「盆栽鉢作家」 の検索結果 153件

送料無料
一点もの【青し枝垂れモミジの盆栽】

みどり屋 和草 楽天市場店

12,420

一点もの【青し枝垂れモミジの盆栽】

■ 商品説明 春を感じさせる芽吹き、みずみずしく爽やかな新緑、秋にはしっとりと色づく紅葉が楽しめるモミジ 明るい日陰で育ててください。季節の移り変わりをゆっくりお楽しみください!写真の商品をお届けいたします ■ 商品仕様 製品名 一点もの【山紅葉(ヤマモミジ)の寄せ植え盆栽】 型番 itenmomiji0602 メーカーみどり屋 和草(にこぐさ)盆栽 青しだれモミジ モミジはさまざまな色形のものがありますが、こちらは細やかな葉のしだれモミジ。とても繊細で涼やか。春の芽吹き、みずみずしく爽やかな新緑、秋にはしっとりと色づく紅葉が楽しめるモミジ 季節の移り変わりをゆっくりお楽しみください!鉢は陶芸作家 真山 茜(まやまあかね)さんの炭化焼締鉢。同じものはほかにはない作品です。送料無料 芽吹き(春先) 春から夏(新緑) 秋(紅葉) 冬(落葉) 【内容】 青しだれモミジ盆栽・・・1つ 肥料(1年分) 育て方のしおり モミジについて 盆栽では葉の切れ込みが、3つのものをカエデ、5つ以上に分かれるものをモミジとよんでいます。モミジは春先、鮮やかなライトグリーンの葉、秋はもちろん紅葉(こうよう)と日本の四季を感じる樹として、苔玉や盆栽など大変人気の高い植物です。たくさんの光をあてることと秋の温度差で紅葉の美しさは決まってきます。夏は水切れに注意してください(葉がチリチリになり紅葉しません)。土が乾いたら鉢の底から水がでてくるまでたっぷり与えて下さい。 (土が湿っているようなら無理に与えないで下さい)。 置き場所 真夏の直射日光以外で日が当たる場所か、明るい日陰に置いてください。 冬場は氷点下にならない場所へ 水やり 鉢の表面の土が乾き始めたら、ジョーロなどで鉢底の穴から出てくるまでたっぷりと与えて下さい。 目安は夏は1日から2日に1回...

萬古焼 ミニ手造り鉢 手のひらサイズ 丸10鉢セット白土取合せ1.5号 ミニ盆栽 豆盆栽 小鉢 豆鉢

鉢マニア

1,740

萬古焼 ミニ手造り鉢 手のひらサイズ 丸10鉢セット白土取合せ1.5号 ミニ盆栽 豆盆栽 小鉢 豆鉢

三重県四日市市、萬古焼新人陶芸家 森崇嘉の作品です。主に山野草鉢・盆栽鉢を作っています。 部屋の中にあっても、主張し過ぎず 周りの雰囲気に自然と溶け込むその作品は、 若手作家特有の過度の自己主張を感じさせない 安らぎを与えてくれる作品が多いです。 略歴1981年 三重県出身2005年 萬古焼卸問屋に入社2012年 四日市市にて築窯 商品詳細 商品番号 tm-2r 商品名 商品説明 萬古焼 ミニ手造り鉢 10鉢セット白土取合せ1.5号 三重県四日市市の萬古焼で作られた小鉢です。 産地問屋ならではの特価価格にて販売中です。 サイズ ◆サイズ・・約φ4.3cm・H3.2cm 【手造りの為大小及び色の違いは予めご了承ください】 【色、形はご指定頂けません。何卒、ご了承願います。 】 ◆セット内容・・白土取合せ計10鉢 送料 ・商品金額の合計10,000円(税別)以上で送料無料になります。 ・10,000円未満は、全国一律 送料700円(税込)です。 【商品を複数個お買い上げいただきましても送料は1つ分です。】 (沖縄など一部離島を除く/別途お見積もり) 注意点 陶器ですので、取り扱いには十分ご注意ください。 陶器の性質上、多少の擦り傷・大小及び色の違い等はご了承下さい。

秀邦作銅製添景「牧童」

BONSAI 彩都 楽天市場店

27,000

秀邦作銅製添景「牧童」

左右5cm高3.8cm 商品説明 この作品は約30年前、秀邦が脂の乗りきった時期に、材料の剪定からこだわり、あの幻の名工・英正(明治~昭和に活躍)に近づける、あるいは凌駕せんとばかりに丹精込めて作り上げた、渾身の作品群の一つです。古銅の深い味わい、精緻な仕事と見事な完成度を見せています。 古来より伝わる禅の悟りにいたる道筋を牛を主題とした十枚の絵で表した十牛図。その中でも様々な作家が描いた「騎牛帰家」を見事に再現した逸品。秀邦作品の中でも人気は高い。古銅の味わいも抜群です。 落款:秀邦 写真上から ・商品写真 ・落款 作家紹介:横田秀邦 (よこたしゅうほう) 本名:横田日出邦 1944年生まれ。 歯科技工士として活動していたが、1968年頃から地元の埼玉県川口市で陶芸を始め、第一美術協会に所属。1971年頃より杉浦國夫氏の力添えにより小鉢づくりを始める。その後、1981年頃から少しずつ添景の制作を始め、著名添景作家となる。現在は絵付けの小品盆栽鉢の作陶を行っている。 添景作家としての秀邦 鉢づくりと並行し、元歯科技工士の技術を活かして、気まぐれに添景を作ってみた。それが杉浦基義氏(角栄)の目に止まり、景道創始者・片山一雨に紹介される。片山氏は秀邦の素質を見抜き、添景制作への専念を強く薦めた。時に1981年。片山氏の見込んだ通り、秀邦は生来の器用さでめきめきと腕をあげ、国内随一の添景作家と目させるようになった。 近年は「気が向いたら」のペースで制作にあたっていたが、緻密な作業を要する添景制作は気力体力を消耗するため、小鉢づくりに専念し、添景制作は行っていない。 ※当店では実店舗での販売も行っているため、在庫の反映がリアルタイムではなく売り切れている場合があります。その場合は、申し訳ございませんがキャンセルさせていただく...

年に数回可憐な花が楽しめます【紅長寿梅(べにちょうじゅばい)の盆栽(鉢 作家 真山茜氏】

みどり屋 和草 楽天市場店

3,996

年に数回可憐な花が楽しめます【紅長寿梅(べにちょうじゅばい)の盆栽(鉢 作家 真山茜氏】

■ 商品説明長寿の名前どおり、縁起のいい植物として知られ、お祝いの日やプレゼントにぴったりの盆栽です。四季咲きといって年に数回花が楽しめますので、季節を問わず贈り物に最適です。そんな長寿梅の盆栽を陶芸作家真山茜さんの炭化焼締鉢であわせてみました ■ 商品仕様 製品名年に数回可憐な花が楽しめます【紅長寿梅(べにちょうじゅばい)の盆栽(鉢 作家 真山茜氏】 型番BON639 メーカーみどり屋 和草(にこぐさ)紅長寿梅盆栽 炭化焼締鉢 「長寿」の名前どおり、縁起のいい植物として知られ、「お祝いの日」や「プレゼント」にぴったりの盆栽です。 四季咲きといって年に数回花が楽しめますので、季節を問わず贈り物に最適です。美しい紅花です。 (右の写真は春の開花期のものです) 縁起物・贈り物としても人気 花も葉も楽しめ、名前も「長寿梅(ちょうじゅばい」と、縁起物の贈り物としても人気があります。結婚式などご両親へのプレゼント、還暦祝いなど、気持ちのこもった贈り物として人気です!約1年分の肥料がついています 作家 真山茜さんの炭化焼き締め 別角度から見た鉢 開花(四季咲き) 芽吹き(春先) 春から秋の葉 冬(落葉) 【内容】 紅長寿梅の盆栽(鉢 真山 茜)・・・1つ 肥料(1年分) 育て方のしおり 長寿梅について 梅と同じバラ科ですが、梅ではなく草木瓜(くさぼけ)の一種です。細かい枝が多くでるので小さいながらも、風格ある作品に仕上がります。夏の直射日光と、冬場の急激な冷え込みには弱いので、下記の置き場所、または育て方のしおりを参考にしていただき、育ててください。土が乾いたら鉢の底から水がでてくるまでたっぷり与えて下さい。 (土が湿っているようなら無理に与えないで下さい)。 置き場所 真夏の直射日光以外で日が当たる場所か、明るい日陰に置いてください。...

送料無料
小品盆栽「悠雅」

BONSAI 彩都 楽天市場店

8,000

小品盆栽「悠雅」

判型:A4 総頁:184頁 上製本 発行:(公社)全日本小品盆栽協会 編集:(株)近代出版 (公社)全日本小品盆栽協会が小品盆栽や盆器等の登録制度として名付けた「悠雅小品盆栽」。同協会が全国に散在する保存価値の高い小品盆栽、盆器、水石等を把握、所有者の申請に基づいて審査を行ない、登録するのが「悠雅小品盆栽」です。 本書は、第13回から第23回の審査会で登録した165点を全て掲載。盆栽部門・盆器部門でまとめ、更に盆器部門では〔著名陶芸家篇〕、〔日本鉢作家篇〕、〔生産地別 盆器篇〕、〔添景・卓・水石篇〕にカテゴリー分けして紹介、盆器の参考書としても非常に参考となる著書です。 1ページにつき1作品を大きな写真で掲載。盆栽樹種の特性や見所、名器とされる所以や著名作家の経歴などを細かく解説。 また、全ページ英文の解説付きで、国内はもちろん海外の愛好家にも満足して頂ける一冊となっております。 尚、本書以前の登録作品(第1回から第22回)については、同協会が平成17年に発行した「悠雅小品盆栽 みやび」に掲載しています。 悠雅小品盆栽 Part.2より 悠雅小品盆栽として登録された小品盆栽を合計63点掲載。松柏類・雑木類ともに掲載の樹種は多岐に渡り、樹形や特性を詳しく解説しています。 悠雅小品盆器 〔日本鉢作家篇 Part.1〕より 悠雅小品盆器として登録された小品盆器を合計86点掲載。〔著名陶芸家篇〕、〔日本鉢作家篇〕、〔生産地別 盆器篇〕、〔添景・卓・水石篇〕にカテゴリー分けして紹介。作家篇では平安東福寺や平安香山の代表的な作品を掲載。 悠雅小品盆器 〔日本鉢作家篇 Part.1〕より (左)平安東福寺高取釉窯変耳付長方鉢(悠雅登録第375号) (右)平安東福寺広東釉窯切立長方鉢(悠雅登録第376号) これらの鉢の他、〔添景・卓・水石篇...

送料無料
隔月刊「山野草とミニ盆栽」15年早春号

全2商品

1,004

隔月刊「山野草とミニ盆栽」15年早春号

平成27年2月12日(木)発売 春が待ちきれない! 特集 桜と桜草 ●桜 おすすめ品種と病気/害虫の徹底防除法 ●桜草 日本のサクラソウ・グループ別ガイド 特別企画 盆栽鉢大研究 グラビア 九州発・小町蘭の美 飯塚蘭農園 ミニ盆栽美術館 速報 第40回雅風展 読者投稿・花の広場 番外編 稀少植物紹介 絵付鉢作家紹介 九谷有朋 好評連載第55回 花は友達 久志博信 ★小山飾りトピックス ★スコットランド巡り④ 憧れのスコットランド、スカイ島の初夏 ★達人のお庭拝見 板垣光彦さん(新潟県) ★展示会見学 平成福寿草の会 福寿草展(埼玉県) 世界花紀行 アルゼンチン・アンデスの花 冨山 稔 世界の小球根 その25 モラエアの仲間 小山 毅 連載本格スタート! 姿を良くする小品盆栽 浦部 勝 読者参加人気企画がリニューアル! 園咲正照のなんでもQ&A 充実の連載ラインナップ ●はなのかたち ●草木のハーモニー 奏デル盆栽図鑑 加藤文子 ●出会いの花たち 森 和男 ●地方発変異植物 九州名草選 ●草景花 山根景子 ●図解 ミニ盆栽・珍樹種探訪 群 境介 ●山野草原風景シリーズ いがりまさし ●全国展示会紹介 ●山野草栽培・栽培カレンダー ● ミニ盆栽作業ガイド 培養管理のポイント ●全国イベントガイド ●豪華賞品付 山野草ミニ・クイズ ●花の広場キーワードは「山野草で遊ぶ住まいと暮らし」。日々の生活を華やかに彩る身近な存在として、山野草やミニ盆栽の楽しみ方・育て方を探る新たなタイプの園芸情報誌です。小さな鉢で親しう草木の美しさを軸に、実用ハウツー記事から作品鑑賞まで、多面的に掲載。便利な通信販売コーナーも大好評を頂いています。

秀邦作銅製添景「五重塔・小」

BONSAI 彩都 楽天市場店

11,000

秀邦作銅製添景「五重塔・小」

左右0.8cm奥行1.2cm高3.7cm 商品説明 この作品は約30年前、秀邦が脂の乗りきった時期に、材料の剪定からこだわり、あの幻の名工・英正(明治~昭和に活躍)に近づける、あるいは凌駕せんとばかりに丹精込めて作り上げた、渾身の作品群の一つです。古銅の深い味わい、精緻な仕事と見事な完成度を見せています。 添景の中でも用途の広さで人気の五重塔。大変小さなサイズに仕上げています。このサイズながら細部に至るまでの丁寧な仕事ぶりはさすが秀邦と言えます。ミニ盆栽の飾りの共に最適でしょう。小振りゆえ、落款は捺されていませんが、秀邦の作品に間違いありません。 写真上から ・商品写真 ・使用のイメージ写真 ※写真に使われている添景は実際の商品とは異なります。あくまでイメージ写真です。 作家紹介:横田秀邦 (よこたしゅうほう) 本名:横田日出邦 古銅や銀を用いて生み出される添景は定評がある。精巧にして味わい深い作品は現代の名工と呼ぶに相応しい。元々は陶芸を行っており、樹鉢制作も行っていた。それゆえ盆栽への造詣も深く、盆栽飾りに使える添景を多く手掛ける。 ※当店では実店舗での販売も行っているため、在庫の反映がリアルタイムではなく売り切れている場合があります。その場合は、申し訳ございませんがキャンセルさせていただくことをご了承下さい。

秀邦作銅製添景「蛙」

BONSAI 彩都 楽天市場店

13,000

秀邦作銅製添景「蛙」

左右2.7cm奥行2.7cm高1.8cm 商品説明 この作品は約30年前、秀邦が脂の乗りきった時期に、材料の剪定からこだわり、あの幻の名工・英正(明治~昭和に活躍)に近づける、あるいは凌駕せんとばかりに丹精込めて作り上げた、渾身の作品群の一つです。古銅の深い味わい、精緻な仕事と見事な完成度を見せています。 愛らしい風合いの蛙の添景。水辺の風景を演出するのに役立つ添景です。上手く使って涼しげな飾りを演出して下さい。 落款:秀邦 写真上から ・商品写真 ・落款 ・使用のイメージ写真1 ・使用のイメージ写真2 ※使用イメージは蟹や亀を使っていますが、水辺の風景を演出するのに蛙も使えます。 作家紹介:横田秀邦 (よこたしゅうほう) 本名:横田日出邦 古銅や銀を用いて生み出される添景は定評がある。精巧にして味わい深い作品は現代の名工と呼ぶに相応しい。元々は陶芸を行っており、樹鉢制作も行っていた。それゆえ盆栽への造詣も深く、盆栽飾りに使える添景を多く手掛ける。 ※当店では実店舗での販売も行っているため、在庫の反映がリアルタイムではなく売り切れている場合があります。その場合は、申し訳ございませんがキャンセルさせていただくことをご了承下さい。

秀邦作銅製添景「五重塔・大」

BONSAI 彩都 楽天市場店

14,000

秀邦作銅製添景「五重塔・大」

左右1cm奥行1.5cm高5cm 商品説明 この作品は約30年前、秀邦が脂の乗りきった時期に、材料の剪定からこだわり、あの幻の名工・英正(明治~昭和に活躍)に近づける、あるいは凌駕せんとばかりに丹精込めて作り上げた、渾身の作品群の一つです。古銅の深い味わい、精緻な仕事と見事な完成度を見せています。 添景の中でも用途の広さで人気の五重塔。小振りなサイズですが細部に至るまで丁寧に仕上げられています。古銅の寂び具合が何とも言えない味を醸し出しています。 落款:秀邦 写真上から ・商品写真 ・落款 ※写真と同様の落款が捺されています。 ・使用のイメージ写真 ※写真に使われている添景は実際の商品とは異なります。あくまでイメージ写真です。 作家紹介:横田秀邦 (よこたしゅうほう) 本名:横田日出邦 古銅や銀を用いて生み出される添景は定評がある。精巧にして味わい深い作品は現代の名工と呼ぶに相応しい。元々は陶芸を行っており、樹鉢制作も行っていた。それゆえ盆栽への造詣も深く、盆栽飾りに使える添景を多く手掛ける。 ※当店では実店舗での販売も行っているため、在庫の反映がリアルタイムではなく売り切れている場合があります。その場合は、申し訳ございませんがキャンセルさせていただくことをご了承下さい。

秀邦作銅製添景「茅舎」

BONSAI 彩都 楽天市場店

35,000

秀邦作銅製添景「茅舎」

左右4.5cm奥行3.5cm高4.7cm 商品説明 この作品は約30年前、秀邦が脂の乗りきった時期に、材料の剪定からこだわり、あの幻の名工・英正(明治~昭和に活躍)に近づける、あるいは凌駕せんとばかりに丹精込めて作り上げた、渾身の作品群の一つです。古銅の深い味わい、精緻な仕事と見事な完成度を見せています。 古銅の味わいが素晴らしく、古い茅舎を見事に表現しています。使い易いサイズで細部に至るまで丁寧な仕事が施されています。存在感のある添景です。 落款:秀邦 写真上から ・商品写真 ・落款 ・使用のイメージ写真 断崖に佇む茅舎。下は海、あるいは川で唐舟が行き交う景色を表現しています。 ※写真に使われている添景は実際の商品とは異なります。あくまでイメージ写真です。 作家紹介:横田秀邦 (よこたしゅうほう) 本名:横田日出邦 古銅や銀を用いて生み出される添景は定評がある。精巧にして味わい深い作品は現代の名工と呼ぶに相応しい。元々は陶芸を行っており、樹鉢制作も行っていた。それゆえ盆栽への造詣も深く、盆栽飾りに使える添景を多く手掛ける。 ※当店では実店舗での販売も行っているため、在庫の反映がリアルタイムではなく売り切れている場合があります。その場合は、申し訳ございませんがキャンセルさせていただくことをご了承下さい。

秀邦作銅製添景「朱鷺」

BONSAI 彩都 楽天市場店

45,000

秀邦作銅製添景「朱鷺」

左右4.5cm高5cm 商品説明 この作品は景道創始者・片山一雨氏監修のもと、完全てづくりで作られた秀邦渾身の作品です。秀邦自身が同様の作品はあと1点あるかないかと言うほぼ現品のみの貴重な品です。 片山一雨氏と言えば、盆栽飾りの究極技法「景道」を提唱した人。美術・芸術文化全般に造詣が深く、カリスマ的な指導力で多数の愛好家に影響の与えた、まさに「盆栽美の巨人」である。その片山氏の強い薦めで添景作家になった秀邦だが、片山氏の求めた「添景観」は「純理論からいえば添景物を使わなくても想像の世界で味わうのが最高の楽しみであるといえる。しかし一方これらが真に使いこなせて盆栽・水石の情景にとけこんだような場合、その醍醐味はまた別格といわなければならない」「条件として、1、細かさが精巧であること。2、形が極小にこしたことはない。3、鋳銅もので持ち込み古く緑青の吹くようなもの」(盆栽鉢水石図鑑より引用)とある。 この作品は片山氏の求めた「添景観」を見事に体現しています。鷺(さぎ)の添景。従来の秀邦作品より若干大きく、その分リアリティに富んだ仕上がりとなっています。古銅の深い味わい、精緻極まりない細工は現代の添景作りの名工と呼ぶに相応しい出来映えです。盆栽・水石の飾りを一層楽しめるアイテムです。 落款:秀邦 写真上から ・商品写真 ・別の角度で見る ・落款 作家紹介:横田秀邦 (よこたしゅうほう) 本名:横田日出邦 1944年生まれ。 歯科技工士として活動していたが、1968年頃から地元の埼玉県川口市で陶芸を始め、第一美術協会に所属。1971年頃より杉浦國夫氏の力添えにより小鉢づくりを始める。その後、1981年頃から少しずつ添景の制作を始め、著名添景作家となる。現在は絵付けの小品盆栽鉢の作陶を行っている。 添景作家としての秀邦 ...

年に数回可憐な花が楽しめます【白長寿梅(シロチョウジュバイ)の盆栽(炭化焼締鉢)】

みどり屋 和草 楽天市場店

3,996

年に数回可憐な花が楽しめます【白長寿梅(シロチョウジュバイ)の盆栽(炭化焼締鉢)】

「長寿」の名前どおり、縁起のいい植物として知られ、「母の日」や「父の日」、「敬老の日」などのプレゼントににぴったりの 盆栽です。四季咲きといって年に数回花が楽しめますので、季節を問わず贈り物に最適です。爽やかな白花。白長寿梅盆栽 炭化焼締鉢 「長寿」の名前どおり、縁起のいい植物として知られ、「お祝いの日」や「プレゼント」にぴったりの盆栽です。 四季咲きといって年に数回花が楽しめますので、季節を問わず贈り物に最適です。美しい白花です。 (右の写真は春の開花期のものです) 縁起物・贈り物としても人気 花も葉も楽しめ、名前も「長寿梅(ちょうじゅばい」と、縁起物の贈り物としても人気があります。結婚式などご両親へのプレゼント、還暦祝いなど、気持ちのこもった贈り物として人気です!約1年分の肥料がついています 作家 真山茜さんの炭化焼き締め 別角度から見た鉢 開花(四季咲き) 芽吹き(春先) 春から秋の葉 冬(落葉) 【内容】 白長寿梅の盆栽(鉢 真山 茜)・・・1つ 肥料(1年分) 育て方のしおり 長寿梅について 梅と同じバラ科ですが、梅ではなく草木瓜(くさぼけ)の一種です。細かい枝が多くでるので小さいながらも、風格ある作品に仕上がります。夏の直射日光と、冬場の急激な冷え込みには弱いので、下記の置き場所、または育て方のしおりを参考にしていただき、育ててください。土が乾いたら鉢の底から水がでてくるまでたっぷり与えて下さい。 (土が湿っているようなら無理に与えないで下さい)。 置き場所 真夏の直射日光以外で日が当たる場所か、明るい日陰に置いてください。 冬場は氷点下にならない場所へ 水やり 土の表面が乾いたら、たっぷり与える 目安は夏は1日から2日に1回・それ以外は2日から3日に1回 耐寒温度 0度 育てやすさ とってもカンタン...

メルヘンの木としても知られている個性的な植物【ソフォラ・リトルベイビーの盆栽・真山茜 炭化焼き締め】

みどり屋 和草 楽天市場店

4,104

メルヘンの木としても知られている個性的な植物【ソフォラ・リトルベイビーの盆栽・真山茜 炭化焼き締め】

■ 商品説明小さな葉が、茎の先にちょこちょことついて、 ジグザグした樹形は、まるで小人が登場してきそうな ところから、メルヘンの木や、リトルベイビーという名でも 知られています。1年分の肥料がついています。 そんなソフォラを陶芸作家真山茜さんの炭化焼締鉢であわせてみました ■ 商品仕様 製品名メルヘンの木としても知られている個性的な植物【ソフォラ・リトルベイビーの盆栽・真山茜 炭化焼き締め】td> 型番BON328 メーカーみどり屋 和草(にこぐさ)ソフォラ・リトルベイビー 炭化焼締鉢 少し山椒(サンショウ)の葉にも似ていますが、マメ科です。繊細でやさしい見た目と違い、丈夫で育てやすい植物です 茎がくねくね曲がって成長します 少し山椒(サンショウ)の葉にも似ていますが、マメ科です。繊細でやさしい見た目と違い、丈夫で育てやすい植物です小さな葉が、茎の先にちょこちょことついて、 ジグザグした樹形は、まるで小人が登場してきそうな ところから、メルヘンの木や、リトルベイビーという名でも 知られています。1年分の肥料がついています。 作家 真山茜さんの炭化焼き締め 別角度から見た鉢 春 夏 秋 冬 【内容】 ソフォラの盆栽(鉢 真山 茜)・・・1つ 肥料(1年分) 育て方のしおり ソフォラについて 室内外問わず風通しのいい場所で育ててください。夏の強い直射日光や高温の場所(蒸れる場所)を嫌いますので、涼しい場所で管理してください。土が乾いたら鉢の底から水がでてくるまでたっぷり与えて下さい。 (土が湿っているようなら無理に与えないで下さい)。 置き場所 真夏の直射日光以外で日が当たる場所か、明るい日陰に置いてください。 冬場は氷点下にならない場所へ 水やり 苔玉を持って軽くなったら水に数分つけてください。 目安は夏は1日から2日に1回...

人気の花・ガーデニング用品の盆栽鉢作家、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になる盆栽鉢作家が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「盆栽鉢作家」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ