「水仙の球根」 の検索結果 110件

オリジナル品種! ペチコートスイセン(水仙) バルボコジューム ‘クリーム サンド’ 球根 5球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

オリジナル品種! ペチコートスイセン(水仙) バルボコジューム ‘クリーム サンド’ 球根 5球

ほんのりとアイボリーに染まる花姿、花丈は10〜15cm程度でとてもコンパクトです。 学名 Narcissus cv.‘Cream Sand’ 原産地 ヨーロッパ南西部・北アフリカ 耐寒性 強 耐暑性 強 日照 日向〜明るい日陰を好みます。 地植えの場合、夏場の直射日光を避けることができる落葉樹の下などが適します。 管理 ●植え付け 球根の植え付けの適期は 8〜9月です。 鉢植えの場合、4号鉢に3球程度が目安となります。 鉢底に大粒赤玉土を敷き、その上に赤玉土7、更にその上の層にバーミキュライト+パーライト3の混合土を入れます。 地植えの場合は特に土壌を選びませんが、野菜などを栽培した後の土壌は窒素分が多くなっているので改良した方が良いでしょう。 植え付ける場所は、夏場の直射日光を遮ることができる落葉樹の下などが適しています。 スイセンは深植えを好みますので、植え付けの深さは、球根の高さの3〜4倍が目安です。 鉢植え・地植え共に、 緩効性化成肥料を元肥として施してください。 植え付け後、球根が休眠している間は乾かし気味に管理し、秋の彼岸頃から徐々に水やりを開始します。 ●日常の管理 多くのスイセンは、生育の手間がそれほどかかりません。 潅水は、土壌が乾いたらたっぷりと行ってください。 鉢植えの場合は、生育期は日向〜明るい日陰、休眠期は風通しの良い日陰などに置くと良いでしょう。 また、冬期には鉢の凍結や寒風を避けた方が、花芽の状態が良くなります。 肥料は、発芽前に緩効性化成肥料または液体肥料の1000倍液を施します。 ●花後の管理 花が終わっても、そのまま最低6週間は葉が枯れるまで放置します。 日本で栽培する場合、掘り上げずに放置していても、殆どの場合翌年も葉を伸ばし、花が咲きます。 球根の生育が芳しくない場合は、窒素が低めでリン酸...

希少な原種!スイセン(水仙)・ロミエウクシー 球根 2球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

希少な原種!スイセン(水仙)・ロミエウクシー 球根 2球

モロッコ原産のロミエウクシー。花姿はバルボコジュームに似ていますが、小花梗はより短く、雄蕊が突出しているのが特徴です。厳冬の中、健気に咲き誇ります。 学名 Narcissus romieuxii 原産地 モロッコ 花期 1〜2月 耐寒性 強 耐暑性 強 日照 日向〜明るい日陰を好みます。 管理 ●植え付け 球根の植え付けの適期は 6〜8月です。小球根ですので、鉢植えが適します。 植え付けは、4号鉢に3球程度が目安となります。 用土は硬質中粒鹿沼土7、ピートモス2、川砂1の割合が良いでしょう。 スイセンは深植えを好みますので、植え付けの深さは、球根の高さの3〜4倍が目安です。 緩効性化成肥料を元肥として施してください。 植え付け後、球根が休眠している間は乾かし気味に管理し、秋の彼岸頃から徐々に水やりを開始します。 ●日常の管理 潅水は、生育期には根を乾かさないように注意します。しかし水分過多も禁物です。 鉢の置き場所は、生育期は日向〜明るい日陰、休眠期は風通しの良い日陰などに置くと良いでしょう。 冬期は気温の高い場所では管理せず、 無加温のハウスや室内の気温の低い場所などで管理しましょう。自然の寒さに十分当てた方が、良い結果が出ます。 花後はそのまま最低6週間は葉が枯れるまで放置し、徐々に水やりを減らします。休眠期には水やりを止めます。 肥料は、発芽前に緩効性化成肥料または液体肥料の1000倍液を施します。 発送状態 2球を発送いたします。 お手元に届きましたら、なるべく早く植え付けを行ってください。

ペチコートスイセン(水仙) バルボコジューム カンタブリカス 球根 5球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

ペチコートスイセン(水仙) バルボコジューム カンタブリカス 球根 5球

12月から咲き始める早生品種で、室内で育てると花丈は20cm程度まで伸びます。 学名 Narcissus cantabricus 原産地 ヨーロッパ南西部・北アフリカ 耐寒性 強 耐暑性 強 日照 日向〜明るい日陰を好みます。 地植えの場合、夏場の直射日光を避けることができる落葉樹の下などが適します。 管理 ●植え付け 球根の植え付けの適期は 8〜9月です。 鉢植えの場合、4号鉢に3球程度が目安となります。 鉢底に大粒赤玉土を敷き、その上に赤玉土7、更にその上の層にバーミキュライト+パーライト3の混合土を入れます。 地植えの場合は特に土壌を選びませんが、野菜などを栽培した後の土壌は窒素分が多くなっているので改良した方が良いでしょう。 植え付ける場所は、夏場の直射日光を遮ることができる落葉樹の下などが適しています。 スイセンは深植えを好みますので、植え付けの深さは、球根の高さの3〜4倍が目安です。 鉢植え・地植え共に、 緩効性化成肥料を元肥として施してください。 植え付け後、球根が休眠している間は乾かし気味に管理し、秋の彼岸頃から徐々に水やりを開始します。 ●日常の管理 多くのスイセンは、生育の手間がそれほどかかりません。 潅水は、土壌が乾いたらたっぷりと行ってください。 鉢植えの場合は、生育期は日向〜明るい日陰、休眠期は風通しの良い日陰などに置くと良いでしょう。 また、冬期には鉢の凍結や寒風を避けた方が、花芽の状態が良くなります。 肥料は、発芽前に緩効性化成肥料または液体肥料の1000倍液を施します。 ●花後の管理 花が終わっても、そのまま最低6週間は葉が枯れるまで放置します。 日本で栽培する場合、掘り上げずに放置していても、殆どの場合翌年も葉を伸ばし、花が咲きます。 球根の生育が芳しくない場合は、窒素が低めでリン酸...

人気の花・ガーデニング用品の水仙の球根、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になる水仙の球根が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「水仙の球根」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ