「秋球根」 の検索結果 317件

花ごころ ガーデンシクラメン・シクラメンの土 5L

VANCL楽天市場店

564

花ごころ ガーデンシクラメン・シクラメンの土 5L

メーカー花ごころブランド花ごころ詳細内容量:5L商品説明「花ごころ ガーデンシクラメン・シクラメンの土 5L」は、花付きを良くするリン酸成分を配合した用土です。有機由来のカルシウム成分やカリ成分がシクラメンの生長をサポートします。水を腐りにくくするゼオライトを配合しました。使用方法●植え付け(秋に購入したガーデンシクラメン)1.プランターの底に鉢底土を入れ、「ガーデンシクラメン・シクラメンの土」を入れます。2.苗をポットから外して、根鉢を崩さずに植え付けます。3.苗の周りに「ガーデンシクラメン・シクラメンの土」を入れます。球根の1/3が土の上に出るようにします。 4.鉢底の穴から流れ出てくるまで、たっぷりと水を与えます。●植え替え(花が終わって夏越ししたシクラメン)シクラメンを鉢から出し、根を1/3から1/2くらいほぐして植え付けます。植え付け後は、鉢底の穴から流れ出てくるまで、たっぷりと水を与えます。●管理のポイント・咲き終わった花や黄色くなった葉は、こまめに取り除きます。茎をまわしながらひっぱるようにして抜き取り、ハサミは使いません。・水やりは、土の表面が乾いたら、鉢底の穴から流れ出てくるまでたっぷりと与えます。葉にできるだけ水をかけないように、葉を持ち上げて与えるようにします。・肥料は、植え付け、植え替えの2週間後から与え始めます。・冬場、ガーデンシクラメンは雪や霜の当たらない日当たりの良い場所、シクラメンは室内の日当たりの良い場所で管理します。・夏場、葉数が減ってきたら木陰に移し、水やりだけを続けます。もし、葉が全て無くなったら、水やりも止め、雨の当たらない日陰で休眠させます。 主原料木質堆肥、ピートモス、赤玉土、バーミキュライト用土【配送について】こちらの商品は最短での出荷となります。※配達希望日指定不可...

オリジナル品種!リコリス `連雁' 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

2,000

オリジナル品種!リコリス `連雁' 球根 1球

とてもクリアなゴールデンイエローの花姿、花の直径は20cmほどあり、見応え十分です。性質は半耐寒性で、当園では無加温のハウスで栽培しています。冬場の最低気温は-5℃ほどまで下がります。また、葉は秋に出現します。 学名 Lycoris cv.`Renngan' 原産地 日本・中国など 花期 9~10月 草丈 40~60cm 耐寒性 中(無加温のハウスで栽培可能です) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。...

オリジナル品種!リコリス `オーガスト ゴールド'球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,800

オリジナル品種!リコリス `オーガスト ゴールド'球根 1球

輝く花姿、是非お手元でじっくりとお楽しみください!花は8月終わりごろから咲き始めます。 学名 Lycoris cv.`August Gold' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~50cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

オリジナル品種!リコリス `クリーム アンド ピーチ'球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,200

オリジナル品種!リコリス `クリーム アンド ピーチ'球根 1球

ほんのりと淡い桃色に染まるクリームホワイトの花弁、とても繊細で上品な花色です。 学名 Lycoris cv.`Cream and Peach' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~60cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

球根/ポット植えアマリリス八重咲き:レディジェーン

園芸ネット プラス

1,700

球根/ポット植えアマリリス八重咲き:レディジェーン

春咲きの球根植物の王様と言われるアマリリス。球根1球をポットに植え込んだ状態でお届けします。室内で栽培でき、お手入れは水やりだけなので手軽です。開花調整してありますので、栽培開始から短期間で花が咲きます。冬から春先の花が少ない時期に美しい大輪の花を楽しめます。室内の南向きの明るい窓辺などで、手軽に栽培できます。化粧箱入りなのでギフトにもおすすめです。タイプ:ヒガンバナ科の半耐寒性球根植物栽培適期:11~3月(11月~4月に開花するよう温度による調整処理がしてあります)開花:冬~春(発芽から6~7週間後)草丈:40cm生産地:オランダ栽培方法:暖かく明るい室内で栽培してください。秋~初春は、光がよく当たる窓辺が良いでしょう。最初に、箱から鉢を取り出し水をやります。その後は週に1~2回、土が乾燥しない程度に水をやります。なるべく日中の気温20度以上を保ちます。10度を下回ると球根が傷むのでご注意ください。開花まで肥料は不要です。栽培開始から数日~数週間で芽が出ます。開花は発芽から6~7週間後です。翌年以降も花を楽しむ場合は、開花終了後に一回り大きな鉢に新しい土を入れて植え替えてください。翌年以降は初夏に開花します。ポット植えアマリリス八重咲き:レディジェーン の栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

変化する花色! リコリス `フォーン'球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

変化する花色! リコリス `フォーン'球根 3球

淡いクリーム色の花弁中央に、グラデーションのようにえんじ色が入ります。開花後半になると、下の写真のようにほんのりとピンク色に色づきます。花形は、花弁の細いスパイダー咲きです。葉は秋に出るタイプです。 学名 Lycoris cv.`Fawn' 原産地 日本・中国など 花期 9月 草丈 30~50cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また...

オリジナル品種!ネリネ`秋の夜灯' 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

3,000

オリジナル品種!ネリネ`秋の夜灯' 球根 1球

マゼンタと純白のコントラストが目に鮮やか!花姿も整い、見応え十分の逸品です。 学名 Nerine cv.`Aki no Yotoboshi' 原産地 南アフリカ 花期 10~11月 草丈 30~50cm 耐寒性 中(0℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など ネリネの最大の魅力である、キラキラと輝く花弁を楽しむには、やはり切花にして楽しむのが良いでしょう。花持ちも良く、1輪目が咲いてから2週間は咲き続けます。暗い室内よりも、少し日の差す場所に置いた方が、より光り輝く花姿を楽しむことができます。※ネリネは、十分な開花球でも、毎年必ず開花するとは限らず、 年によっては開花しないこともあります。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3~4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1~2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は7月上旬~8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、0℃以上の場所で管理しましょう。 翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らします。6月以降の休眠期は、球根が乾き切らない程度に時折散水します。...

人気の花・ガーデニング用品の秋球根、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になる秋球根が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「秋球根」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ