アジサイの仲間は両性花がなく、ほとんどが装飾花の大きな 散房花序を新梢の先につける美しい花です。 古くから栽培されてきた日本を原産地とする代表的な花木で、 非常に多くの園芸品種があります。 その後、ヨーロッパに渡り改良がなされて、今では欧米、オセアニア、 その他多くの地域の人々に愛されています。 花の少ない雨季の季節に咲き、半日陰地にも適するなど、 庭木として使い勝手のよい特徴を備えています。 ツルアジサイの特徴 初夏に枝先に白色の花を咲かせます。 つる性植物なので、幹や枝から気根を出して,木や岩に這い昇りながら成長します。 壁面に這わせたり鉢植えに支柱するとよいです。 植え付け 植え付け適期は2~3月頃。 陽光を半分ほど遮れる所がよいです。 土質はほとんど選びませんが、植え穴は大きめに掘り、堆肥や腐葉土、 ピートモスなどを加え、根が乾燥しないように水を加えながら植えつけます。 剪定・整枝 放任してもむやみに大きくなることはありませんが、古い幹立ちは切り取って若い枝でまとめるとよいです。 1~2月に花芽を確認しながら古い枝を切り取るか、切りつめるかします。 四季の管理 多肥の必要はありませんが、土壌の科学的性質が花色に影響を及ぼします。 酸性土壌ではブルー系は美しい色を発しますが、赤系の品種は濁りのある色になってしまいます。 ブルー系の品種には酸度調節をしていないピートモス(酸性) でマルチングをしたり、園芸用の硫黄華をひとつまみ施します。 これに対し、赤系の品種には中性に近い土壌がよいので、 石灰を少し根本にまいてあげると鮮やかな花色が楽しめます。 病害虫 特に病害虫はありませんが、念のために花後に殺菌剤を 1...

アジサイ(紫陽花・あじさい)苗 千代女(チヨジョ) 4号苗

千草園芸

1,566

アジサイ(紫陽花・あじさい)苗 千代女(チヨジョ) 4号苗

冬は落葉した苗の状態です。 来年用の苗木としてお求めください。 長くお花を楽しんでいただくための管理方法と、翌年も美しく花を咲かせる栽培方法を書いた説明書をお付けします。 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。 花の色は、土の酸度によってピンク〜青・紫色に変化します。 専用肥料【同梱可能】 またご自宅用のアジサイはこちらになります。 木/の状態は季節により変化いたします。 154eアジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。...

お買い物マラソン
アジサイ(紫陽花・あじさい) おはよう 5号【17年入荷株】

千草園芸

3,024

アジサイ(紫陽花・あじさい) おはよう 5号【17年入荷株】

17年5月12日に入荷。季節によって状態は変化します。175b 送料 648より(運送会社により異なります。) 備考 写真は入荷日に撮影された見本の商品です。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり(春)】...

お買い物マラソン
「17年入荷株」アジサイ(紫陽花・あじさい) グリーンボール 5号

千草園芸

2,592

「17年入荷株」アジサイ(紫陽花・あじさい) グリーンボール 5号

17年5月16日に入荷。状態は季節によって変化いたします。175cアジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり(春)】 【花終わり(夏)】 【花終わり(冬)】 開花前または開花している状態 最盛期を過ぎ...

お買い物マラソン
【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) シュガーホワイト 6号

千草園芸

3,240

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) シュガーホワイト 6号

※写真は見本品です。 写真は17年5月16日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175c ★使用用途 鉢植え、ギフト、プレゼント、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 1個(2個以上で送料があがります) 同送可能商品 5号くらいの大きさの苗の場合は約3個 備考 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 母の日アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ...

お買い物マラソン
Aloalo プリザーブドフラワー ボックス アレンジ ( バラ × アジサイ ) ハンドメイド 枯れないお花 < メンテナンスカード 付 > ホワイト

Amazon

2,780

Aloalo プリザーブドフラワー ボックス アレンジ ( バラ × アジサイ ) ハンドメイド 枯れないお花 < メンテナンスカード 付 > ホワイト

【商品詳細】 ■サイズ:約9.8×8.3×8cm ◇ バラ(レッド・ホワイト)、紫陽花(レッド・パールホワイト)のプリザーブドフラワーです! ◇ クラシックな模様のデザインを施したモノトーンなボックス ◇ 真っ赤な大きなバラと小ぶりな白いバラの組み合わせはパッと目を引く美しさ ◇ 蓋を閉めるとうっすら中が透けて見えます。プチプレゼントにおすすめ! ◇ 全商品スタッフにより手作りです! 【プリザーブドフラワーとは】 生花に特殊な加工を施すことで長期間に渡って美しい姿を楽しめるようにした、 欧州生まれの全く新しい種類のお花です。 プリザーブドフラワーは生花の組織を残したまま、 有機溶剤を用いて脱水・脱色しオーガニック等を混ぜた薬剤で着色、 その後よく乾燥させて完成します。 生花の持つみずみずしさと柔らかな質感はそのままに、 生花では表現できない鮮やかな色使いと長期間の保存を可能にした、まさに「魔法のお花」・・・ それがPreserved Flower(プリザーブドフラワー)です。 プリザーブドフラワーはお花を愛する全てのひとへ、美しいものと永く暮らす幸せをお届けします。 ※preserve…保存する、維持する、という意味の英語 プリザーブドフラワーは特殊加工したお花なので、お水をあげる必要も、花粉を心配する必要もありません。 プリザーブドフラワーは忙しい人でも花粉アレルギーの人でも何の心配もなく、美しい作品を永くお楽しみ頂けます。 プリザーブドフラワーの保存可能期間は、湿気の少ない国ならば3~5年以上、湿気の多い日本でも1年~数年。 生花に比べて圧倒的に長い時間、その美しい姿を楽しませてくれます。 また、生花と違って短時間での劣化が起こりにくいため、遠方のご家族・ご友人へもお届けできます。 「そばに置いて、ずっと大切にしてね」...

アジサイ(紫陽花・あじさい) 霧島の恵 3.5号苗

千草園芸

1,296

アジサイ(紫陽花・あじさい) 霧島の恵 3.5号苗

苗の写真は16年9月12日。植物の状態は季節により変化いたします。169c 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 1個 同送可能商品 4号くらいの大きさの苗の場合は約2個 備考 写真は見本品です アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 ...

お買い物マラソン

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「紫陽花アジサイ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ