「秋まき花の種」 の検索結果 1,261件

送料無料
【ほうれん草種子】 ハンター M3万粒 3個まとめ買いセット

e-たねや

11,790

【ほうれん草種子】 ハンター M3万粒 3個まとめ買いセット

こちらの商品は、まとめ買い商品です。 『【ほうれん草種子】 ハンター M3万粒×3個まとめ買いセット』 通常販売価格より、お買い得となっております。 商品名:『【ほうれん草種子】 ハンター M3万粒 通常販売価格:4320円(税込) ⇒3個セット 販売価格:11790円(税込) 【1個当たり3930円】 1個当たり通常購入より 【390円】お得!! さらにまとめ買い商品の送料は無料でのお届けとなります!! まとめ買いをご検討のお客様は、大変お得な商品となっております。 是非この機会にご利用くださいませ。 葉肉が軟らかく、食感が良い 独特の光沢があり、品質最高!    【ほうれん草】 ハンター (カネコ種苗) 特長  ベト病(R-1~7)に抵抗性があります。 草姿は立性で、葉形は尖り型で、葉幅が広く、株張りが良好です。 葉色が濃く、葉身と葉柄の光沢が強く、新鮮感があります。 葉数が多く、在圃性があるので、秋まきから春まきまで幅広く栽培できます。 葉肉が軟らかく、アクが少なく、食味が良いです。  管理のポイント (1)高温条件下での栽培は避ける 晩夏から初秋まき栽培では、高温による生育の停滞があるので、この時期の栽培は避けます。 (2)低温期の栽培は乾燥に注意する 低温期に乾燥が続く場合は、葉面の縮みが生じることがあるので、適時灌水を行ってください。 (3)温暖期は換気を行う 春まき等の気温の上昇期は、徒長が少ない方ですが、葉肉を厚くするために、こまめな換気を行います。 (4)病害虫防除 例年、中間地及び冷涼地の冬から早春まき栽培で、べと病の発生が多く見られます。これらの時期に『ハンター』を使いことにより、べと病の被害を回避することができます。しかし...

【ほうれん草種子】 【サカタのタネ】 プログレス M3万粒

e-たねや

4,710

【ほうれん草種子】 【サカタのタネ】 プログレス M3万粒

べと病R-1~8抵抗性、極濃緑で立性、耐湿性にすぐれる秋・春兼用品種  【ホウレンソウ種子】プログレス (サカタのタネ) 【特長】 1.べと病R-1~8に抵抗性をもつ。 2.極濃緑、光沢のある剣葉で、葉先がややとがり浅く欠刻が入る。 3.株張りがよく、収量性が高い。 4.草姿は立性で、葉の絡みが少なく収穫調整しやすい。 5.耐湿性が強く、湿害による黄化が出にくい。  【適応性】 秋まき品種としては比較的じっくり生育するので、冷涼地の9月上旬~中旬まき、および一般地、暖地の9月中旬~10月中旬、2月~3月中旬まきに適しています。土壌適応性が広く耐湿性が強いため、火山灰土から水田裏作まで幅広く栽培することができます。  【土づくりと施肥】 完熟堆肥の施用と深耕は、ホウレンソウづくりの基本です。とくにハウス栽培の場合は年5~7回播種することになるので、「バイテクバイオエース」などの有機質肥料、完熟堆肥を投入し、地力の低下を防ぎます。直根性の作物ですので、根がスムーズに伸びる土づくりを心がけます。 また、最近葉菜類の硝酸態窒素が問題視されているので、肥料の施用量は適量を守ります。本品種は多量に窒素を施さなくても十分に葉色が濃くなります。  【播種】 条間15~20cm、株間3~5cmのスジまきとします。水田裏作や排水不良の畑では、排水を確保するため高畝にします。収穫・調整作業が最も労力を要するので、収穫時に無理のない播種体系を心がけます。  【病害虫防除】 シロオビノメイガ、ハスモンヨトウ、ケナガコナダニなどが問題になります。とくにケナガコナダニは被害に気づいた後の防除では手遅れになる場合がほとんどです。必ず生育初期に予防的な防除を行うようにします。  【収穫】...

【種子】Prime Perennial Collectionアストランチャ マヨールLife with Green

Ivy

398

【種子】Prime Perennial Collectionアストランチャ マヨールLife with Green

コメント: セリ科の耐寒性宿根草(約-30℃)です。 クッション状の花を咲かせます。花色には幅があります。 桃色がかった白い花びらに見える部分は苞で、花は単性花と両性花が混在して中央に放射状につきます。 名前は花の形にちなみ、ギリシア語で星という意味があります。 切花としても楽しめます。 上級者向けの花になります。 科名: Astrantia セリ科アストランティア属 英名: master wort 種類: 耐寒性多年草 別名: アストランティア 和名: 草丈: 約75cm 花色: 桃色 用途: 花壇、プランター、切花 播種時期: 寒冷地:春まき 3月上旬~4月下旬 秋まき 9月上旬~10月下旬 温暖地:春まき 2月上旬~4月下旬 秋まき 9月上旬~11月下旬 開花時期: 寒冷地:春まき 5月~10月 秋まき 翌年5月~10月 温暖地:春まき 5月~10月 秋まき 翌年5月~10月 発芽適温: 約18~20℃ 耐寒性: -15℃まで 播種深さ: 開花までの日数: 花言葉: 「愛の渇き」「知性」「星に願いを」 生産地: オランダ 内容量: 約5粒 発芽率: 撒き方: 一定の寒さに当て越冬に似た条件にすると発芽のスイッチが入るようです。 発芽するまで1~3ヶ月かかり、花が咲くまで丸2年近くかかります。 育て方: 高温多湿にやや弱いので、風通しのよい日当りの良い場所で管理します。 土壌はやや湿り気味を好むので、水切れをしないように注意しましょう。 酸性土壌を嫌いますので、植え付け場所には石灰などを混ぜておきましょう。 植え替えや株分けは3~4月か10月頃に行います。 追肥は夏を除く春~秋に、少量の固形肥料を施します。(多肥は株が乱れます) 花がらはこまめに摘み取りましょう。...

緑肥用種子 黄花のちから 1kg【生物くん蒸】【緑肥、景観用の種】【タキイのタネ】

吉谷農芸 楽天市場店

1,685

緑肥用種子 黄花のちから 1kg【生物くん蒸】【緑肥、景観用の種】【タキイのタネ】

注)店舗在庫キレ、メーカー在庫キレ等によりご注文を キャンセルまた多少お時間頂く場合がございますので誠に恐れ入りますが、あらかじめご了承頂きますようよろしくお願い致します。 注)まき時期をご確認の上、ご注文をお願い致します。 特徴 初期生育が早く、短期間で高収量が得られる。 花は黄色で、開花期の草丈は1m以上になる。耐倒伏性も強い。 生物くん蒸作物として利用した場合、トマト青枯病、ホウレンソウ萎凋病の抑制効果が認められる。 ビートのシストセンチュウに汚染された畑に利用。 春(または秋)に美しい黄色の花をつけるので、景観用にも最適。 播種期 中間地・暖地:9~10月(開花3~4月)、3~4月(開花5~6月)。 冷涼地:5~6月(開花7~8月)、8月上下旬(開花9月中旬~)。 開花期:秋まきの場合翌年春。春まきの場合播種後50~60日。 播種量 2~3kg/10a。条まきかバラまきし、軽く覆土をして鎮圧する。 施肥基準 10a当たりチッソ10kg、リンサン4~5kg、カリ4 ~5 kg。石灰を施して、pH6~7に矯正する。 草丈・100cm~150cm幸せの鳥コウノトリが住む町 兵庫県豊岡市からお届けします! (;^ω^) 作りやすく食味最高級 吉谷のタネ! 土壌燻蒸剤の代替に緑肥植物を!! 生物くん蒸とは? 施設などで連作を続けると、土壌中の微生物のバランスが崩れて病気が多発するようになります。 これまでは土壌くん蒸剤が使われていましたが、最もよく使われていた臭化メチルがオゾン層保護(モントリオール議定書)のため、ごく一部(不可欠用途)を除いて使用が禁止されました。また、クロルピクリン剤は周辺環境や作業者自身に及ぼす影響が問題となっており、代替技術の開発が求められています。 最近、『緑肥用からしな』『チャガラシ』などを利用した...

【種子】宿根かすみ草 ピレネーピンクサカタのタネ

Ivy

108

【種子】宿根かすみ草 ピレネーピンクサカタのタネ

コメント: 原産地はアルプス、ピレネー地方で耐寒性はとても強く、地をはいながら分枝していきます。 開花は初夏から秋にかけて枝の先端にピンクの花が数多くつき、コンテナやロックガーデンに適します。 科名: Gypsophila repens ナデシコ科ギプソフィラ属 英名: Creeping Gypsophila 種類: 1年草 別名: ハナイトナデシコ ムレナデシコ 和名: 宿根かすみ草 草丈: 約10~15cm 花色: ピンク 用途: 花壇、コンテナ 播種時期: 春まき:4月上旬~6月下旬 秋まき:8月下旬~10月下旬 開花時期: 春まき:翌5月上旬~7月下旬 秋まき:翌5月上旬~7月下旬 発芽適温: 約20℃前後 発芽日数: 5~10日くらい 播種深さ: 開花までの日数: 花言葉: 「思えば慕われる」 生産地: オランダ 内容量: 約0.1mlこの袋で育つ苗の本数はおよそ45本です。 発芽率: 約65%以上おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 まき方: 春まきは翌年の開花ですので秋、ススキの穂が出始めるころが適期です。 タネまき用土を入れた箱に薄くバラまきし隠れる程度の土をかけます。 本葉2~3枚のころ小鉢やポットに植え替えます。 生育が遅いので雨などに注意します。 タネまきに便利なジフィーピートバンもご利用ください。 育て方 「Gypsophila(石灰を好む)」という学名の通り、石灰質の土壌を好みます。移植を嫌うので、根を崩さないように移植してください。 土質は選びませんが、多湿を嫌うので水はけのよいところに、暖かい地域では霜の降る前、寒い地域では冬場凍らないように管理して春に霜のおそれがなくなったころ株間約25cmで植え付けます。 気温の高い時期は花が休みますが涼しくなると再び咲き始めます。...

野菜の種 サラダ菜 品番:2113 家庭菜園 関東当日便

charm 楽天市場店

200

野菜の種 サラダ菜 品番:2113 家庭菜園 関東当日便

楽しく育てて美味しく食べよう!肉厚で豊産種、厚さ病気に強い極早生種!野菜の種 サラダ菜特長●本種は年中栽培できる極早生種で、品質優秀な高級品種です。●鮮明な緑色で刻みがなく、表面は少し波打つ程度です。●柔らかく、歯切れも良い上、ビタミン等多く含んでいますから、生食、料理の敷き葉用等鮮度の高いものに利用され喜ばれています。●プランター等で夏は涼しい場所、冬は出窓等で家庭栽培もできます。作り方●年中栽培出来ますが、冬は温床、トンネル等で栽培できます。●苗床に播種し発芽後、本葉5~6枚の頃、畦巾60cm位に定植します。●収穫は張種後50~60日位です。●肥料は元肥に堆肥、油粕等を十分与え、追肥には液肥を施します。種まき時期春まき:2月上旬~6月下旬頃秋まき:8月下旬~12月上旬頃収穫春まき:4月上旬~8月下旬頃秋まき:10月上旬~2月下旬頃内容量(約)1000粒注意※地方により種まき時期、収穫時期は異なります。上記月日に頼らず気候に合わせて栽培してください。チャーム楽天市場店 ペット用品・生き物専門ベビーリーフタネ ベビーグリーン グリーンリーフレタス 家庭菜園野菜の種 白雪姫20日大根 品番:1510 家庭菜園野菜の種 ベビーキャロット 品番:2321 家庭菜園野菜の種 サラダ京水菜 品番:1129 家庭菜園野菜の種 小松菜 品番:1125 家庭菜園野菜の種 チンゲンサイ 品番:1851 家庭菜園 … _animal ガーデニング ハーブ ガーデニング 野菜/果物・ハーブ ハーブ 野菜 種まき2月 種まき3月 種まき4月 種まき5月 種まき6月 種まき8月 種まき9月 種まき10月 種まき11月 種まき12月 種子 yasainotane02 S06 rep_vegetable 当日便 seedPD0525 muryotassei...

HORTUS イタリアの花の種 ワスレナグサ Art.M074 家庭菜園 関東当日便

charm 楽天市場店

660

HORTUS イタリアの花の種 ワスレナグサ Art.M074 家庭菜園 関東当日便

イタリアからやってきた『草花の種』。ベランダもお庭もリビングルームの一部です。くつろぎあるスローライフを一粒の種まきからいかがでしょうか?HORTUS イタリアの花の種 ワスレナグサ Art.M074特長ムラサキ科 一年草(多年草)内容量0.3g生産地イタリア蒔き時期9~10月開花3~6月栽培耐寒性は比較的ある(冬の乾燥と強風には配慮する)が、夏の高温多湿を嫌い秋まきが一般的です。日当たり、水はけが良く有機質に富んだ肥沃な土に約20cm間隔で直まき(3粒程度)か、育苗ポット蒔きにします。発芽適温は15~18℃で発芽までの10~14日は表土が乾燥しないように、丁寧に潅水をします。間引きを重ね(徒長を防ぎ、健全な苗を育てる)本葉が5~6枚の小苗の内に植え付けます。鉢植えの場合草丈が伸び過ぎないように、摘心をし脇芽を増やし形を整える.ディープブルーの小花が寄り集まって咲き乱れる様はロマンチックな伝説にピッタリの愛らしい花です。花壇の縁どりや群植も見応えがあります。ハンギングバスケットやコンテナの寄せ植えにも見栄えの良い人気のある花です。植え付け間引きを重ね、健全育苗に努め本葉が5~6枚に育った頃根土ごと丁寧に株間15cm位に有機肥料と一緒に植え込み3月下旬~4月に定植をします。開花が一段落した6月頃切り戻しわき芽を育てると秋に再び開花し宿根化する事もあります。蝶々のようなかわいい花を長く、賑やかに咲かせ花壇の縁どりや、コンテナでの寄せ植え、ハンギングバスケットに最適です。寒さにはやや弱く、地植えの場合はシート等で霜から守ります.水やりは表面が乾いたらしっかりとやる。ご注意※画像はイメージです。画像中の撮影小物等は付属いたしません。 ※パッケージは予告なく変更となる場合もございます。予めご了承下さいませ。チャーム楽天市場店 ペット用品...

ゆうパケット対応 HORTUS イタリアの花の種 ワスレナグサ Art.M074 家庭菜園 同梱・代引き・着日指定不可

charm 楽天市場店

660

ゆうパケット対応 HORTUS イタリアの花の種 ワスレナグサ Art.M074 家庭菜園 同梱・代引き・着日指定不可

イタリアからやってきた『草花の種』。ベランダもお庭もリビングルームの一部です。くつろぎあるスローライフを一粒の種まきからいかがでしょうか?HORTUS イタリアの花の種 ワスレナグサ Art.M074特長ムラサキ科 一年草(多年草)内容量0.3g生産地イタリア蒔き時期9~10月開花3~6月栽培耐寒性は比較的ある(冬の乾燥と強風には配慮する)が、夏の高温多湿を嫌い秋まきが一般的です。日当たり、水はけが良く有機質に富んだ肥沃な土に約20cm間隔で直まき(3粒程度)か、育苗ポット蒔きにします。発芽適温は15~18℃で発芽までの10~14日は表土が乾燥しないように、丁寧に潅水をします。間引きを重ね(徒長を防ぎ、健全な苗を育てる)本葉が5~6枚の小苗の内に植え付けます。鉢植えの場合草丈が伸び過ぎないように、摘心をし脇芽を増やし形を整える.ディープブルーの小花が寄り集まって咲き乱れる様はロマンチックな伝説にピッタリの愛らしい花です。花壇の縁どりや群植も見応えがあります。ハンギングバスケットやコンテナの寄せ植えにも見栄えの良い人気のある花です。植え付け間引きを重ね、健全育苗に努め本葉が5~6枚に育った頃根土ごと丁寧に株間15cm位に有機肥料と一緒に植え込み3月下旬~4月に定植をします。開花が一段落した6月頃切り戻しわき芽を育てると秋に再び開花し宿根化する事もあります。蝶々のようなかわいい花を長く、賑やかに咲かせ花壇の縁どりや、コンテナでの寄せ植え、ハンギングバスケットに最適です。寒さにはやや弱く、地植えの場合はシート等で霜から守ります.水やりは表面が乾いたらしっかりとやる。ご注意※画像はイメージです。画像中の撮影小物等は付属いたしません。 ※パッケージは予告なく変更となる場合もございます。予めご了承下さいませ。チャーム楽天市場店 ペット用品...

春秋まき種の苗つくりセット:クリーピングタイム

園芸ネット プラス

1,537

春秋まき種の苗つくりセット:クリーピングタイム

ハーブや野菜の苗作りが簡単にできる種まきセット。種まき用の育苗ポットと種まきの土、種をセットにしてお届けします。セット内容:さし芽種まきの土5リットル入り × 1ジフィーストリップ5cm12個連結5枚入り[育苗ポット] × 1クリーピングタイム × 1クリーピングタイムシソ科の常緑性小低木(多年草)です。草丈5~10センチで、地面を這うように伸びるので,グランドカバーとして花壇の縁取りに使うと最適です。初夏には小さなピンクの花をいっぱいに咲かせます。耐寒性があり,日当たりと水はけのよい場所でよく育ちます。密集した株は蒸れないように注意してください。他のタイムと同様、葉をサラダ,ハーブティーや野菜料理など広範囲に利用できます。株間にもよりますが、最適環境下では、おおよそ0.5平方メートルをカバーできます。まき時:4月~6月、9月内容量:0.1ml栽培方法:5cmポットに数粒ずつ種をまいてください。土を種子がかくれるくらいに軽くかぶせます。毎日水かけし、本葉が4~5枚の頃、1ポットに付き1本の苗を残し、残りは取り除いてください。本葉が8~10枚の頃、プランターなどに約20~50cm間隔で植えつけてください。さし芽種まきの土5リットル入り上質の培養土です。生長促進剤と多孔質パーライト配合で水はけがよく、キレート鉄が根張りを促進。発芽・発根をスムーズにしてくれます。主原料:国産ピート、バーミキュライト、パーライト、鹿沼土ジフィーストリップ5cm12個連結5枚入りピートモスを主原料とした育苗ポットです。5cm角のポットが12個連結された状態になっています。12個連結シートが5枚入っていますので、1パッケージで合計60本の苗を育てることができます。さし芽種まきの土を入れ、種をまいて苗を育ててください。ジフィーポットは通気性、保水性に優れ...

春秋まき種の苗つくりセット:チャイブ

園芸ネット プラス

1,553

春秋まき種の苗つくりセット:チャイブ

ハーブや野菜の苗作りが簡単にできる種まきセット。種まき用の育苗ポットと種まきの土、種をセットにしてお届けします。セット内容:さし芽種まきの土5リットル入り × 1ジフィーストリップ5cm12個連結5枚入り[育苗ポット] × 1ハーブの種:チャイブ× 1チャイブフランス料理ではシブレットと呼ばれる鱗茎が分球し群生する小型のネギです。日本の「あさつき」もチャイブの一種です。シベリア~地中海地方、北米と広い地域に自生し、藤色のかわいい花を咲かせます。ネギやにんにくの仲間で栄養豊富、食欲を増進させ、元気をつけてくれます。ユリ科の宿根草。和名はエゾネギといいます。葉が大きくなってから順序良く収穫して下さい。まき時:4月~5月、9月~10月発芽適温:15~20℃開花時期:4~7月ごろ草丈:30~40cm内容量:0.1ml(約40粒)栽培方法:5cmポットに数粒ずつ種をまいてください。大きくなってきたら徐々に間引いて戸外に定植します。8号鉢での鉢植えも適しています。花が咲くと樹勢が弱るので、種を取る場合以外は摘み取ります。収穫:使用のつど葉を摘みます。乾燥させると香りが変化するので、生葉での利用をおすすめします。さし芽種まきの土5リットル入り上質の培養土です。生長促進剤と多孔質パーライト配合で水はけがよく、キレート鉄が根張りを促進。発芽・発根をスムーズにしてくれます。主原料:国産ピート、バーミキュライト、パーライト、鹿沼土ジフィーストリップ5cm12個連結5枚入りピートモスを主原料とした育苗ポットです。5cm角のポットが12個連結された状態になっています。12個連結シートが5枚入っていますので、1パッケージで合計60本の苗を育てることができます。さし芽種まきの土を入れ、種をまいて苗を育ててください。ジフィーポットは通気性、保水性に優れ...

春秋まき種の苗つくりセット:サボテン

園芸ネット プラス

1,546

春秋まき種の苗つくりセット:サボテン

人気品種の種と、育苗用の種まき容器・培養土のセット。種まき初心者でも失敗なく苗を育てることができます。お値段もオトクなセットです。セット内容:・ジフィーバーゲンガーデン(種まきスタートセット)[種まき・育苗用品] × 1ジフィーバーゲンガーデン(種まきスタートセット)種まき、さし芽が手軽にできる簡単栽培セット。ベーストレーに穴あきトレーをセットし、ジフィーミックス(さし芽タネまきの土)を入れて種をまきます。ベーストレーに入れた水を底面給水しますので、水切れの心配もなく、安心して苗を育てることができます。種まき用の穴あきトレーは36穴×2枚なので、1セットで1回あたり最大72本の苗を育てることができます。ジフィーミックスは最高級ピートモスを原料とし、通気性・保水性・排水性に優れた用土です。種まき、育苗用に最適です。詳しい説明はジフィーバーゲンガーデンの使い方をご覧下さい。・サボテンのタネ[タネ 小袋] × 1サボテンを種から始めるなんて、大変そう…と思われるかもしれませんが、とても簡単に育てることができます。1袋で柱サボテン・玉サボテンなど約20個でき、好みのカップや容器で、自由にオリジナルアレンジが楽しめます。早いもので2年目の春から花が咲きます。愛好者の増えている「サボテンの寄せ植え」人気に、新しい楽しみをプラスする商品です。学名:Cactaceaeタイプ:耐寒性多年草まき時:寒い地方…4月~10月 暖かい地方…3月~11月発芽適温:20~25℃種数:約50粒(おおむね10種類くらい、約20個サボテンができます)種まき:鉢に水洗いした川砂、または細かいバーミキュライトを使用します。種は均一にまき土はかけません。水やりは、鉢ごと水につけ、鉢底から十分吸わせ、その後皿の水は少なめにします。ガラスやビニール袋などで鉢を覆い...

[春・秋まき 花タネ]小鳥のための1年草ガーデンミックス

園芸ネット プラス

1,296

[春・秋まき 花タネ]小鳥のための1年草ガーデンミックス

フランスの花の種です。フランス野鳥の会と共同で開発した草花のMIXです。「小鳥をお庭に呼ぼう」という趣旨でヨーロッパで鳥が好む1年草の種をブレンドいたしました。小鳥のために、農薬や殺虫剤などは使用しないで下さい。 種の内容 ・アマランサス love-lies-bleeding ・ヤグルマギク ・レッドポピー・アグロステンマ ・コスモス ・リナム ・二ゲラ ・ミレー・レセダ ・ヴィオラ その他まき時:4~7月、9~11月開花:7~11月草丈:約40~100cm内容量:約6g絵袋サイズ:菱形 1辺約12.5cm★ロイヤルフルールのMIXガーデンは一袋で色々な草花が楽しめます。そのまま花壇にパラパラと蒔いたり、植木鉢に蒔いたり、種の種類を分けて種ごとに蒔いたり、色々な楽しみ方があります。基本的な種のブレンドはありますが、基本ブレンド以外の種も入っていて、毎年ブレンドが少しづつ変わります。★保存期間は2年以上と長く、ヨーロッパの中でも非常に品質の良い種です。ただし、種の保管状態によって数値は変わってまいります。種は高温多湿に弱いので、冷暗所で保管して下さい。保存期間は長いですが、なるべく早めにご使用いただく事をおすすめします。[春・秋まき 花タネ]小鳥のための1年草ガーデンミックスの栽培ガイド種まきの方法:容器の選び方種まきの方法:色々なタネ

春秋まき種の苗つくりセット:バジル(スイートバジル)

園芸ネット プラス

1,553

春秋まき種の苗つくりセット:バジル(スイートバジル)

ハーブや野菜の苗作りが簡単にできる種まきセット。種まき用の育苗ポットと種まきの土、種をセットにしてお届けします。セット内容:さし芽種まきの土5リットル入り × 1ジフィーストリップ5cm12個連結5枚入り[育苗ポット] × 1ハーブの種:バジル(スイートバジル) × 1バジル(スイートバジル)シソによく似たスパイシーな芳香があり、肉、魚、野菜料理などに利用されています。特にトマトとの相性は抜群。イタリア料理には欠かせません。花は小さく、清らかな感じで、花壇、鉢植えにしても楽しめます。和名はメボウキといいます。大葉で香りが強い品種です。まき時:春4月~6月 秋9月~10月頃(発芽適温15~20℃を維持すればいつでも栽培できます)発芽適温:15~20℃開花時期:6~8月ごろ内容量:0.2ml(約90粒)栽培方法:5cmポットに数粒ずつ種をまいてください。大きくなってきたら徐々に間引いて戸外に定植します。8号鉢での鉢植えも適しています。花が咲くと樹勢が弱るので、種を取る場合以外は摘み取ります。収穫:使用のつど葉を摘みます。乾燥させると香りが変化するので、生葉での利用をおすすめします。殖やしかた:夏の挿し芽でふやせます。また種をとることもできます。さし芽種まきの土5リットル入り上質の培養土です。生長促進剤と多孔質パーライト配合で水はけがよく、キレート鉄が根張りを促進。発芽・発根をスムーズにしてくれます。主原料:国産ピート、バーミキュライト、パーライト、鹿沼土ジフィーストリップ5cm12個連結5枚入りピートモスを主原料とした育苗ポットです。5cm角のポットが12個連結された状態になっています。12個連結シートが5枚入っていますので、1パッケージで合計60本の苗を育てることができます。さし芽種まきの土を入れ、種をまいて苗を育ててください...

【ほうれん草種子】 【サカタのタネ】 リビエラM3万粒

e-たねや

4,070

【ほうれん草種子】 【サカタのタネ】 リビエラM3万粒

べと病R1~5抵抗性。極濃緑、立性で、耐暑、耐湿性にすぐれる晩夏~秋まき品種 【ホウレン草】 リビエラ (サカタのタネ) 【特長】 1.やや広葉で葉先がとがり、欠刻がシャープに入ります。極濃緑で光沢も強く、商品価値が高いです。 2.草姿は立性で、収穫調整しやすいです。 3.耐湿性が強く、湿害による黄化が出にくいです。 4.秋まき用品種としては抽だいが遅く、比較的じっくりと生育し、高温期でも徒長しにくいです。冷涼地の8~9月まき、および一般地、暖地での8月~10月中旬、年が明けての2~4月上旬まきに適しています。  【適応性】 土壌適応性は広く、しかも耐湿性が強いため、火山灰土から水田裏作まで幅広く栽培することができます。 気温が高い晩夏~秋口は、まだホウレンソウがつくりづらい時期です。しかし当品種は耐暑性にすぐれ、軟弱徒長することもなく、しっかりとした株ができます。葉色や照りも10月まきと比べてもほとんど変わりありません。同様に早春まきも、生育後半の抽だいや徒長が問題になることが多く、意外とつくりにくい作型です。「リビエラ」は抽だいが遅く、適度な速度で生育を続けるので、この作型にも向いています。冬期は生育がかなりゆっくりとなります。10月中旬以降の露地まきでは、天候によっては収穫がかなり遅れることもあります。  【土づくりと肥料】 完熟堆肥の施用と深耕は、ホウレンソウづくりの基本です。連作障害を回避し高品質のホウレンソウを生産するために、普段から土づくりに心がけてください。 最近葉菜類の硝酸態窒素が問題視されていますので、窒素肥料の投与は適量を守って下さい。「リビエラ」は多量に窒素分を施さなくても、十分葉色が濃くなります。  【播種】 条間15~20、株間3~5のスジまきとします...

[春・秋まき 花タネ]グランデマーガレット ダブルプリエ

園芸ネット プラス

1,296

[春・秋まき 花タネ]グランデマーガレット ダブルプリエ

フランスの花の種です。とても美しい絵袋ですので、プレゼントにもお薦めです。裏面に簡単な栽培方法が記載してあります。グランデマーガレットは大輪の花を咲かせる八重咲きのマーガレットです。タイプ:多年草まきどき:3~7月、9~11月(暖地)開花:5~7月、10月~11月発芽適温:15℃~30℃発芽日数:15日前後草丈:約70cm内容量:約0.5g絵袋サイズ:菱形 1辺約12.5cm育て方:種は小さいポットに3~4粒ほど蒔き、土を薄くかぶせます。発芽までは発芽温度を守り、十分に保水してください。苗が約10cmに育った頃に、ポットの土ごとそっと抜いて移植します。その際に、根元にバイオポスト(元肥)を根元に施すと根づきが良くなります。高温多湿に弱いので、風通しが良く日当たりが良い場所を好みます。蕾がついてきたら、リキッドサムBIO(液肥)を与えると効果的。★保存期間は2年以上と長く、ヨーロッパの中でも非常に品質の良い種です。ただし、種の保管状態によって数値は変わってまいります。種は高温多湿に弱いので、冷暗所で保管して下さい。保存期間は長いですが、なるべく早めにご使用いただく事をおすすめします。[春・秋まき 花タネ]グランデマーガレット ダブルプリエの栽培ガイド種まきの方法:容器の選び方種まきの方法:色々なタネ

【ほうれん草種子】 【中原採種場】 黒葉スイング M3万粒

e-たねや

5,076

【ほうれん草種子】 【中原採種場】 黒葉スイング M3万粒

【ほうれん草種子】 黒葉スイング M3万粒 (中原採種場)   ベト病(R1~10)に抵抗性、極濃緑色で極立性の多収品種!! 【主なご購入者】プロ用・専門家向け種子             ●ベト病(R1~10)に抵抗性で、その他のホウレンソウ病害にもかなり強い。 ●耐暑性・耐寒性に優れ、秋まき・春まきに最適。厳寒期は生育がジックリ型であるため不向き。 ●草姿は極立性、葉枚数は少ないが肉厚で光沢がある極濃緑の長楕円葉で少し切れ込みが入る。 ●生育旺盛で葉柄太く、がっちりした株立ちで葉身と葉柄のバランスがよい多収品種。 ●抽苔は、特に晩抽ではないが、比較的遅いので播種幅が広い。 ※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 【ご注文前に必ずご一読お願いします】 ご注文に際しまして、以下の点についてご確認上、ご注文賜りますよう、お願いいたします。 【商品のお届けについて】 商品の発送は、通常、店舗在庫がある商品は、2~3営業内での発送となります。 店舗在庫がない場合、ご注文後にメーカーへ在庫確認・発注後の発送となります。 その為、納品までにお時間がかかる場合や商品品切れとなる場合がございます。 誠に恐れ入りますが、納品をお急ぎのお客様は、予め商品在庫についてお問い合わせくださいますよう、お願いいたします。 尚、ご注文いただいた商品が、メーカー在庫商品の品切れや納品までにお時間がかかる際は、後程弊社からメール・お電話等でご連絡差し上げます。 【種子小袋規格の内容量・粒数について】 種子小袋規格の内容量・粒数は、入荷年度・ロットによって切り替わる場合がございます。 小袋規格の内容量については、別途お問い合わせくださいますよう...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル バレリーナ 1000粒(ノーマル種子)

e-たねや

3,070

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル バレリーナ 1000粒(ノーマル種子)

※パンジーアリルシリーズは『ノーマル種子』でのご提供となります。 【用途】 ポット苗  【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地では早春まき春出荷も可能です。  【播種】 夏~早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7~10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種専用培養土を使用し、セルトレーまきが理想です。  【育苗】 生育適温15~20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。  【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】  草花一般施肥。株の状態で判断し、液肥でコントロールします。  【栽培のポイント】冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からの播種が基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からの播種が理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめて悪くなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立枯病をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが、夏期は気温を下げるため寒冷遮下で管理してください。 406穴セルトレーで育苗期間25日程度(本葉3枚ほど)が移植時期です。 葉が触れ合うと徒長の原因となるので、各苗が触れ合う前の移植が理想です。 移植後は適湿、適温下で管理し、とくに夏期は寒冷遮下で気温を下げ...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ ミルクセーキ 500粒(プライマックス種子)

e-たねや

2,120

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ ミルクセーキ 500粒(プライマックス種子)

【特長】 サカタのタネ育成の中小輪系「よく咲くスミレ」シリーズです。パンジーの華やかさとビオラの強さ、多花性をあわせもつシリーズです。LR(ロングラン)性があり、低温短日期でもよく開花します。高温期のポット栽培でも徒長しにくく、シリーズのそろいがよいので、出荷ロスが少なく市場性にすぐれています。早生ですが、コンパクトな草姿で日もちがよく、おすすめの品種シリーズです。出荷時に輪数をあげることがシリーズの潜在能力を生かすうえで重要なポイントです。 【用途】 ポット苗 【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地用では早春まき春出荷も可能です。 【播種】 夏-早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7-10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種用土を使用し、セルトレーまきが理想です。 【育苗】 生育適温15-20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。 【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】 草花一般施肥。 株の状態で判断し、液肥でコントロールしてください。 【栽培】 冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からのタネまきが基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からのタネまきが理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめてわるくなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立ち枯れなどの病気をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル ブルー&ホワイトインプ 1000粒(ノーマル種子)

e-たねや

3,070

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル ブルー&ホワイトインプ 1000粒(ノーマル種子)

※パンジーアリルシリーズは『ノーマル種子』でのご提供となります。 【用途】 ポット苗  【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地では早春まき春出荷も可能です。  【播種】 夏~早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7~10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種専用培養土を使用し、セルトレーまきが理想です。  【育苗】 生育適温15~20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。  【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】  草花一般施肥。株の状態で判断し、液肥でコントロールします。  【栽培のポイント】冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からの播種が基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からの播種が理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめて悪くなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立枯病をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが、夏期は気温を下げるため寒冷遮下で管理してください。 406穴セルトレーで育苗期間25日程度(本葉3枚ほど)が移植時期です。 葉が触れ合うと徒長の原因となるので、各苗が触れ合う前の移植が理想です。 移植後は適湿、適温下で管理し、とくに夏期は寒冷遮下で気温を下げ...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ ブルーハワイ 500粒(プライマックス種子)

e-たねや

2,120

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ ブルーハワイ 500粒(プライマックス種子)

【特長】 サカタのタネ育成の中小輪系「よく咲くスミレ」シリーズです。パンジーの華やかさとビオラの強さ、多花性をあわせもつシリーズです。LR(ロングラン)性があり、低温短日期でもよく開花します。高温期のポット栽培でも徒長しにくく、シリーズのそろいがよいので、出荷ロスが少なく市場性にすぐれています。早生ですが、コンパクトな草姿で日もちがよく、おすすめの品種シリーズです。出荷時に輪数をあげることがシリーズの潜在能力を生かすうえで重要なポイントです。 【用途】 ポット苗 【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地用では早春まき春出荷も可能です。 【播種】 夏-早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7-10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種用土を使用し、セルトレーまきが理想です。 【育苗】 生育適温15-20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。 【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】 草花一般施肥。 株の状態で判断し、液肥でコントロールしてください。 【栽培】 冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からのタネまきが基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からのタネまきが理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめてわるくなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立ち枯れなどの病気をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル オータムリーブス 1000粒(ノーマル種子)

e-たねや

3,070

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル オータムリーブス 1000粒(ノーマル種子)

※パンジーアリルシリーズは『ノーマル種子』でのご提供となります。 【用途】 ポット苗  【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地では早春まき春出荷も可能です。  【播種】 夏~早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7~10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種専用培養土を使用し、セルトレーまきが理想です。  【育苗】 生育適温15~20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。  【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】  草花一般施肥。株の状態で判断し、液肥でコントロールします。  【栽培のポイント】冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からの播種が基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からの播種が理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめて悪くなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立枯病をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが、夏期は気温を下げるため寒冷遮下で管理してください。 406穴セルトレーで育苗期間25日程度(本葉3枚ほど)が移植時期です。 葉が触れ合うと徒長の原因となるので、各苗が触れ合う前の移植が理想です。 移植後は適湿、適温下で管理し、とくに夏期は寒冷遮下で気温を下げ...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル ワインフラッシュ 1000粒(ノーマル種子)

e-たねや

3,070

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル ワインフラッシュ 1000粒(ノーマル種子)

※パンジーアリルシリーズは『ノーマル種子』でのご提供となります。 【用途】 ポット苗  【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地では早春まき春出荷も可能です。  【播種】 夏~早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7~10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種専用培養土を使用し、セルトレーまきが理想です。  【育苗】 生育適温15~20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。  【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】  草花一般施肥。株の状態で判断し、液肥でコントロールします。  【栽培のポイント】冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からの播種が基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からの播種が理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめて悪くなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立枯病をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが、夏期は気温を下げるため寒冷遮下で管理してください。 406穴セルトレーで育苗期間25日程度(本葉3枚ほど)が移植時期です。 葉が触れ合うと徒長の原因となるので、各苗が触れ合う前の移植が理想です。 移植後は適湿、適温下で管理し、とくに夏期は寒冷遮下で気温を下げ...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ ブルーベリーパイ 500粒(プライマックス種子)

e-たねや

2,120

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ ブルーベリーパイ 500粒(プライマックス種子)

【特長】 サカタのタネ育成の中小輪系「よく咲くスミレ」シリーズです。パンジーの華やかさとビオラの強さ、多花性をあわせもつシリーズです。LR(ロングラン)性があり、低温短日期でもよく開花します。高温期のポット栽培でも徒長しにくく、シリーズのそろいがよいので、出荷ロスが少なく市場性にすぐれています。早生ですが、コンパクトな草姿で日もちがよく、おすすめの品種シリーズです。出荷時に輪数をあげることがシリーズの潜在能力を生かすうえで重要なポイントです。 【用途】 ポット苗 【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地用では早春まき春出荷も可能です。 【播種】 夏-早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7-10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種用土を使用し、セルトレーまきが理想です。 【育苗】 生育適温15-20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。 【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】 草花一般施肥。 株の状態で判断し、液肥でコントロールしてください。 【栽培】 冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からのタネまきが基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からのタネまきが理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめてわるくなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立ち枯れなどの病気をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ スイートポテト 500粒(プライマックス種子)

e-たねや

2,120

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ スイートポテト 500粒(プライマックス種子)

【特長】 サカタのタネ育成の中小輪系「よく咲くスミレ」シリーズです。パンジーの華やかさとビオラの強さ、多花性をあわせもつシリーズです。LR(ロングラン)性があり、低温短日期でもよく開花します。高温期のポット栽培でも徒長しにくく、シリーズのそろいがよいので、出荷ロスが少なく市場性にすぐれています。早生ですが、コンパクトな草姿で日もちがよく、おすすめの品種シリーズです。出荷時に輪数をあげることがシリーズの潜在能力を生かすうえで重要なポイントです。 【用途】 ポット苗 【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地用では早春まき春出荷も可能です。 【播種】 夏-早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7-10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種用土を使用し、セルトレーまきが理想です。 【育苗】 生育適温15-20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。 【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】 草花一般施肥。 株の状態で判断し、液肥でコントロールしてください。 【栽培】 冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からのタネまきが基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からのタネまきが理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめてわるくなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立ち枯れなどの病気をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル ビーコン 1000粒(ノーマル種子)

e-たねや

3,070

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル ビーコン 1000粒(ノーマル種子)

※パンジーアリルシリーズは『ノーマル種子』でのご提供となります。 【用途】 ポット苗  【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地では早春まき春出荷も可能です。  【播種】 夏~早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7~10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種専用培養土を使用し、セルトレーまきが理想です。  【育苗】 生育適温15~20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。  【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】  草花一般施肥。株の状態で判断し、液肥でコントロールします。  【栽培のポイント】冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からの播種が基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からの播種が理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめて悪くなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立枯病をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが、夏期は気温を下げるため寒冷遮下で管理してください。 406穴セルトレーで育苗期間25日程度(本葉3枚ほど)が移植時期です。 葉が触れ合うと徒長の原因となるので、各苗が触れ合う前の移植が理想です。 移植後は適湿、適温下で管理し、とくに夏期は寒冷遮下で気温を下げ...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル クリアホワイト(ver.2) 1000粒(ノーマル種子)

e-たねや

3,070

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル クリアホワイト(ver.2) 1000粒(ノーマル種子)

※パンジーアリルシリーズは『ノーマル種子』でのご提供となります。 【用途】 ポット苗  【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地では早春まき春出荷も可能です。  【播種】 夏~早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7~10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種専用培養土を使用し、セルトレーまきが理想です。  【育苗】 生育適温15~20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。  【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】  草花一般施肥。株の状態で判断し、液肥でコントロールします。  【栽培のポイント】冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からの播種が基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からの播種が理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめて悪くなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立枯病をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが、夏期は気温を下げるため寒冷遮下で管理してください。 406穴セルトレーで育苗期間25日程度(本葉3枚ほど)が移植時期です。 葉が触れ合うと徒長の原因となるので、各苗が触れ合う前の移植が理想です。 移植後は適湿、適温下で管理し、とくに夏期は寒冷遮下で気温を下げ...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ パイナップル 500粒(プライマックス種子)

e-たねや

2,120

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ パイナップル 500粒(プライマックス種子)

【特長】 サカタのタネ育成の中小輪系「よく咲くスミレ」シリーズです。パンジーの華やかさとビオラの強さ、多花性をあわせもつシリーズです。LR(ロングラン)性があり、低温短日期でもよく開花します。高温期のポット栽培でも徒長しにくく、シリーズのそろいがよいので、出荷ロスが少なく市場性にすぐれています。早生ですが、コンパクトな草姿で日もちがよく、おすすめの品種シリーズです。出荷時に輪数をあげることがシリーズの潜在能力を生かすうえで重要なポイントです。 【用途】 ポット苗 【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地用では早春まき春出荷も可能です。 【播種】 夏-早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7-10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種用土を使用し、セルトレーまきが理想です。 【育苗】 生育適温15-20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。 【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】 草花一般施肥。 株の状態で判断し、液肥でコントロールしてください。 【栽培】 冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からのタネまきが基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からのタネまきが理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめてわるくなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立ち枯れなどの病気をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ レモネード 500粒(プライマックス種子)

e-たねや

2,120

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ レモネード 500粒(プライマックス種子)

【特長】 サカタのタネ育成の中小輪系「よく咲くスミレ」シリーズです。パンジーの華やかさとビオラの強さ、多花性をあわせもつシリーズです。LR(ロングラン)性があり、低温短日期でもよく開花します。高温期のポット栽培でも徒長しにくく、シリーズのそろいがよいので、出荷ロスが少なく市場性にすぐれています。早生ですが、コンパクトな草姿で日もちがよく、おすすめの品種シリーズです。出荷時に輪数をあげることがシリーズの潜在能力を生かすうえで重要なポイントです。 【用途】 ポット苗 【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地用では早春まき春出荷も可能です。 【播種】 夏-早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7-10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種用土を使用し、セルトレーまきが理想です。 【育苗】 生育適温15-20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。 【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】 草花一般施肥。 株の状態で判断し、液肥でコントロールしてください。 【栽培】 冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からのタネまきが基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からのタネまきが理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめてわるくなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立ち枯れなどの病気をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル ブルーフラッシュ 1000粒(ノーマル種子)

e-たねや

3,070

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【大輪系】 LRアリル ブルーフラッシュ 1000粒(ノーマル種子)

※パンジーアリルシリーズは『ノーマル種子』でのご提供となります。 【用途】 ポット苗  【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地では早春まき春出荷も可能です。  【播種】 夏~早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7~10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種専用培養土を使用し、セルトレーまきが理想です。  【育苗】 生育適温15~20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。  【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】  草花一般施肥。株の状態で判断し、液肥でコントロールします。  【栽培のポイント】冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からの播種が基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からの播種が理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめて悪くなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立枯病をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが、夏期は気温を下げるため寒冷遮下で管理してください。 406穴セルトレーで育苗期間25日程度(本葉3枚ほど)が移植時期です。 葉が触れ合うと徒長の原因となるので、各苗が触れ合う前の移植が理想です。 移植後は適湿、適温下で管理し、とくに夏期は寒冷遮下で気温を下げ...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ ソーダ 500粒(プライマックス種子)

e-たねや

2,120

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ ソーダ 500粒(プライマックス種子)

【特長】 サカタのタネ育成の中小輪系「よく咲くスミレ」シリーズです。パンジーの華やかさとビオラの強さ、多花性をあわせもつシリーズです。LR(ロングラン)性があり、低温短日期でもよく開花します。高温期のポット栽培でも徒長しにくく、シリーズのそろいがよいので、出荷ロスが少なく市場性にすぐれています。早生ですが、コンパクトな草姿で日もちがよく、おすすめの品種シリーズです。出荷時に輪数をあげることがシリーズの潜在能力を生かすうえで重要なポイントです。 【用途】 ポット苗 【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地用では早春まき春出荷も可能です。 【播種】 夏-早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7-10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種用土を使用し、セルトレーまきが理想です。 【育苗】 生育適温15-20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。 【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】 草花一般施肥。 株の状態で判断し、液肥でコントロールしてください。 【栽培】 冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からのタネまきが基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からのタネまきが理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめてわるくなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立ち枯れなどの病気をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが...

【キャベツ種子】 【サカタのタネ】 みさき 20ml

e-たねや

4,760

【キャベツ種子】 【サカタのタネ】 みさき 20ml

【キャベツ】みさき(サカタのタネ) タケノコ形で萎黄病抵抗性品種。春・夏まき用、生食向き 【特長】 1. グリーンボールタイプに属しますが、結球はタケノコ形で高品質です。グリーンボール系と同様に、春まきや夏まきに適する萎黄病抵抗性品種です。 秋まきは抽だいするので栽培できません。 2. 熟期は「アーリーボール」より3日程早生で、夏まきでは、播種後82日程度で収穫期となります。 3. 草姿は開張性ですが、外葉は小さく密植ができます。葉色は鮮緑色、球色は尻部まで濃緑で光沢があります。 4. 球重は、一般に1.2前後、肥培管理により1.5程度に肥大します。球高は20、球径は15程度で、しまり、そろいともに良好です。 5. 葉肉はやわらかで甘みに富み、多汁質で品質極良です。生食用に適し、輸送性を兼ね備えています。  【栽培環境】 北海道、東北、高冷地 2~3月まき、6月どりのトンネル栽培や、3~7月まき、7~10月どりの露地栽培に適します。夏季の高温が30℃近くとなる準高冷地では、病害も発生しやすく、乾燥が伴いますと小玉になりやすいので、盛夏どりはさけたほうがよく、6~7月どりや9~10月どりとします。 温暖地、暖地 温暖地では1月中旬~2月まきで、5~6月どりのトンネル栽培 2月中旬~3月中旬まきで、6~7月どりの露地栽培 7月下旬~8月初めまき、10月~11月どりに適します。 暖地の春まきでは、上記より1旬早い栽培となり、夏まきでは1旬遅い栽培となります。  【タネまき~育苗】 健苗を育てることが良品多収のポイントです。日当たり、通風、排水のよい育苗床を選んでください。 温床育苗では、最低気温を10℃程度に保つようにし、日中は十分換気をして、徒長苗にならないよう注意します。  【定植圃場】...

【ミニトマト種子】 【タキイ種苗】 CFココ 1000粒

e-たねや

22,200

【ミニトマト種子】 【タキイ種苗】 CFココ 1000粒

 プロ用・専門家向け商品 【種まき時期】 春まき 夏まき 秋まき 冬まき葉かび病(Cf9)、斑点病に耐病性をもつミニトマト!【ミニトマト種子】CFココ (タキイ種苗)【特長】 ●葉かび病(Cf9)・斑点病耐病性 現在、国内で発生している葉かび病のレースには安定した耐病性(Cf9)を示すほか、斑点病にも中程度の耐病性を示す。 ●吸肥力が強く草勢が落ちにくい 吸肥力が強いため、長期栽培に向く。 ●L玉率が高く、果ぞろいがよい 果重は20~25gでL玉によくそろう。ミニと中玉の中間サイズで、かための肉質と相まって中食用途にも向く。果形はきれいな球形で、果色は鮮赤色で光沢がある。 ●早生で低温期の収量にすぐれる 「ココ」同様の早生種で花数も多いので、栽培初期より収量が上がる。  【管理のポイント】●元肥 「ココ」と元肥を同程度とする。吸肥力が強く元肥過多だと初期に暴れるので、追肥重点型の肥培管理が好ましい。 ●追肥 追肥は草勢を見ながら、4~5段開花時から始めるのが目安。液肥の場合、追肥量の目安は、チッソ成分量で各段ごとに10a当たり0.5kgが適量。1回当たりの追肥量を少なくし、回数で補うことが望ましい。 ●裂果対策 低温期の裂果対策は、果面の結露を防ぐことが大切。早朝加温や通路に敷きわらをすることでハウス内の湿度を下げ、過度な潅水を避ける。 ●異常主茎対策 初期の草勢が強くならないよう注意が必要。また、異常主茎の発生を抑制するため、育苗期後半からホウ素の葉面散布を定期的に行う。 【栽培歴】  こちらの商品は、メーカー在庫品になります。 商品の在庫につきましては、お手数ですが、弊社までお問い合わせください。 【メールアドレス】info@e-seedlings.com 【電話番号】029-221...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ プルーン 500粒(プライマックス種子)

e-たねや

2,120

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレ プルーン 500粒(プライマックス種子)

【特長】 サカタのタネ育成の中小輪系「よく咲くスミレ」シリーズです。パンジーの華やかさとビオラの強さ、多花性をあわせもつシリーズです。LR(ロングラン)性があり、低温短日期でもよく開花します。高温期のポット栽培でも徒長しにくく、シリーズのそろいがよいので、出荷ロスが少なく市場性にすぐれています。早生ですが、コンパクトな草姿で日もちがよく、おすすめの品種シリーズです。出荷時に輪数をあげることがシリーズの潜在能力を生かすうえで重要なポイントです。 【用途】 ポット苗 【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地用では早春まき春出荷も可能です。 【播種】 夏-早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7-10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種用土を使用し、セルトレーまきが理想です。 【育苗】 生育適温15-20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。 【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】 草花一般施肥。 株の状態で判断し、液肥でコントロールしてください。 【栽培】 冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からのタネまきが基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からのタネまきが理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめてわるくなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立ち枯れなどの病気をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが...

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレクランベリー 500粒(プライマックス種子)

e-たねや

2,120

【パンジー種子】 【サカタのタネ】 【中小輪系】 よく咲くスミレクランベリー 500粒(プライマックス種子)

【特長】 サカタのタネ育成の中小輪系「よく咲くスミレ」シリーズです。パンジーの華やかさとビオラの強さ、多花性をあわせもつシリーズです。LR(ロングラン)性があり、低温短日期でもよく開花します。高温期のポット栽培でも徒長しにくく、シリーズのそろいがよいので、出荷ロスが少なく市場性にすぐれています。早生ですが、コンパクトな草姿で日もちがよく、おすすめの品種シリーズです。出荷時に輪数をあげることがシリーズの潜在能力を生かすうえで重要なポイントです。 【用途】 ポット苗 【作型】 夏まき秋出荷から秋まき春出荷が基準です。寒地用では早春まき春出荷も可能です。 【播種】 夏-早春。発芽適温20℃前後、発芽日数7-10日。 「苗当番 タネまき用」などの播種用土を使用し、セルトレーまきが理想です。 【育苗】 生育適温15-20℃。 「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。 【定植】 開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。 【肥料】 草花一般施肥。 株の状態で判断し、液肥でコントロールしてください。 【栽培】 冷涼な気候を好む耐寒性一年草のため、営利栽培では7月下旬からのタネまきが基本です。 高温期間の育苗をさけるためには、暖地では8月からのタネまきが理想です。 栽培温度は15-20℃が理想で、30℃以上はさけてください。 セルトレーに播種し、20℃程度で管理すると1週間程度で発芽し始めます。 25℃以上では発芽がきわめてわるくなるので、高温時の発芽では発芽室での催芽が理想です。 発芽後は水を控え、徒長や立ち枯れなどの病気をさけることが大切です。 日当たりのよい環境での管理が理想ですが...

人気の花・ガーデニング用品の秋まき花の種、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になる秋まき花の種が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「秋まき花の種」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ