「球根で咲く花」 の検索結果 77件

春咲き原種アマリリスパピリオ(自社生産球)球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

春咲き原種アマリリスパピリオ(自社生産球)球根 1球

原種アマリリスの中でも特に人気の高いパピリオ。エンジの筋がとっても魅力的です! 学名 Hippeastrum papirio 原産地 中南米 花期 3〜4月(冬〜春咲き) 花の直径 10〜15cm 1茎に付く輪数 2輪 草丈 50〜60cm 耐寒性 中(5℃程度) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 蝶のように咲く優雅な原種アマリリスです。冬に育ち、春に咲くので室内での栽培が必須となります。 管理 ★アマリリスは熱帯の植物です。寒い時期に水をあげると球根が腐敗するので注意が必要です。 このポイントさえ押さえれば、病虫害にも強く、誰でも簡単に栽培できます!★ ●植え付け・植え替え ・大輪は6号鉢に1球、中輪〜小輪は4〜5号鉢に1球植え付けます。 ・元肥の緩効性化成肥料を施した、水はけの良い用土 (赤玉土2:腐葉土1:バーミキュライト1など)を鉢に入れ、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。・鉢植えの場合、数年後根詰まりしたら、花後に植え替えて肥培すれば毎年楽しめます。 ●水やり ・表土を触ってカラカラに乾いたら水を与えます。葉には時折シャワーのように水をかけます。 ・生育期の11月から翌年の5〜6月頃まで、水を切らさないように管理します。初夏咲き種と違い、冬期も水やりを続けてください。 ・6月頃から断水し、株を休眠させます。11月頃、新葉や蕾が出てきたら水やりを再開します。 ●開花後の管理 ・冬期も生長を続けるため、無加温のハウスや室内など、土が凍らない場所(5℃以上が目安)で管理します。 ・開花後は、種子を採る場合以外は速やかに株元から花茎を切り落とし、球根を充実させます。 ・風通しの良い、なるべく高温多湿の場所で管理します。盛夏は午前中以降半日陰で管理します。 ・葉の生育期はカリ分の多い液肥を月に2〜3回...

南アフリカの原種!ネリネ・ボーデニー アルバ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

南アフリカの原種!ネリネ・ボーデニー アルバ 球根 1球

切花として大変重宝するボーデニー。当園の種はコールドハウス内で冬でも常緑を保ちます。性質強靭で関東平野部以西の暖地では露地植え可能です。 学名 Nerine bowdenii alba 原産地 南アフリカ 夏雨地区 花期 10〜11月 草丈 40〜60cm 耐寒性 中(関東平野部以西の暖地では露地植え可能です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3〜4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1〜2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は3月下旬〜4月です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 高温時の夏に短い休眠期がありますが、本種はほぼ常緑で生長します。特に夏が冷涼な地方では常緑となります。しかし夏場の灌水で球根が腐ることはありません。球根が乾き切らない程度に時折散水します。 肥料の与え過ぎは禁物で、1球当たり3−10−10(N.P.K.)を2本指で一つまみ程度を表土に与えれば十分です。 また、本種は関東平野部以西の暖地で露地植えができます。鉢植え同様、肥沃な土壌を嫌います。 発送状態 容器から掘り上げた状態の球根をお送りします。お手元に届きましたら、なるべく早く植え付けを行ってください。

オリジナル品種!リコリス ‘ミッドサマー クリーム’球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

オリジナル品種!リコリス ‘ミッドサマー クリーム’球根 1球

爽やかな花色、軽やかな花姿です。花は8月初旬から咲き始めます。 学名 Lycoris cv.‘Midsummer Cream’ 原産地 日本・中国など 花期 8〜9月 草丈 30〜60cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根1球をお送りします...

秋咲き原種アマリリス カリプトゥラタム球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

秋咲き原種アマリリス カリプトゥラタム球根 1球

原産地の中米では樹木などに着生して育ち、蝶や鳥を誘う蜜を出します。秋咲き、芳香性です。種から育てました。変異種が咲く事もあり、楽しめます。 学名 Hippeastrum calyptratum 原産地 中南米 花期 10〜11月(秋咲き) 草丈 60〜80cm 耐寒性 中(5℃程度) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 有名な秋咲きのグリーンアマリリスです。春植え種とは違い、秋から翌年6月ごろまでが生育期になります。 管理 ★アマリリスは熱帯の植物です。寒い時期に水をあげると球根が腐敗するので注意が必要です。 このポイントさえ押さえれば、病虫害にも強く、誰でも簡単に栽培できます!★ ●植え付け・植え替え ・大輪は6号鉢に1球、中輪〜小輪は4〜5号鉢に1球植え付けます。 ・元肥の緩効性化成肥料を施した、水はけの良い用土 (赤玉土2:腐葉土1:バーミキュライト1など)を鉢に入れ、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。・鉢植えの場合、数年後根詰まりしたら、花後に植え替えて肥培すれば毎年楽しめます。 ●水やり ・表土を触ってカラカラに乾いたら水を与えます。葉には時折シャワーのように水をかけます。 ・生育期の8月から翌年の5〜6月頃まで、水を切らさないように管理します。初夏咲き種と違い、冬期も水やりを続けてください。 ・5〜6月頃から断水し、株を休眠させます。8月頃、新葉や蕾が出てきたら水やりを再開します。 ●開花後の管理 ・冬期も生長を続けるため、無加温のハウスや室内など、土が凍らない場所(5℃以上が目安)で管理します。 ・開花後は、種子を採る場合以外は速やかに株元から花茎を切り落とし、球根を充実させます。 ・風通しの良い、なるべく高温多湿の場所で管理します。盛夏は午前中以降半日陰で管理します。 ...

南アフリカの原種!ネリネ・フミリス(ブラキアエタイプ)球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

南アフリカの原種!ネリネ・フミリス(ブラキアエタイプ)球根 1球

N.brachiae は現在 N.humilis に統合されているようですが、当園のブラキアエタイプは、フミリスに比べて葉が若干細く、濃くなっています。 学名 Nerine humilis(brachiae type) 原産地 南アフリカ 冬雨地区 花期 11〜12月 草丈 20〜40cm 耐寒性 中(0℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 南アフリカの冬雨地区原産のフミリス。広範囲に自生しているため、変異が激しいのが特徴です。現地では半日陰の岩場や礫地に育ち、山火事の後に一斉に生長します。花弁は大きく反り返り、縁は細やかなフリルが入ります。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3〜4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1〜2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は7月上旬〜8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、0℃以上の場所で管理しましょう。 翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らします。6月以降の休眠期は、球根が乾き切らない程度に時折散水します。 また肥料の与え過ぎは禁物で、1球当たり3−10−10(N...

南アフリカの原種!ネリネ・フミリス(ツルバゲンシスタイプ)球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

南アフリカの原種!ネリネ・フミリス(ツルバゲンシスタイプ)球根 1球

N.tulbaghensis は現在 N.humilis に統合されているようですが、当園のブラキアエタイプは、フミリスに比べて葉がかなり細く、葉色も濃く、草姿もコンパクトになっています。 学名 Nerine humilis(tulbaghensis type) 原産地 南アフリカ 冬雨地区 花期 11〜12月 草丈 20〜30cm 耐寒性 中(0℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 南アフリカの冬雨地区原産のフミリス。広範囲に自生しているため、変異が激しいのが特徴です。現地では半日陰の岩場や礫地に育ち、山火事の後に一斉に生長します。花弁は大きく反り返り、縁は細やかなフリルが入ります。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3〜4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1〜2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は7月上旬〜8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、0℃以上の場所で管理しましょう。 翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らします。6月以降の休眠期は、球根が乾き切らない程度に時折散水します。...

【6か月枯れ保証】【球根】シロバナヒガンバナ 10.5cmポット

Amazon

864

【6か月枯れ保証】【球根】シロバナヒガンバナ 10.5cmポット

【シロバナヒガンバナ】(白花彼岸花) 学名:Lycoris albitlora ヒガンバナ科ヒガンバナ属 球根 別名:シロバナマンジュシャゲ 【名前の由来】 秋の彼岸のころに咲くから。 【商品説明】 ヒガンバナは秋の彼岸のころに一斉に咲く鮮やかな紅色の花が美しい品種です。花後から春先までは光沢がある緑色の葉が見れます。日当たりがよい場所を好み芝生や土手などに適します。全体に毒がありますので植え付けには考慮が必要です。夏場は球根のみになります。 【育て方】 日当たりがよく適湿な場所を好みます。春に葉をつけているため多雪地区や冷え込みが厳しい場所では生育が悪くなります。特別手入れをしなくても毎年咲きます。 適地=東北南部以南 日照り=日向or半日陰 樹形=株立ち 最終樹高=1m 施肥時期=10月 剪定時期=7~8月 開花時期=9~10月 果実=無し 用途=グランドカバー 【地被植物 用途一覧】 [グランドカバー] 平面=@ 斜面=@ 茎による増殖= 陰地に適する= 植付目安 25~44鉢/1m2 【その他】 シロバナヒガンバナは白花品種です。ヒガンバナとショウキズイセンの自然交配でできたと言われています。一度根付けば毎年咲いてくれます。

オリジナル品種!リコリス ‘雁渡’ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,200

オリジナル品種!リコリス ‘雁渡’ 球根 1球

黒味を帯びた赤の花弁はとてもシックです。 学名 Lycoris cv.‘Kariwatashi’ 原産地 日本・中国など 花期 8〜9月 草丈 30〜50cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根1球をお送りします。お手元に届きましたら...

個性的な花姿!キルタンサス ファルカタス×エラツス 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,500

個性的な花姿!キルタンサス ファルカタス×エラツス 球根 1球

両種の長所を確実に受け継いだ、とても個性的で美しい花姿です。花色はソフトオレンジ、俯き加減に付く花姿は個性的で趣があります。 学名 Cyrtanthus falcatus × elatus 原産地 南アフリカ 花期 秋 草丈 40〜50cm 耐寒性 中(−5℃)(室内やコールドハウスでの冬越しをお勧めします) 耐暑性 強 日照 日向から半日陰を好みます 特徴・用途など 花がぶら下がって咲くファルカタスと、ふっくらとした星型のエラツス(別名George Lily)の交配種です。いずれの種も性質強靭のため、本種もとても栽培しやすくなっています。 管理 植え付け時は球根の首元が露出するように植え、春から夏にかけては十分な水分が必要です。水はけの良い土壌に植え付け、しっかりと灌水をしてください。休眠期の冬は水やりを止めます。多少の雪や霜には耐えますが、やはりそれらから守られた場所での栽培の方が良い結果が出ます。肥料は、寒肥えとして窒素分の少ない化成肥料を適量与えます。 発送状態 1球を掘り上げて発送いたします。屋外で管理する場合は、遅霜の心配がなくなる頃まで風通しの良い場所に保管してください。屋内・温室などの場合はこの限りではありません。

優美な花姿! リコリス ‘ヘイスパー’球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

優美な花姿! リコリス ‘ヘイスパー’球根 1球

本種はH.haywardiiとH.chinensis‘Sperry’の交配種です。 ゆったりと咲く花姿、とても優美です。 学名 Lycoris cv.‘Haysper’ 原産地 日本・中国など 花期 8〜9月 草丈 30〜60cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります...

【6か月枯れ保証】【球根】スイセン/スノーフレーク 9.0cmポット

Amazon

648

【6か月枯れ保証】【球根】スイセン/スノーフレーク 9.0cmポット

【スイセン/スノーフレーク】(鈴蘭水仙) 学名:Leucojum aestivum ヒガンバナ科スノーフレーク属 多年草 別名:オオマツユキソウ、スズランスイセン 【商品説明】 スイセンは花が美しい品種です。多くの花や花色が楽しめる園芸品種があります。咲く時期がことなる品種がありますので混栽で長い期間楽しめます。冬から初夏にかけて葉が茂ります。南向きの日当たりがよい場所などでは生育がよいです。ニラと間違えやすいですが、全体に毒がありますので注意が必要です。夏は球根のみになります。 【育て方】 日当たりがよく、適湿な場所を好みます。日当たりが悪い場所では花付きが悪くなります。密生しすぎた場合は植え替えを行います。特別手間はかかりません。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=株立ち 最終樹高=1m 施肥時期=2~3月or12月 剪定時期=7~8月 開花時期=11~4月 果実=無し 用途=グランドカバー 【地被植物 用途一覧】 [グランドカバー] 平面=@ 斜面=@ 茎による増殖= 陰地に適する= 植付目安 25~46鉢/1m2 【その他】 スイセン/スノーフレークはスズランのような純白の花が咲きます。スズランとスイセンの間のような花です。花ことばは「皆をひきつける魅力」です。

ヒガンバナ(彼岸花・リコリス):桃花(スプレンゲリ)3.5号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

2,739

ヒガンバナ(彼岸花・リコリス):桃花(スプレンゲリ)3.5号ポット 6株セット

ヒガンバナは球根植物のリコリスの仲間で、曼珠沙華(マンジュシャゲ)=「天上の花」として知られています。一般的な彼岸花は赤ですが、この品種は桃色です。秋に咲く美しいな花が楽しめます。葉がない状態で花が咲いた後、晩秋に葉が出てきます。葉は冬中は姿が見られますが、翌春になると枯れ、秋に花が出てくるまで地表には何もない状態となります。原産国:中国花期:8〜9月草丈:30〜50cm栽培方法:球根の肩が見えるくらいに浅く植えてください。植付時に水をやってから、1週間くらいは水を与えないで下さい。以後、やや乾燥気味に管理してください。庭・花壇・鉢植え・プランターいずれでも大丈夫です。花が咲き終わったら早めに花柄を切り、葉はそのまま伸ばして来年まで球根を太らせます。3.5号(直径10.5cm)ポット入りです。1ポット1球植えです。お届け時期により地上部のない状態、または開花後となりますので、ご了承ください。※開花するサイズの球根でのお届けですが、リコリスは移植を嫌う性質があるため、植え付け当年は開花せず、翌年からの開花となる場合があります。

送料無料
【1年間枯れ保証】【球根】キショウブ 10.5cmポット 10本セット 送料無料 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

10,800

【1年間枯れ保証】【球根】キショウブ 10.5cmポット 10本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちらキショウブ 商品一覧10.5cmポット1000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じアヤメ科アヤメ属の商品アヤメイチハツエヒメアヤメケイビアヤメシロバナコアヤメチベットコアヤメヒオウギアヤメマンシュウコアヤメイチハツ斑入りアヤメ/サキガケアヤメアイリス/ナショナルベルベットカキツバタキショウブシャガヒメシャガ斑入りシャガヒメシャガ白花ヒメシャガ八重咲きシャガ/紫花ジャーマンアイリス/オレンジジャーマンアイリス/白ジャーマンアイリス/ピンクジャーマンアイリス/ピンクエンジジャーマンアイリス/紫ノハナショウブハナショウブヒオウギ【キショウブ】読み:きしょうぶ学名:Iris pseudacorusアヤメ科アヤメ属多年草【商品説明】ハナショウブは梅雨時期に咲く人気がある品種です。花色の変化が多く池や流れ沿いの水辺でよく利用されます。江戸時代から改良がすすんでいる代表的な湿地の植物です。江戸や伊勢や肥後の三系統があります。【育て方】半日陰で湿地を好みます。乾燥を嫌いますので水切れには注意します。花が終わったら摘み取るようにしましょう。花が終わった後の葉は必ず残しておきます。適地=全国日照り=半日陰樹形=株立ち最終樹高=1m施肥時期=2〜3月or9〜10月剪定時期=4〜6月開花時期=4〜6月果実=無し用途=グランドカバー【地被植物 用途一覧】[グランドカバー]平面=@斜面=@茎による増殖=陰地に適する=植付目安 9〜25鉢/1m2【その他】キショウブは花が黄色の品種です。本来は帰化種ですが日本の風土に適応して自生しています。

送料無料
【1年間枯れ保証】【球根】ヒガンバナ P10.5cm 30本セット 送料無料 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

12,960

【1年間枯れ保証】【球根】ヒガンバナ P10.5cm 30本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちらヒガンバナ 商品一覧P10.5cm1300円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じヒガンバナ科ヒガンバナ属の商品キツネノカミソリナツズイセンヒガンバナシロバナヒガンバナリコリス/オーレアリコリス/インカルナータ【ヒガンバナ】読み:ひがんばな学名:Lycoris radiataヒガンバナ科ヒガンバナ属球根【商品説明】ヒガンバナは秋の彼岸のころに一斉に咲く鮮やかな紅色の花が美しい品種です。花後から春先までは光沢がある緑色の葉が見れます。日当たりがよい場所を好み芝生や土手などに適します。全体に毒がありますので植え付けには考慮が必要です。夏場は球根のみになります。【育て方】日当たりがよく適湿な場所を好みます。春に葉をつけているため多雪地区や冷え込みが厳しい場所では生育が悪くなります。特別手入れをしなくても毎年咲きます。適地=東北南部以南日照り=日向or半日陰樹形=株立ち最終樹高=1m施肥時期=10月剪定時期=7〜8月開花時期=9〜10月果実=無し用途=グランドカバー【地被植物 用途一覧】[グランドカバー]平面=@斜面=@茎による増殖=陰地に適する=植付目安 25〜44鉢/1m2【その他】ヒガンバナは赤い花が特徴的です。一度根付けば毎年咲いてくれます。

リコリス・ラディアタ プミラ球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

リコリス・ラディアタ プミラ球根 3球

彼岸花と異なり、稔性の貴重な赤花種です。 学名 Lycoris radiata var. pumila 原産地 日本・中国など 花期 8〜9月 草丈 30〜60cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根3球をお送りします。お手元に届きましたら...

オリジナル品種!リコリス ‘遠雷’ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

800

オリジナル品種!リコリス ‘遠雷’ 球根 1球

深いローズピンクの花弁、花茎はやや短く、コンパクトに咲きます。 学名 Lycoris cv.‘Enrai’ 原産地 日本・中国など 花期 8月 草丈 30〜40cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根1球をお送りします。お手元に届きましたら...

オリジナル品種!リコリス ‘晩夏の宴’球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

800

オリジナル品種!リコリス ‘晩夏の宴’球根 1球

マゼンタレッド鮮やかな花弁、花は8月半ばに咲き誇ります。 学名 Lycoris cv.‘Banka no Utage’ 原産地 日本・中国など 花期 8〜9月 草丈 30〜60cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根1球をお送りします...

人気の花・ガーデニング用品の球根で咲く花、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になる球根で咲く花が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「球根で咲く花」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ